1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:24:03.24 ID:AoD++iwN0


千早「いただきます……」

「ねぇねぇ、また如月さん一人でご飯食べてるから誘ってあげようよ」

「無駄だよ。誘っても断られるだけだし」

千早「………」モソモソ

「お昼ご飯がカロリーメイトだけって…お母さん何してるんだろ」

「なんか一人暮らしらしいよ?」

千早「……ごちそうさま」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:26:53.90 ID:AoD++iwN0


昼休みの教室は大嫌い

千早「………」

「おい、このグラビア見ろよ」

「うほぉー三浦あずさじゃん」

スケベな男子はうるさいし

千早「………」

「昨日のドラマ見た?」

「見た見たー」

女子は耳障りな甲高い声で騒ぐし

千早「………」

……堪えられない

ガタッ




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:29:37.15 ID:AoD++iwN0


千早「………」

私には学校で自由になれる場所が1つだけある

千早「………」

そこはこの学校で一番高い場所で、一番静かな場所

カン…カン…カン…

ガチャ

屋上。ここだけが私の憩いの場所……




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:32:59.09 ID:AoD++iwN0


千早「?♪」

屋上で歌を唄うことが習慣に成りつつある

千早「?♪♪」

邪魔するものは何もない

千早「?♪?♪」

この時間がずっと続けば良いのに……

「歌、すごく上手だね」

千早「!?」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:35:44.97 ID:AoD++iwN0


千早「だ、誰!?」

「ごめんごめん驚かせちゃった?」

千早「……盗み聞きはあまりいい趣味じゃないわね」

「うっ…ごめんなさい……。その、とても上手だったから聞き惚れちゃって」

千早「……私の歌が?」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:40:31.45 ID:AoD++iwN0


「うん!透き通るような伸びのある声で驚いちゃった!それにすごく気持ちも入ってたし」

千早「あ、ありがとう……」

「ねぇ、学年はいくつ?」

千早「えっと…2年生……」

「あれ?私と同じだ……見かけない顔だからてっきり違う学年かと思っちゃった」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:46:18.31 ID:AoD++iwN0


千早「最近転校してきたばかりだから……」

「へぇー、そうなんだ。あっ、名前聞いてもいいかな?」

千早「……如月千早」

「千早ちゃんっていうんだ。私は春香!天の海に春が香るで、天海春香!よろしくね!ちなみに部活は合唱部!」

千早「(合唱部……)」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:49:56.71 ID:AoD++iwN0


千早「……よろしく」

春香「ねぇ。私、もっと千早ちゃんの歌聴きたいな」

千早「……申し訳ないけど、お断りするわ」

春香「なんで?あんなに上手なのに……」

千早「私は他人に聴かせるために歌っているわけじゃないの」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:54:42.32 ID:AoD++iwN0


春香「じゃあ、何の為に歌っているの?」

千早「……それは」

春香「歌に対して少し難しく考えすぎだと思うな」

千早「そんなこと無い……」

春香「……そうだ!私に歌を聴かすのが嫌なら、一緒に歌おうよ」

千早「え…?」

春香「きっと楽しいよ。ね?」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 22:59:44.57 ID:AoD++iwN0


春香「曲は何がいいかな……」

千早「春香。勝手に話を進めないで」

春香「そうだなぁ……。『翼をください』なんてどう?」

千早「私の話聞いてる?」

春香「じゃあ、私が下のパート歌うから、千早ちゃんは上のパート歌って?」

千早「全然聞いて無い……」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:04:05.80 ID:AoD++iwN0


春香「行くよ?1・2・3・ハイ!」

千早「………」

春香「このー♪……って!千早ちゃん!歌ってよ!」

千早「私、歌うなんて1回も言ってないわ」

春香「えぇー。そこは歌う流れでしょ?」

千早「そんな流れ知らない」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:10:39.97 ID:AoD++iwN0


春香「一緒に歌ったら楽しいのに……」

千早「悪いけど、私は一人で歌うのが好きなの」

春香「私はみんなで歌う方が好きだな」

千早「………」

春香「絶対一人で歌うよりみんなで歌った方が楽しいよ、千早ちゃん」

千早「……あなたとは気が合わないみたいね。さよなら、春香」




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:19:26.77 ID:AoD++iwN0


春香「あ、ちょっと待って。千早ちゃん」

千早「まだ何か?」

春香「ねぇ、合唱部に入らない?」

千早「…あなた、私の話聞いていた?私は一人で歌うのが好きなの」

春香「うん。ちゃんと聞いてたよ」

千早「…もしかして嫌がらせのつもりなのかしら」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:28:06.90 ID:AoD++iwN0


春香「ち、違うよ千早ちゃん!意地悪したいんじゃないよ」

千早「それなら何でそんな誘いをするのかしら?」

春香「えっとね、みんなで歌う楽しさを知ってもらいたいと思ったんだ」

千早「みんなで歌う楽しさ…?」

春香「うん!きっと千早ちゃんはみんなで歌った経験が無いから楽しさを知らないだけなんだよ!」

千早「……お節介はやめてちょうだい」ボソッ

春香「え?」キョトン




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:36:21.39 ID:AoD++iwN0


千早「私は一人で歌い続けるって決めたの!みんなでなんて考えて無いわ!」

春香「ち、千早ちゃん?」

千早「とにかく私、合唱部になんか入らないから。さよなら」

春香「ちょ、ちょっと待っ……」

タッタッタッ…

ガチャ バタン!!

春香「千早ちゃん……」




52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:40:03.75 ID:AoD++iwN0


…………

ー教室ー

キーンコーンカーンコーン

「それじゃあ今日の授業はここまで」

「ああーやっと終わったー」

「帰ろうよー」

「帰りどっか寄ってく?」

「三丁目に新しいクレープ屋できたんだってー」

「いいねー行ってみようよ」

ガヤガヤ ガヤガヤ

千早「……………」ポツーン




53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:42:39.83 ID:AoD++iwN0


「ちーはーやーちゃん」

千早「ひゃうぅ!?は、春香!?」

春香「迎えに来たよ!千早ちゃん!」

千早「……は?」

春香「合唱部だよ!合唱部っ!」

千早「えっとぉ……」




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:48:07.09 ID:AoD++iwN0


春香「さ、早く行こっ?」

千早「はぁ……。あなたって、本当に人の話聞かないのね…」

春香「聞いてたよ?」

千早「……それって尚更タチが悪いと思うんだけど」

春香「だって、なんだかほっとけないんだもん」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:54:28.70 ID:AoD++iwN0


千早「お節介はやめてって言ったでしょ。お願いだから、もう関わらないで。さよなら」

ツカツカツカ…

春香「ちょっと待ってよ千早ちゃーん」


タッタッタッ…


「あ、春香ちゃんバイバーイ」

春香「バイバーイ」

「春香先輩、さよならー」

春香「はーい!さよならー」

千早「…………」スタスタ




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:57:39.70 ID:AoD++iwN0


ー帰り道ー

春香「待ってってばー千早ちゃーん」トテトテ

千早「……スタスタ」

春香「ねぇってばー」

千早「……あなた、部活はどうしたの?」

春香「今日はお休みをもらったんだ」




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:00:54.18 ID:/N2LkZp60


千早「随分とお気楽な部活なのね」

春香「千早ちゃんの事情を話したら快く休みをくれたよ。『その子を連れてこれるよう気の済むまで頑張れ』だって」

千早「お気楽な上にお節介な部活なのね」

春香「てへへ……」

千早「……別に褒めて無いんだけど」




61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:07:49.96 ID:/N2LkZp60


春香「これからどうするの?」

千早「別に用事も無いし、このまま帰るわ」

春香「えーっ。じゃあ合唱部に……」

千早「行かない」

春香「少しだけでも……」

千早「行かない」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:22:56.96 ID:/N2LkZp60


春香「むむぅ……」

千早「ねぇ、春香。いい加減、諦めてくれない?」

春香「分かったよ千早ちゃん!!」

千早「本当?」

春香「今日は合唱部行かずに一緒に遊ぼうよ!」

千早「………」ハァ…




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:26:46.80 ID:/N2LkZp60


千早「…なんでそうなるの?」

春香「私、もっと千早ちゃんのこと知りたいな」

千早「私は知ってほしく無いんだけど」

春香「まあまあ。これから予定無いんでしょ?」

千早「たった今、家に帰らないといけない用事ができたわ」

春香「ふーん。で、どこか行きたいところ有る?」

千早「家。」




69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:31:43.52 ID:/N2LkZp60


春香「そっかー。特に無いかー」

千早「人の話聞いてる?」

春香「それなら三丁目に新しくできたクレープ屋さん行こうよ」

千早「ねぇ、春香ってば」

春香「よーし!そうと決まればレッツゴーだよ!」

ガシッ

千早「ちょ……」

春香「千早ちゃん!クレープ屋さんですよ!クレープ屋さん!」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:41:32.39 ID:/N2LkZp60


ークレープ屋ー

春香「わぁー…甘くて良い匂いぃ……」

千早「…もう諦めるわ。好きにしてちょうだい」ハァ

春香「何食べる?全品290円だってさ」

千早「別に何でもいい……」

春香「んー…迷うなぁ……」

「お。春香じゃん」

「お。ホントだ」




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:43:10.80 ID:/N2LkZp60


春香「あ。○○ちゃんと△△ちゃん!」

「ホント春香は甘いもの好きだよねー」

春香「うん。今日は久し振りに部活やすみだから来たんだ」

「クラス分かれちゃって寂しいよー」

春香「私もー」

キャッキャウフフ

千早「………」




77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:46:59.64 ID:/N2LkZp60


千早「あの……」

春香「あ、ごめん。注文しちゃおっか?」

「え?如月さん?」

「どうしてこんなところに?」

千早「………」

春香「そ、そういえば二人は千早ちゃんと同じクラスなんだよね」




79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:50:32.19 ID:/N2LkZp60


「うん。そうだけど、なんか意外だな。如月さんがこんな場所に来るなんて……」

千早「………」

春香「私が無理に誘ってついてきてもらったの」

「へぇー。ていうか、春香と如月さんって仲良かったっけ?」

「如月さん、いつも一人だもんね」

千早「あの、えっと……」




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:55:29.92 ID:/N2LkZp60


春香「えっとね、千早ちゃんとは今日友達になったんだよ」

千早「!」

「本当に春香は誰とでも仲良くなれるねぇ」

「偉い偉い」

春香「てへへ……」

千早「(春香……)」

27番でお待ちの方、お待たせしました

「お、うちらのクレープできたみたいだ」

「じゃーね春香」

春香「バイバーイ」ヒラヒラ




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:02:05.79 ID:/N2LkZp60

…………
……


春香「あ、私達のクレープもできたみたい」

千早「そうね」

春香「どこで食べる?イートインしてく?」

千早「……できるだけ学校の人が少ない所がいいわ」

春香「じゃあ、公園行こっか」




85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:10:37.56 ID:/N2LkZp60


ー公園ー

春香「んー!良い天気!さあ、早く食べよ?」

千早「………」

春香「どうかした?」

千早「春香、私と一緒に居て楽しい?」

春香「え?」

千早「私なんかと一緒に居てもつまらないでしょう?」




88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:14:40.63 ID:/N2LkZp60


千早「春香は友達も多いし、別に私なんかと……」

春香「……千早ちゃん、こっち向いて?」

千早「へ?」

春香「はい、クレープ。あーん」

千早「春香……」

春香「私ね、千早ちゃんと一緒に居るとすっごーく楽しいよ?」




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:17:55.11 ID:/N2LkZp60


春香「だからさ、今は楽しくクレープ食べよ?」

千早「ありがとう、春香」

春香「それじゃ、はい。あーん」

千早「あ、あーん」

春香「美味しい?」

千早「うん、すごく美味しい……」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:21:40.76 ID:/N2LkZp60


春香「じゃあ、次は私にあーんして」

千早「ふぇ!?」

春香「ほらぁ、早く早くぅ」

千早「あ、あーん…」

春香「あーん」

千早「美味しい?」

春香「うん!すごく美味しいよ千早ちゃん」




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:22:19.53 ID:/N2LkZp60


千早「そう、良かったわ……」

春香「やっぱりクレープは友達と食べるのが一番美味しいね」

千早「………」

春香「千早ちゃん?」

千早「ねえ春香、合唱部の部室って……」

おわり




94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:23:24.63 ID:72udMIvW0

すごく良かったよお疲れ


元スレ
千早「別に友達なんて要らないわ」