SS速報VIP:【モバマスSS】奈緒「最近仲良くなった輝子がよそよそしくなった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410885905/



1: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:45:15.42 ID:Xzp1WutK0

奈緒、誕生日おめでとう。誕生日には全然間に合わなかったよ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410885905




2: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:46:04.81 ID:Xzp1WutK0

輝子「ヒャッハー シャイニングー!!!」

奈緒「ゴッド!」

智絵里「チェ、チェリー!」

ワー ワー

[楽屋]

奈緒「ふー、お疲れー2人とも」

智絵里「お、お疲れ様です奈緒さん」

輝子「フ、フヒ、お疲れ」

奈緒「んー、今日でフェスも終わりかぁ」

智絵里「あ、そうですね。奈緒さんありがとうございました」

奈緒「え、な、なんだよ急に」

智絵里「えへ、私たちって今回のフェス限定のユニットですから、今日で解散だと思うとお礼言っておきたくて」

智絵里「奈緒さんのおかげで最後まで楽しいライブができました。ありがとうございます」

奈緒「い、いや、アタシは、そんなこと」ワタワタ

輝子「い、いや、智絵里の言う通り……だ」



3: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:46:50.08 ID:Xzp1WutK0

輝子「わ、私みたいぼっちにも優しくしてくれたし……ラ、ライブでもリードしてくれて」

輝子「お、お姉さんって感じだった……フ、フヒ」

輝子「わ、私も……奈緒みたいになりたいって、お、思ったぞ」フヒヒ

奈緒「や、やめろってそういうの、恥ずかしいだろ……」

奈緒「あ、アタシだって二人には感謝してるし……」

奈緒「奈緒とか凛以外とユニット組むの久しぶりで……緊張してたけど二人だったから最後まで楽しめたんだと思うし」

奈緒「だから、その……あー、二人共大好きってことだよ!!」ギュッ

智絵里「キャッ、な、奈緒さん」

輝子「お、おう、さ、さすが奈緒姉さん、だ、大胆だな」

奈緒「う、うるさい。今顔見られたくないんだよ」ウルウル

智絵里「えへへ、私も、です。奈緒お姉ちゃん」ウル

輝子「……も、もう私達は……し、親友……だよな」ドキドキ

智絵里「は、はい……私なんかが親友で良いなら……」

輝子「な、奈緒……は」




4: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:47:21.95 ID:Xzp1WutK0

奈緒「バカ、そんなこと聞くなよ」

輝子「フ、フヒ……ご、ごめん、やっぱり」

奈緒「とっくにあたしたちは親友だって……確認すんなよ」

輝子「お、おお、やっぱり奈緒はお姉ちゃん……だな」

智絵里「はい!」

奈緒「お、お姉ちゃん!? ア、アタシが……」

智絵里「また一緒にライブしたいですね奈緒お姉ちゃん」

輝子「フ、フヒ、それはたのしみだ。な、奈緒お姉さん」

奈緒「ア、アタシも楽しみだけど、お姉ちゃんはやめろって、恥ずかしいから」



5: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:47:51.94 ID:Xzp1WutK0

[数日後 事務所]

輝子「お、おはよう……奈緒」

奈緒「おー、おはよう輝子。って、輝子、髪みだれてるじゃん」

輝子「え、ほ、本当か……風強かったからな……」

奈緒「ほら直してやるからじっとしてろ」ナデナデ

輝子「フ、フヒ……フヒヒ…ヒャッハー!! やっぱり奈緒はお姉さんだな!! テンション上がって」

奈緒「ワッ!」

奈緒「急に大声出すなよ。ビックリするだろう!」パンッ

輝子「あ、ごめんなさい……」



6: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:50:29.32 ID:Xzp1WutK0

[1週間後 事務所]

輝子「い、いらっしゃい」

奈緒「おじゃましますって、ここPさんの机だけどな」

輝子「フ、フヒ……下は私の憩いの場だぜ……」

奈緒「へ、へー」モゾモゾ

奈緒「やっぱりちょっと狭いな」

輝子「あ、な、奈緒には居心地悪かったか……」

奈緒「ああ、そうじゃないって。ちょっと狭いけど、落ち着くから嫌いじゃないって!」

奈緒「輝子の好きな所が、アタシが嫌いなわけないだろ」

輝子「おお……姉さん」

奈緒「う〜(あ、アタシ今、すっごく恥ずかしいこといわなかったか?)カァ

輝子「姉さん、ど、どうした……」

奈緒「い、いや、なんでもねぇって」ブンブン




7: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:51:43.03 ID:Xzp1WutK0

奈緒「ってか、姉さんって呼ぶなよ」ハズカシイ

奈緒「あ、輝子も少女漫画読むんだな」ヒョイ

輝子「そ、それは……お隣さんが貸してくれたんだ……フヒ」

奈緒「ああ、森久保も住んでるんだったな……」ハハ

輝子「乃々は、ユニットも組んでるし……大事な親友の一人……だ」フヒ

奈緒「……へー、じゃあアタシと森久保だとどっちが大事なんだ?」

輝子「……え」

奈緒「アタシだって輝子とユニット組んだし、親友なんだろ」

輝子「い、いや、奈緒も大事な親友だし、乃々も同じくらい大事なんだ……けど」

奈緒「ふーん」

輝子「い、いや、その、だな……」

輝子「あー、決められるわけねーだろうがー!!!」ガンッ

輝子「お、おお……」イタイ

奈緒「わ、わー、輝子大丈夫か? 意地悪なこと言って悪かった」




8: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:52:28.21 ID:Xzp1WutK0

奈緒「でも、輝子が友達に上下つけるような奴じゃなくて、ちょっと嬉しかったよ」ナデナデ

奈緒「まあ、あんな質問したアタシが悪かった」

奈緒「ごめんな、輝子」

輝子「……フヒ、そうか……安心した」

輝子「せっかくできた親友に嫌われたくないからな……もう一人は嫌だ、からな」フヒ

輝子「安心したら……眠たくなってきた」

輝子「奈緒、肩……借りる…」コテ

奈緒「お、おい、輝子……ったく」

輝子「スースー」

奈緒「……恥ずかしいだろ」ボソ



9: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:53:00.99 ID:Xzp1WutK0

[数ヵ月後 事務所]

奈緒「おはようございまーす」ガチャ

「……だから…どうすれば」

「……それは……フフーン」

「……う、うん……喜ぶ……」

奈緒「お、輝子もいるのか。輝子、おはよう」

輝子「お、おおおう……おはよう」

小梅「おはよう……ございます」

幸子「おはようございます」フフーン

奈緒「3人でそんな端っこに集まって何してるんだ?」

輝子「う、打ち合わせ……してる」

幸子「そ、そうなんですよ、142sのライブもありますしね」

輝子「じゃ、じゃあ……私達はもう行かないと」パタパタ

奈緒「お、おう……またな……」ポツーン

奈緒「なんだよ……」



10: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 01:53:27.58 ID:Xzp1WutK0

奈緒「うーん、今日の撮影もつかれたなぁ」

加蓮「そんなこと言って、ノリノリだったじゃない」

凛「そうそう。最初はこんな可愛い服似合わないとか言ってたのに」

奈緒「うるさいって。あれは、Pさんが、褒めまくってくるから」

凛「ふーん、奈緒は私達よりPさんに褒められたほうが嬉しいんだ」

奈緒「ん、いや、そういうことじゃくてだな!」カァ

加蓮「わかってるわかってる」

奈緒「お、おう。そうか、加蓮はわかって」

加蓮「友情と愛情は別だもんね。凛もダメだよ、好きな人と友人を比べさせたら奈緒が可愛そうでしょ」

凛「うん、ごめんね奈緒」

奈緒「ち、ちがーう!! ア、アタシは、Pさんのことなんて別に!」

凛・加蓮「ふーん」ニヤニヤ

奈緒「ニヤニヤすんなーーーー!!」

凛「あれ、輝子じゃない?」

加蓮「本当だ」



11: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:12:34.64 ID:Xzp1WutK0

輝子「う、奈緒……一人じゃないぞ……」

幸子「大丈夫です輝ちゃん。頑張ってください」コソコソ

小梅「う、うん。私達も……見てるから」コソコソ

奈緒「おーい、輝子。どうしたんだ? お前らはもう先にあがってると思ったけど」

凛・加蓮(あの2人は隠れてるつもりなのかなぁ)

輝子「おおおおう、もも、もうこんな時間なんだな……」

輝子「きききがつかなかった……」

奈緒「大丈夫か輝子? すっごく声が震えてるぞ」

輝子「だい、大丈夫……」フヒ

奈緒「そ、そうか……アタシたちもう帰るけど」

輝子「そ、そうか、そうだよな……な、なあ」




12: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:13:17.93 ID:Xzp1WutK0

小梅「頑張れ……輝ちゃん」コソコソ

幸子「可愛いボクが見守ってますからね」コソコソ

凛「ああ、奈緒と一緒に帰りたいのかな」ヒソヒソ

加蓮「かもね。輝子のことよく知らないし、私も一緒に帰りたいかな」ヒソヒソ

凛「奈緒の親友だしね」ヒソヒソ

奈緒「ん? どうした?」

輝子「あああ、あの……」

凛「ねえ、輝子」

輝子「はは、はい!」

凛「私たち奈緒と一緒に帰るんだけど、輝子も一緒にどう?」

輝子「……え、あ、いや、私は」

奈緒「ああ、それは良いな」

輝子「いや、ごめん、私も……さっちゃん達と帰る予定が……」ダッ

小梅「しょ輝ちゃん!」ダッ

幸子「あ、あの、奈緒さん!」

奈緒「」ポカーン

奈緒「は、はい?」

幸子「好きな物ってなんですか?」

奈緒「……へ?」




13: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:24:53.98 ID:Xzp1WutK0

[ファミレス]

奈緒「な、なんだったんだ、さっきの」パクパク

凛「んー、私は輝子達が奈緒と一緒に帰りたがってるんだと思ったんだけど」

加蓮「違ったのかな」パク

奈緒「最近、様子がおかしいんだよ輝子のやつ」

加蓮「あの子、わりと普段あらおかしくない?」

凛「加蓮、それはちょっと……」

奈緒「まあ、変わり者だけど、ほんと良い奴なんだって」

加蓮「それは分かってるけどね。奈緒があんなに可愛がってるんだから、きっと良い子なんだろって」

加蓮「でも私たちに全然紹介してくれないから、私にはあの子のことわからないし」

奈緒「いや、それは……そうだけどさ」

奈緒「輝子、人見知りするし、加蓮も言ってたけど、ちょっと変わったやつだから」




14: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:33:58.72 ID:Xzp1WutK0

奈緒「もうちょっとしてからじゃないと、二人に変な誤解されそうで嫌だったんだよ」

奈緒「二人に輝子のこと誤解されるの、アタシ嫌だからさ……」ウツムキ

奈緒「普段からあんな感じなわけじゃないんだ、それだけは……むぐ」

加蓮「わかってるよ。意地悪言ってごめんね奈緒」

奈緒「ポテトを口につっこむなよ」

凛「加蓮は、奈緒がちょっと付き合いわるくなって寂しかったんだよね」

加蓮「そんなのじゃないけど、まあ少しは寂しかったかな」

凛「そうだね。私もだよ奈緒」

奈緒「え?」

凛「輝子のことで、ちょっと悩んでたんでしょ」

加蓮「Pさんから聞くまで、私たちはしらなかった」

加蓮「それがちょっと寂しかったかなって」

奈緒「……ごめん。ありがとうな二人共」ヘヘ



15: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:34:29.74 ID:Xzp1WutK0

凛「それで、どうしたの? いつもはもっと姉妹みたいに仲良しだよね」

加蓮「そうそう。お姉さんしてる奈緒可愛かったよ」

奈緒「可愛いとか言うなって!」

奈緒「一ヶ月前くらいからかな、なんか白坂とか輿水とヒソヒソやってることが多くなって、最近よそよそしいんだよ」

奈緒「アタシ何かしちゃったのかな……」

凛「何か思い当たることは?」

奈緒「うーん、輝子の人見知り直そうと、色々言ってたのが嫌だったのかも」

奈緒「アタシはさ、いつか輝子たちや凛加蓮と遊びに行ったり、ライブしたりしたいんだ」

奈緒「でも、今のままじゃ皆が楽しめないかもしれないって思って、色々口出してたんだけど」

奈緒「輝子にはそれがウザかったのかも……」

加蓮「そんなことないでしょ」

凛「ちょっと加蓮、そんなあっさり」



16: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:42:52.94 ID:Xzp1WutK0

加蓮「だって、奈緒が好きになって、奈緒のことが好きになった子でしょ」

加蓮「そんな子が今更、奈緒のおせっかいで嫌になるわけないじゃん」

凛「たしかに、そうかもね」

奈緒「……加蓮」

凛「じゃあ、どうしてなんだろうね」

奈緒「さっきの輿水の言葉も謎だしな」

ピロリン

凛「あ、ごめん。メールだ」

加蓮「なになにPさんから?」

凛「ちょっと、覗かないでよ」

凛・加蓮「あっ」

奈緒「どうしたんだ?



17: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:44:24.56 ID:Xzp1WutK0

凛「ふふ」

加蓮「はぁ」

奈緒「なんだよー」

加蓮「類は友をってやつかな」

凛「うん、そうかもね」

奈緒「だから、なんなんだよ!」

凛「輝子が良い子だって話」

加蓮「私たちが口出す問題じゃないかな」

凛「でも協力はできるよ」

加蓮「そうだね。なんか、仲良くなれる気がしてきたし」

奈緒「二人だけで分かるなよ」

加蓮「じゃあヒント。輝子ちゃんは奈緒に似てるかも」

奈緒「??」

凛「ふふ。まあ、楽しみにしてなよ」



18: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 02:52:03.13 ID:Xzp1WutK0

[9月15日 自宅]

奈緒「はぁ、結局、輝子はなんかそわそわしてるし、凛たちは輝子と話してるのが多くなったし」

奈緒「でも、アタシには何も言ってくれないし……なんなんだよ、まったく」

奈緒「まさか、アタシ抜きで遊びに行く約束してたり……」

奈緒「いやいや、あいつらがそんなことしてるわけないだろ!」ブンブン

奈緒「はぁ」

ピロリン

奈緒「あ、メールだ。加蓮からか」

「明日オフだよね。私たちもオフだから遊びにいこうよ。場所とかは私に任せておいて」

奈緒「お、いいね。最近、ちょっと落ち気味だし、パーっと遊ぶか」

奈緒「輝子たちも含めて皆で遊べれば良いなぁ」ウトウト



19: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 03:12:48.05 ID:Xzp1WutK0

[9月16日]

奈緒「……で、なんで女子寮に来てるんだ」

凛「まあまあ」

加蓮「まあまあ」

奈緒「さっきからそればっかりじゃないか!」

加蓮「良いからこっちだよ」

奈緒「ここって、輝子の部屋?」

凛「ほら、奈緒」ガチャ

加蓮「えい」ドン

奈緒「うわ、おい!」

パーン パーン

奈緒「へ?」

小梅・幸子・智絵里「奈緒さん、誕生日おめでとー!!」

輝子「ヒャッハー!! 奈緒姉、ハッピィィィィィバースデーーーー!!!!」

凛「ちょっと声大きすぎ」

輝子「あ、ごめんなさい」

奈緒「え、えええええええええええ!!!」

加蓮「ふふ、おめでとう奈緒」



20: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 03:13:40.12 ID:Xzp1WutK0

凛「おめでとう」

輝子「りょ、料理とか……私たちが作った……」

輝子「フヒ、飾り付けも手作り……なんだ」

輝子「奈緒には……いっぱいお世話になってるから……少しでも返したくて」

輝子「だから……その……いっぱい! いっぱい! 楽しんでってくれよぉぉぉ!」ヒャッハー

奈緒「」ポロ ポロ

輝子「ご、ごめん……うるさかったか」

輝子「や、やっぱり、私なんかに祝われても嬉しくないか……」

奈緒「バカ」ギュ

輝子「おお……」

奈緒「ありがとうな輝子。すっごく嬉しいよ」ギュ

凛「ちょっと奈緒。輝子だけ?」

奈緒「ハハ、そんなわけないだろ! 皆本当にありがとうな!」

加蓮「ほら、いつまでもハグしてないで座ろ」

幸子「そうですよ。この可愛いボクが腕によりをかけたんですからね」

智絵里「ケーキは私と小梅ちゃんが作ったんですよ」




21: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 03:26:30.86 ID:Xzp1WutK0

小梅「が、がんばった……よ」

凛(半分はすごく可愛くて、もう半分は……グロ可愛い?)

輝子「奈緒、こ、これ、喜んでくれるか、わからないけど、」オズオズ

奈緒「おお、ありがとうな! 喜ぶに決まってるじゃん」

輝子「凛や加蓮にも色々協力してもらったんだ……」

輝子「フヒ、拒否されたらどうしようって思って、意識しすぎて、よそよそしくしちゃって……ごめんなさい」ペコリ

凛「ふふ、気にしなくて良いよ輝子」

加蓮「そうそう。奈緒もそうだったもんね」

凛「私の誕生日の時だよね。トライアドを結成したばっかりの頃で」

加蓮「奈緒が急にそわそわしてて面白かったなぁ」

奈緒「ファミレスで言ってた私に似てるって……そういうことかよ。もう忘れろよ!」

凛「でも、誕生日祝いを必死に考えてくれるのは、すごく嬉しかったよ。奈緒もそうでしょ」

奈緒「……うん!」

輝子「で、でも、心配かけたのは確かだから……これからは……奈緒姉さんに心配かけないように……頑張る」フヒ

奈緒「おう。でも、姉さんって言うなって」ハズイ

凛「いいじゃん、奈緒姉さん」

加蓮「奈緒お姉ちゃんそのポテトたべたいな」アーン

奈緒「お前らはもっとダメだ! 加蓮は自分で食え」

智絵里「あ、あの、私も、お姉ちゃんって呼びたいです!」

幸子「可愛いボクもお姉さんって呼んであげますよ」フフーン

小梅「奈緒お姉ちゃん……フフ」

奈緒「あーーー、もうーーきょ、今日だけだからな!!」カァ




22: ◆JHI4hsXGpo 2014/09/17(水) 03:29:19.01 ID:Xzp1WutK0

終わりです。改めて誕生日おめでとう奈緒!!! 3時間以上の遅刻だけど、夜が明ける前までに書き終わって良かった。


元スレ
SS速報VIP:【モバマスSS】奈緒「最近仲良くなった輝子がよそよそしくなった」