1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:25:22.83 ID:7Qcfm0nu0

千早「げほっげほっ… っ…38度…か…」

千早「…意識が朦朧とするけど寝付けない…」

千早「……うぅっ… 事務所に連絡しないと…っ…」ムクリ

千早「…本格的にばずいわね… コンポが歪んでびえる…」ピッピッピッ…

小鳥『はい、お電話ありがとうございます 765プロです』

千早「音無さん…如月です…」

小鳥『千早ちゃん…? おはよう、どうしたの? 酷い声だけど…』

千早「すびばせん… 風邪をひいてしまったびだいで… 今日は、おやすびします…」

小鳥『か、風邪!? 大丈夫!?』

千早「あばり大丈夫じゃありばせん… などで、失礼します… 手続きお願いします…」

小鳥『ええ… お大事にね …あっ、何か困ったら電話してね?』

千早「ありがとうございます…」ピッ

千早「……寝よう…」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:30:31.42 ID:7Qcfm0nu0

千早(…といっても… 熱があると 寝付けないわ…)

千早「そうだ… 音楽でも流せば…」 ピッ…

~♪

千早「…うっ 頭に響く… 止めよう…」 ピッ

千早「…はぁ… だんだか、死にそうだわ…」

千早「………喉乾いた… あ…」

千早(昨日ミネラルウォーター飲み切ってしまったわ…)

千早「ふふ… このまま本当に死んじゃったりして…」

千早「…病は気から、だったわね… なんとか寝よう…」

千早「」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:35:34.02 ID:7Qcfm0nu0

千早「…はっ 一瞬意識が… そのばば寝ていたかったわ…」

千早(ご飯とかどうしようかしら …食欲に関してはゼロに近いけど)

千早「…風邪なんて自分の健康管理がなっていないからだぼの 自業自得よね…ふふ…」

千早「…うっ」

千早(余計なことしてたら熱が上がってきたかも…)

千早「……ホントに早く寝てよ、私…」

千早(ダメね 喉の渇きに関してはごまかせない)

千早「お隣に迷惑をかけるわけにぼ… ていうか電話番号知らないけど」

千早「…水道水ね… あまり美味しくないけど仕方ないわ…」スタッ

千早「…うくっ…」フラッ

千早「……ほんとにまずいわ… 何もできない…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:42:05.43 ID:7Qcfm0nu0

千早「…はぁ、はぁ…」

千早(これ… 40度くらいあるんじゃ… 私、死ぬの…?)

ピンポーン

千早(誰よ… 無理、出られない)

千早「……膝に力が入らない…」

千早「……すー すー……」

やよい「千早さぁん!だいじょう… あっ!しーっ!」

伊織「まだやよいしか喋ってないじゃない…」ボソ

伊織「勝手にお邪魔したわよ 千早 …寝てるけど」

やよい「うわぁ… すごく苦しそうだよ…?」

伊織「風邪って言ってたし熱あるんでしょ? さっき買ってたあれは?」

やよい「冷えピタですー!」ピタッ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:46:48.42 ID:7Qcfm0nu0

やよい「冷蔵庫は… 使っても平気だよね?」

伊織「私に言われても でも千早にあげるものなら入れとけばいいんじゃない?」

やよい「風邪にはポカリだよねー」スチャスチャ

伊織「…ていうか、あんたそんなお金あるの…?」

やよい「小鳥さんがくれました! これで千早さんにいろいろ買っていって!って」

伊織「なるほどね いいとこあるじゃない、小鳥 …経費出てるのかしら」

やよい「さすがに出ないと思うよ…」

千早「…んぅ… …? 伊織に… た、高槻さん」

やよい「あっ… おこしちゃいました… すみません!千早さぁん」ペコッ

伊織「まず勝手にあがったことに関して詫びるべきでしょ… 勝手にあがったわよ 千早」

千早「…え、ええ… 鍵、あいてた…?」

やよい「大家さんに頼んだら"そういうことなら"ってあけてくれましたぁ」

千早「……なるほど けほっけほっ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:51:40.42 ID:7Qcfm0nu0

やよい「あっ 千早さん、寝ててください!」

伊織「そうよ あんたがそこで動き出したら、この伊織ちゃんたちが来た意味がないでしょ」

千早「…そうね 本当におぼったように動けないから… せっかく来てくれたし、たのぼうかしら…」

やよい「なにかしてほしいことがあったら言ってくださいね!」

千早「…いきなりごめんなさい 喉が渇いて仕方ないの…」

やよい「じゃーん ポカリですー! どうぞー」

千早「あ、ありがとう!」ゴクゴクゴク

伊織「あんまりすごい勢いで飲むと、お手洗いが近くなるわよ…」

千早「…昨日お風呂出てから何も飲んでなくて それだけで死ぬかと思ったわ…」

伊織「あ、あんたの体格だと本当に死にそうじゃない あまり怖いこと言わないでよ!」

千早「…どういう…意味かしら げほっけほっ」

やよい「伊織ちゃん!興奮させちゃダメだよ!」

伊織「ご、ごめん…」

千早「…いえ …まだ熱下がってないし 伝染るといけないわ 近くにいない方がいいと思う…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 20:56:31.78 ID:7Qcfm0nu0

やよい「千早さん 何か食べたいものありますか?」

千早「…ありがとう でも食欲が…全然ないの…」

伊織「何か食べないとなかなか治らないわよ?」

千早「…そうだけど 本当に食欲ないの… 今は噛むのもかったるい……っ」

やよい「…うーん そうだぁ! 伊織ちゃん、少し買い物いってくるね!」ダッ

伊織「あ、やよい! …まぁやよいのことだから 何か考えがあるのね…」

千早「…それにしても珍しいわね 伊織が私のお見舞いなんて」

伊織「あんたが風邪ひく方が珍しいわよ …たまにはね やよい1人っていうのもあれだし」

千早「…そうね… ………途中であまりの可愛さに誘拐されるわ…」

伊織「…そ、そこまで言わないけど …えっ?」

千早「…何か言ったかしら… 高槻さん遅いわね」

伊織「まだ行って2~3分じゃない…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:05:28.76 ID:7Qcfm0nu0

千早「ん…水分とったら…少し落ち着いてきたびたい そこの体温計、いいかしら…」

伊織「…ああこれ? はい」

千早「ありがとう…」

伊織「…それにしても何にもない部屋ね…? 退屈しないの?」

千早「…しないわ 最低限の生活と 歌があればそれでいいから」

伊織「ふぅん…」

千早「伊織の家は私が行ったら、たぶん物があばってぼったいないわ」

伊織「逆に私がここで生活したら半日でおかしくなりそうだわ」

千早「ふふっ それはそれで…見たいわね…」ピピピッ

伊織「なによそれ… …あ どうなの…?」

千早「37度8分 さっきよりは全然落ちてるわね」

伊織「それで落ちてるって…どんだけ重症だったのよ…」

やよい「ただいまですぁ! 千早さん、ゼリーだったらどうですか?」

伊織「なるほどね ゼリーならいけるんじゃない?」

千早「…ありがとう せっかくだから、食べようかしら…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:10:44.68 ID:7Qcfm0nu0

伊織「まったく? "もぅん、噛むのもかったるぅーい" とか言ってたのに」

千早「そんな言い方してないわ」

やよい「オレンジとマスカットとコーヒーがありますよー どれがいいですか?」

千早「コーヒー… と言いたいけど風邪のときはくだぼののほうがいいのよね バスカットお願い」

やよい「了解です!」パチチッ

千早「スプーンは… あの棚の左の引き出しに」

伊織「これね?」スッ

やよい「はい、じゃあ… あーん」

千早「えっ!? ちょ…高槻さん…?」

やよい「かったるい千早さんには食べさせてあげますよー」

伊織「あーあ 恥ずかしーわね」

千早「…あ、あーん…」モグモグ

やよい「おいしいですか?」

千早「…ええ、どうしようもなく… あっ 熱が…」フラッ

伊織「…やよい、それやめたほうがいいわ…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:17:58.27 ID:7Qcfm0nu0

やよい「あーっ 冷凍して、半凍ゼリーにすればよかったかな」

伊織「風邪のときはあんまり冷たいもの食べない方がいいのよ、確か…」

千早「大丈夫 おいしかったから… ありがとう」

やよい「えへへ よかったです! 夕飯も、簡単なの作っておいておきますね!」

千早「…そんな、悪いわ 高槻さん…」

やよい「気にしないでくださいー」

伊織「よかったわね 千早、コンビニのごはんばかりなんでしょ?」

千早「春香から聞いたの? そうよ、大半はコンビニで済ばせるわ」

伊織「うちでシェフが作ってくれる私が言うのもあれだけど あまりよくないと思うわよ、それ…」

千早「…わかってるわ …いいのよ これが私の生き方だから…」

伊織「千早……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:25:22.66 ID:7Qcfm0nu0

千早「伊織は嫌にならないの? 家の人間に色々押しつけられたり… 昔の…嫌なことを思い出したり」

伊織「ん……うちは全員、志が高いし、結果出してるから 何かとトップを取らないといけないプレッシャーっていうのは今でも少し重荷ね…」

千早「やっぱり あるわよね 1つくらい…」

伊織「嫌だけど、今の生活ができてるのは親のおかげだし… そこに関しては感謝してるし いずれ何かしらの形で返すつもりよ… じゃないとみじめだし」

千早「良いと思うわ …伊織は、わがまま言ってるように見えるけど 実は結構いい子だもの 私にはわかるわ」

伊織「な、なによ急に… まるで昔の…お兄様みたいな言い方して」

千早「ふふっ… 熱があるから少しおかしいのかも 忘れてくれていいわ…」

伊織「ふんだ 言われなくても覚えてないわよ」

やよい「お醤油とお塩だったらどっちが好きですかぁ?」

千早「あ…どっちでも… おススメでいいわ」

やよい「了解ですー」

伊織「まるで空気読んだようなタイミングで入ってきたわね…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:30:40.41 ID:7Qcfm0nu0

千早「…ん そういえば気づかなかったわ これも高槻さんが?」

伊織「ひえぴたっていうらしいけど 熱にいいんだって」

千早「確かにふらふら感は和らいだ気がするわ」

伊織「…やよいはすごいわよね 私たちより年下なのに家事も全部こなして… 生活の知恵もあるし」

千早「…そうね 下手をしたらもう既に、ダメな専業主婦より腕があるかもしれないわ」

伊織「私も料理くらいならできるけど… 掃除洗濯はあまり得意じゃないし」

千早「私は逆かしら… 高槻さんのそういうところは、憧れる点でもあるのかもしれないわね」

やよい「ふ、2人とも聞こえてますよぉ… 恥ずかしいです///」

伊織「聞こえるように言ったもの ねえ?」

千早「ふふっ そうね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:37:29.37 ID:7Qcfm0nu0

やよい「できましたぁ 何を作ったかは夜までのおたしみ…お楽しみですー」

伊織「噛んだわね…」

千早「お刺身…?」

やよい「お、おさしみじゃないですよ!」

伊織「さってと… あぁそうそう、後でもうちょっと温かい布団が届くはずだから 好きに使って」

千早「え? ど、どういうこと?」

伊織「私がもらったものなんだけど 布団なんて5枚も6枚も使うものじゃないでしょ? だからあげるわ」

千早「い、いいのかしら 伊織がもらった布団なんて… たかそうだわ…」

伊織「まぁ安くはないわね… い、1回使っちゃったやつだけど…伊織ちゃんが使ったんだから我慢しなさいよね!」

千早「…ありがとう ちょっと寒かったから使わせてもらうわ」

やよい「いいなぁ 私もあったかい布団ほしいです」

千早「高槻さん… 布団、ないの…?」

やよい「あ、ありますよぉ!」

伊織「布団がない家ってもうお金がないとかってレベルじゃないでしょ…」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:43:49.25 ID:7Qcfm0nu0

伊織「それじゃそろそろ戻るわよ、やよい 私午後から竜宮小町のイベントあるんだから」

やよい「うん! 千早さん、じゃあ帰りますね! お大事にですー」

伊織「あ…おだいじに」
ガチャ バタン

千早「ありがとう、2人とも…」

千早「やっぱり こういう時は人がいる方が落ち着くものね… なんだか体調もよくなってきたわ」

千早「…いえ、よくはないけど… 熱は…」ピッピッ

千早「夕飯、何を作ってくれたのかしら」チラッ

千早「…すごい かなり健康的な和食ね 量もちょうどいいわ さすが高槻さん…」

千早「…それと、伊織も なんだかんだで かなり心配してくれてたわね…」

千早「けほっ ずびび…」

千早「いけない 鼻をすするなんて…やっちゃいけないわね 一応アイドルなんだもの」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:46:17.06 ID:7Qcfm0nu0

ピンポーン

千早「……寝てる暇がないわ …はい」ガチャ

春香「やっほ千早ちゃん、大丈夫…?」

美希「千早さん!お見舞いに来たのー!」

千早「あ、ありがとう 2人とも…」

春香「あれ? なんかあんまりうれしくない…? あ、うるさいもんね…」

千早「いえそうじゃないわ… うれしいわ あがって…」

美希「千早さんちなのー」タタタ

春香「あっ 美希!騒いじゃダメだよー!」

千早「美希……私、風邪ひいてるのよ あまり騒がないでね」キッ

美希「ご…ごめんなさいなの…」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:49:47.42 ID:7Qcfm0nu0

美希「あ、おにぎり…」

千早「それは高槻さんが私に作ってくれたの …食べたら怒るわよ」

美希「はいなの…」シュン

春香「あらら…じゃあもしかして、やよいが来てたの?」

千早「ええ 伊織と一緒にさっきまで… ほとんどやっていってくれたから、ね」

春香「ああ それで来たとき、なんか申し訳なさそうだったんだね…」

千早「せっかく来てくれたのにどうしようって思ったわ」

美希「でも結構元気そうなの よかったー」

千早「あまり元気じゃないわ こう見えてまだ37度はあるから」

春香「ええっ? 寝てないとだめだよー!」

千早「春香と美希が盛大に起き上がらせたんでしょう……」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:54:43.52 ID:7Qcfm0nu0

千早「…ふぅ 寝ながらになるけど ごめんなさいね」

春香「いいよー あ、子守唄でも歌う?」

千早「子供じゃないわ…」

美希「千早さんの部屋… なんか、寂しいね」

千早「さっき伊織にも言われたわ 半日いたら気がおかしくなりそうだって」

春香「あはは…そこまで言わないけど… 確かに寂しい、かな?」

美希「今度美希がいろいろ選んであげるの! 千早さん、インテリア見にいこ?」

千早「ん… まぁ、お金もそんなに使ってないからいけるけど… 」

春香「あはは…あまり興味なさそうだね…」

千早「ごめんなさい美希 そういうこと」

美希「千早さん もっと女の子っぽくしないともったいないの」

千早「…くっ! どうせ女性らしくないわ…」

美希「あ、あれ…? 千早さん怒ってる…?」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:59:16.41 ID:7Qcfm0nu0

千早「そういえば春香、美希 仕事はいいの?」

美希「美希は午前中だけで終わっちゃったから 午後からお昼寝するつもりだったんだよ?」

春香「私は夕方にラジオがあるだけだから… それまでは暇かな?」

千早「なるほど…」

春香「風邪ひいてるときに1人って、どんな人でも不安になるものだから… 千早ちゃんが寂しくないようにって思ってきたんだ?」

千早「…そ、そう… 鋭いわね」ボソッ

春香「あ、眠れないよね… ごめん! やっぱり子守唄をー」

千早「春香、歌いたいなら歌っていいわ…」

美希「千早さんは孤独を護る詩…で 孤護詩、ってカンジだよね」

千早「…いいわねそれ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:03:04.75 ID:7Qcfm0nu0

春香「あ、そうだ アイス買ってきたんだけど、食べる?」

美希「…春香、溶けてるの…」

春香「あーっ! 来てすぐに冷蔵庫に入れとけばよかったぁ…」

千早「まぁ…少し経てば固まって食べられるようになるわよ 上の中段を使っていいわ」

春香「ありがとー」

美希「千早さん 今まで風邪ひいたときとか、どうしてたの?」

千早「そうね… 大体軽いのだったら気にしなかったわね」

春香「結構きつい感じだったら?」

千早「こ、このまえは プロデューサーが…」

美希「ええっ! ハニーが来てくれたの!? いいなぁー!」

千早「み、美希 声大きいわ…」キンキン



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:09:10.40 ID:7Qcfm0nu0

春香「うん、明日は平気そう?」

千早「どうかしら… でもこの感じだとたぶん平気ね」

美希「千早さんがいないと、なんかほんわかしすぎてる気がするの」

千早「ん……私がいてもほんわかしすぎだと思うけど…」

春香「あ、あはは それはそれぞれの感じ方ってことで…」

千早「そうね… それで そろそろ寝てもいいかしら…?」

春香「ごめんね!邪魔しちゃった…」

美希「ご、ごめんなさい…なの…」

千早「いえ… 夕方って油断してると熱が復活するから…気を付けないと」

春香「夕方… あっ!こんな時間? そろそろラジオ収録いかないと…」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:13:13.38 ID:7Qcfm0nu0

美希「美希も、そろそろかえろっかな? 眠くなってきちゃったの… ふあぁ…あふぅ」

千早「ええ お見舞い、ありがとう 明日は普通に行くと思うから」

春香「うん! じゃあお大事にね また明日ー」

美希「千早さん、お大事になのー」
ガチャ バタン

千早「…ふぅ 寝るって言ったけど 今寝ると夜眠れなくなるわね」ピッ

千早「この不健康連鎖すごく嫌いなのよね… やっぱり起きてようかしら」

千早「…つい、熱って何度も測りたくなるわよね  ……なにを1人で言ってるのかしら」ピピピッ

千早「37度5分か… 起きてたわりには良い傾向に下がってるわね」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:18:18.70 ID:7Qcfm0nu0

千早「…18時か… 夕飯、食べてしまおうかしら… 高槻さんの」

千早「…食べよう いただきます」モグモグ

千早「おいしい… さすがだわ 食欲ないのに箸が進む…」モグモグ

貴音「まこと、良き香りがします… これは…そう らぁめん」

千早「きゃぁっ! し、四条さん いつの間に!?」

貴音「いんたーほんを押したのですが 気づきませんでしたか」

千早「え…押しました…? あとラーメンじゃないですから…」

ピンポーン
響「貴音ー 勝手にあがっちゃダメだぞー」

貴音「響 遅いですよ ゆるりと行動していては、千早の病が悪化してしまいます」

千早「も、もう治り気味ですから… あと我那覇さんも勝手にあがってるから…」

響「あれ? あ、そっか お邪魔しますだぞ!」

千早「え、ええ… 相変わらずマイペースな2人ね…」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:22:32.05 ID:7Qcfm0nu0

響「お見舞いにきたぞっ千早! はい、ゴーヤ!」

千早「ゴーヤを単体で渡されても… ど、どうしろと…」

響「じゃあゴーヤチャンプル作ってくから、明日にでも食べてよ!」

千早「そ、そう ありがとう我那覇さん」

貴音「私からはこれを…」スッ

千早「これは…? あけていいですか?」

貴音「ええ 私がもらったと仮定したとき、もっとも嬉しいものを選びました」

千早「…じゅ、十二郎…家庭用セット…」

貴音「ふふっ ちゃあしゅうに、もやしも購入して参りました とっぴんぐも自由自在です」

千早「四条さん 病人はラーメン食べないですから…」

貴音「なんと… 私が風邪をひいたときは、まずはらぁめんなのですが」

響「こればっかりは自分も驚愕だぞ…」

千早「まぁ、体力はつきそうではあるわね…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:25:47.98 ID:7Qcfm0nu0

貴音「ふむ… しかし、ある意味で風情に満ち溢れた部屋ですね」

千早「それ今日3回目です」

響「ん… 確かになんか寂しいぞ 広いけど、これじゃあ逆に息が詰まるぞ…」

千早「そうかしら 物は少ない方がいいのよ すぐに移動もできるし」

貴音「も、もしや千早… 夜逃げの準備を…?」ワナワナ

千早「する理由がないですよ…」

響「じゃ、じゃあ普通に引っ越すのか? 765プロやめちゃいやだぞー!」

千早「なんでこう、この2人は…」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:29:55.39 ID:7Qcfm0nu0

千早「……」クンクン

響「千早? どしたの?」

千早「いえ…考えてみると今日すごく汗かいたから に、匂わないかなと…」

貴音「…ふむ ぽかりすえっと… そしてますかっと…?」

千早「なっ…! お、お風呂入ってきます!」

響「ポカリとマスカットがどうしたの?」

貴音「ふふっ 容器が台所に洗っておいてあったものですから 少々余興を…」

響「イジワル貴音だなっ」

貴音「悪戯は雲間に隠れる月の如く… 時に隠れ、特に目立つことで成立するものです」

響「何言ってるのかわかんないぞ…」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:32:54.83 ID:7Qcfm0nu0

千早「…い、勢いで入ってしまったけど 熱があるときにお風呂はタブーだったわ…」

千早「身体だけ洗ってすぐに出よう…」ゴシゴシ

千早「…っ これは熱あがりそうね… 早く出ないと…」

貴音「千早…体調が悪くては何かと不便でしょう 背中を流しますよ」

響「あーそれなら自分も一緒に入るぞー!あれやろう、3人で並んで背中交互に洗うやつ!」

千早「い、いい! いいですから! 入ってこないで!」ゴシゴシゴシ

千早「でまーす! 出ますからあっちいってください!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:37:27.07 ID:7Qcfm0nu0

千早「…うっ… 倦怠感が…」フラフラ

貴音「発熱時は、身体を拭く程度にしておくものですよ…」

響「た、貴音が煽ったんだぞ…」

千早「…少し寝ながらになります すみません」フラフラ

貴音「いえ 病人は休むのが仕事ですから おやすみなさい、千早」

千早「ありがとうございます…」

響「これ、寝る前に飲むといいぞ!」スッ

千早「これは?」

響「生姜とネギで作ったのさー あったまるし、喉に良いよ」

千早「それは重要ね ありがとう、我那覇さん」

千早「…ん、お、おいしいとは言い難いけど 確かにあったまってきたかも」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:39:54.95 ID:7Qcfm0nu0

貴音「さて では、そろそろ月も見える頃故… 私は帰ります」

響「えーっ 何しにきたの貴音…」

貴音「らぁめんを渡しにです」キッ

響「…そうだったね ごめん千早、自分も一緒に帰るぞー」

千早「え、ええ 2人とも、ありがとうございました…」
ガチャッ バタン

千早「……なんだか治ったような悪化したような わからないわ」

千早「でもきっと 一晩ねれば治るわよね そんなものよ、風邪なんて」

千早「…まずっ でも、喉に良いみたいだし飲もう…」ゴク



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:42:51.59 ID:7Qcfm0nu0

-後日・765プロ-

千早「おはようございます」

小鳥「あ、千早ちゃん! 風邪はもう大丈夫?」

千早「ええおかげさまで… あ、昨日は高槻さん経由でありがとうございました…」

小鳥「いいのよー たまには面倒見ちゃうぞっ」

千早「はい ありがとうございます」

小鳥「あれっ… ど、どういたしましてー」

千早「…今日はやけに寂しいですね」

小鳥「ああ…それなんだけど… 春香ちゃん、美希ちゃん、やよいちゃん、伊織ちゃん、貴音ちゃん、響ちゃんは風邪で休みだって」

千早「…えっ お、お見舞いに来てくれた人全員…?」

千早「え……全員のお見舞いにいけと…?」

おわり


元スレ
千早「風邪をひいてしまったわ…」