1: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 04:42:16.63 ID:RozgaGbx0


バァン

夏樹「よっ!」

有香「ひゃっ! なんですか慌てて」

夏樹「アタシはここに来てないってことでよろしく! ロッカー借りるな!」ガチャ

有香「え?」

あやめ「入ってまーす」

有香「え?」

夏樹「あすいません」バタン

あやめ<隣なら空いてますよ

夏樹「お、マジか。おじゃましまーす」ガチャバタン

有香「ええ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531597336




2: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 04:43:49.17 ID:RozgaGbx0

デレマスなんですよ
今回もゆるゆると実のない話をします



3: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 04:47:16.12 ID:RozgaGbx0


ガチャ

亜季「おはようございます! おや、有香殿どうしました、鳩がフィフティキャリバー食らったような顔をして」

有香「おはようございます……亜季さんもロッカー入ります?」

亜季「いや入らないでありますが……入りたいので?」

有香「遠慮しときます、もう空いてないので」

亜季「うん?」

夏樹<居ないぞー

有香「あれ?」

亜季「ふむ、もう一方は……山!」

あやめ<川!

亜季「なるほど、フルブックでありますな」

有香「え? なんですか今のは」

あやめ<山といえば川ですから

亜季「国破れてサンガリアであります」

有香「何言ってるんですか?」

夏樹<大和といえば

あやめ<亜季ですから

亜季「呼んだでありますか?」

有香「何言ってるんですか?」

亜季「でも何でまたロッカーに」

有香「意味とかあるんですか?」

亜季「ロックといえば……ロッカーだろ? であります」

夏樹<流石に言わないぞ

あやめ<忍なので

有香「忍なら仕方ないですね」




4: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 04:59:14.12 ID:RozgaGbx0


亜季「……ん?」ダダダダダ

バァン

有香「び、びっくりした……拓海さんもロッカ、んむ、もご」

拓海「おい! 夏樹のヤツ見てねぇか!?」

亜季「夏樹殿なら100エーカーの森を焼きに出征されたであります」

有香「んぇ?」

拓海「プーさんいじめんなよ……アイツ最低だな」

有香「ンッ」

亜季「全くでありますな」

ガタガタ

拓海「あ? なんか今ロッカー動かなかったか?」

あやめ<ナァーオ

拓海「なんだニンジャか。まあいいや、見かけたら教えてくれなー」バタン

亜季「任されたーであります」




5: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:08:23.53 ID:RozgaGbx0


夏樹<助かったぜ。サンキュ

有香「んむ、んー」モゴモゴ

亜季「あ、失礼有香殿……有香殿?」パッ

有香「か、かわいい……」キュン

夏樹<有香そういうの好きだよな

有香「だ、だってプーさんですよ? 拓海さんがプーさんって」

亜季「有香殿の好みのタイプなのですな」

有香「え、だって可愛くないですか? プーさんに優しいんですよ?」

夏樹<アタシもデイジーロックとか好きだぜ?

有香「何と張り合ってるんですか?」

あやめ<わたくしも忍者とか好きですよ

有香「知ってます」

亜季「とりあえず出てきてはいかがですかな?」

夏樹「それもそうだな」ガチャ

有香「あやめちゃんは出てこないんですか?」

あやめ<忍なので……

亜季「よし、有香殿踊るのであります。裸で」

有香「なんでですか! 嫌ですよ!」

夏樹「由緒正しい方法だぜ?」

有香「なんで由緒正しかったら脱ぐと思ったんですか?」

あやめ チラッ

有香「なんで今ので出てきたんですか?」

あやめ「ぬ、脱いでいるのかと思いまして……」

有香「ほんとなんで出てきたんですか!?」




6: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:15:33.32 ID:RozgaGbx0


亜季「それで、なんでまた追われていたのですかな?」

夏樹「いや、冗談言ってたのがバレてな」

有香「あー……李衣菜ちゃんとみくちゃんの」

夏樹「それだ」

有香「じゃ自業自得ですよ」

夏樹「それを言われると痛いな」

亜季「あやめ殿、忍は捕まってしまった時どうするので?」

あやめ「自害でしょうか」

亜季「夏樹殿……今まで楽しかったであります……」

夏樹「亜季おまえ何てことを」

有香「いやちゃんと謝ってくださいよ」

夏樹「はい」

亜季「めちゃめちゃ普通に叱られてるでありますな」

あやめ「小学生のようですね」

亜季「そういえばあやめ殿はなぜロッカーに?」

あやめ「有香殿を驚かそうと思っていたのですが、夏樹殿に見つかってしまって……」

有香「え?」

夏樹「そんなつもりじゃなかったけどな……悪かったな」

あやめ「いえ、兵は神速を尊ぶ物。わたくしが遅かったのです」

有香「まずなぜ私を?」

あやめ「え、あの……よ、よい反応をしてくれそうだったので……」

有香「あ、え!? そんなこと無……いですからね? ねぇ!?」

夏樹「それがいい反応だな」

亜季「かわいらしい反応でありますからなぁ」




7: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:21:54.67 ID:RozgaGbx0


あやめ「ところで、夏樹殿がなぜ拓海殿に追われていたのか、わたくしにはよくわからないのですが……」

有香「あ、それは

あやめ「拓海殿は甲賀忍ということでしょうか?」

有香「違いますよ?」

亜季「拓海殿のバイクにアンパンマン号という紙を張ったのでありますよ」

夏樹「あれ自分でやってたぞ」

有香「え? 拓海さん何やってるんですか?」

夏樹「いやなんか……里奈と仁奈と薫と腹抱えて笑ってたぞ」

亜季「平和ですなぁ」

あやめ「笑う門には福来たるですからね」

有香「かわいい……」キュン

夏樹「有香そういうの好きだよな」

有香「拓海さん、癒やし系ですよね……」

亜季「初めて聞くでありますな、そういう表現は」

夏樹「やっぱ有香もなんかちょっとおかしいよな」

有香「えっ……か、かわいくないでしょうか……」

夏樹「いやかわいいとかかわいくないとかじゃなくて」

有香「よかったー」

亜季「有香殿今日なんかふわふわしてるでありますね」




8: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:28:16.39 ID:RozgaGbx0


あやめ「眠いのですか? おねむですか?」

有香「私でも5時には眠……おねむって言いました? 一応年上ですからね!?」

亜季「まぁまぁ」

有香「確かにあやめちゃんのほうが大人っぽいかもしれないですけど……」

あやめ「え!? いやいやそんなつもりでは!」

有香「やっぱりスタイルの問題でしょうか……」ペタペタ

あやめ「書類上では有香殿とあまり変わらないはずですが……」

有香「なんで把握してるんですか?」

あやめ「彼を知り己を知れば百戦殆うからずですからね」

亜季「孫子でありますな」

有香「なるほど。手合わせ希望ですね!」グッ

あやめ「やるなら夜道で後ろから行くか寝首を掻きますね」

夏樹「なるほど、キャットファイトだな?」

あやめ「は?」

有香「なんでですか?」

亜季「一人で脱いでてくれであります」

夏樹「ひどい」

あやめ「わたくしや有香殿をいやらしい目で見ていたのですね……」

夏樹「待て待て待て、同じ歌を歌った仲間じゃないか」

あやめ「最中も睦言の空想を探査していたのですか?」

夏樹「やめろお前持ち歌をそうやって」

亜季「最中だけに」

有香 ペチ

亜季「あいた」




9: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:30:08.34 ID:RozgaGbx0

夏樹「で、なんの話だっけな」

あやめ「わたくしをいやらしい目で」

夏樹「いや、もっと前」

あやめ「以前から……!?」

夏樹「忍んでくれ頼むから」

有香「あやめちゃんちょっと今日すごいですね……」

亜季「ほら、アレでありますよ。李衣菜殿の」

夏樹「ああ、そうだそうだ。いやな? だりーがみくを監禁してるとか言ってたら拓海が

あやめ「り、李衣菜殿がみく殿を!?」

夏樹「そうなんだ……家では部屋に閉じ込めてその……」

あやめ「ち、ちんちんかもかもですか……?」

夏樹「ああ……いんぐりもんぐりだ……」

有香「そこ一瞬の隙に騙しに移行するのやめませんか?」

亜季「自分が今なぜ追われてるか忘れるのが早すぎるでありますな」

夏樹「悪いな、宵越しの記憶は持たない主義なんだ」

亜季「首元がキツいのでは? もっと頭に酸素を送るべきであります」

有香「宵越して無いですしね」

夏樹「まぁ、なんだ……あー、なんだっけ」

有香「ほんとに大丈夫ですか?」

夏樹「あれだ、適当言ってたら拓海が信じてな、面白かったからしばらく黙ってみてたら今日バレたと」

あやめ「それだけ聞くとあの……最悪ですね」

夏樹「まぁ否めないな」




10: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:36:23.95 ID:RozgaGbx0


有香「何にせよ謝ったほうが良いと思いますよ」

夏樹「そのつもりだったんだけど、追いかけられたらつい逃げる方向に身体が動いちまってな」

あやめ「捕まれば拷問は必至ですからね」

有香「どういった世界観に生きてるんですか?」

亜季「捕虜は人道的に扱わねばならないとハーグ条約にも定められているでありますよ」

有香「どういった世界観に生きてるんですか?」

亜季「それに空手にはこのような格言があるであります」

あやめ「ほう?」

亜季「最強とは自分を殺しに来た相手と友達になる事だ、と」

有香「それ合気道です」

夏樹「なるほど。一応拓海とはダチのつもりなんだがそういう場合はどうしたらいい?」

あやめ「切腹では?」

有香「それはもう良いですってば」

亜季「一段踏み込んだ仲になれば良いのでは?」

有香「えっ……そ、それって」

あやめ「ちんちんかもかもですか?」

夏樹「ああ、いんぐりもんぐりだ……」

有香 ボッ

亜季「それ気に入ったのでありますか?」

夏樹「語感が良いよな」

あやめ「声に出して読みたい日本語ですね」

亜季「それはともかく……謝罪も声に出さねば、ですな」

夏樹「それはもちろんだ」




11: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:41:05.38 ID:RozgaGbx0


拓海「くっそ、夏樹あいつどこいったんだよ」ガチャ

夏樹「あ」

拓海「なんだここにいたのかよ! ウロウロして損したぜ」

亜季「私が足止めしていたのでありますよ」

あやめ「この人息をするように」

夏樹「なぁ、拓海。だりーのことなんだけどさ」

拓海「ああ、あいつらめちゃくちゃ仲いいじゃねーかよ! 心配させんなよ」バシバシ

夏樹「……怒ってないのか?」

拓海「あ? 誰も困ってねーんならいいだろ」

亜季「ほら、これが人の器でありますよ夏樹殿」

あやめ「東京ドームで何個分ですかね」

夏樹「やめてくれ耳が痛い」

拓海「あんまイジってやんなって。たまにふざけるけどいい奴だしよ」

夏樹「やめてくれ耳が熱い」

亜季「DV受けてる彼女のような物言いでありますな」

あやめ「まぁやんごとなき関係になったわけですから」

拓海「なんだそりゃ」

夏樹「それ使い方合ってるか?」

あやめ「ちんちんかもかもですよね?」

亜季「いんぐりもんぐりですな……あれ、有香殿、有香殿?」




12: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:45:01.62 ID:RozgaGbx0


有香「拓海さんは夏樹さんとどこまで行った関係なんですか」

夏樹「は?」

亜季「ンフッ」

あやめ「ん゙んッ」

拓海「どこまで? あー……この前は最終的に芝浦ふ頭だっけな」

有香「さ、最終的にふとんに?」ドキドキ

夏樹「おい」

拓海「急に思い立ってな……あ、夜だったからな、内緒だぜ?」

有香「夜……ナイショ……き、急に思い立つものなんですね」ドキドキ

拓海「ああ、やっぱ好きだしな、したくなるときもあるだろ」

有香「そ、そうなんですね……参考になります!」ドキドキ

あやめ「何の参考にするんでしょうか?」

亜季「それを私の口から言うのは憚られますなぁ」

夏樹「おい」

拓海「あ、だらだらしながら夏樹のに乗せてもらったり逆に乗せたりすんのも良かったな」

有香「乗せたり乗られたりですか!?」ドキドキ

拓海「つってもほんとちょっと跨るだけだけどな、それでも信頼してないと触らせねぇだろ」

有香「信頼……二人は信頼し合った仲……」ドキドキ

拓海「ま、夏樹がどう思ってるかはわかんねぇけどな。信頼されてるって信頼すんのも信頼だろ」

夏樹「愛してるよ」

拓海「はぁ!?」

有香 ボフン

あやめ「やけくそですね?」

亜季「どうやっても認識を正せないと思って諦めたんでしょうなぁ。かわいそうに」

夏樹「そう思うんなら助けろって」




13: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:47:23.70 ID:RozgaGbx0


有香「ふっ……ふっ、ふ、二人とも! お幸せに!!」バタン タタタタ

亜季「あっ有香殿、有香殿ー?」

拓海「走ってっちまったぞ? 大丈夫かよアイツ」

亜季「まぁ、遅れて来た反抗期ということにしておきましょう」

拓海「なんだそりゃ」

あやめ「というかこれはあれですね、夏樹殿、今度は有香殿に追いかけ回されるのでは?」

夏樹「マジかよ……いや、でもまだバイクで追いかけ回されるより逃げ切れる気がする」

亜季「捕まったら中身出ますが?」

あやめ「切腹ですか?」

夏樹「サンドバッグと同じ運命をたどるぜ」

亜季「……まぁ、有香殿には後で言っておくであります」

夏樹「助かる」

拓海「全ッ然意味わかんねーんだけど」

あやめ「わからないほうがいいのでは?」




14: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:49:28.78 ID:RozgaGbx0




―――――――――――――――――――――――――――――――……………






15: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:51:02.27 ID:RozgaGbx0


ガチャッ

夏樹「よう、おはよう」

涼「おはよう、今日は2人なのか」

あやめ「おはようございます……いやいや、見えないだけで居るかもしれませんよ?」

涼「へぇ、今日は小梅と一緒じゃないのか」

夏樹「そこナチュラルに受け入れるなよ」

涼「信じるか信じないかはアタシ次第さ」

有香「おはようございます……」

夏樹「? どうした有香。浮かない顔だな」

有香「夏樹さん、あの、私が言うことではないかもしれませんけど……」

夏樹「うん?」

有香「えっ……と、その、同意の上でも炎陣全員と関係があるのはどうかと……」

涼「は!?」

夏樹「有香お前何をお前吹き込まれてお前、なーん、もう!」

あやめ「昨日よりだいぶ日本語下手になりました?」

有香「それも毎日代わる代わる、なんて……」

夏樹「くっそ、亜季だな!? 何を吹き込んでくれてんだ!」ガチャッ

涼「あー……、走っていっちゃったな」




16: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:55:05.71 ID:RozgaGbx0


有香「まぁ、たまには夏樹さんが走る側になってもいいでしょう」

涼「え?」

あやめ「ドッキリ大成功、ということで」

有香「ふふ、演技レッスンの成果がでましたね」

涼「あぁー……なるほどな。だから亜季が居なかったわけだ」

あやめ「いやいや、見えないだけで居るかもしれませんよ?」

涼「それ気に入ったのか? さっきか

亜季「ドーン!!」バ-ン

涼「ひゃぁん!」

有香「!」

亜季「戻ったぞ! であります」

涼「亜季、な、は? 何やってるんだ」

亜季「いや、名女優の演技を間近で見届けようと思いましてな」

涼「そのためにロッカーの中に籠ってたのか!?」

亜季「然り」

あやめ「たまにはそういうのも良いのではないでしょうか、平和で」

涼「いや、まぁ下らない事で笑ってられるんだから幸せだけどさ」

あやめ「ところでなのですが、有香殿、亜季殿の居所を分かっていたのに驚いていませんでしたか?」

亜季「まぁ打ち合わせもなしに出てきたのではありますが」




17: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:57:21.82 ID:RozgaGbx0


有香「涼さん……」

涼「うん?」

有香「涼さん……可愛いですね」

涼「な、はぁ!? アタシが!?」

あやめ「あ、コレ昨日も見ましたね」

亜季「まぁ魅力を見出してるという点では良いのでは?」

有香「うふふふ……涼さんもひゃんって言うんですね」

涼「いや、アタシのキャラじゃないだろ」

有香「千枝ちゃんも言っていましたよ……涼さんは優しいって」

あやめ「ほっこりしていますね」

亜季「幸せそうですなぁ」

涼「アタシの事は良いって」

有香「いやでも炎陣の皆さんはかわいいですよね」

涼「バカにしてんのかと思ったら本気の目だ、ソッチのほうが困る」

あやめ「そう言えば亜季殿、そのヘッドホンはいったい? まさか周囲の音を拾う忍具を」

有香「忍?」

亜季「ああいや、暇だったのでなにか聞こうと思ったので」

あやめ「音は隠密の大敵ですよ」

亜季「李衣菜殿オススメの密閉型ヘッドホンなので安心で音漏れ対策もバッチリであります」




18: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:58:16.92 ID:RozgaGbx0


涼「李衣菜の耳はすごいよな」

有香「そんなにですか?」

涼「ちょっとでも音よれたら一発だ。李衣菜の前で歌うの怖いぜ」

あやめ「鋭敏な聴覚、もしや李衣菜殿は忍……?」

有香「あやめちゃん、もうなんでも忍ですね」

あやめ「……駄目でしょうか。褒めているつもりなのですが」

涼「あれかな、李衣菜のロックみたいな感じか」

有香「あ、法子ちゃんのドーナツみたいな」

あやめ「そう! それです!」

亜季「ジョン・マクレーンのイッピカイエーみたいな感じですな」

涼「いや違うだろ」

有香「有ってるのかどうかも判断できないんですけど……」

あやめ「ですからその、おかしな意味ではないのです」

涼「そういや亜季は何聴いてたんだ?」

亜季「ふふふ、当ててご覧なさいであります」

涼「玉音放送?」

有香「え?」

あやめ「あの……延々とブザーを流している……」

涼「ああ、ロシアの……何だったかな」

亜季「UVB-76ですな」

あやめ「それです!」

涼「それそれ」

有香「え? 一般、教……養?」

亜季「義務教育であります」

涼「いやそれはない」




19: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 05:59:40.13 ID:RozgaGbx0


亜季「まぁ正解は玉碎でありました」

涼「ChthoniCか? アタシニアピンだったじゃないか」

亜季「至近弾ですな」

涼「というか亜季ってこういうの聴くんだな。いや、どんなのを聞いてそうかと言われると困るけど」

亜季「有香殿も女王蜂とか聴くでありますし」

涼「それ奏の趣味だろ?」

有香「李衣菜ちゃん経由で教えてもらって……」

涼「マジか。人は見かけによらな……いや、あやめはきっとそれそれって感じじゃないか?」

有香「そう言えばあやめちゃんが聴いてるイメージってあまり無いですね」

亜季「そこのところどうなのでありますか?」

あやめ「わたくしはDie Antwoordが解散してしまうので悲しいのです」

涼「ウソだろイメージと全然違……あ! そうかNinjaだ」

亜季「陰陽座とかは聴かないので?」

あやめ「『甲賀』忍法帖なので……」

有香「あやめちゃん伊賀忍ですもんね」

涼「いや、でもやっぱ意外だよ」

亜季「伊賀だけに」

有香「え?」

涼「は?」

亜季「申し訳ない」

あやめ ジッ

亜季「その無の感情で見られるの一番辛いのでありますが」




20: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 06:00:56.40 ID:RozgaGbx0


あやめ「確かに忍とラップに関係はないかもしれませんが……良いのです、好きだから」

有香「それが一番あやめちゃんらしい状態ですよ、きっと」

涼「やっぱ自分でもラップに挑戦したかったりするのか?」

あやめ「イガディビジョンはわたくしが守ります」

亜季「やる気に満ちあふれているでありますな」

有香「涼さんはラップとかは詳しいんですか?」

涼「ラップ音ならよく聞く」

あやめ「ええ……」

有香「ひえぇ……」

涼「グルーヴィーなヤツが鳴らしてると今日はツイてるなって思うよ」

亜季「良かれ悪かれ憑いているのでは?」

涼「いやいや、思ってるより結構いるもんさ。普通にそのへんにも居るかもな」

有香「や、やめてくださいよ」プルプル

あやめ「わたくしには何も聞こえませんよ」プルプル

涼「耳を澄ましてみなって。ほら、今にも聞こえてくるぞ……」




21: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 06:02:57.70 ID:RozgaGbx0


夏樹「亜季ーッ!」バァン

有香「ひゃああああああ!!」ビクゥ

あやめ「きゃあああああっ!」ビクゥ

夏樹「わーっ!? 何だ!?」ビクゥ

涼「夏樹の足音がな」

亜季「じゃあ私はこの辺で失礼するであります!」ダッ

夏樹「あっ!? ちょ、待てよ!」ダッ

涼「元気だな、あいつら……」




22: ◆ganja..OLI 2018/07/15(日) 06:04:48.17 ID:RozgaGbx0

おしまい
なんだかすごく変な時間になげてしまいましたね
いつもより短めであっさりということにしといてくださいな
前のお話は→
亜季「きたえる、さぼる、話する」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489750080/


直近のお話は→
きいてアロエ李衣菜。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522408070/

読んでくれた人ありがとう また次があればよろしくお願いしますね


元スレ
SS速報VIP:亜季「きたえる、忍ぶ、話する」