1: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:04:32.84 ID:q7D4gPSE.net

今日は私、にこの誕生日

去年まではママが多忙で家に居なくて、妹達の面倒を見ているだけで精一杯だった

だから、いつも1人で祝っていた

だけど、今はμ'sがいる

今日は、μ'sに出会って初めての誕生日だ



2: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:05:22.25 ID:q7D4gPSE.net

練習がんばろう と意気込みを心の中で唱えてから部室の扉を開けた、瞬間

「「「「「「「「にこ(ちゃん)!お誕生日おめでとう(ございます)!」」」」」」」」

威勢のいい声と共にパンッとテープを放つ音が聞こえてきた

にこ「あ、あんたたち・・・今日騒がしくないと思ってたら、こうゆう事だったのね」

どうりで穂乃果や凛を朝から見なかったわけだ



3: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:06:43.19 ID:q7D4gPSE.net

凛「ひどいにゃにこちゃん!凛はそんなにうるさくないにゃ!」

真姫「十分うるさいでしょ」

凛「にゃ~!?」

花陽「あはは・・・凛ちゃん落ち着いて・・・」

いつもの様に微笑ましい一年生達を横目に見ながら、今日の企画は希達が考えたのだろうと思い、二人に声をかけた

にこ「希、絵里、これはあんた達が?」

そう聞くと、希が首を横に振りながら

希「これは海未ちゃんが考えてくれたんよ」

・・・海未が?普段提案しなさそうな名前が出てきて、少し驚いた



4: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:07:13.40 ID:q7D4gPSE.net

絵里「結構前から考えてたみたいよ?まったく、後輩に慕われてて羨ましいわ」

絵里の話を聞いたあと、海未の方を見た

すると、海未は気づいたのかこちらへ駆け寄ってきて

海未「にこ、改めてお誕生日おめでとうございます」

とクスッと微笑みながら言った

にこ「あ、ありがと」

私は少し照れながらそう言った



5: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:08:12.08 ID:q7D4gPSE.net

にこ「でも、海未が練習の時間をこうやって使うなんて意外ね」

いつもはむしろ練習をさせようとする感じなのでそういってみると

海未「練習終わりだと、にこは妹の面倒を見るためにすぐ帰ってしまうと思ったからですよ」

なるほど、ちゃんと考えてくれてるのねと思っていると、ことりが

ことり「みんなー!ケーキ準備してきたよ!」

と、言った



6: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:09:13.35 ID:q7D4gPSE.net

海未「さ、行きましょう?」

にこ「・・・そうね!」

と話し、ことりの方へ駆け寄って行った

にこ「さぁ!この大銀河宇宙ナンバーワンアイドル、にこにーの誕生日よ!盛大に祝いなさい!」

凛「誕生日も寒いにゃ~・・・」

にこ「ぬわぁんですって!?」

いつもの様に振る舞い

穂乃果「ほら、ことりちゃんがショートケーキ分けてくれたよ!二人共!」

海未「あなたはダイエット中なのであまり食べないで下さいね?」(ニッコリ)

穂乃果「あはは・・・」

いつもの様な日常を過ごす



7: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:09:45.57 ID:q7D4gPSE.net

だけど今日は特別な日

だって

にこ「・・・今日は私の誕生日だからね」

~fin~



8: 名無しで叶える物語 2018/07/22(日) 00:12:36.51 ID:q7D4gPSE.net

かなり短めですがこれで終わります
にこにー誕生日おめでとう!


隠しCPはうみにこ(ボソッ)


元スレ
にこ「今日は私の誕生日」