1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:20:45.85 ID:4EP6UE3R0

P「(別に深い理由は無かった)」

P「(大人っぽかった、あずささんが髪の毛をバッサリとショートにしたことで…)」

P「(あどけなさが残る可愛しい女性になった)」

P「(だから、そんなあずささんを見て俺は何気なく…)」

P「あずさちゃん」

P「(そう言ってみたら…)」

あずさ「プロデューサーさんっ♪」スリスリ…

P「(…甘えてきた)」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:23:41.39 ID:4EP6UE3R0

あずさ「ねぇ、プロデューサーさん?」

P「な、なんですか?あずささん…?」

あずさ「あーっ。それ違いますー!」プクー

P「えっ?」

あずさ「…「ちゃん」付けで呼んで欲しいな///」

P「…あ、あずさちゃん」

あずさ「はぁい♪プロデューサーさん///」

P「(しかも「ちゃん」付けじゃないと不機嫌になるようになった…)」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:26:37.90 ID:4EP6UE3R0

P「ところで、どうしたんですか?」

あずさ「……」プクー

P「あれ…?」

あずさ「敬語はいやっ」

P「えっ?」

あずさ「なんだが距離を感じちゃう…」

あずさ「私にだけ敬語なんて…」

P「ご、ごめん…」

P「どうしたんだ、あずさちゃん…?」

あずさ「えーっとね♪」ルンッ…

P「(しかも敬語禁止なった)」

P「(そして、あずささんも敬語を使わなくなった)」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:30:16.90 ID:4EP6UE3R0

P「(しかし、自分で蒔いた種だが…)」

P「(あずさ「ちゃん」の違和感が凄い…)」

P「(いや、可愛いよ?あずささんは可愛いよ?)」

P「(「ちゃん」付けしたって全然良いと思うよ?)」

P「(でも、慣れって怖いよな)」

P「(もう、いつあずさ「さん」って呼んでしまってもおかしくない)」

あずさ「えーっとね?」

あずさ「プロデューサーさんは私のこと「ちゃん」付けで呼んでくれてるでしょう?」

P「ま、まぁ…そうだね」

あずさ「だから私もぉ…」

あずさ「プロデューサーちゃんって呼びたいなー♪」

P「……」

P「えっ?」





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:33:43.46 ID:4EP6UE3R0

P「ぷ、プロデューサーちゃん…ですか?」

あずさ「あー。また敬語になってるー」

P「あっ、ご、ごめん…」

P「(しかし…)」

あずさ「もぉー。早く慣れてほしいな?」プクー

P「(頬を膨らませて怒る、あずささん…)」

P「(とても可愛い)」

P「(いや本当に可愛い)」

P「(思わず「ちゃん」って言ってしまうだろう?)」

あずさ「それでー」

あずさ「私も「ちゃん」付けで呼んでも良いかしら?」

P「あっ、えーと…」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:36:51.23 ID:4EP6UE3R0

あずさ「…だめなの?」

P「あーいや…」

P「俺に「ちゃん」付けって、なにかおかしく無いかな…?」

あずさ「えー?そんなことないわよー」

あずさ「だって美希ちゃんは「ハニー」って呼んでるじゃない?」

P「いや、美希はその…」

あずさ「…贔屓なんだ」

P「えっ?」

あずさ「そうよね…美希ちゃんは可愛いし、若いし…」

P「そ、そんな!」

P「あずさちゃんだって可愛いよ!」

あずさ「…!!」

あずさ「プロデューサーちゃーん///」ギュッ…

P「おうっ!?」

P「(結局、俺も「ちゃん」付けで呼ばれるハメになってしまった)」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:39:08.43 ID:4EP6UE3R0

あずさ「~♪」スリスリ…

P「……」

あずさ「うふふ~…♪」ペト~…

P「……」

あずさ「…ん~」ンー…

P「いやいや!キスはまずいって!」

あずさ「…いけずですっ」プクー

P「あなたは貴音ですか…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:42:21.49 ID:4EP6UE3R0

あずさ「あっ!今のも、めっ!」プクー

P「えっ?」

あずさ「私と二人きりの時に…」

あずさ「他の女の子の名前を出すのは、めっ!」

P「いや、あずささんも美希の名前を…」

あずさ「女の子が言うのは良いのっ!」

あずさ「…それともプロデューサーちゃんは貴音ちゃんのことが好きなの…?」ウルウル…

P「いや、好きかと言われればそりゃ…」

あずさ「…!!」ガーン

P「いや、恋愛的な意味じゃないから」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:45:04.81 ID:4EP6UE3R0

あずさ「そう…やっぱり若い子が好みなのね…」シュン…

P「いや、あのですね?」

あずさ「また敬語も使うし…」

P「あぁ、いや!だから…!」

あずさ「私なんて、やっぱりもう旬の過ぎた女なのねっ!」

P「そんなことない!あずさちゃんは魅力的な女の子だ!」

P「俺が保障するっ!!」

あずさ「じゃあ、キスしましょ?」

P「それはダメ」

あずさ「…ぐすっ」

P「あぁ、もう!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:48:32.96 ID:4EP6UE3R0

P「えーと、なんだ…」

P「ほら、抱きしめるだけなら…いくらでも…」

あずさ「……」ギュッ…

あずさ「……」スリスリ…

あずさ「…うふふ///」ペト~…

P「……」

P「(やっぱりアウトかも)」

P「(いや、あずささんだろ?美人だぞ?可愛いぞ?)」

P「(性格も良いし…男としては…)」

P「(いやでも…プロデューサーとアイドルなわけであって…)」

あずさ「……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:51:14.75 ID:4EP6UE3R0

あずさ「ねぇ、プロデューサーちゃん…?」

P「な、なにかな?」

あずさ「もしかして私がアイドルだから遠慮とかしてる…?」

P「えっ…!?」

P「い、いや…その…」

あずさ「…私のこと、好き?」ジッ…

P「うっ…」

P「(瞳を潤ませて上目づかいだと…!?)」

P「(なんて高等テクニックを使ってくるんだ、この人は…!)」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:53:42.43 ID:4EP6UE3R0

P「そ、そりゃ好きかと言われれば…その…」

あずさ「それはアイドルとして?1人の女性として?」

P「それは…」

あずさ「……」

あずさ「…ごめんなさい」

P「えっ?」

あずさ「こんなこと言っても、プロデューサーさんを困らせちゃうだけですよね…」

P「あずさ…ちゃん…?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 04:56:55.17 ID:4EP6UE3R0

あずさ「あっ、もう無理にその呼び方をなさらなくても大丈夫ですよ?」

P「いや…無理になんて…」

あずさ「…私、舞い上がっちゃったんです」

P「えっ?」

あずさ「私だけ「さん」付けで敬語を使われて…」

あずさ「他の子はそんなこと無いのに…」

あずさ「なんだか距離を感じていたんです…」

P「あずさ…さん」

あずさ「だから、あなたに「ちゃん」付けで呼ばれた時は凄く嬉しかったんです」

あずさ「あなたとの距離がグッと近づいた気がして…」

P「……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:00:21.21 ID:4EP6UE3R0

あずさ「少しの間だけでも、甘えさせてくれてありがとうございました」ニコッ

あずさ「幸せな一時をくださって…」

あずさ「そして、ご迷惑をおかけしてすいませんでした」ペコッ…

P「……」

P「(俺は彼女のことを迷惑だと感じたか?)」

P「(彼女に甘えられて幸せだと感じなかったか?)」

P「(…俺は)」

P「(俺は…!!)」

あずさ「それでは、私…これで…」

P「…待ってくれ!」

P「……あずさっ!!」

あずさ「…えっ?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:03:42.54 ID:4EP6UE3R0

あずさ「ぷ、プロデューサーさん…?」

P「ごめん…俺がハッキリとしないばかりに…」

P「プロデューサーやアイドルというの言い訳にしてた…」

あずさ「そ、その…?」

あずさ「今、私の名前…」

P「…あずさ」

あずさ「…!」

P「甘えられて迷惑?そんなバカな」

P「好きな人に甘えられて嬉しくならない男性なんていない!」

あずさ「えっ…!?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:05:43.11 ID:4EP6UE3R0

あずさ「す、好きな人…?」

P「うん。俺はもうプロデューサーを言い訳にしない」

P「けど、それがあずさの迷惑になるかもしれない」

P「だけど俺は1人の男して、ちゃんと自分の気持ちを伝えるよ」

P「愛してるよ」

P「あずさ」

あずさ「…!!」

あずさ「…っ」

あずさ「ううっ…」グスッ…

P「…あれ!?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:08:01.69 ID:4EP6UE3R0

P「ご、ごめん…もしかして俺も舞い上がってた…?」

あずさ「ご、ごめんなさいっ…違うんですっ…!」フルフル…

あずさ「嬉しくて…」

あずさ「「あずさ」って呼んでもらえて…」

あずさ「あなたに「愛してる」って言われて…」

あずさ「それがっ…とっても嬉しくてっ…!!」

P「あずさ…」

P「……」ギュッ…

あずさ「あっ…」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:11:03.81 ID:4EP6UE3R0

P「ごめん。俺はあずさの気持ちを気づいてたのに気付かないフリをしてた」

P「でも、もう誤魔化したりなんかしない」

P「あずさが望んでくれるなら俺はあずさの恋人になる」

P「そして思いっきり甘えてきても良いよ」

あずさ「プロ…デューサーさん…」

あずさ「…はい」

あずさ「私を…」

あずさ「あなたの恋人にしてくださいっ…///」ムギュッ…

P「喜んで」ナデナデ…

あずさ「あふっ…///」トローン…



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 05:15:28.99 ID:4EP6UE3R0

P「ところで思わず勢いで「あずさ」って呼んじゃったけど「あずさ」で良いのかな?」

あずさ「あっ、そうですねー…」

あずさ「…たまには「ちゃん」付けで呼んでくれたら嬉しいかも♪」

P「あずさちゃん」

あずさ「…!」

あずさ「はーい♪」スリスリ…

P「俺のことはなんて呼ぶ?」

あずさ「んーと…」

あずさ「…プロちゃんとかどうかしら?」

P「あずさちゃんがそう呼びたいなら」

あずさ「じゃあ、それで決まりかしらね~♪」

P「(マジかよ…)」

あずさ「うふふっ…ぷーろちゃん♪」

あずさ「だーい好きよっ///」ペト~

おわり



53: 忍法帖【Lv=39,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/22(月) 05:16:27.47 ID:qrH5rgPS0

>>1
あずささんに甘えられたくなった



56: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/22(月) 05:46:42.10 ID:apSGUpzy0

乙!
可愛すぎて泣いた


元スレ
P「あずささんを「ちゃん」付けで呼んだら思いっきり甘えてきた」