SS速報R:向井拓海「純愛上等」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1534250612/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:43:32.88 ID:IrkBXznf0


向井拓海「……相談があるんだけどよ」

片桐早苗「あら、珍しいわね。拓海ちゃんがあたしたちに相談なんて」

川島瑞樹「何か困りごとでも?」

拓海「……できれば人の少ない所で話してぇ」

瑞樹「それならちょっと場所を変えましょうか」

早苗「そうねー。応接室なら今空いてるから借りちゃおっか」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:45:05.71 ID:IrkBXznf0


瑞樹「で、相談したいことって何だったかしら?」

拓海「Pとのコトなんだけどよォ……」

早苗「まさかケンカでもしたの?」

拓海「ケンカなんかしてねえよ! たまに仕事のコトで言い争う事はあるけどよ」

瑞樹「じゃあ何か他に問題があるの?」



拓海「その……えっと……せ、性行為の、ことなんだけど、よォ……」モジモジ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:45:55.50 ID:IrkBXznf0


瑞樹「……」ニコニコ

早苗「……」ニコニコ

拓海「な、何か言えよアンタら!!!」

瑞樹「いや、どうというわけではないのよ?」

早苗「拓海ちゃんが、年相応に恥ずかしがってる所が見れておねーさんたち嬉しくてね」

拓海「あ、アタシがこういう話したっていいだろ!?」

瑞樹「ううん、何も問題ないのよ。続けてくれる?」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:46:33.73 ID:IrkBXznf0


拓海「アイツとの、せ……セックスなんだけどよ」

瑞樹「まさかプロデューサー君、ドヘタクソとか?」

拓海「そんなコトはねえと思う……スゲエ優しくしてくれたし、初めての時もあんま痛くなかったし」

早苗「優しくエスコートしてくれたのならいいじゃないの」

拓海「ソレはいいんだけどよ……それからずっと、アタシの方がイカされっぱなしなんだよ」

早苗「ヤラれっぱなしは性に合わないってこと?」

拓海「そうだ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:47:55.94 ID:IrkBXznf0


早苗「いいじゃないのよー! そんだけ健気に尽くしてくれる男いないわよー?」

拓海「そりゃわかってるつもりなんだけどよぉ……」

早苗「あたしなんて馬乗りで腰振ったら即死レベルよ? 翌朝なんかベッドから起き上がれないわよ」

拓海「……何かワリィな」

瑞樹「まあ腰ボロの早苗ちゃんは置いといて」

早苗「置いてかれた!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:48:47.13 ID:IrkBXznf0


瑞樹「要するに『いつも尽くしてもらってるから、タクミ、今日はいっぱいご奉仕しちゃいまーす☆』ってことでいいわね?」

拓海「何だよそのワケわかんねえ喪之狼具(モノローグ)はよォ!!?」

早苗「あたしたちがイロイロ教えてあげるからご奉仕頑張りなさいな♪」

瑞樹「どうせ今日も愛しのカレとイチャコラするんでしょ?」

拓海「イチャコラって……まあ、ヤるんだけどよ」

早苗「それなら色々準備するわよ!」

瑞樹「さーて、忙しくなるわよー!」

拓海「……大丈夫、だよな?」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:49:47.04 ID:IrkBXznf0


【数時間後】



シャアアアア…

拓海「ん……」

拓海(明日がオフなので、Pの家に上がり込んで……まあ、恒例になりつつある)

拓海「あの二人には教えてもらったけどよ…」

拓海(少々不安は残るが……まあ、なるようになれ、だな)

キュッ、キュッ!




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:51:37.38 ID:IrkBXznf0


拓海「ほら、上がったぞ」

P「ホカホカだね」

拓海「そりゃあ、まあ…」

P「それじゃあ……失礼」グイッ

拓海「……ん」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:52:07.14 ID:IrkBXznf0


ちゅ、っ…

P「……ん」

拓海「んっ……」

拓海(コイツとのキスは気持ちいい。ちょっと舌絡めてきたり、歯茎を軽くなぞってきたり)

P「……んっ」

拓海(コッチとの距離を図ってるみたいなキス…)




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:53:39.52 ID:IrkBXznf0


P「こっちの具合はどうかな…?」

拓海「なっ、いきなり見るんじゃねェ!」バッ

P「だめ、ちゃんと見せて」グイッ

拓海「~~~ッ」

P「うん、軽く濡れてるね」

拓海「キスだけで濡れて悪ィかよ!」

P「誰も悪いなんて言ってないけど……じゃあほぐしていくね」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:54:59.35 ID:IrkBXznf0


くちゅっ…

拓海「……ッ!」ビクン

P「おっと、痛かった?」

拓海「痛くねえよ……」

P「ならよかった。もうちょっと激しくいくよ」グチュッ

拓海「んっ!」ビクッ



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:57:00.84 ID:IrkBXznf0



くちゅ、くちゅ、ぐちゅっ!

P「二本なら十分入るな……」

拓海「んっ、ん」

拓海(何か今日、スゲエ感じてる…っ!)

P「れろっ……じゅるっ!」

拓海「~~~ッ!」ビクンッ

拓海(軽く……キたっ……!)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:58:05.94 ID:IrkBXznf0


拓海「……つーかよォ! なんでアタシだけ舐められてんだよ!」

P「えっ、嫌だった?」

拓海「一方的にヤラれっぱなしなのは性じゃねえんだよ! アンタのチ〇ポも出しやがれってんだ!」

P「じゃあ……はい、どうぞ」ブルンッ

拓海「……結構勃ってんな」

P「そりゃ、興奮してるからね」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 21:59:46.30 ID:IrkBXznf0


拓海「ンじゃ、搾り取ってやっか……ん」



じゅるっ、ぐぷっ、じゅぷっ…

P「ううっ……」ブルッ

拓海「ンッ……オイ、タマがもう震えてんぞ?」

P「うっ……今日はいつもより早い」

拓海「そうか、そんじゃ容赦なく搾り取らせてもらうぜ」

P(なんか、前よりもフェラが上手くなって…っ!)




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:01:11.82 ID:IrkBXznf0


じゅぷっ、じゅぷっ、ぐぷっ!



P「あっ、やばい、でっ……」

拓海「おっと」パッ

P「あっ、えっ……?」

拓海「あぶねえあぶねえ、すんなりイカせちまうとこだったぜ」

P「な、なんで……」

拓海「何で、って? そりゃあよぉ……コイツでイカせるからに決まってんだろ?」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:02:24.90 ID:IrkBXznf0


たぷんっ!

拓海「羽威頭離(パイズリ)大好きのプロデューサーなら、こいつはどうだ?」ズリュッ

P「うっ! よ、横じゃなくて縦……!」

拓海「そうだよ。こういうヤり口もあるんだってな」

P(チ〇コが乳の中に吸い込まれて…)

拓海「ほら、どうだよ拓海さまのパイズリはよォ?」

P「あっ……凄く気持ちいい……」

拓海「クスッ……蕩けた顔しやがって」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:03:37.77 ID:IrkBXznf0


拓海「そんじゃそろそろイカせてやっか……そらよ」グルン

P「ん? 縦から横に……」

拓海「こうやって……咥えながら、んっ……」

じゅるるるっ!

P「~~~~!」ビクッ

拓海「ほうやっへ、ふはへははらはほうはほ?(こうやって、咥えながらはどうだよ?)」

P「ちょっ、咥えながらしゃべられるとっ!」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:04:42.26 ID:IrkBXznf0


P「あっ、むり、でるっ……!」

拓海「んっ……!」



びゅくっ、びゅくっ、びゅくっ!



P「ハァ、ハァ……あー、すっごい出た」

拓海「モゴモゴ……んぐっ!」ゴクッ

P「何か今までで一番濃いのが出た気がする」

拓海「全くだぜ、こんな特濃精子飲ませやがって……口腔から妊娠させる気かテメエは」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:06:18.90 ID:IrkBXznf0


拓海「……つーかよ」

P「何?」ギンギン

拓海「こんだけ射精してもアンタはまだギンギンかよ……」

P「今日はまだまだ元気だよ」

拓海「どこにそんな性欲があんだよ」

P「さあ……? 自分でもよくわかんないや」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:08:01.31 ID:IrkBXznf0



P「じゃあそろそろ挿入(い)れるね……」

拓海「んっ……」



ずにゅっ…

拓海(いつもより硬ェッ……!)

P「くうっ……なんかいつもよりキツい」

拓海(これは……絶対持たねぇ)




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:09:59.21 ID:IrkBXznf0


P「…………」

拓海「……? どうした、動かねえのか?」

P「よいしょっと」グイッ

拓海「うわっ!?」


どさっ!



P「これでよし、と」

拓海「な、何で引っ張りやがんだ急に!」

P「挿入れた時にも思ったけど、何か今日は全体的に強張ってる気がしたからさ」

拓海「…………」

P「全体重かけて大丈夫だから、ほら」

拓海「……重くねえか?」

P「大丈夫大丈夫。そんなヤワな身体じゃないよ」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:10:54.09 ID:IrkBXznf0


P「それよりさっき引っ張り上げた反動で髪が凄いコトになっちゃったな」

拓海「アンタのせいだろ」

P「ごめんごめん。ほら、もっとちゃんと顔を見せて」

拓海「ん……」

P「拓海って、眉間にシワを寄せなきゃ優しい顔してるよね」

拓海「アア!?」

P「あ、シワ寄せ禁止」グイッ

拓海「指で広げんじゃねえ!」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:12:29.62 ID:IrkBXznf0


P「まつ毛も長くてキレイだし……」

拓海「やめろ……」

P「髪質もいいし」

拓海「ホメんな……!」

P「そうやってホメられるとすぐムキになるところも可愛い」

拓海「……テメエ!」

P「そんな拓海のことが大好きだよ」

拓海「…………ッ!」

P「また顔が赤くなったね」

拓海「イチイチズリィんだよアンタは……!」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:13:21.08 ID:IrkBXznf0


P「拓海は俺のこと、好き?」

拓海「……何で言わなきゃいけねえんだよ」

P「えー、拓海の口からハッキリと言って欲しいから」

拓海「…………ああもう! 好きだよ!メチャクチャ好きだよ!!!」

P「ありがとう」

拓海「ハァ、ハァ……コレで満足かよ?」

P「うん、満足した」ニコッ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:14:16.33 ID:IrkBXznf0


P「それじゃ、そろそろ動くから」



ぐりんっ!



拓海「~~~ッ!」ビクンッ

P「さっきよりも大分動きやすい…なっ!」

拓海(さっきので、やばい、きもちいい)

P(凄いうねってる……こりゃ長くは持たないな)




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:15:51.82 ID:IrkBXznf0




ぱちゅん、ぱちゅん、ぱんっ!



拓海「あっ、うっ、あっ」

P「はぁ、はぁ……ふっ!」

拓海(きもちいい、きもちいい、きもちいい)

P「拓海、拓海!」

拓海(あたまんなか、ずっとぐるぐるして、わけわかんねえ)




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:16:58.27 ID:IrkBXznf0






早苗「色々テクニックについて語ってみたけど、そんなのはアクセントにしかならないのよね」

拓海「そうなのか?」

瑞樹「大事なのは相手を思いやる……愛する気持ちがあるかどうかだからね」

拓海「思いやる……ねぇ」

瑞樹「拓海ちゃんはプロデューサーさんの事、好き?」

拓海「ん……そりゃあ………好き、だけどよ」

瑞樹「それなら大丈夫♪」ニコッ



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:17:53.56 ID:IrkBXznf0


早苗「いつかわかるようになるわよ。本当に気持ちいいセックスは『心』で感じるものなの」

拓海「心……か」

瑞樹「好きな者同士だったら、そう難しく考えなくても大丈夫よ」

早苗「今の拓海ちゃんなら大丈夫♪ おねーさん達を信じなさいな!」

拓海「……そうだな。サンキュ」

早苗「あ、そうだ。ヤったあとの事後報告はちゃんとすること」

瑞樹「プロデューサー君とどういうプレイをするのか気になるわね」

拓海「え゛っ」







29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:18:34.44 ID:IrkBXznf0






ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ!

拓海「あっ、あっ、あっ」

拓海(こころも、からだも、ぜんぶきもちよくて)

P「拓海! 拓海!」

拓海(いまでてんのが、あせなのか、なみだなのかも、もうわけわかんねえ)

P「ぐっ、で、出るっ……!」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:19:24.50 ID:IrkBXznf0




びゅーっ、びゅくっ、びゅくっ!



拓海「~~~~~っ♡」ビクンッ

P「くぅ……っ、うっ!」ビクン

拓海(ああ、もう、めのまえがちかちかして)

P「ハァ、ハァ、ハァ……あー、凄い出た」

拓海(わけわかんねえくらい、きもちいい…っ♡)






31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:20:43.43 ID:IrkBXznf0






拓海「……ん」ムクッ

P「あ、起きた?」

拓海「……何かスッゲエダルい」

P「はい、水飲む?」

拓海「サンキュ。んっ、んくっ…」ゴキュ

P「いやー、それにしても拓海も侮れなくなってきたな」

拓海「ん?」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:21:45.19 ID:IrkBXznf0


P「あんなにフェラが上手くなってたとは……いやはや驚いた」

拓海「瑞樹さんと早苗……さんに教えてもらったんだよ」

P「年上組の入れ知恵か……恐れ入った」

拓海「まあでも……攻められっぱなしだとか、そんなことはもうどうでもいーや」

P「え?」

拓海「互いに気持ちよくなれりゃそれでいい。だろ?」

P「……うん、そうだな」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:23:18.99 ID:IrkBXznf0


拓海「つーわけで、オラ。胸貸せ、胸」

P「え、胸?」

拓海「えいっ」ボフッ

P「え? 胸に頭乗せてきてどうした?」

拓海「ホラ、アンタの大事なスケが頭寄せてんだ。さっさと抱きしめろ」

P「う、うん……」ギュッ

拓海「んっ……」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/14(火) 22:24:06.99 ID:IrkBXznf0


拓海「あー……落ち着く」

P「お気に召したのなら何よりで」

拓海「ああ、お気に入りの場所だ……」

拓海(……アタシ、今すっげえ『しゃーわせ』だな……)

おわり。




元スレ
SS速報R:向井拓海「純愛上等」