【モバマス】Scarlet Days【後編】



128: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:11:49.53 ID:ZGZ+MBEPO




まゆ「Pさん、朝ですよぉ」

P「…………ん?」

起きると、家ではなかった。

いや超常現象的な事が起きたとかそういう訳ではなく。

……そうか、俺、仮眠室で寝て……

まゆ「うふふ、寝顔もとっても素敵でした」

ベッドの脇から、まゆが覗き込んでいた。

P「んんー……あー、めっちゃ良く寝た……」

スマホを確認すれば、朝の六時。

この時間に心地良い起床が出来るなんて、本当に久し振りだ。

P「おはよう、まゆ」

まゆ「おはようございます、Pさん。お目覚めにコーヒーかキスは如何ですか?」

P「コーヒーを頼む」

まゆ「むー!!」

かわいい。

それはそれとして、さっさと起き上がって備え付けの洗面器で顔を洗う。

ロッカーに着替えはあるし、さっさとヒゲ剃って歯も磨くか。

まゆ「この時間の事務所はまだ誰も居ないんですねぇ」

P「そもそもこのフロアはあんまり人来ないしな」

というか今日は日曜日だし。

まゆ「はい、コーヒーです」

P「ありがと、まゆ」

マグカップを受け取り、傾けつつラインをチェックする。




129: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:12:18.71 ID:ZGZ+MBEPO



……ん、なんか李衣菜からライン来てるな。

『今夜、一緒に飲めたりしませんかー?』

……美穂も居るんだろうな。

『美穂と二人で飲んでろー。巻き込まれる方大変なんだぞー』

『私だって同じですよ!まあそれは置いといて、久々に二人でのんびり飲みたいなーなんて感じです』

美穂が居ないのか。

なら、良いな。

智絵里の方は、仕事が入ったって断れば良いだろう。

『おっけー、何処で飲む?』

『リンク送りまーす。何時にします?』

『明日は月曜だし十九時くらいからにしとくか?』

『りょーかいでーす』

まゆ「どなたですかぁ?」

P「李衣菜だよ。久々に飲もうぜーって」

まゆ「むぐぐ、まゆがまだ飲めないのがとても悔やまれますねぇ」

P「あと三ヶ月ちょいだぞ」

まゆ「誕生日は飲みに連れて行って下さいねぇ」

P「んじゃ、ちょっと屋上行ってくる」

まゆ「びぇぇぇぇぇっ!無視しないで下さいよぉおぉっ!!」

P「朝からカロリー高い高い」

表情は笑顔なのに声だけ迫真の泣き真似なの凄いな。

まゆ「むぅ……まゆは今日は久しぶりにのんびり買い物にでも行ってます」

P「おっけ。じゃ、また明日な」

まゆと別れ、屋上で一服する。

……さて。

智絵里の方に、断りの連絡を入れておかないと。

『すまん智絵里、仕事で今日無理そうだ』

流石に、仕事があると言っているのにそれでもって事は言ってこないだろう。

それじゃ、李衣菜との約束の時間まで何しようか。

一回家に帰る必要は無いだろう。

久しぶりに、映画でも観に行くか。






130: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:12:56.39 ID:ZGZ+MBEPO




李衣菜「お疲れ様でーす!」

P「よ、李衣菜」

十八時半過ぎ、約束の駅で李衣菜と落ち合う。

遠くから見てると大人っぽい女性だけど、こっちの姿見つけてぴょんぴょん跳ねるあたり李衣菜だなぁ。

バカにしてる訳じゃなく、なんだか安心した。

李衣菜「外あっついですねー。早くお店行きませんか!」

P「だなー。これからもまだまだ暑くなると思うと嫌になるよ」

李衣菜「なんで外にも冷房設置しないんでしょうねー」

P「電気代の節約だよ多分」

アホな会話をしながら、李衣菜に案内され店に入る。

ザ・大衆酒場。

騒がしさと慌ただしさが逆に心地良い。

李衣菜「一杯目は何にしますー?」

P「そらービールだろ」

李衣菜「らじゃ!私もです!」

ビール二杯に焼き鳥と枝豆を頼む。

P「それじゃー」

李衣菜・P「「乾杯っ!」」

李衣菜「くぅー!良いですねー!!」

P「大学生だ……」

李衣菜「なんなら昨日で21です!」

P「えマジ?!誕生日おめでとう!!」

李衣菜「どーせ忘れてると思ってましたよーだ」

……完全に忘れてた……

いや、李衣菜の誕生日自体は覚えてたけど、昨日が六月三十日だという認識がなかった。

P「いや、すまん……色々立て込んでて……」

李衣菜「支払いは?」

P「任せろ!」

李衣菜「二件目は?」

P「……まぁ良いだろう!」

李衣菜「っいぇーい!近くに良さげで高そうなバー見つけてあるんですよ!」

P「……ほ、ほどほどに……」

李衣菜「忘れてたんですよね?」

P「幾らでも払ってやらぁ!」

まぁ、楽しいし良いか。




131: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:13:39.17 ID:ZGZ+MBEPO





李衣菜「おぉー、良い飲みっぷりですね」

P「明日が月曜じゃなければ良かったのに」

李衣菜「まあまあどーぞどーぞ」

あっという間に二杯空にしてしまった。

気楽に飲めるお酒って良いな。

ピロンッ

ん、智絵里からラインか……

『分かりました』

『すまん、また今度声掛けるから』

……ふぅ、これでなお心置きなく飲めるな。

李衣菜「あ、それでなんですけど……加蓮ちゃん大丈夫でしたか?」

P「…………んー……」

突然、一気に酔いが覚めた気分だ。

全然心置きなくなかった。

……李衣菜に嘘を吐くのもな……

事情は掻い摘みつつ、最近事務所に来てないって事は話すか……

P「……ちょっと真面目な話になるんだけどさ」

李衣菜「あ、カシスウーロンで」

P「ねぇ聞いて?聞いたんなら聞いて?」

李衣菜「素敵な恋でもしてるんですか?」

心臓はバクバクしたけれども。

P「まぁいいや、ちっとお手洗い。戻ってきたら話す」

李衣菜「らじゃー!」

あーくそトイレ混んでる。

席を立つまではそうでもないのに、並んだ途端に一気にくるのは何故だろう。

手持ち無沙汰なので深呼吸などしてみる。

深呼吸をした。

鼻の通りが良くなった。

用を済ませ、手を洗って席に戻る。

P「待たせたな」

李衣菜「大丈夫です、今来たところですから!」

P「定番だな」

李衣菜「ついでに定番のキャベツとサバの味噌煮頼んどきましたよ!」

果たしてサバの味噌煮は居酒屋にて定番なのだろうか。

美味しいけど、食べるけど。




132: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:14:35.40 ID:ZGZ+MBEPO




P「で、だな」

李衣菜「なんの話でしたっけ?地球温暖化?」

P「そんな話してたか?」

酔ってんのか?

まぁ兎も角、李衣菜がその話を持ち出さないなら話さなくて良いか。

俺も楽しく飲みたいし。

李衣菜「そういえばエッフェル塔って夏と冬で高さが10センチくらい変わるらしいですよ」

P「へー、地球温暖化って凄いな」

李衣菜「今ホットな話題ですからね、温暖化だけに!」

P「うわ寒」

李衣菜「温暖化対策です!」

頭空っぽな会話、良いな。

なんと言っても気楽で良い。

気付けば二時間、あっという間に追い出されてしまった。

P「二件目、近くに良い店あるんだっけか?」

李衣菜「んー、とは言え十分くらい歩く事になりますし隣の居酒屋で良いんじゃないですか?」

P「まぁ李衣菜がそれで良いなら」

そのまま隣の大衆居酒屋に入った。

騒がしい。

李衣菜・P「「かんぱーーい!!!」」

ごくごく、ビール美味しい。

李衣菜「酔ってますねー」

P「李衣菜もだぞ」

李衣菜「私はほら、美穂ちゃんに鍛えられましたから!」

P「なんと俺もなんだよ」

李衣菜「勝負しますか?!」

P「明日が月曜じゃなかったらな!」




133: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:15:30.91 ID:ZGZ+MBEPO



ぶーん、ぶーん

俺のスマホが震えた。

李衣菜「貰ったぁ!」

取られた。

P「いや返せよ」

貰ったぁじゃねぇよ。

酔ってるのかお前。

酔ってるんだろうな。

俺も酔ってる。

李衣菜「ん、まゆちゃんからです。出て良いですか?」

P「良いぞ」

ピッ

李衣菜「もしもーし」

P「なんだって?」

李衣菜「周りがうるさくて全然聞こえません!」

P「そらーな」

李衣菜「あ、楽しんでますかーだそうです」

P「楽しんでるぞー!って聞こえてんのかな……」

李衣菜「あはは、分かりません!あ、泣き真似してる」

P「あっははは、泣け泣けー!」

李衣菜「流石大女優……凄い……」

P「凄いだろ、うちの自慢のアイドルだぞ」

李衣菜「ばいばーい!まったねー」

ピッ




134: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:16:06.05 ID:ZGZ+MBEPO



P「で、なんだって?」

李衣菜「まゆが成人したら全員酔い潰してやりますよぉ!だそうです!」

あいつそれだけ言うために掛けてきたのか。

P「ははっ、まゆの真似上手いな!」

李衣菜「伊達に何年も付き合ってませんからね!まゆちゃんの事なんて全てお見通しです!」

P「あとまゆってお酒弱そうじゃないか?」

李衣菜「とても分かります!」

P「でも優しいんだよな」

李衣菜「ですねー」

会話のテンションの起伏がとてもお酒の席って感じがする。

まぁそんな感じで、飲んで、駄弁って。

気付けば終電ギリギリの時間になっていた。

李衣菜「それじゃ、そろそろ出ますかー」

P「だなー」

帰るのは気が滅入るが、帰らない訳にもいかないだろう。

支払いを済ませて、のんびり駅へと向かう。

終電は……セーフ。

この時間は人多いなぁ。

李衣菜「Pさんは途中で乗り換えでしたっけ?」

P「あぁ。李衣菜は?」

李衣菜「途中までPさんと一緒ですね。そのまま乗って二つ先です」

P「んじゃ…………ん?」

さっきから響いていた駅内のアナウンスが、ようやく聞き取れた。

『〇〇駅でお客様と列車が接触し、安全確認の為に現在運転を見合わせております』

P「はぁ……なんでこんな時に……」

どうりでホームに人が多いなと思ってたが……

李衣菜「かなり遅れてるみたいですねー」

P「乗り換える電車と終電接続してないんだよな……多分帰れないかも」

なんだって今日に限って……

流石に今日は帰ろうと思ってたんだけどな……

李衣菜「あ、ならうち泊まります?美穂ちゃんもそれなら安心するんじゃないですか?」

P「ん、まじで?李衣菜が良いなら」

ふぅ……良かった。

それなら多分大丈夫だ。

これもまぁ仕方ない理由だろう。

李衣菜「にしても運転再開するのどのくらいかかるんですかねー」

P「分からん。酔っ払いか知らんがほんと迷惑だよな……」

結局運転再開したのはかなり遅い時間だった。








135: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:17:07.49 ID:ZGZ+MBEPO







智絵里『わたし……好きなんです、Pさんの事……』

美穂『……そうなんだ……』

初めて、わたしが想いを打ち明けた時。

心臓がばくばくして。

言わなきゃ良かった、って後悔が渦巻いて。

だから……

美穂『わたしは応援するよ、智絵里ちゃんっ!』

美穂ちゃんがそう言ってくれて。

わたし、本当に嬉しかったんです。

ずっと誰にもナイショにしてて、辛くて、苦しくて。

ようやく聞いて貰えたわたしのホントの気持ちは。

Pさんに、直接伝えた訳じゃなかったけど……

それでも、わたしは一歩進めたんだ、って。

美穂『智絵里ちゃんとプロデューサーさんが二人っきりになれる機会が増える様に、わたしもそれとなく試してみますっ!』

智絵里『……ありがとう……美穂ちゃん……!』

美穂『気にしなくて良いよ?だってほら!わたしたちはーー』







136: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:18:02.49 ID:ZGZ+MBEPO





ピピピピッ、ピピピピッ

智絵里「……はぁ……」

目覚ましの音で、わたしは現実に引き戻されました。

とっても懐かしい夢を見てた気がします。

まだわたしが、Masque:Radeのメンバーとしてアイドル活動をしてた頃。

まだわたしが、美穂ちゃんと……

智絵里「……朝ごはん、作らなきゃ」

わたしが二十歳になってから、Pさんと会う機会が増えたからかな。

思い出す事が、増えたんです。

あの時の事、あの後の事。

そして……今、わたしがしてる事。

とっても酷い事だって、Pさんを苦しめてるって。

そんな事、分かってます。

それでも、わたしは。

Pさんの事が、諦められなかったから……

今日は日曜日、だけど一限から三限まで補講が入ってます。

まだちょっと眠いけど、お湯を沸かしてその間に……

智絵里「……あっ。Pさんから連絡来てる……!」

たったそれだけで、わたしの心は跳ね上がりました。

好きな人からの連絡だから。

嬉しいに決まってるよね。

『すまん智絵里、仕事で今日無理そうだ』

……そっか。

なら、仕方ないよね。

Pさん、お仕事頑張ってるんだもん。

でも、ちょっとだけ意地悪しちゃおっかな、なんて考えちゃいました。

お返事するのは、もうちょっと後にしようかな。

お湯が沸くまでに支度して、お味噌汁を飲んだら家を出ます。

今日は、日曜日。

自分の気分を上げる為に。

智絵里「好ーきよだいーすーきー」

懐かしい歌を口ずさみながら、駅に向かって歩き出しました。






137: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:18:28.44 ID:ZGZ+MBEPO







「ーーであるからして、この件におけるーー」

教授の声が響く教室。

冷房がとっても心地良くて、わたしは何度も船を漕いでいました。

ノートを写させて貰える様な知り合いがこの講義には居ないから、寝ちゃったら大変だけど……

教授の声が遠くなって。

はっとして、近くなって。

また、段々と遠くなって……








138: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:19:05.84 ID:ZGZ+MBEPO




加蓮『ふーん……おめでと、美穂!』

美穂『えへへ、ありがとうごさいますっ!』

…………え?

どうして……?

だって、美穂ちゃんは……

まゆ『むぐぐ……しかし、Pさんが選んだのであれば……』

加蓮『まゆも素直に祝いなよ。今更そのキャラ続けなくても良いのに』

まゆ『うふふ、でしたら……おめでとうございます、美穂ちゃん』

美穂『うん!ありがとう、まゆちゃん!』

みんなは、お祝いムードだったけど……

加蓮『ん?どうしたの智絵里』

智絵里『美穂ちゃん……なんで……』

わたしの恋を応援してくれるって。

そう、言ってくれたのに……

加蓮『もしかして、智絵里もプロデューサーの事好きだったとか?』

美穂『えっ、そうだったんですか?!』

智絵里『…………えっ……?』

美穂……ちゃん…………?

美穂『もし、本当にそうだったらごめんね……?』

加蓮『ま、でもちゃんと言葉にしなかった方が悪いでしょ。早い者勝ちって訳じゃ無いけどさ』

わ、わたしは……

確かに、Pさんにはまだ伝えられてなかったけど……

まゆ『加蓮ちゃんだったら断られてたでしょうねぇ』

加蓮『は?!余裕だし!もし私が告白したらプロデューサーの一人や二人くらい余裕でおとせるんだけど!!』

まゆ『プロデューサーさんは一人しかいませんよぉ……』

なんで?どうして?

違ったの……?

嘘だったの……?

だって。

わたしたちはーー








139: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:19:41.20 ID:ZGZ+MBEPO




「ーー再来週はテストだ、講義開始までにレポートを提出しておく様に。以上」

……あっ、寝てた……

黒板、さっきと全然違う……

智絵里「…………はぁ」

なんだか、また昔の事を夢で見ていた様な気がします。

急いで黒板の写真だけ撮って、お昼休みの間にノートに写しました。

今日は三限で終わりだから、お昼ご飯はその後で良いかな。

字が小ちゃくて見てない……

レジュメ、大学のサイトの方でも公開してくれれば良いのに。

あ、もうお昼休み終わっちゃった。

早いなぁ……お昼休み、二時間くらいあれば良いのに。

代わりに講義を三十分短くして良いですから。

ぽけーってしながら板書写して、あっという間に三限も終わって。

わたしはのんびり、駅に向かいました。

あ、おうどん半額セールが今日までやってる。

なんだかちょっぴり幸せな気分です。

五十円引きのクーポンまで貰っちゃいました。

きっと今日のわたしの運勢は大吉ですね。

あんまりテレビの占いは見ないけど……

智絵里「この後、なにしようかな……」

予定が無くなっちゃったから、せっかくの日曜日なのにする事が何もありません。

こういう時こそ、誰かと食事したりお酒を飲んだり出来たら良かったのに。

わたしにはそういう相手、あんまりいないから……

……いえ、結構です。

そんなもの……今更、わたしはいらないから。

Pさんさえいれば、それで……

あ、あと李衣菜ちゃんもいました。

そういえば李衣菜ちゃん、昨日誕生日だったんだよね。

お祝いしたいから、会いたいな。

李衣菜ちゃん、今日空いてたりしないかな。





140: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:20:10.23 ID:ZGZ+MBEPO



『李衣菜ちゃん、今夜空いてたりしませんか……?』

『すまぬ、我既に予定入ってる成。故にごめんねーまた今度声掛けて?』

『そうですか、分かりました』

『ビッ!』

振られちゃいました。

……李衣菜ちゃんはそういう相手多そうだもんね。

女子だけじゃなくて男子も、多そうだもん。

……のんびり、ウィンドウショッピングでもしようかな。

電車に乗って二つ隣まで、暑いコンクリートジャングルに出る事なくデパートに入ります。

あ、高い。

でも可愛いなぁ……

一着だけワンピースを買いました。

今月は、少し節約しないと……

……香水とかも買ってみようかな。

次Pさんと会う時に、褒めて貰いたいから。

智絵里「…………ぁ……」

壁に貼られたポスターには、見慣れた顔が二人分。

大人っぽいなぁ、加蓮ちゃんもまゆちゃんも。

……加蓮ちゃん、どうなったのかな……

あれから、ずっと音沙汰ないけど……

まぁ、良いですよね。

わたしが言った事、全然信じてくれなかったんだもん。

わたしなんかより、美穂ちゃんを信じたんですから。

そういえば美穂ちゃんは、Pさんに写真の件話してないのかな……

隠してるのかな、あの時みたいに。

わたしが言った事なんて、隠し通せると思ってるのかな。

智絵里「…………っ!」

嫌な事を思い出しちゃいました。

気分が悪くなって、近くにあったソファに座ります。

せっかく気分良くウィンドウショッピングしてたのに。




141: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:20:41.13 ID:ZGZ+MBEPO




……やる事、無いなぁ……

スタバに新作が出てたみたいだから、チェックしに行こうかな。

……わぁ、並んでる……やめておく事にします。

どうしよう……本格的にやる事がなくなっちゃいました。

CDショップ行こ。

……外が暑いの、忘れてました。

建物から出るのは諦めて、色んなフロアを巡る事にします。

あ、地下から色々な場所に行けるんですね。

地図を見ると、まるで迷宮です。

迷子になりそうです。

迷子になりました。

智絵里「……駅、どっちの方かな……」

周りの人に道を尋ねる勇気はありません。

暑い地上に出て大まかな現在地を確かめる勇気もありません。

仕方なく地図を頼りに、行ったり来たりする事にしました。

おかげで、駅に辿り着いた頃にはもう夕方です。

これなら地上に出ても良かったかな……あ、暑い、多分良くありませんでしたね。

智絵里「……あ、Pさんに返信しないと……」

ホームで電車を待ってる間に、ラインを送ります。

『分かりました』

既読は直ぐに付きました。

『すまん、また今度声掛けるから』

……えへへ。

Pさんの方から声を掛けて貰えるなんて、楽しみです。

最後にちょっぴり、良い事がありました。

ピロンッ

『あ、今更だけど大丈夫そうだ!今から〇〇って駅に来れるか?』

っ!

喜びで心が舞い上がります。

『はいっ!二十一時頃には着くと思います!』

『車で向かうから。ちょっと分かりづらいかもしれないが〇〇裏の駐車場で待ち合わせで』

……えへへ。

新しいワンピース、買って良かったです。

すぐに、一番最初にPさんに見せられるなんて。

一回駅を出て、さっきのデパートの試着室で着替えてさせて貰って。

約束の駅に、わたしは向かいました。





142: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:21:39.31 ID:ZGZ+MBEPO





智絵里「なんでもへーき、あなたがたーだ」

駅に着いたわたしは、気分良く歌を口ずさみながら歩きました。

この時間になると、もうお昼程の暑さはありません。

吹き抜ける夜風が心地良くって、なんだか楽しくなってきました。

この後、Pさんと二人っきりになれるから。

それも、Pさんの方から声を掛けてくれたから。

二人だけの秘密のキスを重ねて、あの時伝えられなかった想いを何度も伝えて。

今のわたしは、もう。

きっと、弱くなんて無いから。

弱いまま、隠したままの美穂ちゃんよりも。

今からでも、わたしの事を選んでくれれば良いのに。

そして、約束の駐車場に着きました。

……あの時、もし……

空を見上げながら、考えたく無い事を考えちゃいます。

…………もし、わたしが……

空には、大きな月が浮かんでて。

智絵里「……わたしが、ちゃんと……」

月が、雲に隠れた時。

ブォォォォン

駐車場に、大きな車が入って来ました。

時刻は二十一時半前。

Pさんかな。

待ち遠しくてわたしがその車に近付くと、何人かの男の人達が降りて来ました。

大学生ぐらいかな……

残念だけど、人違いだったみたいです……

がっかりして、駐車場の入り口に戻ろうとして。




143: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:22:21.53 ID:ZGZ+MBEPO




ガシッ!

智絵里「えっ……きゃっ?!」

わたしの腕が掴まれて。

何が何だか分からないうちに、車に引き込まれました。

智絵里「な、なんですか……っ?!」

必死に腕を振り回して抵抗します。

でも、男の人四人がかりに勝てる訳なんて無くて。

すぐ、押さえ付けられちゃいました。

智絵里「た、助けっ」

口にガムテープが貼られて、叫び声もあげられなくなって。

焦りでどうすれば良いのか分からなくって。

必死に身体を捩らせても、全然動けません。

智絵里「んんーー!んーーっ!!」

ニヤニヤしながら見下ろしてくる内の一人が、わたしのワンピースを捲り上げ様としました。

バタバタさせようとしても、足も押さえ付けられています。

助けて……助けて、Pさん……!

いや……こんな……

なんとか片腕だけ動かして、カバンの中に手を入れて。

こっそり、Pさんに電話を掛けました。

お願いだから……出て……!

助けて……助けて!!




144: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:22:49.74 ID:ZGZ+MBEPO





通話が繋がりました。

智絵里「んー!んんー!んーーっ!!」

必死で、呻きました。

李衣菜『もしもーし』

…………え?

李衣菜……ちゃん……?

どうして……

P『楽しんでるぞー!』

李衣菜『あはは』

なんで……Pさんと李衣菜ちゃんが一緒に居るの……?

Pさん、わたしと二人で会う約束して……

…………あ……

……わたし、最初から騙されて…………

智絵里「……うっ……ゔぅぅ……っ!」

李衣菜『あ、泣き真似してる』

P『あっははは、泣け泣けー!』

智絵里「ゔぅぅぁっ!うぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!」

信じてたのに……!

Pさんと李衣菜ちゃんだけは!

わたし、信じてたのに!

李衣菜『ばいばーい!まったねー』

通話も切られました。

誰かに助けて貰う事も、助けを乞う事も出来なくなって。

男の人が、わたしの身体に手を伸ばして来ました。

もう、抵抗する気もありません。

…………味方だと思ってたのに。

信じてたのは、わたしだけだったのかな……

そして、わたしはーー








145: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:23:57.10 ID:ZGZ+MBEPO





まるで永遠に続くんじゃないかな、って思っちゃうくらい。

そのくらい地獄みたいな時間が、終わりました。

智絵里「…………ぅ……ぁ……」

車から放り出されて、わたしはなかなか立ち上がる事も出来なくて。

智絵里「…………P……さん……」

なんとかボロボロになったワンピースを整えました。

智絵里「……Pさんに……見て貰いたかったのに……」

せっかく可愛いワンピースを買ったのに、ボロボロになっちゃったな……

……でも、もう。

Pさん、きっと会ってくれないよね。

だってPさんは、わたしの事なんて……

裏切られても、隠されても。

諦めさせられても、信じて貰えなくても。

それでも、Pさんと李衣菜ちゃんだけは。

わたしにとって、大切な……

智絵里「…………もう……いい、かな…………」

なんとか立ち上がって、わたしは駅に向かいました。

周りの人の視線なんて、もう気になりません。

ホームには、沢山の人がいました。

そのみんなが、仲良く楽しそうに喋ってて。

そんな中、わたしは一人で。

誰にも、誰とも話す事が出来なくって。





146: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:24:28.30 ID:ZGZ+MBEPO



智絵里「……おねがいしょーうみー、みていてずーっと」

遠くから、電車が来る音が聞こえました。

「なぁ、あの人ってさーー」

「あ、確かMasque:Radeのーー」

Masque:Rade

わたし達五人の、アイドルユニット。

……懐かしいな。

結成したての頃は、ギスギスしたりもしたけど。

わたしが足を引っ張っちゃう事があったけど。

みんなが、わたしを励ましてくれて。

Pさんが、わたしを支えてくれて。

だから、わたしは……

スマホケースの裏には、Pさんがくれたわたし達の写真。

部屋に飾るなんて悔しくて出来なかったけど、捨てる事も出来なくて。

智絵里「うぅ……また、戻りたいな……っ」

涙が止まってくれません。

さっきは全然出なかったのに。

今になって溢れて、零れて。

結局わたしは、信じる事をやめられなかったんです。

弱いから。

あの楽しかった日々が、大切だったから。

わたしにとって、みんなは……

電車が、ホームに入って来ました。

快速なので、この駅は通過するみたいです。

スピードを落とさずに一直線に。

それはまるで、わたしに向かって進んで来るみたいで。

智絵里「……うん……わたし達は……」

だから、全部を失くしちゃったけど。

今からでも。

夢でも良いから。

もう一度、やり直す為に。

わたしは一歩、前へと踏み出しましたーー









147: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:24:55.12 ID:ZGZ+MBEPO








美穂『気にしなくて良いよ?だってほら!わたしたちは……』

智絵里『わたし達は…………?』

不安だったけど。

怖かったけど。

その先の言葉で、裏切られるんじゃないかなって。

そんな風に、怯えてたけど……

美穂『……お友達だもんっ!』

……お友達。

そっか……うん。

安心して、涙が出そうになっちゃって。

美穂ちゃんが、そう言ってくれたから。

わたしは、信じられるって。

そう、思ったから。

智絵里『わたしも、美穂ちゃんと……これからもずっと、お友達でいたいな……!』









148: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:25:56.66 ID:ZGZ+MBEPO






七月二日、月曜日。

つまり、お仕事がある日。

あともう十時間くらい寝てたい気持ちを抑えつけて、俺は身体を起こした。

……あぁ、そうか。

昨晩も、家に帰らなかったんだな。

美穂からの連絡は無い。

まぁでも、帰れないから李衣菜の家に泊まるってラインしてあるし大丈夫だろう。

李衣菜「んんぅ……あと十分……」

P「……遅刻するぞー」

李衣菜「……ふぁぁぁ……おはようございます、Pさ……えっ?」

P「ん?」

李衣菜「なっ、なななっ!なんでPさんが?!えっ、強盗ですか?!ギターだけは盗まないで下さい!!」

P「いや……盗まないよ……」

李衣菜「……お、襲ったり……」

P「しないから。って言うか李衣菜が泊めてくれたんだろ」

李衣菜「…………あっ、そうでしたね」

どうやら、ようやく思い出してくれたようだ。

良かった、寝ぼけた勢いで警察呼ばれたんじゃたまったものじゃない。

李衣菜「あ、私まだ化粧してないんであんまり見ないで貰えると……」

P「あーすまんすまん」

デリカシーが無さすぎたか。

……さて。

今日は月曜日だし、事務所行かないとな。

P「俺で良ければ何か作るけど、どうする?」

李衣菜「あー、私朝食べないんで結構です」

P「じゃあ俺も抜きで良いか」

そんなにお腹すいて無いし。

P「んじゃ、俺は行かないとな。お邪魔しました」

李衣菜「またいつでも来て下さいね!」

P「そのうち美穂とお邪魔するよ」

李衣菜「了解っ!」





149: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:26:37.54 ID:ZGZ+MBEPO




事務所に着いて扉を開くと、既にちひろさんとまゆが居た。

そのどちらもが暗い顔をしていて。

……なんだか最近の朝、いつもこんなんだな。

それも、仕方の無い事か。

加蓮、今日も来てないな……

P「……おはようございます、ちひろさん」

ちひろ「……あ、おはようございますプロデューサーさん」

P「……何かあったんですか?加蓮から連絡とか……」

ちひろ「……いえ、そうではなく……」

……あぁ、もう。

嫌な予感しかしないじゃないか。

今度はなんだ、智絵里絡みか?

あいつがまた誰かに写真を送ったのか?

P「……智絵里から、何かあったんですか?」

ちひろ「はい……正確には、智絵里ちゃんに、ですが……」

はぁ……

俺は大きくため息を吐いた。

なんなんだ、智絵里の望みは。

今度は何をしたって言うんだ……

ちひろ「……落ち着いて、聞いて下さい」

P「はい」

ちひろ「…………昨晩、〇〇駅で……」

〇〇駅。

『〇〇駅でお客様と列車が接触し、安全確認の為に現在運転を見合わせております』

昨晩の駅内放送を思い出した。

何か、トラブルに巻き込まれたんだろうか。

……現実は、そんな甘い考えを許してくれる程優しくなかった。

ちひろ「……智絵里ちゃんが」

一旦言葉を止め、大きく息を吸って。

ちひろさんは、続けた。





150: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:27:23.51 ID:ZGZ+MBEPO





ちひろ「……線路に、飛び込んだそうです」

P「……………………は?」

…………智絵里が……?

線路に……飛び込んだ…………?

冗談、だよな……?

ちひろ「……今朝のニュースです。此方を見た方が早いと思います」

ちひろさんに携帯の画面を向けられた。

そこに写っていたのは、とある記事。

事細かく記載された人物の経歴。

その人物の顔写真。

そして、見出しは。

電車への飛び込み自殺。

P「…………これは……本当なんですか……?」

ちひろ「……はい……」

P「……生死は……」

智絵里は、生きているんだよな?

ただ飛び込んだだけで、直ぐ駅員に引き上げられたんだよな?

あるいは緊急停止ボタンのおかけで、ちゃんと電車が止まって……!

ちひろ「……………………」

……沈黙が回答だった。

…………なんでだよ……

何があったんだよ……

せめて、何か相談してくれれば……

P「…………ぁ……」

もしかして、昨日断ってしまったが。

本当は俺に何か相談したい事があったんじゃないだろうか。

思い詰めてたんだろうか。

話したい事があったんじゃないだろうか。

俺に、何か言おうとしていて……

……なのに、俺は……




151: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:28:18.82 ID:ZGZ+MBEPO


P「っゔぅっっ!っふぅーっ!ふー……っ!」

ちひろ「大丈夫ですか?!プロデューサーさん!」

込み上げる吐き気を何とか抑え込んだ。

身体中に意味不明な倦怠感が襲い掛かる。

息が荒くなり、脳の中もグッチャグチャになっていた。

もし、俺が智絵里と会っていたら。

彼女がそんな事を図ろうとなんてせずに……!

P「…………俺の……せいだ……」

机から腕がずり落ちた。

それを再度あげる元気も余裕もない。

俺のせいだ……

俺が……智絵里を……

P「お、俺が……智絵里と会ってれば……っ!!」

ちひろ「落ち着いて下さい!」

P「昨日っ、あいつと本当は会う予定だったのにっ!もし会って話を聞いていれば!!」

俺のせいで……俺のせいで!!

まゆ「Pさん!落ち着いて下さい!!」

そんな、発狂しそうになっていた俺の頭を。

まゆは、抱き締めてくれた。

まゆ「Pさんのせいじゃありません。Pさんは、何も悪くありません……」

P「……まゆ……」

まゆ「……ちひろさん、すみませんがまゆとPさんの二人にして貰えますか?」

ちひろ「……お願いします、まゆちゃん」

バタンッ




152: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:28:57.27 ID:ZGZ+MBEPO




ちひろさんが出て行った後、まゆは言葉を続けた。

まゆ「……Pさん、一人で抱え込もうとしないで下さい……Pさんは何も悪くないんですから」

P「でも……もし俺が……」

智絵里と、話していれば……

あいつは、もしかしたら思い止まってくれたかもしれないのに……

まゆ「……もしかしたら……智絵里ちゃんなりの罪滅ぼしかもしれません」

P「…………罪滅ぼし……?」

まゆ「智絵里ちゃんがしてきた事は、許される事ではありません。美穂ちゃんも、加蓮ちゃんも、Pさんも。みんな辛い思いをしてきましたから」

P「…………それは……」

まゆ「その事の重さに、きっと智絵里ちゃんも耐えられなかったんです。智絵里ちゃんは……優しいですから」

だからって……

そんな方法じゃなくたって……

まゆ「そしてきっと、自分にとって一番勇気が必要な方法で贖おうとしたんだと思います」

自分にとって、一番勇気が必要な方法……

……どんな気持ちだったのだろう。

きっと、怖かった筈だ。

何度も、目の前で通り過ぎる電車を見て震えた筈だ。

それなのに、最後は。

彼女は、自分から……

まゆ「……憶測ですから、智絵里ちゃんが本当はどんな事を考えていたのかは分かりません。ですが、かつては臆病だった智絵里ちゃんは勇気を出したんです」

P「……智絵里……」

まゆ「……ですから……Pさんは、何も悪くありません。彼女が自分で選んで、進んだ道ですから」

P「……でも、もし……」

まゆ「……気分が晴れない様なら、こう考えてみませんか?『もし智絵里ちゃんと会っていたら、彼女の背中を押したのは自分の言葉になってしまっていたかもしれない』と」

…………確かに。

もしそうなっていたとしたら、果たして俺は耐えられただろうか。

勿論、だから会わなくて正解だったと納得する事も出来ないが。

こうしてまゆが励ましてくれている事に、心の底から感謝していた。




153: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:29:48.83 ID:ZGZ+MBEPO




P「……ありがとな、まゆ」

本当に。

まゆが居なかったら、俺の心は既に擂り潰されていただろう。

P「ほんと……ありがとう、まゆ……」

今辛いのは、俺だけじゃないんだから。

まゆだってきっと、凄く辛い思いをしている筈だから。

自分のせいだなんだと喚いて迷惑掛ける訳にもいかないな。

まゆ「あ、そういえば……」

思い出した、というように。

まゆ「智絵里ちゃんの事なんですけど……」

P「何かあったのか?」

まゆ「はい、と言ってももう半年以上前の話ですが……」

半年以上前、か……

というと、美穂や智絵里や李衣菜が引退する前後あたりの事だろうか。

まゆ「智絵里ちゃんが呟いてたんです。『美穂ちゃんには、わたしの気持ちを伝えたのに。応援してくれるって言ってたのに……』って」

P「…………それは……」

まゆ「その時は詳しく聞けなかったので分かりませんが……もしかしたら智絵里ちゃんは、美穂ちゃんと何かあったのかもしれません」

P「智絵里の、気持ち……」

果たしてそれは、どんなものだったのだろう。

美穂に伝えて、応援して貰う約束だった気持ちというのは……

……いや、分かってる。

智絵里の気持ちは、彼女本人から何度も聞いた。

『……わたしも……!Pさんの事が大好きだったのに……!!』

『ずっと大好きだったのに……それでも諦めようって思って、でも諦められなくて……!』

思い出して、また心が締め付けられた。




154: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:30:21.02 ID:ZGZ+MBEPO




色々あったが、それでも智絵里が嫌いな訳じゃなかった。

だって、ずっと一緒に頑張ってきたんだから。

そんな彼女は、もう…………

P「っ!っふー……ふー……」

まゆ「あっ、ごめんなさい……Pさんが辛い思いをしているのに、思い出させる様な真似を……」

P「あぁ……いや、大丈夫だ」

それ程までに智絵里は、俺と結ばれなかった事を悩んで……

…………待てよ?

智絵里は、美穂にその想いを伝えていた?

美穂は、智絵里の想いを知っていた?

応援すると約束していた?

その上で、美穂は……

……いや、そう判断するのは早計だ。

まだ智絵里が何を伝えたのか決まった訳じゃ無い。

ならば一度、美穂に聞いて……

P「……なんて聞きゃ良いんだよ……」

『なぁ美穂、お前智絵里が俺の事好きって知ってたのか?』……なんて聞ける訳が無い。

だが美穂が何かを知ってたのであれば、出来れば俺も知っておきたかった。

智絵里が思い悩んでいた理由。

智絵里がそこまで踏み切った理由。

……俺は何故それを知ろうとしているんだろう。

自分のせいじゃないと自分に言い聞かせる為か。

俺にとって、智絵里は大切な仲間だったからか。

……どっちもだろうな。

まゆ「……何かあったら、まゆに相談して下さいね?」

P「……あぁ」

帰ったら一度美穂に話を聞こう。

聞いてどうなる訳じゃ無いし、下手したら関係に亀裂が入ってしまうかもしれないが。

何度も裏切った俺が言えた事じゃないが。

それでも俺は、美穂を信じているから。






155: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:31:12.23 ID:ZGZ+MBEPO







アパートの前で大きく深呼吸。

鍵は既に外してある。

あとは、ドアノブを回してドアを引くだけだ。

P「……ふー……」

よし。

ガチャ、っとドアを開けた。

P「ただいまー美穂」

美穂「あっ、お疲れ様ですPさんっ!」

エプロン姿の美穂が、笑顔で出迎えてくれた。

リビングの方から良い香りがする。

夕飯、丁度作ってくれてるとこだったのかな。

美穂「もう、二日も帰ってこないなんて寂しいですよっ!」

P「すまん、仕事だったり……電車が止まっちゃったりしてさ」

美穂「もう……はい、お帰りなさいなさいの約束です」

P「おう」

ちゅ、っと。

軽く唇を重ねる。

美穂「えへへ……お帰りなさい、Pさん」

P「あぁ、ただいま美穂」

美穂「お夕飯作っちゃってるんですけど、食べられますか?」

P「もちろん。ありがとな、美穂」

美穂「もうすぐ出来ますから、まってて下さい」

P「ん、なら俺も手伝うよ」

ここ数日は帰ってこなくて家事全部任せちゃってたし。

俺も家に居る間は出来る限り協力しないと。

美穂と並んでキッチンに立つ。

こうして幸せな時間を、どれだけ重ねて来ただろう。

あの日から二人で暮らし始めて。

何事もなく幸せに暮らすものだと思っていた。

平凡じゃ無くてもいいから、平和に暮らしたかった。




156: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:31:44.17 ID:ZGZ+MBEPO





美穂「出来ましたっ!」

P「おう、んじゃ運ぶから」

出来上がった料理を皿によそって、テーブルに運ぶ。

……さて、と。

美穂「それでは」

P「……なぁ、美穂」

その前に。

聞いておきたい事があって。

美穂「……?どうかしましたか?」

キョトンとした様に首をかしげる美穂。

それに対して、俺は……

P「……ビール、飲むか?」

美穂「ふふっ、まだ月曜日ですよっ?」

P「お前毎週飲んでただろ」

……結局、切り出せなくて。

ビール飲んで、お互い少し酔ってからの方が話しやすいよな。

冷蔵庫から500mlの缶を二本取り出す。

P「それじゃ、改めて」

美穂・P「「かんぱいっ!」」





157: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:32:16.92 ID:ZGZ+MBEPO





P「っふぅー……ご馳走さまでした」

美穂「お粗末様でした。もう一本飲みませんか?」

P「いやもうお前三本飲んだだろ」

美穂「四までは四捨五入で0だったり……」

P「しないから」

お互い丁度良い感じに酔えたし。

これなら多分、話せそうだ。

美穂「お風呂、どうしますか?」

P「ん?どうって……入るけど?」

美穂「……ええっとですね!その!ここ数日はご無沙汰だった訳ですから……そのっ!誰かと一緒にお風呂に入りたくなりませんかっ?!」

P「……いや、今夜は……」

美穂「…………だめ、ですか……?」

P「……だめじゃないけど」

また、言えなかった。

言える訳が無い。

美穂を悲しませる様な事なんて、したくない。

せっかく笑顔なのに、それを自分のせいで曇らせるなんて出来ない。

美穂「え、えへへ……それじゃ、お湯沸かしますねっ!」

美穂がお湯を沸かしに行った。

……今夜は、話を聞くのは無理そうだな。

うん、仕方なかった。

話をする様なタイミングが無かったんだから。

お風呂の湯が沸くまで、皿洗いしつつのんびりテレビでも見て待ってるとしよう。

美穂「あ、わたしが洗いますよ?」

P「いや、良いって。俺がやるよ」

美穂「Pさんはお仕事でお疲れでしょうから、運ぶのだけお願いします」

P「おっけ、ありがとな」

食べ終えた食器を流しに運んで残ったものを冷蔵庫にしまい、ソファに座る。

テレビ、この時間だと何やってたかな……




159: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:34:15.02 ID:ZGZ+MBEPO





P「…………あ……」

タイミングが悪過ぎた。

なんだってチャンネル変えたタイミングで……

『昨夜、午前0時頃。〇〇駅で元アイドルの緒方智絵里さんがーー』

たまたまやっていたニュース番組で、智絵里の件が報道されていた。

その日のハイライト的なコーナーらしくすぐ別の内容に変わったが、当然美穂もそれを観ていて……

P「……なぁ、美穂」

……いや、もうこれ以上逃げ続けるなという事なのだろう。

俺は意を決して、美穂に話を切り出した。

美穂「えっ、どうかしましたか?」

P「…………智絵里が、さ…………」

美穂「智絵里ちゃんが……?どうかしたんですか……?」

あぁ。

今朝、ちひろさんはこんな苦しい思いで俺に伝えてくれたのか。

何があったのか、何が起こったのか。

ただ事実を述べるだけなのに、こんなにも苦しくなるなんて。

今すぐにでも話題を変えたくなる。

……でも……

P「……智絵里が、亡くなったんだ」

美穂「え……智絵里ちゃんがですか?!」

P「……あぁ。自殺、らしい……」

自殺。

たった一つの単語が、あまりにも重過ぎた。

P「……もしかしたら知ってたかもしれないけどさ……」

美穂「智絵里ちゃんが…………そんな……」

P「……俺も信じられなかったさ」

美穂「……なんで……智絵里ちゃん、何があったのかな……」

P「……分からない……」

美穂「あんなに優しくて良い子だったのに……」

…………優しくて……良い子……?

いや、それを俺が否定する訳じゃ無いが。

美穂が、美穂の立場でその言葉が出てくるって……




160: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:34:48.28 ID:ZGZ+MBEPO





P「……なぁ、美穂。智絵里は最近……いや以前からでも、何か悩んで無かったか?」

美穂「……分かりません……智絵里ちゃんとは全然連絡取れて無かったから……」

P「……そうなのか……?」

美穂「はい、智絵里ちゃん色々忙しかったみたいで……」

智絵里から、写真を送られたんじゃ無かったのか……?

……俺から、言わなきゃダメなのか……?

美穂「寂しいな……智絵里ちゃん、どうして……」

P「……半年前とか、一年前くらいに……智絵里は何か悩んでなかったか?」

美穂「……分かりません……智絵里ちゃん、何か悩んでたんですか……?」

P「あぁいや、何かあったのか気になっててさ」

美穂「……相談してくれたら良かったのに……わたし達、お友達だったんだから……」

P「…………なぁ、美穂。最近智絵里から」

美穂「Pさんっ!!」

美穂に、言葉を遮られて。

振り返れば、美穂は涙を……

美穂「……少し……っ、心を整理する時間を貰えませんか……っ?」

P「……あ……すまん、美穂」

あまりにも、気が利かな過ぎた。

俺だってあんなに悲しんだんだ。

美穂だってショックに決まってるよな……




161: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:35:36.95 ID:ZGZ+MBEPO


……だから。

……なのに。

……なんで、そんなに泣いて、辛そうな顔をしながら。

普通に皿洗いを続けられるんだ?

明日の朝食の準備なんて出来るんだ?

P「……皿、俺が洗うよ」

美穂「あ、いえ、大丈夫ですっ!Pさんはゆっくり休んでいて下さい。この後は頑張って貰いますからっ!……えへへ……」

あまりにもいつも通り、平然とし過ぎていて。

悲しそうな表情とは掛け離れ過ぎた言葉と動作に、寒気を覚えた。

美穂……お前、本当は……

いや、それでも。

正直もう全部忘れて、いつも通りの日常に戻りたかったけど。

P「……なぁ、美穂」

……美穂を、信じたかったから。

P「……智絵里から、さ……写真とか送られて来なかったか……?」

ついに、聞いてしまった。

俺は、なんて答えて貰いたいんだろうな。

智絵里が美穂にあの写真を送ったのは、きっと本当だろう。

なら、なんで聞いてしまったんだろう。

怒られたいんだろうか、失望されたいんだろうか。

全てを知られた上でも、許して欲しいんだろうか。

俺はあまりにもワガママで。

けれど、それでも。

もう、逃げ続けるのは止めようとして……

美穂「……え?写真、ですか……?智絵里ちゃんからそんなラインは来てないですけど……」

P「…………えっ?」

美穂「何かあったんですか?」

P「……いや、智絵里がそんな感じの事を……」

美穂「来てないですけど……なんだろ?智絵里ちゃんが取り消したのかな」




162: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:37:35.91 ID:ZGZ+MBEPO




……踏み込むべきか?

引き退るなら、きっとここなのだろう。

美穂を疑うなんて、そんな事したくないが……

P「……取り消しなら、相手が消したっていう履歴が残るよな」

美穂「…………そうでしたねっ!じゃあ違うのかな……?」

P「……なぁ」

美穂「あっ、もうすぐお風呂が沸くと思います。パジャマ持って来ないと……」

P「……美穂は、知ってたのか……?」

美穂「何がですか?」

P「……智絵里が……俺の事を、その……」

好きだったという事を知ってどうするんだよ。

過去の事を掘り返してどうするんだよ。

知って、だからなんなんだよ。

美穂に言わせて、何がしたいんだよ。

……分かってる。

安心したいんだ。

俺は、美穂なら信頼できる、って。

そう、思いたいんだ。

美穂「ねぇ、Pさん」

P「…………なんだ?」

いつも通りの、笑顔で。




163: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:38:04.70 ID:ZGZ+MBEPO




美穂「何も知らないフリして、いつも通り幸せに暮らした方が良いと思いませんか?」

そう、教えてくれた。

…………あぁ、そうか。

美穂は、全部知ってたんだな。

俺が加蓮と浮気していた事も。

智絵里が、俺に想いを向けていた事も。

もしかしたら、俺と智絵里の関係まで。

なのに、ずっと知らないフリしていつも通りに接してくれて。

……俺だって知ってる。

知らないフリをして、知っている事を隠して、無かった事にして。

その方がずっと楽だし、誰も傷付かないって事を。

なによりも、今の幸せを手放さずに済むって事を。

……そうか……

俺はこれから、ずっと。

全部を隠した事にして、美穂と暮らしてゆくのか……

お互いに、隠し続けて……

ぴー、ぴー、ぴー

美穂「さ、Pさんっ!お風呂も沸きましたし、一緒に」

耐えられなかった。

今までの全てが、偽物の様な気がした。

俺を抱きしめてくれた事も、励ましてくれた事も。

他の誰かと身体を重ねて、どんなに帰りが遅くなっても、待っててくれて。

それは、全部ばれていて。

その上で、ただ気付かないフリをして。

今を壊さない為に、ひたすらに知らない事にして。

それをこれからも、ずっと続けていかなきゃいけないなんて。

自分勝手な事だって分かっている。

それでも。

これからずっと向き合えず、怒られる事も見放される事も許される事も出来ないなんて。

だから、俺は……

P「ごめんっ、美穂……っ!」

美穂「えっ、あっ……Pさん……っ!」

鞄片手に、家を飛び出した。








164: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:39:34.28 ID:ZGZ+MBEPO





きー、こー、きー、こー

夜の公園にブランコの揺れる音が響いた。

公園のブランコに乗るなんて、いつ以来だろうか。

……公園以外にブランコってあるのか?なさそう。

あと先月あたり、仕事終わった後加蓮に付き合わされた気がするな。

そんなに久し振りでも無かった。

まぁ、今後加蓮と二人で公園に来る機会なんて訪れないんだろうけど……

スマホを見れば、既に日付は回って七月三日の火曜日。

通知は一件、美穂からのライン。

『お風呂、沸いてます』

いつもだったら、きっと喜んでいた筈なのに。

遅い時間に帰ってもまだ待っててくれてるなんて、と美穂に感謝した筈なのに。

あんな事があった直後にも、こんなにもいつも通りの連絡を送ってくる美穂が。

今は、怖かった。

きっともう美穂のなかでは無かった事にしたんだろう。

さっきの会話なんて忘れて、いつも通り振る舞おうとしているんだろう。

今俺が帰れば、そのまま二人でお風呂に入って日常に戻れるんだろう。

……そんな事、俺には出来ないって……

P「…………はぁ……」

ただ、家を飛び出したは良いが。

P「……どうすっかなぁ……」

行くあても無ければ、今後どうするかも決まっていない。

取り敢えず今夜は漫画喫茶にでも泊まるとして……

ぶーん、ぶーん

美穂から、通話が掛かってきた。

出るのは、正直怖い。

でも、明らかに非は此方にある。

きちんと謝るだけでもしておきたいから……




165: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:40:04.78 ID:ZGZ+MBEPO



P「……もしもし、美穂」

美穂『あ、お疲れ様ですPさんっ!今夜は帰って来れそうですか?それともお仕事で帰って来れな』

ピッ

あまりにも恐ろしくて、俺は反射的に通話を切った。

手に力が入らずスマホが地面に落ちる。

それを拾う余裕すら無く、俺はただ震え続けた。

知らないフリをしていれば、バレなければ。

そう考えていた過去の俺を本気で殴りたくなった。

こんなにも辛い事だと思わなかった。

分かってはいるんだ、俺が悪いって事くらい。

元はと言えば、俺が……

……それでも、俺のせいだと分かっていても。

全てを背負うには、重過ぎた。

美穂と向き合えなくなってしまった。

加蓮が事務所に来なくなってしまった。

智絵里と、もう二度と会えなくなってしまった。

もしその全てが、俺のせいだったら……

P「くそ……っ!」

誰かのせいになんてしたくない。

誰かのせいに出来る程、俺は器用じゃない。

それでも、余りにも……失った物は重く、大き過ぎた。

P「……あ……」

そうだ。

いるじゃないか、一人だけ。

全てを知った上で、それでも俺を許してくれる人が。

何があっても俺の味方でいてくれる人が。

何があっても、全てを許して『Pさんは悪くない』と言ってくれる人が。

急いでスマホを拾い上げ、通話を掛ける。

プルルルル、プルルルル

今の時間を思い出して、流石に悪いと思ったツーコール目で。

まゆ『はい、こんばんは。貴方のまゆです』

P「……まゆ…………っ!」

たった一人の心の支えは、今回も直ぐに助けに応じてくれた。





166: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:40:43.83 ID:ZGZ+MBEPO



まゆ『……成る程、そんな事が……』

こんな遅い時間にも関わらず、つっかえながらの説明になったにも関わらず。

まゆは、じっと俺の話を聴いてくれた。

P「あぁ、分かってるんだ。俺が悪いって事くらい」

まゆ『いえ、Pさんは悪くありません。大丈夫ですよぉ、まゆはいつでもPさんの味方ですから』

……あぁ、良かった。

まゆなら、きっとそう言ってくれると信じていた。

まゆ『ところで、Pさんは今夜は何処に泊まるんですか?』

P「適当な漫画喫茶にでも泊まろうと思ってたけど……」

まゆ『むっ、そんな場所じゃしっかりとは休めませんよぉ』

P「いや、そうは言われてもだな……今から事務所の仮眠室っていうのも……」

まゆ『でしたら……よければ、まゆのお家に来ませんか?』

P「…………え?」

まゆ『身も心もお疲れみたいですから、安心出来る場所でゆっくり休んだ方が良いと思います。いえ、思うべきです!』

そこは休むべきでは無いのか。

っていうかおいおい。

P「ダメだろ」

まゆ『ダメじゃないですよぉ!』

いやダメだろ。

まゆ、お前アイドルだからな?

流石に家にあがるのは……

まゆ『まゆのマンション、外からは見辛い作りになってますから。特にまゆのお部屋はいんびじぶるですよぉ』

透明な部屋、それはそれで問題な気もする。

身も心も休まらなそうだ。

まゆ『ごほんっ……Pさんが辛い時、まゆが何も出来ないのは嫌なんです。Pさんの力になりたい……まゆの願い、叶えてくれますよね?』

P「……そこまで言ってくれるなら、そうだな……お願いしてもいいか?」

まゆ『はい、喜んで。地図は貼りますから、着いたらまた連絡をお願いします』

ピッ

……まゆに、甘え過ぎだよな。

それにまゆも、男性を家にあげるのがどれだけ危険か……それくらいは分かってるか。

だとしたら、相当俺は信頼されてるんだろう。

さて、と。

それじゃ、終電が無くならないうちに。

コンビニで肌着だけ買って、まゆの住むマンションに向かうとしよう。





167: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:41:11.31 ID:ZGZ+MBEPO




P「おじゃ」

まゆ「まゆですよぉ!」

まゆの部屋の扉が開くと同時に、なんか飛び出して来た。

ちょっと一瞬回れ右したくなった。

P「……こんばんは、佐久間さん」

まゆ「……まゆですよぉ……」

P「……まゆ」

まゆ「はぁい、貴方のまゆです」

ニッコニコの笑顔で部屋に迎え入れられた。

まゆが寮を出て一人暮らしを始めて、何年経ったっけか。

小綺麗に纏まった部屋の印象は……あれだ、小学生の頃そこそこ金持ちの友達の家に行った時のあれ。

掃除が行き届いてて、カーテンにシワがなくて、キッチン周りも片付いていて。

まゆ「ジロジロ見るなら感想を求めますよぉ」

P「まゆだなーって感じ」

まゆ「……褒めてるんですかぁ?」

P「綺麗だなって事」

まゆ「えっ、あっ、き、綺麗……ですか……照れちゃいますねぇ……」

P「……部屋がだよ?」

まゆ「出口は入り口と同じ場所にあります」

P「すまんって」

まゆ「それで……シャワー、浴びますか?」

P「あー、良いか?」

まゆ「はい。良ければまゆがシャワーの使い方を手取り足取りご説明しますよぉ」

P「結構です」




168: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:41:37.82 ID:ZGZ+MBEPO



シャワーを借りた。

お湯の心地良さに一瞬寝そうになる。

着替えた。

……あ。

P「すまんまゆ、下着と靴下入れたいんだけどビニール袋でも貰えるか?」

まゆ「洗濯機に入れておいて頂ければ洗濯しておきますよぉ?」

P「いや悪いし良いって」

まゆ「あら、残念ながらビニール丁度切らしてますねぇ」

P「じゃあさっき買ってきた時のコンビニ袋に」

まゆ「すみません、まゆが切っちゃいましたぁ……」

切らしてるってそういう……なんでさ。

まゆ「というのは冗談ですが……最近は暑くて汗もかきますし、直ぐにお洗濯した方が良いですよ?」

P「んー……じゃ、お言葉に甘えて」

甘え過ぎだ、俺。

……さて。

P「悪かったな、こんな時間まで起きてて貰っちゃって」

まゆ「いえ、Pさんの為とあれば寝不足なんてなんのそのですよぉ。それにまゆも、録画していたドラマを観ていた所でしたら」

P「助かるよ、ほんと」

とは言え男性を部屋にあげるのにネグリジェ姿というのは些か以上にあれな気はするが。

まゆ「それで……美穂ちゃんは……」

P「…………美穂は、多分もう寝てるよ。明日も大学あるし」

まゆ「……そうですか」

あまりその話題には触れたくない、という俺の気持ちを察して退いてくれたまゆ。

本当に、助けて貰ってばかりだ。




169: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:42:10.96 ID:ZGZ+MBEPO





まゆ「お夕飯は済ませたんですかぁ?」

P「あぁ。風呂も借りちゃったし、あとは寝るだけだ」

まゆ「……吐き出したい事、ありませんか?」

P「……ありがとう」

そこまで、分かってくれるなんて。

話したい事はいくらでもあった。

聞いて欲しい事が沢山あった。

きっと、まゆなら。

全部受け止めて、その上で許してくれるから。

まゆ「では」

P「あぁ」

まゆ「ベッドに行きますよぉ」

P「えなんで?」

なんでそうなった?

まゆ「身体を休めないと、明日のお仕事に響きますよ?」

P「いや、まぁそうだけど」

まゆ「言い忘れてたんですが……まゆの家、ベッド一台以外にお布団が無いんです」

P「……ソファで」

まゆ「身体が休まるんですか?」

P「結構事務所のソファで仮眠するからさ」

まゆ「ここは事務所ではありません」

P「そうだけど……」

まゆ「言ったはずです。Pさんにゆっくりと休んで貰いたい、って」

P「……いいのか?まゆは」

まゆ「まゆは気にしませんから」

P「……それじゃ、悪いけど」

まゆに連れられて寝室へと向かう。

こちらもまた綺麗な部屋とベッドだった。




170: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:42:57.26 ID:ZGZ+MBEPO



まゆ「さ、どうぞ」

P「あ、はい」

そう言われて、俺はベッドへと潜り込んだ。

冷房が少し強いのか肌寒いくらいだ。

掛け布団を掛けると、冷たい布団が心地よい。

まゆ「……落ち着きますか?」

P「……まあ、な」

嘘だ。

落ち着ける訳がない。

同じ布団に、まゆが居るのだから。

反対側を向いているから視界には入っていないが。

こんなに近くに、ネグリジェ一枚の女性がいて落ち着ける訳がない。

まゆ「……うふふ、まゆもです」

まるでお見通しと言わんばかりに、まゆは笑って。

俺を背後から、抱き締めて来た。

まだ肌寒いからだろうか。

まゆから伝わるやさしい温もりが、とても心地良かった。

P「……色々、有り過ぎたよ」

今、こうして落ち着いて寝転んでいるのが奇跡だと思ってしまうくらい。

ここ一ヶ月、色々とあった。

まゆ「……ですねぇ。Pさん、とってもお辛いと思います」

P「……なんでだろうなぁ……最初は、全部上手くいってると思ってたんだ」

まゆ「まゆも、美穂ちゃんとPさんは上手くいってると思っていました」

美穂と、なぁ……

俺も、上手くいくと思っていた。

これからもずっと、幸せに過ごせると思っていた。

それを先に壊したのは、俺の方で。




171: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:43:34.73 ID:ZGZ+MBEPO




なのに、俺は……

P「……耐えられなくて逃げ出したんだ……」

まゆ「……それは、Pさんが弱いからじゃありません」

P「怖かったんだ……これからもずっと、って考えると……」

まゆ「……大丈夫です。まゆは全部、受け止めますから」

ぎゅぅぅ、っと。

抱き締める力を強くするまゆ。

柔らかな感触が、薄い生地二枚越しに伝わってきて。

P「……まゆなら……」

もし、まゆが俺を選んでくれていたのなら。

もし俺が、最初からまゆを選んでいたのなら。

こんな思いは、せずに済んだのかな……

まゆ「……今からでも、遅くありません」

優しい声が、背後から聞こえてきた。

P「……え?」

まゆ「ねぇ、Pさん。こっちを向いて下さい」

まゆに言われた通り、身体をまゆの方に向けると……

まゆ「んっ……」

ちゅ、っと。

唇に、唇が重ねられた。

目の前には、笑顔のまゆ。

その頬は、うっすらと紅く染まっていて……

まゆ「……Pさんさえ良ければ……まゆと一つになりませんか?」

P「えっ、それは……」

まゆ「……まゆは、貴方の事が大好きです。昔からずっと、今も変わらず……ですから」

まゆ「全てを忘れる事は出来なくても。全てを無かった事には出来なくても」

まゆ「今からでも、遅くはありませんから」

まゆ「……まゆと、一から始めてみませんか……?」

P「……あぁ……」

嬉しくて、優しさが温かくて。

よっぽど俺は、ギリギリの精神だったんだろう。

溢れる涙が、抑えられなかった。

まゆ「……うふふ……ありがとう、Pさん」

そんな俺の頭を、まゆは抱き締めてくれて。

きっと、上手くいく。

そんな気がして。

P「…………まゆ」

まゆ「はい、Pさん」

俺たちは、もう一度唇を重ねた。







172: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:44:39.65 ID:ZGZ+MBEPO




まゆ「うふふ……おはようございます、Pさん」

朝、まゆの声で目を覚ます。

ゆっくりと目を開けば、目の前にはまゆが居た。

……あぁ、そうか。

俺は昨晩、まゆと……

P「……おはよう、まゆ」

まゆ「まだ寝ぼけてますかぁ?」

P「ん、いや。大丈夫だ」

リビングの方から良い香りがする。

朝食、作ってくれたんだろうか。

さて、今日も仕事あるしさっさと起きて支度しないと。

まゆ「あ、Pさん。起き上がる前に……」

P「ん……?」

ベッドの脇に腰掛けたまゆが、ゆっくりと顔を近付けて来て。

ちゅっ、っと唇を重ねてきた。

まゆ「うふふ、お目覚めのキスなんて夢みたいです」

P「……普通は逆じゃないのか、こういうの」

恥ずかしくて、つい茶化してしまう。

まゆ「でしたら、明日はPさんの方からお願いしますね?」

P「……まかせろ。まゆより早起き出来たらな」

あぁ……良いな、こういう朝。

最近は気が滅入る朝ばかり迎えていたからだろう。

こうしてのんびりと会話しながら、穏やかに迎える事が幸せで。

これで良かった、これが正しいんだと改めて思った。




173: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:45:07.43 ID:ZGZ+MBEPO



時間を確認しようとスマホを開く。

P「…………ぁ……美穂から……」

まゆ「……どうかしましたかぁ?」

美穂から、ラインが来ていた。

けれどその内容は、昨晩の事についてではなく。

俺を咎めるでも無く、何処に居るのか尋ねる訳でも無く。

『今夜はお夕飯一緒に食べられそうですか?遅くなりそうなら連絡貰えると嬉しいですっ!』

P「……っ!っぁあぁぁ……っ!!」

なんでだよ……

なんでそこまで、いつも通りに出来るんだよ……!

確かに普段はいつもそんなやりとりをしてたけどさ……

昨日の今日で、なんで……

いつも通りに。

そんな事を考えてる時点で、そう振る舞おうとしてる時点で。

そんなのは、いつも通りなんかじゃない。

そこにもう、日常は無いんだ。

大雨の中、一箇所だけ全く降っていない場所がある様な。

そこだけ時間が止まっている様な感覚。

あんな事があったのに、何もなかったかの様にいつも通りがある。

それはあまりにも不自然で、不気味だった。

まゆ「……Pさん、大丈夫です」

震える俺を、まゆは抱き締めてくれた。

まゆから伝わる温もりが、抱き締めてくれる心地良さが俺の震えを抑える。

まゆ「一度、美穂ちゃんからのラインは非表示にしませんか?Pさんが落ち着いてから、またゆっくりとお話すれば良いんです」

P「……あ、あぁ……そうするか……」

これ以上精神が不安定になると、仕事に支障が出かねない。

今、仕事だけは失敗る訳にはいかないから。

申し訳ないが、美穂とのトークを非表示にした。

まゆ「ふぅ……さ、Pさん。朝ご飯の準備が出来ていますから」

P「ありがとう、まゆ」

顔を洗ってスーツに着替え、用意して貰った朝食を食べる。

美味い、すごく。

温かいご飯に味噌汁、目玉焼きにソーセージ。

そんなごく普通の食卓を、こうして二人で囲んで。

……以前は、それが当たり前だったのに。

いや、これから作り直せば良いんだ。

まゆ「うふふ、夜はもっと腕によりをかけちゃいますっ!」

まゆと、二人で。

また、一から。





174: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:45:39.53 ID:ZGZ+MBEPO




ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん」

P「おはようございます、ちひろさん」

ちひろ「あら……随分と顔色が良くなりましたね」

P「元気の秘訣は毎日の朝ご飯からですからね」

ちひろ「ここ数日はずっと元気が無さそうでしたから」

P「ま、色々あったんですよ」

まゆと同棲を始めました、なんて言える訳が無いからな。

適当に誤魔化しておこう。

ガチャ

まゆ「うふふ、おはようございまぁすっ!!」

高い高いテンション高い。

ちひろ「お、おはようございます、まゆちゃん……いつも以上に元気ですね」

まゆ「うふふっ、言えませんよぉ!」

何も聞かれてないぞ。

ワザと出る時間ズラして来たのに、なんだかこのままだとバレるのは時間の問題になりそうだ。




175: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:46:05.97 ID:ZGZ+MBEPO





……ちひろさんにバレるのは困るな。

事務所的な問題は、以前の件からしてまぁ大目に見てくれるだろう。

問題はそこではない。

『美穂ちゃんとはどうなったんですか』

と言われてしまう事だ。

加蓮との浮気でかなり怒っていたちひろさんの事だ。

俺が美穂と距離を置いてまゆと同棲を始めた、なんて言った日にはどうなる事か。

まぁ間違いなく美穂と連絡を取り、俺と会わせようとするだろう。

それはとても困る。

俺もだが、美穂も。

美穂が望むいつも通り、ではなくなってしまう。

そうだ、荷物とかもろもろ一旦家に帰って運ばないと。

必要最低限のものだけにして、細々としたものは改めて買い直せば良いだろう。

流石にまるごと全部となると手間暇もかかるし、なにより美穂が悲しむ事になる。

俺だって美穂を悲しませたい訳じゃないんだ。

まゆ「……今日も、まゆは一人なんですねぇ」

P「…………そう、なるな……」

ちひろ「……加蓮ちゃんから、未だに一切連絡は……」

……そうだよな。

まゆだって、ずっと一緒に頑張って来た加蓮が来なくなってショックじゃない訳が無いんだ。

だったら、俺が出来る限り支えてあげないと。

俺ばっかり支えられっぱなしになるなんて、そんなのは許されないだろう。

まゆ「でも、へこたれてられないですよね。加蓮ちゃんの分も、まゆが頑張りますっ!」

ガッツポーズにドヤ顔で高らかに叫ぶまゆ。

けれどやはり、どこか寂しそうで。

だとしたら、尚更。

今は俺が、まゆと一緒に居ないと。






176: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:46:46.22 ID:ZGZ+MBEPO




日中、空いた時間を使って俺は一旦家に帰った。

一度で全てを運ぶのは無理があるから、何回かに分けて運ばないとならないな。

その為には複数回帰宅しなきゃいけない事になるが、美穂が大学に行っている時間を狙えば問題ない。

ガチャ

たった半日ぶりに開く扉は、やけに重かった。

その先に広がるのは、いつも通りの自宅。

さて、あまり時間は掛けてられない。

さっさとスーツやノートパソコンを詰め込まないと。

P「…………ま、半日で何が変わるって訳でもないよな」

俺が居なくなったからって、すぐに何かが変化する事もない。

かつて俺が望んだ、今も美穂が望み続ける。

そんな日常だけが、静かに存在していて。

P「…………ぁ……っ」

ふと視界に入った冷蔵庫。

その扉には『Pさんの朝ご飯は上から二段目です』と書かれた張り紙。

冷蔵庫を開ければ、上から二段目にはラップの掛かったサラダと焼き魚。

……美穂は、今朝も。

俺の分の朝食、作ってくれてたのか……

P「……ごめん……ごめん、美穂……」

その優しさが、偽装された過去の上に成り立っているものだと分かっていても。

それでも、やっぱり苦しくて。

誰かを傷付けてしまっているんだと、分かっているから。

そんな事実をこれ以上突き立てられたくなくて。

P「……帰ったら、相談しないとな」

さっさと荷物をまとめて、家の鍵を閉めた。








177: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:47:42.45 ID:ZGZ+MBEPO





まゆ「ふむ……確かに美穂ちゃんなら作りそうですね」

夜、持ってきた荷物をばらしながら俺はまゆに相談した。

まゆ「たまたま今日はそうだっただけ、と。そう自分に言い聞かせて……帰ってこないと分かっていても……」

P「…………」

まゆ「……いえ、失礼しました。それはそれとして……Pさんは美穂ちゃんの居る居ないに関わらず、あの家に戻る事すらも辛いんですね?」

P「あぁ……いつも通りを保ち続けようとしているのが、苦しいんだ」

いっその事、ぶち壊したり戻って来てと言ってくれれば……

……もしそれが出来ていたなら、俺は家を出てはいないか。

まゆ「……でしたら、まゆが協力します」

P「……お願い出来るか?」

まゆ「はい。運ぶのはPさんにもお手伝いをお願いしますけど、家に入るのはまゆ一人で十分だと思いますから」

P「……助かるよ、ほんと」

まゆ「困った時はお互い様ですから」

だったら。

俺は今、まゆに何をしてあげられる?

P「……俺は、まゆに何をしてあげられるんだろうな」

まゆ「…………Pさん……」

ポツリと、口から漏れてしまった。

あまりにもお世話になり過ぎて、本当に申し訳なくなってくる。

申し訳なさで押し潰されそうになってしまう。




178: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:48:08.26 ID:ZGZ+MBEPO





まゆ「だったら……」

そんな俺に、横からもたれかかって来て。

まゆ「……まゆの、そばに居て下さい」

そんなまゆの身体は、少し震えていて。

声は、涙に揺れていて。

まゆ「みんないなくなっちゃって、本当は寂しかったんです……それでも、加蓮ちゃんと二人で頑張ってきて……そんな加蓮ちゃんも……っ!」

P「まゆ…………」

やっぱり、辛かったよな。

それなのに、俺に気付かせない様にって。

気遣って、一人で抱えてくれて。

まゆ「だから……まゆ一人じゃ押し潰されちゃうから……っ、貴方だけは、まゆのそばに居て下さい……!」

そんなまゆを。

俺は、優しく抱き締めた。

P「あぁ……俺が、まゆのそばに居るから」

きっと、こうしてお互いに悩みを共有して。

支え合って、励まし合って、抱き締め合って。

こんな関係なら、これからもずっと上手くいく。

心から、そう思った。






179: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:48:53.92 ID:ZGZ+MBEPO




あれから二週間弱。

結局、ずっと加蓮からの連絡は無い。

世間一般では体調不良により活動休止と報道したが、本当の理由は誰にも分からない。

美穂からは、きっとラインが毎朝毎晩来ているんだろう。

一度確認した時には

『今夜は帰って来れそうですか?』

『お夕飯、冷蔵庫に入ってます』

が交互に並んでいてすぐ非表示にした。

荷物は殆ど運び出し、まゆの部屋での同棲生活にも慣れ始め。

何度も愛を確かめ合って、その度に幸せを増やして。

着実に、日々を積み重ねて。






180: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:50:14.39 ID:ZGZ+MBEPO




そして、七月十六日。

今日は海の日、世間的には祝日で。

丁度休みが重なった俺たちは、せっかくという事で海にデートに来ていた。

まゆ「うっふふ……うっふふふふっ……あっつい!暑いですよぉ!!」

P「だな、今日めっちゃ猛暑だ」

お天道様にももう少しくらいは遠慮というものを覚えて頂きたくなる様な、心地良さを通り越してテンションがフラットになるくらいの快晴。

溢れる汗を拭きながら、俺たちは海岸を歩く。

まゆ「泳ぐ気力もありません……」

P「まぁ元から泳ぐ予定は無かったしな」

まゆ「水着、持って来てませんからねぇ……せっかくの悩殺アピールチャンスが……」

P「まぁまぁ、変装出来ない水着は流石にな?」

まゆ「いずれ、Pさんと二人きりでビーチを貸し切って遊びたいです」

P「あぁ、俺もだ」

まゆの水着、見たくない訳が無い。

というかめっちゃ見たい。

可愛くて綺麗に決まってる。

まゆ「では、今のまゆはどうですかぁ?」

P「すっごく綺麗だよ」

まゆ「……ふふ、ありがとうございますっ」

白いワンピースに麦わら帽子。

夏を体現したような美女が、目の前でにこやかに笑っていて。

まるで俺が夏を一人占めしてしまっている様だ。

あ、暑さは他の人がどうぞ是非是非持ってって下さい。

P「お昼はどうする?」

まゆ「お弁当、使って来たんですが……涼しい場所で食べたいですね」

P「木陰なら、そこまで暑くはないかもな」

のんびり、海岸から少し離れて落ち着ける場所を探す。

程なくして、丁度良さげな木が見つかった。





181: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:50:48.66 ID:ZGZ+MBEPO



P「ここで良いかな。まゆー、シートのそっち側持ってくれ」

まゆ「かしこまりまゆ!」

ちょっとダサい。

それはそれとして、木陰にビニールシートを広げる。

その四隅を、海風に飛ばされない様荷物で固定して……

P「疲れたぁ!」

まゆ「暑かったです……!」

二人並んで、寝っ転がった。

周りに人は居ないし、人目を気にしなくても良さそうで。

しばらくそのまま、お互いの手を握りぐでーっとゴロゴロしていた。

P「つ、次はあれだな……九月頃に来よう、うん」

まゆ「砂浜でバーベキューしてる人達はよく生きてられますねぇ……」

P「あー……風涼しい……」

まゆ「もう動きたく無いですよぉ……」

海の日に海に来るなんて安易な考えの元に行動するべきでは無かった。

P「さて……お弁当食べるか」

まゆ「お支払いがまだですよ?」

P「えっ、金取るのか?!」

まゆ「うふふ、ちゅー1回で食べ放題ですっ!」

P「え、まゆを?!」

まゆ「うぇっ?ぁ、え、ええと……それは、ランチタイムは提供して無いので……」

P「んじゃ、ディナー後のデザートだな」

まゆ「期待しちゃいますっ!」

まるでバカップルだ。

それも暑さで頭がやられたバカップルだ。

……まぁ、このところ忙しくて疲れてたしなぁ。




182: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:51:16.54 ID:ZGZ+MBEPO



キスをした後、のんびりまゆが使ってくれたお弁当を食べる。

あ、からあげ美味しい。

まゆ「Pさん、からあげ好きですよね」

P「大好物だ」

まゆ「まゆとからあげ、どっちが好きですかぁ?」

P「比較対象からあげで良いのか?」

まゆ「勝てば良いんです」

P「……レモンの有無によるな」

まゆ「なら、まゆにレモンを添えます」

P「じゃあからあげ」

まゆ「はいっ、いじわる言う人はからあげ没収ですっ!」

P「冗談だって!」

まゆ「仕方ありませんねぇ……まゆが食べさせてあげます。はい、あーんっ!」

P「……あ、あーん」

……我ながら、バカだなぁと思う。

まぁ、でも。

幸せだし、良いかな。

まゆ「……幸せですねぇ」

P「……だな」

風に揺られた木々の音が心地良い。

遠くからはざざーんと波の音。

隣からは、まゆの声。

きっと、幸せってこういう事を言うんだろうな。




183: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:51:43.13 ID:ZGZ+MBEPO



まゆ「…………ねぇ、Pさん」

P「…………なんだ……?」

少しだけ、声のトーンが下がったまゆ。

なにか、あったのかな。

まゆ「……まゆ、ちょっとだけ疲れちゃいました」

P「……頑張ってくれてたよ、まゆは」

本当に、色々と頑張ってた。

加蓮が抜けた分をフォローし、俺を支えてくれて。

いくら感謝してもし足りない。

まゆ「……だから、まゆ……」

大きく、息を吸い込んで。

目に、涙を浮かべて。

まゆ「……アイドル、辞めようと思うんです」

周りの音が、止まった気がした。

絞り出した様な声は、それでも俺にきちんと届いてる。

……アイドルであれば、いつかは考えなければならない事だった。

それが、今だっただけで。

であれば、俺が返せる言葉は一つだけ。

P「…………あぁ。お疲れ様、まゆ」

まゆ「…………はい……っ」

色々な感情が込み上げて来たんだろう。

ぼろぼろと涙を流すまゆ。

そんな身体を、俺は優しく抱き締めた。






184: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:52:25.51 ID:ZGZ+MBEPO





まゆ「とっても楽しかったです。また連れてって下さいね?Pさん」

P「おう、次はもうちょい涼しい日にしような」

夕暮れ、赤に染まる海に背を向けて。

俺たちは手を繋ぎ、二人並んで帰路に着いた。

しなければならない事は山積みだ。

当然ではあるが、辞めると言って直ぐに辞められる仕事では無い。

それでも出来るだけまゆの負担が少なくなる様に、俺が頑張らないと。

明日事務所行ったら、まずはちひろさんに相談だ。

……俺は、どうするかな。

これからも、この仕事を続けるかどうか。

少し、まゆとの未来の事も考えないと。

短い期間ではあるが、人生で一番幸せが濃密に詰まった二週間だった。

これから先も、ずっとまゆと居たいと。

そう、心から望むくらいには。

まゆ「……遠くに……それこそ、仙台で暮らすのも良いですねぇ」

P「悪くないな。まゆが昔過ごしてた土地、か……」

まゆ「善は急げ、です。帰ったら早速色々と調べないといけませんねぇ」

P「……そうだな」

帰りの電車に揺られて、少し寝そうになる。

……まゆと二人きりで、完全に新しい生活を始める、か。

それも、悪くないな。

……あぁ、悪くない。




185: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:52:55.15 ID:ZGZ+MBEPO




『次は、〇〇駅ー、〇〇駅ー』

どうやら少し寝落ちしていた様で、気付けば降りる駅に着いていた。

P「まゆ、起きろー」

まゆ「……はっ、寝てませんよぉ!」

いや寝てたよ完全に。

可愛いけど、寝てたよ。

駅から降りて、再び手を繋いで歩く。

日は完全に暮れ、日中ほどの暑さはない道路を進む。

夜風が心地良く、早く帰ってシャワー浴びたい。

まゆ「……楽しみですねぇ」

P「……あぁ、楽しみだ」

まゆ「でも、まずは今夜を楽しみましょう」

P「ん、なんか買って帰るか?」

まゆ「実は、冷蔵庫にケーキが入ってるんです」

P「海の日記念日?」

まゆ「Pさんなら、きっとまゆと一緒になる道を選んでくれると思っていたので……こっそり、用意していたんです。新しい、二人の門出に」

うふふ、と微笑んで。

握る手を強くして。

P「……新しい、二人……」

まゆ「はい。幸せな想い出を、これからも……」

ピロンッ

まゆのスマホに、通知が入った。

まゆ「むむむ……まゆのステキなセリフを邪魔するのは誰なんでしょうねぇ」

ぐぬぬ、といった表情でラインを確認するまゆ。

……これからも、そうだな。

たくさん、増やしてゆきたい。




186: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:53:24.13 ID:ZGZ+MBEPO




そんな事を考えているうちに、俺たちの暮らすマンションが見えて来た。

P「ふう……さっさとシャワー浴びるか」

まゆ「…………すみません、Pさん。まゆ、ちょっとお夕飯の買い物に行って来ます」

P「ん?俺も付き合うぞ」

まゆ「いえ、お醤油を切らしちゃってるだけですから」

P「まぁ、まゆがそう言うなら」

まゆ「先にシャワーを浴びて待ってて下さい。うふふ、すぐに戻ります」

そう言って、まゆはコンビニへと向かって行った。

俺はまゆから渡された合鍵でマンションへ入り、部屋を目指す。

P「あっつ……っ!」

分かってた事ではあるが、部屋はめちゃくちゃ暑かった。

冷房を入れて、冷たいシャワーを浴びる。

今日一日でかなり汗かいたなぁ。

冷たい水が心地良い。

『……アイドル、辞めようと思うんです』か……

長かったような、あっという間のような数年間だったな。

着替えてソファに沈み込み、色々と思い返していた。

Masque:Radeが結成して。

当初は大変だったし、上手くいくのか不安で仕方がなかったし。

当然最初だけでなく、大変な事なんて何度もあって。

その度に、みんなで乗り越えてきた。

半年前、美穂から引退の告白と愛の告白を同時に受けて。

智絵里が抜けて、李衣菜が抜けて。

加蓮とまゆの二人から、それでもMasque:Radeとしての活動を続けたいと言われて。

そんなMasque:Radeも、まゆが辞めて。

全部、終わるんだ。

……あぁ、本当に。

色々、あったんだな。

なんだか目頭が熱くなってきた。




187: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:53:52.12 ID:ZGZ+MBEPO




ガチャ

ドアの開く音、次いで足音。

まゆが帰って来た様だ。

P「おかえり、まゆー」

泣いてるところを見られるなんて、無い訳じゃないが慣れた訳でもない。

急いで涙を拭いた。

……まぁ、バレるだろうな。

まゆはそのくらい、きっと全部気付くだろう。

その上で、優しい言葉を掛けてくれるから。

だから、まゆは……

P「……え……は……?」

リビングの扉が開いて。

入って来たのは。

まゆでは、なかった。




188: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:54:19.49 ID:ZGZ+MBEPO



加蓮「……久し振り、Pさん」

P「……加蓮……っ?」

なんでここに居るのか分からない。

なんでずっと事務所に来なかったのかも分からない。

痩せこけて、髪はボサボサだけど。

それでも、久し振りに会えて……

…………あ……

P「…………なぁ、加蓮……」

加蓮「随分と軽い人だったんだね、Pさんって」

P「……おい……なんで…………だよ…………」

加蓮「ガッカリ、って言いたいとこだけど……ま、いっか」

P「なぁ……おい!なんでお前は……!」

なんでお前は、入ってこれたんだ?

まるで、まゆから鍵を奪ったみたいじゃないか。

なんでそんなに、服が赤いんだ?

まるで、赤いペンキを被ったみたいに。

なんで片手を、体の背後に回してるんだ?

まるで……

……何かを持っていて、それを隠してるみたいじゃないか。





189: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:54:47.68 ID:ZGZ+MBEPO



加蓮「案外しぶとくってさー。大変だったんだよ?」

P「……加蓮…………まさか……お前……」

加蓮「あ、写真撮ったけど見る?なんならラインで送るけど」

P「……なんで…………そんな事……っ!」

加蓮「はい、送信っと」

ピロンッ

俺のスマホに、通知が入った。

ロック画面に表示された送り主は加蓮、画像が一枚。

……見ない方が良い。

分かってる……分かってるんだ……

それなのに、俺は。

加蓮とのトーク欄を開き。

その画像を……

P「っゔぉおおぁぉぉっっっ!!」

加蓮「うん、分かる分かる。私もそんな気分だったから」

俺は膝から崩れ落ちた。

吐き気を止める事すら出来ず、目からは涙が止まらない。

まゆ……まゆ……!

なんで……まゆが…………!

一から始まる筈だったのに……二人で、これから……!




190: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:55:14.54 ID:ZGZ+MBEPO



P「なんでっ、こっ、こんな事をしたんっ……っ?!」

言葉の先は、続けられなかった。

首元に、何か鋭い物が押し付けられた。

顔を上げる事は出来ないが、それは間違いなく加蓮が俺に当てていて。

ぬるりと、生温い液体の感覚がする。

P「……加蓮…………っ!」

加蓮「大丈夫だよ、貴方が育てたアイドルなんだから。私もすぐに……ね?」

助けてくれ!誰か!誰でも良い!

美穂!いつだって近くに居てくれただろ!

俺は何もしてないじゃないか!

何も!悪い事なんて何もしてないのに!なんで!!

嫌だ……いやだ!俺は!

P「死にたくーー」

加蓮「もう、何があっても離れないから」

直後。

俺の意識は途切れた。








191: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:56:10.50 ID:ZGZ+MBEPO






ずっと、見つめてたんです。

貴方の事だけを、あの日から、ずーっと。

出逢った日から、わたしの隣は貴方しかいないんだ、なんて。

まるで運命みたいですよねぇ、それまでは信じていませんでしたが。

みんなに優しくて、みんなに好かれて。

そんな貴方の心が、まゆだけに向いてくれる日を夢見て。

美穂ちゃんと貴方が結ばれた、あの日から。

まゆは、待ち続けたんです。

うふふ、まゆは出来る女ですから。

大好きな人を待つくらい、なんて事ありません。

……いえ、正直ちょっぴり苦しかったですけど。

それでもいつか、必ず。

貴方の方から、まゆを求めてくれる、って。

そう信じてましたから。

だから……

貴方の心が揺れた、六月十一日。

智絵里ちゃんと貴方が、関係を持った日。

まだ、待ちます。

後日、再び智絵里ちゃんに呼び出されて。

また、待ちます。

加蓮ちゃんと、肌を重ねます。

それでも、待ちます。

そして、六月二十五日、月曜日。

ただ待ち続けるだけの日が、終わったんです。







192: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:57:40.45 ID:ZGZ+MBEPO




加蓮「ぐえぇ……辛い……」

まゆ「っふぅぅぅ……加蓮ちゃんはまだまだですねぇ……うっ、っぷぅ……」

加蓮「床にへばり付いてる奴が言っても説得力だよ」

まゆ「それあるんですか?無いんですか?」

ハードすぎるレッスンの休憩中。

まゆは身体全体で床とコンタクトを取っていました。

決して、疲れて崩れ落ちてる訳ではありませんよぉ?

……こんな姿、プロデューサーさんには見せられませんねぇ。

え、これまだ後三時間あるんですか?

ギャグですよねぇ?

ピロンッ

加蓮「あっ!ポテトのクーポン届いた!!まゆ、この後も頑張るよ!!」

まゆ「やっすい女ですねぇ……」

加蓮「五十円引きだよ?!一円が五十枚だよ?!!?!」

まゆ「いや安いじゃないですかぁ……」

加蓮「知らないの?一円に笑うものは……なんだっけ?百円で大笑い?」

まゆ「幸せな人生ですねぇ」

加蓮「クーポン、一回で二枚まで使用可能だけどまゆもこの後食べに行く?」

まゆ「あら、加蓮ちゃんからのお誘いなんて珍しいですねぇ」

加蓮「そうでもなくない?」

まゆ「うふふ、確かにそうでした」

まゆと加蓮ちゃんが仲悪かったのは、本当に最初の頃だけでした。

……と、周りの人は思っているでしょうねぇ。

あ、いえ、まゆも加蓮ちゃんとは仲良くなれたと思っていますよぉ?

ですが、ねぇ……?

Pさんを困らせる様な事をするのは、あまりいただけません。




193: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:58:07.45 ID:ZGZ+MBEPO




ピロンッ

加蓮「ん、またクーポンかな」

まゆ「次はどこのポテト屋さんですかぁ?」

加蓮「覗き込んで来ないでって、プラシーボの侵害だよ」

果たしてどんな効果があるんでしょうねぇ?

それはそれとして、まゆは加蓮ちゃんのスマホを覗き込みました。

そのくらいなら軽く窘められて終わる、程度には仲良しですから。

まゆ「……あら……?」

加蓮「えっ…………?」

加蓮ちゃんのラインに送られて来たのは、一枚の画像でした。

加蓮「うそ…………でしょ…………」

……あらあら、バッチリ写っちゃってますねぇ。

どう見ても『そういう現場』じゃないですか。

まゆ「……加蓮ちゃん、この写真はなんですか?」

加蓮「えっ、っと……その……」

まぁ、言える訳がありませんよね。

加蓮ちゃんとPさんが、身体を重ね合う為にホテルに向かってる写真だなんて。

特に、二人で頑張ってきたまゆを相手に、担当プロデューサーとそういう関係になった時の写真だなんて。

あ、言う必要はありませんよ?

だって、まゆはちきんとぜーんぶ知ってますから。




194: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:58:37.54 ID:ZGZ+MBEPO




加蓮「……なんで……智絵里が……」

まゆには見えない様に、震える手でスマホを顔の近くまで寄せて。

それから加蓮ちゃんは、送られてくるラインを目で追うだけでした。

……ふむ、智絵里ちゃんですか。

智絵里ちゃんは加蓮ちゃんに対して、どんな要求を突き付けたんでしょう。

まぁどうせ、Pさんから離れろみたいな内容でしょうね。

まゆとしては、加蓮ちゃんにどんな要求が来たのかなんてどうでも良いんです。

問題は、それを加蓮ちゃんが聞かなかった場合や誰かに相談した場合です。

……公開する、でしょうねぇ。

加蓮ちゃんとPさんの浮気の写真。

智絵里ちゃんの立場からして、これをPさんと加蓮ちゃん相手に最大限有効活用する為には。

加蓮ちゃん相手に『要求を飲まなければ世間にばらまく』

Pさん相手に『美穂ちゃんに送る』

でしょう。

……なら、既にPさん相手にも智絵里ちゃんは何かしらの要求をしているかもしれませんねぇ。

世間にばらまかれた後では、『美穂ちゃんに送る』と言う行動の価値が落ちてしまいますから。

それはそれとして、今は加蓮ちゃんです。

加蓮ちゃんが智絵里ちゃんの言う事を聞かなかった場合……

Pさんに迷惑が及ぶ事は、考えるまでもないでしょう。

まず間違いなく、美穂ちゃんとPさんの関係にも亀裂が入りますから。

……別に、それはそれで構いませんが。




195: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:59:06.09 ID:ZGZ+MBEPO




まゆ「……大丈夫ですか?加蓮ちゃん……」

加蓮「ごめん……ちょっと、しんどいかも……」

まぁ、そうでしょうねぇ。

下手したらアイドル人生が終わるんですから。

……半分くらいは、賭けではありますが。

今後もこの画像によってPさんが操られ続けてしまうのであれば……

加蓮「……私……どうしたら……」

まゆ「……加蓮ちゃん……えっと、まゆはちゃんと事情を把握してる訳では無いですが……」

震える加蓮ちゃんの手を。

まゆは、優しく握りました。

まゆ「大丈夫です、加蓮ちゃん。まゆは加蓮ちゃんの味方です」

加蓮「まゆ……」

あらあら、泣きそうになるなんて。

まゆ、随分と頼りにされてるんですねぇ。

加蓮「……ありがと、まゆ」

まゆ「いえいえ、それと……本当は不本意ですが……」

すーっと、大きく息を吸って。

まゆ「うふふ、おめでとうございますっ!」

加蓮「えっ?」

まゆ「やっと、Pさんと結ばれたんですよね?」

加蓮「いや、そういう訳じゃ……え?やっと……?」

まゆ「誰にも内緒にしとけって言われてたんですが……実はPさん、本当は加蓮ちゃんの事が大好きだったんですよ?」

加蓮「えっ…………何それ…………?」

私知らないんだけど、みたいな顔をする加蓮ちゃん。

それもそうでしょう、まゆがデタラメ言ってるだけですから。




196: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 22:59:39.58 ID:ZGZ+MBEPO




まゆ「いつPさんが美穂ちゃんと別れたのかは分かりませんが……加蓮ちゃんとPさんが結ばれたのであれば、まゆは全力で応援します!」

美穂ちゃんとPさんが別れていない事も。

加蓮ちゃんとPさんが、ただ浮気しただけだと言う事も。

当然、知ってます。

……うふふ、迷ってますねぇ。

より一層、Pさんと離れたくなくなりますよねぇ?

けれど、離れないとアイドルを続けられなくなる可能性があって。

こんなに親身に相談に乗ってくれて、応援もしてくれたまゆと活動を続けられなくなる可能性があって。

Pさんがクビになってしまう可能性もあって。

そんななかで、加蓮ちゃんは選べますか?

まゆ「李衣菜ちゃん達もきっと祝ってくれる筈で……あら?どうかしましたかぁ?」

加蓮「……ちょっと悩んでる。ま、この後のレッスンも頑張ろっか」

まゆ「さっきよりは元気になった様で何よりです」

加蓮「まぁね、ありがとまゆ」

まゆ「うふふ。まゆは、加蓮ちゃんの事が大好きですから」

加蓮「キモッ」

まゆ「あの」






197: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:00:09.75 ID:ZGZ+MBEPO




それからレッスンを終えて、お部屋に戻ろうとした時でした。

加蓮「……私……どうすれば良いんだろ……」

先に戻った加蓮ちゃんが、壁にもたれかかっていました。

……プロデューサーさんと会って、心が締め付けられたんでしょうねぇ。

とは言え、加蓮ちゃんはまゆより先に部屋に戻ろうとしていましたから。

もしかしたら、ちひろさんに相談しようとしていたのかもしれません。

そしたらまだプロデューサーさんが帰っていなかった、と。

普段でしたらもう帰ってるお時間ですからねぇ。

となると……ちひろさんは、もしかしたら写真の件を知っているのかもしれません。

いえ、それに関しては断定出来ませんが。

まゆ「……加蓮ちゃん」

加蓮「……まゆ……」

まぁ、せっかく加蓮ちゃんが弱っているわけですから。

もう少し、心の距離を縮めておきましょう。

現状加蓮ちゃんが頼れるのは、まゆだけなんですから。




198: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:00:35.24 ID:ZGZ+MBEPO



まゆ「……まゆに相談し辛い事があるなら、李衣菜ちゃんに相談してみたらどうですか?」

加蓮「…………うん」

……うふふ。

実は今夜、李衣菜ちゃんとPさんが飲むんですよ。

電話越しに、Pさんに聞かれてしまうかもしれませんねぇ。

まゆ「まゆに相談して貰えないのは寂しいですが……加蓮ちゃんには、笑顔でいて欲しいですから」

加蓮「……うん。ありがと、まゆ」

まゆ「あ、今の録音して良いですかぁ?」

加蓮「そのうち、ね」

まゆ「冗談で……え、マジですかぁ?」

加蓮「うん、マジ」

まゆ「まゆですよぉ」

加蓮「うん、まゆ」

まゆ「ちょっと今バカにしてませんでしたかぁ?」

加蓮「……ふふっ、本当にありがとね、まゆ!」

まゆ「……うふふ、力になれ……はしませんでしたが、笑顔になって貰えて何よりです」

加蓮「ううん。力になってくれてるよ、まゆは」

まゆ「今録音の準備したのでわんもあーぷりーず!」

加蓮「じゃあね、まゆ」






199: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:01:01.41 ID:ZGZ+MBEPO






その晩、まゆは加蓮ちゃんからの連絡を待ちました。

待つ事には慣れていますから。

上手くいけば、今夜……

プルルルル、プルルルル

……うふふ、ふふふふふ。

おっと、笑ってしまってはいけませんねぇ。

これからまゆは、長年の相棒に裏切られた健気な女の子を演じなければならないんですから。

ピッ

加蓮『あ、もしもしまゆー?』

……あぁ、これは。

この声のトーンは……

加蓮『聞いてよまゆ、実はさー』

加蓮ちゃん、心が折れてますねぇ。

諦めた様な、全てを捨てた様な。

もういっそ全てを投げ捨てて、Pさんと駆け落ちしそうな勢いです。

もちろん、そんな事させませんが。

まだ電話を掛けてくる気力があるのは。

まゆが、味方だから。

……なら、あとはそれをへし折るだけです。

完全に、心を折って。




200: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:01:32.19 ID:ZGZ+MBEPO



まゆ「……加蓮ちゃん……っ」

加蓮『ん、何?』

まゆは、声を震わせました。

女優として演技力の見せ所です。

まゆ「まゆは……加蓮ちゃんの事、信じてたんです……!」

加蓮『…………え?』

まゆ「本当の仲間だと思ってました……加蓮ちゃんなら、応援したいって……心の底から思えたのに……!」

加蓮『待って待って!何の……』

待つ訳がありません。

落ち着く暇も与えず、一気に畳み掛けます。

まゆ「Pさんと浮気?!Pさんには美穂ちゃんがいるのに?!あの人にそんな辛い思いをさせたんですか!!」

加蓮『……ぁ……』

まゆ「信じてたのに!まゆは!加蓮ちゃんの事を信じてたんです!!なのに……!」

加蓮『ちが、待ってまゆ!』

まゆ「ずっと心の内で笑ってたんですよね?なんにも知らないまゆを!まゆは本気で、加蓮ちゃんを……大切な人だと思ってたのに……!うぅぅぁぁっ!!」

しばらく、まゆは泣き続けます。

加蓮ちゃんが何か言い訳をしていたとしても耳に入ってないというアピールは大事です。

まゆ「嫌いです……加蓮ちゃんなんて、大っ嫌いです!」

加蓮『まゆ…………』

まゆ「もう二度と会いたく無い!顔も見たくありません!!」

加蓮『ぁ……うそ…………』




201: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:01:58.47 ID:ZGZ+MBEPO




痛そうな加蓮ちゃんの声が聞こえてきました。

可哀想ですね、唯一の心の支えだったのに。

それを、自分で壊してしまったカタチになっているんですから。

行き場の無いその想いは、是非とも自分にぶつけて潰れて頂きたいです。

まゆ「……さよなら、加蓮ちゃん……今までの楽しかった思い出は……全部、ニセモノだったんですね」

ピッ

まゆは通話を切りました。

これでも明日事務所に来たら、逆に加蓮ちゃんのメンタルに敬意を評したいくらいです。

まぁ、来れないでしょうけどねぇ。

まゆ「うふふ……ごめんね、加蓮ちゃん」

あの写真が公開されてしまえば、Pさんに迷惑ですから。

そんな事態にさせない為にも。

『写真をばら撒く』という行動の意味を無くす為にも。

加蓮ちゃんには、さっさと退場してもらわないといけなかったんです。

これでおそらく、あの写真が世に出回る事は無いでしょう。

だって、それをする意味が智絵里ちゃんには無いんですから。

あとは、Pさんの方ですねぇ。

十中八九、Pさんの方には『美穂ちゃんに送る』という脅しが掛けられている筈ですから。

ふむ……そっちは……

まあ、急ぐ必要も無いでしょう。

Pさんが精神的に弱って、まゆに相談してくるまで。

また、まゆは待つ事にします。





202: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:02:27.71 ID:ZGZ+MBEPO





加蓮ちゃんからの連絡が途絶えて。

案の定、それから数日と経たないうちにPさんは全てをまゆに打ち明けてきました。

Pさんと二人で事務所の仮眠室で寝ている間に、Pさんのスマホはチェックしました。

指紋認証って、とても危険ですよねぇ。

意識が無い時、他者に指を乗せられるだけで解除させられてしまうんですから。

Pさんが寝ているうちに、パスワード何通りか試してみましょう。

美穂ちゃんの誕生日、Pさんの誕生日……外れ。

まゆの誕生日も外れ……じーざす。

あら、あらあら……1026で解除されました。

Masque:Radeとして初めて出した曲、Love∞Destinyの発売日。

うふふ……Pさんにとって、それだけ大事な想い出という事ですねぇ。

ついでに指紋認証にまゆの指紋を追加します。

あとついでにパスワードをまゆの誕生日にしておきます。

それだけで、Pさんと結ばれた様な気持ちになって。

まゆだって恋する乙女ですから、ね?

貴方は、誰かの涙に弱くて。

きっぱりと断る事が苦手な人で。

それなのに、人のせいにする器用さは持ち合わせていなかったから。

だから、まゆは。

『貴方は悪くありません』って、そう伝えるだけで良かったんです。

貴方が本当に求めていたのは。

好意や愛や優しさ以上に。

支えてくれる人、ですよね?

何があっても受け止めて、許して、味方でい続ける人。

それは絶対に、まゆしかいませんから。




203: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:02:53.98 ID:ZGZ+MBEPO




それに、自分の弱さを見せる事も忘れません。

一方的に支えられるだけの関係は、Pさんにとって居心地の悪いものでしょうから。

お互いに支え合っている、という状況の方がすんなりと受け入れて貰えるから。

もちろん、まゆと結ばれてからは浮気なんてさせません。

貴方が断れないのであれば、誰にも近付けさせなければ良いだけです。

貴方の弱味は、誰かからの思いや言葉だけ。

なら、そんなの伝える隙間なんて作らせません。

まゆが、全部包んで。

他の人が貴方に付け入る隙なんてなくしちゃえば良いんです。

……少し疑問を覚えたのは、『既に美穂ちゃんには件の写真が送られている』という事でした。

どうやらまゆの読みは外れて、Pさんと加蓮ちゃんに対する脅しは逆だった様です。

……何故でしょう?

智絵里ちゃんの頭がそこまで回らなかった、とは考えられませんが……

まぁその疑問が解消される前に、智絵里ちゃんは亡くなってしまいました。

なら、考える必要はありません。

まゆは、振る舞えば良いんです。

Pさんの味方を。

大切な仲間を二人も失ってしまい、それでもPさんを支えようとする。

そんな、可哀想な女の子を。






204: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:03:25.04 ID:ZGZ+MBEPO






Pさんと二人の同棲生活は、それは幸せなものでした。

一つ屋根の下、何度も何度も愛を確かめて。

しかもそれを、Pさんの方から望んでくれたんですから。

よっぽど精神的に追い詰められていたんですねぇ。

Pさんの心をまゆで埋め尽くすまでに、さほど時間はかかりませんでした。

美穂ちゃんとは、連絡を取らせない様にしました。

と言うより、仕事関係の連絡先以外は全て着信拒否にしておきました。

まゆは気遣いの出来る良い子ですから。

まぁ元より、Pさんは美穂ちゃんと積極的に連絡を取ろうとはしなかったでしょうけど。

少しずつ、少しずつ。

美穂ちゃんの事を、Pさんの心から消して。

あ、もちろん美穂ちゃんを完全に放っておいた訳ではありません。

無いとは思いますが、ストーキングや自殺なんてされたらたまったものじゃありませんから。

そんな事をしたら、またPさんの心に美穂ちゃんが入ってきちゃいます。

ですから、美穂ちゃんの方は李衣菜ちゃんに任せました。

Pさんが失踪して美穂ちゃんが傷付いてるかもしれないから、様子を見ててあげて下さい、と。

当然、まゆとPさんが同棲している事は隠して、です。

まぁ、もしかしたらバレていたかもしれませんが。

バレていても、もう問題ありません。

少し早かったかもしれませんが、これ以上もたもたしていられません。

思い詰めた美穂ちゃんが変な方向へ暴走する前に。

まゆがアイドルを辞めて。

二人で仙台まで引っ越せば、完成です。

まゆと、Pさんだけの。

誰にも邪魔されない世界。




205: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:03:51.63 ID:ZGZ+MBEPO




そして、七月十六日、海の日。

まゆ「…………ねぇ、Pさん」

P「…………なんだ……?」

……なんて、頭の中では全て組み上がっていましたが。

思ったより、言葉にするのは難しくて。

まゆ「……まゆ、ちょっとだけ疲れちゃいました」

P「……頑張ってくれてたよ、まゆは」

まゆ「……だから、まゆ……」

大きく、息を吸い込んで。

目に、涙を浮かべて。

……本当に、長かったです。

ずっと、ずーっと。

待って、待って、待ち続けて。

ようやく、まゆは……

まゆ「……アイドル、辞めようと思うんです」

……正直なお話。

まゆは、本当にアイドル生活を楽しんでいました。

Pさんが振り向いてくれる日が来なかったとしても。

それでもずっと、続けてゆきたいって。

そう思っちゃうくらいには、大切で、幸せな想い出だから。

そして、それを終わらせて……

P「…………あぁ。お疲れ様、まゆ」

まゆ「…………はい……っ」

Pさんは、頷いてくれて。

感極まって、泣いちゃいました。

演技じゃない涙は、久し振りな気がします。

やっと、これで。

あの日からずっと願っていた事が……






206: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:04:19.36 ID:ZGZ+MBEPO





まゆ「……楽しみですねぇ」

P「……あぁ、楽しみだ」

本当に、幸せでした。

これから始まる生活へ、夢へ、思いを馳せて。

Pさんと二人で、並んで。

手を繋いで歩く、そんな時間が。

……いつかは、きっと三人になるかもしれませんね。

なーんて……うふふ……

まゆ「でも、まずは今夜を楽しみましょう」

P「ん、なんか買って帰るか?」

まゆ「実は、冷蔵庫にケーキが入ってるんです」

P「海の日記念日?」

まゆ「Pさんなら、きっとまゆと一緒になる道を選んでくれると思っていたので……こっそり、用意していたんです。新しい、二人の門出に」

うふふ、と微笑んで。

握る手を強くします。

P「……新しい、二人……」

まゆ「はい。幸せな想い出を、これからも……」

ずっと、続けてゆきたいですから。

たくさん、増やしてゆきたいですから。

ピロンッ

まゆのスマホに、通知が入りました。

まゆ「むむむ……まゆのステキなセリフを邪魔するのは誰なんでしょうねぇ」

ぐぬぬ。

……あ、李衣菜ちゃんでした。




207: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:04:50.42 ID:ZGZ+MBEPO




『今ちょっとお話出来る?まゆちゃんのマンションの近くに居るんだけど』

嫌な予感がします。

……Pさんには、聞かせない方が良さそうですねぇ。

P「ふう……さっさとシャワー浴びるか」

まゆ「…………すみません、Pさん。まゆ、ちょっとお夕飯の買い物に行って来ます」

P「ん?俺も付き合うぞ」

まゆ「いえ、お醤油を切らしちゃってるだけですから」

P「まぁ、まゆがそう言うなら」

まゆ「先にシャワーを浴びて待ってて下さい。うふふ、すぐに戻ります」

そう言って、まゆは一旦Pさんとお別れしました。

……さて、きっとこれが最後の山場です。

一度大きく息を吸って、李衣菜ちゃんに通話を掛けます。

まゆ「もしもし、李衣菜ちゃんですか?」

李衣菜『あ、こんばんはー。ごめんね?突然で』

まゆ「いえいえ、大丈夫です。それで、近くまで来てるんですかぁ?」

李衣菜『あーうん、話したい事があってさ。マンションの入り口からすぐの駐車場来れる?』

まゆ「そうですか……あ、ところで李衣菜ちゃん」

李衣菜『ん、何ー?』

……近くに、来ている。

そうですか、成る程。

嫌な予感というのは、それもあったんですねぇ。

まゆ「まゆの住所、いつ知りました?」

まゆの住んでいるマンションを、李衣菜ちゃんには教えていません。

だから、近くに来れる訳が無いんです。

李衣菜『……あれ?行ったこと無かったっけ?』

まゆ「ありません」

李衣菜『あ、こっち引っ越す前じゃん』

まゆ「うふふ、まゆは引っ越す前は寮暮らしです」

李衣菜『……げ……まずったなぁ』




208: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:05:25.95 ID:ZGZ+MBEPO




……さて。

デタラメ言って、まゆとPさんの距離を離したかったんでしょうか?

でも、李衣菜ちゃんがまゆの住むマンションを知らなければその意味がありません。

……思案、頭を全力で回します。

現時点で李衣菜ちゃんは完全に信頼出来なくなりました。

いえ、元から全面的に信頼していたかと聞かれればノーですが。

それでも、まゆにかなり協力的で。

というよりは協力するよ?という姿勢で。

まぁまゆは断ってきましたが。

李衣菜『あ、でも行ったことがあるのは本当だよ?』

まゆ「嘘は結構です」

李衣菜『ほんとだってばー、駐車場行ってみれば分かるって』

たしかに、そうです。

まゆのマンションの入り口から一個先の十字路を曲がった所には、確かに駐車場があります。

けれどそれは、まゆのマンションだけには限定されません。

カマをかけるには、十分成功率は……

まゆ「……え……?」

駐車場には、人影が一つ。

暗くて良く見えませんが、確かに誰かが居ます。

まゆ「……李衣菜……ちゃん……?」

李衣菜『あ、ごめん。言い忘れてたけどさ』

少しずつ、その人影が近付いて来て……





209: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:06:00.32 ID:ZGZ+MBEPO





李衣菜『話があるの、私じゃないんだ』

まゆ「………そんな……」

通話が、切られました。

そして、目の前に現れたのは……

加蓮「やっほ、まゆ。久し振り」

まゆ「…………お久しぶりです、加蓮ちゃん」

痩せ細った加蓮ちゃんでした。

……そう、ですね。

加蓮ちゃんは確かに、一度まゆの部屋に招いていますから。

三日月の光に照らされた加蓮ちゃんの顔は、不気味なくらい笑顔で。

とっさにまゆは身構えました。

加蓮「酷くない?久しぶりに会ったっていうのにそんな反応されると傷付くんだけど」

まゆ「……どうして、加蓮ちゃんが……?」

加蓮「……私が事務所に行かなくなってから、まゆが随分頑張ってくれたって話を聞いてさ」

まゆ「……誰に、ですか……?」

加蓮「ありがとね、まゆ」

まゆ「誰に、聞いたんですか?」

加蓮「それで、なんだけどさ」

まゆ「……李衣菜ちゃん、ですか……?」

少しずつ、加蓮ちゃんがこちらに向かって来ます。

仕方ありません。

まともに話し合う必要もありませんから、さっさと逃げて……




210: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:06:27.95 ID:ZGZ+MBEPO



加蓮「……Pさんと一緒になれて、幸せ?」

まゆ「……ぁ……」

不味い、なんて。

そんな事を考える暇があったのなら、逃げるべきでした。

けれど、加蓮ちゃんにそう言われて。

まゆの心に、隙が生まれちゃったから。

加蓮ちゃんが飛び込んで来るのに対して、反応が遅れて……

ズブリ

鈍い感触、次いで鋭い痛み。

痛みの元であるお腹に手を伸ばすと、冷たい何かがまゆに突き刺さっていました。

まゆ「っっ!!痛っ、っうぅぅぅぅあぁぁぁぁぁっっ!!」

加蓮「ふざけないでよ!私にっ!対してっ!あんな事言っときながらっ!」

ずぶ、ずぶ、ずぶ。

何度も腹部に痛みが走ります。

まゆ「やめ……て……っ、いた……っっ!!」

加蓮「内心笑ってたのはアンタじゃん!ずっと!騙してたんでしょっ!!私から全部を奪っといて!!」

逃げ……ないと……

……痛い……お腹、痛い……

血、出てる……止めなきゃ…………

……あ……

……Pさんの子供、産めなくなっちゃう……




211: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:07:00.68 ID:ZGZ+MBEPO




まゆ「ぅぁぁ……P、さん……ごめん…………なさ…………」

加蓮「あんたのせいで、私は全部を失ったんだから」

身から出た錆、ではありますが。

それでも、まゆは……

這い蹲りながらも、離れようとして……

加蓮「……部屋の鍵、出して」

まゆ「……ぅっ…………いや……です……」

ゴンッ!

まゆ「っぅあ゛ぁぁぁぁぁっっ!!」

加蓮「次は思いっ切り踏むよ」

っふぅー……ふー……

頭……痛い……

額からも血が流れて来ました。

視界がクラクラします。

痛みは全然減りません。

加蓮「ん、鞄の中?手離してくれる?」

まゆ「……おことわり…………します……」

加蓮「ふーん」

力の入らない手が蹴り飛ばされて、鞄の中身がばら撒かれました。

加蓮「あったあった。それじゃ、次はPさんだね」

まゆ「……まっ、って…………おねがい……だから……」

Pさんだけは……

加蓮「ダメ、まゆから全部奪うって決めたから」

……あ……まゆの、せいで……

まゆのせいで、Pさんが…………

まゆ「……ぅぁぁっ……っうぁぁぁぁぁっっ………っ」

加蓮「泣くの上手いよね、まゆは。私もすっかり騙されちゃったし」

そう言いながら、加蓮ちゃんはまゆの首に刃物を当てて……

加蓮「じゃあね、まゆ。もう二度と会いたく無いし、顔も見たくないから」

まゆの首から、沢山の血が溢れました。






212: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:07:32.72 ID:ZGZ+MBEPO






ーーまだ、生きてる……?

あれは、夢だったんですかねぇ。

……残念だけど、現実だったみたい。

一瞬意識が飛んでた様です。

どの道、もう長くはなさそうです。

思考も、全然まとまらなくて……

……もう少しで、Pさんと……

…………涙が、止まりません……

痛い……助けて、Pさん……

あ……加蓮ちゃんを、止めないと……

……李衣菜ちゃんは、何を考えて…………

……あ……そっか……

まゆにだけじゃ、無かったんだ……

李衣菜ちゃんは、みんなに、全員に協力して……

……今更全部分かったところで、遅すぎるんですけどね……

意識が今にも飛びそうです……

今から警察や救急車を呼んでも、Pさんを助けられない……

……いえ、それはきっと……李衣菜ちゃんがするでしょう……

……なら、せめて……

プルルルル、プルルルル

美穂『はい、もしもし?あれ、まゆちゃん?』

まゆ「ひゅー……ふゅー…………」

声を出すのも、もう辛いです。

それでも……Pさんの為に……

美穂『どうしたんですか?大丈夫?』

まゆ「……み、ほ…………ちゃん……P、さん……を……」

守って、あげて下さい……

もしかしたら、ですが……

Pさんは、死なずに済むかもしれないから……




213: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:08:03.28 ID:ZGZ+MBEPO




美穂『え、Pさんですか?今代わりますよ?』

…………え……

美穂ちゃん……何を……

美穂『えへへ、まゆちゃんです。はい、どうぞ』

それから、スピーカーの遠くから美穂ちゃんの独り言が聴こえてきました。

……うふふ……Pさんの声なんて、聞こえません……

美穂ちゃん、誰と喋ってるのかな……

美穂『はい、美穂に代わりましたっ!じゃあね、まゆちゃん!』

つー、つー、つー

……本当に……

全部、まゆのせいだと思うと……

こんなにも、辛いんですね……

Pさんの為に、Pさんの為に、って。

そう思って、全てをこなして来たから……

今こうして、自分のせいでPさんが酷い目に遭っているかもしれないと考えると。

…………みんな、こんなに辛い思いをして来たんですね……

まゆ「……P…………さ……」

瞼が、重くて。

まゆは、目を閉じました。

……ふふ、なんだ……

目を閉じたら、貴方の姿がそこにあって。

……なら、大丈夫です。

貴方が、そばに居てくれるなら。

まゆは、怖くありません……

まゆ「……ねぇ…………また、海に……」

行きましょう?Pさん。

まゆの事、連れてってくれますよね?








214: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:08:50.01 ID:ZGZ+MBEPO




いやー、まぁ最初はそんなつもりは無かったんですけどね?

私、なんかみんなによく相談されたんですよ。

信頼されてたんですかね。

最初は美穂ちゃんからでした。

美穂「李衣菜ちゃん……どうしよ、私……智絵里ちゃんに応援するって言っちゃって……」

美穂ちゃんもPさんの事が好きなのに、智絵里ちゃんから相談されてついそんな事を言っちゃったみたいなんです。

そんな事言われても困るんですけどね。

だって私も、美穂ちゃんや智絵里ちゃんと。

まゆちゃんと、加蓮ちゃんと。

同じ人を好きになってたんですから。

あ、でも流石にそこで私もカミングアウトはしませんでしたよ?

私は私なりに、美穂ちゃんが一番傷付かないアドバイスをしたんです。

李衣菜「んー……ならさ、知らなかったフリすれば良いんじゃない?」

美穂「え……?」

李衣菜「その会話をしたのが美穂ちゃんと智絵里ちゃんだけならさ、美穂ちゃんが言わなければ誰も知らない訳だし」

美穂「……良いのかな……そんな事して……」

李衣菜「……美穂ちゃんも、好きなんでしょ?」

美穂「……うん」

李衣菜「なら、私は美穂ちゃんを応援するから。智絵里ちゃんより先に、Pさんと結ばれちゃお?」

美穂「……うん、李衣菜ちゃんがそう言ってくれるなら……わたし、そうしてみますっ!」

きっと、本当は美穂ちゃんもそんな言葉を望んでたんじゃないですかね?

なんとなく分かるんてすよね、そういうの。

だから、私はただ背中を押しただけです。

……だって、嫌じゃないですか。

自分のせいで、仲の良い誰かが傷付くなんて。

そう、ずっと。

私は、誰かの背中を押し続けただけでした。






215: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:09:26.15 ID:ZGZ+MBEPO





智絵里「……お久しぶりです、李衣菜ちゃん」

李衣菜「やっほー智絵里ちゃん、ロックしてた?」

智絵里「ろ、ロックはしてなかったかな……」

二十歳になる少し前の智絵里ちゃんと、二人でガールズトークした時もです。

智絵里ちゃん、すっごく元気無かったんですよね。

李衣菜「最近どう?大学で恋人とか出来たりした?」

智絵里「……いない、です……わたしは……」

李衣菜「…………ねぇ、もしかしてさ。智絵里ちゃんも、Pさんの……」

ま、見てれば分かりましたけどね。

きっと、誰かに吐き出したかったんだと思います。

そういうのも、雰囲気とかで分かりますから。

智絵里「……ほんとは、わたし……美穂ちゃんに言ったのに……応援してくれるって、言ってくれたのに……!」

李衣菜「……そうなんだ……美穂ちゃんが……」

あちゃー……智絵里ちゃん、そんなに悩んでたんだ。

美穂ちゃんに酷い事させちゃったなぁ。

……なら。

李衣菜「……私は智絵里ちゃんの事を応援するからさ。今からでも……Pさんとの関係、取り戻してみない?」

智絵里「…………え……?」

李衣菜「正直私は、智絵里ちゃんとPさんが一番お似合いだと思ってたからさ。距離も一番近かった気がするし」

智絵里「そ、そう……かな……えへへ……」

李衣菜「うん、だからさ。もうすぐ成人でしょ?Pさんと二人で飲みに連れてって貰えば?」

智絵里「…………その時に、今度こそ……そしたら、わたし……」

……諦められる、かなぁ。

なんだか、諦めるみたいな感じになってるけど。

李衣菜「その時、ついでに思い出を作ってみたら?一生の思い出になるくらいとびっきりのをさ。写真に残しても良いし」

きっと、諦められないんだろうなーなんて思ってました。

智絵里「……うん……そうしてみる。ありがとう、李衣菜ちゃん……!」

李衣菜「悩んだらすぐ相談してね?ほら、安心と信頼の多田李衣菜ですから」

まぁ、案の定でしたけどね。

その頃から、ですよ。

色々と、頭を使い始めたのは。






216: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:09:53.63 ID:ZGZ+MBEPO





加蓮ちゃんに、期限が金曜までのクーポンをプレゼントしました。

おかげで加蓮ちゃんは、その晩ちゃんと最寄りのファーストフード店に行ってくれて。

いやまぁ、アイドルになってもそんなクーポンに固執するなんて、って思うかもしれませんけどね?

加蓮ちゃん、人から貰ったものは大切にしますから。

きちんと使ってくれるだろうなーって信じてました。

無事、智絵里ちゃんとPさんの逢い引きを目撃してくれて。

加蓮『……どうすれば良いかな……これ、美穂にバレたらPさん絶対困るよね……』

李衣菜「うん、きっと『何でもするから美穂にだけは黙っててくれ』とか言うんじやない?」

加蓮『え……だ、だからってそんな事したら美穂にバレちゃうかもしれないじやん』

いや私何も言ってないけど。

……まあ、考えるよね。

Pさんの事が大好きな加蓮ちゃんなら。

李衣菜「うん、でもさ。どの道智絵里ちゃんがずっと続けたらいずれバレると思うよ」

加蓮『…………』

李衣菜「……きっとPさんなら加蓮ちゃんの事を拒まないと思うんだ。だってPさん、本当は…………あ、ごめん今のは聞かなかった事にして?」

加蓮『…………そう……なんだ…………そっか、へー……』

李衣菜「また何かあったら……あーごめん、これからしばらくテストで忙しいから連絡取れないかも」

加蓮『うん。ありがと、李衣菜』






217: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:10:38.29 ID:ZGZ+MBEPO





それから、みんなの相談に乗り続けたんです。

なんでそんな事なんて思われるかもしれませんけど。

それはほら、私がPさんと結ばれる為ですよ。

でも、Pさんは美穂ちゃんと同棲してます。

だから、私は他のみんなの背中を押す事にしたんです。

いやいや、出来ませんって。

自分の手で誰かを苦しめる事なんて。

まぁ美穂ちゃんは最初から気付いてたみたいですけどね。

Pさんが他の子と関係を持ってる事くらい。

でも、気付かなかったフリを、知らなかったフリをする事に決めたそうです。

だって実際、以前はそれで上手くいってますから。

いつも通り、普段と同じ様に。

そうすればPさんは、いずれ必ず自分の元に戻って来てくれる、って。

今回ばかりは逆効果だったみたいですけどね。

智絵里ちゃんに、『脅しの内容は逆にした方が良いよ』って言ったのも私です。

だってPさんは、絶対逆らいません。

それは困るんです。

それだと美穂ちゃんの元に写真が送られるよりも早く、失敗った加蓮ちゃんのせいで世間に公開されちゃいますから。

私としては、あの写真がばら撒かれるのは困るんですよね。

せめてそれよりも先に、美穂ちゃんの元に送られてくれないと。

まぁ案の定加蓮ちゃんはすぐでしたね。

どうやらまゆちゃんに唆されたみたいですけど。

ましばらく事務所に顔を出さないレベルまでへし折られてるなんて、まさかでしたよ。

ほんと、嬉しい誤算でした。

厄介なまゆちゃんを後々退場させる手段が出来たんですから。

智絵里ちゃんはPさん相手に、『もうすでに美穂ちゃんに写真を送ってる』って伝えてくれました。

智絵里ちゃんからしたら、あまり隠す意味はありませんからね。

どの道Pさんは、写真が公開されたら困るから逆らえませんし。

それで動くのは美穂ちゃんです。

美穂ちゃんの望む『知らないふりを続ける』が出来なくなっちゃいましたから。

かなり怒ってましたね、あの時は。

余計な事をして関係に亀裂を入れた智絵里ちゃんを、それこそ殺しかねない勢いでした。

だから私は、智絵里ちゃん一人を呼び出すまではしてあげるって提案しました。

まあ美穂ちゃん、私が思ってた以上にエグい方法を選んできましたね。

大学の男友達と仲良しで良かったです、ってニコニコしながら言ってましたよ。

Pさんは丁度その前日まゆちゃんと事務所で過ごしてたので、Pさんのスマホを使うのは楽勝でした。




218: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:11:04.44 ID:ZGZ+MBEPO




まゆちゃんなら絶対、パスワードを自分の誕生日にこっそり変えてくれるって信じてましたから。

あとはPさんと会ってこっそり智絵里ちゃんにラインを送って、こっちの画面だけでもそのやり取りを消去すれば終わりです。

タイミングの把握は余裕でした。

みんなと仲良しですから、どんな行動を取るかなんて手に取るように分かります。

智絵里ちゃんのリタイア後、Pさんの精神はかなり不安定でしたからね。

そんな中、美穂ちゃんがどんな事を考えて、どんな風に生きていこうと思ってるか。

それを知ったPさんが耐えられなくなって逃げ出す事も、想定通りです。

逃げ出した先でまゆちゃんに拾われるのも、もちろん。

完全に自分の独壇場だと思ってたでしょうね、まゆちゃん。

もう誰も邪魔する人がいないって思ってたんですから。

現に美穂ちゃんは完全に壊れてましたからね。

で、あとは加蓮ちゃんに連絡を取って……

いやぁ、そこが一番大変でした。

加蓮ちゃん、なかなか電話にも出ないしドアも開けてくれないしで……

早くしないとまゆちゃんが遠くへ越しちゃいますから。

割とギリギリでしたけど、間に合って良かったです。

まぁブチギレた加蓮ちゃんなら、何処に引っ越しても必ず見つけ出して殺しそうな雰囲気はありましたけど。

加蓮ちゃんに、今のまゆちゃんの事を話した時は……うへぇ。

自分が騙されてたと気付いて、すぐ飛び出して行きました。

後からすぐ電話して色々アドバイスはしましたけど。

いやー、色々頑張ったなぁ、私。

これ、誰かに褒められても良いと思うんですよ。

けっこーロックじゃないですか?

……さて、と。

それじゃ、あとは……







219: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:11:31.97 ID:ZGZ+MBEPO





李衣菜「うっわー……サスペンスドラマで観た事あるよこれ……」

まゆちゃんのお部屋にお邪魔して、っと。

持って来た包帯とガーゼでPさんの傷口を強く塞ぎました。

救急車は既に呼んであります。

気が動転しちゃってたから、『怪我人は一人』って伝えちゃいましたけど。

まぁ大丈夫でしょ。

加蓮ちゃんはちゃんと死んでるみたいですから。

……うん、やっぱり。

裏切られたとは言え、愛しの人が確実に死ぬまで刺し続けるのは無理だったみたいです。

加蓮ちゃん、Pさんに対しては手加減してくれてました。

まぁ加蓮ちゃんは優しいですからね。

この後は警察から色々事情を聞かれるでしょうし、きちんとそれなりに筋道の立った説明をしないといけないですね。

ま、とはいえ色恋沙汰の末路でよくあるでしょうし、大丈夫なんじゃないですかね。

事務所的な事はちひろさんがやってくれるし、Pさんはまず間違いなくクビになりますから。

李衣菜「へへー……やっと二人きりですよ、Pさん」

邪魔になりそうな人はもう誰も残ってません。

Pさんには私しか残ってません。

……多分、気付かれてなかったんでしょうけど。

李衣菜「私も最初から好きだったんですよ?Pさんの事」







220: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:12:12.67 ID:ZGZ+MBEPO






ピピピピッ、ピピピピッ

P「…………んん……」

朝、アラームの音で目を覚ます。

起き……なくていいな、今日は日曜日だし。

解除し忘れていた此方の落ち度だが、それでも安眠を妨げられた恨みをスマホに飛ばしておく。

まぁ起きてしまったのだからお手洗いにでも行こうと思ったが、冬の寒さに負け再び布団に潜り込んだ。

十二月に入って三度目の日曜日は、あいも変わらずこの冬一番の寒さを更新中で。

嫌になる程冷たい空気が、タイマーによって暖房の切れた部屋を埋め尽くしていた。

P「……ねむ……」

いや、まぁ正直そんなに眠い訳じゃないが。

それでも折角の日曜日な訳だし、もう少し惰眠を貪っていたい。

もぞもぞと布団の中で身体の向きを丁度いい感じに整えていると、隣からももぞもぞと動く音が聞こえてきた。

P「すまん、起こしちゃったか?」

李衣菜「ふぁぁー……まだ七時じゃないですか……」

P「悪いな、アラーム切り忘れててさ」

李衣菜「許しませーん……ぎゅぅーっ……」

李衣菜が寝転んだまま背後から抱き付いてきた。

まだ寝惚けてるんだろう、声がとてもふわふわしている。

P「あと三時間くらい寝るかー」

李衣菜「ですねー……」

抱き付かれているからか、さっきまでの寒さが薄れた気がする。

再び俺は目を閉じて、眠りの世界に戻ろうとした。

ーーあの日から、丁度五ヶ月。

俺はようやく、幸せな生活を送れていた。








221: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:12:42.75 ID:ZGZ+MBEPO




P『…………俺……は……』

李衣菜『ぁ…………良か、った……Pさん……Pさん……っ!!』

意識を取り戻した時、一番最初に目に飛び込んできたのは李衣菜の涙だった。

重い瞼をなんとか開け続けて周りをぐるりと見回すと、見慣れない機器にカーテン。

ここは……天国、じゃないよな?

どうやらまだ死んではいないみたいだし、天国にしてはなんだか無機質過ぎる。

李衣菜『良かった……やっと目を覚ましてくれてっ……ほんとに良かった!!』

なる程、どうやらここは病院みたいだ。

なんで……李衣菜が……

待て……なんで俺は病院なんかに……

P『…………ぁ……』

そう、だ……

俺は確か、まゆの部屋に居て、まゆを待っていて。

その時、加蓮に……

P『っぁあぁぁっ、っつーっ!!』

李衣菜『ちょっ、無理しないで下さい!まだ塞がりきってないんですから!!』

全部思い出した。

俺は、加蓮に首を切られて。

そうだ、加蓮はどうなった?

また俺を殺しに来るんじゃ……

まゆは?まゆは無事なのか?!

李衣菜『……もう少し、休んでて下さい。次起きた時、全部説明しますから……っ!』

……そう、だな……

今はまだ、どうにも頭が回らない。

もう少し落ち着いてから、きちんと話を聞こう。







222: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:13:12.85 ID:ZGZ+MBEPO




P『そう……か…………』

胸に、ぽっかりと穴が空いた様な気分だった。

全てを聞いた俺は、後から李衣菜が言うには今にも自殺しそうな表情をしていたらしい。

智絵里と違って、俺に自殺する勇気なんてないが。

P『二人とも……もう……』

李衣菜『……私が、もう少し早くに駆け付けてあげられてれば……っ!』

P『いい……李衣菜は悪くないよ……』

李衣菜『ごめんなさい……Pさん……』

P『いいって……助けてくれてありがとな、李衣菜』

李衣菜はあの時、まゆに呼ばれてマンションを訪ねたらしい。

何か相談がある、みたいな感じだったとか。

そして到着した李衣菜が部屋に入ると、俺と加蓮が倒れていて。

急いで救急車を呼んだが、俺しか助からなかった……

まゆは、近くの駐車場で……

発見された時点で、既に……っ!

P『っうゔっ!っふぅーっ、っゔぅっ!』

李衣菜『落ち着いて下さい……Pさん……辛いですよね……この話はこれくらいにしておきませんか?』

P『……すまん……そうしてくれると助かる』







223: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:13:44.28 ID:ZGZ+MBEPO




もう、俺は全てを失ったんだ。

当然事務所はクビになった。

共に暮らしていたまゆはもういない。

美穂のところに戻れる訳もない。

李衣菜は毎日お見舞いに来てくれているが、それだって俺が入院している間だけだ。

李衣菜の生活だってあるだろうし、俺は邪魔にしかなっていない。

P『……もう、いいよ。ありがとな、毎日来てくれて』

でも……もう全部を失ったんだ……

もう、ほっといてくれ……

病院のベッドで、適当に生き延びて。

そこから先は、もう、どうでも良い。

李衣菜『……Pさん……』

P『……どうした……?』

李衣菜『……歯……食いしばって下さい……』

P『え……』

俺が聞き返すよりも早く。

ぱんっ

病室に、弱々しく渇いた音が響いた。

痛みは全然なかったが。

それが李衣菜に叩かれた音だと気付いた時には。

李衣菜の目からは、涙が溢れていて……

P『李衣菜……』

李衣菜『そんな……そんな事言わないで下さいっ!私がただ惰性で通ってると思ってるんですか?面倒だと思いながら通ってるって思われてるんですか?!』

李衣菜『私は……Pさんの事が大好きなんですよ!大切なんですよ?!これからも生きて欲しくて……なのに…………そんな事……』

李衣菜『全部失った?ふざけないで下さい!まだ私がいるじゃないですか!それともPさんにとって、私なんてこれからを生きる理由にはならないんですか?!』

李衣菜『まだ私がいますから!これからも、ずっと私がいますから!だから……そんな事……言わないで下さいよ……』

P『…………すまん……今のは……俺が、悪かった』

李衣菜『は゛い……Pざんが悪いでず……っ!』

そう、だったんだな。

俺の事を、そんな風に想ってくれてたんだな……

そんなに涙を流す程に、俺の事を……

なのに、俺は……

李衣菜『叩いてごめんなさい……返事はすぐじゃ無くても結構です。でも……退院した後の居場所はきちんとあるって事だけは、忘れないで下さい』

……なら、そうだな。

まずは、きちんと傷を治さないとな。

P『……ありがとう、李衣菜。少し元気が出たよ』

李衣菜『……っ、へへっ……少しでもPさんの支えになれてたら嬉しいですっ!』

そう言って、無邪気に笑ってくれて。

これから先の事にも。

少しだけ、光が射した気がした。







224: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:14:23.32 ID:ZGZ+MBEPO



P「……ふぁぁぁ……」

再び目を覚ますと、スマホの画面は11:30

どうやら結構な時間の二度寝に成功していたらしい。

……あれから、色々あったな。

退院後に李衣菜の部屋にお世話になって。

最初は見てられないくらい暗かったらしいが、いつも李衣菜が話を聞いてくれて。

何度も線路に飛び込みそうになっては、結局踏み出せず心だけすり減り部屋に帰って。

また、李衣菜が俺を励ましてくれて。

俺は李衣菜に支えられて、なんとか人並みの生活を取り戻した。

ありがたい事に、再就職先はすぐ見つかって。

その晩、俺から李衣菜に告白した。

今までの感謝の気持ちと、これからも李衣菜と共に過ごしたいという願い。

李衣菜は、泣きながら笑って頷いてくれた。

それから、もうずーっとこうして。

幸せな日々を送っている。

以前と変わった事と言えば、共に暮らしているのが李衣菜になった事。

李衣菜「タバコはベランダで吸って下さいねー」

P「分かってるって」

ベランダに出て、タバコに火を点ける。

P「……ふぅー」

こうして、タバコを常用する様になった事。

李衣菜「お昼ご飯食べますかー?」

P「ん、少し待っててくれたら俺が作るぞ」

李衣菜「それじゃ待ってますから、一緒に作りましょうっ!」

そして。

以前以上に、平和で幸せな生活になった事だ。

もちろん喧嘩をしない訳じゃないし、怒られる事が無い訳でもない。

それでも、きちんと真正面から向き合って。

嫌われるかもしれないのにぶつかってくれて。

その上で、最終的には許して、仲直りしてくれる。

そんな生活が、此処にはあって。

俺が望んでいた幸せって、きっとこんな生活だったんだろうな、なんて。

そんな柄にもない事を考えてしまうくらいには、幸せボケしていた。

P「寒っ!外めちゃくちゃ寒いわ」

李衣菜「早く閉めて下さいって!暖房付けたんですから!」

がらがら

タバコを吸い終え、さっさと部屋に戻る。

この後はデートの予定だが、この寒さの中に外出となると若干気が滅入る。

李衣菜「はいはい、早く手伝って下さいって」

P「分かってるって。何作るんだ?」

李衣菜「そーですね……せっかく二人で作るんですから、今日はーー」






225: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:14:56.49 ID:ZGZ+MBEPO





李衣菜「うっひょぉぉっ!ケバブ!肉!そしてお肉!」

P「そんなはしゃぐなよ……目立つぞー」

電車に乗って三十分、俺たちは人混みに溢れたデパートで買い物を終え駅前をぶらぶらしていた。

寒さは案外なんとかなるもので、歩きながら喋っているうちに気にならなくなっていた。

にしても流石日曜日、人が多くてはぐれそうだな。

手を繋いでいるから、そんな事は無いと思うが。

あっ痛い痛い引っ張らないで。

李衣菜「Pさんも食べます?」

P「俺はべつに」

李衣菜「すいませーん、ケバブ二つで!」

P「おい」

李衣菜「せっかく二種類ソースがあるみたいなんで、食べ比べしませんか?」

P「……せめて注文する前に聞いて欲しかったかな」

まぁ、構わないが。

断る理由なんて特に無いし。

李衣菜との思い出を増やせるのなら、むしろ。

P「けどまぁ、夕飯は入るようにしとけよー」

李衣菜「分かってますって。八分目までにしときますよー」

いやこの時間に八分目まで食べたら夕飯入らなくてないか?

屋台のおじさんから、それぞれ異なる種類のソースがかかったケバブを受け取る。

李衣菜「はい、あーん」

P「はやいはやい、せめてまずは自分のやつを一口食べようよ」

李衣菜「……いやでしたか?」

P「……いやじゃないけどさ」

李衣菜「はい、あーんっ!がぶっ!」

P「差し出しといてお前が俺のやつ食べるのかよ」

李衣菜「っあっつあっつ!!」

P「アホだろお前」

目の前で口元を押さえフォーっと呻いているアホが、この上なく愛おしい。

ちゃんと冷ましてから食べような。




226: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:15:36.43 ID:ZGZ+MBEPO




そんな事を考えながら俺はケバブをかじった。

P「あっっつっ!!」

李衣菜「やーいバーカバーカ!」

P「くない。熱くない。微塵も熱くないけどそれはそれとして冷たいお茶が飲みたい」

李衣菜「熱いんじゃないですかー」

P「ぜんぜんあふくない」

李衣菜「舌まわってませんよ」

一息。

今度こそ軽く息を吹きかけ冷ましてからかじる。

……うん、美味しい。

李衣菜「あ、私の方も食べます?」

P「んじゃ、貰おっかな」

受け取ろうとする。

受け取らせてくれなかった。

P「……なんで?」

李衣菜「はい、あーん!」

P「……周りに人が」

李衣菜「どーせカップルしかいませんって」

P「いや普通にいるが」

李衣菜「はいっ!あーんっ!!」

これは断れそうにないなぁ。

観念して、俺は李衣菜が此方へ向けるケバブにかじりついた。

P「んぐっ……あっっつっ!!」

李衣菜「へへっ、ひっかかったー!」

P「くそ……」

一番肉が集まってて熱いとこ向けてきやがって……

李衣菜「美味しかったですか?」

P「あつくて分かんなかった」

李衣菜「へー、恋人に食べさせて貰ったのにそんな事言っちゃうんですねー」

P「恋人に罠に嵌められたからこんな事言ってるんだよ」

李衣菜「げ、Pさんお肉食べ過ぎですよ!」

P「お前がそこを向けてきたんだろ」

李衣菜「そっちの分貰いまーすあっっつ!!」

あぁ、バカだ。

でも、悪くない。

こんなやり取りを気軽に出来る関係になれて、心から幸せだった。







227: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:16:49.42 ID:ZGZ+MBEPO






李衣菜「ふー……疲れたぁ……」

夜、重い荷物をお互い片手にようやく家までたどり着いた。

日は既に沈んでいて、夜風が非常に身に染みる。

P「結構歩いたな。夕飯どうする?」

李衣菜「せっかくですしピザでも取りません?」

P「ん、良いな」

チラシを眺めながら、二人で注文するピザを選ぶ。

滅多に頼まないから、こういう時結構悩むんだよな……

李衣菜「決まりました?」

P「……ハーフハーフにするか」

李衣菜「Mサイズ二枚にします?」

P「それなら四種類いけるな」

ピザ屋に注文の電話を入れ、それから今日買って来た荷物をばらす。

といっても、大体李衣菜の服だけど。

李衣菜「へへっ、楽しみにしてて下さいねっ?」

P「おう、楽しみにしてるよ」

それがお披露目されるのは、来週の月曜日。

十二月の二十四日、クリスマスイヴ。

その日のデートに着ていく服を購入するのが、今日の目的で。

P「振替休日で良かったな、ほんと」

李衣菜「ですねー。一日中一緒に居られますよ!」

P「あぁ、そうだな」

李衣菜と、ずっと一緒にいる事。

それは俺にとって、何にも代え難い一番の幸せだから。




228: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:17:19.62 ID:ZGZ+MBEPO




P「ピザ来るまでまだ時間あるよな」

李衣菜「……えっ、今……ですか……?」

顔を赤らめるな、そういうつもりじゃない。

途中でピザ屋さん来た時どうすんだよ。

……まぁ、食後は、うん。

P「一服して待ってるかって意味だよ」

李衣菜「ベランダだと狭いと思うんでエベレストとかおススメですよ」

この季節にエベレスト。

死ねと?

いやエベレストならこの季節でなくても死ぬが。

一服にそこまで命をかけるつもりはない。

P「ごめんって、いや誤解させる要素全然無かった気もするけど」

李衣菜「あ、タバコ吸う前に……」

李衣菜が顔を近付けて来て。

ちゅっ、っと。

軽くキスをしてきた。

李衣菜「お帰りなさいのキスです、忘れてましたからね」

P「……李衣菜もお帰りなさいだから、俺からもしないとな」

李衣菜「あ、その分は食後に予約しておきますっ!」

予約とか出来るんだな。

そんな風に茶化して照れ隠しをしつつ、俺はベランダへ出た。

オイルが切れかけたライターを何度も回し、ようやく着火して。

タバコの先端に火を点け、ゆっくりと吸い込む。




229: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:17:55.37 ID:ZGZ+MBEPO




ピンポーン

李衣菜「あ、もう来たみたいです。はーい、今出まーす!」

こんな風に、普通に幸せな生活を手に入れて。

あれからはもう、苦しい思いをせずに済んで。

そばに、李衣菜が居てくれて。

P「……幸せだなぁ」

クリスマスイヴ、楽しみだな。

信じている訳じゃないが、サンタからのプレゼントを一足先に貰ってしまって。

だからその分、その日は李衣菜に幸せをあげたくて。

そんな風に考えられる日々を、手に入れて。

P「……本当に、幸せだ」

もう一度、タバコを大きく吸い込む。

ライターのオイルは、完全に切れていた。









231: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:19:53.69 ID:ZGZ+MBEPO





とんとんとん

野菜を切って、お鍋に入れて。

朝はやっぱりお味噌汁ですよね。

朝ご飯は一日のパワーの源。

貴方にはいつでも元気でいて欲しいですからっ!

ぐらぐらぐら

湯だったお鍋を軽く掻き混ぜて、野菜を茹でて。

お味噌を入れるまでもう少し。

その間に、洗濯物を取り込んでおこうかな。

やるべき事は先に終わらせて、一日を満喫したいですからっ!

今日は日曜日、せっかくのデートですもんね。

帰って来てから取り込んで畳むなんて、したくないもん。

あ、それに……

今日は、ただの日曜日じゃないんです。

なんとなんと~っ?

十二月のっ!十六日っ!

そうです、わたしの誕生日なんですっ!

……もう二十一歳かぁ……早いなぁ、歳をとるのって。

貴方には『まだまだ子供っぽいなぁ』なんて笑われる事もありますけど。

わたしだって、もう立派なレディーなんですからね?

洗濯物を畳み終えて、朝ご飯も作り終えました。

お味噌汁もご飯も、もうテーブルに並べ終わってます。

後は、愛しの貴方が起きてくるのを待つだけですっ!

まだかなぁ……前はわたしの方が朝遅かったのに、いつのまにかわたしの方が早起きさんになっちゃいました。

バタンッ

ドアの開く音が聞こえた様な気がします。

美穂「おはようございますっ、Pさんっ!」

Pさんが起きて来ました!

美穂「さ、もう準備は出来てますからっ!」

Pさんの席の反対側に座って、わたしもお箸を手に取ります。

美穂「それでは……いただきますっ!」

Pさんとの、幸せな一日の始まりです。

誕生日おめでとう、って。

Pさんは笑顔で祝ってくれました。

……ふふっ、良かった。

また、取り戻す事が出来て。







232: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:21:07.70 ID:ZGZ+MBEPO






P『……もしもし、美穂』

美穂『あ、お疲れ様ですPさんっ!今夜は帰って来れそうですか?それともお仕事で帰って来れな』

ぴっ、つー、つー、つー

Pさんが家を飛び出して、何処かへ行っちゃった日。

それが、Pさんと交わした最後の電話になっちゃうんじゃないか、っね。

あの時、本当に不安だったんです。

言わなきゃ良かったのに、って何度も後悔して。

知らないフリをして、何も分からない様に振る舞えば良かったのに。

なのに、わたしは……

ーー何も知らないフリして、いつも通り幸せに暮らした方が良いと思いませんか?

そんな事、言った時点で全部が終わるって事くらい。

美穂『そのくらい、分かってたのに……』

……でも、まだ遅くありません。

今からでも、無かった事に出来ますから。

……だよね?李衣菜ちゃん。

わたしが全部無かった事にしちゃえば、またきっとPさんは戻って来てくれますよね?

李衣菜ちゃんが、何度もそう教えてくれたんだもん。

それでわたしは、Pさんと結ばれる事が出来たんだもん。

いつも通り、いつも通りです。

大丈夫、わたしなら。

誰よりも一番そばでPさんと過ごして来たわたしなら、きっと。

誰よりも一番、Pさんにとってのいつも通りを作れますから。




233: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:21:45.58 ID:ZGZ+MBEPO





翌朝、いつも通りに朝ご飯を作りました。

Pさんは帰って来ませんでした。

その分はわたしが食べました。

『今夜はお夕飯一緒に食べられそうですか?遅くなりそうなら連絡貰えると嬉しいですっ!』とラインを送りました。

返信はありませんでした。

大学から帰って、期待を胸に部屋の扉を開けました。

Pさんは居ませんでした。

Pさんの分の朝ご飯はわたしが食べました。

誰も慰めてくれませんでした。

お夕飯を作って待ち続けます。

Pさんは帰って来ませんでした。

翌朝、わたしは早起きして朝ご飯を作りました。

Pさんは帰って来ていませんでした。

『今夜は帰って来れそうですか?』とラインを送りました。

既読が付きませんでした。

大学から帰って、今日こそはと部屋の扉を開けました。

Pさんは居ませんでした。

Pさんの分の朝ご飯はわたしが食べました。

野菜が少し傷んじゃってました。

お夕飯を作って待ち続けます。

Pさんは帰って来ませんでした。

『お夕飯、冷蔵庫に入ってます』とラインを送りました。

既読が付きませんでした。

翌朝も、わたしは早起きして朝ご飯を作りました。

Pさんは帰って来ていませんでした。

『今夜は帰って来れそうですか?』とラインを送りました。

既読が付きませんでした。

大学から帰って、きっと大丈夫って自分を慰めながら部屋の扉を開けました。

今日もPさんは居ませんでした。

Pさんの分の朝ご飯はわたしが食べました。

もう美味しくありませんでした。

お夕飯を作って待ち続けます。

Pさんは帰って来ませんでした。

『お夕飯、冷蔵庫に入ってます』とラインを送りました。

既読が付きませんでした。




234: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:22:41.47 ID:ZGZ+MBEPO



それを毎日毎日、何日も繰り返しました。

日に日にPさんの私物が誰かに持ってかれちゃったので、直ぐに買い足しました。

泥棒だとしても、そんなのいつも通りじゃありませんから。

そんなの、認めません。

いつか、必ず。

Pさんは帰って来てくれる、って。

毎日ちゃんと早起きして、二人分の朝食を作って。

ねぇ、Pさん。

わたし、貴方より早起き出来る様になったんですよ?

夜も、Pさんが帰ってくるまで起きてまってて。

夜更かしの連続で、ちょっぴり肌が荒れちゃったかもしれません。

お料理、どんどん上手くなってるんですよ?

多分ですけど……もう、味が全然分かりませんから。

……正直、ちょっぴり疲れちゃってました。

それでも……Pさんが帰って来れる場所を用意しておかないと、って。

いつでも、いつも通りの生活に戻れる様に、って。

きっとお仕事が忙しいんです。

連絡する暇がないくらい、頑張ってるんです。

だったら、わたしも頑張らなきゃ。

寂しくて涙が出ちゃいそうな日もあったけど、そんな時にPさんが帰って来たら大変ですから。

なんとか抑えて、笑顔で過ごし続けたんです。




235: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:23:07.86 ID:ZGZ+MBEPO




美穂『……Pさん……早く帰って来ないかな……』

夜、寝る前。

ぽつりと、呟きました。

……わたし……いつも通りの生活を送ってますよ……?

だから、Pさんも……

美穂『…………ぁ……』

涙で滲んだその先に。

Pさんの姿が、見えたんです。

ずっと待ち望んで、夢にまで見て。

そんな、愛しのPさんが……

声は聞こえませんでしたけど、『ただいま』って言ってるみたいで。

……泣いちゃいけません、驚いてもいけません。

普段通り帰って来た時と同じ様に、わたしは……

美穂『……っ、おがえり……なざい……っ!お夕飯、できてまずから……っ!!』

そこまで言って。

よっぽど、疲れてたのかな。

わたしの意識は、夢の世界へと吸い込まれていきました。








236: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:23:49.17 ID:ZGZ+MBEPO




翌朝起きると、Pさんの姿はありませんでした。

でも、もう大丈夫です。

Pさんは、帰って来てくれたんですから。

きっともう、早起きしてお仕事に行っちゃったんです。

昨夜用意した夕ご飯は、少し減っている様な気がしました。

だから、大丈夫です。

朝ご飯も、用意してくれていったみたいです。

Pさん、忙しいのにありがとうございます。

でも、ふふっ。

昨晩の夕ご飯とメニューが一緒ですよ?

李衣菜ちゃんからの連絡にも、明るく返せました。

だって、大丈夫なんです。

Pさんは本当に、帰って来てくれたんですから。

Pさんは、帰って来てくれた。

だから、きっと。

今夜も、昨夜も。

わたしと一緒に、居るんです。

きっと今も、居るんです。

ーーーーーーーー

今一緒に居る様に振る舞えば、そう思い込めば。

未来のわたしは、勘違いして。

一緒に居たんだって、思ってくれるから。

ーーーーーーーー

……今、一瞬変な事を考えちゃった気がしましたけど、きっと気のせいですよねっ!

それから、わたしの生活はまた幸せなものに戻りました。

時折電話で変な事を言われたけど、多分それも気のせいです。

病院?大怪我?そんなの、わたしもPさんもしてませんから。

昨晩だって、その前の日だって。

わたしは、Pさんと一緒に過ごしたんです。

だから今も、一緒に過ごしてるんです。

美穂『ですよね?Pさん』

あぁ、そうだな。って。

そんな声が、聞こえた気がしました。

そうして、ついに。

二人で同棲生活を始めて、初めての。

わたしの誕生日が訪れました。






237: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:25:11.23 ID:ZGZ+MBEPO




美穂「ふふっ、何処に連れてってくれるんですか?」

あ、忙しくて全然考えてなかったって顔してますよ?

もう、仕方ありませんね。

わたしがエスコートしてあげますからっ!

来年の誕生日……ううん、今年のクリスマスはPさんがエスコートして下さいね?

家を出て、行ってきますのキスをして。

二人並んで手を繋いで、駅まで向かいます。

手、寒いなぁ……

でも、手袋なんてしちゃうとPさんの手の温もりが伝わってきませんから。

こうして手を繋いだ方が、きっと温かいに決まってますよねっ!

心があったくなったからかな?

なんだか手も温かくなった気がします。

目的の駅に着いて、二人でデパートを巡ります。

美穂「どれが似合うと思いますか?Pさん」

……迷わないでビシッと決めてくれたら嬉しいのに。

あ、でもこっちも似合う……いやいやこっちの方が、って悩んでるみたいです。

そういうのって、嬉しいですよね。

大好きな人が、わたしの事を考えながら選んでくれるって。

Pさんに選んでもらった服を持って、お支払いを済ませました。

美穂「えへへ、プレゼントしてくれてありがとうございますっ!」

クリスマスもとっても楽しみですっ!

大切にしないといけませんね。

恋人になったPさんからの、初めての誕生日プレゼントですから。

美穂「さてと……そろそろ帰りますか?陽が暮れると寒いですから」

もう十二月ですから、夜になれば今よりもっと寒くなっちゃいます。

今日は帰って、おうちで二人っきりでのんびりしたいな。

Pさんもそれが良いって言ってくれたので、デパートから出て駅に向かいました。

駅前のロータリーは、もう既にクリスマスカラーに染まっていました。

来週だもんね。

来年もまた、連れて来てくれますよね?

信号待ちしてる間、ずっともみの木を見つめていました。

夕方になれば、イルミネーションが光るのかな。

それを見てから帰ろっかな、なんて。

そんな事を考えながら。

青になった横断歩道を渡っている。

そんな時でした。




238: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:25:53.59 ID:ZGZ+MBEPO



「うっひょぉぉっ!ケバブ!肉!そしてお肉!」

「そんなはしゃぐなよ……目立つぞー」

バクンッ!

心臓が跳ね上がりました。

今の……声……

気のせい……かな……

真横で、ありふれたカップルの会話が聞こえてきて。

見なければいいのに、振り返らなければ良かったのに。

やめといた方が良いんじゃないか?って。

隣にいるPさんが言ってくれたのに。

わたしは、振り返っちゃいました。

そして、すれ違ったカップルの姿が目に入って……

美穂「っっ!っぅうぅぁっ!!」

グラグラと、足場が揺れた気がしました。

心臓がバクバクして、なにも考えられません。

なんだか耳鳴りまでしてきました。

今、の……

あの二人は……

女の子の方は……李衣菜ちゃん、だよね……?

……じゃあ、あの男の人の方は……

考えない方が良い。

そうPさんは言ってくれたけど。

でも、あれは。

ほんわりと、一瞬だけど。

何処かで嗅いだ事のあるタバコの匂いがした、あの男の人は……

美穂「……P…………さん……?」

そんな事……ありません……

……ダメ……考えちゃダメ……!

あれは違う!見間違いに決まってます!

美穂「……ですよね、Pさん……?」

……隣に立つ貴方は、何も言ってくれませんでした。

どうして……?

ダメ、忘れて。

なんで……?

ダメ、見なかった事にして!

Pさん……?

ダメ、気付かなかった事にして!!




239: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:26:27.80 ID:ZGZ+MBEPO



美穂「……あれは……違う……違います……似てるだけ、だから……」

考えちゃいけない事を考えそうになって。

思い出しちゃいけない事を思い出しそうになって。

これを思い出したら、自覚したら。

全部が終わっちゃう、って。

そう、確信したから。

ーーーーーーーー

だったら。

偽物(ホンモノ)がいなくなれば。

もう、考える必要も無いよね?

今後不安になる事も、思い出しそうになる事も無いよね?

ーーーーーーーー

美穂「…………あっ」

……ふふっ。

何を考えてたのかは分かりませんけど。

妙案を思い付きました。

なんでそんな風に決めたのかは分かりませんけど。

きっと、これなら。

わたしは、これからも……

美穂「ごめんなさい、Pさん。わたし、ちょっと用事が出来ちゃいましたっ!」

Pさんと一旦別れて、わたしは先に家に戻りました。

良かったです、ちゃんとお手入れしてて。

普段からお料理で使ってますから、切れ味はわたしの折り紙つきですっ!

これなら、きっと。

すぐに、なかった事に出来ますよねっ!







240: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:27:54.21 ID:ZGZ+MBEPO





冬の夜道を、わたしは一人で歩きました。

寒いなぁ……早く、Pさんの隣に戻りたいなぁ……

全部済ませて、お家に帰って。

あったかい部屋で、Pさんと二人っきりになって、一つになって。

……震える手で、わたしは鞄の中に手を入れました。

美穂「……あれっ?」

気付けば、Pさんがわたしの手を握ってくれていました。

なんで居るのか分かりませんけど、別に考えなくても良いんじゃないかなって思うんです。

そんな事よりも。

Pさんが隣に居てくれてる事が、嬉しくって。

美穂「ふふっ、Pさん……っ」

勇気が湧いてきました。

不安なんて、もうありません。

気付けばPさんの姿は無くて。

さっきまで繋いでいた手は、柄を握ってたけど。

……きっとPさんが、背中を押してくれたんですよね。

だったら……わたし、強くならなきゃ。

美穂「えへへ。わたし、とっても幸せです……っ!」





241: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:28:50.78 ID:ZGZ+MBEPO


目的地に到着です。

そして、インターフォンのボタンを押しました。

「はーい、今出まーす!」

部屋の中から声が聞こえました。

そして、鍵の外れる音。

それと同時に、わたしは腕を振り上げました。

美穂「……ふふっ、Pさん。見てて下さいね、ずーっと!」







Scarlet Days ~Fin~





242: ◆x8ozAX/AOWSO 2018/07/22(日) 23:29:16.10 ID:ZGZ+MBEPO


以上です
お付き合い、ありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】Scarlet Days