1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:37:54.85 ID:4gH2dJpO0


女「え、ええ…?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:43:20.96 ID:4gH2dJpO0


男「俺と海行きたい」

女「うん」

男「お前水着持ってない」

女「うん」

男「買う金ない」

女「うん」

男「俺は海パン2枚持ってる」

女「…」


女「で、でもでもでもでもでも!!」

男「じゃあこの話は無しで」

女「あっ、ああっあーっ…あぁ…」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:47:01.10 ID:4gH2dJpO0


女「で、でもでもでもでもでも!!」

男「じゃあこの話は無しで」

女「あっ、ああっあーっ…あぁ…」




女「でもそんなだって、えっその…そんな、でも…でもー!!!
だって私、そのっ…ま、まあ胸はっうん、な、ない、方、だけど…
つるぺたとか言われてるけど!それでも、さ、ねえ、その、…」

男「別に俺は海行きたくないし」

女「うぅー…」


男「ハワイみたいな柄があるやつと、スクール水着なんだけど、
どっちがいい?」

女「え、……」




女「ハワ」

男「俺ハワイね」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:50:11.19 ID:4gH2dJpO0



女「~~~~~!!!!」

男「股間のふくらみは…まあいいだろ。
たまにお前それホントについてんの?みたいなやついるし」

女「お、おねがいせめてハワイのやつにして!ね!
そうしよ?おねがい!だってさ、ね、だって!」

男「やだよこの年になってあんなピチピチ恥ずかしい」

女「うぅ……そ、そんなの私も同じだよ!!!恥ずかしいよぉ!!」




男「そんなに恥ずかしいなら前に何かいれる?レモンとか」

女「ちがう!そういう恥ずかしいじゃなくて!!!」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:54:10.80 ID:4gH2dJpO0



男「あ、バナナとかの方がいいよな。ズルって落ちないし」

女「ちょっとえちょっと何言ってんの!?あの!!」

男「バナナとレモンどっちがいい?」

女「…はぁあ!?ねえちょっと!あの、あの…何それあの
おかしくない!?おかしいよね!!!ねえ、あの、あのさ」

男「どっち」


女「……」




女「…レモン、の方が、まだ…」

男「じゃあバナナにするか」

女「ええええ!???!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 01:57:50.20 ID:4gH2dJpO0


女「そうだよ!Tシャツきればいいじゃん!
ね!そうだよTシャツ着てるよー!私Tシャツ着てるから!
大きめのやつ!ダボダボの!」

男「泳ぎたいんじゃないの?」

女「……」


男「バナナがさー、冷蔵庫に確か…」

女「ちょっと!!!ねえ!お願いほんとお願い!それは!それはやめよう!?ね!?」

男「じゃあ海中止」

女「うぅ…」

男「周りの人にジロジロ見られるぞ。あの人ついてない!とかって。」

女「うぅ………」

男「海やめる?」

女「…行く…」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:01:35.50 ID:4gH2dJpO0


男「はいバナナ。一応房ごとあげとく」

女「………それ、ずっといれて泳ぐの…?」

男「まあ」

女「……………」

男「じゃあ明日、現地集合な」

女「………」

男「どうした?」

女「ちゃんと来てくれる?」

男「うん」

女「……・・・ わかった…ありがとう」

男「うん」






24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:05:07.95 ID:4gH2dJpO0



―海

男「ちょっと遅れちゃったか…あいつどこにいるんだろ」


通行人「ねえさっきのヤツさ…ププ」
通行人「すげぇよなぁ昼間っからw」

男「……?」




女「あ、男~!!!やっと来たぁ~!!!もー!!
すごい恥ずかしかったんだよー!!!!バカ!もう!」

男(で、でかすぎて勃起してるみたいになってる…)

女「でもよかったよ~来てくれて!」






31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:12:06.46 ID:4gH2dJpO0


男「上にはTシャツ着てるのか。下まで届いてないけど」

女「うん、や、やっぱり恥ずかしいw」

男(どうしようかな…これは誰が見てもアウトすぎる)

女「あ、男、あの、あのさ…」

男「?」

女「こ、これ、けっこうさ、その、えっと…しめ、つけるね…」

男「まあ小学校のやつだしなあ…」

女「う、うん、でも、だ、だ、大丈夫、だよね?ね?
バレてないよね私女ってこと!バレないってのもちょっとアレだけどさ、
大丈夫、だよね…?」

男「今日は化粧もしてないだろ?髪もそのくらいだったら男でも結構いるし
お前声だけはかわいいからな。喋らないかぎり大丈夫だろ」

女「え、声?そ、そうかな、へへ…」


通行人「ママーあの人のおちんちんモンスター!」





36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:15:34.36 ID:4gH2dJpO0



男「まあでも…もうちょっと押し込められないか?」

女「え、これを…?」

男「ああ。ちょっとたってるみたいに見えるから」

女「え、え、え、え?何が?え、あ、うそ、ウソ、あっ…///////」

男「トイレ行くぞ」

女「あ、う、うん!!あ、っそっか、だから、あ、ああ…うぅ…」


―男便所

女「へぇ、男子の方はなんか青いんだね。壁とか」

男「よし、押し込むぞ」

女「え、えぇ!?」




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:20:19.45 ID:4gH2dJpO0


女「ちょっと待ってって待ってねえ!あっちょっとだめだめだめ!
わかったじぶんでやるから!自分で!ね!待って!」

男「ああ」

女「あ、でも、でも聞いて、」

男「何?」

女「これが、限界、だった……ん、だよ…」

男「もう少しいけるって」

女「いけないってぇ!」

男「あっち向いててやるからさっさと押せよ」

女「………ほんとに向いてる?」

男「向いてる」


女「……………わかった。
できたら言うからそれまであっち向いてて…」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:25:27.30 ID:4gH2dJpO0

女「あれ、紐が、何結びにしたんだっけ、あ、ちょうちょか」

スッ

女「………」ぐっ

女「…ぅ っあっ」




女「はぁ…はぁ…………あぁぅ」




女「はぁ…はぁ…」


男(壁。なかなか良いタイル使ってんな…)



ヤンキー「はぁ~マジ漏れそうだし!!!」

女「はぅ… ぁ」

ヤンキー「ひょ?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:30:20.87 ID:4gH2dJpO0


男(ほんといいタイルだ…家にも2,3枚ほしい)

女「ぁ……」

ヤンキー「………」


女(そうか!私喋っちゃいけないんだった!!
ど、どうしよう!!え、ど、どうしよう!男ぉ!!
こっち向いてお願い!!!)

ヤンキー「……お前……」

女「…………」


ヤンキー「便所でシコってんじゃねーよ!!!!!」

女「!!」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:35:21.96 ID:4gH2dJpO0


男「ん?」クルッ

男「うぉ!人がいる!」

ヤンキー「何だテメェ連れか?」

男「ああ、まあ」

ヤンキー「テメェの連れが便所でシコってんぜwww立ったままwww
もともと勃ってますってかやかましいわw」

男「ああ」

女「うぅ……ぉとこぉ」ハァ ハァ

ヤンキー「オナるなら家でやれしww」

男「まあそれはもっともだな」

女「?!」

男「ほら、謝んな。」

女「…!?!?!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:38:53.96 ID:4gH2dJpO0



女(ちょっ、え何言ってるの男!)ハァ…ハァ…

男「ほら早く。」

女(で、でも声出しちゃいけないんじゃ…)ハァ…

男「謝るには声出さないと駄目だろ。ほら」

女「え、っ…ぇ…」


ヤンキー「早く謝れや!!!!」

女「ぇ、ぁ、ご、ごめんなさい……」


男&ヤンキー『何をして?』




女「……ぉ、オナ、オ、……
お、オナニー… 、を…して………」




79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:44:55.53 ID:4gH2dJpO0

ヤンキー「て、てかテメェ声超可愛いな」

女「あっ!あっ、その、これは…」

男「じゃあ俺たちはこれで。バイバイ」

ヤンキー「あっおい待てよメアドを…」





男「ふう」

女「もぉ~~~~!!!何言わせんの!!
すっごい恥ずかしかったんだからね!!バカ!!もうバカ!!!
バカ!ほんとに!もう!」

男「ああ。で、少しは押し込めたのか?」

女「ん、あ、うん、それはちょっとできたんだけど…」

男「ん?」


女「もう一回戻って、あの、その、拭くものが ほしい…」

男「まあ泳ぐからいいだろ」

女「うぅ~!!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:50:20.65 ID:4gH2dJpO0


男(まあちょっとでかい人ってくらいか…異常、ではないな)

女「ハァ…ハァ。でも泳げるからいっか♪ねー
いっしょにおよご!あっ!みてー!風船イカダだって!」

男「ああ」

女「借りようよっ無料だしさー」

男「ああ、そうだな」


男「よし、上脱げよ」


女「……う、うん…・・・」

男「だーいじょうぶだって。誰も見てない」

女「ハァ…ハァ…、ちょっと、ほんとに、みてない?」

男「見てないよ」

バッ




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:53:40.19 ID:4gH2dJpO0



男(………やっぱり乳首勃ってる)

女「……………//////////////」

男「…まあ、たぶん大丈夫だろ」

女「たったぶんって何!?たぶんって!!!」

男「ぜったい大丈夫」


女「よーし!イカダー!飛び乗る!えーい!」

バスッ

女「あぁんっっっ!!!!!」

男「なんでうつぶせで乗るんだ」

女「すっっすっ少しでもむねっ
…かっ… ハァ… かくしたくて…」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 02:59:26.52 ID:4gH2dJpO0

女「~~~♪」バシャバシャ

男「なんかふらふらしながら泳いでんなあ。泳ぎヘタなのかな。
俺は貝殻でも拾っとくか」

女「~~♪」バシャバシャ

男「うおっ」


女「………あ」

男「…ん?どうしたー?」

女「…あ、あの…あのさ、…
あの、ぐちゅぐちゅに…なって、…なんか
あぃぅ。ごめんちょっとっ…あ…ドロドロに」

男「…ああ、海水でか?…そうか…やっぱりバナナは…」

女「ご、ごめん、いっかいだす…誰も見てないよね?」

男「海ん中でかー?まあ食べ物だしいいか…」

女「ふわぁ……」

男「こっからみると精液にしか見えねえな」

女「へっへんなこといわないで!!!」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:02:09.85 ID:4gH2dJpO0



女「ふわぁ~あ~……」ザバー

男「見事になくなってるな」

女「うん、へへー!ついになくなった!
さっきから泳ぎにくかったんだよねー!!
これで、その、変な声とかも出ないで済むし!!!!やったね!」

男「だめだろ。みんなに怪しまれるぞ」

女「へーんだ!もうバナナはありませーん!!やーい!」

男「そこでさっきこれを見つけたんだが」

女「え」



男「ナマコだ」







117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:09:06.61 ID:4gH2dJpO0

女「!!!!なっ何それっ!!!きっ気持ち悪いっ!!!!え!何それ!!!」

男「あれお前ナマコ知らない?」

女「えええええナマコってそれ!!!??それなの!?
生き物?!!ナマコってなんかえっ!?きもちわるっ!」

男「これがナマコっていうんだけど」グネグネ

女「えぇぇえ!?ナマコって私なんか魚の卵かなんかだと思ってた…」

男「ふーん。これがナマコ。」

女「へぇーこれがナマコなんだーへぇー。」

男「これなら元々海の生物だし溶けることは…」

女「えちょっと待って、何いってるの。ねえ、まさかさ」

男「これを代わりに」

女「いやだいやだいやだいやだ!!!!!!!いやだ!!!
それはっだって!うっ動いてるじゃんか!!!うご、うご、
えっ!?動いてるよ!??!!?動いてるよ!?!?それを!?!
むりだって!ぜったいむりだって!!!
バナナはさー、まださー、なんか親しみあったし、
おいしそうだしいいかなーって思ったけど、それは
ぜんぜんおいしそうじゃないし気持ち悪いし動いてるし!!!
むりだって!!!!」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:18:11.80 ID:4gH2dJpO0




女「うわぁ~あ~~あぁぁぁ~~~~~
なんか温かいよぉおおおおお!!!お、男ぉぉぉおおっ!!!
うっうわああぁ ふぅっ!!!
んっああああああああああ!!!!!!!」

男「ちょっと声がでかい。バレるぞ。静かにしろ」

女「そっそんな事いったってふぅぅうう!!!んっ!!!!うぅ…
ああああんん!!!!んんんんん!!!!!!あっあっあっぁっうぅぅ
あっ!!ちょっそっそこはあっ あああん!!!ぁっうぅ!ああ!!」

男「バレるって。ちょっと口開け。ほら」

女「えっこれっ!ナマコ?!んぅ モガ…っんっ」

男「少しは静かになるだろ」

女「んんんぅううううんんぅう!!!!!ん!!!んんんん!!
ああぁぁぁんふぅうううう!!!!!!んんんんふううううぅぅぅ!!!」

女(なんか出てる!なんかでてる!下でなんか出てる!
なんかでてる!なんかだしてるんだっておとこぉおおお!!!
なんかぐちゃぐちゃしたのだしてるんだってぇえええ!!!!)




150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:23:25.56 ID:4gH2dJpO0

男「ん?どうした?」

女「んんんんんんんん!!!ふぅううううん!!!んんふふうぅ!!」

女(下のナマコがなんかだしてるんだってぇえええ!!!
すごいうごいてるしなんかあったかいのだしてる!
うごいてるうごいてるうごいてる!!!!!!!!!!!)

男「一回とる?」

女「んんんん!!!!!!!!!」




男「どうした?。」

女「ハァッ…ハァ……」

男「…」

女「……あのね、なんかすごい出してくる…」

男「あー」

女「……………うごくだけでいい…」

男「え?」

女「………なんでもない!」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:26:57.88 ID:4gH2dJpO0



男「今なんていった?」

女「なんでもないって!!!」

男「まあとにかくこいつとはおさらばしようか」
ヒュッ ポチャッ

女「…はぅあ~………」

男「さすがにつかれたか」

女「うん~…へへ」





ヤンキー「見たぞ…チンコがとれて…それを海に・・・」





174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:33:19.17 ID:4gH2dJpO0

ヤンキー「ど、どういう事なんだ…!?
バイブプレイしてると思いきや中断してイチモツを…とった?!
そしてそれを海に投げ込む…!?どんなプレイなんだ…!?
だけど、なかなかの黒さだったぜ…あいつの…
あ、あれがバイブって可能性もあるぜ…!
そうときまったら海へダイブ!!!!
バイブのためにダイブってやかましいわwwww」ジャブッ


男「ん?今のは…」

女「え?」

男「まあいいか。かき氷でも食べるか」

女「うん!食べる~!」

男「お前疲れてるだろ。買ってきてやる。何味がいい?」

女「え、大丈夫だよ動けるよー」

男「まだちょっと息あがってるだろ。何味だ?」

女「え、じゃあ…いちご…」

男「じゃ行ってくる」

女「あ、ありがとうー!」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:39:54.64 ID:4gH2dJpO0


女「あー…空青いなぁー…
でもなんかさっきの…あー…
こんなこと言ったら変な子に思われるしなあー…言うのやめとこ」

ヤンキー「ちくしょう!みつからねぇぜ!!!!
精液は見つかったけどなぁ…」ザバー

女「あっ」

ヤンキー「ウッホィ」

女「あ」

ヤンキー「ま、また会ったな」

女「……」ニコッ

ヤンキー「……あれ、連れは?今、一人なのか?」

女「……ぁー……」

ヤンキー「な、なかなか甘かったぜ、テメェの」

女「…?」




193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:42:28.50 ID:4gH2dJpO0


女(男まだかなぁ……早く来てほしい…)

ヤンキー「なあ、いいだろ?」

女「え?」

ヤンキー「いいだろ?いいんだろ?」

女「え、ちょ、え、」

ヤンキー「あああ我慢できねえぜえええ!!!!」

女「え、ちょっと、キャアアア!!!!!」



男「おーい買ってきた…

!!!!!!!!!!!」

ヤンキー「さっそく拝ませて…  !!!!」

男「てめぇ何してんだ!!!!!!!!」バキッ

ヤンキー「ぐあああああああああああ!!!!!」






198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:45:52.13 ID:4gH2dJpO0



ヤンキー「きっ気のせいか!!?なっ
無かったっような気が…!!!!!」

女「男!!!!おとこぉお!!!」


ヤンキー「!つーか痛ぇだろうがコラァ!!!連れコラァ!!!」


男「…」

女「男!!!!!!怖かったよぉー!!!」ガバッ



男「てめぇ人の彼女に何手ぇ出してんだよ」





207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:50:15.53 ID:4gH2dJpO0



ヤンキー「かっ、彼女!??」

女「っ!!!!!」

男「そうだよ」

ヤンキー「おっ、おんな…?そいつ…、え?」

男「あ、うん。そうだよ。女だよこいつ」

ヤンキー「………え…まさか、うそだ、そんな…
だってよぉ!!!!男子便所で…え…嘘だ…
あんなに勃起して…砂浜でも…あんなに大きくして…
まさか…そ、そんな…!!!」

女(なんか急に胸まるだしなの恥ずかしくなってきたなぁ…
ずっと恥ずかしいけどなんか改めて恥ずかしく…)

男「見せてやれよ」

女「え?」

男「証拠、見せてやれ」

女「…え、何の?」




217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 03:54:52.08 ID:4gH2dJpO0



女「ちょっ、ちょっと待ってよ!
今さっき男なんて言った?!ねえ!なんて言った!?」

男「証拠を見せてやれ」

女「違うもうちょっと前に!なんか言ったよね!
それ、なんて言った!?」

男「証拠を見せたら言う」

女「うぅ~!!!もぉー!!!何それー!!!」

ヤンキー「本当に…こんな可愛い子が…おんな、なのか…?」

男「ほらああ言ってるから」

女「だっ…だって、そんなっ…そんなことっ……
ええええ?!!いやだよ恥ずかしいよ!!!」

男「ここまできたらもうそんな恥ずかしくないだろ」

女「いやだよっ!!!恥ずかしいよだって…これ、これ
脱いだら…ぜっぜっぜっ、ぜっ…全裸じゃん……!!!」

男「いや別に脱がなくてもこっそり見せればいいだろ」

女「…あ、う、うん…そっか」




222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 04:00:48.33 ID:4gH2dJpO0



女「それでも恥ずかしいんだからね!
……あ、あの、…は、はい…どうぞ」チラ

ヤンキー「……つ、ついてない!!!!毛一本ない!!!!」

女「うるさい!!!」

男「そういうことだ。諦めな」

ヤンキー「……そうか…残念だ…テメェが男だったら…な…
じゃあ、さよならだ…」

女「…ご、ごめんなさい…」

ヤンキー「いいんだよお譲ちゃん。なかなかいい彼氏じゃないか。
幸せにな」

女「ぁ…え、………」

男「なんだったんだあいつ…」

女「……で、ねえ男、さっき言ってたこと…」




233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 04:08:14.76 ID:4gH2dJpO0

ザバーン

男「人も全然いなくなったなー…そろそろ日も暮れ出したし、帰るか」

女「え。ああ、うん…そ、そうだね…」

男「…あー、ていうかさ、お前本当におんな?」

女「えっ!?いきなり何!?そ、そうだけど何言ってるの?………」

男「じゃあ証拠見せろ」

女「………え、」

男「お前が女だって言うなら、証拠、見せて」


女「……………うん」

スルスル… パサッ



女「…………へへへ………ど、どう、かな」

男「可愛い」

女「もぉー!」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 04:14:45.69 ID:4gH2dJpO0

男「さすが俺の彼女」

女「………え」
男「ん?」
女「………へへへ~」
男「なんだ?」

女「……………ねー」
男「ん?」

女「男もおとこだって証拠見せてよ」

男「は、はぁ!?」
女「みーせーて」

男「………お前なぁ…」

女「へへー」

男「………ほらよ」パサッ

女「……さすが私の……」

男「………………」

女「………」

男「いいよ。いえよ」

女「……彼氏…」



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 04:26:52.96 ID:4gH2dJpO0

―男 宅

男「ただいまー」
女「ただいまー」

男「ふぅ…」
女「あー、日焼け止め塗ってもやっぱりちょっと…かゆいなぁ…」

男「どうだった?今日は。
『幼馴染の男装露出プレイat海岸』」

女「楽しかったー!なんかいつもと違ってすごいドキドキしたよ~!
あんなに人いっぱいいるところで胸出したのも初めてだしね!」

男「よく思いついたよなお前。男モンの水着着るなんて」
女「うっ///でもバナナ思いついたのは男じゃんかー!」

男「まあな。つかナマコどうだった?大丈夫だった?」
女「ああー、なんか液出してきたときはびっくりしたけど、でもそれもなんか気持ちよかった///」
男「そっかーよかったよーちょっとこっちもハラハラしちゃってた」

女「へへへー…あ!ねえ今度はさ!男が女装して海行くってのはどう?」
男「はぁ!?いやに決まってんだろ!!なんだよそれ、第一俺…まあ髪は長いほう、だけど…」

女「喋らなければ大丈夫…じゃない?ね?来週は、そうしよ?
私のスク水貸してあげるからね~?今日のお返したっぷりしてあげる!」

男「………」

とりあえずおわり



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 04:29:18.00 ID:1ZLySbDLO

おつ
ボーイッシュな彼女がほすぃ(´・ω・`)



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 06:02:21.13 ID:KPoNLeJoO

ボーイッシュ好きの俺得


元スレ
男「お前胸ないしショートだし海パンでも大丈夫だろ」