1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:03:27.36 ID:a6nYKTYp0

美希「あふぅ…じめじめむしむし髪跳ねまくりなの……ミキだよー」

美希「女の子じゃなくても髪長い人ならわかると思うけど、くしゃくしゃになっちゃうのはつらいよね?」

美希「ミキはロングだから、もう梅雨がホントにヤ!ってカンジ!」

美希「え?元から髪くしゃくしゃ?むー…それは違うの!この髪セットするの時間かかるんだよ?」

美希「そういえば、響にも同じこと言われたのを思い出したの……」

美希「ってもうこんな時間経っちゃった!巻きで行くね!」

美希「それじゃあ、VTR……はっなっまっるっなのーーー!!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:09:03.86 ID:a6nYKTYp0

美希「スタジオの星井さん、ありがとうございました。ここからは現場の星井美希がお伝えします」キリッ

美希「……なんてやってたら疲れちゃうの……やっぱミキはいつもの調子がいいみたいだね……」

美希「さてさて、今回はショッピングセンターで待ち合わせなの!」

美希「衝動的に服を買っちゃいそうになったけど、ここはガマンしなきゃ……。ガマンできるミキ、えらいでしょ?」

美希「今回のゲストは元々オフのはずだから、そろそろ来ると思うんだけど……遅いね~」

美希「あ、ヘンな人がこっち来るの。目を合わせないようにしなきゃだね……」

>>5「わ た し で す」

美希「……見なかったことにしよっと。あ、またヘンな人……こっち来る?」

『おうおう姉ちゃ~ん?あんた激マブやのぉ~?ワイと茶ぁしばかんかぁ~?』



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:14:54.12 ID:a6nYKTYp0

美希「お茶は殴るものじゃないよ?そんなこと言ってたら雪歩に怒られるの」

おっさん?「ほぉ~う?言うやないか姉ちゃん!そんなんええから遊ぼうや~?」

美希「お茶はしばかないけど、デートならいいよ?そっちもその気だよね?」グッ

おっさん?「ちょっ…な、なにを……!」

バサッ

美希「そうでしょ?亜美っ♪」

亜美「あちゃ~……バレバレだったかぁ~……やっぱミキミキはヘンなところでするどいねー!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:19:54.24 ID:a6nYKTYp0

美希「亜美の関西弁、ヘタ過ぎなの」

亜美「な~にをぉ~?これでも練習したんだかんね!Vシネとかで!」

美希「参考にするものが間違ってると思うな」

亜美「んっふっふ~♪カタいこといいっこなしっしょ!面白ければよかろうなのだー!」

美希「まあ、なんでも、いいの。あふぅ」

亜美「それって千早お姉ちゃんのマネ?ミキミキこそ全然似てないっぽいよー?」

美希「別に似せようとしてるわけじゃないからいいの!それより今日のプラン、発表するね!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:24:22.37 ID:a6nYKTYp0

美希「えっと、今日は子供らしく遊ぼうってことで…真クンの時とかぶっちゃうけど、遊園地なんてどうかな?」

亜美「遊園地?そういえば亜美、あんまり遊園地行ったことないかも」

美希「そうなの?」

亜美「うん。パパもママもお医者さんだから」

美希「ミキの家は二人とも学校の先生なの」

亜美「あれあれ?先生繋がりでなんか似てるっぽい?」

美希「あはっ!そうだね!今日は思いっきり遊ぼ?」

亜美「ラジャーだよ!ミキミキ!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:28:59.76 ID:a6nYKTYp0

美希「着いたのー!!」

亜美「ヒャッハァー!!遊園地だぁ~!!」

美希「今日は遊びまくるのー!!」

亜美「テンションアゲアゲで行きますぜぇ~い!!」

美希「あふぅ」

亜美「急にテンションガタ落ち!?」

美希「ミキ思ったんだけど、そんなにテンション上げちゃったら疲れちゃうって思うな」

亜美「亜美にツッコませるとは……ミキミキめ、なかなかやりおるな……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:34:17.21 ID:a6nYKTYp0

亜美「ところでミキミキー」

美希「ん?なに?」

亜美「最初にどこに行くか決めてる?」

美希「決めてないよ?亜美と相談してからって思ってたんだ」

亜美「じゃあ最初はやっぱアレしかないっしょ!」

美希「アレ?」

亜美「遊園地の王様!ジェットコースター!!やっぱこれっしょ!」

美希「あれって王様なのかな……まあいいけど。それにしよっか!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:40:44.36 ID:a6nYKTYp0

美希「結構並んでるね~」

亜美「そりゃあ人気アトラクションだかんね!亜美はここで乗るのは初めてだけど」

美希「え?なんで?」

亜美「前に家族みんなで来た時は、身長がちょっと足りなかったんだよ~……あと1cmだよ1cm!」

美希「わかるの。そういうのってすっごく悔しいもんね!」

亜美「うん…だから真美とも一緒に来たかったんだけど……」

美希「また一緒に来ようよ、ね?ミキと一緒に!」

亜美「…ありがと、ミキミキ。約束だよ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:45:28.85 ID:a6nYKTYp0

美希「順番来たね……亜美は初めてって言ったっけ?」

亜美「ううん、他のところで乗ったことあるよー。ここのは初めてだけどねっ♪」

美希「ミキは久々だから、ちょっと緊張するの……真クンと来た時は乗らなかったし……」

亜美「まこちん?まこちんなら結構面白い反応する気がしますぜ~?」

美希「おばけ屋敷でイチコロだったの☆」

亜美「ミキミキ……恐ろしい子……!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:50:01.36 ID:a6nYKTYp0

亜美「シートに座った…ベルト締めた!いよいよだね!」

美希「さっきまでは緊張してたけど、座ってみたら大したことなさそうだね」

亜美「おおっ!余裕のビッグマウス!さっすがミキミキ!大胆無敵~!」

美希「あれ?それって無敵であってたかな?」

ガコン……

亜美「あ、動き出した!んっふっふ~!テンションクライマックスだよ!」

美希「あふぅ……落ち着いたらミキは眠くなってきたの……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/30(土) 23:55:36.59 ID:a6nYKTYp0

ゴォォォォ

亜美「うっひゃぁ~!!すっごい風!!あ、前の人もう気絶したっぽい」

美希「風が気持ちいいの~……」

カクン

亜美「あ、あれ?道どこ?レールは?」

ビュオオオオオ

亜美「あひぃぃぃぃいぃいいぃ!?」バサバサバサ

美希「……頭がぐらんぐらんなの……」バサバサバサ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:00:43.99 ID:XJoUNKHM0

グルンッ

亜美「きゃっほおおぉぉい!!一回転!ソニックっぽーい!!」

美希「…………」

ゴォォォ……

亜美「あ、戻ってきた。いやー!楽しかったですなあ~♪ね、ミキミ……」

美希「すぅ……すぅ……」

亜美「ね、寝てる……これテレビっしょー?さすがの亜美でもこんなことしないよ~……」

じって~ん♪

亜美「んお?真美からメールだ……なになに……」

亜美「……んっふっふ~♪そういうことなら亜美におまかせだねっ!!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:05:40.33 ID:XJoUNKHM0

美希「むにゃむにゃ……貴音…ラーメン味のおにぎりなんて邪道なの……」

亜美「ミキミキ!起きてよ!ミキミキ!」

美希「…ん……あふぅ…。おはようなの~……」

亜美「やっと起きた~……もう結構時間経っちゃったっぽいよー?」

美希「あ……スタッフさんごめんなさいなの!起こしてくれてよかったのに……あれ?」

亜美「どしたの?亜美の顔におにぎりでもついてる?」

美希「……ご飯粒に見えたけどそうじゃなかったの。待たせちゃったね、次行こっか!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:11:31.86 ID:XJoUNKHM0

亜美「次はどこ行くのー?さっきは亜美が決めちゃったから、次はミキミキが決めていいよ!」

美希「うーん……眠気覚ましにコーヒーカップに乗りたい気分かな!」

亜美「ジェットコースターで寝ちゃう人がコーヒーカップで満足しますかな~?」

美希「ミキ反省したの……もう寝ないよ!」

亜美「ホントにぃ?」

美希「うん!テレビ的にも盛り上がるように頑張るの!」

亜美「それは亜美も楽しみ……あれ?テレビ的に盛り上がるってことは……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:16:16.06 ID:XJoUNKHM0

亜美「やっぱりいいいぃいいぃぃぃいぃぃ!!!!」グルグル

美希「あはっ!グルグル回って最高にハイってやつなのッ!!」グルグル

亜美「ミキミキ!回し過ぎ!回し過ぎだって!!」グルグルグル

美希「え!?なに!?聞こえないよーーー!!」グルグルグル

亜美「回し過ぎYYYYYYY!!!!」グルグルグルグル

美希「それぇーーーっ!!どんどん回るのーーーーっ!!」グルグルグルグル

亜美「いいいいぃぃぃいやああああぁあああぁぁぁ!!」グルグルグルグルグル



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:21:08.00 ID:XJoUNKHM0

美希「う……さ、さすがに回し過ぎちゃった……」

亜美「だから……言ったのに……」

美希「ふぅ……ね、アイスでも食べてすっきりしない?」

亜美「いいね~……このままじゃグロッキーのままだよ……」

美希「この番組の隠れた準レギュラー…それがアイスなの!」ミキッ

亜美「ミキミキ、誰に言ってるかわかんないよ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:26:28.88 ID:XJoUNKHM0

美希「えっと、ミキは今日はバニラ&クッキーにしようかな……亜美はどうする?」

亜美「そうだねー……亜美はソーダアイスにしよっと!」

美希「え?ミキは亜美に聞いたんだよ?」

亜美「へ?だから亜美は今頼んだっしょー?」

美希「ミキ、わかってるんだよ?そろそろ白状したらどうかな、『真美』」

亜美「……いつから真美だと錯覚していた?」

美希「なん……なの……?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:32:00.17 ID:XJoUNKHM0

真美「なんてのはウソウソ!ホントは真美だよ!」

美希「…一瞬本気で間違えちゃったかと思ったの……」

真美「ところでいつから気付いてたの?」

美希「ん~…起きて顔見た時かな?ミキ、ずっと亜美って呼んでなかったでしょ?」

真美「そういえば……な~んだ、最初からバレてたんだね。ミキミキにはかなわないなあ~……」

美希「女の勘ってヤツなの。ところで、その辺に亜美がいるんだよね?」

真美「いると思うけど……亜美~!!バレちゃったから出てきていいよ~!!」

『えっ!?早くない!?』

美希・真美「!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:38:10.38 ID:XJoUNKHM0

美希「あ……亜美……?」

『そうだよ→』

真美「そんなところにいるなんて、真美でも気付かなかったよ!!」

『私だ』

きゅぽんっ

真美「亜美だったのか」

亜美「んっふっふ~♪双海亜美の変装はひびきんよりカンペキなのだー!!」

美希「うん…誰も気付かないと思うな……」

真美「まさか着ぐるみの中の人になってるなんてねぃ……」

亜美「ぶいぶいっ☆」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:44:20.47 ID:XJoUNKHM0

亜美「ん~♪暑かったからアイスがおいし~♪」

美希「亜美、もう無茶しちゃダメだよ?アイドルなんだから、汗でかぶれちゃったら大変なの!」

真美「真美もびっくりだよ!もうホントにダメだかんね!」

亜美「は~い」

美希「ホントに反省してるのかな……ところで、真美はレッスンだったはずだよね?どうやってこれたの?」

真美「兄ちゃんがお休みにしてくれたんだ!ミキミキと亜美が遊園地に行ってるから一緒に遊んで来いって!」

美希「ハ…プロデューサーが?優しいんだね……。そういうところ、素敵だなって思うな」

亜美「亜美もびっくりしたよ~。真美と来たかったって話してすぐだったかんね!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:48:24.13 ID:XJoUNKHM0

真美「ま、ホントは半分ミキミキへのドッキリのつもりだったんだけどね!」

美希「ミキにドッキリを仕掛けようなんて100年早いの!」

亜美「まさかそんなにするどいなんて思わなかったんだもん!ミキミキずるいよ!」

美希「ミキは悪くないの。…あ、ここまでドタバタに振り回されてたみたいだけど、やっとお題が出たみたいだね」

亜美「えっと……真美、一緒に読も!」

真美「うんっ!」

亜美・真美「『ゴーカートで一位を争え!』」

美希「ゴーカートかあ……あはっ!楽しそうだね!二人とも、行こっ!」

亜美・真美「は→い!!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:53:10.43 ID:XJoUNKHM0

真美「おー…そこそこスピード出てるっぽいねー」

亜美「いやー、メンバーにまこちんがいなくてよかったよー!」

美希「真クンのパパ、レーサーだもんね。きっと血は受け継いでるって思うな」

真美「まったくですなあ~……それよりこれ、大丈夫なのかな?危なくない?」

美希「大丈夫みたいだよ。怪我人出たことないんだって!」

真美「まあミキミキは絶対大丈夫だよねい」

亜美「だって……」

亜美・真美「立派なエアバッグがありますからな~♪」

美希「?」バイーン



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 00:59:40.98 ID:XJoUNKHM0

美希「ルールはコース三周!判定はスタッフさんがやってくれるの!準備はいい?」

亜美「おっけ→☆」

真美「同じくっ!」

美希「それじゃあスタッフさん!お願いしますなの!」

スタッフ「セット!3……2……1……」

美希「…………」キリッ

亜美「…………」ニヤッ

真美「…………」キラーン

スタッフ「GO!!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:05:59.78 ID:XJoUNKHM0

ブィィィン!

亜美「うわっ!まさかのスタートダッシュだよ!!」

真美「やるねェ……」

美希「あはっ!このままぶっちぎり……なのーーーーっ!?」

ドガーン

美希「あいたたた……曲がりきれなかったの……」

亜美「おっさき→♪」スイーッ

真美「まったね→☆」スイーッ

美希「」カチーン



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:12:05.70 ID:XJoUNKHM0

亜美「いやー、ミキミキが自滅してくれてよかったねー!」

真美「うんうん!でも亜美…わかってるよね?」

亜美「うん。これは真剣勝負だもん。……負けないよっ!!」

真美「んっふっふ~!そう来なくっちゃ!悪いけど、この勝負は真美が勝たせもらうかんねっ!!」スイーッ

亜美「あっ!こら!!待てーーーっ!!」

真美「まずは一周!この調子でいただきだねっ!」

┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨……

亜美「……あれ?なんか…」

真美「後ろから……いやーな音が……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:17:17.79 ID:XJoUNKHM0

┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨

美希「待ーーーつーーーのーーーっ!!」ギャリリィィィ

真美「ご、ゴーカートでドリフトォ!?」

亜美「うっそぉ!?どんだけセンスあるの!?」

美希「本気を出せばこんなもんだよっ!」ドヤッ

真美「な…なにものだきさま……」

美希「とっくにご存知なんでしょ?穏やかな心を持ちながら、激しい怒りによって目覚めた伝説のアイドル……」

美希「スーパーアイドル…星井美希なの!!」ミキッ

亜美「お~……レース中にノリノリだね~」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:23:34.32 ID:XJoUNKHM0

真美「でも真美たちだって…」

真美「負けないよっ!!」ブォォン

美希「あと一周……この勝負、ミキの一人勝ちだねっ!!」

亜美「真美と二人で並んでる…か……」

真美「ミキミキは目測で5メートルほどリードしてる……」

亜美・真美「このままじゃ……負けるっ……!!」

美希「~♪」スイーッ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:27:41.96 ID:XJoUNKHM0

亜美「真美!!」

真美「なに!?」

亜美「亜美、今なら出来る気がするんだ。あの技を!!」

真美「あの技ってなんなの!?」

亜美「ふっ…実力不足の嬢ちゃんはそこで指咥えて見てな!」

真美「はぁ!?」カチーン

亜美「いくぜえぇぇぇぇ!!サンダードリフトオオオォォォォオオオ!!!!」

カキッ

真美「えええええぇぇぇぇぇえぇえっ!?」

美希「うっそおおおおおぉぉおおぉぉ!?」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:32:21.15 ID:XJoUNKHM0

亜美「で、できた……あははは!!出来た出来た!ミキミキ!並んだよっ!!」

美希「あ、ありえないの……どうしてあんな動きが出来るんだろ……」

真美「……真美だって……真美だってやってみせるんだから!!」

亜美「ほほ~う?やってみせなよ!」

美希「ほらほら、早くしないと負けちゃうよ?勝つのはミキだけどっ!!」ブォンッ

亜美「あっ!?」ブォンッ

真美「いける……亜美があれをやれるなら…真美だって!!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:37:56.42 ID:XJoUNKHM0

美希「ゴール直前のストレート!!亜美!おとなしく負けた方がいいよ!!」

亜美「年下だからって舐めてもらっちゃ困りますな~?」

┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨

真美「うわああああぁぁぁああああっ!!」

美希・亜美「!?」

真美「かっ飛べ!!マミナアアアァァァァァアアアムッッ!!」

フワッ

美希「この双子どうなってるの!?人乗ってるんだよ!?しかもゴーカートだよ!?」

亜美「いや、亜美でもアレはムリだよ!?」

ギュイイイイン!!

真美「マミナムトルネエエェェェェェド!!!!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:43:08.08 ID:XJoUNKHM0

スタッフ「ゴールインッ!!優勝は真美ちゃん!!美希ちゃんと亜美ちゃんは同着ゴール!!」

真美「あはっ!やったやったやったあっ!!」

美希「あーっ!!ミキのマネしちゃダメなのーっ!!」

亜美「負けたぜ…嬢ちゃんよ……アンタ最高だ……」

真美「んっふっふ~♪真美の勝ちだね!で、優勝商品はぁ……」

美希「無いよ?」

亜美「えっ」

真美「えっ」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:48:31.18 ID:XJoUNKHM0

美希「だってこれ、そういう番組じゃないもん!ゆるい番組だよ?さっきはなんか違ったけど」

亜美「そ、そんな……」

真美「そんなのってないの……」

美希「あっ!またマネした!!」

亜美「ま、まあいいっしょ!ね、真美?」

真美「うん……しかたないね……」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:53:03.30 ID:XJoUNKHM0

美希「ほ、ほら!お題でてるよ?『三人で記念撮影』って!」

真美「そうだね…なーやんでもしーかたないっ♪」

亜美「ま、そんなーこともーあるさ明日は違うさー♪」

美希「そうそう!ミキたちはアイドルなんだから、カメラの前では笑顔なの!」

亜美「ほーらカメラさん!かかってこーい!」

真美「セクシーに撮ってね~♪」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 01:58:03.97 ID:XJoUNKHM0

美希「それじゃあいくよー!3!!」

亜美「2!!」

真美「1!!」

美希「……あはっ☆」

むぎゅっ

亜美・真美「!?」

パシャッ

真美「み、ミキミキぃ~……」

亜美「これがミキプルーンのエアバッグか……!!」

美希「勝負の後は三人仲良く、ねっ♪」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:03:55.45 ID:XJoUNKHM0

ピピピピピッ

美希「あ、ちょうど時間切れみたいだね。お疲れさま~」

亜美「お疲れさま、ミキミキ!」

真美「真美、チョ→疲れたよ~!!」

美希「ゴーカートがすっごい激しかったからねー。ミキもあそこまで白熱するだなんて思ってなかったの!」

真美「事務所に帰ったら、みんなに真美の武勇伝を聞かせてあげないとね!」

亜美「亜美だって頑張ったんだよ!真美だけじゃないんだから!!」

美希「……ミキ的には、二人ともおかしかったって思うな……」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:09:02.49 ID:XJoUNKHM0

【スタジオ】


美希「はーい!VTR終了なのー!」

美希「なんていうか…いろいろおかしかったよね?もう意味不明だよね?」

美希「でもね、一番ワケわかんないのはミキなんだよ……」

美希「あの二人が世代に合わない作品知ってるのも謎だし、もうムチャクチャってカンジ……」

美希「と、とりあえずメールタイムだよね!うん!開封っと!」

美希「あ、二人から来て……なにこれ……」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:12:40.06 ID:XJoUNKHM0

From:亜美
Subject:ミ ミ へ

サ ッ → 楽 か た !
ま ち じ な け テ シ ン リ リ よ ♪

ミ ミ と べ 楽 か た ! た ん で こ ね
次 も と い 負 よ ね

P : キ ル ン 感 、 ち ん 伝 た 血 涙 流 て よ


From:真美
Subject: キ キ

 イ コ に し っ ね
 こ ん ゃ い ど ン ョ バ バ だ →

 キ キ 遊 て し っ ー ま み な 行 う !
 は っ 熱 勝 し → ☆

S ミ プ ー の 触 兄 ゃ に え ら の を し た →



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:18:11.13 ID:XJoUNKHM0

美希「……読めないの」

美希「えっと、とにかく楽しかったからまた行きたいってことかな?」

美希「う、うん!きっとそうだよね!あとで本人たちに聞いてみるの!」

美希「ところで今回のゲストは変則的に二人だったけど、みんなはどうだったかな?」

美希「ミキ的には、こういうのもありかなーって思ったの!」

美希「なにより楽しかったし!遊園地ってやっぱりいいよね♪」



83: >>80 IDがちひゃー 2012/07/01(日) 02:22:37.94 ID:XJoUNKHM0

美希「それじゃあ、いつものプレゼントコーナーだよ!」

美希「今回はゴーカートのレース場前で、ミキが亜美と真美を抱き寄せてる写真と……」

美希「いつもの『生っすかSPECIAL 01』を5名様にプレゼントなのー!」

美希「いつになったら新しい発売日決まるんだろうね…ミキもなにも知らされてないの……」

美希「あ、そうそう。ミキってたまにプレゼント人数言い忘れるけど、基本的に5名様だからね?」

美希「多分テロップでちゃんとなってると思うけど、一応報告なの」

美希「はがきに住所氏名電話番号と亜美と真美への応援メッセージを書いて、ご覧のあて先に送ってね♪」


【東京都大田区矢口2丁目1番765号 たるき亭ビル 3F 私書箱821号 正直眠いの係】



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:26:10.17 ID:XJoUNKHM0

美希「もう7月になっちゃうけど、みんなは予定とかある?」

美希「ミキは……あんまり変わらないの。グラビアのお仕事が増えるぐらいかな?」

美希「だから男の子はそっちの方を楽しみにしててね♪」

美希「もちろんファッション誌のお仕事とかもあるから、女の子はそっちの方を期待しててほしいな!」

美希「この夏流行の服の着こなし方、ミキが教えちゃうんだから☆」

美希「それじゃあみんな、おやすみなさいなのー!!……あふぅ」




おわり☆



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:29:06.56 ID:XJoUNKHM0

スタッフ「今回もお疲れさまー!美希ちゃん、今回も良かったよ!」

美希「お疲れさまなのー!…今日はこれからレッスンかあ…」

美希「でも今日は朝からおいしいもの食べたし…やる気に満ち溢れてるの♪」

美希「さ、レッスン頑張ろーっと!」

バンッ!

『おりゃあー!!星井美希はどこじゃあ!?』



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:31:44.88 ID:XJoUNKHM0

美希「な、なに!?…なーんだ、亜美と真美かあ。今日はテレ夕で収録だっけ?」

亜美「なんだじゃないっしょミキミキ!おんどれどうしてくれんじゃあ!?」

真美「楽しみにしてたゴージャスめかぶプリン…二つとも食べてくれおって~!!」

美希「ああ、あれ?名前書いてないから食べちゃったの☆」

亜美「うあうあ~!!食べちゃった☆で済んだら警察いらんわーい!!」

真美「おんどれぇ~!!東京湾に沈めたるでぇ~!!」

美希「あ~れ~☆星井美希はクールに去るのっ♪」ダッ

亜美・真美「待ぁ~てぇ~!!」ダダッ




893 END



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:35:30.41 ID:XJoUNKHM0

終わりなの、あふぅ。深夜までお付き合いくださりありがとうございました
フリーダムさが魅力の亜美真美回なので、少しパロネタを多くしてみた

>>94
規制がなければ7月中には完結したいので近いうちに



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 02:45:46.08 ID:SWrdmJtz0

亜美真美が可愛くて良かった


元スレ
美希「星井美希の、正直眠いの。してあげる♪」