1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:14:59.73 ID:XfGmaumD0

小鳥「また変わった趣味ですね」

P「いえ、別に趣味ではないですけど」

小鳥「それはいいとして、喧嘩なんて嫌ですよ」

P「どうして?」

小鳥「喧嘩する理由がないからです」

P「そりゃ俺だってありませんよ」

小鳥「だったらする必要ないじゃないですか」

P「何をおっしゃる……喧嘩が目的ではないのです」

小鳥「何が目的?」

P「アイドル達の前で喧嘩をしてですね、どういった反応を……」

小鳥「やります」

P「はやっ! 変わり身はやっ!」

小鳥「やだなぁ~それならそうと早く言ってくださいよー」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:16:05.29 ID:XfGmaumD0

小鳥「それで? どういった感じに喧嘩します?」

P「それなんですよねぇ問題は……」

小鳥「さっき言ったように、喧嘩する理由なんてないですよ」

P「えぇ、俺も小鳥さんには不満どころか、感謝しかないですから」

小鳥「わ、私だってそうですよ? いつも素敵だなぁって思って見てますし……」

P「そ、そうですか……それはどうも……」

小鳥「あっ、いや……忘れてください今の!」

P「いやぁ一度頭に入ったら、なかなか忘れらんないですね」

小鳥「ダ、ダメですよぉ!」

P「そういう記憶力は結構あったりして……」

小鳥(うぅ……恥ずかしい)

P「俺も小鳥さんのこと素敵だなって思ってますよ」

小鳥「えぇっ!? な、何言ってるんですか…………ばか////」

P「……忘れてくださいね」

小鳥「イヤです」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:19:24.27 ID:XfGmaumD0

P「で、喧嘩の理由なんですけど……」

小鳥「うーーーん」

P「昨日の夜からずっと考えてるんですけどね、なかなかいいのが浮かばなくて……」

小鳥「そ、そうですか……」

小鳥(プロデューサーさんも、結構妄想癖があるみたい……)

P「そこで! 妄想スペシャリストの小鳥さん、なにか良い案はありませんかね?」

小鳥「え? そんなスペシャリストってわけじゃ……」

P「…………」ワクワク

小鳥(期待に満ち溢れた目をしてらっしゃる……)


小鳥「えっとぉ……もうアレにしません?」

小鳥「サボってる私をプロデューサーさんが叱って、私が逆ギレする……っていう」

P「あぁ……なるほど」

小鳥「それが一番リアルかなぁーと思いますけどね」

P「それってサボってるのを認めてるように聞こえるんですけど?」

小鳥「え? そ、そういうわけじゃなくてですね……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:23:33.81 ID:XfGmaumD0

P「でも実際んとこ……小鳥さんって、一見するとサボってるようですけど……」

P「仕事の配分をちゃんと決めて、息抜きしてるだけですよね」

小鳥「まぁそうですけど、一見してそうなら、みんなにも同じように見えてるはずです」

P「う~ん……ってことは、リアリティがあるということか」

小鳥「そうですよ」

P「分かりました、それでいきましょう」


小鳥「でも演技で喧嘩するのって、結構難しそうですね」

P「マジの喧嘩にならないように、一応ここで宣言しておきます」

P「喧嘩の最中に俺が言うセリフは、本心じゃないですから」

小鳥「はい、私も本心ではありません」

P「ということで……握手しましょう、握手」

小鳥「はいはい」

グッ!

P「これでよし!」

小鳥「頑張りましょう!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:27:05.14 ID:XfGmaumD0

小鳥「私、ちょっと外見てますね」

P「え? どうしてですか?」

小鳥「ほら、事務所のドアを開けたときには、既に喧嘩してないと変じゃないですか」

P「言われてみれば、そうですね」

小鳥「ですから、誰かが来たことを予め知っておかないと」

P「なるほど……じゃあお願いします」

小鳥「はーい」



小鳥「……あっ!」

P「さっそく来ましたか?」

小鳥「来ました来ましたー! ほら、喧嘩喧嘩!」

P「は、はい!」

小鳥「あーなんかドキドキしてきた!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:30:44.41 ID:XfGmaumD0

伊織「ふぅ……何回上っても、この階段には慣れないわね」

伊織「……やっと着いた」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

伊織「あれ? 中から声が聞こえるわ……何かしら?」

伊織「…………」

伊織「うわぁーなんか面倒なことになりそうだわ……帰りたい」

伊織「…………」

伊織「ま、まぁ入ってみないと分からないわよね!」

伊織「……よし」

ガチャ

伊織「ジャジャーン! 伊織ちゃんの……」

小鳥「なによ! この腐れポンチ!」

P「なんだとこのスベタ!」

伊織「」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:34:18.90 ID:XfGmaumD0

伊織「ちょ、ちょっと! どうしたのよ二人とも!」

小鳥「人が少ぉし寝てたからって偉ッそうに! 大体アンタだって社用車で昼寝してんでしょーが!」

P「俺は車で待機してる間も、携帯が引っ切り無しに鳴ってんだよ!」

伊織「おお落ち着きなさいって!」

小鳥「あぁ伊織ちゃん! 伊織ちゃんからもこの若ハゲに言ってやってちょーだい!」

伊織「べ、別にプロデューサーはハゲてないわよ!!」

P「伊織! お前からもこの年増に言ってやれ!」

伊織「べ、別に小鳥は……う~ん……年はまぁ……」

小鳥「キィーーーッ! 割と本気でキィーーーーッ!」

伊織「と、とりあえず落ち着きなさい! 話はそれからよ!」

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

伊織「もーーーー!!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:38:11.24 ID:XfGmaumD0

伊織「いいから、私の話を……」

小鳥「バカ! アホ! 粗チ○!!」

伊織「き、聞きなさい……」

P「その粗チ○にすら相手にされない癖に!」

伊織(ど、どうしたらいいの……)

伊織「もう……もう……止めなさいよ」

小鳥「この【自主規制】野郎!!!!」

P「なんだとこの【※削除※】女!!!!」

伊織「もう……止めなさい……止めてよぉー」


伊織「……ぐすっ」





伊織「うわぁぁぁぁーーーーん!!」

小鳥「」

P「」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:42:45.39 ID:XfGmaumD0

伊織「どーじでげんがなんでずるのーー!!」

小鳥「わわっ! ち、違うのよ!」

P「伊織は悪くないんだぞ? な? な?」

伊織「みんな悪くないもん……小鳥もプロデューサーも悪くないもん!」

小鳥「そ、そうね!」

P「し、強いて言えば、俺達は二人とも悪かったな! な? な?」

伊織「だがらもうげんがはやめでーーッ!!」

小鳥「分かった! すんごいよく分かったから!」

P「もう喧嘩しないから! 絶対しないから! な? な?」

伊織「……ほんと?」

小鳥「ホントよ! ほら、もう伊織ちゃんを間に挟んで抱き合っちゃうわ!」

P「えっ?」

小鳥「ほら、プロデューサーさん!」ボソボソ

P「え、えぇー!?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:47:26.94 ID:XfGmaumD0

P「そ、そうだぞ! ほーぅらこのとおり」

ギュッ

小鳥「あっ……////」

小鳥「ほ、ほらね? もう喧嘩しないでしょ?」

伊織「…………伊織が居るからでしょ?」

小鳥「えっ」

伊織「伊織が居なくなったら、また喧嘩するんでしょ……ぐすっ」

P「しないしない!」

伊織「証拠は?」

P「しょ、証拠!? えーっと……それは……」

小鳥「もう仲直りの証拠に……キ、キスしちゃうわよ!」

P「…………は?」

小鳥「ちゅぅ……ほら早く!」

P「な、何言ってるんですか!?」ボソボソ

小鳥「しょうがないでしょ!」ボソボソ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:49:47.81 ID:XfGmaumD0

P「いやしかし……」

伊織「…………」ウルウル

小鳥「……あーもう!」

ブチューーー!!

伊織「わっ……////」

P「んーー!!」

P(な、なにぃー!?)


ニュルン

P(…………ニュルン?)

小鳥「んっ……ちゅる……んふ……ちゅぱ」

P「んんーーーー!!」

P(ちょ、ちょっと…これはマズイ……)

小鳥「ふっ……ぅん…………」

P(だんだん意識が……遠のいて…………)

伊織「…………」ジー



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:52:41.25 ID:XfGmaumD0

小鳥「……ぷはっ!」

小鳥「ど、どーよ!?」

P「…………」ビクンビクン!!

伊織「…………」

小鳥(あらぁ……二人とも顔を真っ赤にして、グテーっとしちゃってる……)


小鳥「あの……プロデューサーさん?」

P(ヒドイ……ハジメテダッタノニ……)

小鳥「応答しない……と」

P(シタガ……ウゴキマワッテ……スワレテ……ノマサレテ……)

伊織(オトガ……チュパチュパ……エッチナ……オトガ……)

小鳥「ほ、ほら二人とも! 正気に戻って!!」

P「……ハッ!?」

伊織「……デコッ!?」

小鳥「はぁ……よかった」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:55:48.11 ID:XfGmaumD0

小鳥「えーっと……」

伊織「…………」プン

P「…………」スカ

小鳥「あのぅ……そんなに怒らなくても……」

伊織「私には怒る権利があるはずよ! そこのバカは知らないけど」

小鳥「そうですよ! プロデューサーさんは……」

P「……奪われた」ウルウル

小鳥「えっ」

P「穢された!!」ウルウル

小鳥(なんか乙女化しちゃったわ……)

P「もうお婿にいけないー! 小鳥さんみたいに売れ残るー!!」

小鳥「…………おい」




伊織「それより私の精神的ショックはどうしてくれんのよーーッ!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 15:58:44.61 ID:XfGmaumD0

伊織「二人ともほんっとに怖かったんだから!」

P「スマンスマン」

小鳥「いやぁ~なかなか良いものが見れましたわ~」

伊織「……こっちは見ちゃいけないものを見ちゃったわよ!」

伊織「あんな……オトナの……キ、キス……////」モジモジ

P(かわいい)

小鳥(かわいい)


伊織「と、とにかく! もうこんなことするんじゃないわよ!」

P「はい」

小鳥「多分しません」

伊織「アンタ達が喧嘩しちゃったら……私……ぐすっ」

P「……なんだろう」

小鳥「すっごく心が痛い」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:04:49.09 ID:XfGmaumD0

P「なんとなく伊織が泣くのは予想通りでした」

小鳥「うん、私も」

P「しかし唇を奪われるのは予想外……でしたけど」

小鳥「あの……ごめんなさい」

P「そんな……謝らなくていいですよ。 驚きましたけど……こ、小鳥さんなら……」

小鳥「えっ?」

P「なんでもないです、はい」

小鳥「今私なら大歓迎って言いましたよね? むしろ結婚してもいいって!」

P「まて、それは幻聴だ」

小鳥「いや、これはもう決定事項です!」

P「クーリングオフはできますか?」

小鳥「できません!」

P「えー」

小鳥「そもそも、人間グッドデザイン賞といわれた私を貰って、クーリングオフなんて……」

P「知らんがな」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:13:31.17 ID:XfGmaumD0

小鳥「次の人はまだかな~まだかな~」ピョン!ピョン!

P「窓際でピョンコピョンコしないでくれます?」

小鳥「だって待ち遠しいんだもーん」ピョン!ピョン!

P「……俺には目の毒です」

小鳥「あっ……そういうことですか」

P「そういうことです!」

小鳥「…………えっち」

P「ぐぬぬ……」




小鳥「あっ! きたきた!」

P「ぃよっしゃ!」

小鳥「さて、喧嘩だ喧嘩だぁー!」

P「やぁーってやるぜっ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:15:38.31 ID:XfGmaumD0

雪歩「うんしょ……よいしょ……」

雪歩「はぁ……疲れたぁ」

雪歩「事務所に着いたら、お茶を淹れよう……」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

雪歩「???」

雪歩「……気のせいかな?」

雪歩「…………」

ガチャ

雪歩「お、おつかれさ……」

小鳥「こぉんのド畜生がァーーーッ!!」

P「あ~? 腐った女にゃー言われたくねぇなぁー!!」

雪歩「」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:18:01.21 ID:XfGmaumD0

P「いいよなぁ事務員は! サボってても何も言われねぇんだからよぉ~」

小鳥「あんだよオメェは俺がサボってるの見たことあんのかよ!」

雪歩「あわわわわ……」

P「そんなダラシナイ身体見たら、サボって寝てることぐらい分かるっつんだよ!」

小鳥「…………」

ギュゥゥー!

P「イタイイタイ! 小鳥さん、足! 足踏んでる!!」ボソボソ

小鳥「ダラシナイはちょっと言いすぎですよ!」ボソボソ

P「もちろん本気じゃないですから」ボソボソ


雪歩(二人とも……す、すごく怖い顔してるよぉ……)

雪歩(どうして……こんなことに……)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:20:50.45 ID:XfGmaumD0

雪歩「あのぅ……」

小鳥「大体アンタ仕事してる気になってるけど、全然出来てないじゃないのよ!」

雪歩「あ、あの……喧嘩は……」

P「はぁ!? お前こそすぐトリップしてんじゃねーかよ!」

雪歩「喧嘩は……止めた方が……」

小鳥「アンタだって、いつも私の脚見て……」

雪歩「ふ、二人とも!」

P・小鳥「「雪歩はだまってて!!」」

雪歩「うう、ひどい~」


小鳥「アンタなんか【禁則事項】に頭突っ込んで死んじゃえばいいのよ!」

P「じゃあお前は【>>18禁※】の入った風呂桶に沈めてやるよ!」

雪歩(どうしたら……)

雪歩(あっ! そうだ!!)

雪歩(これなら喧嘩を……止めれるはず!!)

雪歩「よーっし」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:26:14.84 ID:XfGmaumD0

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

雪歩「二人とも! お、お茶ですぅーー!!」

P「……は?」

雪歩「コッチはプロデューサーの分ですッ!!」

雪歩「コッチが音無さんですッ!!」

小鳥「……は、はぁ」

雪歩「はい、右手に湯呑を持って!」

P「…………」

雪歩「それからお互いの腕をクロスさせて……」

小鳥「こ、こう?」

雪歩「そうですそうです!!」

雪歩「いいですか? それじゃいきますよー」


雪歩「はいカンパーイ!!」

P・小鳥「「カンパーイ!!」」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:28:13.63 ID:XfGmaumD0

ゴクリ

P・小鳥「「ブーーーーーッ!!」」

P・小鳥「「あっつ!!」」


雪歩「…………」ビチョビチョー

P「」

小鳥「」


雪歩「…………」ポタポタ

P「ゆ、雪歩……」

小鳥「お茶も滴る……いい女?」




雪歩「…………へくちっ」

P(かわいい)

小鳥(かわいい)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:31:04.17 ID:XfGmaumD0

雪歩「…………」

P「え、えっと……」

雪歩「……何か言うことはないんですか?」

P「も、申し訳ありませんでしたー!!」

小鳥「でしたー!!」

雪歩「ち、違いますぅ! その……私じゃなくて……」

P「えっ」

小鳥「えっ」

雪歩「け、喧嘩両成敗ですから……あの、お互いに……」

小鳥「あっ! それはもう大丈夫よ!!」

P「うんうん、もう仲直りしたから!」

雪歩「……ホントですかぁ?」

小鳥「もう仲直りの証拠にキス……」

P「うおっほん!!」

小鳥「してもいいってぐらい!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:35:53.58 ID:XfGmaumD0

雪歩「……えっ? ウ、ウソ……ですか?」

P「そうなんだよ……あはははは……」

小鳥「喧嘩なんてしてないのよ、私達」

雪歩「……そっかぁ」

P「ゴメンな」

雪歩「はぁ……よかっ……」フラッ

P「おっと!」

小鳥「雪歩ちゃん! だ、大丈夫!?」

雪歩「ゴ、ゴメンなさい……安心したら……力が……」

小鳥「横になりましょ! ね?」

雪歩「へ、平気です……それより……」

雪歩「喧嘩は……しちゃダメですよ?」

P「……なんだろう」

小鳥「すっごく心が痛い」


雪歩「…………へくちっ」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:40:48.71 ID:XfGmaumD0

P「あぁ~口の中がヒリヒリするぅ」

小鳥「喉もと過ぎれば……って言いますけど、口に入れていきなり熱いんですもん……」

P「いやしかし……仲裁の仕方も雪歩らしいというか……」

小鳥「ちょっと悪いことしちゃいましたね」

P「風邪引かなきゃいいけど……」

小鳥「それで、雪歩ちゃんは?」

P「別室で寝かしてます」

小鳥「一人で大丈夫かしら……?

P「伊織が傍に居てあげるそうです」

小鳥「あっそうですか! ほっ……これで心置きなく喧嘩が出来る」

P「そうですね」

小鳥「さぁーって、次は誰かなぁー」


小鳥「…………」

小鳥「……あっ! 来た!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:45:42.37 ID:XfGmaumD0

あずさ「……着いた~」

あずさ(同じ交番を5回通り過ぎたら、お巡りさんが道案内してくれたわ~)

あずさ(新米さんだったけど……結構カッコよかったわね~)

あずさ(でも……やっぱりウチの新米さんのほうが……)

あずさ「なぁんて、プロデューサーさんはもう新米さんじゃないか……」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

あずさ「あら? 声が聞こえるわ……何かしら?」

あずさ「…………」

ガチャ

あずさ「あ、あの~」

小鳥「いつまでも新人ぶってないで、少しは仕事を取ってきなさいよ!!」

P「いつまでもお局気取ってねぇで、早く寿退社()したらどうだ? あぁ……できねぇのか」

あずさ「」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:51:51.17 ID:XfGmaumD0

あずさ「ど、どうされたんですか!?」

小鳥「私は仕事をしてからサボってんのよ! アンタはサボる仕事もないでしょうけど!」

P「はぁ? パソコン弄っただけで仕事した気になってんじゃねーよ!」

あずさ(ふ、二人とも別人みたい……)

あずさ「あの……落ち着きましょう? ね?」

小鳥「ケツの青いガキのクセに調子乗りやがってよぉー!」

P「ケツのゆるんだオバンに言われたかねぇーよ! 腐ったトマト見てーなケツしやがって!」

あずさ「オバン…………」

小鳥「んだとコノヤロウ!」

P「うるせー! 悔しかったら結婚してみろ! できねぇーだろうけどなぁ!!」

あずさ「……ちょっと聞き捨てなりませんね」

P「………あっ……やば」

あずさ「…………」ニコッ

小鳥(こ、こわ……)



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 16:58:45.57 ID:XfGmaumD0

P「あ、あのですねっ! これは違うんですよ、えぇ!」

あずさ「……歯を食いしばったほうがいいですよ?」

P「は、はい!」

あずさ「……小鳥さんも」

小鳥「え? 私も?」

あずさ「…………」ニコッ

小鳥(も、もっとこわ……)


あずさ「……えいっ!」

ペチッ!

P「…………痛くない」


あずさ「えい!」

タプーン!

小鳥「…………むしろキモチイイ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:02:59.73 ID:XfGmaumD0

あずさ「プロデューサーさん!」

P「はい!」

あずさ「本気じゃなくても、女性にあんなこと言っちゃ……めっ! です」

P「すみません!!」

あずさ「それから小鳥さん!」

小鳥「は、はい!」

あずさ「…………」

あずさ「結婚のことを言われて怒る気持ちは、すっっっっごくよく分かりますけど……」

あずさ「本気じゃなくても、女性があんなこと言っちゃ……めっ! です」

小鳥「いやホント、すいません!」

あずさ「あらあら~、私に謝られても……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:06:52.65 ID:XfGmaumD0

あずさ「は~い、二人とも向かい合ってくださ~い」

P「えっと……」

小鳥「こう……ですか?」

あずさ「それじゃ、お互いにゴメンなさいしましょうね♪」


あずさ「……はい、プロデューサーさんから」

P「ゴメンなさい」

あずさ「はーい、小鳥さんは?」

小鳥「私の方こそ……ゴメンなさい」

あずさ「うんうん! 二人ともよく出来ましたぁ~」ナデナデ

P(保育園の先生みたいだ……)

小鳥(…………替えのパンツあったかしら?)



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:11:53.78 ID:XfGmaumD0

あずさ「それじゃ……演技だったんですか?」

P「そうなんですよ」

小鳥「演技じゃなかったら、いろいろヤバイです!」

あずさ「た、大変!!」

P「どうしました?」

あずさ「私ったら……演技だったのに叩いたりなんかして……」オロオロ

小鳥「い、いえ! そのくらい承知してましたし!」

P「っていうかむしろ叩かれてもオカシクないし!」

あずさ「ゴメンなさい……痛かったでしょう?」

P「いやいや! そんなこと……」

小鳥「我々の業界ではご褒美ですから!」キリッ

あずさ「えっ」

P「えっ」

小鳥「えっ」


小鳥「……えっ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:16:50.63 ID:XfGmaumD0

小鳥「いやぁ、実に良いものでしたね」

P「なんか逆に怒られたくなりますね……めっ♪ とかいって」

小鳥「それはそうと……」

P「はい?」

小鳥「本気じゃないんですよね? 結婚がどうとか……」

P「当たり前でしょ!」

小鳥「う~ん」

P「最初に宣言して、握手までしたじゃないですか」

小鳥「そうですけどぉ」

P「ほら、次誰か来るかも知れませんよ、見とかないと」

小鳥「……はーい」




小鳥「ホントに本気じゃない?」

P「しつこいですね」

小鳥「だってぇ」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:24:44.16 ID:XfGmaumD0

小鳥「次の方どうぞーって言ったら来てくれないかなぁ~」

P「待ち遠しいですか?」

小鳥「そりゃーもう! 早く喧嘩したいです!!」

P「喧嘩が目的みたいに言わないでくださいよ」

小鳥「みんな色んな反応してくれるから楽しいんですよねー」

P「そうですね、それぞれが自分なりに喧嘩を止めようとしてくれますから」

小鳥「しかしウチのアイドルは、なんて綺麗な心を持った子達なんでしょう!」

P「やっぱり俺達大人がしっかりしているから……」

小鳥「…………」

P「どうしました?」

小鳥「多分……反面教師なんでしょうね、私達……」

P「言わないようにしてたのに……」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:27:17.06 ID:XfGmaumD0

小鳥「あっ! キタキター!!」

P「よーっし、やりますか!」

小鳥「罵る言葉を頭に浮かべとかないと……」

P「即興だとなかなか上手くいきませんからね」

小鳥「怒鳴り慣れてないから、ちゃんと出来てるか不安です」

P「俺もなんですよね……喧嘩なんてしたことないし」

小鳥「…………」


小鳥「プロデューサーさんは出来てますよ」

P「それなら小鳥さんだって十分すぎるぐらいですよ」

小鳥「……喧嘩を褒めあうって、変な感じですね」

P「まったくです」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:30:22.52 ID:XfGmaumD0

やよい「はぁ、着きましたーっ!!」

やよい「う~ん……この階段も汚れてきたから掃除しないと……」

やよい「わわっ! 窓ガラスも曇ってるー!!」

やよい「よーっし! 今日はいっぱい掃除しちゃいまーっす!!」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

やよい「あれ? なんか声が……」

やよい「プロデューサーと……小鳥さん?」

やよい「……なんだか楽しそうです!!」

ガチャ

やよい「うっうー! お疲れ様でーっす!!」

P「テメェどうせ仕事できねぇんだからよぉ! 掃除ぐらいしたらどうだぁ!?」

小鳥「じゃーそこに寝そべって口開けてろよ! ちりとり代わりにしてやっから!!」

やよい「」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:34:40.81 ID:XfGmaumD0

やよい「あ、あの……」

P「きっとオメェんちの部屋もきったねぇんだろうなぁー!!」

小鳥「はぁ? お前ウチに来たことねぇだろーがボケ!!」

P「誰がオメェのオヤジくせぇ部屋に入るかよ! ハウスダスト女が!!」

やよい「あうぅ……どうしよう……」

P「ギャーギャーワーワー!!」

小鳥「ワーワーギャーギャー!!」

やよい(ど、どうしたらいいんだろう……)

やよい「!?」

やよい「あっ! アレは……律子さんの……」

やよい(そ、そうだ! アレを使って、喧嘩なんて出来ないようにしちゃえば……)

やよい「ちょ、ちょっと待っててくださーい!」ダッ

バタンッ


小鳥「……あら?」

P「……出てっちゃいましたね」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:37:46.83 ID:XfGmaumD0

ガチャ

やよい「ミュ、ミュージック……スタート♪」


テケテーレテーレ♪ テケテケテーレ♪
テケテーレテーレ♪ ゴーストバスターズ!!


小鳥「あれ? この歌は……」

P「たしかゴースト……」

やよい「ごぉすとばすたぁーーず!!!!」

小鳥「」

P「」

やよい「うらめしやぁ! オバケだどぉー!!」

やよい「怖いんだぞぉ~喧嘩してるばあいじゃないんだぞぉ~」

P「や、やよい?」

やよい「なんでs……や、やよいじゃないぞぉ~オバケだどぉ~」

小鳥(般若の面なんてどこにあったのかしら……? あのラジカセも……)

P(髪もわざわざ下ろしてきたのか)



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:41:35.57 ID:XfGmaumD0

やよい「どーだ! 怖くて喧嘩なんてやめちゃっただろー!」

P「や、やめたやめた! もう怖すぎてそれどころじゃない!!」

小鳥「私なんてちょっとチビッた! 多い日も安心でよかった!!」

やよい「そーだろー怖いだろー」

やよい「お、お前達が喧嘩する声が聞こえたから、来てやったんだぞー」

P「優しいオバケさんですね」

やよい「えへへ……あっ……じゃなくて、がぁっはっはっはー」


小鳥「ラジカセ重いでしょ? 持ってあげますよ」

P「そのナイフも貰っておきます」

やよい「ありがとうござ……か、かたじけない!」

小鳥(かわいい)

P(かわいい)



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:45:51.41 ID:XfGmaumD0

P「あ、あの……オバケさん?」

やよい「なんでs……な、なんだ!」

小鳥「やよいちゃんを知りませんか?」

やよい「わた……あ、あの小娘か……ちょっと待っていろ」

バタンッ

小鳥「…………」

P「…………」

小鳥「…………コホン」

P「…………コホン」


――――――
――――
――

小鳥「…………」

P「…………」

小鳥「遅いですね」

P「髪を結んでるのかも……」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:50:16.87 ID:XfGmaumD0

ガチャ

やよい「お、お疲れ様です……」

P・小鳥「「!?」」

小鳥「えっと……やよい…ちゃん?」

やよい「こんにちは……」

P「や、やぁ」

やよい「あっ! 喧嘩が収まってる!!」

小鳥「え、えぇ! さっきオバケさんが来たのよ……ね、プロデューサーさん?」

P「そ、そうそう! だから喧嘩どころじゃなくなって……」

やよい「うっうー! 仲良しに戻ってよかったですーッ!」

小鳥「そうね! やよ……オバケさんのお陰よ!」

P「いやぁホント、オバケのお陰だ!」

やよい「えへへ」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:53:04.04 ID:XfGmaumD0

小鳥「それでね……えっとぉ……」

やよい「どうかしたんですか?」

小鳥「いや……その……」

小鳥「プ、プロデューサーさん!」ボソボソ

P「えっ? 俺が言うんですか?」ボソボソ

小鳥「お願いします」ボソ

やよい「???」

P「えっとだな……非常に言いにくいんだけど……」

やよい「え? なんです?」

P「うん……あの……」

やよい「はい」




P「お面……取り忘れてるよ」

やよい「…………あっ」

今年一番の可愛さでした



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 17:57:24.61 ID:XfGmaumD0

やよい「あの……どうしていいかわからなくなって……」

やよい「怖いオバケが出たら、収まるかなーって」

小鳥「確かにインパクトが凄かったから、喧嘩どころじゃなかったわよ」

P「まぁ怖いっていうより、可愛いオバケだったけどね」

やよい「え、えへへ……////」

小鳥「それにしても、般若の面なんてどこにあったの?」

やよい「律子さんの机の上にあったのでお借りしました」

P「あぁ……なるほど」

小鳥「ラジカセは?」

P「そうそれ! 今時カセットテープで、しかも曲がアレだし……どこにあったんだ?」

やよい「それも律子さんのところに……」

P「あっそう」




P「…………なんで?」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:02:54.93 ID:XfGmaumD0

小鳥「いやぁ~実にやよいちゃんらしく、平和的に解決しましたね!」

P「まるで江戸の無血開城ようでした」

小鳥「……適当に言ってますよね?」

P「バレました?」

小鳥「でもオバケを出すって辺りが、こう……子供らしいというか……」

P「あれは……やよいはいつも自分より小さな子達を相手にしてるんで……」

小鳥「弟ちゃんや妹ちゃんですね」

P「だからそういう発想が出てくるんじゃないですかね?」

小鳥「……と言いますと?」

P「ほら、よく子供の頃に『早く寝ないとオバケが出るぞ!』とか言われてたでしょ?」

P「多分やよいもそうやって弟達を寝かし付けたりしてるんですよ」

小鳥「あぁ! 確かに子供相手にはそんなこと言いますよね!」

P「……分かるんですか?」

小鳥「べ、別に子育てしたことなくても分かりますよ!!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:05:32.91 ID:XfGmaumD0

P「次は誰が来ますかねー」

小鳥「もう誰が来ても楽しみですけどね」

P「そろそろ来るんじゃないですか?」

小鳥「ちょっと見てみましょう……」


小鳥「……おぉ! ちょうどやって来ましたよー」

P「さぁ次は誰だぁー!」

小鳥「いいですよねぇ、プロデューサーさんは楽しみがあって」

P「えっ?」

小鳥「私は誰が来るのか先に分かっちゃいますから、なんか半減しちゃって」

P「次は俺が見ましょうかね」

小鳥「お願いします」

P「よし……さぁ戦争だ!」

小鳥「望むところよ!!」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:09:29.16 ID:XfGmaumD0

貴音「……ふぅ、あの店のらぁめんはまこと、美味でした」

貴音「しかも替え玉永久無料……これは贔屓にしないといけませんね」

貴音「あの御方にも教えて差し上げないと……ふふっ」

貴音「…………」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

貴音「はて? 事務所の中からなにやら声が……」

貴音「どうやらあの御方と……小鳥嬢のようですね」

貴音「何か催し物でも……」

ガチャ

貴音「もし、一体何を……」

小鳥「なぁにがプロデューサーよ! エロデュースしか出来ないくせに!」

P「アイドルに妬いてんのか? テメェは相手にされねぇからってよぉ!」

貴音「」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:14:01.25 ID:XfGmaumD0

貴音「お二人とも! 一体どうしたというのです!?」

小鳥「ちょっと女の子に親しくされただけで、勘違いするバカに言われたかないわよ!」

P「ははっ! 勘違いする機会すら与えてもらえない女が、よく言いやがるぜ!」

貴音(こちらの声が聞こえておりませんね……)

小鳥「その減らず口に【検閲により削除】を詰め込んで窒息死させてやる!!」

P「そんな暇あったらその垂れる乳にラードでも詰め込んどけ!!」

小鳥「テメェそれ千早ちゃんにも同じこと言えんのかよ!!」


貴音(何ゆえ……このような言い争いを……)

貴音「ともかく、一度冷静になるのです!」

P「へっ……口のきき方が気にいらねェかァ? 頭にきたか?」

P「ならどうする……おい! 小鳥ィ! どぉすんだよォーーーッ!!」

貴音「お、お腹が空いているのでしょう! だからイライラするのですね!」

貴音「ではらぁめんを食べに行こうではあーりませんか! さぁ!」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:23:04.22 ID:XfGmaumD0

貴音「いざ給え! らぁめん拝みに!」

P「小鳥ィィィーーーー!!!」

小鳥「さんをつけろよデコ助野郎!!」

貴音「小鳥嬢! 伊織は今関係ないではありませんか!」

P「ギャーギャーワーワー!!」

小鳥「ワーワーギャーギャー!!」

貴音「…………」

貴音「尚もまだ、争いを続けるというのですね……」

貴音「わたくしにも、堪忍袋がございます」




小鳥「腐れて死んじまえ!!」

P「ドスケベー!!」

貴音「お黙りなさいッ!!!」

P「」

小鳥「」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:34:24.53 ID:XfGmaumD0

貴音「なんですか! 幼子のように喚き散らして!」

貴音「恥を知りなさい恥を!!」

P「も、申し訳ない!」

小鳥「平に! あっ平にぃ御容赦をぉ~願いますぅ~!」

貴音「あなた方の仕事はわたくし共のもちべぇしょんを高めること……」

貴音「それなのに、お二人が喧嘩をしてどうするのです?」

P「……仰るとおりです、はい」

小鳥「面目ございませんです、はい」

貴音「争いは憎しみと………飢えしか生みません」

P「はいその通………え?」

貴音「和睦を結ぶために、らぁめんを食べに行こうではあ~りませんか!」

小鳥「いや、もうお昼は済んだから……」

貴音「先ほどのお店が、なんと替え玉永久無料でしたので……ぜひそちらに」

P「食べてきたのならもう要らないだろ!」

貴音「40秒で支度なさってください」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:37:21.71 ID:XfGmaumD0

――――――
――――
――

P「はぁ……もう食べられない」

小鳥「うっぷ! もう少しでセルフ替え玉するところでしたよ私」

P「まぁ、セルフでも永久無料ですけどね」

小鳥「げぇ……想像させないでください」



P「なんか大変だったんで、次は軽い感じがいいですね」

小鳥「そうですね……やっぱり怒られるのはちょっと……」

P「まぁ怒られるようなことをしてるんですけどね」

小鳥「確かにそうですけど、できればダメージの少ないほうが……」

P「特に今は二人とも満腹ですから、激しいのは止めてもらいたいですね」

小鳥「えぇ」


小鳥「ささっ、今度はプロデューサーさんが見ててくださいよ」

P「はいはい」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:39:58.27 ID:XfGmaumD0

P「まだかなまだかな~」ピョン!ピョン!

小鳥「プロデューサーさんだって飛び跳ねてるじゃないですか」

P「出来るだけ動いて、らぁめんを消化しないと……」

小鳥「あぁなるほど!」

P「がんばれ俺の胃袋! 惜しみなく使えその胃液!!」

小鳥「よし! そしたら私も……スクワットでもして……」

P「あっ! 来ましたよ!」

小鳥「もう来ましたか!」

P「よし! 次も頑張って喧嘩しましょうね」

小鳥「頑張って喧嘩するって、なんかオカシナ感じがしますけど……」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:42:50.95 ID:XfGmaumD0

千早「…………ふぅ」

千早(今日のレッスンは……まぁまぁだったわね)

千早(……プロデューサー、居るかしら?)

千早「べ、別に居たからといって……どうということは……」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

千早「この声は……プロデューサーと、音無さん?」

千早「…………」

千早「……なんだかすごく嫌な予感がするわ」

ガチャ

小鳥「テメェなんざ豆腐の角に頭ぶつけて少ねぇ脳味噌ぶちまけて死んじまえ!!」

P「じゃあお前はカレーでも食ってその加齢臭を誤魔化しとけよ!」


千早「カレーで加齢臭……ふふふっ」

小鳥「」

P「」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:45:33.07 ID:XfGmaumD0

千早「ふふっ……あはははは!」

小鳥「……あれ?」

P「……スイッチ入っちゃったか」

小鳥「な、なによダジャレなんて……バカじゃないの?」

P「なんだとぉ!」

千早「ナンwwwwww」

P「いや、ちがっ……そのナンじゃなくて……」

千早「クックック…………お、お腹が……痛い……」

小鳥「…………」

P「…………」

千早「ヒィ……ヒィ……ぶふっ、ふふふふwwww」





P・小鳥「「ダメだこりゃ」」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 18:51:44.11 ID:XfGmaumD0

千早「えっ? 喧嘩……してたんですか?」

小鳥「本当じゃないのよ? してる体で……」

千早「それでみんなの反応を?」

小鳥「そうなの」

P「まさか千早の沸点の低さがここで出るとはなぁ」

千早「や、やめてください……」

小鳥「笑わすつもりがないのにウケを取ると、なんか恥ずかしいですよね」

P「しかも大爆笑ですからね」

千早「……っていうか」

P「???」

小鳥「なーに?」





千早「仕事してくださいね」

P・小鳥「「サーセン」」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:00:15.32 ID:XfGmaumD0

P「新しい仲裁の技法でした」

小鳥「そうですね! あんな方法で戦意を喪失させるとは……」

P「俺も千早も、自分の行動が予期せぬ効果を生み出したという点では同じですね」

小鳥「笑わすつもりないのに笑われて、止めるつもりないのに喧嘩を止めた……と」

P「千早に関しては喧嘩してることも分かってなかったというね」

小鳥「何してると思ったんでしょうね」

P「ちょっと激しい漫才とでも思ったんでしょう」

小鳥「あぁ漫才ですか……」

P「はい」

小鳥「ってことは……夫婦漫才ですね!」

P「ちょっと意味が分かんない」

小鳥「えー」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:10:17.53 ID:XfGmaumD0

P「う~ん……次が来なぁ~いぃ~」

小鳥「あと誰が残ってるんですっけ?」

P「律子とか美希とか……まだまだ居ますよ」

小鳥「うわぁ……律子さんはちょっと怖いなぁ」

P「そうですね……とりあえず怒られることは覚悟しておかないと」

小鳥「まぁ二人一緒に怒られるわけですから、幾分気は楽ですけどね」

P「そうそう……赤信号みんなで渡れば怖くない!」

小鳥「怖くないっ!」


P「……なんて言ってる間に、来ましたよー!!」

小鳥「えっ? 律子さんですか?」

P「それは来てからのお楽しみ」

P「さぁ! 定位置に付いて!!」

小鳥「ほいさっさ!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:12:34.80 ID:XfGmaumD0

響「パータパタおどる~よ~バーレリーナぁ~♪」

響「さぁ~いごのフーラダンスぅ~♪」

響「よし、ハム蔵! やっと事務所に着いたぞ!」

ハム蔵「ジュイ!」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

ハム蔵「!?」

ハム蔵「ジュイ! ジュジュジュイ!」

響「えっ……あ、ホントだ! プロデューサーとぴよ子の声だ!」

響「……なにやってるんだ?」

ガチャ

小鳥「ちぃせぇことをグダグダぬかしやがって! 付いてるのがちぃせぇからそうなんだよ!!」

P「テメェそれ千早にも同じこと言えんのかよ!!」

響「」

ハム蔵「」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:14:10.51 ID:XfGmaumD0

響「二人とも! どうして喧嘩してるんだぁ!?」

ハム蔵「ジュイジュイ!?」

小鳥「アンタと違ってコッチは大変なんだよ! 少しは事務仕事も手伝え!」

P「それが人にモノを頼む態度か! この人間廃棄物!」

響「け、喧嘩はダメだぞッ!」

ハム蔵「ジュジュッ!」

小鳥「来いよプロデューサー! 粗チ○なんか捨ててかかってこい!!」

P「年を取ったな小鳥! ハハッ、テメェは老いぼれだぁー!」

響「うわーん! 何言ってるのか全然わかんないぞぉ!!」

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

響「うがぁー! もっとわかんなくなったぁ~!!」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:15:59.72 ID:XfGmaumD0

響「あっ! そ、そうだ! ハム蔵ハム蔵!」

ハム蔵「ジュイ!!」

響「二人の…………に………して………」ゴニョゴニョ

ハム蔵「ジュイ!(おちゃのこさいさい!)」

響「よし、走って!」

ハム蔵「ジュッイーーーン!(いっけぇぇぇぇーーー!)」


トットコーハシルヨ ハムゾウー!!


響「あぁ! 大変だーッ!!」

響「ハム蔵が喧嘩してる二人の間を通って逃げちゃったぞー」

響「追いかけるには喧嘩してる二人の間を通って行くしかないぞー」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:17:57.09 ID:XfGmaumD0

小鳥「大体いつもアンタは……」

ハム蔵「ジュイーー」ピュー

小鳥「おっと!」

響「ハム蔵待てぇ…………ケンカハダメダゾー」

小鳥「…………」

P「…………」


P「お前こそいつも……」

ハム蔵「ジュッジュジューー」ピュー

P「おっと!」

響「ハム蔵ぉ…………ナカヨクシナイトダメダゾー」

P「…………」

小鳥「…………」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:21:03.45 ID:XfGmaumD0

小鳥「アンタなんか……」チラッ

ハム蔵「ジュー」ピュー

小鳥(……今よ!)

小鳥「キャーーーッチ!!」ガシッ!!

ハム蔵「ジュッ!?」

ハム蔵(なん……だと?)

響「あっ!?」

P「ハム蔵を掴んだっ!?」

小鳥「はい響ちゃん」

響「……あ、ありがとうぴよ子」


響「こ、こらハム蔵! 逃げちゃダメだぞー!」

響「あっ……ふ、二人も喧嘩なんてしちゃダメだぞ!!」

小鳥「ふふっ、そうね」

小鳥(喧嘩をなだめようとして気を引く猫みたい……かわいい)

P(響はええこやなぁ)



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:23:14.19 ID:XfGmaumD0

響「……なぁんだ、遊んでたのかぁ」

ハム蔵(知ってたけどねー)

小鳥「うふふ、ビックリしたでしょ?」

響「ビックリってもんじゃないぞー!」

響「ハム蔵が居てくれてよかった……」

ハム蔵「ジュッ!」


P「しっかしよくハム蔵を捕まえましたね」

小鳥「えぇまぁ」

響「ハム蔵……食べられちゃうかと思った……」

ハム蔵「ジュイ……」

小鳥「やだわ響ちゃん、ネズミなんて食べたってしょうがないわよー」

ハム蔵「!?」

響「ネズミじゃなくてハムスター!!」

ハム蔵「ジュイジュイ!!」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:26:36.90 ID:XfGmaumD0

響「ホントの喧嘩はしちゃダメだぞっ!」

P「あぁ、わかってるよ」

小鳥「ホントにしちゃったときは、止めに入ってね」

響「もちろん!」

P「ハム蔵も止めに入ってくれるよな?」

ハム蔵「ジュイジュイ!!」

響「でもホントの喧嘩だったら……ハム蔵食べられちゃうんじゃ……」

ハム蔵「ジュ……」

小鳥「だから、ドブネズミなんて…………」

ハム蔵「!?」

響「ドブネズミじゃなくてネズミ!!」

P「ネズミじゃなくてハムスターだ!!」

ハム蔵(人間は頭悪いな……)



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 19:28:45.78 ID:XfGmaumD0

小鳥「プロデューサーさん、次はまだー?」

P「俺に言われても困りますよ」

小鳥「そうですけどー」

P「まぁもうすぐ来るんじゃないですか?」

小鳥「ソースは?」

P「そんなのあるわけないでしょ」

小鳥「なぁーんだ」

P「次は誰が来るかなぁー」

小鳥「春香ちゃんです!」

P「ソースは?」

小鳥「あるわけないでしょ」

P「やっぱりか……」

小鳥「とか言ってると……誰か来たりするんですよ」

P「どれどれ……あっ、ホント!」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:00:14.77 ID:XfGmaumD0

真「ふぅ……久しぶりにジムに行ったなー」

真「喉乾いた……事務所に戻ったらポカリ飲もっと」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

真「あれ? 声が聞こえる……」

真「小鳥さんと……プロデューサーだ!」

真「何やってるんだろう……?」

真「…………」

ガチャ

真「お疲れ様です!!」

P「けっ! ダラシナイ身体しやがって! オメェは事務してねぇでジムに通ってろ!!」

小鳥「だからダラシナイは言いすぎだって言ってんだろーが!!」

真「」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:05:15.07 ID:XfGmaumD0

真「ど、どうしたんですか!?」

P「自覚があんのなら、さっさと無駄な脂肪を燃やしちまえよ!!」

小鳥「テメェそれ千早ちゃんにも同じこと言えんのかよ!!」

P「それはもうやめろ!」

真(どうしよう……)

真(こ、こんなこと今まで無かったからどうしたらいいのか……)

小鳥「おいコラ! 奥歯ガタガタ言わすぞこのダボが!!」

P「そんなに言って欲しけりゃ言ってやるよ! ガタガターってよぉ!!」

真「…………」

P「ほら、早くランニング行って来いよ! あの太陽に向かってーなんつってよぉ!!」

小鳥「誰がそんな青春ドラマみてぇなことするか!!」

真「青春ドラマ……」

真「…………」

真「……あっ!」

真(そ、そうだ……良いこと思いついた!!)



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:09:47.35 ID:XfGmaumD0

P「ギャーギャーワーワー!!」

小鳥「ワーワーギャーギャー!!」

真「お、お前らいい加減にしろ!!」

P「」

小鳥「」


真「人間は泣いても喚いても一回きりしか生きられない……」

真「その人生で最も大切な時間を、お前達自分達の手で台無しにしようとしてるんだ!」

P「ま、真?」

真「今からボクはお前達を殴る!」

小鳥「えっ……」

真「しかしこれは罰の為じゃない! お前達を励ます為だ! いいな!!」

小鳥「いやまぁ……そのセリフは懐かしいけど……」

真「いいか! 殴られた痛みなど三日で消える……」

真「だがな、今日の悔しさだけは絶対に忘れるなよ!!」

P「もうどうなってんの……」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:12:44.41 ID:XfGmaumD0

真「プロデューサー!」

P「は、はい!」

真「明日から気合入れなおせ!!」

P「はい!」

デュクシ!

P「ごふっ!!」

P(これマジのやつや……)


真「小鳥ィー!!」

小鳥「え? わ、私も!?」

真「明日からのお前は、今までのお前じゃないぞ!!」

小鳥「は、はい!!」

デュクシ!!

小鳥「こけこっこ!!」

小鳥(親父にもぶたれたことないのにーッ!!)



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:16:05.93 ID:XfGmaumD0

真「ド、ドッキリだったなんて……気づきませんよー」

P「それだけ俺達の演技がリアルだったってことかな」

小鳥「真ちゃんも結構な気迫だったわよ……」

真「ボク……もう無我夢中で……」

真「あっ、だ、大丈夫ですか? 痛くなかったですか?」

小鳥「すんごく痛かったわ!」

小鳥「私はいつもニンニクを食べて体を強くしてるから平気だったけど……」

小鳥「一般の市民なら気を失ってたわね」

真「ご、ごめんなさい……」

P「いいんだよ、気にしなくて」

真「喧嘩なんてしないでくださいね」

P「そりゃーもう……こんなに痛い思いするなら……」

小鳥「まさか私まで殴られるとは思ってなかったけど……」

真「ボクは不器用で……自分の思いをゲンコツでしか伝えることが出来ない……」

小鳥「うん……出来れば次からは言葉で伝えて頂戴ね」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:19:10.73 ID:XfGmaumD0

小鳥「まだズキズキします……」

P「大丈夫ですか?」

小鳥「えぇ、まぁなんとか」

P「まさか青春ドラマを自分の身体で体験するとは思いませんでしたね」

小鳥「真ちゃんらしいといえば、そうですけど……もう痛いのはゴメンです」

P「まったくです」


小鳥「さて、次は誰が来るんでしょうかね」

P「とりあえず、もう殴られはしないでしょう」

小鳥「そうだといいですけど……」

P「ちょっと見てみますか……」



P「おーキタキタ!」

小鳥「もうですか!」

P「ほらほら、準備して!」

小鳥「はい!!」



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:22:16.90 ID:XfGmaumD0

美希「……ミキ的には、今日はすっごく頑張ったと思うな」

美希「ハニーが居ないのに、一人でお仕事に行ったんだもん」

美希「事務所に帰ったら、ハニー分を補給するの!」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

美希「あれ? なんか声がするの!」

美希「んー? ハニーと小鳥の声だ」

美希「…………」

美希「あっ! 美希の居ない間にイチャコラしてるの! 絶対そうなの!」

美希「……許さないの! あの三十路務員!」

ガチャ

美希「コラなの! 小鳥ッ許さないの!」

小鳥「誰が三十路だコノヤロウ!」

P「あぁん? 三十路じゃねーよ! 四十路だっつってんだよ!!」

美希「」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:27:40.33 ID:XfGmaumD0

美希(三十路務員って言ったのが聞こえたのかと思った……びっくりなの)

美希「二人ともどーしたの?」

P「テメェが勤務中に薄い本読んでるのが悪いんだろ!!」

小鳥「薄いって、テメェそれ千早ちゃんにも同じこと言えんのかよ!!」

P「それはもうやめろと言ったはずだ!!」

美希「せつめーして欲しいの! どうして喧嘩してるの?」

P「美希、コイツは美希が一生懸命レッスンを受けてる間に、サボってたんだぞ!」

美希「小鳥がサボるのはいつものことなの!」

小鳥「いつもじゃないわ! 美希ちゃん、いつもじゃないわ!」

小鳥「こ、こんな奴の戯言は聞いちゃダメよ!」

美希「なんか分けわかんないけど……とにかく喧嘩は止めるの!」

P「そうだそうだ! 老いては子に従え!」

小鳥「腰の曲がった老いぼれだとぉ!?」

P「おい耳まで遠くなったのかよー」

美希「また喧嘩してる……もうヤなのー!」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:31:27.23 ID:XfGmaumD0

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

美希(しょうがないの……言ってきかないバカチンには、手を上げるしかないのっ!!)


美希「……コラッ!」

デュクシ!!

P「ウボァ」

美希「とりあえず、ハニーが悪いの!」

小鳥「えっ?」

美希「仮にも女の子にぼーげん吐いちゃダメなの!!」

小鳥「……仮ぃ?」

美希「いや、ちがっ……元……」

小鳥「元ぉ?」

美希「違うのっ! 今はハニーが悪いって話をしてるの!」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:36:38.74 ID:XfGmaumD0

小鳥「おいゆとり! テメェいい加減に……」

P(や、やばい! 矛先が……)

P「いやー俺が悪かった! だから小鳥さん、その振り上げた拳は……」

小鳥「止めるなプロデューサー! 俺が今からコイツを……」

P「やめましょう? そうしましょう?」

小鳥「やだね! もう我慢ならねぇ!」

P「ダ、ダメですってばー!」

美希「やーいやーいなのー!」

小鳥「ピヨーーーーーーッ!!!!」

P「コ、コラ美希! 火に油を注ぐんじゃない!」

小鳥「歯ぁ食いしばれ! そんな子供、修正してやる!!」

P「小鳥さん! ハシビロコウみたいな顔になってるから!」

P「あと美希にはそのセリフの元ネタわかんないから!!」

美希「ミキわかんなーい……あはっ♪」

小鳥「ピヨーーーーーーッ!!!!」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:42:03.66 ID:XfGmaumD0

小鳥「…………」

P「小鳥さん?」

小鳥「……ぐすっ」


小鳥「ふぇぇぇぇぇーーーん!!!!」

P「」

美希「」


小鳥「美希ちゃんのバカバカーーっ!!」

P「ほら、謝りなさい美希!」

美希「ゴメンなのっ! ホントのこと言い過ぎたの!!」

小鳥「ホントって言うなぁーーーッ!!」

小鳥「プロデューサーさぁん! 美希ちゃんがいじめるぅ~」

P「おーよしよし! 泣かない泣かない」ナデナデ

美希「あっ、ずるい!」

P(……あれ? 本来の目的って何だったっけ?)



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:44:56.23 ID:XfGmaumD0

小鳥「ゴメンなさい……私としたことが……」

P「とりあえず美希は叱っておきました」

小鳥「そうですか……私が大人げなかっただけですけどね」

P「まぁ子供は正直ですからねぇ」

小鳥「……なぁんかそれ、引っ掛かるんですけど?」

P「た、他意はないです……」

小鳥「それはそうと……私、美希ちゃんはハニーの味方をすると思ってました」

P「そうですか? 俺は自分に来るだろうとは思ってましたけど」

小鳥「でもあんなにガッツリ叩かれるとは思ってなかったでしょ?」

P「真に比べれば、大したことはないですけどね」

小鳥「あはは、それもそうですね」

P「それに……小鳥さんの心の傷に比べたら……」

小鳥「やめて! 思い出させないで!」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:50:21.32 ID:XfGmaumD0

P「だいぶ疲れてきましたね」

小鳥「そうですねぇ……叫びっぱなしですもん」

P「でも、ここまで来たら全員やってしまわないと気が済まないですよ」

小鳥「そりゃそうですよ!」

P「今度は足音で判断しましょうよ! 帰ってきたかどうか」

小鳥「あっ、最初からそうすれば良かったんですよ!」

P「まぁ今からでも遅くないですよ」

小鳥「さっそくドアに張り付いときましょう!」

P「そうしましょう!」

小鳥「…………」

P「…………」


カイダン!! カイダン!!

小鳥「あっ! これ絶対階段上ってるぞっていう音がしてます!」

P「……ホントだ!」

小鳥「さっそく喧嘩しましょう!」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:53:50.95 ID:XfGmaumD0

亜美「ねぇねぇ真美、兄ちゃん居ると思う?」

真美「いるんじゃないかな? ピヨちゃんと一緒に」

亜美「あぁ……隠れてイチャイチャしてるんだよきっと!」

真美「……えっ」

亜美「『止めてくださいピヨ』ってピヨちゃんが言って……」

亜美「んで兄ちゃんが『グヘッヘッヘェ……コッチは正直だぜぇー』って……」

真美「そ、そんなことダメ。ゼッタイ。だよ!」

亜美「え?」

真美「それに兄ちゃんはそんな度胸ないから……へ、平気だよ……」

亜美「いやぁー兄ちゃんもヤルときゃヤルかんねー」

真美「そんなことないよ! 兄ちゃんは……兄ちゃんは……」

真美「そんなこと……ない…よ」



亜美「ほらほら真美ー! 早く行こうよー」

真美「あっ、待ってよ亜美ーー!!」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:55:41.96 ID:XfGmaumD0

亜美「はい到着しましたー!」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

真美「ねぇ亜美……何か聞こえるよ?」

亜美「……ホントだね! 兄ちゃんとピヨちゃんみたい」

真美「ゲームでもしてるのかな?」

亜美「入ってみる?」

真美「う、うん……」

ガチャ

亜美「やっほー兄ちゃ……」

小鳥「女だからって舐めてんじゃねーぞコラ!!」

P「あーん? どこに女が居るって? まさか自分のこと女だと思ってんのかよ!」

小鳥「あんだとぉー!!」

亜美「」

真美「」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:58:00.86 ID:XfGmaumD0

亜美「ど、どーしたの二人とも!?」

真美「どーして喧嘩してるの!?」

小鳥「コイツが自分のこと棚に上げてよぉー! 私に仕事しろなんて言うのよ!」

P「本棚にビニ本隠してる奴に文句言われたかねぇなおい!」

小鳥「同人誌だよ! 懐かしいけどビニ本じゃねーよ懐かしいけど!」

亜美「ねぇ真美……ビニ本ってなんだろーね」

真美「し、知らないよ! 真美、そんなの知らない!」

亜美「???」

真美「知らないったら!」

亜美「わ、わかったよー」



P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

亜美「うわー! 聞き取れないくらいの勢いで喚いてるよー!」

真美「言っちゃいけない言葉ばっかりだね……」



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:02:44.33 ID:XfGmaumD0

亜美「ねぇ真美! こうなったら……ゴニョゴニョ」

真美「ホントに『ゴニョゴニョ』って言ってもわかんないよー」

亜美「あそっか! えっとね……」ゴニョゴニョ

真美「……え? うん……うん……あぁ、それいいね!」

亜美「分かった?」

真美「ゴメンよく聞こえなかった」

亜美「あみーん! じゃなくて、ガビーン!」


亜美「もう! ちゃんと聞いてよぉ~」

真美「ゴメンゴメン」

亜美「えっとね……」ゴニョゴニョ

真美「…………あっ! なるほど!!」

亜美「ね? なかなかいい考えっしょ-?」

真美「うんうん!」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:07:41.24 ID:XfGmaumD0

小鳥「社長抜かして男が一人で、チヤホヤされてるからって調子乗ってんじゃねーぞ!」

P「社長抜かして三十歳以上が一人ってだけでヒヤヒヤしてんじゃねーよ!」


亜美「相変わらず喧嘩をしてる二人……」

真美「それじゃ……真美からいくよ?」

亜美「……うん」

真美「な、なんか緊張するね……」

亜美「真美! しっかり!」

真美「う、うん……」

亜美「それでは、どーぞ!!」

真美「ぃよし!………すぅ……」


真美「あ、亜美のバカ! マヌケ! ノータリン! アンポンタン・ポカン!」

亜美「真美のビチグソ! 腐れ外道! ションベンたれ! ちちくりマンボ!」

小鳥「」

P「」



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:10:33.25 ID:XfGmaumD0

真美「ちょ、ちょっとそれは言いすぎだよ!」

亜美「ウルサイウルサイウルサーイ!!」

ポカポカポカポカ!!

P「こ、これは……」

小鳥「一体……」


真美「ワーワーギャーギャー!!」

亜美「ギャーギャーワーワー!!」

小鳥「……どうなってるの?」

P「マンガみたいに、舞い上がった埃の中から二人の手足が飛び出したり引っ込んだりしてます」

小鳥「うん……それはわかってます」

P「あぁそっか……本当の喧嘩ってここまでしなきゃいけないんですね」

小鳥「そうですね…………っていうか止めないと!」



192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:12:06.88 ID:XfGmaumD0

P「ど、どうしたんだ二人とも!」

亜美「真美が先に言い出したんだよ!」

真美「先に叩いたのは亜美だよ!!」

小鳥「落ち着いて!」

P「いいから、とにかく離れなさい!」

小鳥「一体どうしたの? お姉さんに話してみて?」

亜美「残念だったなぁ、トリックだよ」

小鳥「え? ト、トリック?」


真美「……今のピヨちゃんの気持ちが、さっきまでの真美達の気持ちだよ」

小鳥「え?」

亜美「……目の前で急に喧嘩始まったら焦るっしょ?」

P「ま、まさか……ワザと?」

真美「そーだよ♪ 喧嘩したら回りがどんだけ心配するか分かった?」

亜美「わかったら、もう喧嘩しちゃダメだかんねー!」

小鳥「…………やばい泣きそう」



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:16:30.95 ID:XfGmaumD0

真美「ピヨちゃん、真美達が喧嘩始めてどう思ったのか、漢字も入れて9文字で」

小鳥「すごく心配しました」

亜美「兄ちゃんは17文字で」

P「怪我したらどうしようかと思いました」

真美「真美達だって、二人が心配で……」

亜美「怪我したらどうしよう……って思ったんだよ?」

小鳥「はい、ゴメンなさい」

真美「だから、もう喧嘩しちゃダメ!」

P「すみませんでした」

亜美「分かればよろしい!」

小鳥「…………」シュン

真美「もーどっちが大人でどっちが子供だか分かりゃしないよー」



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:19:42.22 ID:XfGmaumD0

真美「つまり……真美達の反応を見ようとして、ウソの喧嘩を?」

小鳥「そうです……はい」

P「つまり……その喧嘩を止めようとして、ウソの喧嘩を?」

亜美「うんそーだよ♪」

真美「普通立場逆だよねコレ」

亜美「ホントだよね! いつも亜美達がイタズラして、怒られちゃう方なのに」

小鳥「仰るとおりで……」

亜美「コレに懲りたら、もう亜美達がイタズラしても怒らないこと!」

真美「そうそう! 何しても怒らないこと!」

P「いや、そのりくつはおかしい」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:23:55.89 ID:XfGmaumD0

小鳥「なんて良い子達なんでしょうあの二人は」

P「あの二人に限らず……ですけどね」

小鳥「もちろんです!」

P「俺に涙腺があれば泣いていました」

小鳥「私は隠れて少しだけ泣きました……」

P「あの二人にはずっと良い子のまま育って欲しいですね」

小鳥「私達はどうしてこんな風に育ったんでしょうね?」

P「きっとこんな風に育ったんじゃなくて、元々こんな風な奴が育っただけなんですよ」

小鳥「なるほど、生まれたときから決まってたんですね」

P「ナチュラル・ボーン・クズです」

小鳥「筋金入りですね!」

P「泣けるぜ」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:28:15.26 ID:XfGmaumD0

P「さて、残すところあと二人となりましたけど」

小鳥「子供に説教されて、それでも懲りないのは私達ぐらいですよね」

P「ここでやめるなんてもったいない! 懲りるのはその後でも遅くはないですから」

小鳥「それは一生懲りない人のセリフですよ」

P「褒め言葉だと受け取っておきましょう」

小鳥「えぇ、構いません」

P「それはそうと、こうしてドアの前に張り付いてますけど……」

小鳥「なかなか来ませんねぇ……」

小鳥「…………」

P「…………」


カイダン!! カイダン!!

P「おっ? 来たみたいですね!」

小鳥「さぁ誰かな誰かな~」

P「よーっし! 喧嘩だ喧嘩だ江戸の花だぁ!!」



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:36:43.13 ID:XfGmaumD0

春香(はぁ……駅からここまで来るのに何度も転んじゃった……)

春香(事務所に着いたら、プロデューサーさんに怪我したところをペロペr……さすってもらおう)

春香(『プロデューサーさん……お胸を怪我したので、さすってください……』)

春香「……なぁーんて言っちゃったりして!!」

春香「…………」

春香(私……きっと小鳥さんみたいな大人になるんだ……)


p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

春香「えっ? ジャングル?」

春香「いや、プロデューサーさんと……小鳥さんの声かな?」

ガチャ

春香「お疲れさまで……」

P「何がピヨだよ! 年増女の可愛さアピールほどウゼェものはねぇな!!」

小鳥「けっ! テメェもそのうちプロデューサーから魔法使いにジョブチェンジするんだろ!?」

春香「」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:41:40.64 ID:XfGmaumD0

春香「た、大変……!!」

春香「ちょっと二人とも! 喧嘩はダメですよ!」

小鳥「目障りなんだよ! ドブから生まれたドブ太郎が!!」

P「もっとマシな煽りはねぇのかよ! オメェはドブから生まれたドブスか!?」

春香「ド、ドブスとか言っちゃダメですってばぁ!!」

小鳥「テメェなんかトイレの水で顔洗って出直して来いこの醜男が!!」

P「ドブスは炊きたてご飯にドブかけて喰ってろ! ドブカレーつってよ!!」

春香「もう! そんな汚い言葉使っちゃダメですーーー!!」

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

春香「ギャーワーギャーワー!!」


春香「って……いけないいけない、私まで一緒になって……」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:46:43.90 ID:XfGmaumD0

小鳥「ピーヨーピーヨー!!」

P「プーローデューサー!!」

春香「…………」

春香(とても口に出して言えないような、すばらしい汚言葉で罵り合ってる……)

春香(どうしよう……)

春香(どうにかして二人の気をコッチに向けないと!)

春香(で、でも…………)

小鳥「んだよかかって来いよ!」

P「おぉ上等じゃねぇか! BBAだからって容赦しねぇぞ!!」

春香(これだもんなぁ……)

春香「う~~ん」


春香「……あっ! そうだ!!」

春香(良い方法を思いついちゃった!)

春香(これだったら……私でも二人の喧嘩を止めることが出来る!)

春香「……捨て身だけど、しょうがないわ!」



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:50:29.28 ID:XfGmaumD0

小鳥「このこのこのこのーー!!」

ポカポカポカポカ!!

P「うわっ! グルグルパンチって結構痛い!!」

春香(……よーっし)

春香(あとはタイミングを見計らって……)

小鳥「バカバカバカバカバカーー!!」

P「ちょ、ちょっと……小鳥さん……マジで痛い!」

春香「……今です!」



春香「わ、わぁぁぁあぁああーーーーー!!!!」


どどんがらがらどんがっしゃーん!!!!



小鳥「」

P「」



213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:54:51.43 ID:XfGmaumD0

春香「ぎゃぁぁーーーーー!! 転んじゃったぁぁぁああぁあーーー!!」

小鳥「は、春香ちゃん!!」

春香「絶ッ対折れた! 絶ッ対打ち所が悪かった! 絶ッ対労災だこれ!!」

P「だ、大丈夫か!?」

春香「イタタタタ……」

小鳥「平気? 怪我はない?」


春香「ふふっ……うふふふふwww」

小鳥(ホ、ホントに打ち所が……)

P(元からアレだった頭が……いや、天然という意味で……)

春香「あはは……やっと収まった~」

小鳥「えっ?」

春香「喧嘩、収まりましたね」

P「……あっ」

春香「えへへ……よかったぁ」

小鳥「春香ちゃん……」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 21:59:41.94 ID:XfGmaumD0

春香「ちょっと派手に転びすぎましたけどね……ふふっ」

タラー

春香「えっ? たらー?」

ポタッ ポタッ

春香「ぽた? ぽた?」

春香「………………あっ」




春香「な、なんじゃこりゃーーー!!!」

小鳥「春香ちゃん頭から血ぃが出てる! 血ぃが!!」

P「た、大変だ!! 小鳥さん、救急箱!!」

小鳥「どどどどうしよう! 警察!? 消防!? 弁護士!? 探偵!?」

P「あぁもう! 春香、待ってろよ! 今救急箱を持ってくるからなッ!!」

小鳥「あっ! もしもしお母さん? 春香ちゃんが怪我しちゃって……」

小鳥「『春香ちゃんって誰?』じゃないわよ……そう! その春香ちゃん!!」

春香「な、なんか……余計騒がしくなっちゃった」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:02:21.46 ID:XfGmaumD0

春香「えぇードッキリですかぁ!?」

小鳥「ほんっとにゴメンね!」

P「顔に怪我しなくてよかった……」

春香「私の怪我は、まぁ平気ですけど……」

春香「演技であんなに喧嘩できるんですか? それが一番ビックリです!」

P「いや、まぁ結構数こなしてきてるからね」

小鳥「もう慣れたっていうか……」

春香「もしかして全員にやってるんですか?」

P「あぁ、残りは律子だけ」

春香「ははは……たくましいですね」

小鳥「律子さんにはあんまりやりたくないんですけどねぇ」

P「ですねぇ……怒られそうだし」

春香(だったらやらなきゃいいのに……)

春香(……とか言ったら、メンドクサイことになりそうだから止めとこう)



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:07:12.53 ID:XfGmaumD0

P「まだ痛いか?」

春香(そこまで痛くはないけど……)

春香「す、少し痛いので……さすってくれませんか?」

P「そうか……さ、おいで」

春香「は、はい」

ナデナデシテクレータヨーω


春香「えへへ……////」

小鳥「…………」

がしゃーん!!

小鳥「わ、私も転んじゃったぁー」チラッ

P「ゴメンな、春香……」ナデナデ

春香「もっと撫でてくれたら許しちゃおっかなぁ~」

P「撫でる撫でる! もうチョコラータばりに撫でる!!」



小鳥「…………おい」



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:15:51.21 ID:XfGmaumD0

P「春香には悪いことをしましたね……」

小鳥「大事に至らなくてよかった……」

P「いや、十分大事に至ってたと思いますけど」

小鳥「お詫びにこっそりケーキでも買ってあげます」

P「そうしてあげましょう」


P「しかし……春香、やけに嬉しそうでしたね」

小鳥「そりゃプロデューサーさんに撫でてもらったからじゃないすか! やだーー!」

P「別に撫でてもらったくらいで嬉しくないでしょ。 しかも怪我までさせられといて」

小鳥「う~ん」

P「そう思いません?」

小鳥「ちょ、ちょっと試しに私を撫でてみてください! そしたら分かるかも……」

P「やってみましょう」

小鳥「…………」ドキドキ

P「……あっ! 律子が帰ってきた!」

小鳥「えぇー!? 律子さんのばかぁー!!」



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:22:25.91 ID:XfGmaumD0

律子「…………ふぅ」

律子「あぁ~肩が痛い」

律子「それに、なぁんか知んないけど、事務所に戻るのがイヤなのよねぇ」

律子「こういうときの予感って、当たりやすいし……」

p「ワーワーワーワー」

コトリ「ギャーギャーギャーギャー」

律子「えっ? 国会の華?」

律子「いや、この声はプロデューサーと小鳥さんね」

律子「…………」

律子「ますます入りたくないんだけど……」

ガチャ

律子「ねぇ一体なんの騒……」

小鳥「うるせぇボケナス! おととい来やがれこのクソ虫!」

P「とっとと帰ってクソでも食べて、犬の【※削除※】で【自主規制】してろ!」

律子「」



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:26:12.91 ID:XfGmaumD0

P「オメェはブスだからよぉー! 俺の後ろを離れて歩け! 俺と他人のフリして歩けよ!!」

小鳥「なぁに~? ケツに錠剤つめこんでコルクでフタしておもり付けて海の底に沈めるぞ!!」

律子「……あの」

P「あぁ律子! 聞いてくれよ……」

小鳥「律子さん聞いてちょうだい! このバカが……」

律子「仕事……してください」

小鳥「…………」

P「…………」

律子「……よいしょっと」

小鳥「あ、あれ?」




小鳥「やっぱりもうちょっと過激なほうがよかったんですよ」ボソボソ

P「今回が一番過激だと思いますけど……」ボソボソ

小鳥「とりあえず、続けましょう」ボソボソ

P「そうですね」ボソッ



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:32:52.65 ID:XfGmaumD0

P「ワーワーギャーギャー!!」

小鳥「ギャーギャーワーワー!!」

律子「…………」

律子(どどどどどどどうしよう!!!!)

律子(動揺しすぎて、普通に座っちゃったけど……)

律子(人があんなに激しく喧嘩してるの、始めて見たわ……)

律子(っていうか、一体どうしたっていうのよ!?)

律子(そもそもプロデューサーも小鳥さんも、あんな下品な言葉使わないし……)

律子(何があったらあそこまでの喧嘩が出来るっていうのよ!!)

律子「…………」




P「マズイですって小鳥さん!」ボソボソ

小鳥「なんか普通に仕事してますね」ボソボソ

P「どうします?」ボソ

小鳥「続けます!」ボソ



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:37:23.10 ID:XfGmaumD0

律子(どうしたらいいのかしら……う~ん)

律子(う~~~~~~ん)

律子(う~~~~~~~~~~~~~ん)

律子「…………」

律子(っていうか……何で私がこんなに悩まなきゃいけないのよ?)

律子(疲れて帰ってきたってのに……)

律子「…………」

律子(なんかものすごーーーーーっく腹が立ってきた……)


P「ギャーギャーワーワー!!」

小鳥「ワーワーギャーギャー!!」

律子「…………あの」

小鳥「オメェが担当になったアイドルは可哀相だな! こんな頼りねぇ男でよ!!」

律子「……ねぇ」

P「貰い手の居ねぇ事務員は可哀相だな! へっ! 老後が楽しみだぜ!」

律子「おい」



237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:42:05.21 ID:XfGmaumD0

律子「…………」

小鳥「ばーかばーか! お前の母ちゃんでーべーそー!!」

P「バカって言った奴がバカなんですぅ~!」

律子「…………」プチッ!




律子「うるさぁぁぁぁぁぁぁあああああああい!!!!!!!!!!!」

P「」

小鳥「」

律子「はぁ……はぁ……はぁ…………」

律子「毛の生えてねぇガキじゃあるまいし! 少しは自制ってもんをしたらどうなの!?」

律子「大体今は何の時間よ! 仕事をする時間でしょうよ仕事を!!」

律子「ウチは今とっても大事な時期なの!! 分かる? 大事な時期!!」

律子「なのにアンタ等二人は仲良く喧嘩? バッカじゃないの!?」

律子「そんな暇があったらせっせと働きなさい!!」

律子「それが出来ないのなら汚い字で辞表書いてさっさと辞めちまえーーーーッ!!!」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:48:26.69 ID:XfGmaumD0

律子「はぁ……はぁ……」

小鳥「あ、あの……実は………」

P「これはだな……えっとぉ…………」

律子「なによ! 文句があるっていうの?」

P「いやだからこれは……」

小鳥「ドッキリというか……演技というか……」

律子「……は?」

P「そ、そうなんだよ! いやぁどういう反応するかなぁーって……」

律子「なぁんだ! ドッキリだったのか……うふふっ、引っ掛かっちゃった♪」

小鳥「あ、あはは……」

P「ははは……」


律子「……なんて言うとでも思ったか!!」ダンッ!!

小鳥「ひぃ!?」

律子「何がドッキリよ! なにが『どういう反応するかなぁー』よ!!」

律子「アンタ達、もうちょっとコッチに来なさい!」



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:52:40.77 ID:XfGmaumD0

律子「ほら早く!」

P・小鳥「「は、はい只今!!」」

P「…………」

小鳥「…………」

律子「何突っ立ってんのよ? 正座するに決まってるでしょ!!」

P・小鳥「「は、はい只今!!」」


律子「アンタ達さ、これもしかして……みんなにやったんじゃないでしょうね?」

小鳥「そ、それは……」

P「その通りですけど……」

律子「ほぉーさぞかし暇だったのね?」

P「いや……暇ってわけでもないけど……」

律子「どうしてよ? 暇だから遊ぶんでしょ? 暇じゃないなら仕事してるはずだし」

小鳥「ちょっとした息抜きっていうか……」

律子「なるほど! ある程度仕事に余裕が出来たから、休憩も兼ねて……ってことね!」

小鳥「いや……まぁ……」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 22:57:43.89 ID:XfGmaumD0

律子「ということは小鳥さん、2日くらい前にお願いした書類は出来てるのかしら?」

小鳥「いや、それはまだ……」

律子「まだ? まぁだ? むぅぁ~だぁ~?」

律子「アンタあの時『このくらいならすぐできるピヨ~』なんて言ってたじゃない!」

律子「あれはウソ? それまでドッキリに入ってるの?」

小鳥「そ、そういうわけじゃ……」

律子「じゃあプロデューサー? 来月のスケジュールはもう完全に組み終わった?」

P「いや、まだ……」

律子「まだ? まぁだ? むぅぁ~だぁ~?」

律子「確かアンタ『ある程度は頭の中で組んであるから……』なんてほざいてたわよね?」

律子「あれはなに? 頭の中で組んでたのはジェンガか何かだったってわけ?」

P「そういうわけじゃ……」

律子「目の前の仕事にはケリ付けないで、喧嘩だなんだって、みんなにウソついてたの?」

律子「はぁ~ご立派ご立派!!」



252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:00:03.64 ID:XfGmaumD0

律子「もう分かったわ……私が悪かったのね」

律子「いくらサボってもペナルティーを与えないから付け上がるんだわ」

律子「世の理ってやつを教えてあげないといけないわね」

P「えっ」

小鳥「えっ」

律子「減給とサビ残と、どっちがいい?」

P「いや……出来ればどちらも御容赦願いたいんだけど……」

小鳥「そ、そうですね」

律子「あらそう? だったら……代わりに説教部屋でこっっっっぴどく、叱ってやるわ!」

律子「で、その間に私が手を付けられない仕事を、あとで二人にやってもらおうかしらね♪」

小鳥「……とほほ」

律子「なぁに小鳥ちゃん? 不満があるのかしら? サボりの分際で?」

小鳥「い、いえ……ありません」

律子「この際だから、言いたいこと全部言わしてもらいますから!」

P(言いたいことも言えないこんな世の中なのに……)



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:07:19.90 ID:XfGmaumD0

――――――
――――
――

P「はぁ……やっと終わった……」

小鳥「こっぴどすぎです……」

春香「結局、律子さんにもやったんですね」

P「あぁ、そしたらこのザマさ……」

響「コッチまで説教が聞こえてたぞ」

小鳥「……やっぱり」

千早「でも……自業自得だと思います」

亜美「そーだよ! せっかく亜美達がチューコクしてあげたのに~」

P「自分が悪いとはいえ、大の大人があんなに怒られるなんて……ねぇ小鳥さん?」

小鳥(自分が悪い……)

小鳥「…………」

P「どうしたんですか?」

小鳥「そうですよ! 元を辿れば、プロデューサーさんが悪いんですよ!!」



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:10:24.29 ID:XfGmaumD0

小鳥「プロデューサーさんが変なこと思いつくから、私まで怒られる羽目になったんです!!」

P「うわっ! 全部俺の所為にするつもりだよこの人! 話に乗った時点で共犯です!!」

小鳥「なんか思い出したらムカムカしてきた……」

小鳥「よく考えたら……演技だとかウソの喧嘩だとか言ってたけど……」

小鳥「普段から思ってないと出てこないわよね? あんな悪口!!」

P「それはアンタだってそうでしょうよ! 散々暴言浴びせやがって!!」

小鳥「私のはまだソフトだったじゃない! アンタのは悪意しかなかったわよ!」

P「あーそうだな! 悪意しかねぇよ!」

P「冗談で言ってたけど、今となっちゃ全部本音だよ! このあばずれ!」

小鳥「コッチだって本音よ! このスケコマシ!」

P「んだとコノヤロウ!!」

小鳥「なによバカ!!」




春香「始まっちゃったね……」

やよい「ちょ、ちょっと大人気ないかなーって……」



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:18:01.48 ID:XfGmaumD0

雪歩「うぅ……二人とも怖いですぅ」

あずさ「ど、どうしましょ~」

貴音「こういうときは、らぁめんを……」

美希「ミキ、ラーメンはダメだと思うなー」

貴音「そんな……星井美希、アナタはらぁめんを侮辱するのですか?」

美希「だってオニギリのほうが美味しいのっ!」

貴音「その言葉、聞き捨てなりません……そこへなおれ! 手打ち麺を食わす!」

美希「えぇ~オニギリの方がいいなー」

貴音「ちぇすとーーーーーーー!!!!!」

響「た、貴音! そっちでも喧嘩したらわけわかんなくなるじゃないかぁー!!」

貴音「響……美希が私をイジメルのです……シクシク」

美希「ミキ、イジメてないよ。 ラーメンは熱いから嫌いなの」

貴音「ふぇぇぇ~~~~~~ん!!!!!」

真「こ、こら美希! 追い討ち掛けちゃダメだろ!」



268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:21:45.52 ID:XfGmaumD0

真美「どーすんのこれ……」

亜美「相変わらず兄ちゃんとピヨちゃんは言い合ってるし……」

千早「もう放っておきましょう」

春香「え?」

千早「二人とも悪い人間じゃないわ……時間が経てば、勝手に収まりが付くわよ」


小鳥「アンタは人間的に薄っぺらいから、アイドルから慕われないのよ!!」

P「テメェそれ千早にも同じこと言えんのかよ!!」

千早「な、なぁんですってぇーーッ!!!」


春香「あぁーん、千早ちゃんまでぇ!!」

あずさ「よーし、ここはお姉さんに任せてちょうだい!」

春香「あ、あずささん!?」

あずさ「こういうときは、子供として扱ったほうがいいのよ~♪」



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:25:37.85 ID:XfGmaumD0

あずさ「はーい、みんな! 仲良くしましょうね~♪」


小鳥「これだから若造は…………」

P「はぁ? BBAが調子に乗ってんじゃねーよ!!」

あずさ「だ、誰がBBAですか!!」


春香「やっぱりあずささんもー!?」

響「どうするんだぁ春香~!?」

春香「こ、こうなったら……またあの手を使うしかないわ!!」

響「えっ?」

春香「さっきの傷がまだ痛むけど、そんなこと言ってられないわね!!」

響「春香、怪我したのか!? 平気なのか!?」

春香「響ちゃん……止めないで頂戴……私は…………」


春香「私は天海春香! 765プロのメインヒロインよ!!」

響「…………意味わかんないぞ」



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:27:28.62 ID:XfGmaumD0

春香「……そぉれっ!」

どんがらがっしゃーん!

春香「きゃー転んじゃったー!!」

どんがらがっしゃーん!!

春香「ごふっ! 血ぃが出た血ぃが出た!!」

どんがらがっしゃーん!!!

春香「わー見て見て! 噴水みたーい!」

どんがらがっしゃーん!!!!

どんがらがっしゃーん!!!!!

響「春香ーもうやめろぉー!! 死んじゃうぞー!!」

どんがらがっしゃーん!!!!!!

どんがらがっしゃーん!!!!!!!

どんがらがっしゃーん!!!!!!!!


春香「あははっ♪ 何か気持ちよくなってきちゃったー」

響「誰かぁー助けてくれぇ!! 春香がオカシクなったー!!」



279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:31:14.51 ID:XfGmaumD0

『誰が如月ちっぱいやですか誰が!!』

『誰がアイドルとしても女としても売れ残りですか誰が!!』

『お、お茶を飲んで落ち着きましょーー!!』

『オバケだぞー!! 喧嘩はダメだぞー!!』

『今からボクはお前達を殴る!!』

『いけっハム蔵! たいあたりだ!! ってあれ? ハム蔵どこだぁ~』

『どんがらがっしゃーん!! どんがらがっしゃーん!!』

『コラッ三十路務員!! 静かにするの!!』

『そんなことよりおなかがすいたよ』




伊織「……もうやだこんな事務所」

律子「奇遇ね、私もよ」

ハム蔵「ジュイ!」

ハム蔵(やっぱり人間は頭悪いな……)

END



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 23:31:51.24 ID:XfGmaumD0

終わりです
お粗末さまでした


元スレ
P「小鳥さん、喧嘩をしましょう」