1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:48:48 ID:aFRDTPcU

モバP「おーい千秋ー」
*以下P

千秋「なにかしら?」

P「あのさ、その・・・」///

千秋「なっ、なに?(顔を真っ赤にしてなに、何なのよ)」

P「俺さ」

千秋「うん」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:52:38 ID:aFRDTPcU

千秋「(これってまさか///)」ドキドキン

P「俺さ千秋がry」

千秋「まってーーーーー!」

P「ぬぉっ!」

千秋「気持ちは嬉しいけど」

千秋「でも、その私達はトップを目指すまで・・・」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 15:58:55 ID:aFRDTPcU

P「そうか、トップ目指すまでは実家に帰省しないってことか」

千秋「つきry・・・えっ?」

P「千秋、そんなとこまでストイックにしなくていいんだぞ」

千秋「?え?あの?ええ?」

P「親御さんにも顔をみせてやりな」

P「まー、忙しいから無理かもだが」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 16:01:26 ID:aFRDTPcU

千秋「そうね、お休みがほしいわー」

P「そうだな、俺も欲しいな。久々に北海道の空気吸いてー」

千秋「そうねー、てっ!本当にどういうことなのよ?」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 19:47:03 ID:aFRDTPcU

P「だから、俺と千秋同じ北海道出身だって話よー♪」

千秋「ふーん・・・え?P、貴方北海道出身なの?」

P「そうだよー」

千秋「何で言わないのよ」

P「いまいったよ」

千秋「貴方、こんなに意地悪だったかしら?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 19:49:48 ID:aFRDTPcU

P「意地悪じゃないよ。俺もさっき知ったしさ」

P「それにさっきから言ってたし」

千秋「言ってないわ」イライラ

P「ごめんな、千秋がかわいいからさ・・・つい」

千秋「はっ!?な、なななによ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 19:53:13 ID:aFRDTPcU

P「(やっぱりかわいいな)」ミトレ

千秋「ちょちょっと、なんか言いなさいよ!」

P「はっ!すまん!千秋が可愛くて!」

千秋「///」

千秋「・・・で、出身一緒だけどなんのようかしら」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 19:57:02 ID:aFRDTPcU

千秋「(さっきから絶対にからかっているわ。何なのよ)」ドキドキ

P「あー、同じ出身ということでさ!北海トークしようぜ!」

千秋「そう言うことね。最初からそう言いなさいよ」

千秋「(・・・もぅ。ばか)ばか」

P「馬鹿ってひどいなー」

P「まーいいや、千秋はどこ出身なんだ?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 20:00:04 ID:aFRDTPcU

千秋「私は道央札幌方面ね」

P「なるほど。俺は道南の函館付近だよ」

千秋「結構遠いわね」

P「だな。そう言えば函館と札幌って結構近いって知らない人には言われるよな」

千秋「確かにそうね、車でも何時間かしら?」

P「六時間位だっけか?忘れたなー」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 20:37:32 ID:aFRDTPcU

千秋「普通に遠いわよね」

P「だよな、千秋に会いに行くのも大変だ」

千秋「(さっきからホントになんなのかしら)」

P「意外にショック受けるよな」

P「千秋?聞いてるか?」

千秋「!?」

千秋「聞いてるわよ!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 20:41:04 ID:aFRDTPcU

P「さっきからぼおーっとしてないか?大丈夫か?」

千秋「誰のせいだと思っているのよ」ボソ

P「俺のせいかー!あっはっはっ」

千秋「・・・」フミ

P「ぬおーーーーー」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:52:21 ID:aFRDTPcU

P「おめー、いぎなりふむごどねっけやー」

千秋「しかたねーべさ、あなたがはんかくさいことを言うから」

P「はんかくさくありませーん」

千秋「じゃあ、ほんずなすびかしら」

P「ぐぬぬぬ」

P「てか!千秋結構喋れるんだな」

P「札幌方面の人は、あんまり使わんイメージだからな」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 22:56:15 ID:aFRDTPcU

千秋「そうかしら?でも、Pさんみたいなしゃべり方はお爺ちゃんお婆ちゃんのしゃべりかたよね」

P「えっ?俺の家族から親戚回り皆こうなんだが」

千秋「まー、場所によっても違うからね」

P「んだんだ」

P「てか、何でそんなに喋れるんだ?」

千秋「私の祖父母がね凄いのよ」

P「なっとく」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/11(土) 23:00:52 ID:aFRDTPcU

P「でも、千秋の方言いいなぁー」

千秋「え!」//

P「声が良いから何か新鮮。なまらだな」

千秋「あぅ//」

P「千秋はわやめんこいな~」

千秋「ちょっと!さっきから何なのよ//ほんとに//」

P「あずましぐない?」

千秋「あずましぐない」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 02:53:50 ID:VLHwTpew

千秋「今日のあなたは、少し私をからかいすぎよ」

千秋「あずましぐないわ」

P「千秋」

P「俺はからかってないけどな。本気で

千秋「だったら、態度で示してほしいわね」

P「・・・」ギュッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 02:59:31 ID:VLHwTpew

千秋「あっ・・・」

千秋「・・・いきなりセクハラなんて」

P「ごめんな、これが俺の態度」ギュッ

千秋「何でいきなり」

P「いきなりじゃないさ」

千秋「どういうことかしら」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:04:06 ID:VLHwTpew

P「お前の担当になってからずっとこうしたかった」

千秋「・・・」

P「一目惚れだったな」

千秋「///」ウツムキ

P「ほんとに仲良くなるまで大変だったな」ハハッ

千秋「・・・」///



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:08:20 ID:VLHwTpew

P「ほんとに色々あったな。まー、そのお陰で千秋を色々知ることができた」

千秋「///」

千秋「そのわりには、出身地知らなかったみたいだけど。初歩的じゃない」

P「だな、恋は人を盲目とさせちゃうな」

千秋「何でそんな恥ずかしい事を言えるのかしら」

P「好きだから」

千秋「あっ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:14:56 ID:VLHwTpew

P「好きだから。本当に」

千秋「・・・」ウツムキ

P「俺さ、北海道出身って聞いてさチャンスだと思ったんだ」

千秋「チャンス?」

P「あー、二人だけしか知らない言葉。二人だけしか知らないあれこれが増えるのがさ」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:22:25 ID:VLHwTpew

P「それが、スゲー嬉しかった。千秋ともっと仲良くなれると思ってさ


千秋「中学生みたい」クスクス

P「そうだよ、中学生の時みたいなドキドキが激しいよ」

P「でも、あのときとは覚悟が違うけどな」

千秋「プロデューサー・・・」

P「正直俺の自分勝手で迷惑をかけてごめん」

P「アイドルとプロデューサーという関係だし」

P「トップを目指すという目標があるのに邪魔をするような事を言ってしまう」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:26:21 ID:VLHwTpew

P「でも、聞いてほしい」ギュッ

千秋「プロデューサー」ドキドキ

P「結婚を前提に付き合ってくれないか」

千秋「・・・///」

P「・・・」

千秋「・・・お断りします」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:29:02 ID:VLHwTpew

P「え、そっそそそうry」

千秋「て、言いたいのに」

千秋「言わなきゃいけないのに」

千秋「トップを目指すために言わなきゃいけないのに」

千秋「あなたの温もりが伝わってくる」

P「千秋・・・」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:33:18 ID:VLHwTpew

千秋「人に頼るのは弱いこと」

千秋「恋に逃げるのは弱いこと」

千秋「ずっと弱い事と思っていた」

P「・・・」

千秋「そうしないと、自分のなにかが壊れてしまう気がして」

千秋「でも、それって弱さじゃないんだってわかった気がしたの」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:36:56 ID:VLHwTpew

P「千秋・・・」

千秋「だって、あなたとなら全てが強さに変わる気がするから」

千秋「ううん、変わるから」

P「!?」

千秋「ねー、私と一緒にトップを目指してくれる?」

P「おいおい、俺はお前に初めて会ったときから言ってたぞ」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:40:57 ID:VLHwTpew

千秋「その時と今とじゃ意味が違うわ」

P「いーや、一緒だね!」

P「俺は初めからお前と人生共にいこうって意味で言ってたぞ」

千秋「・・・呆れたわ。ほんとにはんかくさいんじゃないかしら」ハァ

P「俺ははんかくさいからな」はハッハッハッ

P「千秋、これからもよろしくな」

千秋「えー」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:44:30 ID:VLHwTpew

P「あずましぐなったら、二人で北海道行こうな」

千秋「そうね、御両親に挨拶しなくちゃね」

P「んだな」

千秋「でも、そのために私をトップに導いて」

P「勿論だ隣にいてやるよ・・・ずっと」

千秋「ありがとう」ギュッ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:49:00 ID:VLHwTpew

P「千秋・・・」

千秋「・・・プロデューサー」

千秋「んっ・・んんっ・・・んっ」

千秋「ちょっと、私初めてだったのに・・・激しすぎよ」ニラミ

P「わっ悪い、千秋が可愛くてつい」アセアセ

千秋「そこはめんこいじゃないのね」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:52:53 ID:VLHwTpew

P「千秋~この~めんこい娘め」

千秋「ふふふ」

P「千秋・・・」ギュッ

千秋「もぅ、あなたは」メツムリ

千秋「んんんっ・・・もぅ・・ほんとに・・んん・・もぅ」

P「悪い・・んん」サササ

千秋「!?・・・んんっ」

千秋「それはダメ」パシ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 03:57:07 ID:VLHwTpew

P「やべ、調子に乗りすぎた」アセアセ

千秋「ほんとに乗りすぎよ//」ニラミ

P「ごめん」

千秋「ここ事務所だし、ここから先はもっと凄いライブを成功させたときに御褒美としてほしいわ」

P「御褒美って・・・」

千秋「あら、私だって嫌なわけじゃないわ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:01:20 ID:VLHwTpew

千秋「だから、早く御褒美ちょうだいね」ミミモトボソ

P「千秋!やっぱり襲っていいか!」

千秋「・・・」ガリガリ

P「イタイタイタ!かっちゃぐなし!かっちゃぐなよー」

千秋「ほんずなしの変態にはこれでも足りないくらいよ」プィ

P「なしたって~」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:05:10 ID:VLHwTpew

千秋「プロデューサー・・・足広げて座ってくれるかしら」

P「?ほい」パカー

千秋「失礼するわ」コテン

P「千秋!(pちゃんがヤバイよー)」

千秋「ふふ・・・あずましい」

P「千秋・・・あずましいな」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:07:58 ID:VLHwTpew

千秋「誰もいないのが、二人だけなのが良いわね」

P「老後はこうやって二人であずましぐいたいな」

千秋「もぅ、もう老後の話をするの?」

P「早すぎたか?」ハッハッハッ

千秋「早すぎよ。これから二人で作っていくんだから」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:10:10 ID:VLHwTpew

P「だな」

千秋「えー」

P「・・・」

千秋「・・・」

千秋「ねー」

P「ん?」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:15:51 ID:VLHwTpew

千秋「私と話すとき、事務所でも何処でもたまにお国言葉で話さないかしら?」

P「二人きりならいいんじゃないか?」

千秋「あら?別にみんなの前でも良いじゃない」

P「まずくないか?」

千秋「そうかしら?知らない人が聞いたらわからないわ」

P「千秋って意外に独占欲強い?」

千秋「さぁ、どうかしら」クスクス



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:19:02 ID:VLHwTpew

P「全く」

P「さて帰るか」

千秋「あら?もう少しいましょう?」

P「駄目でーす!千秋は明日早いので家にやいやと送りまーす」

千秋「さっきまであんなことしようとしたくせにね」プクー

P「だからだよ。これ以上は我慢の限界だぁー!」

千秋「ずんぶ素直なんだから」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:22:55 ID:VLHwTpew

P「からかうなー!ほら、やっと!」

千秋「・・・」

P「このー、もちょこすどー」コチョコチョ

千秋「///ちょちょちょと//もっちょこちょいから」

千秋「それに・・・どこさわって///」

P「ほほほほほ千秋の秋の果実だよーほほほほほほほ」

千秋「みったぐない顔」

P「ひどい!」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:29:26 ID:VLHwTpew

千秋「・・・ほら、送ってくれるのでしょう?」テオダシ

P「はいはいただいま送りますよ」テニギ

P「おわいっ!手しゃっけーど」

千秋「じゃあ温まるまで手ば握っててくれるかしら」

P「駐車場までな」

千秋「めんこぐない」プンプン


カエリサーメシタベテカエッカー
アラ?ダッタラチャンチャンタベタイワ
ワイワイガヤガヤ



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:34:44 ID:VLHwTpew

バタン

アッ!カギシメネート!
チョットハヤクシナサイ!

ガチャガチャ





ちひろ「・・・・・」

ちひろ「ちゃんちゃんて何でしたっけ?」

ちひろ「確か鮭を味噌でいためるやつでしたっけ?」

ちひろ「うん。うん。うん。」

ちひろ「ネットで調べよ」ツー

ちひろ「今日は寒くなりそう」

おしり



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:39:16 ID:VLHwTpew

オマケ


とある日の事務所の二人

P「だーかーら、おめはな!きかなすぎなの!」

千秋「誰がきかないよ!私は譲らないわ」

P「だからさ、それがきかねーってはなしだべ」

千秋「あー言えばこう言う。なまらはんかくさいんでないかしら」



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:48:42 ID:VLHwTpew

ワイワイガヤガヤ
ワイワイガヤガヤガヤガヤワイワイ

卯月「きかないって、何が聞かないのかな?いうこと?」

未央「それに白菜白菜いってるしねー☆」

凛「ちひろさんなにか知ってる?

ちひろ「ナニモシラナイワ」

凛「そう」

チアキノキカンボウー
ハンカクサイハンカクサイ
ギャーワーギャー

凛「まーいっか」


おしり



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 04:53:23 ID:VLHwTpew

途中でID変わりましたが全て私の仕業です。ほんとはもっと色んな言葉を登場させたかったのですが、こんな感じになってしまいましたー。予定の話と全然ちがくなってしまいました。会があれば続きを書こうかと思います。千秋なまら好きだよーチュチュチュ



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/12(日) 20:20:59 ID:4ym7F5RY

乙です
次は千秋の実家にご挨拶ですねわかるわ


元スレ
SS深夜VIP:モバP「なまら」