3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:34:56 ID:8fNM5LkM

P「けど俺には凛がいるし……」


まゆ「え? 私にこんなことして凛さんとこれからも付き合ってくとかいう甘い考えだったんですか?」

P「……」

まゆ「甘い 甘いですよ Pさん 」


まゆ「どこの女性が彼氏が別の女の人に劣情を抱いて傷物にしたことを許すと思いますか?」


P「……ごめん まゆ 内緒にしてくれないか?」


まゆ「嫌です」


P「お願いだ まゆ!! 」


まゆ「…………Pさんは私をなんでレイプしたんですか?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:40:37 ID:8fNM5LkM


P「いや それは………… まゆが魅力的で しかもこういう仕事終わりにベタベタされて身体も押し付けられて あげくには俺の家にまであがりこんできたから据え膳食べようと思って……」



まゆ「……私 嬉しかったのに………… Pさんがやっと私のこと好きになってくれたのかと思って 必死に痛いの我慢してPさんに気持ちよくなってもらおうとしたのに…………」



P「まゆ…………」


まゆ「……グスッ
Pさんからのレイプはレイプじゃないと思って我慢してたのに……
終わったら内緒にしてくれ
あげくの果てに凛さんと付き合ってるとかいうし………… 」



P「ご、ごめんな まゆ
俺も一時的な劣情で襲ってしまった」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:47:01 ID:8fNM5LkM


まゆ「グスッグスッ」


P「まゆ……俺ができることならなんでもするからさ……許してくれないか? な?」

まゆ「……Pさんは一人の女の子……しかも処女まで奪っておいて
それと同等以上の願いを聞けるっていうんですか?」

P「あぁ 俺が聞けることならなんでも聞こう! だからさ……」


まゆ「別れて」


P「はい?」


まゆ「凛さんと別れてください」

まゆ「やっぱりPさんは私の好きなPさんでした 」

まゆ「あぁ嬉しいです
そうですね まずPさんは凛さんと別れます
そしたら私と結婚を前提としたお付き合いするんです 」

まゆ「えへへへへ
嬉しい 嬉しいです Pさん」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:49:29 ID:8fNM5LkM

P「ちょっとちょっと待って!」

まゆ「はい? 」

P「別れるーってのは少し違うんじゃない?」

まゆ「……は?」

P「うーんとさ あのー 凛もいま難しい時期じゃん? だからー あのー えーとですね 」

まゆ「はっきりいってください」

P「別れる以外でお願いします」

まゆ「無理です 」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:56:39 ID:8fNM5LkM

P「えぇ…… 」

まゆ「Pさんは凛さんを犯罪者の彼氏にしたいんですか?」

P「……」


まゆ「あぁ……凛さん可哀想」

P「あのー」

まゆ「なんですかPさん」

P「まゆさんはそんな犯罪者と付き合いたいっていうことですか?」

まゆ「……えぇ しょうがないんです
初めて貰われてしまいましたから
こういう運命なんです 」

P「あのですね……俺が犯罪者というのは重々承知なんですけどやっぱり付き合いっていうのは好きな人同士がするべきでありまして……」


まゆ「わたくは好きですよ Pさんのこと まさか…………Pさんは好きじゃないんですか? 私のこと!」

P「……好きですよ ただ凛には敵わないかなーって」


まゆ「えぇ!! Pさんは一番好きでもない人にPさんのPさんをビンビンに大きくして私が『やめてぇPさん!』っていってるのにやめないであげくの果てに『中はダメぇ!』って叫んでるのに 中にガンガン出して『孕め!!孕めぇぇぇ! 俺の子供を孕めぇ!』ってやるってことですか?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 17:58:58 ID:8fNM5LkM

P「………………」


まゆ「…………」

P「あのー そこまでやりましたかねぇ……」


まゆ「……グスッグスッ 私って信用ないんですか? 」


P「違う! 信用とかじゃなくてそこまで野蛮だったかなーと」


まゆ「わかりました 信用してもらうためですもんね」


まゆ「……」ガサッガサッ


まゆ「はい これ見れば分かりますよね……」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:04:00 ID:8fNM5LkM

P「ビデオカメラ?」

まゆ「はい」

まゆ「まぁ見てください」



P『まゆ!まゆ!まゆ! 気持ちいぃぃぃぃ 気持てぃぃぃぃぃ』ガンガン


まゆ『Pさんやめてぇ……』


P『あぁあぁあぁ!! なんだこのけしからん胸はぁぁぁ マシュマロかよぉ! ずっーと揉んでたいわ! つか俺がまゆの子供になってなめ回してぇぇぇ!』ガンガンガンガン

まゆ『P、Pさぁん…… 激しいですよぉ』


P『おぉほぉぉぉ 』ガンガンガンガンガンガン

まゆ『P、Pさん! 』


P『ねぇ? 中にもっかい出していい? 』

まゆ『ダメ、ダメですよ 子供できちゃいます!』


P『無理無理!! 我慢できねぇぇぇ』



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:07:05 ID:8fNM5LkM


まゆ『じゃ、じゃあPさん私のこと好きですか?』

P『うん 好き好き こんなに気持ちいいんだもん嫌いなはずないじゃん 大好きだよ だから出すね!』ガンガンガンガンズコッンバッコン

まゆ『は、はいぃぃ』


P『いぐぅぅぅ!!』ドピュルゥルゥゥゥ!!!


まゆ『あ、あ、あ…… Pさんのがきてる あはは…… P、Pさん 』








P「…………」

まゆ「…………」


P「ごめん」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:11:22 ID:8fNM5LkM


まゆ「…………これでも凛さんと別れないんですか?」

P「……」

まゆ「まずPさんは凛さんとこういうことしたこと無いんですか?」

P「…………はい」


まゆ「そうですよね えぇ 分かってました 」

まゆ「だってあのビデオ見てるとき……今もですけど PさんのPさんおっきくなってますもんね 」

P「……はい 」

まゆ「おかしいですよぉ 真剣な話してるのにそんなに服の上からでも分かるほどおっきくなっちゃうなんて」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:16:38 ID:8fNM5LkM


まゆ「ねぇ? Pさん 」

まゆ「本当に…………凛さんのこと好きなんですか? 」

P「……」ビクッ

まゆ「私にしたらどうです? ね?」

まゆ「私ならなんでもしますよぉ Pさんの好きなこと ぜーんぶしちゃいます 」

P「……」


まゆ「まずこのあとPさんが凛さんと別れて私と付き合ってくれたら 仲直りのラブラブエッチをしましょう 」

P「え」

まゆ「そして Pさんがきもちよーぉくなれることぜぇーんぶしましょ」

まゆ「たとえばぁ レイプのときはできなかったPさんの ……………ココを私が全力でなめなめすることから始まるんです 」

まゆ「私がいーっつもいっぱいいっぱい頑張って歌ってるこの口で PさんのPさんをご奉仕しますよぉ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:20:11 ID:8fNM5LkM

まゆ「それとも他のこと……しますか? 最初はやっぱりふかぁいふかぁいでぃーぷなちゅうをしますか?」

まゆ「きっと口だけでもPさんは気持ちよくなれるんだろうなぁ」

まゆ「ほかにも Pさんが孕ましたいっていうなら私Pさんが出しやすいように大好きホールドでしたっけ? それをしながらやりますか? 」

まゆ「それとも それとも……後ろつかいたいですか?
けどけどPさんはもっと激しいのが良かったりしますか?」

まゆ「私 なんでもしますよ 縛られたり叩かれたりだってオッケーです 」

まゆ「……Pさんならですよ?」

まゆ「ねぇ……Pさん?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:31:39 ID:8fNM5LkM

P「あ、あ……」


ピロリーンピロリーン

まゆ「あっ………… 凛さんから電話みたいですよ ほら出なきゃね」ピッ


凛『もしもしP? 今どこ? なんかさー 嫌な予感したからさ 電話かけちゃった ごめんね 変なこと聞いて 大丈夫ならヘーキなんだけどさ 』


まゆ「ほら答えてあげなきゃ
気持ちよくなれないですよ?」ペロペロ

P「あっ……まゆ 」

まゆ「えへへへ こんなぁに大きくなっちゃって まゆの口のなかで出したい!出したい!って言ってますよ 」ペロペロ チュパチュパ

P『うっ…………』

凛『P? 聞こえてるー? おーい』

まゆ「ほらPさん 言わなきゃ 何て言うんだっけ? 答えないとPさん いつまでたってもイケないですよぉ?」


P『…………凛 』


凛『なに? 改まっちゃって…』



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:33:34 ID:8fNM5LkM


P『別れよう 』

凛『……は? え? どういうこと! P! なにいってるの? どうしー ブチッ』


まゆ「……」

P「言ったよ……まゆ」


まゆ「うふふ 大正解ですPさん」


まゆ「じゃあ向こうでもっといっぱいいっぱいきもちよーぉくなりましょうねぇ」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 18:35:07 ID:8fNM5LkM

おしまいです
本当は凛編も考えていたんですけど需要なさそうなんでやめました
あとモバマス全く知らないのでボロが出る前におしまいです もうボロ出てるかもですけど
では



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/04(土) 20:05:30 ID:fNPvHeL6

最高すぎた
どうしてビデオカメラが仕掛けてあったんですか…(恐怖)


元スレ
SS深夜VIP:モバP「佐久間まゆをレ○プしてしまった…」