1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 04:40:04 ID:J4CvQ.8g

アスカ「そうよ。アンタにだってあんまり人には言えないような欲望の一つや二つぐらいあるでしょ」

マリ「今回はちょっと全員で集まってそんな話をしようと思ってねえ♪」

レイ「…………」


シンジ「いや、でも、それは流石に……」

シンジ「人に言えないような事だから、黙ってる訳で……」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 04:46:30 ID:J4CvQ.8g

アスカ「そんなんわかってるちゅーの。だから、ここでの話は当然、秘密厳守よ。そこは安心しなさい」

マリ「そういう事だねー。で、それを皆でアウトかセーフか判定しようって訳でね」

アスカ「多数決で判定よ。アウトだったら、その欲望はきっぱり諦める。セーフだったら、機会があればその内実践すればいいわ。自分のしたい事だしね」

レイ「…………」


シンジ「うーん……でも……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 04:59:16 ID:J4CvQ.8g

アスカ「ああ、もう! ごちゃごちゃうっさいちゅーの! 問答無用よ、アンタも強制参加だから」

シンジ「強制って、そんな!」

マリ「まあまあ、ワンコ君。いいじゃないの。こういうのはノリだよノリ。って訳で早速いってみよー♪」

アスカ「トップバッターは当然ファーストチルドレンのアンタからよ、エコヒイキ。アンタのしてみたいHな事ってなに?」

マリ「君はそういう事に淡白そうだからねー。ちょいと楽しみだよ。で、何?」


レイ「私は……」

マリ「私は?」ワクワク



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:01:16 ID:J4CvQ.8g

レイ「碇君をバター犬扱いしてみたいわ」


シンジ「」

アスカ「」

マリ「」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:07:12 ID:J4CvQ.8g

『レイの妄想』


レイ「」ヌギヌギ

レイ「」ファサッ……


シンジ「あ、綾波……!/// なんで裸になってるの!///」

シンジ「それに、僕! 何で縛られてるの! これをほどいてよ!」ジタバタ


レイ「……碇君はバターとハチミツとチーズ、どれが好き?」

シンジ「ど、どれがって……! 今はそんな事よりも!」

レイ「それなら……三種類全部試してもらうわ」スッ

シンジ「!?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:12:46 ID:J4CvQ.8g

レイ「まずはバターから」ヌリヌリ


自分の乳首にバターを塗りつける綾波


レイ「さ……碇君、舐めて//」


そっと縛られているシンジの口元に胸を近付ける


シンジ「あ、綾波/// ま、待って、そんむぐっ!」

レイ「んっ……///」


シンジの体を強く抱き締め、抑えつける。胸を押し付けるようにして、ゆっくりと体を動かしていく



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:20:23 ID:J4CvQ.8g

シンジ「んあっ、んぐぐぐっ!//」

レイ「あっ、ん……///」グリグリ


シンジが窒息しても構わないという感じで、自分の胸を押し当てるレイ

胸に塗られたバターがすっかりなくなると、またバターを塗ってもう一度。


シンジ「あ、綾波……苦しっ、んぐっ!///」

レイ「碇君、バターは美味しい?/// あ、あっ///」ビクッ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:30:47 ID:J4CvQ.8g

シンジ「」ハァハァ、ハァハァ

シンジ「や、やっと終わったの……?」ハァハァ


どうにか解放され、床に寝転がされるシンジ

そんなシンジに向けて、綾波は当然のように次の瓶を取り出して見せた。


レイ「碇君、次はハチミツだから……//」

レイ「んっ///」ヌリヌリ


ハチミツの瓶を開けて、中身を指ですくうと、綾波はそれをアソコにまんべんなく塗りたくっていった


シンジ「あ、綾波!!/// それはマズいよ!!/// もうダメだよ、僕!!///」


レイ「いいえ、ハチミツだから甘いわ。安心して// んっ……//」クチュクチュ

シンジ「ち、違うよ!// そうじゃなくて!///」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:48:06 ID:J4CvQ.8g

レイ「……それじゃあ、碇君。舐めて///」ソッ


座って足を広げたまま、中に入れたハチミツを溢さないようにゆっくりとシンジの顔にアソコを近付けていく綾波

シンジが顔を背けると、手で押さえつけて無理矢理に戻し、こっちに向けさせる

そして、シンジの顔を太ももでしっかりと挟むと、体をくねらせてシンジに自分のを押し付けた


シンジ「ん、んぐっ!////」

レイ「碇君、たっぷり味わって///」ギュムッ……


レイの部屋からはしばらくの間ずっと、ペチャペチャという淫らな音とレイの喘ぎ声が途切れる事なく続いた……



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:48:58 ID:J4CvQ.8g

レイ「……みたいな、そんな事をしてみたいわ」



シンジ「」

アスカ「」

マリ「」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:50:02 ID:J4CvQ.8g

マリ「あー、えっと……」

アスカ「と、とにかく判定よ。ほら、いくわよ、シンジ」

シンジ「あ、えと、判定って……?」


マリ「アウトかセーフか、皆でいっせーので言うんだよ。もう決めた、ワンコ君?」

シンジ「いや、まだだけど、でも」オロオロ

アスカ「ダメよ、コネメガネ。シンジを待っていたらいつまで経っても決まらないんだから。直感でいきなさい、直感で!」

シンジ「えっ、そんな事言われても!」

マリ「それじゃあ、いっくよー! いっせーので!」



判定
シンジ↓1
アスカ↓2
マリ↓3



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 05:57:15 ID:g7S5UPzk

セーフ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 06:27:17 ID:NzyMjoI6

セーフ



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 06:47:03 ID:XC1C3NQM

セーフ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:23:14 ID:Ue8QTsNc

シンジ「セーフ……かな」

アスカ「セーフね」

マリ「セーフかにゃあ」


レイ「そう……」ホッ

レイ「つまり……私は普通なのね」


シンジ・アスカ・マリ「それは違う」

レイ「え……??」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:24:01 ID:Ue8QTsNc

マリ「確かにちょっと普通じゃあないけど、でも、私的にはアリって感じだね。アウトまではいかないかな」

レイ「……?」


アスカ「それにアンタ、元からそういう感じだもんね。目的の為には手段を選ばないっていうか」

レイ「……よく、 わからない??」


アスカ「それよりも、シンジがセーフなのが少し意外だったわ。……アンタ、そういう事されたいの?」

シンジ「え!? いや、そういう訳じゃないけど!」アセアセ

マリ「そこはワンコ君だから仕方ないよねえ、うんうん。それに、君はそういうの似合いそうだしさ」

シンジ「そんな事言われても返事に困るよ、真希波!」


アスカ「全く……どっちも根っからの変態ね」

レイ「変態……?」

シンジ「変態……」ズーン……



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:24:52 ID:Ue8QTsNc

マリ「よしっと。とりあえず、レイの話はここでお仕舞いにするよ。じゃあ次はワンコ君の番だから」

シンジ「……やっぱりそうなるんだ」


シンジ「ねえ、真希波。これ、どうしても言わなきゃダメかな……?」

アスカ「アンタねえ、エコヒイキだってあんな事を言ってんのよ! 男だったら覚悟を決めなさいよ!」

シンジ「う……わ、わかったよ。それじゃあ言うよ」


マリ「おおっ♪ 期待しよっか」

アスカ「シンジも結構大人しい方だからね。何を言い出すか逆に予想がつかないし」

レイ「それで、碇君は何がしたいの?」


シンジ「僕は……」

レイ「」ジッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:25:41 ID:Ue8QTsNc

シンジ「眠姦をしてみたい」


レイ「」

アスカ「」

マリ「」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:27:06 ID:Ue8QTsNc

『シンジの妄想』


レイ「」スースー

アスカ「」クークー

マリ「」スヤスヤ


シンジ「よし……三人ともよく寝てるや。これなら……」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:28:12 ID:Ue8QTsNc

シンジ「じゃあ……まずは綾波から//」ゴソゴソ、ボロン


興奮から、すでに少し大きくなっているものをシンジは取り出す


レイ「」スースー


シンジ「寝ている綾波も可愛いよ。ほら、手で僕のを持ってよ、綾波//」ソッ


綾波の手を取り、自分のを握らせるシンジ


シンジ「柔らかい……/// 綾波の手、スゴくいいよ。気持ちいいよ///」シコシコ、シコシコ

レイ「」スースー



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:29:00 ID:Ue8QTsNc

シンジ「次はアスカだ// アスカは髪が長いし綺麗だから、この髪を使って……//」ソッ

アスカ「」クークー


アスカの髪の毛を巻くようにして自分のに絡ませるシンジ


シンジ「ああ、アスカの髪、やっぱり最高だよ/// たまんないよ!///」シコシコ、シコシコ

アスカ「」クークー



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:29:46 ID:Ue8QTsNc

シンジ「次は真希波だよ/// 真希波はおっぱいが大きいから、パジャマをはだけさせて……」ゴソゴソ

マリ「」スヤスヤ


起こさないようにボタンをそっと外すと、マリのぽよんぽよんとした大きな胸があらわになる

シンジは生唾を飲み込みながら、真希波の胸に自分のを近付け、乳首にこすりつけるようにして、激しくしごいた


シンジ「真希波の乳首、真希波の乳首、真希波の乳首///」ハァハァ、ハァハァ

マリ「ん……」

シンジ「」ビクッ

マリ「んん……」ゴロン


シンジ「」ドキドキ、ハラハラ


マリ「」スヤスヤ……

シンジ「」ホッ……



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:31:32 ID:Ue8QTsNc

シンジ「やっぱりこの緊張感がたまらないや/// ああ、真希波。真希波///」シコシコ、シコシコ

マリ「」スヤスヤ


シンジ「もう一度アスカの髪を絡ませて///」クルクル

シンジ「気持ちいい、気持ちいいよ、アスカ///」シコシコ、シコシコ

アスカ「」クークー


シンジ「そうだ。綾波もアスカもパジャマをはだけさせて///」ササッ

レイ「」スースー
アスカ「」クークー


シンジ「ああ、みんなおっぱい丸出しで可愛すぎて困るよ。僕、誰に出したらいいんだろう///」ハァハァ、シコシコ、ハァハァ、シコシコ


レイ「」スースー
アスカ「」クークー
マリ「」スヤスヤ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:32:21 ID:Ue8QTsNc

シンジ「うっ……そろそろ!」ハァハァ、シコシコ

シンジ「よし、決めたっ!/// 出すよ、綾波! 顔で受け止めて!///」ドピュッ


綾波の顔目掛けて大量の精液を放つシンジ

しごきながら場所を変えて、レイの顔中にそれをまんべんなくぶっかけていく


レイ「……ぅ」

シンジ「」ビクッ


レイ「…………」

シンジ「」ドキドキ、ドキドキ


レイ「」スースー

シンジ「」ホッ……



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:33:13 ID:Ue8QTsNc

シンジ「綺麗だよ、綾波……/// もっと綺麗にしてあげるね」ヌリヌリ

レイ「ん……」


レイの顔にかかった精液を、指を使って丁寧に塗りたくっていくシンジ

口も開けさせ、指ですくった精液をゆっくり飲み込ませていく


レイ「……ぅ」ゴクッ……

シンジ「///」ハァハァ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:34:17 ID:Ue8QTsNc

シンジ「また大きくなってきちゃったや……///」ハァハァ

シンジ「みんな、なかなか起きないし、これなら……///」ハァハァ


三人の足側に回り込み、起こさないようそっとパジャマを脱がしていくシンジ


シンジ「パンツも脱がせて……///」ハァハァ


足を上げさせてスルッと抜き取ると、三人の秘所がそれぞれあらわになる

太ももをそっとまさぐりながら足を広げさせ、アソコを順番に舐めていくシンジ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:35:06 ID:Ue8QTsNc

レイ「んっ……」ビクッ……

シンジ「///」ペチャペチャ


アスカ「あっ……」ビクッ

シンジ「///」レロレロ


マリ「んん……」ビクッ

シンジ「///」チュルッ、ペロペロ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:36:18 ID:Ue8QTsNc

シンジ「もういいよね。それじゃあ……///」ハァハァ

アスカ「ん……」クークー


十分に濡れさせてから、アスカのに自分のをあてがうシンジ

ゆっくりと、本当にゆっくりと体を沈めて、中へとそっと挿入する


シンジ「……///」ズプッ……

アスカ「あっ……」ビクッ


シンジ「大丈夫……だよね?/// 寝てるよね? 起きてこないよね?///」ハァハァ、ハァハァ

アスカ「」クークー



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:38:16 ID:Ue8QTsNc

シンジ「アスカの中、気持ちいいよ///」ズプッ……ズプッ……

アスカ「んん……」ビクッ

シンジ「普段ならこんな事絶対に出来ないのに/// でも、今なら何でもさせてくれるや///」ハァハァ

アスカ「んっ……」ビクッ

シンジ「こんなに大人しいなんて、普段のアスカからは想像もつかなくて、可愛すぎるよ、アスカ///」ズボ、ズボ

アスカ「あ、んっ……あ……」ビクンッ


段々と腰の動きが早くなっていくシンジ

それに合わせるように、射精感も強まってきて、やがてシンジは限界を迎えた


シンジ「うっ! 出すよ、アスカ!/// 中で受け止めて!///」ハァハァ、ハァハァ

シンジ「出るっ!///」ドピュッ


アスカ「あ、あ、あ……んっ……」ビクンッ


シンジ「」ハァハァ……ハァハァ……



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:41:20 ID:Ue8QTsNc

アスカ「」ドロッ……


出し終わって自分のをそっと抜くと、アスカのアソコからは精液がとろとろとこぼれ落ちた

シンジはそれに満足して、今度は真希波の口に自分のをあてがう


シンジ「真希波……綺麗にして/// 次は真希波の番だから///」ソッ

マリ「ん……ぐっ……」


それから二時間。シンジはその間ずっと、三人の口や膣を犯し続けた

それから証拠隠滅の為に、出した精液は全て指ですくって三人の口の中へと流し込み、パジャマを元通りに戻して自分の部屋へと帰った


翌朝、レイが「なにか、顔がパリパリする……」と言っていたが、シンジは「寝不足じゃないの?」と誤魔化しておいた

三人は昨日の事など、全く気付いた様子もなく、いつも通りの一日を過ごす……



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:42:06 ID:Ue8QTsNc

シンジ「……みたいな事がしたい、かな……」


レイ「」

アスカ「」

マリ「」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:43:54 ID:Ue8QTsNc

マリ「そ、そんじゃまあ、ともかく判定にいってみよー!」

アスカ「判定って、アンタ……! これもするの!?」

レイ「……ええ、アウトかセーフか決めないといけないから」


マリ「姫ー! さあ行っくよー!」

アスカ「ちょ、ちょっと待って! まだアタシ」

レイ「……いっせーのー、で」



判定
レイ↓1
アスカ↓2
マリ↓3



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:45:34 ID:a.YTe15Q

アウト



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 14:45:49 ID:aEYNcG/A

セーフ
むしろやって欲しい



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/22(水) 15:21:14 ID:nIH8dl4k

セーフ



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:48:35 ID:/VA9Z/Wk

レイ「……これはアウト」

アスカ「ええい、もう! セーフよ!」

マリ「セーフかにゃー」


シンジ「良かったあ……」ホッ



レイ「……!?」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:49:56 ID:/VA9Z/Wk

レイ「……弐号機の人。これがどうしてセーフなの?」ジッ

アスカ「え? どうしてってそんな……。ええと、その……」アセアセ

マリ「」ニヤニヤ


マリ「レイー。姫に聞くだけ無駄だよー。姫は絶対に喋らないから」

レイ「喋らない……?」

マリ「そうだよ。姫が口に出す訳ないじゃん。ワンコ君に受精されたいなんてさ」ニヤニヤ

アスカ「///!」


シンジ「え……?///」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:51:33 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「あ、あの、アスカ……?///」

アスカ「バカ!/// 勘違いしないでよ! コネメガネが適当な事を言ってるだけよ!///」


マリ「適当ねえ……。うん、まあ、そういう事にしとこうか。ね、姫ー」ニヤニヤ

アスカ「そういう事にしとくじゃなくて、そうなの!/// 当たり前でしょうが、バカ!///」


レイ「……碇君から受精」

マリ「レイにはそういう願望はないー? 女の子なんだもん。好きな男から受精されたいって思うのは普通だよー」

レイ「……普通」


レイ「……そうなの?」チラッ

アスカ「だから違うってーの!/// もう!///」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:54:07 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「大体、そういうコネメガネはどうなのよ!// アンタもセーフじゃないの!//」

マリ「私はあれだねー。眠姦をしてみたいっていうワンコ君の気持ちがわからなくもないってだけだよ。ただ、それだけ」

マリ「ねえ、ワンコ君? 欲求不満だよねえ、そりゃ。姫なんてどうせ触らしてもくれないんでしょ? 色々たまっちゃうよねー?」

シンジ「あ、えと、まあ……うん// 特にアスカ、部屋着がその……いつもエッチな感じだし……// 見ててムラムラしてくるっていうか……」

アスカ「変態! エッチ! スケベ!// いっつもそんな目で見てたの、アタシを!///」

シンジ「ご、ごめん……!!」


マリ「謝る事ないよ、ワンコ君。あれは姫のセックスアピールなんだからさ」

アスカ「ち、違うわよ!/// いい加減な事を言わないでよ、コネメガネ!///」

マリ「はいはい。メンゴメンゴー」


レイ「…………」


シンジ「……えっと」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:56:01 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「……それで、アスカはその……どんな感じの事がしたいの?」

アスカ「///」カァッ


レイ「私も気になる……。教えて、弐号機の人」ズイッ

マリ「まあ、順番からいって次は姫だしねー。この際だからぶっちゃけちゃおうよ。姫はどんなプレイがしたいのかにゃ?」

アスカ「ど、どんなって/// その……///」

マリ「今更恥ずかしがる事もないんじゃないのぉ? ワンコ君もレイもかなりの事を言ってる訳だしさ」

シンジ「うん……まあ……そうだよね。自分で言うのもなんだけど、実際、これ以上のはもう出ない気がするし……」

レイ「言って。弐号機の人」


アスカ「わ、わかったわよ! 言うわよ! もうヤケよ!」

マリ「そうこなくっちゃね。で、何かにゃ?」


アスカ「アタシがしたい事は……」

シンジ「したい事は?」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:56:55 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「シンジをスパンキングして、性奴隷にしたいわね」


レイ「」

シンジ「」

マリ「」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:57:43 ID:/VA9Z/Wk

『アスカの妄想』


アスカ「ほら! 女の子にお尻を叩かれてる気分はどう!!」バチンッ!!

シンジ「あぐあっ!!」

アスカ「さっきから悲鳴ばっかりで、きちんと答えなさいよ! このバカシンジ!!」バチンッ!!

シンジ「いぎっ!! ア、アスカ!! もうやめてよ、痛いよっ!!」

アスカ「黙れ!!」バチンッ!!

シンジ「うあっ!!」


容赦なくシンジの尻を叩き続けるアスカ

痛さからか、シンジは涙目になっていた



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 10:58:36 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「ア、アスカ、もう許して! お願いだからもうやめてよっ!!」グスッ

アスカ「はあ? アンタ、バカァ? なにアタシに指図してんのよ!!」バチンッ!!

シンジ「いぎっ!!」

アスカ「生意気なのよ!! バカシンジの癖して!!」バチンッ!!

シンジ「うがっ!!」

アスカ「アンタは黙ってアタシに叩かれてればいいのよ!!」バチンッ!!

シンジ「いあっ!!!」


アスカ「アタシにどうこう言うなんて」スッ……

アスカ「百万年早いのよっ!!!」バチイィィンッ!!!!

シンジ「あぐうあっっ!!!」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:00:10 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「ぅっ……あぁ……」グスッ、ヒック

シンジ「酷いよ……アスカ……。酷いよ……」ポロポロ……

シンジ「何で僕に……こんな事……するの……」ポロポロ……


泣き出すシンジを見て、アスカはそっと呟く


アスカ「だって……アンタが好きだから」

シンジ「……え……?」グシュッ


アスカ「アンタがアタシのものにならないんだったら、何もいらない。死んでもいい。それぐらい好きだから」

シンジ「アスカ……?」グスッ


アスカ「だから、アンタを壊すの。そうして、アタシのものにするの」

シンジ「……!?」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:00:59 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「ほら、シンジ!! そこにひざまづけ!!」バチンッ!!

シンジ「うぎっ!!」

アスカ「アタシの所有物になるって誓いなさい!! 永遠にアタシ一人だけのものになるって!!!」バチンッ!!

シンジ「いぐっ!!! や、やめてっっ!! もうやめてよ!!!」ポロポロ


アスカ「だったら、誓え!! こっちを向いてアタシの足にキスしなさいっ!! 僕はアスカ様のものです、って言えっ!! 言いなさいっ!!!」バチンッ!!

シンジ「ひぎっ!! い、言うから!! 言うからもうやめてよ、アスカっ!!」ポロポロ


アスカ「早くしなさいっ!!」バチンッ!!

シンジ「うああっ!! ご、ごめんなさい!!! すぐにするから!!! するからもう叩かないでっ!!!」ポロポロ



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:02:13 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「ぅっ……ぅぅ……」ポロポロ

アスカ「…………」


全裸のまま、アスカの足元にひざまづくシンジ

アスカが足を上げ、それをシンジの顔にぐいっと押しつける


アスカ「早くしなさいよ」グリッ

シンジ「あぅ……ご、ごめん……なさい……」グスッ



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:03:15 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「僕はアスカ様のものです。まずはそう言いなさい」

シンジ「……僕は……アスカ様のものです……」グスッ


アスカ「次よ。アタシの事を一生愛します」

シンジ「……アスカ様の事を……一生愛します」グスッ


アスカ「次。アスカ様に絶対服従を誓います」

シンジ「……アスカ様に……絶対服従を誓います」グスッ


アスカ「その証として、キスしなさい。足に」グリッ

シンジ「は、はい……」


押しつけられた足に、言われた通りキスするシンジ

アスカは満足そうにうなずくと、シンジを立たせ、それから急に愛おしそうにシンジに抱きついた



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:04:26 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「シンジ、ごめんね……痛かったでしょ?」ギュッ

シンジ「ぅっ……」ポロポロ


アスカ「大丈夫……もう叩かないわよ……」

アスカ「アタシのものになるんだったら、そんな事しない。うんと優しくしてあげるわ」

アスカ「だから、安心しなさい……シンジ……」ソッ


シンジの頭に手をやり、優しく撫でるアスカ


シンジ「ぅっ……ぐっ……」エグッ


しゃくり上げるようにシンジが泣き始めた



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:06:29 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「大丈夫……。もう大丈夫だからね……」ナデナデ


頭を撫でながら、もう片方の手でそっとシンジの全身をまさぐっていくアスカ

ねぶるように手を這わせ、やがてシンジの股間で手を止める


アスカ「シンジ、最初の命令よ……。アンタのコレをアタシの中に入れなさい……」


耳元で囁くように、アスカは言う


アスカ「アンタと一つになりたいの……。いっぱいいっぱい一つに……」スルッ、ファサッ……


自分から服を脱ぐと、アスカは体ごと絡みつかせるようにシンジの体に抱きついた


アスカ「早くしなさいよね……。アタシを待たせるんじゃないわよ……バカシンジ……♪」


それから、奪うように激しいキスをするアスカ……。



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:15:07 ID:/VA9Z/Wk

シンジ「アスカ……」グスッ

アスカ「シンジ……♪」ソッ……


キスの後、自ら足を広げ、準備万端となっていたシンジのものを受け入れるアスカ

そして、離れないようシンジの腰に足を回す


アスカ「たっぷり出すのよ、溢れるぐらいにね……///」



この日、アスカはシンジに中出しを六回要求した……。



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:15:55 ID:/VA9Z/Wk

アスカ「……みたいな事がしたいわね」


シンジ「」

レイ「」

マリ「」



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:17:29 ID:/VA9Z/Wk

マリ「なんかもう、この流れも恒例になってきたねー。それなら、グダグタ喋らず早速いっくよー」

シンジ「早いってば、真希波!! 僕まだ」

レイ「ちょっと待って。私もまだ」


マリ「知らないにゃあ、そんなの」

マリ「いっせーのっでっと!」



判定
レイ↓1
シンジ↓2
マリ↓3



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:20:51 ID:qVk49khc

アウト



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:22:37 ID:3Z4sDt/.

アウト



58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/24(金) 11:35:16 ID:WLm9cIbk

アウト



64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:01:18 ID:urotJ49Q

レイ「アウト」

シンジ「アウト」

マリ「アウト」



アスカ「」



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:01:58 ID:urotJ49Q

アスカ「ちょっと! 何でアタシだけアウトなのよ! おかしいでしょ!」


レイ「おかしくはないわ。……おかしいのはあなたの方だから」

アスカ「」


シンジ「いくらなんでも暴力はないよ、アスカ。……僕、アスカの事、見損なったよ」

アスカ「」


マリ「無理矢理はよくないよ、姫ー。ワンコ君が可哀想じゃん。ちょっとあれは酷いよ」

アスカ「」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:03:26 ID:urotJ49Q

アスカ「どうしてよっ!! レイのも無理矢理だったし、シンジのも同意を得てないじゃない! なのに、なんでアタシだけダメなのよ!!」


レイ「……私は碇君を傷つけたりしてないわ」

シンジ「僕も……暴力は使ってないし……」

マリ「姫ー。見苦しいよー。素直に諦めなよ」


アスカ「そんなあっ!!」



67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:05:27 ID:urotJ49Q

マリ「という事で姫のはアウト。絶対にしちゃダメだからね。わかった?」

アスカ「……うっ」


シンジ「良かった……。これ、先にやっといて……」

レイ「……そうね」コクッ


マリ「姫はワンコ君と一緒に住んでるからねー。危うくされるところだったね、ワンコ君。危機一髪だよ」

アスカ「しないわよ!! してみたいってだけで、実際にはそんな事する訳ないじゃないっ!!」

マリ「どーだかねー」

レイ「怪しいわ」

シンジ「僕、アスカとは出来るだけ二人きりにならないようにするよ……」


アスカ「」



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:06:15 ID:urotJ49Q

アスカ「もういいわよっ! バカァ!!」グスッ


マリ「あーあ、すねちゃった」

レイ「でも、仕方ないわ」

シンジ「そうだね、自業自得だし」


アスカ「うううっ……」グスッ



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:07:56 ID:urotJ49Q

レイ「それじゃあ、次に行くわ」

シンジ「順番からいくと真希波だよね。っていうか、もう残ってるの真希波だけか……」

マリ「んー、だねー。じゃあまあ、ちゃっちゃっと言っちゃおうか。引っ張って姫の二の舞は踏みたくないしね」

アスカ「ううっ……」グスッ


レイ「それで、あなたのしたい事って……何?」

シンジ「真希波、明るいし、あんまり変わった欲望とかなさそうなんだけど……」


マリ「んー……私のしたい事はね……」

シンジ「うん」



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:08:54 ID:urotJ49Q

マリ「……ワンコ君と首しめセックスかにゃ」


レイ「」

シンジ「」

アスカ「」



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:10:35 ID:urotJ49Q

『マリの妄想』



シンジ「真希波、それじゃ……//」

マリ「うん……//」


ベッドの上で、裸で抱き合うマリとシンジ

シンジがマリの足を掴み、すでに勃起していた自分のものを入れる


シンジ「ん……//」ズブッ

マリ「にゃ……///」ビクッ


そのままシンジが腰を動かそうとすると、不意にマリがそれを止めた


マリ「待って、ワンコ君。今日は一つお願いがあるんだあ//」

シンジ「お願い?」

マリ「うん……// そのまま私の首を絞めてくれないかにゃ……///」

シンジ「……え……!?」



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:12:58 ID:urotJ49Q

シンジ「真希波……いくらなんでも、それは……。そんな事出来ないよ」


当然、拒否するシンジ

だが、マリはシンジにぎゅっと抱きつき、耳元でおねだりするように囁く


マリ「ねえ、ワンコ君。お願い……/// してよ///」

シンジ「で、でも……!」

マリ「これまでさあ、色々とワンコ君からしてもらったけど、でも、首を絞めてもらうのはまだだからさ……// アレ、すごく気持ちいいって言うじゃん、だから///」

マリ「ね、お願い、ワンコ君。一度だけでいいからしてよ/// こんなに頼んでるんだよ、ね?///」

シンジ「……だけど、それは……」

マリ「軽くでいいから。ね、ワンコ君///」ソッ……


シンジの手をつかみ、自分の首にあてがうマリ

細く柔らかい感触がシンジの手に伝わる……



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:15:10 ID:urotJ49Q

マリ「お願いだよ、ワンコ君。一生のお願い。首を絞めながらして///」

シンジ「あ……。う……」

マリ「ワンコ君……/// ね?/// してよ///」


繋がったまま、腰をわずかに動かしておねだりするマリ

シンジは散々ためらった末に、そっと手に力を入れる


シンジ「こう……? 真希波……」キュッ……

マリ「ん/// うん……そう///」ハァ……ハァ……


少し苦しげな、でも恍惚とした表情でマリは言う


マリ「そのまま……動いて……/// ワンコ君……///」ハァ……ハァ……

シンジ「う、うん……」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:17:14 ID:urotJ49Q

ギシギシと音を立てるベッド

マリは相変わらず、少し苦しそうな喘ぎ声を上げる


マリ「あっ……/// ぐっ……あ……/// んんっ……///」

シンジ「ま、真希波……大丈夫?」


マリ「大丈夫……/// 苦しくて、気持ちよくて……なんかスゴくいいよ……/// いつもより、ずっといい……///」ハァ……ハァ……

シンジ「本当に? 本当に大丈夫……?」


マリ「うん……/// 最高……だにゃ……///」ハァ……ハァ……

マリ「だから、お願い……ワンコ君……/// もう少し首を強く絞めて……///」

マリ「それと……もっと激しく動いて……///」ハァ……ハァ……



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:19:38 ID:urotJ49Q

シンジ「だ、だけど……流石にこれ以上は……」


ためらいを見せるシンジ

そんなシンジの心を見透かしたように、真希波は優しく声をかける


マリ「私なら……大丈夫だにゃあ……///」ハァ……ハァ……

マリ「ていうか……もっとしてほしいよ……/// ワンコ君……///」ハァ……ハァ……

マリ「このままじゃ……二人ともイけないよ……/// だから……もっと……///」ハァ……ハァ……


そう言いながら、シンジの手をつかみ、自分で力を加えるマリ


マリ「あっ……!/// ぐっ……///!」ビクンッ

シンジ「真希波……!」

マリ「こ……/// これぐ……らい……の力で……して欲しいにゃあ……///」ハァハァ、ハァハァ

シンジ「…………」



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:22:09 ID:urotJ49Q

シンジ「真希波……本当に大丈夫なの? 本当に平気なの? 気持ちいいの?」


一旦、手を離して真希波に何回も確認するシンジ

マリは、荒い息を吐きながら、シンジに笑いかける


マリ「大丈夫……/// 平気だよ……///」ハァハァ

マリ「だから……もっと激しくしてよ……ワンコ君///」ハァハァ

マリ「苦しくて……頭の中ボーッとして……ふわふわして……ヤバイぐらい気持ちいいんだからさ……///」ハァハァ

マリ「お願いだにゃ……/// 私をイかせてよ……ワンコ君/// このままじゃ……体が疼いてたまんないよ……///」ハァハァ


シンジ「…………」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:26:29 ID:urotJ49Q

それから数十分後……


マリ「がっ!/// あっ、ぐっ!!///」ビクンッ、ビクンッ

シンジ「真希波、真希波、真希波!///」ギュッ!


激しく腰を動かしながら、マリの首を強く絞めるシンジ


マリ「ぎっ!!/// んぐっ!!/// あっ!!///」ビクンッ、ビクンッ

シンジ「真希波、締まるよ!/// スゴいいいよ、真希波!///」ギュッ!!

マリ「あぎっ!!!///」ビクンッ!!


首を絞める度に、ベッドの上で激しく跳ねるマリ

そして、首を絞める強さが強いほど、マリのアソコも強く締まっていく


シンジ「真希波!!///」ギューッ!!

マリ「がっ!!!/// あ、あぐっ!!///」ビクンッ!!


いつしか我を忘れたシンジは、首を絞める強さを適度に調整して快楽を得つつ、ロデオのように暴れるマリを押さえつけながら、ひたすら腰を振り続けた



78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:29:41 ID:urotJ49Q

シンジ「ダメだ!/// もう出る!!///」ギューッ!!

マリ「あぐっ!!///」ビクンッ!!


シンジ「イクよ、真希波! 出すよ!!/// 強く締めて!!///」ギュウッッ!!!!

マリ「がっ!!!!!///」ビクンッ!!!!


シンジ「あ!/// ああっ……!///」ドピュッ、ドピュッ

マリ「っ……ぁ……」ビクンッ!! ……ビクンッ!!


シンジ「あ……ああ……/// スゴい締まってるよ、真希波……///」ハァハァ、ハァハァ

マリ「」ビクンッ…………


シンジ「これ……ダメだ……癖になりそうだよ///」ハァハァ

マリ「」ビクッ…………



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:31:05 ID:urotJ49Q

シンジ「……///」ハァハァ

マリ「」…………


射精の余韻に浸るシンジ

そのまま全く身動きしなくなったマリ……


シンジ「良かったよ……真希波……// 最高だったよ……///」

マリ「」…………


シンジ「……真希波……?」

マリ「」…………



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:32:52 ID:urotJ49Q

シンジ「真希波……ねえ、返事をしてよ、真希波……」

マリ「」…………


シンジ「……真希波、ねえ、真希波……」ユサユサ

マリ「」…………


白目を剥いたまま、だらしなく舌を出し、全く動かないマリ……


シンジ「ま、真希波! 真希波!!」ユサユサ、ユサユサ

マリ「」…………


シンジ「まさか……!! そ、そんな訳ないよね……!? 真希波!! 真希波!! 起きてよ!!」ユサユサ!! ユサユサ!!

マリ「」…………



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:33:59 ID:urotJ49Q

シンジ「ま、真希波…………」ポロッ……

マリ「」…………


シンジ「嘘だ嘘だ嘘だ……! 僕が真希波を殺しただなんて…………」ポロポロ……

マリ「」…………


シンジ「真希波…………起きてよ……。真希波……」ポロポロ……

マリ「」…………



シンジ「真希波…………」ポロポロ……ポロポロ……

マリ「…………」チラッ



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:34:34 ID:urotJ49Q




マリ「気持ちよかったにゃあ……///」



83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:35:04 ID:urotJ49Q

マリ「……みたいな事がしたいかにゃ」



レイ「」

シンジ「」

アスカ「」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:35:53 ID:urotJ49Q

アスカ「これ……今までで一番ヤバイやつね……」ボソッ

シンジ「……僕の眠姦とか……なんか消し飛んだよね……」ボソッ

レイ「……スパンキングもバター犬も余裕で越えてるわ」ボソッ


アスカ「……と、とにかく判定よ! 今回は悩む必要もそうないだろうし!」

シンジ「うん……そうだね」

レイ「それじゃあ……」


シンジ「いっせーのっで!」



判定
レイ↓1
シンジ↓2
アスカ↓3



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:36:26 ID:wbCJd7KU

アウ……セーフ



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:40:29 ID:GEhQG8x2

アウツ



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 12:41:42 ID:4CtTXW/.

アウト



89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:12:42 ID:tFUsrAMQ

レイ「アウ……いえ、セーフね」

シンジ「アウトだね」

アスカ「アウトに決まってるでしょ!」


シンジ「ん……?」
アスカ「え……?」

レイ「え……?」



90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:13:32 ID:tFUsrAMQ

アスカ「エコヒイキ……アンタ、今、何て言った?」

シンジ「聞き間違いじゃなければ、セーフって……」


レイ「……セーフ」


アスカ「はあ? アンタ、バカァ!? 首しめよ、首しめ! 死んだらどうすんのよ!」

シンジ「そうだよ、綾波! っていうか、真希波が一番おかしいんだけど!」


マリ「う……」

レイ「で、でも……」オロオロ



91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:14:20 ID:tFUsrAMQ

アスカ「でも、何よ? アンタもそういう事されたいの? 首しめられても、苦しいだけじゃない」

レイ「え……その……」オロオロ


シンジ「そうだよ! 変な道に入っちゃダメだよ、綾波! 真希波みたいになっちゃダメだってば!」

マリ「」


レイ「ご、ごめんなさい……」シュン

マリ「……うー……首しめ、いいと思うんだけどなあ……」



92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:16:04 ID:tFUsrAMQ

アスカ「とにかく! これはアウト! 絶対にしちゃダメよ!!」

シンジ「そうだよ! 僕だって絶対にそんな事をしたくないよ!」


レイ(…………)

マリ(…………)


レイ(……どうしてかわからないけど)

マリ(不思議とワンコ君の言葉に説得力がないなあ……)



93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:16:58 ID:tFUsrAMQ

マリ「まあ、りょーかいだよ。首しめセックスは諦める。危ないしね」

アスカ「あったりまえでしょうが!」


シンジ「と、とにかくこれで全員出揃ったよね」

レイ「ええ……そうね」

アスカ「えっと……結局セーフだったのは……」


レイ→バター犬
シンジ→眠姦


アスカ「この二つね」

マリ「だねー」



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:18:42 ID:tFUsrAMQ

アスカ「それにしても、レイのバター犬はともかくとして、シンジの眠姦がセーフになったのは意外と言えば意外ね」

マリ「誰も痛い思いしてないからねー。やっぱり痛みを伴う愛は歪んでるって事じゃあないのかにゃ?」

シンジ「痛い思いをするのはエヴァだけで十分だよ……」ボソッ

レイ「そうね……そうかもしれない」


アスカ「って事は、痛い思いをしなければいいって事?」

マリ「ソフトSMぐらいならいいかもね。縛ったり目隠ししたりとか」

レイ「セックスは楽しく気持ちよくするのが大事なのね……」

シンジ(中出しについては誰も何も言わないの……?)



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:21:08 ID:tFUsrAMQ

アスカ「って事は露出とかならいいのかしら?」

マリ「調教とかはどうなんだろうね?」

レイ「……あとは乱交やアナルセックス」

シンジ(何でみんな、こんなに詳しいんだろ……? 特に綾波……)


アスカ「なんにせよ、セックスはお互いの事を思いやってやるべきだという事がよくわかったわ。気持ちいいからって、何でもかんでもしていい訳じゃないって事ね」

マリ「そうだねー。危険な事や、痛い思いをさせるのはアウトって事で」

レイ「……今日は、とてもためになったわ」

アスカ「本当ね。これでいざ本番をする時にもきっと大丈夫だろうし」

マリ「これを教訓に、みんなで楽しいセックスライフを送るにゃー」

シンジ(……なんかの教育番組みたいだ)



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:22:06 ID:tFUsrAMQ

アスカ「って事で、シンジ」チラッ

レイ「ええ……碇君」チラッ

マリ「ワーンコ君」チラッ


シンジ「……え」


アスカ「アタシは今日早めに寝るから……いいわね? ちゃんとするのよ///」

レイ「私は、ジャムとチョコレートを用意して家で待っているから///」

マリ「私も今日は姫のところにお泊まりするからねー。体磨いて待ってるよん///」


シンジ「え、え……??///」ドキドキ



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:23:24 ID:tFUsrAMQ

その後、レイの家に行ったシンジはそこでお腹一杯になるまで、バターやハチミツ以外のものもたっぷりと味わった


レイ「あぁ!/// 碇君、ダメ! もうダメ!/// やめ、あっ、あっ、ああっ!///」ビクンッ


そして、夜は心ゆくまで二人の体を犯した


アスカ「あ……/// んっ……///」ビクッ

マリ「いい……/// あ、んっ……///」ビクッ


二人は半ば起きてたように思ったが、構わずシンジは中出しして、出した精液を二人の口に飲ませた


アスカ「んっ……♪///」ゴクッ

マリ「にゃ……♪///」ゴックン



その頃、レイは一人で物悲しそうに、自分で慰めていた


レイ「……碇君……。やっぱり一人だと……」クチュクチュ

レイ「寂しい……? これが寂しいという気持ちなの……? んっ……//」クチュクチュ……



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/25(土) 19:24:51 ID:tFUsrAMQ

レイ「……っていうそんな妄想をしながら、昨日初めてオナニーしました」


ゲンドウ「」



レイ「碇司令……バター犬させるのって気持ちいいですか?」

ゲンドウ「」


レイ「眠姦はセーフ……ですか?」

ゲンドウ「」


レイ「首しめセックスは良くない……ですか?」

ゲンドウ「」





レイ:ノーマルエンド

終わり


元スレ
SS深夜VIP:シンジ「エロい欲望を、アウトかセーフで判定する?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1413920404/