11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 12:59:14.04 ID:3vLr/WQJ0

貴音「んん、あ、あなた様……」

P「ほんと、柔らかさの中にもハリのあるいいお尻だ」モミモミ

貴音「あなた、様、そこ、はぁ……!」

P「いつまでも揉んでいたいくらいだよ」モミモミ

貴音「そこは、そこはお胸です!」

P「!?」

貴音「はぁ、はぁ……ん、全く、失礼にも程があるというものです。親しき仲にも礼儀あり、と申しましょう」

P「す、すまん」

貴音「……いえ、分かって頂けたのならそれでよいのです。わたくし達は既に男と女の関係、色事に及ぶのも自然というもの」

P「はい……」

貴音「なれどそれも互いを認め合ってこそのもの、お尻とお胸を間違えるなど言語道断!」

P「ごめんなさい……」

貴音「……ちゃんと貴音を見てくださいまし、あなた様」

P「おお、おう!」ガバッ

貴音「ぁん♡」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 13:16:18.24 ID:3vLr/WQJ0

P「貴音、貴音……」

貴音「はぁ、んん、がっつきすぎですよ、あなた様……」

P「はは、そうだな、夜は長いしゆっくり楽しもうか」

貴音「はい……ん、はぷ」

P「ちゅ、ふぅ、んん……」

貴音「ちゅ、ちゅう……ぷぁっ」

P「貴音の胸、すっごく柔らかくて気持ちいい」ムニムニ

貴音「あ、あなた様……」

P「ほら、こんなに手の平に吸い付いて」モニュン

貴音「あなた、様、あなた様ぁ!」

P「可愛いよ、貴音」ムニムニ

貴音「あなた様、そこはお胸ではなくお腹です!」

P「!?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 13:33:24.59 ID:3vLr/WQJ0

貴音「一度ならず、二度までも……!」プルプル

P「すまない、この通りだ! どうか許してくれ!」

貴音「ああ……いいえ、いいえ()間違いは誰しもが犯すもの。どうか顔を上げてくださいまし、あなた様」

P「いいや、俺は本当にひどい事を」

貴音「電気をつけていては、と恥ずかしがったのはわたくしです。こうなる事も予見し得たこと、起こるべくして起こった失敗です」

P「それでも、俺は……!」

貴音「あなた様」ギュッ

P「貴、音」

貴音「聞こえますか? わたくしの胸は、今、こんなに高鳴っているのです。あまり恥をかかせないでください……」

P「貴音ぇ……」

貴音「けれど仏の顔も三度。次に間違えるようなことがあれば」

P「う……あ、あれば?」

貴音「泣いて、しまいます」

P「」キュン



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 13:43:08.97 ID:3vLr/WQJ0

P「貴音、そろそろ……いい?」

貴音「聞かないで下さいまし……さぁ」クパァ

P「綺麗だよ、貴音……ちゅ、じゅる」

貴音「ん、んぅ、はむ……ちゅ、ちゅっ」

P「たふぁね、ちゅう、ぷは」

貴音「優しく、お願いします」

P「うん、挿入れる、ぞ……!」ヌプ、プププ

貴音「ひんっ、ぃ、あ、はぁ、あ、あ!」プルプル

P「はぁ、はぁ……全部、入ったな」

貴音「あなた様、ぁ」

P「貴音はぎゅってしたままが、好きだったよな……」グリングリン

貴音「あぁ! んん、は、やぁ!」

P「気持ちいいよ、貴音……こんなに締め付けて、ぬるぬるで、いやらしい」クポックポッ

貴音「いや、いやぁ、ん! は、あん! ぁ、さ、まぁ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 13:52:54.09 ID:3vLr/WQJ0

P「貴音も気持ちよくなってくれてるか?」

貴音「はぁ、んん、気持ちは、良いです、が」

P「まだ余裕が、ありそうだなっ」パチュッパチュンッ

貴音「あ、ひぃ! まっ、んぁ、はげ、し……!」

P「貴音、涙と涎でトロトロだな……可愛い」ペロ

貴音「ああ……こんな、わたくし、はぁ……」

P「えっちな貴音も好きだよ」グリグリ()

貴音「あなた様、ですが、こんな、違うの、でふ」

P「舌が回らないくらい感じてくれてるのに、えっちじゃない?」

貴音「ああ、ああ、ちが、違う」

P「ほら、抜こうとするとこんなに食いついて離そうと、し、な……あ」

貴音「うう、ぐす……あなた、様」

P「ご、ごめん。その、暗くて、良く見えなくて……!」

貴音「あなた様は、いけずです……すん」

P「」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 14:01:57.01 ID:3vLr/WQJ0

P「本当にすみませんでした。二度とこのような不手際は」

貴音「もう謝るのはやめてください、わたくしは怒ってなど」

P「いや、でも我慢できなくて結局そのまま中に」

貴音「はい、子の部屋を裏側から強く叩かれるのを感じました……」

P「本当にすまないことをしたと」

貴音「……もう、いいのです。わたくしも、その……っ、大変に良かった、ので」

P「え?」

貴音「な、なんでもありません! あなた様は注意力が余りにも欠けています! ……ですが、こういう間違いなら、たまには」

P「? 一体、何の話を」

貴音「~~っ、寝ます! わたくしは怒っているのです! もう今夜は話しかけないでください!」

P「そんな、た、貴音ぇ!」

貴音「知りません!」

P「……尻だけに?」

貴音「な、あ、あ! あなた様という人は!」バシッバシッ

P「あ、痛! 痛い、ごめんなさい! 今日のはわざとじゃ! さっきのはつい思いついて!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 14:03:08.18 ID:3vLr/WQJ0

おしまい



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 14:06:32.89 ID:PQ216Qp40




元スレ
P「貴音の尻はやわらかいなあ」モミモミ