SS速報VIP:【シャニマスSS】P「Badの調整が消えた……だと……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529859112/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:51:52.89 ID:WXGRoQEg0

※BLEACHはスレタイだけ
※調整の是非は置いておく



P「灯織! 灯織! 大変だ! 大変なことが起こったぞ!」

灯織「プ、プロデューサー!? いきなりどうしたんですか!?」

P「Bad調整ができなくなってしまったんだ!」

灯織「Bad調整……? 何ですか、それ」

灯織「ふざけているわけじゃ、ないんですよね?」

P「当たり前だ! 俺が灯織の前でふざけたりするわけないだろ!」

灯織「そ、そうですか……」

P「取り敢えず相談に乗ってくれ、灯織!」

P「6月11日くらいからできなくなってしまったんだ!」

P「Bad調整が!!」

灯織「?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529859112




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:52:59.46 ID:WXGRoQEg0

灯織「えーっと、まずそのBad調整という所から説明して欲しいのですが……」

P「す、すまん。あまりの事に動揺してしまっててな」

P「コホン。Bad調整っていうのは、オーディションで起こる現象だな。こっちのアピール判定に他のアイドル達も引きずられるアレのことだ」

P「灯織も覚えがあるだろ?」

灯織(全然ないです)

P「あ、ちなみに便宜上Bad調整って呼ばれてるだけで、全てのアピール判定で起こる現象だ」

P「これを用いるとLAを取るのが格段に楽になるんだよ」

灯織(何を言ってるのか全然分からない。勉強不足なのかな、私……)

灯織(そ、それならここでしっかり聞いておかないと……!)

灯織「すみません、プロデューサー。まず『アピール判定』という部分から教えてもらえませんか?」

P「ん? ああ、オーディションでライブスキルを選ぶとアピールメーターが出るだろ」

P「それを止めた部分で、PerfectからBadまでの4種類から判定が決定される」

P「これが『アピール判定』だな」

灯織「???」

P「うーん、上手く伝わって無いみたいだな。つまり、かくかくしかじかで……」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:54:02.74 ID:WXGRoQEg0

灯織「プロデューサーさんの言葉をまとめると……」

灯織「オーディションは三人の審査員から星を奪い合うルールで、星の数は流行によって決まる」

P「1倍、1.5倍、2倍で理論上の合計は90だな」

灯織「私たちアイドルへの指示は、三枚の手札からライブスキルを選ぶことで行われる」

P「灯織のDaVi3倍アピールは最高だ」

灯織「ライブスキルを選ぶとアピールメーターが動き始めて、それを止めることでアピール判定なる物が決定される」

P「ああ。めぐるのPerfectとか恋鐘のBadが印象的だな」

灯織「最後に、自分のアピール判定が全体に影響していた現象がなくなってる、と」

P「とてもつらい」

灯織「……プロデューサー」

P「おう、何だ」

灯織「今日は早く休みましょう」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:54:39.94 ID:WXGRoQEg0

灯織「プロデューサーはきっと疲れているんです」

灯織「16人同時プロデュースが激務なのは分かります。だから、休める時はしっかりと休んでください」

P「いや、俺は幻覚とか幻聴の類を見聞きしてるわけじゃなくてだな……」

灯織「そもそも、6月11日なんてまだ来てないじゃないですか」

灯織「今はシーズン2の前半ですよ?」

P「それはそうだが……」

P「ん? そもそもシーズン2って、何月のことなんだ?」

灯織「何月って……」

灯織「シーズン2はシーズン2ですよ。プロデューサー」

P「それも……そうだよな。やっぱり、疲れてるのかな俺」

灯織「そうですよ。今日は早く帰ってしっかり休んでください」

灯織「はづきさんと社長には、私から言っておきますから」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:55:26.62 ID:WXGRoQEg0

P「むむむ。心配されて事務所から追い出されてしまった」

P「いや、しかしオーディションの時のアレは間違いなく幻覚なんかじゃないはずだ」

P「そうだ! 俺はヤバイ奴なんかじゃい! かくなる上は……」

P「よし! 公園に行くぞ!!」



P「真乃! 真乃はいるか!」

バサバサバサバサバサバサバサバサ

真乃「ほわっ……プ、プロデューサーさん?」

真乃「あ、鳩さん達が逃げちゃいました……」

P「すまない、真乃。憩いの時間に本当に申し訳ないと思ってる」

P「だけど緊急事態でな。相談に乗って欲しいんだ!」

真乃「え、えっと、よく分かりませんけど……」

真乃「プロデューサーさんの頼みなら頑張ります。むんっ!」

P「おお! ありがたい!」

P「それじゃあ早速。かくかくしかじかで……」



P「……と、いうわけなんだが」

P「灯織には心配をかけただけになってしまったが、真乃なら分かってくれるよな!」

真乃「ほわわ……」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:56:59.23 ID:WXGRoQEg0

真乃(どどど、どうしよう。プロデューサーさんがおかしくなっちゃいました……!)

真乃(ドッキリ、なのかな。で、でも私一人じゃどうしようもないです……!)

真乃(そ、それに少しだけ怖いです……)

真乃(た、助けて灯織ちゃん! めぐるちゃん!)

めぐる(真乃、ひょっとして私のこと呼んだ?)

真乃(めぐるちゃん!? の、脳内に直接……!)

めぐる(携帯の連絡だと最近電池切れが怖くて……)

めぐる(思い切って、テレパシーを身につけたんだ!)

めぐる(真乃が困ってるみたいだし、とりあえずそっち行くよ。いつもの公園だよね)

めぐる(待ってて!)

真乃(え……)

真乃(え……?)




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:57:56.37 ID:WXGRoQEg0

P「どうしたんだ、真乃。急に黙り込んで」

真乃「あの……その……」

真乃「めぐるちゃん、来てくれるみたいです」

P「本当か? お、噂をすれば……」

めぐる「やっほー、真乃! プロデューサーさん!」

真乃「あ、本当にこれちゃったんだね」

めぐる「もちろんだよ! 困ってる友達のためだもん!」

めぐる「プロデューサーも、あんまり真乃のこと困らせたらダメだよ?」

P「そのつもりは無かったんだが……ごめんな、真乃」

P「それで折角だからめぐるにも相談させて欲しいんだが、いいか?」

めぐる「うん! プロデューサーの頼みなら何だって聞いてあげる!」

P「おお、ありがたすぎて涙が出て来た」

P「それで、かくかくしかじか何だが……」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:58:40.53 ID:WXGRoQEg0

めぐる「うーん……プロデューサーの言いたいこと、よくわかんないや」

真乃(なぜだか少しだけ安心しました)

P「そっか、めぐるでもダメか。やっぱり俺がおかしいんだな……はぁ……」

めぐる「そ、そんなことないよ! 私がよく分かってないだけ!」

めぐる「あ、そうだ! テレパシーでプロデューサーの考えてること、読み取ってみるよ!」

P「その手があったか! でかしたぞ、めぐる!」

真乃「ほ、ほわっ!?」

めぐる「真乃、急に変な声出してどうしたの?」

真乃「え? だって、テレパシーって……ほわ、ほわわわわ……」

P「めぐるはアイドルだし、ダンスやってるからな。テレパシーぐらいできるだろ」

P「よし、めぐる! 早速頼むぞ!」

めぐる「任せて!」

真乃(プロデューサーさんとめぐるちゃんの話が異次元過ぎて、付いていけないです……)

真乃(で、でも! まだ全然平気です!)




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 01:59:28.38 ID:WXGRoQEg0

めぐる「あー、なるほど。プロデューサーさんからだと、こんな風に見えてるんだー」

P「逆にアイドル達からだと見えてないのか。そりゃ話も噛み合わないわけだ」

めぐる「あ! アピールが数値になってる! なんかカッコイイー!」

真乃(ぜ、全然平気です)

めぐる「で、これがそのアピールメーターって奴だね」

めぐる「ホントだ。昔の記憶と最近の記憶で、何か他の人たちの数値が違うね」

P「そうなんだよ。急にそうなってな。何か分かるか?」

めぐる「んー……やっぱりテレパシーじゃないかな」

P「テレパシー! その発想はなかった」

真乃(ゼ、ゼンゼンヘイキデス……)

めぐる「アピールメーターの結果を、プロデューサーが無意識のテレパシーで送ってるんじゃないかな」

めぐる「それで、今までは全員に送っちゃってたから……」

P「みんなのアピール判定が同じになっていたというわけか! それで今は時アイドルにしかそれが送られてない!」

めぐる「うん! これが正しいとしたら、解決策もスグだね!」

P「ああ! つまり……」

P「俺がテレパシーを使いこなせればいい!」

真乃(モウガンバレナイデス……)




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 02:00:41.52 ID:WXGRoQEg0

数日後

甘奈(プロデューサーさん、みてみて! この写真ちょー盛れてると思わない!?)

P(加工が凝ってるな)

恋鐘(寮でちゃんぽんば作ったばい! プロデューサーにも食べさせてあげたか!)

P(恋鐘が味見すれば、こっちに伝わるぞ)

果穂(昨日のジャスティスV、すごかったですっ!)

P(すごい回だったな! 特にこのシーンが……)

めぐる「プロデューサー! もうすっかり使いこなしてるみたいだね!」

P「ああ! これも良い師匠がいてくれたおかげだよ」

P(ありがとうな、めぐる)

めぐる「えへへ……」

めぐる「あ、そうだ! 最近灯織が元気ないみたいなんだけど……」

めぐる「プロデューサー、何か知らない?」

P「灯織が? あれ、そういえば何か忘れているような……」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 02:01:13.04 ID:WXGRoQEg0

灯織「あ、プロデューサー」

灯織「その、先日は上手く相談に乗れなくて、すみませんでした」

P「いや、気にしてないよ」

P(相談……相談……したのは覚えてるけど要件は……)

灯織「そう言ってもらえると助かります」

灯織「思い返してみると、突き放したようになってしまった気がして……」

P「そんなことない。灯織が心配してくれてるのは、ちゃんと伝わってきたからさ」

P「嬉しかったよ」

灯織「な、なら良かったです……」

灯織「それで解決したんですか」

灯織「Bad調整、でしたっけ……?」

P「……あ」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 02:01:47.22 ID:WXGRoQEg0

終わりです。
お目汚し失礼しました。


元スレ
SS速報VIP:【シャニマスSS】P「Badの調整が消えた……だと……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529859112/