1: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:38:08 ID:hrQbw3PI

浦の星女学院部室。
ルビィ「今日も練習疲れたよ~」

ダイヤ「ルビィ、練習が大変だったのはわかりますが、部室でグダグダしてたらバスの時間が過ぎますわよ?」

ルビィ「うぅ~……」

ダイヤ「ほら、善子さんも早く着替えて」

善子「え……うそ……」

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「悪いわねダイヤ。ルビィ、いえ、リトルデーモン4号は今日、このヨハネと儀式を行うわ!」

ダイヤ「は?」

善子「そんなわけで行くわよ、ルビィ!」

ルビィ「え、え、うぇ!?」

ダイヤ「な!待ちなさい!善子さん!ルビィ!」

ルビィ「ゆ、夕飯までには帰るから~!」

善子「……ごめんなさい」



2: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:40:02 ID:hrQbw3PI

津島善子の部屋。

ルビィ「お邪魔します」

善子「悪いわね、強引に連れてきちゃって」

ルビィ「最初はびっくりしたけど、よくよく考えたら善子ちゃんの家に行くのって初めてだから嬉しいかな!」

善子「初めてって……あんた早朝に1回来たでしょ?」

ルビィ「あれは外だけだったから、ノーカンだよ」

善子「なにそれ」

ルビィ「お姉ちゃんだったらイミワカンナイ!って言ってた」

善子「ドヤ顔で言ってるのが目に浮かぶわ」

ルビィ「わぁぁぁ!サメさんのベッド!」

善子「それも珍しくないでしょ?」

ルビィ「えへへ。ルビィね、1度でいいからこの中で寝てみたかったんだ」

善子「ふふ、つまり海のギャングに喰われる覚悟は」

ルビィ「あ、これって堕天使の衣装?」

善子「ちょっと聞きなさいよ!」

ルビィ「ごめんね。善子ちゃんの部屋ってルビィと違って色んなものがあるから」

善子「てっきりグッズが沢山あると思ったわ」

ルビィ「ルビィも本当はそうしたいけど、部屋中置けるほどお金に余裕ないから……」

善子「ゴチャゴチャしてても掃除が大変なだけよ」

ルビィ「でも、善子ちゃん!って感じがしてルビィ凄くいいなぁと思うよ!」



3: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:41:32 ID:hrQbw3PI

善子「も、もうあんたってば……」

ルビィ「うん?」

善子「何でもないわ。それよりゲームしましょ」

ルビィ「げーむ?」

善子「嘘でしょ。知らないの?」

ルビィ「う、うん」

善子「ダイヤの教育って相当厳しいのね……」

ルビィ「お姉ちゃんというより、お母さんとお父さんが……」

善子「あ、はは……黒澤家って感じね」

ルビィ「と、所でげーむって何をするの?」

善子「先にジュース持ってくるから待ってなさい」

ルビィ「ルビィ、コーラがいい!」

善子「はいはい」


ルビィ「楽しみだなぁ……ん?これは?」

ルビィ「棚の下から何かはみ出してる……?」

ルビィ「なんだろ……勝手に見ちゃいけないのは分かってるけど……え?」



4: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:42:13 ID:hrQbw3PI

善子「ルビィお待たせ──は?」

ルビィ「え? これって……」

善子「…………」

ルビィ「あの~善子ちゃん……?」

善子「ヨハネ…………ふふ、煉獄の罠を見つけてしまったのね。それは亡者達が作り上げたあの世への!」

ルビィ「小さい頃手放さなった哺乳瓶……?」

善子「うぐ……そ、そうよ!幼い頃に捨てるのを忘れて気づかなかったのよ!」

ルビィ「そ、そうなんだ……」

ルビィ(中にミルク……?ちょびっと残ってる)



5: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:43:08 ID:hrQbw3PI

善子「そんなことよりゲームしましょ!お菓子とジュース持ってきたんだし」

ルビィ「ねぇ善子ちゃん」

善子「ヨハネ!」

ルビィ「……ゲームやろっか!」

善子「え、えぇ!そうね!」

ルビィ「あ、お菓子とジュース持つよ」

善子「べ、別にいいわよ!あんたは座ってなさい!」

ルビィ「う、うん」

善子「はい、コーラ。飲みすぎてダイヤに怒られないようにね」

ルビィ「あ、ありがと……」



6: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:44:19 ID:hrQbw3PI

善子「……美味しい?」

ルビィ「う、うん。炭酸強いからちびちびだけど」

善子「……」

ルビィ「善子ちゃん……?」

善子「あの、さ。幻滅……した?」

ルビィ「え……なんで?」

善子「ほ、ほら分かってんでしょ……ヨハ、私があれを飲んでるって……」

ルビィ「……」

善子「有り得ないよね、高校生にもなって哺乳瓶でミルク飲むなんて……」

ルビィ「善子ちゃん……」

善子「だから、ごめんね?堕天使がこんなので」

善子「ごめん。駅まで送るからやっぱ今日は」



7: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:48:15 ID:hrQbw3PI

ルビィ「やだ」

善子「ルビィ?」

ルビィ「哺乳瓶でミルク飲んでるからって、勝手に幻滅したことにしないで!」

善子「え、ちょ、ルビィ!?」

ルビィ「だって善子ちゃん、寂しそうだもん!」

善子「!」

ルビィ「ずっとルビィ達に言えなかったんだよね? 本当は1人が寂しいって……」

善子「そ、そんなわけ。堕天使は孤独に愛されてこそ!」

ルビィ「じゃあ何でルビィを連れてきたの?」

善子「それは儀式を……」

ルビィ「善子ちゃんのお母さんって今日帰ってこないんでしょ?」

善子「だから遊び放題というか……」



8: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:49:28 ID:hrQbw3PI

ルビィ「ふふ、善子ちゃんって誤魔化す時ほとんど目を合わせないね」

善子「なっ!」

ルビィ「嘘だよ」

善子「~~~~!!!」

ルビィ「い、痛い!痛いよぉ!」

善子「あんたが悪いんでしょうがぁ!」

ルビィ「だ、だって善子ちゃん本当に寂しそうだったから……」

善子「……」

ルビィ「部室で携帯見てた時の顔……凄く泣きそうだったし」

善子「……ドン引きしないの?」

ルビィ「言ったじゃん。幻滅しないって」

善子「分かるわけ」

ルビィ「うん、ルビィには1人の寂しさは悲しいけどわからない、かな……でもね、大好きな人と話したい時に話せない辛さは痛いほどわかるよ!」



9: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:50:42 ID:hrQbw3PI

善子「る、ルビィ……」

ルビィ「それに、善子ちゃんって可愛いね!」

善子「はぁ!?いきなり何よ!?」

ルビィ「さ、ゲームやろう!」

善子「もう……調子崩れるわ」

ルビィ「ふふ」

善子「ねぇ……ルビィが嫌ならいいんだけど、今日泊まっていく……?」

ルビィ「善子ちゃん……うん!!!」

善子「いいの?」

ルビィ「だって嬉しいんだもん!善子ちゃんのお家にお泊まりって!」

善子「哺乳瓶飲むかもしれないのに?」

ルビィ「嫌だったら嫌って言ってるよ」



10: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:53:44 ID:hrQbw3PI

善子「る、ルビィ……」

ルビィ「それに、善子ちゃんって可愛いね!」

善子「はぁ!?いきなり何よ!?」

ルビィ「さ、ゲームやろう!」

善子「もう……調子崩れるわ」

ルビィ「ふふ」

善子「ねぇ……ルビィが嫌ならいいんだけど、今日泊まっていく……?」

ルビィ「善子ちゃん……うん!!!」

善子「いいの?」

ルビィ「だって嬉しいんだもん!善子ちゃんのお家にお泊まりって!」

善子「哺乳瓶飲むかもしれないのに?」

ルビィ「嫌だったら嫌って言ってるよ」

善子「あ……」

ルビィ「お姉ちゃんに連絡してくるね!」



11: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 00:54:37 ID:hrQbw3PI

善子「ったく、ルビィたら。姉の顔が見たいわ」

ルビィ「善子ちゃん!お姉ちゃんがいいって!」

善子「もう、なんでルビィの方が喜んでるのよ」

ルビィ「だってだって!善子ちゃんと一緒にいられるもん!」

善子「!!!」

ルビィ「嬉しいなぁ……お泊まりって何するんだろ!」

善子「もしかして初めてなの?」

ルビィ「うん!」

善子「てっきりずら丸のところに泊まったことあるんだと思ったわ」

ルビィ「高校生になるまでお泊まり禁止だったから」

善子「あぁそういうやつね」

ルビィ「それにね、初めてだからなのもあるんだけど善子ちゃんのところだから嬉しいんだよ!」

善子「あ、あんた……」

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「予定変更よ!!!」

ルビィ「え?え?どこ連れていくの!?」

善子「夕飯の買い出しよ!」



12: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:11:23 ID:hrQbw3PI

沼津駅前スーパー。

ルビィ「ねぇ善子ちゃん。何買うの?」

善子「出来れば簡単なのがいいわね」

ルビィ「カレーとか?」

善子「いいけど手間が多いからぱっと作れる物にしましょ!」

ルビィ「パスタとかどうかな?」

善子「いいわね。あとはお菓子と……」

ルビィ「た、食べすぎたら後でお姉ちゃんに怒られちゃう……」

善子「お泊まりの時に食べるのは別腹よ?」

ルビィ「そ、そうなのかなぁ」

善子「さ、パスタと厚切りベーコンと生クリームをカゴに入れて……」

ルビィ「あっ。善子ちゃん、先に並んでてもらっていいかな?」

善子「ん?別にいいけど?」

ルビィ「すぐ戻るからね!」


善子「ルビィったら、我慢しなくていいのに」

善子「さて、レジに並びますか」



13: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:11:55 ID:hrQbw3PI

スーパー前。

善子「ルビィったら長いわね」

ルビィ「お、お待たせ!」

善子「遅いわよ。何してたの?」

ルビィ「えへへ。ちょっとね」

善子「まぁいいわ。早くバスに乗りましょ」

ルビィ「……えい!」

善子「わっ!ルビィ!?」

ルビィ「善子ちゃんの手、温かいね!」

善子「~~!!!」

ルビィ「せっかくだから歩いて帰ろ!」



14: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:14:17 ID:hrQbw3PI

津島善子の部屋。

ルビィ「うぅ……地味に遠いよ……」

善子「だ、だから言ったじゃない……」

ルビィ「荷物あるの考えてなかった……」

善子「ちょっと休憩……」

ルビィ·善子「「はぁ~~……」」

ルビィ「善子ちゃん」

善子「ヨハネ」

ルビィ「材料冷蔵庫に入れないと」

善子「やだルビィ入れて」

ルビィ「ルビィ疲れちゃった」

善子「奇遇ね。私も堕天の翼を休めたいの」



15: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:14:51 ID:hrQbw3PI

ルビィ「帰り道でいきなり走り出すから」

善子「それを言うなら、ルビィだって犬に吠えられて泣いてたじゃない」

ルビィ「泣いてないもん」

善子「泣いてた」

ルビィ「転んだの誰かな?」

善子「材料守ったから堕天ポイント1よ」

ルビィ「なにそれ」

善子「ポイント低い方が材料入れるのよ」

ルビィ「じゃあルビィは堕天ポイント10だね」

善子「は?なんでよ?」

ルビィ「転んでおじゃんになったお菓子を、コンビニで買い直した」

善子「私も半分出したじゃない」



16: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:15:31 ID:hrQbw3PI

ルビィ「そもそも良いことしたのに、堕天なんだね」

善子「別にいいじゃない」

ルビィ「良くない」

善子「リトルデーモン4号なのに?」

ルビィ「それとそれは別だよ」

善子「わぁ。反逆だわ。ヨハネへの反逆よ」

ルビィ「それより早く夕飯作ろう」

善子「はいはい」

ルビィ「カルボナーラだよね?」

善子「えぇ。作りやすいみたいだし」

ルビィ「えーとまずは」

善子「ルビィ、なにか落としたわよ?」

ルビィ「ん?なんだろ……あ」

善子「大人のための粉ミルク……?」



17: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:16:58 ID:hrQbw3PI

ルビィ「あ、ははは……」

善子「これ……」

ルビィ「本当は秘密にしようと思ったけど」

善子「……飲むの?」

ルビィ「……」

善子「ま、まずはご飯ね!」

ルビィ「そ、そうだね!」


ルビィ「で、反省点は?」

善子「パスタ入れすぎましたごめんなさい」



18: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:18:56 ID:hrQbw3PI

ルビィ「止めなかったルビィも悪いけど、2人なら全部食べられるわ!って3袋入れちゃうなんて」

善子「まさか増えるなんて思わないじゃない!」

ルビィ「でも……どうしよ」

善子「うっぷ……ヨハネの胃袋は魑魅魍魎の贄で満たされてるわ……」

ルビィ「ルビィも、これ以上食べたら吐いちゃう」

善子「でも作っておいて残すなんて……」

ルビィ「じゃ、じゃあさ、冷蔵庫に置いて」

善子「明日も食べられる?」

ルビィ「勿体無いし……」

善子「仕方ないわね」

ルビィ「片付けはルビィがするよ」

善子「何言ってんの?あんたは泊まりに来たんだから休んでなさい」

ルビィ「それだと悪いし」

善子「もしお皿割って怪我したらどうすんの」

ルビィ「さ、流石にそこまでドジじゃないよ」

善子「仕方ないわね。一緒にするわよ」



19: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:23:13 ID:hrQbw3PI

ルビィ「わーい!」

善子「ほんと何でも喜ぶわね」

ルビィ「えへへ!」

善子「じゃあ2人で食器運んで、ルビィはテーブルの掃除お願い。私はその内に洗っておくわ」

ルビィ「うん!」

善子「なんか新鮮ね。こういうの」

ルビィ「同棲みたいだね」

善子「ルビィと同棲ねぇ。ダイヤが毎日来そうだわ」

ルビィ「あ、はは……」

善子「ルビィが出ていったら寂しがるんじゃない?」

ルビィ「うぅ、それはそれで辛いよぉ」

善子「全く、相変わらずお姉ちゃん大好きね」

ルビィ「善子ちゃんのことも大好きだよ?」

善子「ぶっ!」

ルビィ「わわ!善子ちゃん、お鍋落としたら危ないよ!」

善子「誰のせいよ!」

ルビィ「え、え?ルビィ!?」

善子「な、なによいきなり!」

ルビィ「えぇ!?ルビィはただ善子ちゃんのこと大好きだって……」

善子「はぁ~……無自覚怖いわ」

ルビィ「無自覚?え?」

善子「気にしなくていいのよ。それより、掃除が終わったらこっちに来て洗った物を拭いてくれない?」

ルビィ「うん……」



20: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:23:55 ID:hrQbw3PI

善子「…………友達として、か」

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「はっ!善子じゃなくてヨハネよ!」

ルビィ「久しぶりに聞いた気がする」

善子「さ、とっとと終わらせて遊ぶわよ!」


善子「おりゃ!クリアよ!」

ルビィ「凄いよ善子ちゃん!」

善子「ふふ、これが堕天使の腕よ!」

ルビィ「ゲームって面白いんだね!」

善子「あんたさっきから見てるだけじゃない」

ルビィ「うん。ルビィはそれがいいの」

善子「なんで?見てばかりだとつまらないでしょ?」

ルビィ「それがね、横で観てるだけでも楽しくて」

ルビィ「一緒にドキドキワクワクして、遊んでる善子ちゃんも本当に楽しそうだから、観てるだけでルビィも楽しくなってくるの!」

善子「……まだまだよ」

ルビィ「え?」

善子「まだまだゲームの楽しさを理解出来てないわ!」



21: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:25:47 ID:hrQbw3PI

ルビィ「ふぇえぇ!?」

善子「はい、コントローラー持って!」

ルビィ「えぇ!?」

善子「ここのボタンしたら動くから、あとは画面に沿ってやってみなさい」

ルビィ「い、いいの?ルビィやったことないよ?」

善子「観てるだけでも楽しいんでしょ?だったら、実際にやってみるとさらに面白いわよ」

善子「それに……ルビィを暗黒の世界へと引きずり込むための作戦でしかないの!もう逃げられないわ」


ルビィ(ほんと素直じゃないんだから……)


善子「どうしたの?分からないことがあったら聞いてよね?」

ルビィ「ううん。大丈夫だよ!ガンバルビィ!」

善子「言ったわね!今日はとことん遊ぶわよ!」


善子「で、反省点は?」


ルビィ「熱中してて気づいたら3時でしたごめんなさい」

善子「まっさか、ルビィがあそこまでハマるとは思わなかったわ」

ルビィ「うぅ……お姉ちゃんに怒られる……」

善子「とりあえずお風呂沸かしたから、遅いけど入りなさい」

ルビィ「え、いいよ。先に善子ちゃん入りなって」

善子「私は後でいいのよ。それよりルビィ、夜更かし苦手でしょ?」

ルビィ「あ、はは……うん」

善子「布団しいとくから」



22: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:28:28 ID:hrQbw3PI

ルビィ「じゃ、じゃあお言葉に甘えて……」


善子「ふわぁぁぁ~……しっかしこんな時間までルビィと起きてるなんてね」

善子「もう、ママが急な出張で帰って来ないって連絡来た時はどうしたものかと思ったわ」

善子「……ルビィ」

善子「早く布団しかなきゃ」

善子「ルビィは私のベッドがあるから、自分のやつは確かここに……っと」

善子「あ、哺乳瓶洗うの忘れてたわ」

善子「てか、有耶無耶に流してたけど大人の粉ミルクって私が飲むために買ってくれたのよね……?」

善子「……」

善子「ダメダメ!今日はルビィが泊まりに来てるのだから!」

善子「明日も朝から沢山遊んで、その次も」

善子「その次は……ママが帰ってきて」

善子「ふふ、なによ。別に毎日学校で会えるじゃない」

善子「寂しいなんて……」


「哺乳瓶でミルク飲んでるからって、勝手に幻滅したことにしないで!」


「うん、ルビィには1人の寂しさは悲しいけどわからない、かな……でもね、大好きな人と話したい時に話せない辛さは痛いほどわかるよ!」


善子「ルビィ……私には勿体無いわね」

善子「いやねぇ……ずっと一緒にいてって思っちゃったじゃない」


ルビィ「だったら、ずっと一緒にいるよ」



23: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:32:05 ID:hrQbw3PI

善子「!」

ルビィ「だから、善子ちゃんにはみんながいるって、ルビィがいるって安心してほしいの!」

善子「で、でもどうやって?」

ルビィ「簡単だよ!善子ちゃん、哺乳瓶貸して!」

善子「え、なにすんのよ?」

ルビィ「台所借りるね!」

ルビィ「洗って綺麗にして、大人の粉ミルクを溶かして……」

ルビィ「出来たぁ!」

ルビィ「善子ちゃん!」

善子「ひゃい!あとヨハネ!」


ルビィ「善子ちゃんに、ルビィが飲ませていいかな!?」



善子「え……?」

ルビィ「だ、だって哺乳瓶って寂しい時に飲んでるんでしょ?だから、その気持ちを変えてあげたいって言うか、善子ちゃんは1人じゃないって知ってもらいたいの!」

善子「ルビィ……」

ルビィ「は、恥ずかしいかもしれないけどルビィ、なんだか善子ちゃんを放っておけなくて!」


善子「…………友達として?」


ルビィ「え……?」

善子「…………ただの友達として?」

ルビィ「……」

善子(そりゃ当然よね……)

善子「意地悪言ってごめんなさいね。いまのはわ」



24: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:33:01 ID:hrQbw3PI

ルビィ「……」


善子(……!な、なんでキス!?)

ルビィ「ルビィは今怒ってます」

善子「え?え?」

ルビィ「なんでだと思う?」

善子「わ、分かるわけないわ……」

ルビィ「キスしたのに?」

善子「……!」

ルビィ「善子ちゃん全然気づいてくれないから」

善子「ま、まさかあの時のも!?」

ルビィ「大好きって言っても伝わらなかったんだよね」

善子「あ、あんたが平然というから……」


ルビィ「だって大好きだもん!善子ちゃんのことが!」



25: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:35:31 ID:hrQbw3PI

善子「────!」

ルビィ「だからちょっとだけ、ルビィのワガママ聞いてもらっていいかな……?」

善子「ルビィ…………」

善子「いいわ!ただし、めちゃくちゃ甘えるわよ?」

ルビィ「うん!」

善子「哺乳瓶離さないかも!」

ルビィ「覚悟の上だよ!」

善子「訳分からないこと言うかも!」

ルビィ「嫌だったら嫌って言うよ!」

善子「……ルビィ」

ルビィ「だから、おいで……善子ちゃん」

善子「……」

善子(ルビィの膝枕……嬉しい)

ルビィ「温すぎたり熱すぎたら言ってね?」

善子「うん……」

善子(ルビィに哺乳瓶でミルク飲ませてもらってる……美味しい……)

ルビィ「飲みっぷりいいね」

善子(頭、撫でられてるの?なんでだろ落ち着く)

ルビィ「善子ちゃん可愛いね」

善子(美味しい……ミルク美味しい……美味しいのに霞んで見えない……)

ルビィ「大丈夫、善子ちゃんにはみんなが、ルビィがいるからね?」

善子(美味しいくて止まらない……)

ルビィ「両手で哺乳瓶持っちゃって、嬉しいんだね」

善子(あぁ、ミルクがもう終わっちゃう……もっと)

ルビィ「無くなったから新しいのを……」



26: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:37:05 ID:hrQbw3PI

善子(だめ……ルビィ離れないで!)

ルビィ「善子ちゃん?」

善子「ずっと一緒って言ったでしょ……?私から離れないで…………離れたらやだぁ……」

ルビィ「……………………善子ちゃん!」

善子「ルビィ……」

ルビィ「うん、ルビィだよ?」

善子「ルビィ……」

ルビィ「ここにいるよ」

善子「甘えていいの……?」

ルビィ「うん。いいよ」

善子「…………飲ませて」

ルビィ「え?」


善子「ルビィのおっぱい……飲ませて」


ルビィ「よ、善子ちゃん……おっぱいは出ないよぉ?」

善子「お願い……ママァ……」

ルビィ「!!!!!」

善子「あ……おっぱいだ……」

ルビィ「ママのおっぱい沢山飲んでいいからね?」

善子「……!」

ルビィ(必死にルビィのを吸ってる……可愛い)

善子「ま、ママァ……」

ルビィ(頭撫でて欲しいんだ……)

善子「えへへ」

ルビィ「……!!!」

ルビィ(ど、どうしよ……大好きだったのに、なんだろこの気持ち……善子ちゃんを守ってあげなきゃ!って湧いてくるこの気持ちはなに!?)



27: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:38:03 ID:hrQbw3PI

善子「……ママァ」

ルビィ(幸せそうな顔でおっぱいを吸ってる善子ちゃん……くすぐったくて、な、なんだかルビィも安心してきてる……なんで?)

ルビィ(ルビィ、善子ちゃんの……善子ちゃんのママになりそう!!!)

善子「ま、ママァ……」

ルビィ(善子ちゃんも、ルビィのおっぱいに甘えて安心してる……あれ?)

善子「ま、ママァ…………ぐぅ」

ルビィ「寝ちゃったんだ……ママのおっぱい吸いながら」

ルビィ「ん……眠りながらしゃぶってる……」

ルビィ「ふふ、いつもありがとうね。善子ちゃん」

ルビィ「愛してるよ?」



28: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:39:19 ID:hrQbw3PI

浦の星女学院部室。

ルビィ「今日も練習疲れたよぉ!」

ダイヤ「ルビィ、そうやってグダグダしてるとまたバスに遅れますわよ?」

ルビィ「うぅ~……」

ダイヤ「そう言えばこの前、善子さんのお家にお泊まりさせていただいようですが、楽しかったですの?」

ルビィ「……うん!!!」

ダイヤ「良かったですわね。今度善子さんのお母様にお礼を伝えるのですわよ?」

ダイヤ「善子さんも、妹をありがとうございますわ」

善子「ルビィ!行くわよ!」

ダイヤ「は?」

ルビィ「……あ!分かったよ、善子ちゃん!」

ダイヤ「ちょっとルビィ?」

善子「悪いわねダイヤ。ルビィは今日、この堕天使ヨハネとデートなのよ!」

ダイヤ「はぁ!?デート!?」

ルビィ「そう言うことだから、先に帰るね!」

ダイヤ「デートとはどういうとこですの!?お姉ちゃん何も聞いてませんわよぉぉぉぉぉ!!!」

ダイヤ「……ふぅ、全く。自慢の妹を頼みますわ、善子さん」


ルビィ「今日は何しよっか?」

善子「そうねぇ、やっぱりゲームでしょ!」

ルビィ「ふふ、ルビィまたやりたかったんだ!」

善子「どうせなら夕飯また買いに行きましょ!」

ルビィ「じゃあその後はいっぱい甘やかしてもいいんだね!」

善子「あ、あまり大きな声で話さないでよ!」

ルビィ「だって、善子ちゃんとっても可愛いもん!」

善子「あ、あんたの方こそ可愛いから!あとヨハネ!!!!!」



29: ◆XksB4AwhxU 2018/06/29(金) 01:39:50 ID:hrQbw3PI

おわりです。


元スレ
SS深夜VIP:善子「哺乳瓶が埋める貴女との距離」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1530200288/