2: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:47:36 ID:JKd9ci5g

ーーーーーーー
ーーーーー
ーー

昔々、天の川のほとりに織姫と彦星という若者が済んでいました。

2人は結婚しましたが、2人で遊ぶことに夢中になり、結婚してから仕事をしなくなってしまいました。

怒った天の神さまは2人を離れ離れにし、1年に1度、七夕の日にだけ会うことを許しました。


ーー
ーーーーー
ーーーーーーー

これは有名な話です。が、実際は少し違うのです・・・・。



3: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:48:13 ID:JKd9ci5g

彦星は本当は女の子で、名を凛といいました。

また、 織姫は本当の名を花陽といいました。

お互いを凛、花陽と呼びあっていました。

そして、このお話には続きがありました。



4: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:48:43 ID:JKd9ci5g

ーーーーーーー
ーーーーー
ーー


ある年の7月7日の事。

花陽「ねぇ、凛?」

凛「何?花陽?」

花陽「1年に一回しか会えないなんてやっぱり無理だよ・・・・。12年ぐらい我慢してたけどもう無理だよ!こんなんだったら死んだ方がましだよ・・」

凛「花陽・・・・。私も。私もそう思ってたの・・・・。」

花陽「・・・・・・・・。一緒に、死のう?」

凛「・・・・。花陽と一緒なら。いいよ。」

そうして、二人は心中をしました。



5: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:50:59 ID:JKd9ci5g

~時のはざま~
凛「ここ、は・・・・?」

花陽「凛!目が覚めたんだね?」

凛「うん。ここは?」

神の使い(以下、使)「ここは、時のはざまです。いいこと行いをした人はあの扉から次の世界に、悪いことをした人はこのエレベーターで地獄に行ってもらう決まりがあります。」

凛「私達はどっちに・・・・?」

使「ええと、次の世界に行けます。ですがルールがあるのでこの紙を見てください。」



6: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:54:55 ID:JKd9ci5g

~ルール~
1,扉を通るのは一人ずつ
2,見送るのはいい
3, 扉通る途中で振り返えってはならない
4,振り返ったら二度と会えなくなる



7: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:55:59 ID:JKd9ci5g

使「今回はこれだけです。」

花陽「これだけとは?」

使「あなた方に必要なルールはこれだけでいいかと。」

凛「・・・・。わかりました。」

花陽「ねえ、凛。どっちから通る?」

凛「私から行くよ。神の使いさん、案内してください。」



8: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:56:33 ID:JKd9ci5g

~扉の前~


凛「ここが・・・・。」

花陽「・・・・。凛!次の世界でまた会って今度は幸せになろうね!!」

凛「!」

凛「うん。」

使「では、扉を開きます。通るタイミングはいつでもいいですよ。」

花陽「扉通る途中で振り返ったらだめだよ!」

凛「うん。大丈夫。わかってる。じゃあ、通るね。」

凛は花陽の返事を聞かずに扉を通る。

花陽「・・・・。」

凛が扉を通り抜けた後、花陽は何も言わずに扉を通った。


革命の炎・・・・



9: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:58:15 ID:JKd9ci5g

現代
凛「かーよちん!」

花陽「なあに?凛ちゃん」

凛「凛、かよちんのことずっーと大好きにゃ!」

花陽「私もだよ!凛ちゃん」

ーーーーーーー
ーーーーー
ーー




10: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:58:49 ID:JKd9ci5g

これでこのssは終わりです。
嵐の中の恋だからを聞いていて思いついた話です。後、これは作者の完全なる妄想です。
読んでくださり



11: ◆8MrI2LnhZQ 2018/07/07(土) 10:59:44 ID:JKd9ci5g

ありがとうございました。


元スレ
SS深夜VIP:りんぱな「七夕!」