10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:16:42.30 ID:sMbrpmxWP

 
 ピンポーン

上条「おっ、来たな!」

 ドタドタ ガチャ

上条「……あれ……」

佐天「こんにちわーっ! 佐天急便でーす!」

上条「さ、佐天さん!?」

佐天「んふふー、このたび宅配業を始めました! どうぞごひいきに~」

上条「あ、で、でも、あの……」

佐天「さぁ~て~ お届け物は~?」

 ゴソゴソ

上条「あっ、そ、その箱……」

佐天「何も書いてない箱に……伝票は『玩具』……あやしいですね~」

上条「あ、いや……」
 



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:18:23.34 ID:sMbrpmxWP

 
佐天「開けちゃおうっ♪ 中身確認っ!」 ビリビリ

上条「!? だ、ダメだぁっ!」

佐天「……おやぁ……?」 スッ

佐天「このピンクのふにふにした筒状のもの……何に使うんでしょうね~?」

上条「あ、い、や、その……」

佐天「これ……オナホール、ですよねぇ?」

上条「……ハイ」

佐天「へー、上条さんもこーゆーの興味あるんだぁー」

上条「………」

佐天「……ちっちゃい女の子と同居してるのにぃ……そーゆーことしちゃうんだー」

上条「あ……ぁ……」

佐天「……このこと、あの子が知ったらどうなるんでしょうねー」

上条「あ、イ、インデックスには黙っててくれ! 頼む!」

佐天「………」

佐天「分かりました」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:22:21.44 ID:sMbrpmxWP

 
佐天「その代わり……条件があります」

上条「じょ、条件?」

佐天「使ってみてください、ソレ」

上条「え……?」

佐天「今、私の目の前で」 ニコッ

───

佐天「ほらぁ、やる気あるんですかぁ?」

上条「だ、だって……そ、そんなに、見られると……」

佐天「ほら、もっとしっかり手ぇ動かしてくださいよぉ」

上条「うぅ……」 ニュル… ニュル…
 



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:25:34.40 ID:sMbrpmxWP

  
佐天「はぁ……まだるっこしいですねぇ」 グイ

上条「え……?」

佐天「こぉやってしっかり掴んでぇ」 グニィ

上条「ふあっ!?」 ビクンッ

佐天「しっかりコスるんですよぉ」

ズッチュ ズッチュ ズッチュ ズッチュ

上条「ふあ、ひ!? あ、ふあぁぁ……」 ガクガクガク

佐天「あれぇ? どうしたんですかぁ? 感じてるんですかぁ?」

 ズッチュ ズッチュ ズッチュ ズッチュ 

上条「ふ、あ、ぁ……」 ガクガクガク

佐天「中学生にオナホでしごかれてぇ……感じちゃってるんですかぁ?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:31:11.02 ID:sMbrpmxWP

 
 ズッチュ ズッチュ ズッチュ ズッチュ 

上条「う、あ、で、出……」

佐天「えー? まだ出しちゃダメですよぉ、もっと楽しませてください♪」

そういって佐天は、空いた方の手で上条の上着のボタンをはずす。

上条「う、ぁ……な、何を……」

佐天「ちゅぅ♪」

 乳首を咥え、吸った。

上条「っ!?」 ビクンッ

佐天「んちゅ、んっ、あむ、んむ」

 佐天の瑞々しい唇が上条の乳首にむしゃぶりつく。
 絶え間なく電流が走るかのような感覚。
 そしてオナホの動きは止まらない。
 上と下から少女に蹂躙され、上条は身悶えた。
 



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:41:54.98 ID:sMbrpmxWP

 
上条「だ、ダメだ……出る、ぅ……!」

佐天「だからぁ……チュパ……まだ出しちゃダメですってばぁ……♪ んちゅ……」

上条「だ、だって……」

佐天「ね、いいコだからぁ、もうちょっとダケ待っててくださぁい♪」

 そう言って、優しく頭を撫でる。
 しかし相変わらずオナホの動きは止まらない。
 上条は快感に身をよじるだけで精一杯だった。

 と、その時

  ピンポーン

上条(えっ…… 来客……?)

上条(い、今はまずい……! 佐天さん離れて……!)

佐天「……♪」

佐天「はぁ~い、どうぞぉ♪」

上条「!? さ、」

 ガチャ

初春「う、初春急便……デス……」カァァ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 15:55:18.97 ID:sMbrpmxWP

 
上条「!? う、初春ちゃ……」

佐天「んふふー♪ 独り占めはよくないもんねー」 グニッ

上条「ふ、あっ!」 ビクッ

初春「……////」

佐天「ん~、じゃ、私は上条さんのギンギンになったこれをぉ……」

上条「な、何を……」

佐天「あ~むっ」 パクッ

上条「うあっ!?」 ビクッ

佐天「ひもひいいれふかぁ?」 ニコニコ

上条「う、ぁ……」 ビクッ ビクッ

佐天「ぷは……ほらぁ、そこに仰向けに寝てくださいよぉ」 チュパ

上条「わ、分かった……分かったから……あんまり強くしないで……」 ゴロ…

佐天「~♪」 ズチューッ チュッ チュパッ

上条「ふ、おぉっ!?」 ビクッ ビクンッ
 



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:05:55.14 ID:sMbrpmxWP

 
初春「か、上条さん……!」

上条「え……?」

初春「わ、私のパンツ……」

初春「見てくださいっ!」 スッ

 そう言うと、初春は自身のスカートをたくしあげた。
 上条の目に純白のパンティが映る。
 恥ずかしげな初春の表情と相まって、とても扇情的だった。

上条「……」 ゴクリ

初春「上条さん……」 スッ

 パンツを見せたまま、初春は上条の顔にまたがる形で立った。
 そして、ゆっくりと腰を、いや、股間を上条の顔面へと落としていく。

上条「う、初春ちゃん……何を……ふがっ!?」

 そして、その口と鼻と視界が、初春の純白に覆われた。

初春「んっ……////」
 



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:11:22.72 ID:sMbrpmxWP

 
上条「フガフガ……う……」

 上条の顔面に温かみが広がる。
 そして、鼻腔には甘酸っぱいような、少女の秘部の香りが広がる。
 それが脳髄を侵食し、とろけさせる。

初春「んっ…んっ…////」 グイグイ

 初春が腰を動かし、その股間──薄い布地にはすでにシミができている──を上条の顔に擦り付ける。
 無垢な少女が行う痴態、そのエロスに上条の股間はこれ以上ない怒張を見せる。

佐天「んはぁ……♪ すごぉい……」

 佐天は天井を指すソレを嬉しそうに見つめ、白い指で優しくこすり上げた。

佐天「あはっ、ビクンビクンしてる」

 そして、やおら大きく口を開けると、

佐天「あむっ」

佐天「ん、ふぅぁ……あむ……ンチュ…ジュポ…」

佐天(すごい……おっきすぎて喉まで届きそう……)

佐天「あむ、ん、ズチュ…ンチュ…ジュルッ」

上条「う、あ……」 ビクッ ビクンッ
 



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:24:46.07 ID:sMbrpmxWP

  
初春「んっ……あ……////」ピク、ピク

佐天「ジュルルルッ……ジュプ、ジュプ…」

上条「さ、佐天さ、ん……も、もう……出そうだっ……!」ハァ、ハァ

佐天「ぷは……えー? 出ちゃうんですか? イッちゃうんですか?」

佐天「中学生二人にぃ、いいようにされて……精子ビュービュー出しちゃうんですかぁ?」 チュパ

 そう言って、佐天は尿道口を舌先でつつくように舐め立てる。

上条「う、あ、そん……」ビクッ ビクッ
 



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:34:04.12 ID:sMbrpmxWP

 
佐天「……いいですよぉ 上条さんの濃ゆーいザーメン……」

佐天「私のお口の中にぃ……たぁーっぷり、出してくださいっ♥」

佐天「あむっ ジュルルルルルッ」

 佐天は口をすぼめると、思いっきりそのイチモツを吸い上げた。
 ヌラヌラとした口壁が、舌が、上条のソレを余さず責めたてる。

上条「うっ!? あ、やば……で、射精るっ!」

 ビューッ ビュルッ ビュルービュッ!

佐天「っふ、んんーっ!」

 ビュク、ビュク、ビュルッ ビュルッ…

佐天「ん、んん……ん、ゴク、ン……クチュクチュ…コクン…」

佐天「ぷは、ぁ……♥」 トローン

上条「はぁ……はぁ……」

上条(飲んでくれた……というか、すごく、エロい……)

 あまりの射精感に頭がしびれている。体もグッタリと心地よい疲労に包まれている。

上条(幸せだ……)



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:37:36.04 ID:sMbrpmxWP

 
 が、彼のことだ。
 そう幸せだけで終わるはずがない。


 ピ ン ポ ー ン


上条「えっ」 ビク

佐天「えへへ……」

初春「うふふっ……」

佐天「私たちだけだと」

初春「思ってたんですかぁ?」

上条「ま、まさ、か……」

佐天「上条さんって……ほんと可愛い」 チュッ

上条「え……」

佐天「もっと『私たち』に……ザーメンください♪」

上条「さ、佐て……」

佐天「……次の、お届け物です♥」
 



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22(木) 16:38:45.84 ID:sMbrpmxWP

 
───

 その頃、黒子はパソコンの前で悩んでいた。

黒子「どんなSSにしましょうか……」

 SSを書いていたのである。

黒子「SS速報VIPという掲示板から同人誌が出るそうですから……その原稿を早く書き上げなくては」カタカタ

黒子「配布場所は10/6に池袋サンシャインシティで開催されるサンシャインクリエイション61でしたわね」カタカタ

黒子「確か〆切は9/12で、誰でも投稿できたはずでしたわ。 わたくしも良作を投稿してお姉様に褒めていただくんですわ!」

黒子「詳細は『■ コミケにSS速報で何か作って出してみない? 2』とかいうスレに書いてありましたわね」

黒子「初春に聞いてみましょうか……初春ー!」

黒子「……って、いないんですわね」

黒子「? なんだか今日は女性の知り合いを見かけないような……ま、気のせいですわね」

黒子「がんばって書き上げますわよー!」

 がんばれ黒子


 完


元スレ
佐天「こんにちわ~佐天急便で~す!」