1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:15:24.72 ID:Gav7yvMlO

貴音「…あなた様?何を仰っているのです?」

やよい「うっうー!プロデューサーがまたおかしくなっちゃいましたー!」キャッキャッ

伊織「はぁ…またアンタは…」

P「いいか?お前らは個性的だ。だが、しかし…」

P「俺はその個性に飽きたんだよ!」ビシィッ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:19:02.28 ID:Gav7yvMlO

P「伊織はツンデレ、やよいは純真さ、貴音はミステリアス…」

P「いつもお前たちの俺に対する態度はそんな感じだろ?」

P「…いいか?男はな?」

P「…」

P「たまに違う態度をとられると、そのギャップに悶えるんだ!」

貴音「…!」

やよい「っ!」

伊織「ふぅん」

あずさ「…あらあら、うふふ~」

伊織(アンタ、いつからいたのよ…)

P「で、だ」

P「まずは貴音…お前から俺に対する態度を変えてみろ」

貴音「…はて、わたくしから、ですか」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:21:20.70 ID:Gav7yvMlO

貴音「…ふふっ。かしこまりました。あなた様」

P「あぁ、よろしく頼む」

貴音「…では」

貴音「…すぅ」スゥ...

貴音「プロデューサー?また、わたくしのプリン…食べましたね?」ウワメヅカイ

P「ふむ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:25:09.83 ID:Gav7yvMlO

貴音「…むぅ。わたくしだって怒るときは怒るんですよ?」プンスカ

貴音「聞いてますか?プロデューサー!」グイグイ、グイグイ

貴音「…いいですよーだ!プロデューサーがそんな態度なら、わたくしだって考えがあります」

貴音「…」トテトテトテ、トテトテトテ

P「貴音?」

貴音「…ここに、プロデューサー飲みかけの紅茶があります」

貴音「…これを…こくっ」コクン

P「なんだと?」

貴音「…ふふっ。間接…キス、ですよ?」チラッ、ウワメヅカイ

P「」ズキューン



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:28:45.31 ID:Gav7yvMlO

貴音「…ふふっ。いかがでしたでしょうか」テレテレ、テレテレ、

貴音「…最近はやりの、つんでれ、なるものに挑んでみました///」

P「うん。貴音?それはツンデレじゃないな」

P「でも、なんだろうな。貴音には無限の可能性を感じるよ」ナデナデ、ナデナデ

貴音「…あなた様///」

伊織(何よ、イチャイチャしちゃって…)

やよい「うっうー!貴音さんがツンデレ?してましたー!」キャッキャッ

あずさ「ふふっ。若いっていいわね~」イライラ、イライラ



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:31:58.96 ID:Gav7yvMlO

P「はっはっは。可愛いやつめ」ナデナデ、ナデナデ

貴音「…はふ…あなたさま?それ以上なでなでされますと…その…」チラッ、

やよい「うっうー…」

伊織「何よ…?」

あずさ「…うふふ。次は、私がいこうかしら~」ニコニコ、

P「?」

P「じゃあ、次はあずささん。よろしくお願いします」

P「あ、貴音。いつものところにアイスあるから、好きなもの食べていいぞー」

貴音「…では、わたくしはアイスを…」

――ガチャッ、



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:34:36.54 ID:Gav7yvMlO

P「じゃあ、あずささん。よろしくお願いします」

あずさ「うふふ~。はい~」

あずさ「では。…すぅ」スゥ...

あずさ「あら、プロデューサー。いらしてたんですか」

あずさ「すみません。ふふっ、全然気付きませんでしたわ」

あずさ「…さぁ、プロデューサー。私の為に、働きなさい?」クスクス

P「」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:36:47.36 ID:Gav7yvMlO

あずさ「…何をぼけーっとしているの?アイドルを待たせるプロデューサーなんて、普通いないわよ?」

あずさ「…」クスッ

あずさ「…あぁ。そういう事?」ツカツカツカ、グイッ

P「っ!」グッ

あずさ「…お仕置き、されたいのね?」ボソッ

P「」ドギュウウウン



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:39:47.41 ID:Gav7yvMlO

あずさ「…ふふっ。そうね?いいわよ?お仕置き、してあげる」

あずさ「…で・も」クスクス

あずさ「…何か私に言う事、あるわよね?」

P「…です」

あずさ「…なに?」

P「…され…です」

あずさ「…ほら、イっちゃいなさい」ボソッ

P「あずささんにお仕置きされたいです!」

あずさ「…あははっ。ホントに言っちゃったのね。…情けない」クスクス

あずさ「…でも」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:43:25.60 ID:Gav7yvMlO

あずさ「…プロデューサーが頑張ったら…もっとイイコト…」

あずさ「…してあげる」ボソッ

P「」

あずさ「…」フゥ...

あずさ「…うふふ~。どうでした?今流行りの、女王さまになってみました」

あずさ「…ドキドキ…しましたか?///」テレテレ、

P「あずささんにお仕置きされたいです」

あずさ「…」トテトテトテ

あずさ「…後で、ね?」ボソッ

P「っ」

あずさ「…うふふ~。では、私もアイス食べてきますね。13アイス、好きなんです」

――ガチャッ、



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:46:15.69 ID:Gav7yvMlO

伊織(何よ、あずさのやつ…本気だったじゃない。私もドキドキしちゃったわ…)ドキドキ、

やよい「…」

伊織(やよい?)

やよい「…」ツカツカツカ

P「?」

やよい「私に、ごめんなさいしなくちゃだよね?」グイッ

P「っ!?」

やよい「P」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:50:08.81 ID:Gav7yvMlO

やよい「…何で私もプロデューサーの担当なのに、他の女の子にデレデレしてるのかな?」

P「い、いや…そんな事…」

やよい「…してるよね?」

P「…」

やよい「…」スッ、

やよい「…でも、いいの。ふふっ、私、知ってるから」クスクス、クスクス

P「な、何を?」オソルオソル

やよい「…に、決まってますから」

P「えっ?」

やよい「プロデューサーの…Pのイチバンは私に…」

やよい「決まってますから」クスッ

P「」

やよい「…そうだよね?プロデューサー」

やよい「…ううん」

やよい「P…」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:52:36.98 ID:Gav7yvMlO

やよい「ふふっ…」トテトテトテ、スルッ

P「や、やよい?」オロオロ

やよい「…ほら、私、Pの為なら何でも出来るんですよ?」クスクス

やよい「…Pが望めば、ね?」チュッ

P「」

やよい「…」

やよい「…うっうー!」ニッコリ

P「や、やよい?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:55:39.83 ID:Gav7yvMlO

やよい「ビックリしましたかー?今、やんでれっていうのが流行ってるみたいなんですー」

やよい「だから、私もやんでれになってみましたー」

P「やよいはいつものやよいでいいんだ」ナデナデ、ナデナデ

やよい「うっうー///」

やよい「じゃっ、じゃあ私もアイス食べてきますねー!」トテトテトテ

P「あぁ。いっぱい食べるといい」

やよい「…」チラッ、

伊織「…うん?」

やよい「…負けない」ボソッ

伊織「…」ゾクッ

やよい「うっうー!ではー!」トテトテトテ

――ガチャッ、



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 21:58:26.67 ID:Gav7yvMlO

P「さて、伊織はどうするんだ?」

伊織「…やる」ボソッ

P「ん?」

伊織「やるって言ってんの!アンタ、ちょっとデレデレしすぎ!」

伊織「…何よ?ちょっと女の子のいつもと違う姿見たからってデレデレしちゃって…」

伊織「…」グスッ

伊織「ばっかみたい…」グスグス

P「いおり」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:01:37.27 ID:Gav7yvMlO

伊織「アンタだってイヤよね…私みたいなめんどくさい女なんて」

伊織「仕事だけの関係だっていうのは分かってる…」

伊織「…だけどね?」チラッ、

伊織「わたしだって…女の子なのよ?」

P「伊織…寂しい想い、させてたんだな…」ギュッ

伊織「あっ…」

伊織「ばか…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:03:52.50 ID:Gav7yvMlO

伊織「…ふふっ、」クスクス

P「ん?」

伊織「もう…いいわよ。たまには、素直な私もいいものでしょ?」

伊織「にひひっ♪」

P「」ズキューン

伊織「…じゃあ、私もアイス食べてくるわね。13アイスなんて、アンタも分かってるじゃない」クスクス

伊織「…じゃあね?」

――ガチャッ、



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:06:48.57 ID:Gav7yvMlO

P「…」

P「ん~!たまには違うあいつらもいいな」

P「何より、俺が楽しい!」

――ガチャッ、

春香「プロデューサーさん!ただいま帰りましたー!」

P「おぉ、春香か。おかえり」

春香「ただいまです!」トテトテトテ

春香「で、向こうで皆がアイス食べながらニヤニヤしてたり威嚇してたりしてるんですけど…」

P「あぁ、それはな?かくかくしかじか」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:08:41.28 ID:Gav7yvMlO

春香「またですかぁ?あははっ!プロデューサーさんも好きですねぇ?」ニヤニヤ

P「はっは。お前もな?」

春香「うふふ」

P「で、やるよな?」

春香「…当然です」ニヤニヤ

春香「私だって、アイドルの前に…一人の女の子ですからね!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:10:21.97 ID:Gav7yvMlO

春香「では、いきますね?すぅ」スゥ...

春香「あうー?」トコトコトコ

P「」

春香「うー!ぱぱたん♪いた♪」トコトコトコ、ギュッ

P「」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:12:27.93 ID:Gav7yvMlO

春香「ぱぱたん♪すきっ♪」ギュー

春香「えへへー」スリスリ、スリスリ

P「はる、か?」フルフル、

春香「あう?あにー?」ヒョコッ、ニコニコ

春香「えへへー。ぱぱたんひとりじめだー」ニコニコ、スリスリ

P「」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:15:47.68 ID:Gav7yvMlO

春香「あう?ぱぱたん、どったの?どっか、いたいいたいなの?」グスッ

P「」

春香「あう…そだっ♪」ニッコリ

春香「ん~!」フルフル、

春香「いたいのいたいの、とんでけー!ぱぱたんのいたいの、どっかいっちゃえー!」ポカポカ、ポカポカ

春香「…」ヒョコッ、ウワメヅカイ
春香「ぱぱたんのいたいの…どっかいった?」ニッコリ

P「あぁ。ありがとな?春香」ナデナデ、ナデナデ

春香「えへへ///」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:18:50.27 ID:Gav7yvMlO

春香「えへへ…」チラッ、

春香「ど…どうでした?プロデューサー」テレテレ、

P「かわいいはるかかわいい」ナデナデ、ナデナデ

春香「…えへへ…」

春香「じゃあ、私もアイス食べてきますねー」

――ガチャッ、

P「あぁいう春香もイケるな…」モゾモゾ

――ガチャッ、

P「っ!?」バッ



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:20:09.93 ID:Gav7yvMlO

千早「…見てましたよ?プロデューサー…」

P「ち…ちひゃー!」

千早「…うふふ」トテトテトテ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:21:36.66 ID:Gav7yvMlO

千早「…次は、私の番です」スッ、

千早「…いいですよね?プロデューサー?」クスクス

P「あ、あぁ…」

千早「…ふふっ、では」

千早「…すぅ」スゥ...



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:23:07.54 ID:Gav7yvMlO

千早「うぅ…おもらしをしてしまいました///」カァァァァ

千早「…は、恥ずかしい…」チラッ、ウワメヅカイ

P「なん…だと?」

千早「…あの…」

P「ん?」

千早「…取り替えて…ください」

P「」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:26:06.75 ID:Gav7yvMlO

千早「…ちはやの…取り替えてください…」グスッ

P「え?いや、でも…あのね?ちひゃー」オロオロ

千早「…私のは、イヤ…ですか?」ウワメヅカイ

P「」

千早「…この歳でおもらしなんて、恥ずかしすぎます…」カァァァァ

千早「…だから、プロデューサー?…取り替えてください…」

P「それはちょっと違うんじゃないかなって思うの」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:28:49.05 ID:Gav7yvMlO

千早「…///」

千早「…なんて、うふふ」

千早「…どうでした?春香が可愛かったんで、マネしてみちゃいました」クスクス

P「あ、あぁ。よかったよ」ナデナデ

千早「…///」

千早「…じゃっじゃあ、私もアイス食べてきます!」タッタッタッタッ、ポタッ、ポタッ

P「ふぅ…破壊力高いな…ん?」

P「この水っぽいの…まさか…ちひゃー!」バッ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:31:31.30 ID:Gav7yvMlO

――ガチャッ、

P「!」バッ

小鳥「うふふ~。プロデューサーさん?」クスクス

小鳥「見ちゃいましたよ?プロデューサーさん、そういうのが趣味だったんですか?」

P「いやぁ、違いますよ。はっはっは」

小鳥「…」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:32:04.85 ID:Gav7yvMlO

小鳥「…舐めなさい」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:33:20.98 ID:Gav7yvMlO

P「えっ?」

小鳥「もう一度言わないと分からないんですか?」ツカツカツカ

小鳥「…はい」スッ、

小鳥「私の足」

小鳥「…舐めなさい」クスクス

P「」ビクンビクン



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:35:59.14 ID:Gav7yvMlO

小鳥「…サンダルは脱いであげます」

小鳥「私、気付いてるんですからね?プロデューサーが、いつも私の脚を見てる事」クスクス

小鳥(あぁ、プロデューサーに舐めてもらえるなんて…)ドキドキ、

小鳥「好きなんですよね…?ストッキングを履いた、私の脚」

P「」ビクンビクン



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:39:25.48 ID:Gav7yvMlO

小鳥「…ほら、向こうではあなたのアイドルたちがアイスを舐めてますよ?」

小鳥「…早くしなさい」ズイッ

小鳥「…ふふっ。なら、今夜はプロデューサーさんのお部屋にお邪魔しますね?」クスクス

P「ま、まぁそれは毎晩の事ですし…」

小鳥「えっ?今夜もいっ、いいんですか?えへへ…やった♪」テレテレ、テレテレ、

P(小鳥さんマジかわいい)ナデナデ

おわり



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:40:41.45 ID:Gav7yvMlO

書いてて春香さんが一番楽しかった
ここまでありがとうございました



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 22:48:32.99 ID:Gav7yvMlO

――その後

春香「…」カタカタ、カチカチ、

春香「…ふぅん。プロデューサーさん、こういうのも好きなんだ」

春香「…はじめてのおるすばん、はじめてのおいしゃさん…」カチカチ、

春香「…うん。次は、これでいってみようかな」

天海春香の検索
おわり


元スレ
P「お前たちの態度に飽きた!」