1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:44:27 ID:TVT0teLc

男「……こんなところに呼び出して、いったいなんの用だよ」

幼馴染「……」

男「なんだよ、早くいえよ」

幼馴染「あたし……」

男「?」

幼馴染「あんたのこと……好きなの!」

男「え、なんだって?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:46:43 ID:TVT0teLc

幼馴染「ちょ、ちょっと! 聞いてなかったの!?」

男「ん、わりいな。もう一度いってくれないか?」

幼馴染「んもう……! もう一度だけだからね!」

幼馴染「あたし……あんたのこと好きなの!」

男「え、なんだって?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:48:42 ID:TVT0teLc

幼馴染「なによ! また聞いてなかったの!?」

男「ああ、ごめん」

幼馴染「あんた、耳遠いんじゃないの!?」

男「なにいってんだ、お前の声が小さいんだろ?」

幼馴染「む……!」

幼馴染「だったらもう一度いってやるわよ!」

幼馴染「あたし、あんたのこと好きなのっ!」

男「え、なんだって?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:52:23 ID:TVT0teLc

幼馴染「今のはさすがに聞こえたでしょ!?」

男「わりいな、全然聞こえなかった」

男「もっと声張り上げてくれよ。頼むから」

幼馴染「……分かったわ!」

幼馴染「あたし、あんたのこと好きなのッ!!!」

男「え、なんだって?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:54:06 ID:TVT0teLc

幼馴染「今のが聞こえないって、どう考えてもおかしいでしょ!?」

男「おかしいのはお前だろ」

幼馴染「グギギ……!」

男「一字ずつしっかり発音しろ。さ、やれ!」

幼馴染「……分かったわ」

幼馴染「あ、た、し、あ、ん、た、の、こ、と、好、き、な、の!!!」

男「え、なんだって?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 01:57:03 ID:TVT0teLc

幼馴染「いわれたとおりにやったじゃないのよ! 一字ずついったじゃないのよ!」

男「んなこといったって……聞こえなかったんだもん」

幼馴染「よぉし、こうなったら恥を捨てて本当に全力で……!」

幼馴染「あたしィィィィィ!!!」

幼馴染「あんたのことォォォォォ!!!」

幼馴染「好きなのォォォォォォォォォォ!!!」

男「え、なんだって?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:00:44 ID:TVT0teLc

幼馴染「おいコラ! 耳元で怒鳴っただろうが! 叫んだだろうが!」

男「怒鳴ろうが叫ぼうが、聞こえなかったもんはしょうがねえだろ」

幼馴染「だったら……骨伝導だ!」

幼馴染「あんたの骨に密着しッ! 振動で音を伝えてくれるわッ!」

幼馴染「この告白から逃れることはもはや不可能ッ!」

幼馴染「あたし、あんたのこと好きなの!」

男「え、なんだって?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:04:25 ID:TVT0teLc

幼馴染「バ、バカな……ッ!」

幼馴染「自ら頭蓋骨を振動させ、伝導を相殺し、無効化させるなんて……」

男「おいおいおい、今なんていったんだ?」

男「教えてくれるかな?」

幼馴染「くっ……!」

幼馴染「だったら、手話でどうっ!?」

幼馴染『あたし、あんたのこと好きなの!』バババッ

男「え、なんだって?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:09:03 ID:TVT0teLc

男「悪いけど……視神経の機能を遮断させてもらった」

男「今の俺は暗闇の中にいる」

男「お前が何をやろうが、今の俺にはなにも見えないのさ」

幼馴染「そ、そこまでやるか……!」

幼馴染「なら……ならっ! 点字で勝負ッ!」

幼馴染「どうだッ!」サッ

『あたし、あんたのことが好きなの』

男「え、なんだって?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:12:59 ID:TVT0teLc

幼馴染「なにィィィ!? 今たしかに、指で点字をなぞったはず!」

男「無駄だ……」

男「感覚神経を遮断させてもらった」

男「今の俺の指は、どんな感覚も受け付けぬ!」

男「感覚がない以上、点字など読めるはずがない!」

幼馴染「ハァ……ハァ……ハァ……」

幼馴染「なら……なら!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:15:47 ID:TVT0teLc

ズボォッ!!!



幼馴染「あんたの脳に直接指を突き刺して!」

幼馴染「静電気を利用した電気信号で、メッセージを流し込む!」バチバチ…

幼馴染「でりゃああああああああっ!!!」バチバチバチッ



アタシ、アンタノコトスキナノ



男「え、なんだって?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:18:39 ID:TVT0teLc

幼馴染「なぜぇ!? なぜだァァァァァ!? なぜ伝わらねぇぇぇ!?」

男「俺は自在に脳を操作できる能力を持っている」

男「脳内物質を操り、潜在能力を完全開放することもできる」ムキムキッ

男「活性化させることができるということは、つまり逆に──」

男「脳を休ませることもできるのさ」プツッ…

男「今のメッセージ……休んでいる俺の脳には届かなかった!」

幼馴染「ぐはァァァァァ!!!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:23:42 ID:TVT0teLc

男「どうやら……万策尽きたようだな」ニヤ…

幼馴染「ぐっ……!」

男「色々とやってくれたが、しょせんはメスの浅知恵!」

男「この俺に言葉を届かせることはかなわなかった」

男「さぁ、終幕(フィナーレ)だ!」グゴゴゴゴ…

幼馴染「うぐぐぐぐ……!」

幼馴染「どうやら……あたしの負けのようね……」

幼馴染「だが、いつの日か、いつの日か、あたしは復活してみせる!」

幼馴染「この世に光ある限り! 闇もまた滅びぬのだ!」

男「なにをほざこうが、しょせんは敗者の戯言! 歴史とは勝者が作るもの!」

男「──いくぞ!」

幼馴染(や、やられるっ!)グッ…



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:27:25 ID:TVT0teLc

男「俺はお前のことが……好きだ!」







幼馴染「!?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:30:18 ID:TVT0teLc

男「お前がなにをいいたかったのかは、さっぱり分からなかったが」

男「俺がいいたいことはこれだけだ」

男「……どうだ?」

幼馴染「うん……あたしもあんたが好き」

男「!」

男「ホントか!?」

男「やったぁ!」

男「これで俺たちは、正式にカップルってわけだな!?」

幼馴染「うん……そうね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:33:35 ID:TVT0teLc

幼馴染「だけどね、付き合う前にこれだけやらせて」

男「ヤらせて?(おいおい、まさかいきなりかよ……!?)」ゴクッ…

幼馴染「キサマの両耳に、両人差し指を突っ込むッ!」

ズボッ!!!

男「ぐぎゃああああああああああっ!!!」

幼馴染「これで少しは耳の通りがよくなったでしょ?」

男「は、はい……」



………………

…………

……



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/11(月) 02:37:27 ID:TVT0teLc

十年後──



男「ただいま~!」

幼馴染「おかえりなさい」

娘「おかえんなさ~い」

幼馴染「今日は遅くなるっていったのに……困るのよね~、こういうの」ボソッ

男「おい、聞こえたぞ!」

男「しょうがないだろ、さっきメールした時は会議が長引くと思ったんだから!」

幼馴染(まったく……地獄耳なんだから)







おわり


元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「あんたのこと……好きなの!」男「え、なんだって?」