SS速報VIP:絹旗「超フラペチーノ」 美琴「超ティーラテ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371296081/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:34:43.79 ID:Yw91+hto0

絹琴「はぁ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371296081




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:39:38.86 ID:Yw91+hto0


絹旗「てか、"超"は私の専売特許ですので、超使わないでください。」

美琴「ふふん。超しーらない♪」

絹旗「はぁ・・・超いらつきますね。」

美琴「ふん。ガキね。」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:41:19.13 ID:Yw91+hto0


絹旗「ていうか、超フラペチーノが美味しいです。」

美琴「いや、ティーラテだっつぅの。」

絹旗「おばさんの胃には紅茶の方が超いいわけですね。」

美琴「おこさまはアイスでも飲んでな。」

絹旗「むぅ・・」

美琴「何よ・・」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:44:48.27 ID:Yw91+hto0


絹旗「それにしても仕事の合間に超電磁砲と合うなんて超不運です」

美琴「あら、私ならそんな小さいことは気にしないけどね。」

絹旗「まぁ、別にいいですが。で、超急に同じ席に座ってきて要件はなんですか?」

美琴「別にー。なんとなくよ。じゃあ私はこれ飲んだら帰るから。」

絹旗「そうですか・・・」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:46:40.92 ID:Yw91+hto0



カランカラーン

上条「すいません!お手洗い貸してもらえませんか??」

店員「どうぞ~」

美琴「あ!・・・今の・・・」

絹旗「???(あれは確か上条?)」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 20:51:04.84 ID:Yw91+hto0


上条「ふぅー!ありがとうございました!では。」

美琴「ちょ、ちょっとあんた!」

上条「!?・・・ビリビリか!どうかしたのか?」

美琴「まさかカフェに来てお手洗いだけ借りて、帰るっての?」

上条「そ、そうですが・・・」

美琴「な、なら私がおごってあげるから少し付き合いなさいよ。」

上条「でも、年下に奢ってもらうのは・・・」

美琴「お、お店に悪いでしょ?」

上条「そ、そうか・・・すまん御坂サンキューな。」

美琴「べ、別にいいわよ///」

絹旗「・・・(はぁん。超そういうことでしたか。)」

上条「ん?」

絹旗「絹旗です。超お久しぶりです」ペコ

上条「おう!御坂と仲いいんだな!仲良くしてやってくれ。」

絹旗「はぁ・・・」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 21:00:40.34 ID:Yw91+hto0



美琴「いやーしかし、奇遇ね。」

上条「そうだな。御坂はなんでここに?」

美琴「帰り道よ。」

上条「いや、寮は逆方向だろ・・・」

美琴「え?・・・いや、まぁ用があって!あは、あははは」

絹旗「なるほど。それで超電磁砲は上条の下校ルートで超待ちぶせしてたわけですか」

上条「えぇ!?そうなのか御坂?」

美琴「い、いやー!違うんじゃないかな!?//」

絹旗(超わかりやすいです。さっきのフラペチーノを侮辱されたお返しをしてやります)フフン

絹旗「ところで上条は彼女いるんですか?」

上琴「えぇ!?」

絹旗「私、上条は超かっこいいと思います」チラ

上条「お、俺はいないけどさ。」アセアセ

美琴「!!・・・そうなんだー!!」

絹旗「じゃあ上条、今から超映画いきませんか?」

上条「えぇ?だけど今から予定があるんじゃ?」

絹旗「どうせ今日は超雑魚の掃除・・・じゃなくてこれから映画でしたから」

上条「お、おれは別にいいけどさ・・・(こんな可愛い子とデート!!)」

美琴「」

prrrr

美琴「あ、黒子からだ。え?風邪で寝込んでるから今日は別の部屋で寝て下さい?」

上条「白井大丈夫か?」

美琴「熱はそんなにないみたい。でも今から薬買って帰るわ。(これからデートすんの??)」

上条「そうか・・・」

絹旗「(超チャンスです!)」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 21:10:42.92 ID:Yw91+hto0


絹旗「この映画なんてどうですか?」

上条「お、おもしろそうだな!絹旗は映画詳しそうだな。」

絹旗「ふふん♪私は超専門家なのです!」

上条「そーか。じゃあ専門家殿に上条さんはお任せなんですよ。」

絹旗「はい!あ、ポップコーン買ってきますね!」

上条「おう。(ふぅ・・映画のことになると目がきらきらしてるな。)」

絹旗「さ!来ますよ上条」ギュ

上条「お、おう!」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 22:13:09.23 ID:Yw91+hto0


絹旗「ふぅー。なかなかでした!」

上条「絹旗、すごい真剣に見てたな。」

絹旗「私なりの鑑賞スタイルが超あるんです!まず~~~♪」

上条(説明長いな。。でもなんだか楽しそうだ。)

絹旗「さて、超おなかがすきましたね。」

上条「そうだな。じゃあそこのマックでいいか?」

絹旗「超かまいませんよ。」

上条「じゃあ注文教えてくれ。運びに行くから。」

絹旗「超了解です。」







12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 22:17:11.36 ID:Yw91+hto0


上条「おまたせ!もってきたぞー」

絹旗「どうもです。あ・・・(上条超腕まくります)」

絹旗(男性の腕まくりは超いいですね♪ちょっとセクシーです。)

上条「絹旗はいつも何食べてるんだ?」

絹旗「ファミレスとか超頻繁に使いますね。」

上条「そうなのか?せっかく肌とか綺麗なのに健康に悪いぞ?」

絹旗「は、肌ですか??///」

上条「おう。まぁ若いんだし当たり前か。ごめんごめん」アハハ

絹旗「」

絹旗(なんでしょう、この気持ち。)

絹旗(超理解不明です。///)





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 22:19:13.10 ID:Yw91+hto0


上条「ん?どうした絹旗」

絹旗「いえ、ちょっと理解不能なことが。」

上条「何が理解不能なんだ?」ニコ

絹旗「あ///、・・・いえ、なんでもありません♪」

絹旗(超かんたんな問題でしたね♪)





16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 23:27:16.71 ID:Yw91+hto0


上条「さて次どこ行くんだ?」

絹旗「そうですね~。ペットショップとかどうですか?」

上条「絹旗も可愛いシュミがあるんだな。」

絹旗「か、かわいい・・・ですか。。」

上条「おう。」

絹旗「///」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 23:44:19.60 ID:Yw91+hto0


絹旗「さぁ、超つきました!」

上条「いろんな動物がいるなー」

絹旗「このラブラドール、超かわいいです♪」

上条「ホントだな。うりうり」ツンツン

絹旗「だ、だめですよ。ケースをつついたら」

上条「そうだな。じゃあ、ほーら」クルクル

上条「目が回るだろー?」クルクル

犬「・・・クゥン」バタッ

上条「はは。まいったか。」

絹旗「」

絹旗(無邪気な横顔。上条さん超可愛いです・・・)


携帯 ピロリン

上条「ん?何撮ってんだ?・・あ!ごめん絹旗。俺ばっかり遊んでたよ!」

絹旗「いいんですよ。超収穫がありましたから♪」

上条「?」

絹旗「超保存っと♪」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 00:16:50.93 ID:q/H7rGI50


絹旗(あれ?でもなんで上条の写真を超保存してるんでしょうか。)

絹旗(・・・自分の気持ちには超逆らえません。)

絹旗「あ、あの上条・・・」

上条「ん?どうした絹旗」

絹旗「あ、あの・・・その・・・」

上条「トイレか!」ハッ

絹旗「・・・超KYなんです。」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 00:51:21.75 ID:q/H7rGI50


上条「さて、そろそろ帰るか?」

絹旗「あ・・・」

上条「ん?何か忘れ物か?」

絹旗「いえ・・結局私のやりたいことばかりでした。」シュン

上条「結構たのしめたぞ?」

絹旗「ほ、本当ですか!?超良かったです」パアァ

上条「本当だぞ?絹旗可愛いし、明るくて、今日一日良かったよ。」

絹旗「・・・超やめてください。。///」

上条「じゃ、送ってくよ。」











19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 00:48:12.55 ID:DFVJ8cvc0

上条×絹旗かな?



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:02:21.93 ID:q/H7rGI50

>>19
超そうですね。



帰り道

上条「そういえばさっき、携帯で何撮ってたんだ?」

絹旗「ふふん♪超ひ・み・つです!」

上条「えー?気になるな」

絹旗「!・・・じゃぁアドレス教えてくれたら超送ってあげますよ」

絹旗(我ながら超ナイスアイディアです!)

上条「ほんとか!じゃあ交換するか。」ピッ

絹旗「はい。アドレス来ました。では超送りますね。10年後くらいに。」

上条「何!?そりゃないですよー。」

絹旗「上条が超鈍いせいですね。(いろいろと)」

上条「とほほ。ま、いっか。」

絹旗「あ、この辺で大丈夫です。」

上条「そうか、じゃあ気をつけてな。」

絹旗「もしかして家まで送るつもりでしたか?上条は超狼ですね!」

上条「上条さんは健全な学生ですのことよー」

絹旗「みんなそう言うんです。わー年上の男性に超襲われますー♪」

上条「こ、こら!」

絹旗「ふふ。超冗談ですよ。では。(また会えるといいですね)」

上条「あ、じゃあこれ。今日いろいろと付き合ってくれたお礼だな。」

絹旗「これは・・・さっきのペットショップで売ってたラブラドールのストラップ??」

上条「おう。絹旗が気に入ってた犬に似てたからな。迷惑だったか?」

絹旗「・・いえ、まぁ超付けてあげますよ。1年後とか壊れてそうですが!」

上条「ははは。まぁそんなもんだよな。」

絹旗(でも、超大切にします。)

絹旗「では上条、また。」

上条「おう。またな!」





23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:10:35.09 ID:q/H7rGI50


アイテム!


絹旗「超ただいまです。仕事はどうでした?」

滝壺「おかえり、きぬはた。今日は絹旗は出勤しなくて大丈夫だったよ。」

絹旗「そうですか。超よかったです。ん?」

絹旗「あ、メールです(上条からです。今日のお礼ですか。超マメですねー)」

麦野「アンタ携帯にストラップとか付けてたっけ?(何ニヤニヤしながら携帯みてんだ?)」

絹旗「これは、超大切な人からもらったものなんです♪」

滝壺「きぬはた、すごく嬉しそう。」

浜面「お、ついに男でもできたk」バキッ

浜面「すみまへん・・」ボロッ

絹旗「今日は超いい夢が見れそうです♪」

麦野「さ、夕食行くわよー。」

麦野(ニヤニヤしちゃって。"超"わかりやすいわね)





26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:16:28.06 ID:q/H7rGI50



翌日

絹旗「今日は超オフです。・・・映画まで時間ありますしカフェで時間潰しますか。」

絹旗「そういえば昨日ここで超電磁砲と出会ったわけですね。」

店員「いらっしゃいませー。ご注文はお決まりでしょうか?」

絹旗「超フラペチーn・・・ティーラテで。」

店員「かしこまりました。」アイスティーラテ トール ワンデース

絹旗「た、たまには他のも試すのも・・・」

美琴「ふふーん♪」ニヤニヤ

絹旗「わわッ!れ、超電磁砲ですか。」

美琴「やっぱり気になってたんじゃなーい。可愛いとこあるわね。」

絹旗「これは超試験的に・・・ってフラペチーノ?」

美琴「///・・・まぁ、その・・・」

絹旗「超同じことやってるわけです。」





27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:31:57.55 ID:q/H7rGI50


美琴「そ、そういえば昨日あれからどうなったの?」ソワソワ

絹旗(あ、そういえばそういう話でしたね。・・・超仕返しのチャンスです♪)

絹旗「ふふん♪それはもう・・」

美琴「それはもう?」ゴクッ

絹旗(・・・昨日の写メを見せようと思いましたが、)

絹旗(私も上条の事が気になっている分、超電磁砲の気持ちも超わかります。。)

絹旗(まぁ、今回は良しとしましょうか。)

絹旗「超普通に映画見て解散でした。」

美琴「そ、そう・・」ホッ

絹旗(やっぱり超電磁砲も上条のことを・・・)

美琴「ん?そういえばその携帯ストラップどうしたの?昨日付けてなかったような」

絹旗「これは大切な人にもらった、超宝物なんです♪」

美琴「ん?あ!!」

絹旗「あ、外に、買い物袋を落として、それにつまづいて女性の胸の中に飛び込んだ男がいます。」



???「あらぁ?上条さぁん?あなた意外と大胆なんですねぇ?」

上条「す、すいません!ってキミは確か食蜂??」

上条「悪いな。自分の買い物袋につまづいちゃって・・・ってあぁ!卵が!」

食蜂「ビックリするくらいツイてないわねぇ。可哀想だから慰めてあげるわぁ。」ナデナデ

上条「・・・」ニヘラ

食蜂「こらこら。そんなに顔に出しちゃだめなんだゾ?」メッ

上条「す、すみません!!」ニヤニヤ



美琴「・・・いけすかないわね。」ギロッ

絹旗「・・・超同感ですね。」ギラッ


美絹「ちょっとー!!!」ダダダ

上条「・・・!?ちょ、なんだ??」

美琴「年下にデレデレしてんじゃないわよこのエロ猿!!」ビリビリ

絹旗「よりによってそんなブリッ子巨乳なんて」バキッ

上条「ま、まて!ふ、不幸だぁああああああ!!!」



絹旗(ふふ。何だかんだで今日も超会えました♪)



終わり




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 01:34:48.31 ID:q/H7rGI50


絹旗*上条でさらっとしたものを書いてみたいなーと思ってたので、
それとなく書いてみました。

超どうもでした。





36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:39:39.02 ID:q/H7rGI50


美琴「・・・いけすかないわね。」ギロッ

絹旗「・・・超同感ですね。」ギラッ


美絹「ちょっとー!!!」ダダダ

上条「・・・!?ちょ、なんだ??」

美琴「年下にデレデレしてんじゃないわよこのエロ猿!!」ビリビリ

絹旗「よりによってそんなブリッ子巨乳なんて」バキッ

上条「ま、まて!ふ、不幸だぁああああああ!!!」




食蜂「ふふ。わかりやすいわぁ」ニヤ




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:40:10.85 ID:q/H7rGI50

上条「じゃあ・・・俺帰るな!食蜂わるかった!」

食蜂「気にしないでぇ?」ギュッ

上条「ふぉおおおおおお!!!」

美絹「ぐぬぬぬぬぬぬ」



店員「あのー、すみません。こちら下げてもよろしいでしょうか?」

絹旗「あぁ!超飲みかけでした!!」

美琴「そ、そうだったわ!あ、食蜂操祈。アンタも来なさい。」

食蜂「んー。でも私これから用事があるしぃ・・・って、えぇ?」ズルズル

美絹「(超)問答無用」ズリズリ

食蜂「」ズリズリ



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:41:23.40 ID:q/H7rGI50


美琴「はい。ここ座る。」

絹旗「はい。フラペチーノ頼む。」

美琴「いや、ティーラテでいいわ。」

食蜂「私、カフェモカにするわぁ」

美絹「ぐぬぬぬ」




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:42:10.79 ID:q/H7rGI50


食蜂(ふーん。みぃさかさんは読めないけど、この子は・・・上条さんにゾッコンねぇ。)

食蜂(まぁ、御坂さんは能力使わなくてもわかるからいいわぁ)

美琴「さて、あんた、どういうつもりなのよ。」

絹旗「超ブリッ子もここまでです。」

食蜂「あなた達、上条さんと◯ックスしたいのぉ?」



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:42:50.46 ID:q/H7rGI50


美琴「なっ///セッセセセセック◯!?お、乙女なのに、乙女なのに!!///」

絹旗「ちょ、超放送禁止用語なんです!!///」

食蜂「そんな大声で叫んだらダメなんだゾ☆」

美琴「あ・・・(周囲の目が・・・)」

絹旗「超気まずいです・・・」


食蜂「それにぃ、上条さんのピーをピーしたりとかしたいのぉ?」

美琴「な、なななななな!////」

絹旗「超ストーップです!!///」

美琴「ここじゃなんだから、カラオケでもいきましょう!」

絹旗「ち、超ナイスアイディアです超電磁砲!!」

食蜂(ふん、ちょろいわぁ)



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:43:46.05 ID:q/H7rGI50



カラオケ!

美琴「さぁ、着いたわ。」

絹旗「けっこう広い部屋ですね。」

食蜂「こんなとこまで連れてきて、なんなのぉ?」

美琴「あ、あんたがハレンチな発言繰り出すからでしょ!///」

絹旗「超ティーラテを残してしまいました!!」


食蜂「じゃあ早く歌いましょぉ」ピッ バチッ

食蜂「あらぁ?」

絹旗「ふふん。」

美琴「2013年美絹同盟によって、この子にも電磁バリアを張ってるわ。」

食蜂「あっ、そぉ。(チェッ)」

美琴「じゃあじゃんけんで買った人から歌いましょう。」

絹旗「超賛成です。」

食蜂(趣旨が??)



美琴「・・・壊せないから~♪」89点!

絹旗「おぉ!けっこういい点です。」

美琴「ふふん♪」

絹旗「二番に勝ったのが私なので次は超私ですね。」


絹旗「ずっとずっと・・・前へ~♪」91点!!

美琴「おぉ!流石!!」

絹旗「えへへ、超うまく歌えたみたいです♪」

食蜂「ふわぁぁ」

美琴「さ、次はアンタの番よ?」

絹旗「超マイクをどうぞ。」

食蜂「・・・パスするわぁ。」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 14:45:22.97 ID:q/H7rGI50


美琴「歌わないの??」

絹旗「超どうしたんですか?」

食蜂「あのねぇ。」

食蜂「そもそも歌っていうのは、発声練習や準備をしっかりとしてから歌うものだわぁ。そうしないと急に歌うことで喉を痛めることもあるのよぉ?大体こんなカラオケボックスで歌うなんて練習にならないんだから意味ないわぁ。もちろん淑女のたしなみとしてヴァイオリンやピアノも含め芸術関連のスキルは身に付ける必要があるかもしれないけど、それにしてm」

美琴「あんた、音痴なの?」

絹旗「超怪しいです。」



食蜂「」

食蜂「は、はぁーー!?はぁーーーーーー!?!?」

食蜂「だ、だれが音痴よぉ!!」

美琴「いや、だってアンタイチャモンばっかりだし・・・」

絹旗「超怪しいです。」



食蜂「そ、そこまで言うならやってやるわぁ!」

美琴「わーい」棒

絹旗「超楽しみー」棒

食蜂「も、もー!行くわぁ!!」ドキドキ




46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 17:50:10.65 ID:q/H7rGI50


食蜂「・・・あいたかったぁ↓いえすッ↓き~み~に~ぃ↓」キャピ

美琴(うわぁ・・・)

絹旗「ちょ、超食蜂リサイタルです・・・」

食蜂「ふぅっ(エクステリア全開!!キィィィィ)」…99点!!

美琴「え、えぇ!?」

絹旗「99点!?」

食蜂「ハァハァ・・・ま、まぁこんなもんよぉ?」

食蜂(さすがにDAMの管理システム関係者全員を操作するのはきついわぁ)

食蜂(それにしても100点になるよう操作したはずなのに、おかしいわねぇ)

DAM(・・・解せぬ)





48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 17:54:04.80 ID:q/H7rGI50


美琴(まさか食蜂が能力でDAM管理者を使って強引に採点ハック?でもそんな広範囲に能力を使えるわけないし・・・)

絹旗「こういう音程の外し方が超最近のトレンドなのでしょうか」ガクッ

食蜂「ふふ。」

食蜂「みぃさぁかさぁん?あれだけ私に啖呵切ったのよぉ?」

食蜂「カラオケで一位の人が上条さんを誘えるってことでどぉ?」





49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 17:56:12.38 ID:q/H7rGI50


美琴「の、のぞむところよ!」

絹旗「超負けません!」

食蜂「そぉ。じゃ、次からね。」

美琴(私の能力を使えば・・・)

絹旗(いざとなったら窒素装甲でDAMごと・・・)

美琴(あと一回くらいならエクステリアも持つわぁ・・・)





50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:00:56.91 ID:q/H7rGI50


美琴「だんごだんご、だんご3兄弟、だんご♪」

絹食「」

美琴「さぁ~何点かしらねぇ?」ビリビリ

食蜂「!!」

食蜂(やばっ!防がなきゃ。エクステリア13対目までぇ!!)

DAM(dskghj@あ:;ds:dl・g;lskfd;)

DAM「94点」

美琴「え・・・(100点のはずじゃぁ?まさか食蜂??)」ギリッ

食蜂「あらぁ。まぁまぁね。(ッ・・・かなり負荷がきてるわぁ)」

絹旗「次は食蜂さん超どうぞ(壊すなら最後に・・・)」





51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:05:40.92 ID:q/H7rGI50


食蜂「ぽに~てぇ~るぅ~♪」

美絹「耳がキンキンする・・・」

食蜂「さぁて何点かしらぁ(エクステリ・・・っつ!)」

美琴「」ビリビリ

DAM「96点!」

美琴「なっ!!(絶対おかしい!)」

食蜂「はぁはぁ・・・」




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:10:02.61 ID:q/H7rGI50


絹旗「最後は超わたしですね!」

絹旗「よさく~はぁ、きぃーを切る~♪」

美琴「・・・そんな渋いシュミあったの・・・」ビリビリ

食蜂「はぁはぁ」ピッ

DAM「23てn・・・」ドカーン

絹旗「はて、超機会が壊れました」

美食(そりゃ、殴れば壊れるわよ・・・)




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:12:02.07 ID:q/H7rGI50


食蜂「でもまぁ?私が一番だったわぁ」

美琴「ぐぬぬ」

絹旗「グギギ」

食蜂「ということで、上条さんと会ってくるわぁ」フラフラ

美琴「ちょっとあんた大丈夫なの?」

絹旗「超フラフラです」

食蜂「問題ないわぁ(これで御坂さん達の泣き顔が見れるわぁ♪)」フラフラ





54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:18:44.07 ID:q/H7rGI50


上条の家


上条「ただいまーっと。あれインデックス?」


-----今日はステイル達とカルボナーラなんだよ!-------


上条「さて・・夕食でも作りますか。」

上条「卵が割れたから卵なしオムライス・・・」

上条「ふ、不幸だ・・・ん?」ピンポーン

???「こんにちはぁ」





55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:19:51.07 ID:q/H7rGI50


上条「し、食蜂??」

食蜂「上条さぁん。卵が割れてたみたいなので買ってきたわよぉ?」ハァハァ

上条「食蜂!!あ、ありがとう!お前いいやつだな!!」ガシッ

食蜂「!!///上条さぁん?痛いわぁ?」フラフラ





56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:20:58.54 ID:q/H7rGI50


上条「わ、悪い!!って食蜂なんかフラフラしてないか?」

食蜂「大丈夫よぉ。ところで、今日の・・・」

食蜂「夕食は・・・」フラフラ

食蜂「な・・・に・・ぃ?」バタッ

上条「食蜂!!・・・すごい熱だ!」




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:26:40.35 ID:q/H7rGI50


食蜂「・・・(あれ、ここはどこぉ?)」パチッ

上条「お、目が覚めたか。」

食蜂「上条さぁん?」

上条「食蜂、熱があるみたいだからゆっくりしてろ」ニコ

食蜂「あ・・(そっか。能力の使いすぎで・・・)」ゴソゴソ

上条「どうした?着替えたいのか?」

食蜂「ブラがあるのか、確認しただけよぉ?」

上条「」




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:27:44.16 ID:q/H7rGI50


上条「ブ、ブラ!?!?!?」

食蜂「ふふ、そんなにがっついちゃダメなんだゾ☆」ツン

上条「は、はい!!」

食蜂「いい返事ねぇ。」

上条「っと、そうだ。さっきの卵でおじや作ってみたんだが、どうだ?」

食蜂「え!?・・・た、食べるわぁ///」





59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:29:03.17 ID:q/H7rGI50


上条「そっか。じゃあこれ」コトッ

食蜂「」

上条「どうした?やっぱりまだ・・・」

食蜂「ふ・・・」

上条「ふ・・・?」

食蜂「ふぅふぅしてぇ??///」




60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:30:58.07 ID:q/H7rGI50


上条「え!?」

食蜂「わたしぃ、猫舌なのよぉ?」

上条「わ、わかった。」フーフー

食蜂「た、食べさせてぇ///」

上条「わ、わかった。」アーン

食蜂「はむ。・・・」

上条「ど、どうだ?」

食蜂「お、おいしぃわぁ」





61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:33:08.37 ID:q/H7rGI50


食蜂「もう少し・・・食べた・・い」スゥスゥ

上条「ふふっ。寝ちまったか。少し顔色も良くなったしこのまま寝かせてやるか。」

上条「・・・上条さんは、今日も風呂場ですか。。」

食蜂「ふにゃ・・・」スピースピー

上条(食蜂ってやっぱ可愛いな//)





62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:37:47.62 ID:q/H7rGI50


チュンチュン

食蜂「ん・・・。ふわぁ・・・朝だわぁ」

食蜂「大分体調も良くなったわぁ。ん?」


--------上条さんは当番なので先に行ってきます!---------

食蜂「ふふ・・あの、おじや美味しかったわぁ」

食蜂「・・・」ゴソゴソ

食蜂「私の体に何かしたわけでも無さそうだしぃ」

食蜂「上条さんってほもぉ??」


ps,コーヒーには頭痛を和らげる効果があるらしいから
よかったら、特性コーヒー持って行ってくれ!

食蜂「この水筒かしらぁ?」

食蜂「ん・・・」ズズッ

食蜂「あはっ!美味しいわぁ♪」





63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:40:07.86 ID:q/H7rGI50


食蜂「ふぅ。学校がおわったわぁ。」テクテク

食蜂「あ・・・このカフェ。そういえば昨日ここで御坂さんたちと」

美琴「し,食蜂操祈!!」バッ

絹旗「やっと発見しました!!」ババッ

食蜂「あなた達・・・張りこんでたのぉ??」





64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:43:39.08 ID:q/H7rGI50


美琴「それであの後どうなったのよ。」

絹旗「超はきやがれです。」

食蜂「別に何もないわぁ。ただ・・」

美絹「ただ・・?」

食蜂「上条さんの家で"熱い"夜を過ごしてきわぁ♪」

美琴「な!ななな何いってんの!?」

絹旗「超犯罪です!!」

食蜂「熱く火照った私の体をぉ、上条さんが優しくぅ・・・」

美琴「わーーーー!聞こえなーい!」

絹旗「あーーーー!妄言は超シャットアウトですー!」

食蜂(嘘は言ってないわぁ)




65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:48:45.91 ID:q/H7rGI50


???「ってこら」ビシッ

食蜂「あたっ何ぃ?」

上条「語弊のある説明はやめなさい」

食蜂「!!上条さぁん。上条さんのあれ、美味しかったわぁ」

美琴「な!!な!!」ビリビリ

上条「だから言い方!!おじやだろー」アセアセ

食蜂「あと、黒いのもいい香りだったわぁ♪」

絹旗「ひゃぁあああああ!」

上条「コーヒーだろ!!」

食蜂「上条さん、ねぇどっか行きましょぉ?」ギュッ

上条「あ・・・」ニヘラ

美琴「ア、アンタってヤツは」ビリビリ

絹旗「か、上条ってヤツは」シュー

食蜂「」スッ

美絹「なにやっとんじゃぁああ!」ビリビリドカーン

上条「ストーップ!!」シュゥウウウ

食蜂(なんだか楽しみが増えたわぁ♪)






66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/16(日) 18:52:38.21 ID:q/H7rGI50



美琴「ってことがあったのよ!」

黒子「そ、それはまた大変でしたわね(愚痴の割りにはとても笑顔ですの)」

美琴「まったくもう!」


絹旗「超ふしだらなんです!!」

麦野「そ、そうね。(完全に上条に惚れちゃってるにゃーん♪?)」

絹旗「これはまた超映画に行くしかありません!!」



食蜂「ってことがあったわぁ」

縦ロール「お疲れ様でした。」

食蜂「お腹減ったわぁ。」

縦ロール「今日は何をお召し上がりになりますか?」

食蜂「そうねぇ。。」


食蜂「この水筒のコーヒーと卵たっぷりのおじやがいいわぁ♪」


終わり



元スレ
SS速報VIP:絹旗「超フラペチーノ」 美琴「超ティーラテ」