1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:03:10.27 ID:B7INlsz3O

P「ちょっとトイレいってくるな」

春香「あ、はい…」

真「もープロデューサーったらー」

響「打ち合わせの前に行っておくのが礼儀さー」

P「悪い悪い。音無さん、すみませんがちょっとこいつらの相手してやっててください」

小鳥「ふふふ。はいはい」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:10:18.08 ID:B7INlsz3O

真「プロデューサーにはデリカシーがないよなぁ」

響「まったくだぞ。仮にもアイドルとの打ち合わせ中に」

小鳥「こらこら。プロデューサーさんだって人間なんだからこういうことだって…」

小鳥「プロデューサーさん…今おしっこしてるのかしら…それとも…」

春香「ごくり…」

真「なんか妄想してない?」

prrrrr

小鳥「あら?電話かしら」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:13:42.68 ID:B7INlsz3O

小鳥「はい。765プロですが」

「もしもし…」

小鳥「もしもし?ご用件は…」

「…パンツ何色ですか?」

小鳥「!?」

「何色のパンツはいてるんですか?」

小鳥「」ガチャン!

響「どうしたんだぴよ子?」

小鳥「な、なんでもないわ…」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:16:12.28 ID:B7INlsz3O

春香「あれ?なんか様子が変じゃないですか?」

小鳥「あ、あなたたちは知らなくていいのよ!」

真「はぁ…」

ガチャ

小鳥「!?」ビクッ

P「ん?どうしたんですか音無さん」

小鳥「ぷ、プロデューサーさんでしたか…お帰りなさい」ドキドキ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:19:24.77 ID:B7INlsz3O

真「なんか小鳥さんが変なんですよ」

P「ほう?しかし変なのはいつも通りじゃないか?」

小鳥「ひ、ひどいです!プロデューサーさん!」

P「ははは。冗談ですよ」

小鳥「まったくもう…プロデューサーさんったらからかって…」

P「じゃあ打ち合わせの続きだ」

春香「はーい!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:23:25.36 ID:B7INlsz3O

翌日

小鳥(ふぅ…昨日のはなんだったんだろ…)

小鳥(やっぱり…いたずら電話なのかな…)

小鳥(アイドル事務所やってるんだからこんなこともあるか…)

貴音「どうかしたのですか?先程からぼうっとしておりますが…」

小鳥「へっ!?い、いやなんでもないのよ貴音ちゃん!」

貴音「そうでしたか。これは余計な心配をしてしまいました」

小鳥(うー…アイドルに心配かけてどうするのよあたし!)



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:25:30.43 ID:B7INlsz3O

prrrrr

貴音「あの…電話が鳴っておりますが」

小鳥「え?あ、はいはい!」ガチャ

小鳥「はい765プロですがー…」

「…………」

小鳥「……?もしもし?」

「どんなパンツはいてるんですか?」

小鳥「!!」

小鳥(昨日の…変態さん!)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:29:27.12 ID:B7INlsz3O

小鳥「あ、あの…!」

「今はどんなパンツはいてるんですか?」

小鳥「もういたずらはやめてくださいっ!」ガチャン!

小鳥「はぁ…はぁ…」

貴音「…………」

小鳥「はっ?い、今のはなんでもないのよ貴音ちゃん!」

貴音「素晴らしい迫力でした」

小鳥「へ?」

貴音「今後の演技の参考にさせてもらいましょう…ありがとうございます」

小鳥(なんかわかんないけど感謝された)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:32:39.87 ID:B7INlsz3O

P「お待たせ貴音!」ガチャ

小鳥「ピッ!?あ、プロデューサーさんでしたか!驚かさないでくださいっ!」

P「え?あ、すいません…」

貴音「待っておりましたあなた様」

P「今からドラマの撮影現場にいく。車にのれ」

貴音「了解致しました」

P「じゃあ音無さん、留守番お願いします」

小鳥「は、はい…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:40:08.83 ID:B7INlsz3O

翌日

小鳥(ふぅ…昨日はちゃんと注意できたし、さすがにもう電話してこないでしょ)

亜美「でさ→」

雪歩「あははは」

美希「ぐぅ…」

小鳥(事務所に待機してるアイドルにお茶でもいれようかしら)

prrrrr

小鳥「…!」

亜美「ぴよちゃん、鳴ってるよ?」

小鳥「え、えぇ」ガチャ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:46:35.63 ID:B7INlsz3O

小鳥「もしもし…?」

「…………」

小鳥「あの、どなたですか…?」

「今日は何色ですか?」

小鳥「…っ!」

「どんな感じのパンツはいてるんですか?」

小鳥「いい加減にしてください!!」

「……」

小鳥「何度電話してきてもアイドル達とは会話させませんから!!」ガチャン!

小鳥「ふーっ…」

亜美「ぴよちゃん…?なんか怒ってるの…?」

雪歩「ふぇぇ…」ビクビク

小鳥「ち、違う違う!なんでもないからあなたたちは気にしないで!」

亜美「亜美達のファンの人からの電話?」

小鳥「う…そうだけど…」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:50:26.30 ID:B7INlsz3O

雪歩「どんな電話だったんですか…?」

小鳥「いやね…ちょっとセクハラまがいなことを言われてね…」

雪歩「えぇ~…!?」

亜美「なにそれ面白そう!」

小鳥「あなたたちはちゃんと守るから安心して!」

亜美「えー…今度電話きたら亜美に代わって代わって→」

小鳥「だめです!!」

美希「むにゃー…うるさいの…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:55:38.26 ID:B7INlsz3O

翌日

小鳥(また電話がかかってくるんだろうか…)

小鳥(…何度電話してこようが絶対アイドル達とは関わらせないんだから!)

やよい「今日の小鳥さん…なんか怖い…」ヒソヒソ

伊織「そうね…男にでも振られたのかしら…」ヒソヒソ

小鳥(…いらいらしてたらトイレいきたくなってきた…)ガタッ

やよい「あ…どこか行っちゃった」

伊織「トイレじゃない?…もしかしたらあの日なのかしら…」

prrrrr

やよい「!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 22:59:48.27 ID:B7INlsz3O

やよい「で、電話だ!小鳥さん呼んでこなきゃ!」

伊織「今はほっときなさいって!」

やよい「でもでも!電話には出ないといけないし…どうしよう伊織ちゃん!」

伊織「私たちには関係ないでしょ?出なくていいわよ」

やよい「もしもしです!?」ガチャ

伊織「ちょっとやよい…」

「…………」

やよい「…あのぉ…」

「パンツ何色ですか?」

やよい「……へ?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:05:10.26 ID:B7INlsz3O

やよい「え、えと…あの…」フルフル

伊織「……?」

「今何色のパンツをはいているんですか?」

やよい「うぅ…ぴ、ぴんくのパンツです…///」

「……!?」

伊織「は、はぁ!?なにいってんのやよい!?」

やよい「だ、だって…パンツの色を聞かれて…」

伊織「ちょ、ちょっと貸しなさい!」グイ

伊織「どこの誰だか知らないけどあんた!やよいになんてこときいてんのよこの変態!」

「……しまった!音無さんじゃなかったのか!」

伊織「え?」

ツーツー

伊織「……きれた」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:11:06.39 ID:B7INlsz3O

小鳥「ふぅ…あら?なにやってるの二人とも」ガチャ

やよい「あ、小鳥さん…」

伊織「…今変態から電話がきたわ」

小鳥「え!?また!?」

伊織「また…?まさかいつもあんな電話がきてたわけ?」

小鳥「うぅ…あなた達には知られたくなかったんだけど…」

小鳥「で、なんか変なこと言われなかった!?」

伊織「やよいがパンツの色を聞かれたけど…」

小鳥「や、やっぱり…」

伊織「なんかこの変態…小鳥に用があったみたいよ?」

小鳥「……え?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:17:12.52 ID:B7INlsz3O

翌日

小鳥「…………」

P「お疲れですか?音無さん」

小鳥「あ、プロデューサーさん…」

P「ちょっと一息入れたいと思いまして、なにか甘いものでも買ってきます。なにがいいですか?」

小鳥「そうですね…プリンとか好きです!あとシュークリームなんかもいいですよねぇ…」

小鳥「あ、ロールケーキも食べたい!」

P「…ははは…わかりました。全部買ってきますね…」ガチャ

小鳥「ありがとうです~」

小鳥「相変わらずプロデューサーさんは優しいなぁ…」

prrrrr

小鳥「!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:21:21.92 ID:B7INlsz3O

小鳥「……はい」ガチャ

「…………」

小鳥「…今日はどうしました?」

「今どんなパンツはいてるんですか?」

小鳥「今日はパンツはいてないんですよ」

「っ!?…え…えぇ…?」

小鳥「…ぷっ……意外と純情なんですね、ストーカーさん」

「…………」

小鳥「冗談ですよ、もちろん」

「…う……」

小鳥「そろそろ聞かせてもらえませんか?なんであたしにこんなこと聞くのか」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:24:55.90 ID:B7INlsz3O

「え、えっと…」

小鳥「毎回あたしと話すために電話してきたんですよね?」

「……は、はい…」

小鳥「あなた誰なんですか?あたしのこと知ってるんですか?」

「…………はい」

小鳥「そうだったんですか…なら本当にストーカーさんなんですね…」

「う…すいません…」

小鳥「ふふ、素直ですね。ストーカーさんってあたしのこと好きなんですか…?」

「……はい」

小鳥「!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:32:39.00 ID:B7INlsz3O

小鳥「い、いつから…?」

「……ひとめ見た時から綺麗な人だな…って思ってました」

小鳥「…………」

「…目で追うたびにどんどん好きになっていって…笑顔が素敵で…」

小鳥「…………」

「…でも告白する勇気もなくて…気を引こうと思ったけど…こんな情けない真似しかできませんでした」

小鳥「…そう…だったんですか…」

「すいません…でもなんとかしてあなたの声が聞きたくて…」

小鳥「こんな真似する人、あたしが好きになると思います?」

「…!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:40:24.18 ID:B7INlsz3O

小鳥「あたしのことが好きなら…」

「え…」

小鳥「あたしのことが好きならちゃんと正面からきてください!あたしは逃げも隠れもしませんよ!」

「…………」

小鳥「わかりました!?わかったら返事!」

「は、はいっ!」

小鳥「ふふふ…素直なところは好感がもてますよ。ストーカーさん」

「…はは…ありがとうございます」

小鳥「じゃあそろそろ切りますね?そろそろ人が帰ってきちゃうんで…」

「あ…はい」

小鳥「あ…ねぇストーカーさん」

「はい?」

小鳥「たまにこっちからも電話、かけちゃいますね!愚痴とか聞いてもらいたいんで!」

「…ははは…わかりました。まってますね…」

ガチャン



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:44:43.28 ID:B7INlsz3O

ガチャ

P「甘いもの、買ってきましたよ音無さん」

小鳥「まってましたよ!プロデューサーさん!」

小鳥「あ、今お茶いれますねっ!」

P「お願いします」

小鳥「…ねぇプロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「今日の夜…さっそく電話しちゃいますねっ!」

終わり



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:54:27.36 ID:B7INlsz3O

後日

prrrrr

小鳥「もしもし?え?ストーカーさん?」

「はい。ストーカーさんです」

小鳥「ちょーどよかった!今話を聞いてもらいたかったとこなんですよ~!」

「え…もしかして小鳥さん酔ってます?」

小鳥「なにいってんれすかっ!じぇんじぇん酔ってませんよ!」

「は、はぁ…で?どうしたんですか?」

小鳥「聞いてください!今日もプロデューサーさんとお店で飲んで帰ったんれすよ!それであたし、お店で酔ったふりしたんれすよ!そしたら普通勢いに任せてお持ち帰りしません!?しますよね男の方なら!」

「い、いやぁ…そんな度胸は…」

小鳥「ったく…乙女心がわかんないプロデューサーさんのばかー!」

「……すいません…」

小鳥「あら?ストーカーさんが謝ることじゃないですよ。ふふふ…」

「…ははは…すいません…」

終わり



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/08(火) 23:55:20.40 ID:B7INlsz3O

本当に終わり
見てくれた人感謝


元スレ
小鳥「もしもし?え?ストーカーさん?」