SS速報VIP:千早「えぇっ!?プロデューサーの部屋に空き巣!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362896378/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:19:38.36 ID:V6YQchjD0

~事務所~

春香「うん。今月入ってからもう12回目だって・・・」

千早「それは酷いわね。私たちに何か出来ることがあればいいのだけれど・・・」

春香「そうだね・・・被害は私物がいくつか無くなってるみたいよ。お金は取られてないんだって」

千早「そうなの?不幸中の幸いね」

春香「本当にね。ところで千早ちゃん」

千早「何かしら?」

春香「何で昨日からずっと歯ブラシ咥えてるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362896378




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:20:31.23 ID:V6YQchjD0

千早「歯を磨いているのよ」

春香「うん、いやそうじゃなくて」

千早「アイドルは歯が命だもの」

春香「そうだね。でも一日中歯磨きしてなくてもいいんじゃないかな」

千早「そんなことないわよ。歯は大事にしないと」

春香「磨きすぎると歯を痛めるよ」

千早「大丈夫よ。今朝からは舐めてるだけだから」

春香「なんで?」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:21:49.65 ID:V6YQchjD0

春香「それなら歯ブラシ置けばいいんじゃない?」

千早「ダメよ」

春香「・・・まぁいいんじゃないかな」

春香「そういえば、今日はなんで男物の服着てるの?」

千早「イメチェンよ」

春香「そうなんだ。でもサイズおっきくない?」

千早「最近は大きいサイズが流行りなのよ。春香知らないの?」

春香「いや知ってるけどさ。ちょっと大きすぎない?可愛いけどさ」

千早「こういうものなのよ」

春香「そっか・・・じゃあどうしてずっと服の匂い嗅いでるの?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:22:29.35 ID:V6YQchjD0

千早「変な匂いがしないか、確認してるの」クンクン

春香「大丈夫だと思うよ?いい匂いだよ」

千早「確かにいい匂いがするわね。でも外に出たら色んな匂いが付くし、常に気にしておかないと」クンカクンカ

千早「アイドルたるもの、その辺りも気を配るべきだわ」スーハースーハー

春香「そうだね。でも千早ちゃんは大丈夫だと思うよ」

千早「ありがとう春香」

千早「話が逸れてしまったわね。プロデューサーが空き巣の被害にあったのでしょう?」

春香「逸れてないよ」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:23:34.64 ID:V6YQchjD0

千早「プロデューサーは今営業に行っているわね。もしかしたらこの瞬間に空き巣が・・・」

春香「千早ちゃんと話してる限りは心配要らないよ」

千早「どういう意味?」

春香「そのままの意味だよ」

千早「・・・?おかしな春香ね」

春香「私がおかしいのかなぁ」

千早「ねぇ、やっぱりプロデューサーの部屋が心配だわ」

春香「今は平気だよ」

千早「そんなのわからないじゃない。仕事中は空き巣のチャンスよ」

千早「今日、プロデューサーは7時30分の新幹線で大阪まで出張に行っているわ」

千早「帰ってくるのは明日の13時ごろ。それまでプロデューサーの部屋は完全に無防備になるわ」

千早「犯人が狙うとしたら今よ。これ以上被害を広げるわけにはいかないわ」

春香「被害を広げない為に千早ちゃんを事務所に呼んだんだけどなぁ」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:24:28.82 ID:V6YQchjD0

~Pのアパート前~

春香「結局来ちゃったし・・・まぁ私もいるから平気だと思うけど」

千早「やっぱり鍵がかかっているわね」

春香「そりゃそうでしょ。っていうかどうしてプロデューサーさんの家知ってるの?部屋番号まで」

千早「プロデューサーがここに入っていくのを見たから」

春香「ここって千早ちゃんの家とは正反対だよね?」

千早「たまたまよ」

春香「たまたまって・・・あれ、千早ちゃん何してるの?」

千早「開いたわ。入りましょう」

春香「え?え?鍵かかってたよね?」

千早「細かいことはいいじゃない。ほら行くわよ」

春香「え?いつ鍵あいたの?え?」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:25:41.39 ID:V6YQchjD0

千早「鍵は開けたままにしておいたから、隠れて犯人を待ち伏せしましょう」

春香「はぁ・・・お邪魔しまーす・・・・・・」

千早「結構散らかってるわね・・・」

春香「プロデューサーさん、忙しいからね。掃除する時間も無いんじゃないかな」

千早「そうね。ちょうどいいわ、ついでに片付けておきましょう」

春香「そんな勝手に・・・」

千早「もう、食べたお皿もゴミもそのままじゃない。いつもこうなんだから・・・」

春香「いつも?何で知ってるの?」

千早「最近、よく掃除しに来るの」

春香「え?家にあげてもらったの?プロデューサーさんに?」

春香「プロデューサーさん、アイドルを家に上げるわけにはいかないっていつも言ってたのに」

千早「そうね。だから居ない間に掃除してるわ」

春香「プロデューサーさんは知ってるの?」

千早「そんな・・・恥ずかしくて言えるわけないじゃない」

春香「恥ずかしいってなんだろう」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:26:27.50 ID:V6YQchjD0

千早「私は部屋を掃除するから、悪いんだけど春香、ゴミ袋持ってきてくれないかしら」

春香「いいけど・・・私持ってきてないよ?」

千早「冷蔵庫の右側にある棚の、下から2番目に入っているわ」

春香「え?・・・うん、わかった。ちょっとまっててね」

千早「お願いね」

春香「冷蔵庫の右・・・下から2番目・・・これかぁ」ガラッ

春香「・・・本当に入ってた」


春香「千早ちゃん、持って来たよ。ゴミ袋」

千早「あぁ、ありがとう春香」

春香「ううん・・・って片付けるのはやっ!もうほとんど綺麗になってるじゃん!」

千早「慣れているもの」

春香「あぁ・・・うん・・・そうだね」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:26:59.87 ID:V6YQchjD0

千早「ゴミは分別して一箇所にまとめておいたから、ゴミ袋に入れましょう」

春香「本当に手際いいね・・・あれ?あんなに散らかってたのに、ほとんどゴミ出てないね」

千早「えぇ、ほとんどが必要なものだったわ」

春香「そっかぁ・・・千早ちゃん、バッグがはち切れんばかりに膨らんでるけど、何が入ってるの?」

千早「大切なものよ」

春香「ちょっと見せてね」ガサゴソ

千早「春香っ!」

春香「ヒッ・・・はい」ビクッ

千早「春香、いくら親友といえども、人の私物を漁るなんて最低だわ」

春香「ブーメランだよ千早ちゃん・・・」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:27:41.93 ID:V6YQchjD0

千早「水場の掃除もしちゃいましょう」

春香「じゃあ私はゴミをまとめておくね」

千早「ええ、お願いするわ」


春香「プロデューサーさんのお部屋、結構物が少ないんだ」

春香「・・・あ、空き巣に持っていかれたのか」

春香「・・・・・・エッチな本とか、無いのかな・・・」

春香「いやいや、だめだよ勝手に漁っちゃ・・・さっき千早ちゃんにも怒られたし」

春香「でもちょっとくらい・・・そう、これはお掃除。私はお掃除してるだけ・・・」

春香「定番のベッド周りから・・・」

春香「ベッドの下とか・・・」ガサゴソ

春香「あっ!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:28:29.07 ID:V6YQchjD0

春香「何かある・・・これは千早ちゃんのプロマイド?」

春香「物凄い束が・・・こんなにたくさん」ドッサリ

春香「・・・プロデューサーさんって千早ちゃんが好きなのかな・・・」

春香「うぅ・・・やめておけばよかった」シュン

春香「あれ、なんかこの枕すごい膨らんでる・・・」

春香「・・・?枕カバーの中に何か・・・・・・」モゾモゾ

春香「青い髪の束と・・・爪!?」

春香「なんでこんな物が・・・枕の綿はところどころ赤く滲んでるし・・・」

春香「誰のなんだろう・・・」

春香「青い髪・・・」

春香「・・・まさかさっきの写真も・・・」

春香「ん、まだ何か見える・・・真空パック?・・・・・・これは」ゴソ

経血ゼリー「やぁ」

春香「」

春香「・・・見なかったことにしよう」スッ



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:29:16.49 ID:V6YQchjD0

千早「ふぅ、こっちは一通り終わったわ。春香?」

春香「わっ!おおおお疲れ様!そっちはどうだった?」サッ

千早「春香、大丈夫?綺麗なったわよ。我ながら完璧だわ」

春香「それはよかったね。―――って千早ちゃんなんでトランクス被ってるの?」

千早「犯人を捕まえる時に顔を隠す為よ」

春香「なんでトランクス?」

千早「犯人に顔を知られるわけにはいかないわ。ましては私たちはアイドルなのよ」

春香「私の知ってるアイドルはトランクスを被って息を荒くしないよ」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:29:51.67 ID:V6YQchjD0

春香「あれ?千早ちゃん歯ブラシ変えた?それに洋服も」

千早「えぇ、掃除で汚れちゃったから新しくしたの」

春香「・・・ふぅん」

千早「外が暗くなってきたわね。そろそろ犯人を待ち伏せする為に隠れましょう」

春香「本当にやるんだ・・・どこに隠れるつもりなの?」

千早「春香はクローゼットの中。私はこの押入れよ」ガラッ

春香「うわぁ・・・お布団と洗ってない洋服でいっぱい・・・」グチャア

千早「ここなら開けられてもすぐにはばれないわ。それに・・・」

春香「あっ押入れの奥に穴が開いてる」

千早「こんなこともあろうかと事前に開けておいたの。隣の部屋に繋がっているわ」

春香「隣って・・・他人の部屋だよね?」

千早「いいえ、私の部屋よ」

春香「えっ?」

千早「この前借りたの」

春香「私、鳥肌立ってきたよ」

千早「これなら仮に犯人が凶器を持っていたとしても、隣の部屋に逃げてから通報すればいいわ」

春香「じゃあ早速そうさせてもらうね」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:30:45.78 ID:V6YQchjD0

カンカンカン・・・

千早「!? いけない!きっと犯人だわ!早く隠れましょう!」イソイソ

春香「えぇ!?まさか本当に・・・」

千早「春香、早く隠れて!」クンクンスーハースーハー

春香「う、うんわかった!(すっごい匂い嗅いでる・・・)」

春香「クローゼットクローゼット・・・ここかな」カチャ

春香「ほ、本当に大丈夫かなぁ・・・」

スタスタスタ ガチャッ

春香「あっドアが開いた・・・まさか本当に空き巣が・・・・・・?」

春香「そういえば押入れには穴があって逃げられるけど、クローゼットは逃げられないんじゃ」

春香「それらしいのも見当たらないし、もし犯人がここにきたら・・・」

春香「・・・・・・だ、大丈夫だよねきっと」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:31:29.75 ID:V6YQchjD0

スタスタスタ

春香(えっこっちにきてる!?)

スタスタ・・・

春香(クローゼットの前で止まった・・・)

春香(い、いや・・・助けて千早ちゃん!)

キィ・・・

春香(いやぁあああ!!)

警察「先輩!いました!犯人です!」

春香「・・・・・・えっ?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:32:18.44 ID:V6YQchjD0

警察「アイドルの天海春香だな。どうしてこんなことを・・・まぁそれは署で詳しく聞こう」

春香「えっ?なにこれドッキリ?あれ?」

警察「空き巣の現行犯で逮捕する」ガチャン

春香「え?手錠?なんで?どういうこと?千早ちゃん?」

警察「ほら歩け!部屋を出るぞ!」

春香「痛っ・・・ちょっとまってください!私は何も・・・」

警察「犯人は皆そういうんだよ!おら行くぞ!」

春香「いやぁっ!千早ちゃん!千早ちゃん助けてっ!」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/10(日) 15:32:47.91 ID:V6YQchjD0

~後日 事務所~

P「まさか春香が空き巣だったなんて・・・くぅっ・・・・・」

千早「落ち着いてくださいプロデューサー。お水、どうぞ」

P「あぁ、ありがとう千早・・・」

千早「春香のことは残念でした・・・親友である私が、もっと話を聞いておけば・・・」

P「いや、千早は悪くないよ・・・俺が忙しくてまともに話も出来なかったから・・・」

千早「そんな・・・あまり自分を責めないで下さい」

P「うぅ・・・でも春香が・・・・・・ううぅっ・・・」

千早「泣かないでください・・・私が、ついてますから」ギュッ

P「千早・・・千早ぁ・・・」

千早「大丈夫ですよ、これからは私が守ります」

千早「一生、ね・・・ふふっ」ニコッ



おわり


元スレ
SS速報VIP:千早「えぇっ!?プロデューサーの部屋に空き巣!?」