1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:32:17.16 ID:CGpVw4xy0

※複数P世界、安価スレ
エロは安価下 鬼畜は安価下
誤字脱字・駄文は仕様(バンナム感)
亀も仕様(バンナム感)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415086327




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:32:59.69 ID:CGpVw4xy0
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:33:32.70 ID:CGpVw4xy0

駅前

拓海「ここにはロクな思い出がねえんだが…」

美玲「たくみんスマイルでばっちぐーだな!」

亜季「たくみんスマイルでばっちぐーでありますな。」

拓海「う、うるせえ!」///

文香「すみません……お待たせしてしまいました。」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:34:02.00 ID:CGpVw4xy0

文香「その…本を読むのに夢中になってしまって…」

亜季「お気に病む必要はありませんよ。何かに夢中になれるというのは貴重な才能でありますよ。」

文香「…」

亜季「申し訳ありません!何か気に障るような事を言いましたか?」

文香「…そうではなくて…あまり人に褒められたことがなくて…驚いてしまって…」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:34:31.61 ID:CGpVw4xy0

拓海「文香みてえな美人なら、男どもが言い寄ってきてたもんだと思ってたんだがな。」

文香「…そんな…美人なんて…」///

美玲「この前切ったウチが切った前髪は平気か?」

文香「大丈夫です…あれくらいなら後で直ぐに再生できますから。」

美玲「それは凄いな…。」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:35:19.07 ID:CGpVw4xy0

文香「実は今日のお買い物…凄く楽しみで……今朝も緊張を誤魔化すために本を読んでたら…。」

美玲「ウチも楽しみだったぞ!」

拓海「まあ、今日は女子会?ってヤツだからな。もっと気楽にしていいぜ?」

亜季「P殿は『社畜は終わらねえ!ドン!』と言っておられましたが、ドンとは一体…?」

美玲「とにかくまずはウチのお勧めの>>8にいくぞ!」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:38:24.19 ID:OAg3CKPpO

ルルイエ



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:43:56.53 ID:CGpVw4xy0

美玲「ルルイエだ!」

文香「……ルルイエって、クトゥルフ神話のでしょうか?」

亜季「ふむ…確かにあそこなら丁度良いですな。」

拓海(アタシ知らねえんだが…)

文香「…でもあれは…ラヴクラフトの創造した神話では?」

美玲「本当にあるぞ。」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:49:49.76 ID:CGpVw4xy0

南緯47度9分、西経126度43分

亜季「偶々星辰が合ってて良かったでありますな!」

マスコット「〜〜〜」
←人類には聞き取れない

美玲「正気度が下がらないように注意するんだぞ!」

文香「……まさか実在したとは…!

拓海「アイツらといる時は一々驚いてたら切りがねえぞ…」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:53:35.19 ID:CGpVw4xy0

名状し難い売店のような物

ミ=ゴ(いらっしゃいませ。)
←テレパシー

美玲「ここのぬいぐるみは可愛いのが多いんだぞ。」

文香「…独特のセンスですね。」

拓海「日本に居た気がするんだが?」

亜季「なまら凄い技術であります。」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 16:57:12.68 ID:CGpVw4xy0

ミ=ゴ(今日はどういったものをお探しですか?)

美玲「コイツにぬいぐるみをプレゼントしたいんだ。」

ミ=ゴ(でしたら>>15など如何でしょう?)

拓海「さっきから当たり前のように話してるのどう見ても地球上の生物じゃねえよな…」

文香「…確か、ミ=ゴという名前です。」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:23:08.19 ID:ByTM2Tsj0

ガタノゾーア (怪獣擬人化計画)



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:33:23.46 ID:CGpVw4xy0

ミ=ゴ(ガタノゾーアちゃんです。).

拓海「済まねえな、こんなも…」

文香「これガタノゾーアですよね!」キラキラ

美玲「文香も怪獣擬人化計画が好きなのか!」

文香「はい!電撃G'sマガジンも欠かさず読んで…あっ、すみません。」///

亜季「微笑ましいですな。」

拓海「ここが原色まみれの得体の知れねえ場所じゃねえならな。」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:34:13.41 ID:CGpVw4xy0

文香「あの…お幾らですか?」

ミ=ゴ(久々の人間の方ですからね。お代は頂戴致しません。それとおまけにもう一つ差し上げます。お好きな男性と二人で持っている両想いになれると評判なんですよ。)

文香「…別に私は…文香Pさんとは…」///

亜季「語るに落ちた、という奴でありますな。」ニコニコ

文香「あっ…」///



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:35:01.59 ID:CGpVw4xy0

拓海「案外顔に似合わずいいヤツだな!」

ミ=ゴ(恐縮です。何故かよく言われます。)

亜季「そろそろ次に参りましょう。」

ミ=ゴ(またのお越しを。)

美玲「おう!また来るぞ!」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:35:53.64 ID:CGpVw4xy0

駅前

拓海「ここは…」

亜季「駅前です。」

拓海「でも、さっきまで…」

亜季「駅前です。」

拓海「…………だな!」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 18:38:32.74 ID:CGpVw4xy0

文香「本で読んだ場所に行けるなんて…夢みたいです…美玲ちゃん、ありがとうございました。」

美玲「また、何時でも連れて行ってやるぞ!」

亜季「これからが本番でありますよ!次は私の行きつけの>>21であります!」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 19:08:52.86 ID:3Tal9G/Ko

セラエノ図書館



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 19:15:06.03 ID:CGpVw4xy0

亜季「セラエノ図書館であります!」

文香「…また、クトゥルフ神話ですか…」

美玲「そこには行ったこと無いぞ。」

亜季「第四惑星にありますからな。」

拓海「もはや地球ですらねえのか…」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 19:19:07.00 ID:CGpVw4xy0

亜季「しかし、私たちだけでは…お!丁度良いところにこずえちゃんが。こずえちゃん!」

こずえ「あき…このじげんでは2しゅうかんぶり?」

亜季「少し第四惑星までテレポートをお頼みしたいのですが?」

こずえ「ふわぁ…てれぽーと。」
シュン



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 19:23:25.83 ID:CGpVw4xy0

セラエノ図書館

拓海「アタシにはもうアイドルが何か分からねえよ…」

亜季「ここには宇宙のあらゆる書物があります。どうぞお好きなのをお選びください。」

文香「壁一面に本…とてもワクワクします。」

美玲「本ばっかりだな…」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:23:47.40 ID:CGpVw4xy0

亜季「美玲ちゃんには少し退屈でしたかね…美玲ちゃんは向こうで私とスパーリングをしましょう!」

美玲「分かった!拓海、迷惑かけるなよ!」

拓海「ガキじゃねえんだから…」

文香「…」ペラッ

拓海「たまには、本も読んでみっか…」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:24:23.78 ID:CGpVw4xy0

30分後

拓海「……はっ!いつの間にか寝ちまってた!げ、これは…」

本「もうね、無理かなって。」

拓海「ヤベェな…」

文香「…ふぅ…読み終わりました。」

キャッキャッ

拓海「あれはガキか?」

キャッキャッ、アッ!ホンガ!



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:24:51.90 ID:CGpVw4xy0

文香「…少しお話して来ます。」

拓海(滅茶苦茶キレてやがる…。怖え…)

チョット イイデスカ?
ナ、ナンデショウ?!
ヒザマズイテ、ユルシヲコエ!

拓海「なんかキャラ変わってるぞ…」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:25:38.91 ID:CGpVw4xy0

文香「…終わりました。子供だからあの程度にしましたが、もし拓海さんぐらいだったら…」

拓海「ひっ!」ゾクッ

文香「…拓海さんに限って、そんな事は無いと思いますが…」

拓海「も、も、も、勿論だぜ!(バレたら殺される!>>34だ!」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:51:50.21 ID:CKI+nrcPO

お前の言うとおり



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:55:56.81 ID:CGpVw4xy0

拓海「お前の言う通りだな、全く!」

文香「…拓海ちゃんは流石、分かってますね…」

拓海「おう!そんなヤツがいたらアタシがぶちのめしてやるよ!」

文香「…心強いです。…頼りになりますね。」

拓海「そうだ、そうだ!アタシは頼りになるんだぜ!ははは…」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:56:29.25 ID:CGpVw4xy0

亜季「やはり拳と拳で語り合うのは分かり易いでありますな。」

美玲「きゅー…。」

拓海「なんだ、早かったな!」アセアセ

亜季「何やら、慌てておられますね?」

拓海「気の所為じゃねえか?」アセアセ



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:56:58.81 ID:CGpVw4xy0

亜季「なら、良いのですが。しかし、本を傷付けおられたりしなくて安心致しました。」

拓海「なあ、もし傷付けたりしたらどうなるんだ?」

亜季「ふむ…ティンダロスの犬に永久に追われ続けるとか、ニャルラトテップに人智を超えた狂気をもたらされるとか。まあ、本を傷付けさえしなければ安心でありますがな!はっはっは!」

拓海(何一つ意味が分からねえが、ヤベえのだけは分かる!)

文香「…本を傷付けるなんて事は…絶対許されませんからね。」

拓海「アタシ少し用事が…」ダッ



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:58:00.44 ID:CGpVw4xy0

亜季「お手洗いなら、右を4次元に曲がってすぐでありますからな!」

文香「拓海ちゃん…どうしたのでしょう?」

亜季「お手洗いありましょう。む?ところでこの本は?」

文香「…これは…?!」

亜季「>>40」



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 22:59:25.81 ID:DSlLs4X/O

これは護身用の兵器を召喚できるのでしょうか?



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:04:30.01 ID:CGpVw4xy0

亜季「これは護身用の兵器を召喚できるのでしょうか?」

文香「見た限りでは、そう書いてありますが…クトゥルフ神話において人は邪神には無力なのでは?」

亜季「確かにそうでありますな!はっはっは!」

文香「…でも、興味深いです。…もしかしたら新しい力にできるかもしれません…」

亜季「では、司書殿に貸し出し可能か聞いて参ります。」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:08:26.67 ID:CGpVw4xy0

亜季「司書殿はこちらに…」ドンッ

亜季「あ、すみま…たくみん?何をしておられるのですか?」

拓海「亜季!ち、違えし!別に本を破ったのを本棚に隠そうなんてしてねえし!」

亜季「その話、詳しくお聞かせ願えますか?」

拓海「…はい。」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:11:38.26 ID:CGpVw4xy0

拓海事情説明中

亜季「それで、鷺沢殿からおめおめ逃げてきた、というわけでありますな?」

拓海「…はい、そうです。」

亜季「私が怒っているのはですね、本を傷付けた事ではありません。」

拓海「…えっと…」

亜季「>>45」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:12:59.56 ID:71GbJAlpO

悪いことをしたら素直に謝らなくてはならないのにそれをしていないことを怒っています



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:20:26.58 ID:CGpVw4xy0

亜季「悪いことをしたら素直に謝らなくてはならないのにそれをしていないことを怒っています。」

拓海「…悪かった。」

亜季「お尻を出してください。」

拓海「は?」

亜季「お尻を出してくださいと言ったのです。悪い子にはお尻ぺんぺん1000回です!」

拓海「この年になってお尻ぺんぺんは…」

亜季「脱げ!」ガバッ



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:21:06.64 ID:CGpVw4xy0

お仕置き中

拓海「」プシュー

亜季「少々やりすぎましたかな?」

文香「亜季さん…今の音は?」

亜季「一秒間にお尻ぺんぺんを1000回叩き込みました。」

文香「…お尻ぺんぺんの域を超えてますね。」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:24:47.44 ID:CGpVw4xy0

亜季「たくみん、起きてください。」

拓海「」

亜季「お尻ぺんぺ…」

拓海「ごめんなさい!」ガバッ

文香「…何か言う事はありませんか?」

拓海「その、すまなかった!」ドゲザー



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:28:08.28 ID:CGpVw4xy0

拓海「逃げるなんてアタシらしくもねえ事しちまった!どんな罰でも受ける!」

文香「…亜季さん、そろそろ…」

亜季「はい…これを。」ヒョイ

文香「…頭を上げてください。」

拓海「ああ…へ?」

「ドッキリ大成功!」




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:34:11.92 ID:CGpVw4xy0

文香「…私、前から一度これがやって見たくて…」

亜季「皆さん!お疲れ様です!もういいですよ!」

ミ=ゴ(?)「この着ぐるみは力作でごぜーましたからね。ちっとも気づきやがりませんでした。」

???「亜季さんたちも、クトゥルフ神話のスタジオを作れなんて無茶言うっすね…ま、アートに仕上げたっすけどね。」

拓海「…どういう事だ?!」



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:39:55.44 ID:CGpVw4xy0

文香「…すみません…全部ドッキリだったんです。」

亜季「仁奈ちゃんと吉岡殿に手伝ってもらって1週間前から準備を進めた甲斐がありました!」

仁奈「仁奈の着ぐるみマスターの腕にかかれば楽勝でごぜーます!」

沙紀「アタシのグラフィティアートを活かす場所をくれて感謝するっす!」

拓海「おい、いつからだよ?」



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/04(火) 23:43:01.44 ID:CGpVw4xy0

美玲「ルルイエに行くところからだぞ!」

こずえ「ふわあ…いくらこずえでも、てれぽーとはむり、かも?」

拓海「最初からじゃねえか!」

亜季「ルルイエなんてあるわけないでしょう?ファンタジーやメルヘンじゃないのでありますから。」

拓海「さっきのお尻ぺんぺんは?」

亜季「…てへぺろであります!」



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 09:59:18.87 ID:6V7YHPzb0

亜季「反応があまりに面白いので、つい…」

拓海「ついで済むレベルじゃねえ!ケツが無くなるかと思ったじゃねえか!」ジンジン

沙紀「うわ…痛そうっすね…」

美玲「いい気味だな!」

拓海「こんな事思いつくのは、美玲!テメエだな!」

文香「…あの…私です…」オズオズ



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 09:59:53.26 ID:6V7YHPzb0

文香「…皆さんと仲良くなりたくて……ドッキリをしたら仲良くなれると聞いて…」

拓海「…誰から聞いた?」

文香「……麗奈ちゃんです。」

拓海「ふっふっふ…麗奈か…麗奈だな…」

仁奈「ミ=ゴの気持ちになるですよ。」



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 10:00:28.68 ID:6V7YHPzb0

文香「…まさか拓海ちゃんが、ルルイエを何の疑いも無く受け入れるなんて……くふっ。」

沙紀「アタシの力作っすからね!」

亜季「ところで何故クトゥルフ神話をお選びになられたのですか?」

文香「私…ガタノゾーアちゃんが大好きで、それでガタノゾーアの出身地のルルイエをどうしても見たくて…」

拓海「…まあ、アタシたちと仲良くなりかったからのドッキリなんだろ?」

文香「…はい。…騙すような真似をしてすみません。」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 10:01:44.57 ID:6V7YHPzb0

拓海「はぁ…飯を奢れ。それでチャラだ。」

仁奈「仁奈もお腹が空きやがりました…」グー

沙紀「へへへ…実はアタシも…」

文香「…ご飯ですか…お口に合うか分かりませんが…>>62でいいでしょうか?」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 10:55:13.63 ID:Nyr9hDD0O

キンキの煮付け



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:03:04.15 ID:6V7YHPzb0

Pの家

文香「…お邪魔します。でも…ここは亜季さんたちの家ですよね?」

沙紀「お邪魔しまーす!」

仁奈「邪魔するでごぜーます!」

亜季「いえ、そろそろキンキが来る頃と思いまして。」

文香「…キンキが…来る?」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:07:10.70 ID:6V7YHPzb0

ガシャアアアアアン!

七海「キンキなのれすー!」

文香・沙紀「?!」

亜季「今日もありがとうございます。」

七海「いつものことなのれす〜。」

仁奈「さすがは七海おねーさんでごぜーます!」キラキラ



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:09:58.40 ID:6V7YHPzb0

拓海「これから飯なんだが、七海も食っていかねえか?」

七海「七海もお腹ペコペコだったでしゅから、喜んでご一緒するのれす!」

文香「あの…窓が…?」

美玲「何時もの事だぞ!」

沙紀「……」



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:13:41.64 ID:6V7YHPzb0

沙紀「七海ちゃん!今の入り方凄くアートっす!」ガシッ

七海「えへへ…よく分からないけどありがとうなのれす〜。」

文香「……お邪魔する代わりに私が今日の昼食は作ります。…キンキの煮付けでいいでしょうか?」

沙紀「アタシも何か作るっす!」

七海「七海も作るのれす!」




67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:17:11.46 ID:6V7YHPzb0

仁奈「仁奈も…」

亜季「仁奈ちゃんは私とここでテレビを見ましょう。」

仁奈「仕方ねーでごぜーますね!」

亜季「では、申し訳ありませんが、よろしくお願いします。」

沙紀「七海ちゃんがいれば、アートな料理が作れるもの気がするっす!」

七海「お魚とはアートなのれす。」




68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:21:12.04 ID:6V7YHPzb0

30分後

文香「…あの…キンキの煮付けです。」

美玲「まあ、見た目はそこそこだな!」

沙紀「アタシは七海ちゃんとの合作っす!七海ちゃん!」

七海「お魚アート料理なのれす!」

亜季「……これは?」

沙紀「題して>>70っす!」



69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:23:50.01 ID:Nyr9hDD0O

KinKi Kids



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:28:42.05 ID:6V7YHPzb0

沙紀「KinKi Kidsっす!」ドヤァ

亜季「えっ?」

拓海「は?」

美玲「え…?」

仁奈「それはちょっと…」

七海「七海は聞いてないんれすけど…」

沙紀「アートはいつの時代も理解されないっす…」



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:34:02.83 ID:6V7YHPzb0

文香「素晴らしいです!キンキという自然を中心に、鮮やかな色彩によって現代社会へのアンチテーゼを表現しているんですね!」キラキラ

沙紀「そうっす!ここのキンキの頭とかが特に主題を表現してるっす!」

文香「ヴィクトル・ヴァザルリやジャン・フォートリエを参考にされたのですか?」

沙紀「その通りっす!現代アートを取り入れて見たっす!」

七海「七海には理解できないのれす…」



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:37:57.94 ID:6V7YHPzb0

文香「葉山嘉樹の小説を彷彿とさせます…あっ…」///

拓海「やっぱり文香も好きなことになると、口数が増えるんだな!」ニコッ

文香「…」///

仁奈「仁奈はもう我慢の限界でごぜーます!はやく食べるでごぜーます!」

亜季「仁奈ちゃん、皆さんがお揃いになられてからですよ?」



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:41:55.34 ID:6V7YHPzb0

亜季「では、皆さん手をお合わせください!」

一同「いただきます!(でごぜーます!)」

七海「七海のお魚に対する評価は辛口なのれす!まずはこのキンキの煮付けは七海が食べるのれす!」パクッ

文香「……どうですか?」ドキドキ

七海「>>76」



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 11:53:53.74 ID:NMbPi5InO

少し味付けが甘いれす!ただ素材は良いものを使ってますね



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:00:58.37 ID:6V7YHPzb0

七海「少し味付けが甘いれす!ただ素材は良いものを使ってましゅね。」

拓海「おま…!」

文香「…すみません…今すぐ下げます…」

七海「話は終わって無いのれす。味付けは甘いれすけど、そこにお魚と食べる人への愛情が感じられるのれす!精進するのれす!」

文香「は、はい!」



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:04:46.02 ID:6V7YHPzb0

七海「次の七海の釣りに連れていってあげるのれす!七海からしっかり技を盗むのれす!」

文香「……はい、師匠!」

亜季「七海ちゃんは三枚おろしくいしか、お出来になられなかったような…」

七海「いつまでも同じ七海では無いのれす!今では鯨も一人で解体できるのれす!」

亜季「凄まじい上達でありますな!」



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:06:48.57 ID:6V7YHPzb0

仁奈「うめーでごぜーます!」

美玲「ウチは十分だけどな…」

沙紀「皆さん、忘れて無いっすか?アタシのもあるっすよ!」

拓海「あ、それは別にいらねえ。」

沙紀「ひどいっす!」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:09:07.84 ID:6V7YHPzb0

文香「…では、一口いただきます。」

七海「味は保証するのれす…多分。」

沙紀「どうっすか?アタシと七海ちゃんのお魚アート料理?」

文香「>>82」



82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:15:49.33 ID:D6lSmG1jO

私のよりも美味しいかもしれません……っ!



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:24:50.88 ID:6V7YHPzb0

文香「…私のよりも美味しいかもしれません。」

拓海「マジか…」パクッ

沙紀「へへっ、さすがはアートとお魚の合体技っす!」

拓海「これは、赤はトマトピュレ、緑は海苔の冷製ゼリー、黄色はカレー味のソースか!」

沙紀「食べ物で色彩を表現したっす!」



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 12:28:25.23 ID:6V7YHPzb0

仁奈「噛むたびにいろんな味が出てきやがります!」

美玲「ネーミングセンスは論外だけど、味は認めてやっていいぞ!」

亜季「この発想は斬新ですね…」

七海「食材がいいんれすよ、食材が!」ドヤァ

沙紀「デザインがいいんすよ、デザインが!」ドヤァ



88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:24:59.92 ID:6V7YHPzb0

七海「何を言ってるのれすか?お魚の前ではデザインなど添え物に過ぎないのれすよ?」

沙紀「聞き捨てならないっすね。いいっすよ、久しぶりにキレちまったっす!屋上に行くっす!」

七海「いいれすよ。お魚の前になす術なく倒れるがいいのれす!」

ドタバタ

亜季「屋上はエレベーターで一つ上の階ですからね!ところでこずえちゃんは?」

仁奈「途中までいやがったはずでごぜーますが、気がついたら消えてやがりました。」



89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:26:23.46 ID:6V7YHPzb0

仁奈「食べたら眠くなってきたでごぜーます。牛の気持ちになるですよ…」

美玲「ウチの上で寝るな!」

拓海「並んで見ると同じくれえだな。やっぱり美玲は9歳くらいなんじゃねえか?」ニヤニヤ

美玲「ウチは14歳だぞ!」

亜季「はっはっは!」

文香「…ふふっ…ここはとても賑やかで温かいですね。」



90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:28:25.09 ID:6V7YHPzb0

アタシノアートサッポウ、クラウガイイッス!
ノゾムトコロナノレス!
トシシタダカラッテ、テカゲンシナイッスヨ!オラオラオラオラッス!
ムダムダムダムダムダ、ナノレス!

亜季「あのお二人は放っておいて…まあ大丈夫でありましょう。午後から行かれたいところなどありませんか?」

文香「…あの、それでしたら…実は前から>>92に行ってみたくて…」



92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:31:41.13 ID:9tvWsB8NO

スポーツジム



93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:39:34.94 ID:6V7YHPzb0

文香「…実はスポーツジムに一回行ってみたくて。」

亜季「ふむ、トレーニングルームなら我が家にありますが。構わないでしょうか?生半可なジムより設備は整っていますよ!」

文香「…はい、構いません。…ジムまであるんですね…」

亜季「私がコツコツと集めたトレーニング器具が揃っていますよ!」



94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:45:49.75 ID:6V7YHPzb0

美玲「ウチもコイツさえ居なければ…はぁ。」

仁奈「もふもふでごぜーます…」zzz

亜季「むむ…仕方ありませんね。」

拓海「あ、アタシもほら2人を見守らなきゃならねえし(悪りいな、文香…亜季のトレーニングはもうしばらくごめんだ!今度こそ死んじまう!)」

亜季「2人だけというのも寂しいですが…そう仰られるなら…」



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:48:54.90 ID:6V7YHPzb0

トレーニングルーム

亜季「しかし、失礼なのは承知ですが…その少々意外ですね。」

文香「…本で読んだのですが…実際に行ったことが無いのでよく分からなくて。」

亜季「そういう訳でありましたか。折角ですから何か体験なされますか?」

文香「はい…経験しておきたいので。」



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:51:31.16 ID:6V7YHPzb0

文香「運動は苦手ですが…私にもできるのはありますか?」

亜季「でしたらあれなど如何でしょう?」

文香「…すみません…あれはなんでしょうか?」

亜季「ああ、申し訳ありません。あれは>>98というものです。」



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 18:54:59.53 ID:SljmzjZlO

流れるプール



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:00:38.51 ID:6V7YHPzb0

亜季「あれは流れるプールでありますな。もしかしてご存知ありませんでしたか?」

文香「…いえ…流れが急というか…」

亜季「折角なのでザンベジ川の流れを再現してみました!」

文香「確か…ザンベジ川って大変な急流ですよね?」

亜季「はっはっは!そこが良いのでありますよ。さっ、ウェットスーツは用意してありますので!」




100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:04:21.64 ID:6V7YHPzb0

流れるプール「ザンベジ川の急流はボートで下れません。」

文香「…その…体のラインがはっきり出るのは…恥ずかしいです。」

亜季「入ってしまえば一緒でありますよ!」

文香「…あの…これは、無理じゃ…」

亜季「私に続いてください。」ドボン

文香「…あの…えっと…」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:09:50.16 ID:6V7YHPzb0

亜季「鷺沢殿も早く入られてください。なかなか気持ち良いのですよ?」

文香「…魚が…」

亜季「これは、七海ちゃんが放したピラニアですな。まあ、気にしないでください。」

文香「私には…少し…」

亜季「ご遠慮なさらず!」グイッ

文香「きゃっ…!」ドボン

地獄の流れるプール
トレーニング結果は?
>>103



103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:10:44.99 ID:vzzSkmy6O

亜季以上に早く泳げ、水の流れを読めるレベルに成長



104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:14:36.48 ID:6V7YHPzb0

文香「…これは、水の流れが読めます…!」

亜季「私の自慢のトレーニンググッズの一つでありますからな!」

文香「トレーニングって意外と…楽しいかも知れません!」

亜季「素質をお持ちだったのでしょう。しかし、目を見張るご上達ぶり。私もまだまだでありますな。」

文香「いえ…そんな…」///



105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:17:54.71 ID:6V7YHPzb0

亜季「継続が大切でありますからな。またいつでもお越しください!」

文香「…また来ても、いいんでしょうか?」

亜季「何を仰られているのでありますか?そのような事、当たり前では無いですか?」

文香「…でも…」

亜季「トレーニングを一緒にしたら、もう戦友でありますよ!」



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:22:46.73 ID:6V7YHPzb0

文香「……戦友…なんだかかっこいい響きです。」

亜季「おお!お分かり頂けますか!」ガシッ

文香「…あの……はい。」///

ガチャ

沙紀「お待たせっす!あれは…ウェットスーツ?」

仁奈「プールでごぜーます!」



107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:26:49.06 ID:6V7YHPzb0

拓海「げ!まだ終わってねえのかよ!」

美玲「ウチの居ない間にプールなんてズルイぞ!」

七海「文香さんの肌シラウオみたいに綺麗なのれす〜。」

文香「あ……」カァァァァァ

沙紀「ぜひアタシの次のアートの題材に!」



108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:29:22.46 ID:6V7YHPzb0

文香「ふふ…ふふふ…」

亜季「どうされましたか?」

文香「いえ、とっても賑やかだと思って…」

亜季「…お気に召されませんでしたか?」

文香「>>110」



110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:34:03.08 ID:kGpqTfZXO

賑やかで羨ましいなと…、私も仲間に入れて欲しいくらいです



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:37:03.53 ID:6V7YHPzb0

文香「賑やかで羨ましいなと…、私も仲間に入れて欲しいくらいです。」

拓海「何水臭せこと言ってやがる!」

七海「プールだけに水臭いとかつまらない発想れすね。」

美玲「ドン引きだぞ…」

拓海「違えよ!」



114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:41:00.81 ID:6V7YHPzb0

拓海「だから…その…」ポリポリ

沙紀「アタシらもう仲間じゃないっすか!」

拓海「…アタシら…」

美玲「ドンマイ。」ポン

文香「…仲間…?」ポロポロ



115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:44:57.20 ID:6V7YHPzb0

沙紀「あわわ、ごめんなさいっす!」

文香「いえ…違うんです…私ずっと地味で…こんな風に仲間なんて言って貰えるの、初めてで…嬉しくて…」ポロポロ

仁奈「ちげーですよ!嬉しいときは泣きやがるんじゃなくて、笑うのでごぜーます!」

亜季「笑顔が一番…という奴でありますよ!」

文香「はい…!」ニコッ



116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:47:41.91 ID:6V7YHPzb0

亜季「では、皆さんで鷺沢殿を祝してトレーニングです!」

美玲「ウチはもう着替えてあるぞッ!」

七海「七海もれすよ!」

沙紀「いや、アタシは流石にあの流れは…」

拓海「アタシも…」



117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 19:50:56.39 ID:6V7YHPzb0

亜季「そう仰らずに!」グイッ

沙紀「あわわ…」ドボン

拓海「のわっ!」ドボン

美玲「ウチも!」ドボン

七海「れすー!」ドボン

仁奈「お魚の気持ちになるですよ!」ドボン



118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 20:09:12.13 ID:6V7YHPzb0

ザケンナアアアア!
ナ、ナンカピラニアイルッス!
ナナミジツハオヨゲナイノレス!
ニナダイジョウブカ?」
ニナナナナナ…

亜季「どうですか、鷺沢殿?」

文香「その…とっても楽しいです!」



119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 20:10:29.71 ID:6V7YHPzb0

事務所

P「なんだか知的美人ときゃっきゃうふふする機会を逃してる気がする…」

にょわ



120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 20:13:04.80 ID:6V7YHPzb0

今回の駄文はここまでです。
鷺沢さんが可愛く書けているか自信が無いです…

これからもなんとか頑張って精進しますので、応援していただけると幸いです

次回は少し先になるかもしれません…



121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/05(水) 20:13:19.32 ID:iTxNx2ruO

乙です待ってるよ


元スレ
SS速報VIP:文香「…あの…付き合っていただいてすみません。」