SS速報VIP:サターニャ「……何しに来たのよ」ラフィエル「こんばんはサターニャさん♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534673459/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:10:59.52 ID:GECSmdsv0


サターニャ「……私そろそろ眠るつもりだったんだけど」

ラフィエル「もうお休みになるんですか?」

サターニャ「今日は早くに起きちゃったのよ」

ラフィエル「そうでしたね~朝早くからお洗濯にお掃除頑張っていましたよね~♪」

サターニャ「なんで知ってるのよ!?」

ラフィエル「あっ、つい」

サターニャ「ついって何よ!? っていうか、からかいに来たんならもう帰りなさいよ!」

ラフィエル「サターニャさん今日泊まらせて頂きますね」

サターニャ「なんでそうなるのよ!?」

ラフィエル「からかいに来たわけではないのでご安心を」

サターニャ「もうすでにからかわれたと思うんですけど!?」

ラフィエル「そんな事ないですよ~」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534673459




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:13:54.28 ID:GECSmdsv0


サターニャ(……何を企んでいるのかしら)ジトー

ラフィエル「……」ニコニコ

サターニャ「はぁ……、もういいわ好きにして」

ラフィエル「はい、ありがとうございます♪」

サターニャ「私寝るから」ゴロン

ラフィエル「えぇー……サターニャさーんもう少しおしゃべりしましょうよー」ユサユサ

サターニャ「いや私眠いんだけど……」

ラフィエル「サターニャさーん」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:16:49.01 ID:GECSmdsv0


サターニャ「……」

ラフィエル「……」

ラフィエル「私とおしゃべりするの……嫌ですか……? ぐすっ」

サターニャ「うぇ!?ちょっ、ちょっと」アセッ

ラフィエル「ふふっ、優しいですね~サターニャさん」クスクス

サターニャ「あれっ……? はっ!また騙された!?」

ラフィエル「うふふ~」

サターニャ「あんたねー……もう眠いんだから勘弁してよ」





サターニャ(やれやれと思いながら再び横になる)

サターニャ(それなのにラフィエルは私に話しかけてきて一向に寝させてもらえなかった)



────────




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:19:34.45 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「……あっ、サターニャさん!サターニャさんっ!」

サターニャ「今度はなによ」

ラフィエル「こっち向いてください!」

サターニャ「何なのよ……」

ラフィエル「……サターニャさん!」ズイッ

サターニャ「分かったわよ……ほら、なに」

ラフィエル「ちょっと……もうちょっと待って下さい!」


サターニャ(そう言ってちらちらと何かを気にしている)

サターニャ(一体なんなんだろうと思いながらも私は待った)




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:21:50.85 ID:GECSmdsv0


ラフィエル(あと少し、もう少しです……!)

ラフィエル「……!」

ラフィエル「サターニャさんお誕生日おめでとうございます!」

サターニャ「えっ……あっ!」

ラフィエル「うふふ~もしかして忘れてたんですか~」

サターニャ(そう言われて私は思い出す)

サターニャ(0時を過ぎ、日付が変わり、たった今私の誕生日なのだと)




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:24:22.94 ID:GECSmdsv0


サターニャ「……」

ラフィエル「あの……サターニャさん?」

サターニャ「あっ!いやその……」

サターニャ(あぁそうか、だから……)

サターニャ(でも、まさかこいつがその為だけに……?)

サターニャ「……あんたまさかその為に来たの?」

ラフィエル「はい」

ラフィエル「びっくりしました?」ニコニコ

サターニャ「そ、そりゃあ驚くわよ……」



ラフィエル(サターニャさんびっくりしてますね、ひとまずサプライズは成功です)

ラフィエル(……喜んでもらえたら嬉しいんですけど)

ラフィエル(まだ笑顔が見れませんね……)




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:26:53.79 ID:GECSmdsv0


サターニャ「……メールでもよくない?」

ラフィエル「んー……、メールだとすぐに忘れられちゃいそうで」

サターニャ「そんな事ないでしょ?」

ラフィエル「サターニャさんだと」

サターニャ「あんた酷くない?」

ラフィエル「冗談ですよ~」

サターニャ「冗談に聞こえないんだけど」

ラフィエル「本当は……サターニャさんの忘れられない記憶にしたかったので」

サターニャ「あんたのやることなすこと大概忘れられないんだけど」

ラフィエル「本当ですかっ!?」

サターニャ「……なんで嬉しそうなのよ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:29:46.96 ID:GECSmdsv0


ラフィエル(嬉しいに決まってるじゃないですか)


ラフィエル(サターニャさん……)

ラフィエル(あなたは私にとって特別なんです)

ラフィエル(私はあなたに出会って記憶の中の誰よりもあなたに心惹かれたから)

ラフィエル(一緒にいると楽しくて嬉しくて、幸せで)

ラフィエル(最初のうちはそれで満足だったのに、今はそれだけじゃあだめで……)



ラフィエル(あなたの特別になりたいんです)




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:32:18.09 ID:GECSmdsv0


サターニャ(驚いた……)

サターニャ(素直に言えないけれど、すごく嬉しい……)

サターニャ(確かにメールよりも忘れられない記憶になると思った)



サターニャ(それに……まさかこいつが祝ってくれるだなんて)

サターニャ(そもそも誕生日教えてないのに……)




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:40:40.67 ID:GECSmdsv0


サターニャ「なんで誕生日知ってるのよ」

ラフィエル「うふふ~秘密です~♪」ニコニコ



サターニャ(私が一番ですね!なんて、嬉しそうに言われて)

サターニャ(私の方が嬉しいのに、恥ずかしさから私はそうねとしか言えなかった)

サターニャ(それに……正直なところ一番どころか家族を抜かしたらきっと最初で最後の一人にちがいない)




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:44:44.60 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「サターニャさん眠気は大丈夫ですか?」

サターニャ「あ……うん」

ラフィエル「ならちょっと待っていてください」



サターニャ(そう言ってラフィエルはお布団から出て何やらバックの中を探り始めた)

サターニャ(そして何かを背中に隠してこちらに来る)

サターニャ(その隠しているものはもしかして……)




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:54:08.92 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「サターニャさん目を閉じてください」

サターニャ「えっ!? う、うん……」スッ

ラフィエル(お布団の上で背筋を伸ばし正座をしながら待つサターニャさん)

ラフィエル(いつも私にからかわれているのに素直に目を閉じて待つなんて、本当に純粋な人)


ラフィエル(あぁサターニャさん、もし今このプレゼントを渡してあなたに告白をしたら、あなたは私の想いに答えてくれるのでしょうか……)

ラフィエル(……きっと良いお返事はもらえないですよね)

ラフィエル(それが分かるから……今は言えないけれど……)



ラフィエル「(好きです……)サターニャさん」

サターニャ「うん? 目開けていいの?」

ラフィエル「ふふふ、はいどうぞ!」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 19:58:17.80 ID:GECSmdsv0


サターニャ「っ!」


サターニャ(目を開けて真っ先に視界に飛び込んできたのはラフィエルの笑顔だった)

サターニャ(いつも見ているはずなのに初めて見たような、思わずどきっとするそんな笑顔だった)




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:00:21.64 ID:GECSmdsv0


ラフィエル(サターニャさんが真剣な表情でじっと私を見ている)

ラフィエル(う、嬉しいですけど少し恥ずかしい……顔赤くなってないといいんですけどね)

ラフィエル「これなんですけど……」

サターニャ(はっ!ちょっとぼーっとしてた)

サターニャ「えっと、それってもしかして……?」

ラフィエル「はい、サターニャさんへのプレゼントです」

サターニャ(差し出されたラフィエルの手には綺麗にラッピングされた物があった)




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:03:00.35 ID:GECSmdsv0


サターニャ「……あ、……ありが」

ラフィエル「あっ!サターニャさん明日のご予定は何かありますか?」

サターニャ(私が受け取ろうとしたら質問と同時にすっと引っ込められた)

サターニャ「なっ……えっ、いや特に……はっ!」

ラフィエル「なるほど~♪」ニコニコ

サターニャ「あ、あるわよ!予定!しかもタイトに!」

ラフィエル「うふふ~そうですか~ちなみにどんなご予定が?」

サターニャ「それはその……」

ラフィエル「はい♪」

サターニャ「ぐぬぬ……!」

サターニャ(忘れていた手前下手な嘘だと……!)

ラフィエル「サターニャさん♪」

サターニャ「くっ、…………ないわよ」

ラフィエル「ふふっそれは良かったです」

サターニャ「何がよ」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:05:40.72 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「……サターニャさん、やっぱりプレゼントは明日お渡ししますね?」

サターニャ「えっ」

ラフィエル「今日はもう遅いですし……、ね?」

サターニャ「う、うん、あれっ? いやそうなんだけど……」

ラフィエル「さ、明日の為にも寝ましょう」

サターニャ「そうね……?」


サターニャ(明日の為……?)



────────




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:16:15.02 ID:GECSmdsv0


サターニャ(明かりを消して横になる)

サターニャ(シングルのお布団に二人は狭いのに、大丈夫ですよとこいつは言う)

サターニャ(……元々あんたが言っていたんだけどね)

サターニャ(まあいいけど……)



ラフィエル「あのサターニャさん、明日も泊まってもいいですか?」

サターニャ「明日? あんた帰らないの?」

ラフィエル「だめですか……?」

サターニャ「いやえっと……」

サターニャ(てっきりプレゼント渡して帰るのかと……)




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:18:07.18 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「ご予定はないんですよね?」

サターニャ(ああ、だから予定を聞いてきたのか……)

サターニャ(つまり明日も私と一緒にいるってこと……?)

ラフィエル「あの……からかったりしませんから、だめですか……?」

サターニャ「……いいわよ」

ラフィエル「ほ、本当ですか!? えへへ、ありがとうございます!」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:24:01.14 ID:GECSmdsv0


サターニャ「と……、特別だからね!」

ラフィエル「えっ……特別、ですか……?」

サターニャ「そ、そうよ、今回は特別!」

ラフィエル「(深い意味はないと分かっていても)嬉しいです」

サターニャ「……そう」

ラフィエル「えっ?」

サターニャ「えっ? いや嬉しいって言うから」

ラフィエル「えっ!?」

ラフィエル(声に出てた!?)

サターニャ「えっ? 違うの?」


ラフィエル(あ……もしかしてこれは、少し伝えてみるチャンスなのでは……)




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:26:27.31 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「……いえ、あっています」


ラフィエル「特別……って言われて……嬉しいなあって」

サターニャ「そっか」


ラフィエル「それに……泊まっていいって、明日も一緒にいてもいいって事ですよね……?」

サターニャ「そうよ」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:40:27.96 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「そうなるとですね……最初から最後まで私が独占できて」

サターニャ「……最初から最後まで?」

サターニャ(暗闇に目が慣れて、見えたこいつの顔は赤くて)


ラフィエル「……はい、サターニャさんのお誕生日の始まりから終わりまでずっと一緒にいれて、その……私が一人占めできて」

サターニャ「っ……」

サターニャ(私を真っ直ぐ見つめながらさっきのどきっとする笑顔を浮かべて)


ラフィエル「とても……嬉しいです」


サターニャ(一人占めできて嬉しいと言ってきた)

サターニャ(今のこいつの言葉や表情が嘘とは思えなくて)

サターニャ(凄く嬉しくて)


サターニャ(だから……たとえ嘘でも、からかわれてもいいから私も伝えたいと思った)




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:44:48.48 ID:GECSmdsv0


サターニャ「じゃあ……あんたの誕生日は私が独占するわ! だから覚悟しておきなさい!」

サターニャ「例えあんたにどんな予定があろうと関係ないんだから!」

サターニャ「それであんたの喜ぶ、じゃなくてっ! き、記憶に残るすごい事をしてあげるわ!」

サターニャ「それこそ何があっても忘れられないやつをね!」



サターニャ(そう伝えたらラフィエルは目をぱちぱちさせて、さらに顔を赤く染めた、……そして私も多分赤い)




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:50:39.85 ID:GECSmdsv0


ラフィエル「さ……サターニャさん」

サターニャ「な、なによ? 言っておくけどあんたに拒否権なんて」

ラフィエル「……ぜったい、ですよ」

サターニャ(そう小さくつぶやいてラフィエルはタオルケットで顔を隠した)

サターニャ「っ……ええ!」

ラフィエル「約束ですよ? 忘れないで下さいね?」

サターニャ「言ったでしょう? あんたのやることなすこと忘れる事なんて出来ないって」

ラフィエル「……はい」

サターニャ「それに今日の事は特に忘れられないわ、例え忘れろって言われても無理、だから……忘れないわよ」

ラフィエル「っ……! は、はい」



サターニャ(そう言ってからこいつの誕生日を知らない事に気づく)

サターニャ(……こいつが喜ぶ事もそうだけど、なによりまずはそこから調べないと)




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:00:41.54 ID:GECSmdsv0


ラフィエル(タオルケットから少しだけ顔を出す)


ラフィエル(サターニャさんと目が合って、自然と笑顔になった)


ラフィエル(眠る前にもう一度伝えたくて……)



ラフィエル「お誕生日おめでとうございます、サターニャさん」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:02:32.64 ID:GECSmdsv0


サターニャ(顔の全部を見なくてもその目元だけで分かる)


サターニャ(微笑んでいることが)


サターニャ(今度はちゃんと言えそうだ)


サターニャ(しっかりと伝わるように目を逸らさずに言う)



サターニャ「ありがとう……ラフィエル」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:06:11.40 ID:GECSmdsv0


ラフィエル(やっと見せてくれた笑顔に私の心臓はまたどきどきとうるさくなった)


ラフィエル(そんな私を置いてけぼりにしてサターニャさんはおやすみと言うと目を閉じた)


ラフィエル(私もおやすみなさいサターニャさんと言い、目は閉じずサターニャさんを見ていた)


ラフィエル(……もう少しだけあなたを見ていたくて)




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 21:14:04.42 ID:GECSmdsv0


サターニャ(目をつむると眠いのに今日の事を考えてしまい、嬉しくてどうしようもなくにやけそうになる)


サターニャ(そうはさせまいと顔に力を入れて堪えていると、耳元でくすくすと含み笑いが聞こえてきた)


サターニャ(どうやら見られていたらしい)

サターニャ(だけど、その笑い声が心地好くて……)

サターニャ(私の名前を囁くその声は、いつもより甘く柔らかく聞こえて……)

サターニャ(でももう返事もできなくて)



サターニャ(あぁ明日も聞きたいな、なんて思いながら私は眠りに落ちた)





おしまい




元スレ
SS速報VIP:サターニャ「……何しに来たのよ」ラフィエル「こんばんはサターニャさん♪」