SS速報VIP:美希「ほぉら春香、どこがイイのか言ってみるの!」春香「いやぁ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370104016/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:26:57.16 ID:+fo6i1Mu0

美希「嘘はいけないの、春香は全然いやがってないって思うな」スリスリ

春香「そんなこと……」

美希「パンツの上からでもわかっちゃうくらいビショビショにしといてよく言うの」ギュッ

春香「だめぇ!!」ビクンビクン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370104016




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:31:29.30 ID:+fo6i1Mu0

美希「春香はイクの早すぎなの。でこちゃんでももう少しは我慢できるよ?」

春香「だってぇ……」

美希「だってもくそもないの。根性のない春香にはお仕置きが必要だって思うな」グィッ

春香「やめて!脱がさないで……」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:36:40.90 ID:+fo6i1Mu0

美希「むぅ……案外しぶといの」

春香「お願い美希、もうやめて……何でもするから許して!!」

美希「そんな顔されたら尚更やめるわけにはいかなくなっちゃうの」ハァハァ

春香「そんなぁ……」グスッ

美希「仕方ないから、はさみでパンツを切ってやるの!」ジャキ

春香「いやぁ!やめて、今日のは千早ちゃんと買ったお気に入りなのぉ!!」ジタバタ

美希「もうっ!春香はわがままなの。そんなに言うならいますぐ自分で脱げ!なの」

春香「うぅ……」

美希「早くするの!今何でもするって言ったのは春香なの!!」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:42:51.86 ID:+fo6i1Mu0

春香「……」スルッ…スルッ・・・

美希「最初からそうすればいいってカンジ。春香、その顔すっごく可愛いの、あはっ☆」

美希「春香のパンツ、エッチな汁がべっとりなの!こんなになるなんて春香はホントに変態さんだね」

春香「違う、私は変態なんかじゃ……」

美希「嫌なことされて感じるなんて、変態さんじゃないわけないって思うな」

春香「ぐすっ…ひぐっ…」

美希「さぁ!泣いてる暇があったらさっさとミキにご奉仕するの!!」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:49:05.05 ID:+fo6i1Mu0

美希「どぉ春香、ミキのあそこ、おいしい?」ビクッビクッ

春香「……」ピチャッピチャッ

美希「美味しいのかって聞いてるの!!」グィッ

春香「きゃっ、お願い美希、髪引っ張らないでぇ!!」

美希「モノの頼み方がなってないの。『美希様』でしょ!」グィッ

春香「美希様お願いです、髪引っ張らないで……」

美希「だったらさっさとミキを気持ちよくするの」

春香「……」ペチャペチャ…クチュクチュ…

美希「そう、いいカンジ……あっイク、イッちゃうの!!」ビクン!ビクン!




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 01:56:00.61 ID:+fo6i1Mu0

美希「ふぅ……気持ちよかったの、イッたらまた責めたくなってきたってカンジ」

春香「えっ……」

美希「よおし、次はコイツを春香のお尻の穴にねじ込んでヒィヒィ言わせてやるの!」

春香「やだ!そんなの入るわけないよ!!」

美希「やってみなきゃわかんないの。それに、何でもするって言ったのは誰なの……?」ニヤリ

春香「もう、いやぁ……」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:02:12.77 ID:+fo6i1Mu0

美希「さぁ、はやく脚を広げやがれ、なの!」ガバッ

春香「!!」サッ

美希「隠していいなんて言って無いの、そんな悪い手はこうしてやるの!!」ガシャン

春香「痛いっ、外してよ!」ガシャンガシャン

美希「無駄だよ春香、その手錠はクマさんでも壊せないくらい強力なんだから」

春香「助けて……誰か……」

美希「誰か来たらいいね、なの!」グィッ

春香「うっ……ぐぁっ……」

美希「なんなのその声、声になってないの、あはっ☆」ズプズプ…

春香「いやあぁぁぁぁぁぁ!!」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:06:33.43 ID:+fo6i1Mu0

美希「あちゃぁ、やりすぎて気絶しちゃったの、よいしょっ」グリン

美希「あはは、春香のあへ顔マンぐり返しなの!最高に恥ずかしいカッコしてるの!」

美希「それにしてもすごいの、気絶してるっていうのに、いじればいじるほどエッチな汁が溢れてくるの」クチュクチュ

美希「こんだけビショビショならコイツをぶち込んでもきっと問題無いの!!」

美希「ミキの宝物、IA大賞記念トロフィー、春香のために使ってあげるの、あはっ☆」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:11:19.09 ID:+fo6i1Mu0

千早「そこまでよ、美希」

美希「千早さん……千早さんも春香をいじめに来たの?それとも私から春香を奪いに来たの?」

千早「馬鹿なこと言ってないで、春香を離しなさい……早く」

美希「ふふふ、さすが千早さん春香のことになるとすご~く怖いの」クチュクチュ

春香「んっ……ふっ……」ビクンビクン

千早「やめなさい美希、それ以上したら許さないわ」ギロッ

美希「おぉこわいこわい、なの。でも許さないならどうするのかとっても気になっちゃうの!」ズプズプ

千早「いい加減にしなさい、でないと、ただでは済まさないわよ」

美希「Aランクアイドル風情がミキのやることに文句つけたらただじゃすまないのはそっちの方だって思うな」クチュクチュ

春香「んっ……」プシャッ

美希「春香ったら、気絶したまま潮吹いたの。さすが変態さんは一味違うの、あはっ☆」

千早「くっ……」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:16:57.00 ID:+fo6i1Mu0

千早「だめ、美希。それ以上春香を辱めないで……」

美希「別に春香も嫌がってないし、辱めじゃないって思うな」ハァ

千早「いいから、早く春香を離しなさい……」

美希「どいつもこいつも、モノの頼み方がわかっちゃいないの。『美希様』でしょ?」

千早「くっ……お願いします、美希様、春香を解放してあげてください……」

美希「あーはっはっは、いい気分なの!あの千早さんが私を美希様って呼んでるの!!」

千早「これでいいでしょう……早く、春香を」

美希「誰もただで離してやるなんて言って無いの、とりあえずそこでオナニーしろ、なの!」

千早「なっ……」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:28:01.17 ID:+fo6i1Mu0

千早「そんなこと……できるわけが……」

美希「それじゃ、春香は一生このままなの」クチュックチュッ

千早「くっ……こうなったらプロデューサーに!」スッ

美希「おぉっと、行かせないの!そこから動いたらコイツを春香のあそこにぶち込んじゃうよ!」

千早「……!!(あれはIA大賞記念トロフィー……あんな物入れたら春香が死んでしまうわ)」

美希「あはっ☆固まっちゃってる千早さん、面白いのー」ゲラゲラ

千早「くっ……この、卑怯者!!」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:35:39.80 ID:+fo6i1Mu0

千早「……」スッ…ジィー…

美希「どうしたの千早さん、ズボン脱いで脚広げるなんて、はしたないよ?」ゲラゲラ

千早「……」スリスリ…キュッ…

美希「あはは、千早さんのパンツ、何もしてないのにビッショビショなの!これからは千早さんじゃなく、変態さんって呼ぼうかな」ゲラゲラ

千早「くっ……んあっ……あっ……(春香、春香っ!)」クチュクチュ

美希「そおれ、イッちゃえイッちゃえ、なの!」

千早「んっ……あぁっ!」ビクビク…プシッ

美希「Aランク歌姫アイドルの潮吹きなの!永久保存版だね、あはっ☆」

千早「……約束よ、春香を離して」ハァハァ

美希「だれもオナニーだけでいいなんて言ってねぇの」

千早「なんですって……」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 02:48:33.20 ID:+fo6i1Mu0

千早「ふざけんじゃないわ……こうなったら一発ぶん殴って……えっ」クラッ

千早「(くっ……イッたばかりで体に力が入らなない!)」

美希「あはは、ちは、変態さんすごく面白いの、ご褒美あげるね……でこちゃん、やよい!!」

伊織「……」ガバッ

やよい「……」ガバッ

千早「何するの、離して……高槻さん、水瀬さん!!」ジタバタ

美希「そこの変態さんに、いっぱい気持ちいいこと教えてあげるの!」

千早「離して!春香……春香ぁっ!!殺すっ、殺してやるうぅぅぅ!!」

キイィ・・・・・・バタン

美希「……これで千早さんもミキの言いなりになるのも時間のモンダイなの」

美希「Sランクアイドルのミキに敵はいないの、みーんなミキの思うがまま!いい気分なの!!」

美希「でも今日は邪魔が入っちゃってだいぶ興冷めしたってカンジ。春香の処女穴開通式は明日に延期なの……貴音!」

貴音「はい……んくっ!!」プルプル

美希「後片付けをお願いするの、美希はそろそろお昼寝の時間なの、あふぅ」

貴音「承知…しました…ふあっ」ビクッ

美希「言いつけ通り、お尻にバイブ入れて生活してるみたいだね感心感心、なの」

貴音「ありがとう……ございます」

美希「言いつけを破ったら、ラーメン二十郎をあそこに流し込むからね?」

貴音「わかって……おりますっ、ああぁぁ!!」ビクンビクン




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:02:26.64 ID:+fo6i1Mu0

千早「離して……離して!!」

やよい「あぅ……おとなしくしてください」

伊織「そうよ。暴れて無駄な体力使わせないで」ハァ

千早「だって……このままじゃ春香が、春香が死んじゃうの!!」ポロポロ

やよい「……」

伊織「……」

千早「あなた達だって、こんなこと、おかしいと思わないのかしら!!」

真美「そんなこと言ったって……あぁんっ」ブィィィン

亜美「どうにもならないっしょ→…ふあぁ」ビクンビクン

雪歩「えへへ……真ちゃんのここ、大洪水ですぅ」クチャクチャ

真「そういう雪歩こそ、ビショ濡れじゃないか」クチュクチュ

律子「あずささん……そこは、ダメですってばぁ」

あずさ「あらあら~、律子さんまたイッてしまうのかしら~」ズプズプ

響「律子、自分もっイクぞっ」ビクンビクン

千早「何よ……何よ……っ!!この変態どもっ!!こうなったら私一人で春香を助けに行くわ!!」

伊織「待ちなさい、千早!!」

ギィ……バタン

貴音「只今……戻りました、んあぁ!!」ガクッビクンビクン

千早「四条さん……」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:05:07.63 ID:+fo6i1Mu0

千早「どいて、四条さん、美希が殺せないわ!!」

貴音「落ち着きなさい、如月千早……ふぁあ!!」ビクッ

千早「何よ、あなたも変態じゃない!!どいて、どきなさいよ!!」

貴音「水瀬伊織……美希がお昼寝たいむに入りました」

伊織「!!皆、千早を押さえて!!」ガバッ

千早「離せ!はなせぇぇ!!」

伊織「落ち着きなさいってば!なんて力なの……っ!」

やよい「千早さん、落ち着いてください!!」ガバッ

千早「邪魔するな!どけっ!!」ゲシッ

やよい「あぅ……」ドカッ

伊織「やよいっ!!」

響「皆、早く千早を押さえるんだ!」

亜美「ラジャ→手を貸すぜいおりん!!」

真「力仕事ならボクに任せてよ伊織っ!!」

雪歩「フヒヒ…真ちゃんのあそこおいしいですぅ」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:17:03.78 ID:+fo6i1Mu0

千早「殺す!ここにいる全員、殺してやるぅ!!」

真「ぐっ……ボクでも押さえつけられないなんて……!!(主に雪歩のせいだけど)」

雪歩「えへへ……真ちゃんのあそこひくひくしてますぅ」クチュクチュ

真美「千早お姉ちゃんはバケモノかっ!?」

響「ふざけてる場合じゃないぞ!……伊織っ!?危ないぞ、下がるんだ!!」

伊織「……」カツカツ…

伊織「千早、歯ァ食いしばんなさいっ!」スッ

パチイイイイィィィィィン!!!




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:38:24.07 ID:+fo6i1Mu0

千早「っ!!」

伊織「しっかりしなさい千早!あんたがそんなんでどうすんのよっ!!」

千早「水瀬さん……」

伊織「あんたが美希を殺して、春香は喜ぶのかしら!?」

千早「……喜ばない、春香は、そんな子じゃないわ!」

伊織「何よ、わかってるならわざわざ言わせないでよねっ!!」

千早「えぇ、でも、春香は……」

伊織「気をしっかり持ちなさい千早。ここにいる皆、思ってることは同じよ、春香を救いたがってる」

千早「皆……」

伊織「それに、美希の横暴に我慢が行かなくなってきたところなの。そろそろお仕置きが必要だわ!」

千早「水瀬さん……そうね、やってやりましょう!」




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 03:52:58.81 ID:+fo6i1Mu0

千早「でも、どうやって美希を……」

伊織「簡単なことよ、私たちと同じ目に遭わせてやるのよ……新堂!!」

新堂「はっ、お嬢様」

伊織「頼んでおいたもの、用意はできてるかしら」

新堂「……ここに」ガチャ

亜美「うあうあ~、物凄い量のラブグッズだYO!! 」

やよい「うっうー、見たことないおもちゃがいっぱいですー!!」

雪歩「すっごくおっきいのもありますぅ……これで真ちゃんに責められたら……」ハァハァ

あずさ「あらあら~(かなりえぐいのもあるわね~楽しみだわぁ)」

千早「なるほど、目には目を……ってことね水瀬さん!!」

伊織「その通り。美希は責めるのは得意だけど責められるのには慣れてないのよ、そこをつけば勝機はあるわ!!」

やよい「さっすが伊織ちゃんです!」

伊織「当然でしょ!見てなさいよ美希、今に思い知らせてやるんだから、にひひっ!」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:14:51.53 ID:+fo6i1Mu0

---しばらくして---
千早「無様ね、美希……春香の仇、もとい皆の仇とらせてもらうわ!」スチャ

あずさ「うふふ……腕が鳴るわぁ~」パキ…ポキ…

律子「あずささん、目が輝いてますね……」

伊織「準備はいい、皆?起こすわよ!!」バシャァッ

美希「きゃっ冷たいの!なんなのなの!?何が起きたの……」

千早「おはよう美希。気分はいかがかしら」ニッコリ

美希「その声は……千早さん、なの?……良いわけないの!サイアクなの!!」ジタバタ

伊織「あらぁ、それは残念ね、にひひっ!」

美希「でこちゃんまで!ミキにこんなことしてただじゃ済まさないの!それが嫌なら、さっさとこの手錠を外すの!!」ガシャガシャ

千早「無駄よ、美希。その手錠はクマにだって外せないわ……」ニヤリ




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:18:32.01 ID:+fo6i1Mu0

伊織「それじゃあ始めようかしら、指揮はあずさにお願いするわ」

あずさ「あらあら~光栄ねぇ……」ワキワキ

真「まずは何をすればいいんですか!?ボクとしてはボクの腕で美希のあそこをぶち抜いてやりたいんだけど……」

あずさ「だめよ真ちゃん……こういうのには準備があるの(かといっていきなりの鬼畜責めも捨てがたいわ……)」

真「ちぇっ……」

雪歩「真ちゃん、私ならいつでもオッケーだよ!!」

美希「い、いい加減にして手錠を外すの……今なら特別に許してやってもいいの!!」
あずさ「あらぁ美希ちゃん、モノの頼み方がなってないわね……『やめてくださいあずさ様』でしょう?」

美希「そんなこと……Sランクの美希が格下に様付けなんてできるわけないの!!」

あずさ「……皆、ローターは持ってる?」

やよい「うっうー、持ってますよー、ぶるぶるしてておもしろいです!!」

響「自分完璧だから一度に5個使えるぞ!」

伊織「ローターと言わずに、マッサージ器持ってるわよ、にひひっ」

あずさ「それじゃ、一斉に美希ちゃんの性感帯をバイブ責めしてあげなさい……ただし、イかせてはダメよ」

一同「はいっ!!」ブィィィィィィィィィィ




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:21:24.53 ID:+fo6i1Mu0

美希「やめるの……やめっ、ひゃあん!」ビクン

真美「ミキミキ、めっちゃ敏感っぽいよ→ここか、ここがいいのか、ほれほれ~」

やよい「美希さんの身体ビクビク跳ねて、まるで活きのいいえびさんみたいです!!」

美希「ひゃっ……やめ……イッちゃう!!」

あずさ「皆ストップ、手を止めて」

美希「……」ハァハァ

---数分後---

美希「覚えとけ、なの……ここにいる皆、お仕事ができないようにしてやるの……」

あずさ「(そろそろね……)皆、攻撃再開よ」

美希「ひっ……いやぁぁぁああああああ!!」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:26:27.83 ID:+fo6i1Mu0

繰り返すこと十数分……

美希「うぁ…あっ…」ビクンビクン

あずさ「律子さん、カメラの準備はよろしいでしょうか、今からSランクアイドルのお宝映像が撮れますよ~」

あずさ「美希ちゃん、覚悟してね」スリスリ

美希「いや……やめて……(脚の付け根さすられてるだけなのに……)」

あずさ「今のあなたにはこれで十分なはずよ……さぁ、思いっきりイッちゃいなさい!」

美希「あっ、どうしてっ……こんなのおかしいの、イクッ!イッちゃうぅ!!」ビクン!ビクン!プシャァァ




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:28:33.00 ID:+fo6i1Mu0

響「うわぁ……美希が潮吹きしたぞ、いや、もらしたのか……」

伊織「どっちにしてもいい映像が撮れたわ!!ざまぁないわね、にひひっ!!」

美希「うぅ……もうやめて欲しいの」グスッ

千早「ねぇ、あずささん……そろそろこいつをねじ込みたいのだけど……」

真「それは……IA大賞記念トロフィー、いいですね!!」

あずさ「そうねぇ、気持ちよくするだけじゃお仕置きにならないわね……わかったわ、やりましょうか」

美希「やめて……そんなの入れたら死んじゃうの……」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:32:08.78 ID:+fo6i1Mu0

美希「いやあああああああ!!離してぇ!!」

あずさ「美希ちゃん、往生際が悪いわよ……おとなしくしなさいな」

千早「そうよ、それにあなただってはるかにこれを入れようとしたじゃない、お互いさまよ」

伊織「亜美、真美、美希のことしっかりと押さえておきなさいよね!!」

亜美・真美「ラジャー」

伊織「それじゃ、行くわよ皆……」

一同「せーの……」



「やめてっ!美希を離してあげて!!」

千早「その声は……春香っ1!」




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:35:14.16 ID:+fo6i1Mu0

春香「みんな、もうやめて!こんなの、間違ってるよ!!」

春香「私聞いたよ!お尻にバイブが刺さったまま倒れてた四条さんから全部!!」

春香「私のために美希に仕返しなんて、しちゃいけないよ!!」

美希「春香……」

春香「だから、もうこんなことはやめよう。きっと美希も、IA大賞をとって舞い上がっっちゃっただけだよ」

美希「春香……春香!!ごめんなさいなの!!」ガバッ

美希「ミキ、ちょっと調子に乗ってただけなの……浮かれてっちゃてたの……だから、だからね……」

春香「うんうん、わかってるよ、大丈夫だから……」サスリサスリ

美希「ミキ、これかrいい子になるの、だからだから、美希を許してほしいの!!」

春香「もちろん、これからもよろしくね、美希!」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:38:47.58 ID:+fo6i1Mu0

真美「まったく、はるるんにはかないませんなぁ」

伊織「ほんと、あんなにひどいことをされたのにあっさり許しちゃうなんて……」

真「ボクだったら徹底的に仕返ししないと気が済まないのに」

貴音「その優しさこそ、天海春香の魅力の一つなのですから、当然でしょう」

亜美「あ、お姫ちん、お尻大丈夫??」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:41:03.36 ID:+fo6i1Mu0

美希「春香、大好きなの~」ガバッ

春香「もぅ、美希ったらこんなところで抱き着かないでよ……えへへ」

伊織「あれから美希は春香にゾッコン、ハニーハニー言わなくなった代わりに春香春香の毎日……」

やよい「うっうー、美希さんと春香さん、とーっても仲良しです!まるで恋人みたいかもーっ」

P「うぅ……美希、もう俺のこと、ハニーって呼んでくれないのか……」

小鳥「どうしたんですか、プロデューサーさん。……美希ちゃんのことですか」

P「はい……あっいえ、何でもないんです、あはは……」

小鳥「……ハニー」

P「小鳥さんっ結婚しましょう!!」ガバッ

小鳥「はいっ!プロデューサーさん!!」チュッ




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:42:06.66 ID:+fo6i1Mu0

小鳥「ってところまで妄想したわ!!」

美希「なんでミキに話したの?」
-------------------------------------------------------------------おわり---------------------------------




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 04:45:09.79 ID:+fo6i1Mu0

おわりです
はっぴーENDってむずかしいね



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 14:23:07.32 ID:iMhwAGn8o

安定のハッピヨENDwwwwww



元スレ
SS速報VIP:美希「ほぉら春香、どこがイイのか言ってみるの!」春香「いやぁ……」