1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:51:04 ID:VfzuKSPo


美希「えっ、いきなりどうしたのハニー?」

P「美希はいつもは俺にハニーハニーってベッタリなのに、おにぎりが出てきた途端そっちに飛びついて……俺の存在はおにぎりに負けてるって言うのか!?」

美希「そ、そんなことはないの!美希はハニーもおにぎりも、どっちも大好きなだけなの」

P「だからっ!!」ばんっ

美希「!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:51:26 ID:VfzuKSPo


P「美希の中で、俺は良くておにぎりと同格なのかよ……一番じゃないのかよ……」

美希「勿論、美希の一番はいつでもハニーなの!」

P「だったら……おにぎりよりも、俺の方が好きだって言ってくれよ!」

美希「っ!!」

P「どうなんだよ……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:51:47 ID:VfzuKSPo


美希「美希は…美希は、どっちかに優劣なんて…付けられないの……美希にとって、ハニーもおにぎりも、どっちも同じくらい大好きな存在なの……」

P「そうかよ……それが美希の答えか」

美希「ハニー…?」

P「俺はもう帰る……美希はおにぎりとよろしくやってろよ」

美希「は、ハニー!?もう帰っちゃうの!?待ってほしいの!!」ぎゅっ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:52:08 ID:VfzuKSPo


P「放してくれ……今は美希と一緒にいたくないんだよ……」

美希「嫌なの!折角ハニーと二人っきりになれたのに、もう別れるなんて絶対嫌なの!」

P「お願いだから放してくれよ……」

美希「嫌ったら嫌なの!」

P「放せって言ってるだろ!」

美希「!」びくっ



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:52:35 ID:VfzuKSPo


P「あっ、わ、悪い大声出して……すまないけど、今美希といると美希を傷つけてしまいそうなんだ……」

美希「あっ……」

ダッダッダッ!バタンッ!

美希「ハニー……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:53:13 ID:VfzuKSPo


美希「美希、ハニーに嫌われちゃったの…?」

美希「ひくっ、嫌…嫌なのぉ…ハニーに嫌われるなんて、美希耐えられないのぉ……」

?「泣くのはよしたまえ、星井嬢」

美希「えぐっ…?」

?「まったく…素直にあのP殿の方が好きだと言えばいいものを……」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:55:09 ID:VfzuKSPo


美希「おにぎり……」

おにぎり「やぁ」

美希「今回ばかりは、おにぎりと言えど話したくないの……」

おにぎり「そういう訳にもいかない。余のせいで、星井嬢とP殿の関係が壊れたとあっては、目覚めが悪いからな」

美希「……美希にとって、ハニーもおにぎりも、どっちかが欠けたら生きていけないの……だから、そこに順序なんてつけられる訳がないの……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:55:34 ID:VfzuKSPo


おにぎり「ふむ」

美希「ハニー……どうして分かってくれないの……?」

おにぎり「星井嬢、星井嬢の気持ちは良く分かった……だが、星井嬢がP殿のように好いているおにぎりは、本当に只のおにぎりか?」

美希「美希が、本当に好きなおにぎり……?」

おにぎり「うむ、よく思い出してみるといい……星井嬢が楽しみにしていた、その『おにぎり』を」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:56:22 ID:VfzuKSPo


美希「………」

おにぎり「………」

美希「!」

おにぎり「気づいたようだな」

美希「うん…うん、思い出したの……今の美希が大好きなおにぎり…それは、ハニーの握ってくれた、不恰好でも愛情の篭った、最高に美味しいおにぎりなの!!」

おにぎり「ふっ…それでいい」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:56:43 ID:VfzuKSPo


美希「ありがとうなのおにぎり……美希、大切なことに気が付けたの!」

おにぎり「なに、礼には及ばん…ただ、早くP殿と仲直りして、余を美味しく頂いてくれ」

美希「勿論なの!」

おにぎり「さぁ、まだP殿はそう遠くには行っておるまい……早く追いかけたまえへ」

美希「うん!すぐ戻ってくるから待っててなの!!」

バタバタッ!バタンッ!

おにぎり「ふっ…世話の焼ける二人だ」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:57:05 ID:VfzuKSPo


美希「ハニー!ハニー!どこにいるのー!」

美希「うー、もう事務所から出て行ちゃったのかな……」

小鳥「ただいま戻りましたー」

美希「!」

小鳥「あれ、美希ちゃんだけ?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:57:25 ID:VfzuKSPo


美希「小鳥!いい所に来たの!外から帰ってきたなら、途中でハニー見なかったなの!」ずいっ

小鳥「え、えぇ?プロデューサーさん?いえ、見てないけど……?」

美希「じゃあまだ事務所内にいるはずなの!ハニー!どこなのー?」

小鳥「あっ、美希ちゃんに頼まれた、このいちごババロアはどうすれば……?」

美希「冷蔵庫に入れておいてなの!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:57:47 ID:VfzuKSPo


社長室

美希「ハニー!」がちゃっ

社長「ん?美希君じゃないか、何かようかね?」

美希「社長に用はないの!」ばたんっ

社長「中々…冷たい反応じゃないか……」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:58:08 ID:VfzuKSPo


美希「ハニー!」がちゃっ

律子「………」かたかた

美希「ハニー!いないのー?」

律子「………」かりかり

美希「ここにもハニーはいないなの……」

律子「………」かちかち

美希「ハニー!」ばたんっ

律子「………ふぅ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:58:32 ID:VfzuKSPo


更衣室

美希「ハニー!」がちゃ

小鳥「!?」

美希「小鳥しかいないなの……」

小鳥「み、美希ちゃん!?お願いだから扉を全開にするのは止めて!私、着替えの途中だから!!///」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:58:56 ID:VfzuKSPo


美希「ハニー?」

小鳥「そもそも女子更衣室にプロデューサーが来るわけないでしょ!!///」

美希「万が一の可能性を考慮しての捜索なの。でも、いないみたいだからもういいの!」ばたんっ

小鳥「///」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 01:59:16 ID:VfzuKSPo


美希「ハニー!ハニー……あふぅ、何処にもいないの……やっぱり、もう事務所から出ちゃったのかな……」

美希「…しょうがないから、一回おにぎりの所に戻るの」

美希「あふぅ」がちゃ

P「……よう」

美希「は、ハニー!?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:00:41 ID:VfzuKSPo


P「……あぁ」

美希「美希、ずっとハニーの事探してたの!でも、まさかこの部屋にいるとは思わなかったなの!」

P「すまんな……あの後すぐ頭が冷えたよ…どうしても謝りたくてここで待ってたんだ…さっきは美希に酷い事言って悪かった!俺はプロデューサー失格だよ……」

美希「そんなことないの!美希のプロデューサーは、ハニー以外じゃ務まらないの!美希をキラキラさせてくれるのは、ハニーしかいないの!」

P「美希……!」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:01:06 ID:VfzuKSPo


美希「それにハニーの問いに、ちゃんとハニーが納得できるように答えられなかった、美希も悪かったの……」

P「?」

美希「ハニー、さっきの質問…美希にとって、ハニーとおにぎりのどっちが一番大事かって、もう一回答えさせて」

P「……あぁ、構わないよ」

美希「すぅ……まず、美希にとって、ハニーもおにぎりもどっちも同じくらい大好きっていうのは変わらないの」

P「………」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:01:45 ID:VfzuKSPo


美希「でも……今の美希は、前みたいにどんなおにぎりでも満足できるわけじゃないの」

P「……?」

美希「美希がハニーと同じくらい大好きなおにぎりは……ハニーが、私の為だけに握ってくれたおにぎりなの!!」

P「!」

美希「だから…美希はハニーとおにぎりに優劣なんてつけられないの……だって、ハニーの握ってくれたおにぎりは、ハニーの美希への愛情が篭ってるんだもん……それは、私にとってはとってもキラキラ輝いて見える素敵なおにぎりなの!!」ぎゅっ

P「美希……」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:02:02 ID:VfzuKSPo


美希「これでも…ハニーは納得してくれないかな……?」

P「いや…十分だよ……さっきは本当にすまなかった……まさか美希がそこまで考えてくれてたなんて……」

美希「ううん、そんなことないの…美希だって、ハニーにどっちが大事かって聞かれて、初めてこの事に気が付けたんだもん…お互い様なの」

P「ありがとう美希」なでなで

美希「あふぅ…気持ちいいの///」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:05:03 ID:VfzuKSPo


P「さて美希、動いてお腹すいただろ?もうお昼だし、俺の握ってきたおにぎり食べるか?」

美希「もっちろんなの♪」

美希「お昼は大好きなハニーと一緒に、大好きなハニーの握ったおにぎり!それでデザートには小鳥の買ってきた大好きなイチゴババロアなの!」

P「!」ぴくっ



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:05:21 ID:VfzuKSPo


美希「ハニー?どうしたの?また難しい顔して……」

P「ちなみに……俺とイチゴババロアなら……どっちが大事だ?」

美希「えっ………?」

おわり



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 02:05:48 ID:VfzuKSPo

勢いだけで書いた後悔はしてない


元スレ
SS深夜VIP:P「俺とおにぎり、どっちが大事なんだ!」