SS速報VIP:アスカ「・・・」ポリポリ シンジ「!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380474308/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:05:08.63 ID:QJZKMRKk0


シンジ「あーーー!!アスカが鼻くそほじってるゥーーー!!」
 
アスカ「!ち、違っ」パッ
 
シンジ「ほじってたほじってた!!今絶対鼻くそほじってたよ!!」
 
アスカ「だ、だから違・・・」カアア
 
シンジ「すっごいナチュラルにほじってたよね!!」
 
シンジ「なんで?ねえなんで?なんであんな自然に鼻くそほじってたの?」

アスカ「話をっ…」

シンジ「もしかしてアスカは普段から日常的に鼻くそをほじってたってこと?」
 
シンジ「それとも人前で鼻くそほじるのってドイツでは当たり前のことなの?」

シンジ「ねえねえどうなの!?ねえねえ!!」

アスカ「…っ!」キッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380474308




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:06:11.73 ID:QJZKMRKk0


アスカ「うるっさい!!」

アスカ「私が鼻くそほじったりするわけないでしょ!!」

シンジ「えー?ほんとに?」

アスカ「あったりまえよ!!」

シンジ「じゃあ、さっきのは鼻くそをほじってたわけじゃないっていうの?」

アスカ「そうよ!」

シンジ「なら、あの鼻ほじりにしか見えない動きはなんだったの?」

アスカ「それは…」

シンジ「なんだったの?」

シンジ「ねえねえねえねえ!」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:07:21.23 ID:QJZKMRKk0


アスカ「あ、あれは!」

アスカ「か…」

シンジ「?」

アスカ「蚊に刺されたのよ!」

シンジ「…」

シンジ「鼻を?」

アスカ「ええ」

シンジ「…」

シンジ「嘘付け!!」

シンジ「そんなとこ蚊に刺されて気づかないわけないだろ!?」

アスカ「う、嘘なんか吐かないわよ!!」

シンジ「正直に言えよ!!ほじってたんだろ!?鼻くそ!!」

アスカ「だからほじってないって言ってんでしょ!!」

シンジ「嘘だ!!ほじってたんだ!!アスカは鼻くそほじりクイーンなんだ!!

アスカ「意味わかんない!!蚊に刺されたって言ってんでしょうが!!」

アスカ「今だってすっごくかゆいのに我慢してんのよ!!」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:07:59.52 ID:QJZKMRKk0


シンジ「・・・」

シンジ「ふーん」

シンジ「ならさ、そこまで言うなら証拠を見せてよ」

アスカ「証拠?」

シンジ「そう、これを使ってさ」

ピラっ

アスカ「これって…」

アスカ「?ただのティッシュじゃない、これがどうしたのよ」

シンジ「このティッシュで鼻をかんでみてよ」

シンジ「それで鼻くそが出てこなければ僕はアスカを信じる」

シンジ「どう?」

アスカ「どうもこうも」

アスカ「…最低な提案だと思うけど」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:09:01.38 ID:QJZKMRKk0


シンジ「じゃあ、やっぱりほじってたんだね!!」

アスカ「なんでそうなるのよ!!」

シンジ「だってこの案を断るってことは、今鼻をかむとアスカの鼻からはほじりかけの鼻くそが…」

アスカ「あー!!もういい!!わかったわよ!!」

アスカ「かめばいいんでしょ!?かめば!!」

シンジ「う、うん」ドキドキ

アスカ「い、いくわよっ」

チーン

アスカ「ほら、これでいいんでしょ?」

シンジ「…」

シンジ「…」ハア

シンジ「がっかりだよ」

アスカ「?」

シンジ「あのさあ…」

アスカ「?」

シンジ「そんなんでいいわけないでしょうが!!」

アスカ「!?」ビクッ



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:09:47.00 ID:QJZKMRKk0


シンジ「駄目だよ駄目だ!!そんなんじゃ全っ然駄目だ!!」

アスカ「わ、私はちゃんとあんたの言った通りに…」

シンジ「シャアアアラップ!!」

アスカ「!」

シンジ「…」

シンジ「もっと強くかんでよ」ボソ

アスカ「え?」

シンジ「もっと!!もっと強く鼻かんでよぉ!!アスカァァ!!」

アスカ「ええ!?」

シンジ「今の程度のかみかたじゃ、正直全然!!鼻くそが出てくるとは思えないんだよね!!」

アスカ「あ、あんた!!いい加減にしないと…」

シンジ「アスカッ!!」クワッ

アスカ「な、何よ!?」

シンジ「…」ギロ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:10:25.15 ID:QJZKMRKk0


シンジ「お願いしますッ!!」ザッ

ゲザアアアアアアアアッ!!

アスカ「!えっと…」

アスカ(これって)

シンジ「…」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

アスカ「…」

アスカ「土下座?」

シンジ「この通りですぅ」ハハアー

シンジ「お願いだよ!!」

シンジ「ほんとまじで、助けると思って…」

シンジ「もっと強く鼻をかんでください!!」

シンジ「お願いします!!」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:11:08.43 ID:QJZKMRKk0


アスカ「…」ゴクリ

アスカ「あんた、そんなに私が鼻かむとこみたいわけ?」

シンジ「超見たいです!!」

アスカ「どういう性癖よ、それ」

シンジ「お願いします!!お願いします!!」

アスカ「…まあそこまで言うんだったら、ちょっとくらいは、その」ゴニョゴニョ

シンジ「!」

シンジ「じゃ、じゃあっ!!」

アスカ「…」コク

アスカ「いい?こんなこと二度としないからね」

シンジ「!!」パアア

シンジ「て、天使や、天使は実在したんや!!」

アスカ「…」

アスカ「ほ、ほんとにバカね!まったく…」

アスカ「じゃ、いくわよ!」

シンジ「はいっ!」

チーーーーーーン!!

シンジ「お、おお!」ゾクゾク



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:11:49.92 ID:QJZKMRKk0


アスカ「ほら、見てごらんなさい、鼻くそなんてどこにもないでしょ?」フフン

ピラッ

シンジ「うーん」マジマジ

シンジ「…」

シンジ「たしかに、透明な鼻汁しか出てきてないね」

アスカ「でしょ!?」

シンジ「うん」マジマジ

アスカ「…」

シンジ「…」ジー

アスカ「…」

アスカ「ねえ」

シンジ「…」ジー

アスカ「ねえ!」

シンジ「なに?」ジー

アスカ「いつまで眺めてんのよ、それ」

シンジ「!」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:12:25.50 ID:QJZKMRKk0


シンジ「あ、ごめん、つい」スッ

アスカ「…」

アスカ「なんでポッケにしまうのよ」

シンジ「え?」

アスカ「え?」

アスカ「だから!私が鼻をかんだ後のティッシュをどうしてポケットにしまうのよ!」

シンジ「え?」

アスカ「もうっ!そんなの汚いから早く捨てなさいよ!」

シンジ「!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:13:15.81 ID:QJZKMRKk0


シンジ「そんな!!捨てるなんて出来ないよ!!もったいない!!」

アスカ「はぁ!?バカじゃないの!?あんたホントバカじゃないの!?」

アスカ「それ、返しなさい!!」

シンジ「あ!!ちょっとやめてよ!!これは元々僕のティッシュじゃないか!!」

アスカ「うるさい!!キモイ!!死ね!!」

シンジ「いっ!いくら罵倒されたって、これだけは譲れないよ!!」グイグイ

アスカ「なんでそんなに頑ななのよ!?」グイグイ

シンジ「これは…このティッシュだけは!!渡すわけにはいかないんだぁ!!」

アスカ「意味分かんない!!」

アスカ「返しなさいよ!!この変態!!」

シンジ「い、いやだあああ!!」

ドックン!

シンジ「ゥううううおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:13:45.26 ID:QJZKMRKk0



パキイイイイイイイイン!!


アスカ「きゃっ!!」


バシイイ!!

シンジ「ふゥー!ふゥー!」

アスカ「…」

シンジ「ふう、ふう」

アスカ「…」

シンジ「…」

アスカ「あんたさっき一瞬…」

アスカ「ATフィールドが」

シンジ「でてません」

アスカ「…」

アスカ「ATフィ」シンジ「でてません」

アスカ「…」

シンジ「…」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:14:15.95 ID:QJZKMRKk0


シンジ「ともかく、アスカの言いたいことはわかったよ」

アスカ「え、ホントに?」

シンジ「うん、つまりこういうことでしょ?」

チーン

シンジ「ほら」

アスカ「?」

シンジ「欲しかったんだろ?」

シンジ「僕のティッシュ」

アスカ「いや、いらないけど」

シンジ「あ…そ、そう」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:14:56.72 ID:QJZKMRKk0


シンジ「だよね」

シンジ「やっぱりいらないよね、僕の鼻汁ティッシュなんて」

シンジ「…」

シンジ「じゃあ、これは捨てることにするよ」

レイ「待って」

シンジ・アスカ「!!」

レイ「その必要はないわ」

レイ「私が貰うもの」

シンジ「綾波…!」ジーン

アスカ「いやどっから入ってきたのよあんた」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:15:26.37 ID:QJZKMRKk0


レイ「碇君、代わりと言ってはなんだけど」

シンジ「?」

チーン!

レイ「これを」ベチョ

シンジ「あ、それはいらないです」

レイ「!」ガーン

アスカ「どうでもいいけど早く捨ててよね、私のティッシュ」

シンジ「だが断る」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:16:01.49 ID:QJZKMRKk0


レイ「…」

レイ「そう、碇くんは貰ってくれないのね、私のティッシュ」シュン

レイ「…」

レイ「ならこれは捨て」

ゲンドウ「待て」

シンジ・アスカ・レイ「!!」

ゲンドウ「捨てる必要はない」

ゲンドウ「その鼻紙にはまだ役目が残っている」

ゲンドウ「私が預かろう」

レイ「碇指令…!」ジーン



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:16:37.14 ID:QJZKMRKk0


アスカ「…どうして戸棚から指令が出てくんのよ」

ゲンドウ「問題無い、葛城君から許可はとってある」

シンジ「ミサトさん…」

ゲンドウ「そうだレイ、代わりと言ってはなんだが」

チーン

ゲンドウ「これを」スッ

レイ「いりません」

ゲンドウ「!」ガーン



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:17:13.85 ID:QJZKMRKk0


ゲンドウ「そうか…」

ゲンドウ「たまには死海文書にない事件も起きる」

ゲンドウ「老人たちにはいい薬だな」

ゲンドウ「ふ、ふふ、ふふふふ」

ゲンドウ「…」

ゲンドウ「碇ゲンドウの鼻紙を現時点をもって破棄」

ゲンドウ「ただちに帰宅する」

リツコさん「待ってください」

ゲンドウ「!」

リツコさん「碇指令、今それを捨てるのは得策ではありません」

リツコさん「そのちり紙はサンプルとして、作戦部長の私が管理します」

ゲンドウ「リッちゃ…赤木博士!」ジーン



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:17:43.90 ID:QJZKMRKk0


アスカ「今度は風呂場から現れたわね」

シンジ「そうだね」

シンジ「…」

シンジ「それはそうとアスカ、そろそろこのティッシュ食べていい?」

アスカ「黙れヘンタイ」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:18:15.24 ID:QJZKMRKk0


ゲンドウ「赤木博士…」

ゲンドウ「君にはいつも面倒ばかりかけるな…」

リツコさん「ふふ、礼にはおよびませんわ」

リツコさん「ただ、私も貰ってばかりでは失礼ですから」

チーン

リツコさん「これを…」ビチャ

ゲンドウ「あ、それは結構だ」

リツコさん「!」ガーン

リツコさん「そうよね、こんなおばさんの鼻紙ですもの…」

リツコさん「誰も、欲しがるわけないわよね」

マヤ「ふふはほほはひはへへ!!」

リツコさん「!」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:18:45.92 ID:QJZKMRKk0


マヤ「へへはひほひっひゅ!ははひはほひひへふ!!」

リツコさん「マヤ!」

シンジ「口がふさがってて、何言ってるか全然わかんないね」

アスカ「ていうか何で全身縛られてんのよ、あの人」

シンジ「わかんないけど、苦しそうだし解いてあげなきゃ」

スルスル

マヤ「ぷはっ、ありがとう、シンジ君」

シンジ「どういたしまして」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:19:14.31 ID:QJZKMRKk0


リツコさん「…」

マヤ「先輩!」

リツコさん「マヤ」

マヤ「私!先輩のティッシュ欲しいです!!」

マヤ「先輩はおばさんなんかじゃありません!!」

マヤ「私、先輩のこと!誰よりも尊敬してますし!!その…」

マヤ「あ、愛してるんです!!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:19:43.77 ID:QJZKMRKk0


リツコさん「そう…」

マヤ「だから、そんな悲しい顔しないでください!!」

リツコさん「まさか、あなたに励まされる日が来るなんて…」

マヤ「先輩」

リツコさん「不思議なものね」

マヤ「えへへ」

リツコさん「それにしても」フッ

マヤ「?」

リツコさん「…どうして豚が日本語を話してるのかしら?」

シンジ・アスカ・レイ・ゲンドウ「!?」

パシン!!パシン!!

マヤ「あ、あンっ♪先輩ィ」ゾクゾクゾクゾク



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:20:14.14 ID:QJZKMRKk0


シンジ「うわぁ、変態ってほんとにいるんだね」

アスカ「あんたがそれ言う?」

マヤ「ブヒ!ブヒブヒ!ブヒーン!」

リツコさん「そうよ、豚はぶひぶひ言ってればいいのよ!」パシーン!

マヤ「ブヒヒヒ!ブヒ!ブヒッヒブヒブヒ!!」

リツコさん「?」

チーン

マヤ「ブヒ!」ヌチャリ

リツコさん「何よこれ」

リツコさん「あなたの使った鼻紙を私に?」

マヤ「ブヒ!」コクコク

リツコ「…いらないわよ、汚らしい」

マヤ「!」ガーン

マヤ「ぶ、ぶひ…」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:20:45.14 ID:QJZKMRKk0


加持「ならその鼻紙は俺が貰おう」

シンジ・アスカ・レイ・ゲンドウ・リツコさん・マヤ「!?」

ミサト「…だったら、あんたの使ったティシューは私が預かるわ」

シンジ・アスカ・レイ・ゲンドウ・リツコさん・マヤ・加持「!?」

日向「か、葛城さんの使用済みティッシュは僕が!!」

シンジ・アスカ・レイ・ゲンドウ・リツコさん・マヤ・加持・ミサト「!?」

冬月「…まったく、碇の奴、面倒なことは昔からみんな私に押し付ける」

シンジ・アスカ・レイ・ゲンドウ・リツコさん・マヤ・加持・ミサト・日向「!?」

カヲル「シンジ君、アナルセックスしないかい?」

シンジ「!?」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:21:15.10 ID:QJZKMRKk0


アスカ「な、なんでこんな次から次へと人が集まってくんのよ!」

シンジ「…」

アスカ「しかもみんな変態ばっかりだし!!」

シンジ「…」

アスカ「もう、どうなってんのよ」ブツブツ

シンジ「みなさーん」

アスカ「?」

シンジ「さっきアスカが鼻くそほじってましたーーーーーー!!」

アスカ「っておおおおおおおおおおおおおい!!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 02:22:01.31 ID:QJZKMRKk0


アスカ「いきなり脈絡もなく何言ってんのよ!!!あんたは!!」

しーん

アスカ「ほら!どうすんのよ!!この空気!!」

シンジ「アスカ」

アスカ「何よ!!」

シンジ「おめでとう」

アスカ「は?」

パチパチパチパチ!!

アスカ「へ?はあ!?」

ヒカリ「おめでとう」

ケンスケ「おめでとう」

トウジ「めでたいなぁ!」

ぺんぺん「クァ!クァッ!」

アスカ「な、何よ、なんなのよ!これ」

マヤ「おめでとう」

日向「おめでとう」

加持「おめでとう」

ミサト「おめでとう」

アスカ「な、何もめでたかないわよ!!」

レイ「おめでとう」

ゲンドウ「おめでとう」

ユイ「おめでとう」

アスカ「言わないわよ!?絶対言わないからね!!」

シンジ「アスカ…」

アスカ「何よ!!!!」

シンジ「空気読もうか?」

アスカ「ぐっ」

アスカ「…」


アスカ「ありがとう」



終劇


元スレ
SS速報VIP:アスカ「・・・」ポリポリ シンジ「!」