1: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:12:17.10 ID:IwRn/Dr0o

京極SSですが、原稿用紙6枚分の長さしかありません。
また、筆者が高校生のときの作品です。
ある程度推敲はしたつもりですが、キャラ崩壊なども恐らくありますので嫌な方はお控えください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402711936




2: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:17:27.99 ID:IwRn/Dr0o



雨降小僧

雨のかみを雨師といふ。雨ふり小僧といへるものは、めしつかはるる侍童にや。

http://i.imgur.com/xP4oXS2.jpg





 ───あれは虹だ。

 無限の色。
 光の帯。
 七色の光の弓。

 嗚呼──薄らいでゆく。
 疾く───伝えなければ。



3: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:21:16.69 ID:IwRn/Dr0o


  1
 関口巽は小説を書く。
 雨の日も。風の日も。空が晴れていても泣いていても。
 否。別に平素書いている訳ではない。寧ろ自分は遅筆だと理解している。
 しかし、雨の日だけは別だ。
 雨の日は少し───本当に少しだけ───筆が乗る。其れが何に起因するものなのか、関口は知らない。

 ただ──関口は今日も、小説を書く。



4: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:28:15.63 ID:IwRn/Dr0o


  2
 木場修太郎は刑事だ。
 弱きを助け──強きをくじく。
 だが───木場の求める勧善懲悪の話のような、明らかな悪人と云うのは然う然う居無い。
 しかし、下手な鉄砲も何とやら、数多くの人と出会えば、──まあ大抵は犯罪者だが──いつかそんな「悪」に出会うかも知れない。
 だが、元はそんな─言ってしまえば邪な目的で始めた行動に因って──木場は多くの知人や友人を得た。
 そんな人たちを煩く思い乍も──今日も木場は歩く。
 まだ見ぬ巨悪を一直線に目指して。
 雨の中を──傘もささずに。



5: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:36:20.81 ID:IwRn/Dr0o


  3
 榎木津礼二郎に天候などは関係ない。
 雨が彼に与えられる影響と云えば──周囲の人間の気持ちを暗くすることくらいのものである。

 榎木津には殆ど視力が無い。その替わり──
 ─彼は人の気憶を視る。

 だからこそ──周囲が暗い気持ちに成れば──暗い気億が視得れば──彼も陰鬱な気分に成るのかも知れない。
 だが──それは普く間接的なものであるし──躁病の気のある彼には──恐らくそんなものは関係ないことだ。

 今日も彼は、名探偵らしく──事件を解決する。
 ───雨を鬱陶しく感じ乍ら。



6: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:41:54.22 ID:IwRn/Dr0o


  4
 中禅寺秋彦にとって──天候というものは本当に関係が無い。
 雨が降ろうが雹が振ろうが──彼は頑なに本を読む。
 但し──虹だけは別だ。彼は虹を好む。だから本当は、雨の日は少し──本当に少しだけ──書に集中できない。
 以前知人である関口にそう話すと、彼は驚いたような少し笑ったような顔になって──見つければ報せに来るよと云った。
 結局それ以来、愚鈍なる知人が虹を報せに来たことはない。
 それでも中禅寺は、泣き出しそうな空を見上げる。

 ほんの少しだけ──友人を待ち乍ら。



7: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:43:43.65 ID:IwRn/Dr0o





 関口は休憩がてら出かけた散歩で、ふと空を見上げる。

 そして見つける。

 ああ──あれは虹だ。

 疾く───────。


                                         (了)



8: ◆OYVkqChdsA 2014/06/14(土) 11:44:16.12 ID:IwRn/Dr0o

おしまいです。
読んでくださった方、ありがとうございました。



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/14(土) 12:16:26.81 ID:08QT9Vq0O


京極テイストがしっかり出ていて良かった


元スレ
SS速報VIP:雨降小僧の虹