1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 15:34:22.37 ID:ijTPheGDo


前スレ:提督「今日も平和だ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384122085/



注意事項
・艦これ4コマ漫画風SS
・キャラ崩壊
・オリジナルキャラ有り

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387953262




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 15:36:46.66 ID:ijTPheGDo


登場人物

【横須賀鎮守府】

提督
とにかく仕事をしない、だめ提督。
エロ本、エロゲの数の方が仕事をこなす量よりも多い。
外面だけはいっちょ前なので外部や上層部からは全く怪しまれない。
しかし、本来の実力は……。


加賀
秘書艦、みんなの中でも安定した提督の嫁。
誇り高き一航戦を自称しクールに振舞っているが提督にだけデレまくる。
無論そのことは殆どの連中にバレている。
料理だけ壊滅的に不得意だが基本的に何でもできて提督の無茶ぶりにも一応応える。
一航戦だけあって戦闘力は高い。



みんなに愛されているゲームボーイも知らないゆとり駆逐艦。
非常に早とちりしやすく、勘違いもしやすい。
しかし、意外と計算高いところがありプラズマ化しつつある。
芸術的センスは皆無。
最近の趣味はルンバを追いかけること。
好きなお菓子はわたパチ、好きな飲物はバン●ーテンココア。



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 15:38:06.05 ID:ijTPheGDo


【横須賀鎮守府その2】

愛宕
何故か提督のエロ本エロゲの隠し場所を全て知っている重巡。
本当は提督のことが好きだけどその真意は心の奥底に隠している。
雷など大きな音が苦手。
最近は電とお菓子を作るなど女子力の高さを誇るが
かなりの下ネタ好きなので勘違いされやすい。
摩耶の姉だが、本人は次女なので妹属性を押す。


天龍
意外と面倒見がよく、艦娘たちや提督の相談相手になることがある。
眼帯の下は何もないとの噂。
優しい性格だが、眼帯のために近所の子供のアダ名が極道でありすごく気にしている。
扶桑に気に入られたことがきっかけで山城に命を狙われる日々が続く。


摩耶
愛宕の妹の可愛い物大好きな重巡。
怒らせるととにかく怖い。
よく提督と鈴谷におちょくられてはキレて二人を逆さ吊りにする。
自室はぬいぐるみだらけなので部屋にはあまりいれたがらない。
可愛いもの好きはバレてないと思っている。
ぬいぐるみには名前もついてるがネーミングセンスはない。
現在名前だけ出ているのがシェリー、ココア、ガンジー、どぶろく、モジャ美


鈴谷
お調子者でカレー好き。
イタズラもすごいするのでよく提督と一緒に摩耶を怒らせる。
夢はカレーの出る蛇口を手に入れること。
ゲームや漫画は好きなので提督のを借りてたまにやってる。
摩耶とは同期なのでよく一緒にいるが怒らせてばかりいる。



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 15:40:41.36 ID:ijTPheGDo


【呉鎮守府】


かなりキツい性格をした提督が嫌いな女将校。
士官学校では提督と同期でライバル関係であり、首席で卒業。
その時の恨みを今でも抱えている。
本人も無茶苦茶に強くその気になれば砲塔も素手で折ることができる。
学生時代のアダ名は呉リラ、歩く災害、ミリオン地雷原。
歓迎の訓練メニューが死ぬほどキツく金剛が4,5回吐くほど。


金剛
提督が好きな戦艦。加賀と同じで料理が壊滅的。
ストーカー気質な所があり、提督からは鬱陶しく思われている所がある。
呉の秘書艦だけあってリーダーであることはしっかり頭に入っているのが、
たまにそれっぽいことをするとみんなから別人なんじゃないかと疑われることがある。
実は本人の戦闘力は加賀とほぼ互角ぐらいはある。


扶桑
体力が全くない不幸戦艦の姉。
「結婚したい」が口癖になりつつある何かが残念でモテない残念女子。
助けられたことがきっかけで天龍のことを気にいる。
向こうが女子だとしても別に構わないらしい。
山城のことはよく出来た妹で少し羨ましいとも思っている。



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 15:43:15.92 ID:ijTPheGDo


【呉鎮守府その2】

山城
扶桑にベッタリな重度のヤンデレ妹。
扶桑に近づこうとする奴を片っ端から排除していこうとする。
趣味が半田付け。
扶桑のお気に入りの天龍を狙うがいつも倒せない。
一度間違えて加賀に向かっていってボロクソにされた経験があり実は加賀のことが怖い。
同様に呉にもボロクソにされたことがある。


龍驤
不憫な扱いが目立つが意外としっかりもの。
横須賀の連中にはどうあがいてもピザ屋といじられまくる軽空母。
滑走路がどう見ても遊戯王のデュエルデュスク。
ツッコミ体質なこともあって割りと苦労している。


那珂
艦隊のアイドル(自称)
提督の下で建造されたが追い出され呉の所に厄介になってる。
かなりのお調子者でとにかくやかましい奴だが
別に悪い奴ではないのでみんなどこか憎めないでいる。



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:23:46.04 ID:D50QNS1To


番外編
☆提督と加賀☆



――私は、あの男が嫌いだった。
というよりかは信用していなかった、が正しい。


この話は私、加賀の視点から見た私と提督の出会いの話。
先に言っておくとこの話はとてもシリアスな内容……ということは全くない。


結局私達の話はどこまでも日和っていて、
どうしようもなくくだらない話にすぎない。


どこまでも馬鹿な話でしかなかった。



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:24:12.68 ID:D50QNS1To



そして提督という男が以下に適当で阿呆で間抜けで馬鹿な奴だということが分かる話で。
それにまんまと騙された私は赤面しながらこの話をする。


そして同じようにシリアスな雰囲気に飲み込まれてしまった人は
同じように「なんだったんだ」と思うだろう。
結局人間は提督とまではいかないものの適当だということが分かる話。





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:24:59.95 ID:D50QNS1To


加賀「あなたが私達の司令官?」

赤城「よろしくお願いしますね、司令」

提督「ああ、よろしく。まあ出撃までの間にブリーフィングを行うように言われているし」

加賀「はあ、ではすぐに始めましょう」

提督「え? なんで?」

加賀「なんでって……あなたも軍人の端くれならば知っているはずです」

赤城「ちょ、ちょっと加賀さん」

提督「もちろん知ってるさ。今が休憩時間なことくらいね。ふぁ~、眠い」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:25:43.84 ID:D50QNS1To


提督「えーっと、出撃の合図がかかったら起こしてよ。そのあとすぐに
   作戦指示を出すから。あとついでに言うが俺はまだ学生だ。
   卒業していないよ、学業も童貞も」

加賀「何を言って……」

提督「気になるならそこの紙の束を見ておいてくれ」

赤城「これは指令書……本来これは司令官であるあなたが我々に読み上げるものですよ」

加賀「くっ……。まさか、士官学校の首席が……こんな愚か者だったなんて」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:26:25.57 ID:D50QNS1To


提督「なんとでも言えばいいよ。実績は全て出している。
    俺と組むのが嫌なら参加しなくてもいいんだぞ」

赤城「加賀さん、私達だけでもこれを読んでおきましょう」

加賀「え、ええ……」






17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:27:16.44 ID:D50QNS1To



私と赤城さんは幼い頃から艦娘として共に成長してきた。
二人で互いを支えあい助けあってきた。
その甲斐あってか代表に選ばれたのだった。



艦娘とは深海棲艦との戦争に備えて育てられた日本の秘密兵器。
しかし、その秘密兵器を扱える者が当時の日本の軍には存在していなかった。


士官学校に全く新しいコースを作り艦娘専用の司令官を育てることにした日本。
その第一回の卒業見込み生徒の成績トップの人間に試験的に扱わせることとなった。



それが提督だった。






18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:28:05.19 ID:D50QNS1To


提督に聞いたら
『これを決める時の試験は本気出してトップになった。
 おかげで今まで手を抜いていたことがバレたけど』と言っていた。


何やらそのことで大々的に抗議してきた生徒がいたそうだが……。
成績は少しだけ奴の方が上で私のほうが絶対にいい被験体になると。
もちろんそれは却下された。


とにかくそんな優秀な二人だった私達の所にこんな男がきたということに
不満を持った私は彼の指示を全て無視するようにしていた。


――この日、出撃した時も。



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:28:59.83 ID:D50QNS1To


提督「加賀、10時の方向に爆撃を開始しろ」

加賀「……ッ」


全く音沙汰もない10時の方角。
しかし、私の命令を赤城さんは代わりに遂行し爆撃を始める。


海に向かってただ爆弾を無駄に投下したかのように見えた。
着水寸前に敵潜水艦が浮上し海面に顔を出し見事撃破してみせた。




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:29:34.58 ID:D50QNS1To


赤城「大丈夫、加賀さん?」

加賀「え、ええ……」

提督「二人共無事か?」

加賀「……」

赤城「加賀さん!」

提督「気にするな。俺のことが信用ならないんだろう?」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:30:34.41 ID:D50QNS1To


提督「俺も君達二人とはまだ会ったばかりだから分からないことが多い」

提督「だから信用できない部分があって……上手く指示が出せないかもしれない」

提督「だが……生き残らなければ平和への道はない」



それだけ言うと提督は背を向けて帰還準備を始める。
潜っていた潜水艦を……ソナー無しで全くの勘で当ててみせた。


これが偶然得られた学年首席の実力なのだろうか。
たまたま勘が当たっただけなんじゃないか。
そんな疑いは結局晴れないまま……。



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:32:42.65 ID:D50QNS1To


またとある海域で。

提督はいつものように私達に指示を出して進軍していた。
この海域に攻め込んでいたのは
私達のような学校を卒業していない司令官がついてる分隊ばかり。


私達の分隊は多少苦戦していた。
それは私が命令をちゃんと聞いていなかったせいだった。


まるで予言をするかのように次々と敵の動きを予測し、私達に指示を出す。
私はそれが癪で全て無視をする。
そのせいで上手くいかず、作戦が上手く進まなかった。



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:36:03.16 ID:D50QNS1To


赤城「加賀さん……司令の命令はかなり的中しているわ。
   このまま命令違反を続けるのであれば
   司令に軍法会議にかけられても文句は言えないわよ?」

加賀「赤城さんまで、あの人の肩を持つのですか」

赤城「そうじゃないけど……私だって提督のことはまだ信用できたわけじゃないわ」

加賀「……」


その割には楽しそうにお喋りするようになってる。
この前も作戦会議室に入ったら一緒によく分からない機械で
ピコピコピコピコ遊んでいたし……。


普段あんなだらしがなく本部の作戦会議もちゃんと聞いていない人に
何であんな風に指示を出されなくてはいけないのだろう。
無論そんなのは上司であり、私の司令官だから。だけど……。




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:39:59.39 ID:D50QNS1To


…………
……



提督「眠い……あー!帰りたい!ゲームしたい!」

赤城「大丈夫ですか?」

提督「ああ、気にするな……今のでちょっと気はすんだから」

加賀「……」

赤城「えっと、今日の作戦を確認しますね」

提督「ああ! 今日の作戦に必要かもしれない発煙筒忘れた!」

赤城「今日はいらないって書いてありますよ」

提督「あ、まじ? だと思ったー」





28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:44:41.68 ID:D50QNS1To


普段だらしないからそうやって忘れ物したとかしてないとか分からなくなる。
そんなことを毎回聞かされて冷や冷やする身にもなってもらいたい。


学生指揮官だから前線ではないにしろ戦場に出るのに変わりはない。
もう少し自覚を持ってもらいたい。


提督「お腹すいたんだなぁー」

赤城「そうですねー」

提督「お、おにぎりが食べたいんだんぁ」

赤城「ふふ、誰のモノマネですか?」

提督「裸の大将」


赤城さんはすっかりこの人の毒が回っているし……。
作戦前だというのに何でそんなふざけていられるのか。




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:46:58.79 ID:D50QNS1To


加賀「何故……」

提督「んあ?」

加賀「何故、あなたは軍人になったのですか」

提督「え? 俺か?」


しばらく考えたあと。


提督「えっと……なんでだろね。気がついたらなってたって感じ?」


とても学年首席を取って私達の指揮官になった人間の答えとは思えない。



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:47:31.20 ID:D50QNS1To


加賀「それでも首席の発言ですか」

提督「首席? ああ、あんなものは飾りでしかないよ」

赤城「か、飾りって……」

提督「それにまだ卒業していないし、首席で卒業できるかなんて分からないし」

提督「自称俺のライバルがとにかくうるせえんだよ……」

提督「でもなんでそんなこと聞くんだ?」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:49:25.59 ID:D50QNS1To


加賀「いえ別に」

提督「じゃあ逆に聞くけど二人はどうして戦っているんだい?」

赤城「私は……平和になればいいなって」

加賀「私も国のために。平和のために戦っています」

加賀「私達が育てられた意味がその平和を求めた戦いにあるからです」

提督「なら聞くけど我々の目指す平和って何よ」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:50:58.12 ID:D50QNS1To


加賀「愚問ですね。この深海棲艦との戦いを終わらせた世のことです」

提督「……今は俺たちは生き残らなければならない時期だからそれは半分正解といえる」

赤城「司令官の目指す平和とは……」

提督「二人は深海棲艦に知能や意識が存在すると思ったことはあるか?」

赤城「……いえ」

提督「奴らには人と同様な意識がある。
    奴らは無差別に人を殺している訳じゃない」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:52:17.48 ID:D50QNS1To


加賀「まさか……そんな馬鹿な。奴らが我々と意思疎通を
   取ったという報告は聞いたことがありません」

提督「仮に人と同様に意識があり意思疎通できるのであれば、
   奴らを根絶やしにして得た安息の日々を俺は平和とは呼べない」


私の提督への考えが少し改まった日だった。


何も考えずにのらりくらりと生きて何となく軍に入り何となくでトップになり
そんな適当な人だと思っていた。(結局根本はそうだったのだけど)




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:53:29.84 ID:D50QNS1To


提督「信じないかもしれないけれど、昔、小さなガキの頃に
   深海棲艦の小さな奴と一緒に遊んだことがあるんだ」

赤城「え?」

提督「まあそういう顔をするだろうな、とは思っていたけど……。
   実際にやられるとショックだなぁ。でも本当のことなんだ」

提督「家族で旅行に海に遊びに来ていた日のことで、
   親は浜辺でゆったりくつろいでいる中、俺は海で泳いで遊んでいた」

提督「そこで幼少の頃の俺と同じ大きさくらいの深海棲艦と一緒に遊んだんだ」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:54:53.63 ID:D50QNS1To


提督「次の日も俺は海に来て一緒に遊んだ。だが、それが最後の日だった」

提督「たった二日間のことだが、友達のいなかった俺には最高の友達だった」

提督「俺の話は何でも真剣に聞いてくれて、すごく良い奴だったんだ」

提督「だけど奴は深海棲艦で俺はそのことなんて全然分からなかった」

提督「子供だったからな。親が来て……一緒に遊んでいた奴を見るなりに
   大声で叫びすぐに憲兵を呼んだ」

赤城「……まさか」


提督「俺と一緒に遊んだそいつはその場で殺された」




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:56:52.18 ID:D50QNS1To


提督はその後、何度も健診を受けさせられて大変だったと笑っていた。
深海棲艦の小さいのを殺したことでその海水浴場は閉鎖となり、
その近辺はすぐに恨みを買った深海棲艦が攻めてくるだろうとされて
軍の基地が建てられることになった。


提督は言っていた。
俺は今もそいつと喋って泳いで楽しく笑った日を忘れない。
そして痛みに涙を流して助けを求めて俺のことを見ていたあの目を忘れない。

そう言っていた。




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:58:53.22 ID:D50QNS1To


その事件のせいで近辺が戦闘区域になり、死者が多数出て……。
提督はそのことを自分の罪だとして、軍に入ったと言った。


誓ったのだと、必ずこの世界を平和にして、誰にも同じような思いをさせないと。


普段眠い眠いと口癖のように言っていたのは
夜中にこっそり訓練や勉強を行っていたからだったともこの時話してくれた。
まあそれぐらいは私だってしているし、
このタイミングで何故苦労自慢したのかは不明だった。




38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 00:59:50.26 ID:D50QNS1To


加賀「……少し勘違いしていたようです」

提督「いやいいよ。俺が適当な男でだらしないのは事実だし」

赤城「そんな話のあとだと謙遜にしか聞こえませんよ」

提督「いやほんとなんだって……」


その日の出撃は私が提督の命令を初めてちゃんと聞いた日だった。
赤城さんだけでも十分なのにそこに私の攻撃力が加わり
圧倒的力で次々と敵をねじ伏せた。




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:04:45.36 ID:D50QNS1To


提督がいつも戦闘中に難しい顔をしていたのは、
敵の命をも尊んでいたからだった。
戦争に情けは無用だというのに……そんなことも分かっているはずなのに。


この人は本当は……本当に弱い人だ。
そしてそんな弱い人の一途な平和への思いを無駄にはしたくない。
結局平和を思うのは私達だって同じなのだし。


平和を一途に思うこの人を
私と赤城さんで守ってあげないと。


目指すべき平和を別の視点から見据えていたこの人の
真っ直ぐ平和を語る目に見惚れていたのは
私と赤城さんの二人共だった。



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:05:21.06 ID:D50QNS1To


…………
……



ある戦闘区域を抜けた所で。


赤城「はあ、お腹すいた……」

提督「ほらおにぎり」

赤城「いいんですか? 加賀さんも食べる?」

加賀「私は別に」ぐぅ~

赤城「はい、どうぞ。半分こしましょう?」



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:06:02.70 ID:D50QNS1To


提督「加賀も食べていいよ」

加賀「……いただきます」

提督「二人が強力してくれるようになってすごく助かっているよ」

提督「本当にありがとう」

赤城「いえいえもぐもぐ。これくらい平気ですよ」

加賀「ええ、何も問題ありません。赤城さん、ほっぺについてますよ」

赤城「えへへ、司令、とって~」



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:06:43.25 ID:D50QNS1To


提督「何甘えてるんだ……。加賀みたいにお行儀よく食べないから」

赤城「またそうやって加賀さんばっかり贔屓して」

提督「してないよ!」

呉「呑気なもんね……あんた達」

提督「呉……なんでここに」

呉「なんでって当たり前じゃない。優秀な人材が戦場に駆り出されないで
  温存されている状況のほうがおかしいわよ」

加賀「初めまして。一航戦、加賀です」

赤城「初めまして。同じく一航戦、赤城です」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:08:20.87 ID:D50QNS1To


呉「一航戦……噂には聞いているわ。ねえあなた、もし私が将校になったら
  私の下についてみる気はない?」

赤城「ありがとうございます。でも私も加賀さんももう決めてますから」

加賀「えっ? ええ、はい」

呉「……何だと」

提督「あ、不味い……二人共下がれ」

呉「どきなさい首席」

提督「落ち着け呉」



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:12:52.10 ID:D50QNS1To


呉「はんっ、学年首席にのみ実験的に艦娘が預けられているだけだってのに」

呉「この私の誘いを断るとはいい度胸ね」

提督「やめろ、呉」

呉「だいたいあの試験だっておかしいのよ。
  常にトップだった私がたまたま二番に落ちただけで!」

呉「あんた達もこいつの馬鹿げた幻想に取り込まれて夢見てんじゃないでしょうね」

呉「奴らが私達と同じ知恵を持っている訳がないじゃない」

赤城「いいえ。司令がそう言うのであればそれはそうなんだと思います」

提督「や、やめろ二人共。ここで騒ぎを起こすのは……」




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:14:24.62 ID:D50QNS1To



「おい、そこ! 何を騒いでいる」


呉「チッ。いい? 私はあんたが死ぬほど嫌い」

呉「そうやって私よりも実力がある癖に謙遜した態度で
  場を丸く収めようとするのが気に食わないのよ」

呉「でももうあんたは偶然の首席だからと優遇されることもなくなるわ」

呉「努力しているのはあんただけだなんて思わないことね」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:16:25.13 ID:D50QNS1To


提督はその時、
「そんなこと思ってないし、
 気に食わないとか言われてもお前怖いんだからしょうがねえだろ」
と言いたげな顔をしていました。


呉「次の次の出撃あたりに沖ノ島海域の大規模な奪還作戦があるわ」

呉「それが終われば延期していた私達の卒業試験がある。
  そこで私とあんたの最後の決着をつけましょう。どっちが上かハッキリさせてやるわ」


呉「あの時の試験は全て間違いでやはり私の方が上だったと」


この時いつも提督ならば「じゃあ面倒だしお前が上でいいよ」
と言わなかったのは本当に自分の所から二人を取られかねないかららしい。
自分の平和への願望のために提督は私達を必要としていた。



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:18:25.82 ID:D50QNS1To



呉「もし逃げたら地の果てまで追いかけて必ず殺す」



そう言って去って行きました。
赤城さんは呉さんの姿見えなくなった途端に私に泣きついてきました。


赤城「うわーん、怖かったよー!!」

加賀「あの、あの方は一体……」

提督「ああ、あいつのことは気にするな。
    触れるもの皆傷つける億万の地雷原を持つ女だから」

提督「何がきっかけでキレるか分かったもんじゃねえよ」

加賀「どう見ても提督にだけな気がするんですが」

提督「まさかそんなはずはないだろ~」



49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:22:49.80 ID:D50QNS1To



…………
……



赤城「今回の作戦はこの島を奪還する作戦です」

提督「この島を取り戻すことが我々追い込まれた人類の
    逆転する大きな一歩になるはずなんだ」

提督「だが、俺達にはそれ意外の逆転の方法がある」

赤城「それが意思疎通をとること」

提督「その通りだ」



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:26:42.68 ID:D50QNS1To


提督「今回、上から伝えられている作戦はの目的は島を取り返し、
    今後そこを拠点とし、深海棲艦を迎え撃つことにある」

提督「もしそれが本当に成功した時、多くの深海棲艦は人類に殺される」

提督「そのために俺たち3人は上層部の命令を全て無視し、
    深海棲艦を1隻でもいい。捕獲するぞ」

提督「俺のやることは作戦無視の命令違反だ。
    断ってくれても構わないが……」

加賀「何を今更……」

赤城「ついていきますよ」



54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:34:24.43 ID:D50QNS1To



この時、提督の仕掛けたまるで馬鹿みたいな罠に引っかかったのがいた。


提督「こいつ……バナナで連れたぞ」

赤城「冗談でしょう?」

加賀「と、とにかく、捕獲するのは想像以上に余裕だったということで」


罠は最も簡単な仕掛けで檻の中のバナナに触れると檻の戸が降りてくるという。
それに引っかかっているのがいた。


釈然としない中で私達は実験を開始した。



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:41:15.34 ID:D50QNS1To


提督「だめだ。やはり言葉は通じないみたいだ」

提督「私達は停戦を求めている」

提督「君達のトップ、ボス、リーダー?に会いたい」

提督「わーたーしーたーちーはー」

提督がゆっくりと喋るが何も反応を示さない。
ゆっくりと喋る提督は阿呆みたいだった。


加賀「この深海棲艦……恐らく上の資料に寄れば空母ヲ級です」

赤城さんもそこに加わり


赤城「私達はあなたには危害を加えません」

赤城「戦うのをやめませんか?」



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:47:48.05 ID:D50QNS1To


しかし、それは私達を見つめるだけで何も喋らなかった。

一方本作戦の方もボロクソだった。
救援、援護の要請が飛び交い断末魔が通信機から聞こえ続ける。


そしてついに
「全隊に通達する。全隊帰投せよ。作戦は失敗」

「ただちに帰投せよ。行きに使った小型船を使い母船へ帰投せよ」



提督「だめだ。……これ以上島にいるのは危険かもしれない」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:48:57.34 ID:D50QNS1To


赤城「どうします? 一度戦闘区域外にある艦船に捕虜としてむぐぅ!?」


提督が咄嗟に赤城の口を手で塞いだのも遅く、
私達が捕まえていた深海棲艦は先ほどまでとは代わり有り得ない程大きな音を出した。


ヲ級「ヲオオオオオオオオオオオオオオ」


提督「まずい……敵に艦船の位置を知らせた可能性がある……ッ」

加賀「やはり平和への道など困難だったと……」

提督「待て、殺すな! だめだ……何か方法があるはずだ」



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:51:31.65 ID:D50QNS1To


このまま行けば生き残った隊も帰投した母船で待ち受ける敵に殺される。
そう思った赤城さんは動揺を隠せなかった。


赤城「す、すみません……わ、私なんてことを」

提督「落ち着け赤城! 母船に連絡するんだ!」

提督「聞こえますか、応答してください。こちら第1班」

提督「繰り返す。聞こえますか、応答願います。こちら第1班!」


赤城「私……母船を助けにいかないと……!!」

加賀「赤城さん……待ってください! 指示を」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 01:56:43.02 ID:D50QNS1To


赤城さんは私と提督を置いて走りだした。
その行動に動揺した二人を、
深海棲艦の空母ヲ級が見逃すはずがなく檻をぶち壊した。


提督「しまった……! 加賀、お前は赤城を追え!」

加賀「提督は!?」

提督「俺は逃げた奴を追いかける!」

提督「赤城を追って、母船の援護をしろ!」


この命令のあと、赤城さんを追った。
遠くの海で黒い煙が上がるのを見ている赤城さんにやっと追いついた。



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:02:35.91 ID:D50QNS1To


これは提督からあとで聞いた話ではある。


提督はヲ級のあとを追いかけ島の中のとある洞窟に侵入した。
そこは深海棲艦が拠点としてる住処であり、その本拠地だった。


提督は深追いして敵本陣まで来てしまったのである。
さすがに不味いと思ったのか岩陰に隠れること4時間弱……。
張り詰めた緊張感と疲労と空腹がピークに来た時、
近くを巡回する深海棲艦にビビってこそこそと移動を開始。


だんだんとその本陣奥深くまで進んで行く
提督の目の前にあったのは一本のバナナだったそうだ。


提督がこのあとどうなったかは言うまでもない。



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:06:00.26 ID:D50QNS1To


一方私と赤城さんは小型船で母船に行っていた。


赤城「私のせいで……みんなが」

赤城「あの船が落ちたら作戦本部の偉い人達も死んでしまって……」

赤城「司令の目指す平和がまた遠ざかってしまう……」

加賀「落ち着いてください。大丈夫ですから。私と赤城さんが戦えば
    必ずあの船も救えますよ」


母船に戻るとそこはもう戦場となっていた。
深海棲艦がかなり乗り込んできていて、多くの乗員が血を流していた。



66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:08:33.17 ID:D50QNS1To


船上は大混戦となり次から次へと向かってくる敵を薙ぎ払った。


呉「危ないッッ!」

加賀「はっ!?」

呉「戦場でぼーっとするな。どうした一航戦。貴様の力はそんなものじゃないんだろう」

加賀「ありがとうございます……」

呉「礼なら生き残ったあとよ。生意気なあんたの相方とあの馬鹿ははぐれたの!?」



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:10:38.09 ID:D50QNS1To


加賀「赤城さんは……。司令は島に残ってます」

呉「はあ!? 死にたいのあいつは……撤退命令が出ていたはずよ!」

呉「あんたは生意気なあんたの相方を探しに行きなさい!ここは私に任せなさい」

加賀「ありがとうございます!」


赤城さん……無茶をしていなければいいのだけど。
それにさっきから気になっているこの船のエンジン音……。
どうもおかしい。





69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:13:10.84 ID:D50QNS1To


赤城さんも気になるけれど、
この船がさっきから動いていない気がする。
海の上だし、爆発だのの揺れで動いているって言われればそうも感じるし……。


兎にも角にも私は動力室に入った。
そこには深海棲艦と戦う赤城さんがいた。


加賀「赤城さんから……離れてっ!」

赤城「ハァ……た、助かったわ。ありがと……また来るわ」

加賀「私に任せて。少し休んでください。だいぶ傷をおったようですし」



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:16:40.08 ID:D50QNS1To


赤城「加賀さんもやっぱり気になって来たんですよね……」

赤城「この船、動いてないんですよ……。もう部品がだめみたいで」

赤城「壊れた箇所を直さないと……」


私は迫り来る深海棲艦と対峙するのに精一杯で赤城さんの
言っていることをまともに聞けなかった。


赤城「この海域から脱出して、生きて帰ることができれば……
    また戻ってこられるのだから……」

赤城「早く直さないと最悪この船は沈められる」


あんなに動揺していた赤城さんは少し血を流したせいか
この頃には冷静になっていた。
その赤城さんがした判断は……。



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:19:27.91 ID:D50QNS1To



赤城「この船ね……」


赤城「ちょうど私、一人分で直るの」


加賀「……は? 何を言って……」


赤城「加賀さん……今までありがとうね」

加賀「赤城さん!? 何を馬鹿なこと!!」


次から次へと立ち向かってくる深海棲艦のせいで
私は私の後ろにいる赤城さんの方も振り向けない。



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:23:54.88 ID:D50QNS1To


赤城「4歳だっけ? あの時一緒に行ったピクニックのお弁当の
    ミートボール私が加賀さんの食べちゃって……それで喧嘩したよね」

加賀「何言ってるんですか!!こんな時に!!」


赤城「司令に……平和を取り戻してねって伝えてね」

赤城「あと、加賀さんには約束してほしいことがあるの。
    私も加賀さんも大好きなあの人を……最後までよろしくね」

赤城「私の分まであの人の側にいてあげて守ってあげて」

加賀「私が!私が代わりになりますから!待ってください!今こいつらを片付けて!」

赤城「だーめ。加賀さん、司令のこと好きなら素直になんなくちゃだめだからね」

加賀「待って!!赤城さん!!行かないで!」



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:27:13.04 ID:D50QNS1To


早く平和になるといいなぁ……。


そう最後に呟いて赤城さんはその場から消え去りました。


それとほぼ同時に船は動き出し、あっという間に戦闘区域から脱出した。
作戦は多くの負傷者、死者、行方不明者を出し……失敗した。


船の中に残った深海棲艦も全て撃破し、
生き残って船に乗っていたものは無事に本土にまで帰ってきた。


私はそれから……何もやる気が起きずぼーっとすごしていた。



75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:30:11.96 ID:D50QNS1To


しかし、ここからが私達の国は驚きの連続だった。


あの作戦から一ヶ月後……。
行方不明者扱いになっていた提督が帰ってきたのだった。


その提督が一緒に連れていたのは戦艦棲姫とその通訳のヲ級だった。
提督は本部にその二隻を連れて行き……

日本と深海棲艦達の和平の協定を結びつけることに成功した。


本人に聞くと
提督「……俺もなんでそんなうまく行ったのは全然分からない」



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:32:28.35 ID:D50QNS1To


提督はあのあとバナナによってあっさり捕まり、
生贄として深海棲艦の姫の前まで引きずり出された。


しかし、その姫こそが幼少の頃、一緒に海で遊んだという深海棲艦だったのだ。


提督はその姫が生きていたことに喜び捕虜であることも忘れ、
同じように姫も提督が捕虜であることを忘れ抱き合ったという。






77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:35:27.24 ID:D50QNS1To


一体何故殺されたはずの姫が生きていたのか……
事実確認をすると。


あの海での事件。
両親は憲兵を呼んで提督と共に一目散に避難したそうで
実を言うとその姫の最後をきちっと見ていなかったのである。

何が「俺は――忘れない」だ。本っっ当に適当な人間であることがこの時判明した。
提督が自分のことを適当だとかだらしないとか言っていたのは
嘘でも謙遜でもなく紛れも無く自分を客観視して事実だった。

それにしても自覚があるだけ余計に厄介なのである。
話を盛りすぎにも程があったのだ。


その時の提督の証言がこれである。

提督「いやー、なんかシリアスな雰囲気だったからついつい話を盛ってしまった」

私が初めて提督の顔面をグーで殴った日のことである。



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:36:18.40 ID:D50QNS1To


提督曰く、幼少の頃の記憶などそんなものだし、
俺にとってその別れはそれくらいの絶望だったんだ。と逆ギレした。


事実確認をすると、
提督が両親と共に逃げていったあと呼ばれた憲兵達は姫を攻撃するも殺せなかったという。

そして殺せなかった上に逃してしまい、
姫が自分の住処に帰り父親あたりが傷ついた姫を見て怒り狂った挙句、
私達の住むこの土地に攻撃をしてきたのだと。



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:37:37.34 ID:D50QNS1To


さらに深海棲艦の姫のほうも言葉が通じないなりに提督との記憶はあり楽しかったらしく
その提督といきなり別れさせられたという絶望は同じだったとか。


姫も姫の方で提督が異種である私と関わったせいで殺されたんじゃないかと思っていた。
そのせいで酷く人間に恨みを買っていたらしい。


そこから戦争を今までずっとしてきてたのだが。
その提督が生きていたとあって……もう戦う気も起きなくなったとのことだった。




80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:38:23.49 ID:D50QNS1To



結局の所この深海棲艦との数年に渡る戦争は
あの阿呆と書いて”ていとく”と読む人で始まり
阿呆と書いて”ていとく”と読む人で終わるのだった。


だけどこの戦いで赤城さんがいなくなったのは事実であり、
そしてその犠牲の上でなりたったとても残念な平和だったのだ。

私自身は赤城さんとの約束もあるし、
今更この人を放って置くわけにはいかない。
もうこの人から離れるのはとっくに遅く、入れ込み過ぎていたのだった。



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:39:03.47 ID:D50QNS1To


それにもしこの戦争の真実が明かされたのであれば
戦争で家族を失った人から命を狙われる可能性がある。


何より私が提督の側から離れないでいるのは私自身が提督のことを大好きだからで、
こんな適当で馬鹿で阿呆でくだらないことが大好きな提督が大好きで
そんな人と一緒にいたいと思ったからで。

そう思った経緯はこんな感じ。
結局私自身も適当でなんとなくでいつの間にか……といった感じ。




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:40:00.99 ID:D50QNS1To



私と提督は最後の、卒業試験の日、
あの沖ノ島までやってきて墓を建てた。


提督に試験を受けに行かなくていいのですか?と尋ねたが
前日もそうだったがこの後の日もかなり遠くまで提督の予定は縛られていた。


それもそのはずで提督みたいな司令官レベルの人間が停戦にまで持ち込んだのだから
軍の上層部に引っ張りだこで勲章だの表彰だの昇格だのなんだって大忙しだった。
だから墓をたてに来られるとしたら日が経っていない今日しかないとか。


この沖ノ島は深海棲艦の唯一の領土として献上することも含めての
和平の条約だったので本来ならばもう私達は入ることはできないのだが、
特別に許可をもらったそうだ。



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:40:40.75 ID:D50QNS1To


提督「……赤城、お前の犠牲は無駄にはしなかった」

加賀「赤城さん……ありがとう」

提督「赤城、見ているのかな。どっかで。俺が話した平和には見事にしてやった」

提督「これから俺はあの忌まわしい事件のあった元海水浴場である横須賀の海を
   護るためにその近くにできた鎮守府で勤務することになる」

提督「だが、もう平和になってしまったから護るというか維持するだけなんだけどな」

提督「これから……お前の分まで加賀と一緒に平和という奴をたっぷり満喫してやるさ」




84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:41:33.94 ID:D50QNS1To


加賀「赤城さん、あなたとした約束。守り続けてみせます」

加賀「全ては私に任せてください」


加賀「提督、今日は平和ですね」

提督「……。違うな。今日ももちろんそうだが明日もきっとそうさ。

提督「なんてったって戦争は終わっちまったんだからな。だからこう言うんだ」

提督「今日も平和だ」



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 02:46:24.96 ID:D50QNS1To


お疲れ様でした。
以上で番外編は終了です。

結局長々やってしまった挙句
しょーもない落ちと展開で本当にすみませんでした。

明日、ちょこっとだけ呉との後日談をやりますが
それ以降は通常通り行きたいと思います。

お付き合いくださった方は本当にありがとうございます。



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 06:52:53.86 ID:8NU+PbA4o


☆後日談☆


卒業式の日。
提督は呉さんと再会したのだそうだけれどそれはそれは大変だったそうで。


呉「よくも……私との勝負を投げ出してくれたわね……」

提督「ち、ちがっ、しょうがないんだって! あの日しか空いてなくって」

呉「私は逃げるなと言ったはず。逃げたら殺すと言ったはず」

提督「お、おい落ち着けってマジで」

呉「その軍刀を抜け!」



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 06:53:51.06 ID:8NU+PbA4o


提督「いやまじでやめろって!首席はお前なんだからもういいだろ!?
   今までのは全部まぐれだよ!偶然! 俺なんかよりもお前のがよっぽど優秀だから」

呉「そのムカつく謙遜をやめろって言ってるのよ私はぁぁぁ!!!」


ちなみにこの会話が行われているのは卒業式の壇上である。
その場にいたほとんどがこの二人の入学以来の因縁を知っていて、
「あーはいはい。また夫婦漫才か」という空気になったという。


その空気に耐え切れなかった、というかそういう風に見られていたことを
その時知った呉さんは大人しく刀を鞘に納めたという。



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 06:56:16.34 ID:8NU+PbA4o



呉「あんたが次席になったおかげで私は首席になり
  英国生まれの大戦艦を預かって呉鎮守府に勤務することが決まったわ」

提督「へえ~、そうなんだ。俺も加賀と一緒に横須賀に行くことになったよ」

呉「……本当に最後まで嫌なやつね」

提督「えっ……あ、行っちゃったよ」


こうして提督は呉さんを怒らせたまんま別れてしまったという。
結局ここから全く会わずに再会したのがつい最近のことである。



後日談おしまい。




101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 07:10:29.60 ID:8NU+PbA4o


☆コタツみかん☆


提督「……寒いねー」

加賀「少し運動すれば暖かくなるのでは? はい、みかん剥けましたよ」

提督「まじかー。でも外は寒いしなー。あー」

加賀「はい」

提督「ん。コーヒー入れる?」

加賀「お願いします」



112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 14:28:24.55 ID:A1X72k2qo


☆訓練後☆


天龍「ふぅー、さて、訓練のあとはひとっ風呂浴びるか」



鈴谷「対象が風呂場に侵入。ここまでは順調です」

摩耶「なんでそんな密偵っぽいんだよ」

鈴谷「だって眼帯気になるじゃん」

摩耶「普通に聞けばいいだろ」

鈴谷「果たして眼帯は脱ぐのか脱がないのか!」



113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 14:33:27.71 ID:A1X72k2qo


☆立入禁止☆


提督「俺もあの眼帯の下がどうなってるのか気になっていたんだ」

鈴谷「ここから先には男性は立入禁止なんだけど」

提督「俺は男や女とかいう概念を超越した存在。
    ニュータイプだから大丈夫だ」

摩耶「いや意味分かんねえし」

鈴谷「キモイから早く出てってよ」

提督「バッキャロウ! お前ら部下のことを知っておくことも上司の役目じゃい!」

加賀「では上司を止めるのも部下の役目ですよね。
    さ、こんな所で遊んでないで仕事しますよ」



114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 15:16:30.48 ID:A1X72k2qo


☆漫画貸し借り☆


龍驤「ういーっす。遊びにきたでー」

鈴谷「あ! ピザ屋だ!」

提督「なんだとぉ!?このピザ屋が!いつまでもクリスマス気分でいるんじゃあねえぜ!」

提督「なんの用だピザ屋コラァ!」

龍驤「ほれ、鈴谷にミナミの帝王貸しにきたんや」

鈴谷「イヤッホウ!」

提督「なんでそんな持ってる漫画渋いんだよ」



116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:24:42.80 ID:A1X72k2qo


☆拗ねた姉様☆


那珂「ね、ねえ、なんで扶桑さん、まだサンタの格好してるの?」ヒソヒソ

金剛「パーティ参加出来なかったことで拗ねてるみたいデス」ヒソヒソ

那珂「あの……もうクリスマスは」

扶桑「何言ってるの?」

扶桑「もうすぐクリスマスよ。365日経てば、ほら、もうすぐ」

金剛・那珂「ヒエー!」



120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 20:12:25.33 ID:A1X72k2qo


☆お正月ムード☆


提督「昨日まで散々クリスマスムードだったのにもうお正月だな」

愛宕「こういう忙しい所って嫌いじゃないわ」

提督「餅食って寝るだけだもんなー」

愛宕「でもそうやってるうちに太っちゃうのよねー」

加賀「正月を何か勘違いしてませんか?」



121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 22:37:13.02 ID:A1X72k2qo


☆炭酸飲料☆


提督「ぐおおお……」

加賀「提督? どうしたんですか?人工呼吸ですか?」

提督「いや、ち、違う。……ただ炭酸飲んだあとに急に寝っ転がったから
    お腹の中でシェイクされて苦しい」

加賀「そうですか。人工呼吸は必要ですか」

提督「必要ないです!」



122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 23:41:39.88 ID:A1X72k2qo


☆甘い香り☆


摩耶「~~♪」

鈴谷「何かごきげんだね摩耶……って何この甘い匂い」

摩耶「いいだろう? いい匂いのするハンドクリーム買ったんだよ」

天龍「この匂い摩耶か……」

摩耶「どう? いいだろう!」

天龍「甘い……やっぱり鉄と油と火薬の匂いこそだろ!
    おい待てなんだその冷ややかな目は」



129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 07:15:18.79 ID:Pj4inKMEo


☆夜はウキウキ☆


子供1「極道助けてくれー!」

天龍「誰が極道だコラ。なんだよ急に」

子供2「最近夜になるとこの辺をウサギ型ロボのニヤニヤした変態が出るんだって!」

子供1「耳がピコピコして片目なんだよ!!やっつけてくれよ極道!」

天龍「……お、おう、ま、任せとけ」


それは夜間哨戒の時の自分だ、と言い出せなかった天龍だった。





130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 08:38:52.39 ID:Pj4inKMEo


☆アイドルの髪型☆


那珂「じゃーん!出来た!どう!? 那珂ちゃんと同じ髪型で可愛いでしょ!」

扶桑「そ、そうかしら?」

那珂「ほらほら、那珂ちゃんみたいに扶桑ちゃんだよーっ☆ってやってよ!」

扶桑「ふ、扶桑ちゃんだよぉー……。うぅ、恥ずかしいわ」


山城「ね、姉様ァ可愛すぎますぅぅうう!!」

龍驤「鼻血!!鼻血めっちゃ出てるで!?」



138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 12:48:56.50 ID:Pj4inKMEo


☆抱擁☆


電「あ、あのぉ……そろそろルンバを探しに行きたいのですけど……」

愛宕「もうちょっとだけ抱きしめさせて」

電「はわわっ」

提督「何してんだよ。俺にも抱かせろよ」

愛宕「何言ってるのよ。ダメに決まってるじゃない」

愛宕「なんか電抱いてるとお肌の若さとか移ってきそうで」

提督「……そんなこと気にする年齢でもないじゃん」



141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 17:01:51.92 ID:tGKVsz+0o


☆売れない子☆


提督「暇だなぁ~……ニコ生過疎ってる糞ブスメンヘラ女煽りに行くか」

天龍「お前いくら暇だからってひっでえ趣味だなぁ」

提督「いやこれが面白いのなんのって……ん?」

天龍「どうした?」

提督「……現役軍人アイドル……? なんだこの馬鹿は。退役に追い込んでやるか」


<那珂ちゃんだよー☆


提督・天龍「ぶほぉッ!?」



142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 17:10:19.93 ID:tGKVsz+0o


☆それが分からないからお前は☆


天龍「どうすんだよ。退役に追い込むんじゃなかったのか?」

提督「馬鹿お前、こいつの問題が取り上げられて、
    どこで建造されたのか調べられたら今度危なくなるのは俺たちだ」

天龍「確かにそうだな……。姉呉も確実にこっちの責任に押し付けるだろうしな」

提督「とりあえず呉に連絡するか。あー、もしもs……着拒だと!?」

天龍「やっと今までの姉呉にしてきた悪行を悔いる時が来たんだな」

提督「俺が何したって言うんだよぉぉ」



143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 17:15:22.43 ID:tGKVsz+0o


☆もしかしたらあなたの家の床下にも☆


提督「そうだ!金剛を呼ぼう! 金剛ーーー!」

天龍「そんな窓から叫んでも来ないだろ」

金剛「呼ばれて飛び出て金剛デース!」バキィッ

天龍「なんで床下から出てきたんだよ。その穴どうすんだよ」





144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 17:21:32.40 ID:tGKVsz+0o


☆突撃☆


提督「とりあえず金剛から連絡入れてもらったな」

天龍「お、呉が突撃してきた」


<那珂!!

<げっ!? ちょ、ちょっと待って


提督「カメラを掴んでー……握りつぶしたぞ!?」

天龍「コメントすごいことになってるぞ。
    いきなり中断とかファン辞めます、コミュニティ辞めます、etc」

提督「俺もコメント打っとくか。やーいゴリラ女~」



149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 18:14:22.97 ID:tGKVsz+0o


☆アブノーマル☆


提督「助けて加賀えも~ん」

加賀「何かしら」

提督「摩耶が釘バット持って追っかけてくるよ~!」

摩耶「見つけたぞ糞野郎!加賀姉、さっさとそいつを引き渡してくれ!」

加賀「提督は何したんですか?」

提督「摩耶がぐーっと伸びてる時に隙だらけだった腋を
    サッと指で拭きとって匂いを嗅ぎ『デュフフ』って笑っただけ痛い痛い痛い痛い!!
    加賀さんその方向には腕は曲がらないんだよ!?」



156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 02:50:05.67 ID:RBdGrqQRo


☆お姫様抱っこ☆


提督「うい~。帰ったじゃーん?」

加賀「ただいま、でしょう。おかえりなさい提督。こんな遅くまで飲み歩いて……」

提督「仕方ねえんじゃん? ……上の連中が飲ませてくるんらからじゃん?」

加賀「大丈夫ですか?取ってつけたような語尾は何なんですか」

提督「抱っこして欲しいじゃん?」

加賀「はい」ヒョイ

提督「うわあ、酔う。酔うから降ろして」



160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 11:26:48.51 ID:3NMtn8aao


☆大掃除☆


提督「お前らーーーッ! 大掃除するぞーー!」

電「なのです!」

提督「摩耶、諦めろ。10体は必ず捨てろ」

摩耶「嫌だ!あいつらを捨てるなら一緒に私も切り捨てろ!」

鈴谷「摩耶~、ぬいぐるみはもう卒業したら?」

摩耶「一人でも減ったら眠れなくなるだろうが!」



161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 11:35:48.67 ID:3NMtn8aao


☆残ったのは金髪巨乳物ばっかり☆


愛宕「……『満瑚諸島沖海戦~ぶっとびパイパンフラッシュ~』これもいらない」

提督「あぁ! そ、それは限定版なのに!……超泣けるのに」

愛宕「知らないわよ。えっと……これもだめ。いらない」

提督「あぁ! それは完全受注生産の初回特典付きなのにィィ!」

愛宕「何ようるさいわねえ。自分じゃ捨てられないからって私に選ばせてるのは誰よ」

提督「……手伝ってくれてありがとうございます……」



168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 16:49:19.29 ID:3NMtn8aao


☆自室から☆


天龍「だいたい大掃除なんてする必要あんのかよ」

鈴谷「あるよ! ルンバは所詮床しか掃除してくれないんだよ!?」

天龍「そりゃそうだけど、普段から綺麗にしてるから別に」

鈴谷「天龍姉の部屋は綺麗だけども!パンツもしっかり並んで入れてあるけども!」

天龍「余計な情報を入れるんじゃねえよ」

電「共同で使うスペースのお掃除なんか大変なのです」

天龍「とは言うが、結局みんなまず自室の掃除から
    始めてそれだけで一日終わってるじゃねえか」



169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 17:00:28.93 ID:3NMtn8aao


☆さらば友よ☆


摩耶「暗くて寂しいかもしれない。でもアタシは忘れたりしないからな……」

提督「はい、フジヤマさんとの面会時間終了でーす」

摩耶「フジヤマぁぁ~~! アタシのフジヤマ……」

提督「次の面会の方は幼稚園入学して三ヶ月後、おねだりして買った
    シマリスのゴールドオシャンティーさんです」



愛宕「ねえあれ何やってるの?」

加賀「捨てるぬいぐるみ達と一体あたり10分の最後の対話を済ませているそうです」



174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 18:13:58.97 ID:3NMtn8aao


☆使い古して伸びきった奴☆


加賀「あとは照明、窓、浴室、台所、トイレ……」

提督「結局全然終わってねえじゃねえか」

鈴谷「提督ー! へい、パス!」

提督「ん? なんだこれ……パンツ?」

鈴谷「きゃー!提督がよれよれになって捨てることになったパンツ拾ってるー!」

提督「馬鹿かお前は」

加賀「馬鹿は提督です。何流れるような滑らかな動きで頭に被ってるんですか」



175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 18:30:12.21 ID:3NMtn8aao


☆てめーは愛宕を怒らせた☆


鈴谷「今廊下にゴミ袋まとめて置いてあるじゃん?
    みんな何捨ててるのか気になって袋開けたらあったから拾ってきたの」

提督「お前のじゃねえのかよ!!……ん?」

愛宕「……ッ!」バッ

提督「な、なんだよ。おいそのパンツ……まさか」

鈴谷「げっ、愛宕姉のだったの!?」

愛宕「……ちょっとこっち来て」



提督「何も見なかったことにしよう」

目元を真っ赤に腫らした鈴谷は
すっかり大人しくなり部屋の掃除をしていた。



176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 21:20:53.59 ID:3NMtn8aao


☆ついに決定☆


呉「では失礼します」ガチャンッッ

呉「ばーか!ばーか!! 死ね!!ハゲジジイども!」

金剛「どうしたデース?そんな乱暴するとまた電話壊すネ」

呉「……上の連中が那珂の歌ってみた動画に目をつけてね」

金剛「はあ、ついに那珂も解体処分に……」

呉「それのほうがまだいいわよ。軍の宣伝も兼ねてCDデビューするって」



180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/28(土) 23:40:05.00 ID:3NMtn8aao


☆売れなかったあれが☆


加賀「提督!」

提督「なんだよ、今俺は”ジェダイの騎士だった時のフォースの無駄遣いトップ10”
    を考えてて7位が手が届かない溝に落ちた小銭を拾う、に決まったところなんだよ」

加賀「全く意味が分かりません。那珂がCDデビュー決定しました」

提督「やっぱ6位は風を起こしてパンチラ、かなぁ……
    って、ええぇぇぇえええ!? CD!?」

加賀「はい」

提督「あれ、俺前にもらったサインどこやったっけ!?
    さっそく売り飛ばそう!!」



183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 00:41:55.01 ID:Fk+AHqUOo


☆亡くした☆


提督「なーーい! まさか……今日の大掃除で捨てた……嘘だろ」

愛宕「どうしたの?」

提督「那珂がCDデビューしてさ、そのサインが」

愛宕「エシディシデビュー? ごめんなさいもう一回言って」

提督「そんな那珂ちゃんあァァァんまりだァァアァ」



加賀「ふざけてないで真面目に探してください」



184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 00:57:00.07 ID:Fk+AHqUOo


☆頼んでみた☆


提督「あ、もしもし?那珂ちゃん? サイン送ってくれない?」

那珂『えー? 那珂ちゃんトップアイドルまっしぐらなのにぃ?
    うーん、どうしようっかなぁー? どうしてほしい?』

提督「……。えっと、サイン書いて送って欲しいんですけど」イラッ

那珂『あっ、ごっめぇーん♪ そーゆーのは事務所通してもらわないと~』

提督「ははは、そうだね」ガチャンッッ

提督「ばーか!ばーか!恩知らずー!!もうファンやめるわ!」


加賀「なってもないじゃないですか」



193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 12:40:07.64 ID:3htWkNjCo


☆美人の悩み☆


提督「頼むよ、手伝ってくれよ」

愛宕「いやよ、どうしてエロ本買いに行くのを手伝わなくちゃいけないのよ」

提督「頼めるのが愛宕しかいないんだよ」

愛宕「ああいう所行くとジロジロ見られるから嫌なのよ」


提督(……そりゃ金髪でおっぱいでかけりゃみんな見るよなぁ)








196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 23:48:12.32 ID:v8PG+Dxwo


☆今日も明日も☆


提督「明日も早い。寝る」

加賀「……もうおやすみになるんですか?」

提督「まあちょっと明日も出かけるし?」

加賀「今日もそうですけど、何してるんですか?」

提督「それは言えない。心配しなくてもいい。別に危険な所にいくわけじゃないし」

加賀「そう……ならいいけど」



199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 00:00:53.67 ID:dyrm0T4ko


☆行き先☆


加賀「……提督はどこに行ってるのか知ってる?」

天龍「うーん、どうだろうなぁ。わかんねえや」

加賀「……そう。愛宕は?」

愛宕「えっ!? 私? えーっと、さあ?」

加賀「そう……」



愛宕(どうする? 教えてあげるべき?)

天龍(うーん、上官命令を取るならば黙っとかないとなんだけどなぁ……)

愛宕(さすがにちょっと可哀想になってきちゃった)



204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 07:52:01.78 ID:JeM5DIjGo


☆連れて行け☆


提督「ひゃっっほう! 行ってきまーす」

加賀「提督」

提督「ん? どうした?」

加賀「私も連れて行ってください」

提督「……」

提督「……」

提督「……」

提督「……分かったよ。そんな悲しそうな顔するなよ。
    俺は別にどこかに行ってそのまま帰ってこないわけじゃないぞ」




215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 16:06:35.68 ID:3Q3jgD5Oo


☆たまにリア充いるよね☆


加賀「て、提督」

提督「大丈夫か!?はぐれるなよ?」

加賀「移動中に話はだいたい聞きましたが、まさかこんなに人が多いとは」

提督「年々増えてるらしいからねー。ほらはぐれないように手つなぎなさい」

加賀「はい。離さないでくださいね」

提督「離さないよ。なんで念を押したんだよ」



216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 16:17:38.73 ID:3Q3jgD5Oo


☆参戦☆


扶桑「コミケって何? コミュニケーションの略かしら?」

那珂「ちっがうよーっ! そこで那珂ちゃんのCDを売るの!
    扶桑さん綺麗だから売り子お願いしたいんだけど」

扶桑「綺麗……?ありがとう、手伝えることなら手伝うわ」

那珂「これ去年の写真なんだけど」



扶桑「ごめんなさい無理」

那珂「……うん。那珂ちゃんこそなんかごめんね」



218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 16:43:53.65 ID:3Q3jgD5Oo


☆転売厨☆


那珂「ということがあってね。それで一人で頑張ってるの」

提督「まあ会場の人混みの様子を見せたらそうなるわ」

提督「っていうか公式になったんだから手伝ってくれるスタッフくらいいないのか?」

那珂「えへへ、それがいなくってね」

提督「そっか。じゃあ5枚くらい買ってやるか」

那珂「ホントに!?」

提督「使用用が1、プレミア狙いの転売用が4枚。無論サインはつけてくれ」

那珂「なんかあんまり嬉しくなーい」



220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 17:34:20.32 ID:3Q3jgD5Oo


☆年賀状☆


提督「そういえば年賀状どうしようっか」

加賀「まだ書いてなかったんですか?」

提督「えっ? ははは、まあ忙しかったからねえ」

加賀「提督は上の方たちには直筆でお願いしますよ」

提督「えー! やだよ面倒くさい!加賀やってよ」

加賀「私は私の分で書いてしまいました」

提督「じゃあそこに俺の名前も書き加えてよ」

加賀「ずるはだめです。他の箇所は手伝いますから一緒に書いてください」



226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/30(月) 20:46:46.37 ID:3Q3jgD5Oo


☆運動神経悪い艦娘☆


鈴谷「ぎゃはははは!!」

提督「ぎゃはははは! こんな運動神経悪い奴いねえーよ!!」

電「笑いすぎて、お、お腹痛いのですぅ~」

天龍「でもこれけんすいとか組体操なんか扶桑はできないんだろうなぁ」

山城「それは姉様を馬鹿にしてるのですか?
    それとも姉様のお体の心配をしてくれてるんですか?」

天龍「なんでいるんだよ~~」





230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 00:19:21.88 ID:cVO0bE9do


☆売上7割は呉鎮守府が☆


呉「売上はどうだったの?」

那珂「えへへ、ばっちりだよーっ!」

呉「そう、よくやったわ。上出来ね」

那珂「……初めて褒められた?」

呉「何よ。私だって褒めるべき時は褒めるわよ」

那珂「今日の呉何か変だよ。一緒に寝てあげよっか?」

呉「結構です」



231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 00:41:33.14 ID:cVO0bE9do


☆お疲れのご様子☆


提督「加賀? 珍しいな……ソファ座ったまま寝てるよ」

愛宕「あら? 本当ね。昼間、提督が連れ回したから疲れたのよ」

提督「だって着いて行きたいって言うんだもん。
    でもまあ初参加にしてはよく音を上げずに着いてきてくれたよ」

鈴谷「提督どうするの? 襲うの?」

愛宕「やーん、ケダモノ~」

提督「普通に部屋まで運んでやるよ」





234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 01:08:19.28 ID:cVO0bE9do


☆やばいと思ったから性欲を抑えきった☆


愛宕「ほらキスしちゃいなよーチャンスチャンスっ」

鈴谷「そうそう、ガッとやってチュッと吸ってはーんっじゃん?」

提督「あほか、だめだめ。合意の上意外は強姦も同然よ」

愛宕「多分平気だと思うわよー」

鈴谷「あっっつい濃厚なのが見たいな~」

提督「さっさと部屋に戻れ色ボケども」

鈴谷「提督に言われたくない」

愛宕「万年ラブコメ男~」



247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 11:33:45.50 ID:p53tjGjxo


☆大晦日☆


天龍「ほら、さっさとやるぞー」

鈴谷「提督と加賀姉だけ遊びに行ったのにあたし達は大掃除するのー!?」

摩耶「んなこと言ったってしょうがねえだろ。提督ならまだしも加賀姉に頼まれたら」

電「いっぱい褒められるように頑張るのです!」

天龍「電だってこう言ってるのにお前ときたら」

鈴谷「じゃあお昼カレー食べたい」

天龍「なんでも食えよ。年越しカレーでもなんでも」

鈴谷「やったー!頑張るよー!」



252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 15:06:56.87 ID:p53tjGjxo


☆当選発表☆


提督「宝くじ300円しかあたってなかったよーう!」

電「で、でも300円当たったのはすごいのです!」

提督「実はそんなにすごくはないんだけどね」

加賀「いい夢が見られたと思えば」

提督「まあそんなもの当たるわけないしなー」



253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 15:11:33.57 ID:p53tjGjxo


☆今年を振り返って☆


提督「今年も残りわずかだけど、どうだったよ」

愛宕「私はまあまあ楽しかったわ」

電「電もお姉ちゃんたちがいたので楽しかったのです」

摩耶「アタシは毎回どっかの馬鹿に振り回されてた気がするよ。なあ鈴谷?」

鈴谷「えっそれあたし!?カレー食べられれば満足かなぁ」

天龍「俺は後半は散々なことが多かったなぁ」

加賀「私は……特にいつもと変わらなかったですね」



263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 22:45:28.07 ID:M0SitYoUo


☆年の暮れのお祭り☆


提督「年越しの酒をー持ってくるのじゃ!」

加賀「また飲むんですか?」

提督「これが飲まずにはやってられっかい!」

愛宕「そうよ! 加賀さんも飲みましょう!」

加賀「一升瓶片手に何言ってるんですか」

鈴谷「今夜は宴だね!?」

電「わたパチ食べていいのです!?」

天龍「みんなやる気まんまんだな」



265: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 23:29:44.85 ID:M0SitYoUo


☆さよなら2013☆


電「はわわ、蝶野さん怖いのです……」

鈴谷「いなづま まい ふれんど」

提督「ぎゃはははは!」

摩耶「蕎麦作ろうよ、ねえね」

加賀「そろそろそんな時間かしら」←ハゲヅラ装備

提督・鈴谷・天龍「ぎゃははっはは!」

電「こっちのほうがある意味怖いのです」



266: 以下、2014年まであと676秒。。。 2013/12/31(火) 23:48:44.77 ID:M0SitYoUo


☆年越し☆


天龍「ちょっと酒飲んだら眠くなってきたなぁ」

電「電は年越しの瞬間寝過ごしそうなので頑張って起きてるのです」

愛宕「はいはい、電はお姉ちゃんに抱っこされて寝ましょうねー」

電「はわわ。ま、まだ寝ないのです~~」

提督「俺もあのふわふわのおっぱいに頭うずめて寝たいです」

加賀「どうぞ」

提督「」

加賀「 ど う ぞ !!!!!!」



269: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 00:08:03.38 ID:cMyKG269o


☆あけました☆


摩耶「いいってアタシは」

鈴谷「ほら一緒に飛ぼうよ!」

摩耶「年越しの瞬間地球に立っていなかったって言いたいのか?」

鈴谷「わかってるんならほら早く! いくよ……3,2,1」

摩耶「よっと」ピョンッ

鈴谷「なぁに年越しごときではしゃいじゃってんだか……はっずかしぃー!」

摩耶「……お前なぁ」ゴゴゴゴゴゴゴゴ



271: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 00:12:12.08 ID:cMyKG269o


☆今年もよろしくお願いします☆


電「年越しの瞬間は愛宕お姉ちゃんに抱っこされてたのです」

愛宕「電のほっぺぷにぷに~~」

電「えへへ、くすぐったいのです~」

提督「ぶはぁー! 窒息するわ!」

加賀「本望では?」

提督「おっぱい柔らかかったぁ~(そんなわけないだろ!まだ死にたくないよ!)」

加賀「提督、逆です。本音出ちゃってます」



273: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 00:20:21.67 ID:cMyKG269o


☆☆


金剛「あけましておめでとうごジャイマス」

呉「はい、あけましておめでとうございます。今年もよろしく頼むわよ」

金剛「任せるネ! 今年こそは提督のハートを鷲掴みにしてあげるネ」

呉「……先が思いやられる」

扶桑「ハッ、年越しの瞬間寝過ごした



274: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 00:21:16.20 ID:cMyKG269o

やべミスった



275: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 00:24:10.79 ID:cMyKG269o


☆もういいや☆


山城「今何か記憶が飛んだような」

扶桑「きっと何か不幸なことが起きたのよ」

龍驤「寝過ごしたこと意外に?」

呉「あんた達といると幸先悪いわねぇホント」


那珂「気合! 入れて! ニューイヤーライブ! 行っくよー!」

呉「近所迷惑だからやめなさいってば」



279: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 07:43:02.17 ID:cMyKG269o


☆あけおめことよろ☆


加賀「新年あけましておめでとうございます」

提督「今年もよろしくお願いします」

電「あけましておめでとうございます!」

提督「加賀はもちろんだが、電も振り袖がよく似あってるよ」

電「はわわっ。そう言われると恥ずかしいのです」

提督「よし、初詣行くぞー!」







280: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 07:46:17.66 ID:cMyKG269o


☆着物万歳☆


呉「さすがに振り袖は動きづらいわね」

扶桑「そうね、でもとっても綺麗よ?」

金剛「私いつもとあんまり変わらないデス」

龍驤「着物はええわぁ。体型気にせんでええから」

那珂「はやくー!初詣行こうよー!」

山城「やはり姉様の着物姿は世界一です!!」



281: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 07:59:32.18 ID:cMyKG269o


☆お正月飾り☆


提督「あの神社なら初日の出も見えるし」

愛宕「綺麗な場所よね。摩耶も振り袖やってもらえばよかったのに」

加賀「遠慮しなくても」

摩耶「いや単純に動きづらいからいいよアタシは」

電「鈴谷お姉ちゃんがいないのです」

提督「そういえばいないな」

天龍「あいつなら新年早々吊るされてたぞ」







287: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 10:26:09.46 ID:cMyKG269o


☆初詣☆


提督「いやー、初日の出も見れたし、気持ちのいい元日を迎えることができたな」

愛宕「そうねえ、問題は……」

天龍「ああ、この人だかりの初詣だよなぁ」

提督「コミケ終わりにまたコミケかよってくらい人いんな」

電「はわわわ、大人ばかりで前が見えないのです」

加賀「電、私の手を離してはだめよ」

提督「もう親子にしか見えないな。君ら二人は」



288: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 10:37:09.12 ID:cMyKG269o


☆ねがい☆


提督(今年も平和でありますように)

加賀(今年もみんなが無事でありますように)

電(もっと強くなれますように)

天龍(今年こそは平和に過ごしたい)

愛宕(みんなが幸せになれますように)

摩耶(今年も楽しく過ごせたらそれでいい)

鈴谷(みんなと美味しいカレーが毎週食べられますように)



290: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 12:18:46.62 ID:cMyKG269o


☆境内の人だかり☆


扶桑「あ、鼻緒が切れた」

扶桑「人混みで……ちょっと休憩したい」

呉「そう、じゃあ置いて行くわね。山城、あとは頼んだわよ」

山城「任せて下さい!!」

那珂「え、もしかしてこの人達全員、那珂ちゃんがここに初詣に来るって予測したの!?」

龍驤「それは思い上がりにもほどがあるわ」



291: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 13:21:36.72 ID:cMyKG269o


☆あけおめメール☆


提督「そういえばあけおめメールはTwitterとかで済ませちゃったなぁ」

提督「メールとか来てるのだろうか」

提督「お、1件来てんじゃん。どれどれ」



GR●E [GR●E]友達からゲームに招待されました



提督「……………………」



297: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 16:01:45.44 ID:cMyKG269o


☆お餅が美味い☆



電「お雑煮美味しいのです」

愛宕「おせち料理美味しい~」

鈴谷「カレー美味しい~」

提督「餅がうまうま……ウッ!」

摩耶「喉に詰まらせたか?」

提督「うっ……う……美味い!」テーレッテレー

加賀「……。まだあるのでゆっくり食べてください」





299: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 18:00:36.76 ID:cMyKG269o


☆年賀状だけはいっぱい来てしまった☆


提督「……やべえ」

加賀「だから言ったじゃないですか。
    もっと心当たりある人はいないんですかって」

提督「いやほら、俺お友達いないから来ても2,3枚かと思ってたんだよ」

天龍「うっわ、どっさり来てんな……こりゃ上層部のおっさんもいい所じゃねえか」

加賀「上だけならまだしも下からもこんな山盛りに来てますよ。
    提督はご自分の立場をもっと理解してください」

提督「ふぇぇ」



308: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 21:37:17.56 ID:cMyKG269o


☆憂いの女神☆


山城「姉様が存分に初詣を楽しめなかったと嘆いてるの」

龍驤「まあそらしゃーないわな」

山城「なんでよ!!なんでこの世はこんなにも理不尽なの!?」

龍驤「知らんって! でも考えてもみいや。病弱でいっつも儚げで
    あの憂いの姿が扶桑の美しさの秘訣やと思わんか?」

龍驤「それが見てみ。那珂みたいに鬱陶しかったらどないすんねん」

山城「……それだったらもう姉様はトップアイドルね」

那珂「ねえちょっとー!さっきから聞こえてるんですけどー」



314: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 23:10:32.17 ID:cMyKG269o


☆初夢☆


天龍「枕の下に見たい夢の写真とか入れると見れるらしいぜ」

電「じゃあルンバが見つかる夢を見たい時は」

天龍「ルンバの広告チラシとか入れたらいいんじゃねえか?」

愛宕「やだ何それ。みんなはどんなのが見てみたい?」

鈴谷「やっぱカ  天龍「うーん、俺は改二になってすっげえ強くなってる夢かなぁ」

鈴谷「ねえ聞いてよ!」



315: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 23:15:59.09 ID:cMyKG269o


☆夢テロ☆


鈴谷「ねえ摩耶~寝てるの? 摩耶~聞いてよみんながね~」

鈴谷「きれいな寝顔の摩耶~。耳元で愛をささやくぞ摩耶~」

鈴谷「摩耶~摩耶~」



――摩耶の夢


鈴谷「ねえ摩耶遊ぼうよ!」鈴谷「摩耶待ってよ!」鈴谷「摩耶構って構って!」

鈴谷「暇だよ摩耶」鈴谷「ねえ摩耶?」鈴谷「摩耶ーー!」鈴谷「摩耶ペロペロ」

鈴谷「摩耶可愛いよ摩耶」鈴谷「カーニバルだよっ♪」鈴谷「げへへ、脚触らせろーい!」


摩耶「うわああああああああ!」



317: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/01(水) 23:21:46.84 ID:cMyKG269o


☆早くおっきくなりたいな☆


金剛「もちろんデス! 一緒に寝るネ!」

龍驤「うんありがとうな。おやすみ~」ムギュウ

金剛「RJが甘えてくるなんて珍しいデス」

龍驤「たまにあってもええやろ」モミモミ

金剛「RJ? 触ってもいいけどサー、時間と場所も弁えてるからいいけどサー」

金剛「私眠れなくなっちゃうデス」


龍驤(これでおっぱい触りながら顔うずめながら寝て初夢に出して効果を……!)



319: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 12:36:10.02 ID:KrB3oIUmo


☆寝起きドッキリ☆


提督「おはようございま~す……。
    今日は摩耶ちゃんに寝起きドッキリを仕掛けたいと想います」」

鈴谷「用意するものはこちら。ペットボトルのお茶」

提督「このお茶を摩耶の股間に……じんわりじんわり」

摩耶「うーん……」

鈴谷「これできっと摩耶はおもらしをした夢を見ることでしょう」





320: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 12:43:18.23 ID:KrB3oIUmo


☆洪水☆


提督「初夢がおもらしをする夢だなんて……可哀想に」

鈴谷「それじゃあ起きる前に一旦部屋から出て、外から摩耶を起こしてあげよう」

…………
……


鈴谷「摩耶ー! 摩耶ー? 起きてるー? 起きてー!」

摩耶「……んにゅう。ハッ!? う、うん。ちょっと待って」

鈴谷「摩耶? 入ってもいい?」

摩耶「だめ!! 待って!! だめ!!」

提督「ぷぷっ……」


愛宕「二人共~。あんまり私の可愛い妹をいじめないでくれるかしら?」



321: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 12:48:56.37 ID:KrB3oIUmo


☆ぺったんお餅つき☆


※愛宕に全部バラされたので罰を受けることになりました。


摩耶「餅つきをしよう。お前らこねる方な」

提督「摩耶さん、お餅はどこでございましょう」

鈴谷「もちが見えないでございましょう」

摩耶「早くこねろ」

提督「うっす」

鈴谷「臼だけに?」

摩耶「つまんねえこと言ってんじゃねえよ。そら、ぺったんこ!」ドガッ

提督「ぎゃああああああああ」



322: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 13:44:51.10 ID:KrB3oIUmo


☆駅伝☆


金剛「OH!ゴールしたネ!」

呉「何? 駅伝?」

那珂「そうだよ! この中にもきっと那珂ちゃんのファンがいて
    那珂ちゃんのために走ってる子とかいるんだろうなぁ」

龍驤「めでたい奴やなぁ」

扶桑「……うっ、目眩が」

山城「姉様、もしかして自分が走ってるところを想像したのでは!?」

龍驤「んなアホな」



330: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 16:46:03.70 ID:KrB3oIUmo


☆お正月休み☆


金剛「日本人は働き過ぎデース。お休みが1日しかないネ」

呉「そう? それが普通だったから何の違和感もないわね」

金剛「もっと心にゆとりを持つべきデス」

呉「その教育方法は失敗してるんだけどね」

扶桑「確かに日本人は働き過ぎだと思うわ」

呉「あんたが言うな」



331: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 16:50:49.99 ID:KrB3oIUmo


☆羽根つき☆


天龍「ただいまー」

提督「おう、遠征ご苦労~」

天龍「って、うおお!? 顔面真っ黒だぞ!?」

天龍「何塗ってんだそれ……。墨か?コナンの犯人みたいになってんな」


提督「加賀と罰ゲーム有りの羽根つきしたらこうなった」

天龍「塗る所なくなるまでボロクソに負けたのかよ」



333: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/02(木) 20:40:12.09 ID:KrB3oIUmo


☆やっぱ2部だよな☆


提督「やはりジョセフだよ! シーザーだよ!」

天龍「俺は3部かなぁ」

鈴谷「5部じゃないの?」

愛宕「4じゃないの?

加賀「1……」

提督「……珍しいね」



340: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 00:06:41.07 ID:3Fd+A7nDo


☆マリカ☆


加賀「……」レッチェゴーレッチェゴー

提督「あっ、お前今のキノコ使うタイミングわざとだろ!?」

愛宕「青甲羅行くわよ~」

加賀「むむむ」

提督「だからなんで俺のとこああああ! 巻き添えにすんなし!」

鈴谷「あ、コースアウトした!」

加賀「世界最強の配管工のヒゲはタダでは死にません」



343: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 00:26:45.81 ID:3Fd+A7nDo


☆合作☆


提督「電の書き初めか。『なのです』って……」

加賀「電らしくていいじゃないですか」

提督「まあそうだけど。あ、そうだ。ちょっと待ってて。俺も書き初めやる!」

加賀「……?」



提督「俺が書いたこの『じなんです。そう、お尻のあ』を隣に飾ってくれ」

加賀「破いていいですか?」



351: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 10:13:01.87 ID:3Fd+A7nDo


☆濃味☆


金剛「おせち料理って何か物足りないデース」

龍驤「まあ英国育ちやったら日本の和食は薄味かもしれんわなぁ」

呉「一つ一つに意味が込められているのよ」

金剛「ピザ=ぽっちゃりみたいなことデス!?」

龍驤「それはちゃうで!!!」

呉「なんでそんな強く否定するのよ」

龍驤「いや……なんとなく」



356: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 13:22:34.71 ID:3Fd+A7nDo


☆てめえの血は何色だ!☆


提督「あ! 任務遂行の報告書出すの忘れた! ガッデム!」

愛宕「ええ!?」

加賀「だからあれほど確認してくださいと」

電「ど、どんまいなのです」

天龍「俺がMVP取ったってのに何してんだ!」

鈴谷「ええー! なんか萎えたー! もう演習行きたくない~!」

摩耶「何考えてんだこの糞提督!」

提督「うるせぇお前ら陸奥になるビーム喰らえ!」

天龍「おう早く出してみろよ。ああん?」

摩耶「早くしろよオラ。てめえは何色のビームを出すんだ?」



357: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 13:39:17.05 ID:3Fd+A7nDo


☆姫☆


電「加賀お姉様、お疲れ様ですわ」

加賀「……? 何かあったの? 変なしゃべり方して」

電「はい! 司令官さんに女の子は年の始めはお上品にして過ごさなくてはいけない
   ”姫始め”というのがあるって教えてもらったのです」

加賀「そうね、でももう3日だからやらなくても大丈夫よ。
    今の一言でギリギリセーフだと思うわ。あとそのことは忘れなさい?」

電「そうなのですか?」

加賀「ところで提督はどこへ行ったかしら」



その後、大量の艦載機が提督を追いかけ回していた。





364: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 17:16:34.76 ID:3Fd+A7nDo


☆セクハラクエスチョン☆


愛宕「ねえねえ教えて~」

鈴谷「もうお仕事終わったの~?」

提督「見りゃ分かんだろ。終わってないよ」

愛宕「威張って言うことじゃないと思うけれど」

鈴谷「そうじゃないよ。夜のお仕事はもう済んだの?」

愛宕「姫始めがどうとか電に吹き込んでおいて自分はどうなのよー」

提督「……」

提督「……ッ」ダッ

鈴谷「あっ逃げた!」



367: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 17:32:59.50 ID:3Fd+A7nDo


☆クレイジーカレーガール☆


鈴谷「今日は……今日は……」

鈴谷「金曜日だぁぁぁ!! あっびゃぁぁ~~!」

摩耶「とうとうとち狂ったか」

鈴谷「今はカレーの季節だよーう!」

摩耶「そんな季節ねえよ!」



379: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 22:56:41.36 ID:3Fd+A7nDo


☆川柳バトル☆


山城「今日は趣向を変えて姉様への愛を川柳にして勝負よ!!」

天龍「お前はどこへ向かってるんだよ」

山城「先攻は私よ、異論は認めない。おほん。
    『美しい 愛する我が姉 世界一』これでどう!」

天龍「いや、これでどうって言われても。あーあーすげえよ。あんたの勝ちでいいよ」

山城「真面目にやりなさいよ! 歯茎の水分フェルトの布で拭き取るわよ!?」

天龍「うわっ、想像しただけで口の中がもしゃもしゃに!」



381: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 11:27:01.95 ID:lyrZyueMo


☆RJのお説教☆


龍驤「聞いとんのかい那珂ぁ」

那珂「きゅるん?」

龍驤「何をハムスターみたいな目ぇしてんねん!
    うちの話聞けって! だからあのタイミングで魚雷発射はおかしいって」

那珂「わたし魚雷とかそういうの分かんな~い。きゅるん?」

龍驤「だぁぁーー!その腹立つ顔芸やめろや!!」





384: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 11:56:19.90 ID:lyrZyueMo


☆お料理さしすせそ☆


愛宕「じゃあまずはお料理の基本の『さしすせそ』から」

加賀「さ? ……索敵」

愛宕「……。と、とりあえずじゃあ次」

加賀「し。し……。試製晴嵐」

加賀「す……彗星」

加賀「せ……制空権」

加賀「そ……装備換装」

愛宕「お料理のことは諦めて」



389: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 19:30:40.94 ID:lyrZyueMo


☆おんぶ☆


鈴谷「提督~疲れたー!おんぶ!だっこー!」

提督「アホか! 電だってそんなこと言わねえよ!」

鈴谷「隙ありぃ!」ガバッ

提督「どわぁ! 重い! 降り……ふぅむ」

鈴谷「あぁ!今スケベなこと考えたでしょ!?」

提督「うわー降りろよーやめろよー(棒)」



391: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 21:35:50.06 ID:lyrZyueMo


☆横着☆


扶桑「この鎮守府自体に駅とか内装されないかしら」

呉「どんだけ横着するつもりなのよ」

金剛「作られたら鎮守府内駅って名前ネ」

那珂「もしできたらなんて路線名にするー?」

龍驤「強そうなのがええなー」

金剛「強そうなの? じゃあスタン・ハン線がいいデス!」」

呉「強そうだけどそれはいや」



398: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 00:30:45.84 ID:IkzXMqxho


☆改☆


愛宕「改二……ねえ」

提督「なんだ。なりたいのか?」

愛宕「そりゃあ強くはなりたいわよ? 役立たずは御免だもの」

提督「ふぅむ……なったらどうなるんだろうなぁ」

愛宕「 ど う し て 胸ばっかり見てるのかしら~?」

提督「ほっぺたを引っ張ららいれくらはい」



400: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 01:07:10.88 ID:IkzXMqxho


☆これが普通です☆


提督「胃が痛いんだけど」

加賀「早くお休みになってください」ガタッ

提督「あ、でもまだ見たいアニメが」

加賀「だめです。悪化したらどうするんですか」

提督「いや寝ながらでも別に見るし」

加賀「だめです。今薬持ってくるので布団に入っててください」

提督「でも

加賀「でもじゃないです。眠りつくまで側にいますよから。
    今よりも苦しくなったらすぐに言ってください」

提督「それはやめてくれよ。気になって眠れなくなるよ」



406: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 11:36:15.35 ID:7abGYp53o


☆”重”巡☆


愛宕「……やばい」

加賀「真っ青ですが何かあったんですか?」

愛宕「……」

愛宕「誰にも言わない?」

加賀「はい」

愛宕「……増えちゃったの」



409: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 12:06:36.71 ID:7abGYp53o


☆見るのではなく感じている☆


扶桑「正月太り……私には縁のない言葉ね」

呉「そうなの? まあそれは羨ましいかもしれないわね」

扶桑「……だって痩せていくのだもの」

呉「なんで!?」

山城「スンスン……この空気ッ。姉様、もしかしてまた痩せました!?」

呉「なんで分かるの!?」



411: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 13:09:05.78 ID:7abGYp53o


☆ハチミツ☆


提督「海外産のハチミツには中毒物質が含まれているそうだな」

電「そうなのです!? ……ハチミツ怖いのです」

加賀「マッドハニー病っていうのにかかるらしいですよ」

提督「子供の頃その辺の花の蜜とか吸ったなぁ」

電「え゛!?」

提督「いや今はやらないよ!? 今はほら、なんか色々怖いじゃん?」



413: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 13:15:31.66 ID:7abGYp53o


☆幼少の頃の思い出☆


提督「子供ってのは何でも口に運ぶもんだよなぁ」

加賀「そういえば私に教えてくれたのは赤城さんで、その時笑いながら
    『蜜が美味しいんだよ』って花ごと食べながら教えてくれましたよ」

提督「そういえば食いしんぼうだったなぁ、あいつ」

加賀「赤城さんとままごと遊びを一緒にした時に私が作った
    泥団子を口に入れた時はびっくりして泣いてしまったのを思い出したました」

提督「そりゃびっくりして泣くわ。なんでままごとでリアルを追求しちゃったんだよ」

加賀「赤城さんも何で口に入れたのか分からずに
    砂の味でぺっぺっってしながら泣いてました」



433: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 16:56:41.86 ID:7abGYp53o


☆ください☆


電「こ、こんにちはっっ」

呉「あら、電じゃない。いらっしゃい」

電「あ、あの、あの、あのあの……」

呉「どうしたの? 今日はおつかい?」

電「お、お年玉ください……」

呉「あの馬鹿に言われてきたのね? そうでしょ?」



434: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 17:02:35.49 ID:7abGYp53o


☆ぞろぞろと☆


鈴谷「姉呉ー。あたしも欲しい~!」

天龍「姉呉、俺も~!」

愛宕「私も~」

摩耶「アタシにもくれよ」

提督「アタイにもくれごぼォアッ!!」ドゴォッ

呉「何揃いも揃って来てんだコラ」

提督「お、お恵みを~~。お恵みを~~~慈悲を~~」



435: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 18:42:45.64 ID:7abGYp53o


☆逆襲☆


呉「そんなこと言ってあんただってあげる側なの忘れてないでしょうね」

提督「無論ッ!さあ、このこども銀行のお金をやろう!」

那珂「うっわー! 那珂ちゃんいらなーい!」

山城「豚虫が触ったものなどいりません」

金剛「テートク! これはつまり私との間に子供作ってこれで遊ばせるって意味デス!?」

提督「HAHA! この人何言ってるのかワカリマセーン!」



437: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 18:50:41.38 ID:7abGYp53o


☆Crazy Rendezvous☆


山城「で、姉様と白昼堂々と逢引ですか。いい度胸ですね」

天龍「違うわッ! 別に扶桑に用なんかねえよ」

山城「じゃあ何ですか!? 日頃姉様はあなたに会いたいと願っているのにも関わらず
    チラッと姿を見せるだけで話しかけもしないで!!」

山城「姉様の欲求を満たさずに生殺しですか!? 人でなし!」

天龍「もうやだこの人」



438: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 19:01:09.43 ID:7abGYp53o


☆恋のバミューダトライアングル☆


扶桑「……山城? 随分天龍様と仲が良いのね。……あ、そっか」ズモモモモ

天龍「うわっ、あんなドス黒い瘴気って人から出るんだ」

山城「ち、違うの姉様ァ!」

扶桑「そう……私が気になっているって言っていたのに山城は天龍様を私から奪うんだ」

山城「違うんです姉様ァァァ!!誤解なんです!」


天龍(つまり今、ほんとうの所は、山城→扶桑→天龍
    だけど扶桑の中では、扶桑→天龍→←山城)

天龍(こいつら面倒くせえなぁ……)



439: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 19:11:27.16 ID:7abGYp53o


☆LOVE PHANTOM☆


扶桑「そう……山城、お幸せに」

山城「姉様ァァ!! 見捨てないでくださいぃぃいぃい」

扶桑「いらない何も捨ててしまおう~……
    君を探しさまようマイソ~……」

那珂「暗ッッ!! どうしたの!? 何その溢れ出てる瘴気!」

扶桑「那珂にはきっと言っても分からないわ。……そうね、松本に相談するわ」

那珂「嘘でしょ! 絶対知り合いじゃないでしょう!?」」

山城「ぐぬぬぬ……おのれ天龍ゥゥ~~」

天龍「お前だろ!! 今のは俺のせいじゃねえだろ!!」





442: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:10:21.68 ID:na8HD2y9o


☆食事制限☆


提督「愛宕、ちょっといいか?」

愛宕「何かしら?」

提督「調子悪いのか? なんかいつもより晩飯食べてなかった気がするから」

愛宕「うっ。よく見てるのね」

提督「当たり前だ!えっっへん」

愛宕「どうしてこう妙な所で気が利くのだか……。
    私は何も問題ないわよ。心配ありがとう」



443: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:16:32.93 ID:na8HD2y9o


☆心配☆


提督「そうか。まあ何があるかは知らんが、無理はするなよ」

愛宕「はーい。おやすみなさい、提督」

愛宕「……ふふ」

天龍「何ニヤけてんだ?」

愛宕「きゃあっ! 脅かさないでよもうっ! あら?今から哨戒?」

天龍「まあな。ってか廊下で提督見送りながらニヤニヤしてたら気になるだろ」

愛宕「なんでもないわよ~。ふふふ」



445: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 08:46:32.43 ID:na8HD2y9o


☆エプロン☆


加賀「……さて、と」

提督「何エプロンつけてんだよやめろよぉぉお!!」

加賀「ちょっ、こんな朝から脱がして何するつもりなんですか」

提督「自分の命を守ったんだよ」

加賀「提督が言うならば脱ぎますけど」

提督「エプロンだけでいいからな」



446: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 08:51:50.54 ID:na8HD2y9o


☆盛り☆


愛宕「なぁに朝から」

提督「違うんだよ。加賀がエプロンつけて何か始めようとするから」

加賀「そして提督が脱がそうとするんです」

愛宕「二人共朝からちょっと盛り過ぎじゃないかしら」

加賀「時間と場所を弁えなよー(棒)」

提督「お前だよ!」



451: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 16:15:49.10 ID:na8HD2y9o


☆共通ヲ見ツケヨ☆


提督「赤城にはあったものが加賀にはないな」

加賀「はあ。そうなんですか?」

提督「同様に。
    青葉はある。若葉はない。

    夕立はある。村雨はない。

    千歳はある。龍驤はない。
    
    雪風はある。島風はない。

    川内はある。那珂はない」


加賀「あるなしクイズですか?」



458: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 17:58:52.00 ID:aSklZquLo

普通に分からんななんだろ



471: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 20:09:23.78 ID:na8HD2y9o

久しぶりにこんな謎企画だったけども……
適当に難解なぞなぞで検索して出てきたページのをアレンジしたものでした。


艦これ全然関係ない答えで申し訳ない。

正解は『頭の漢字の音読みが全て”せ”から始まる読みができる』です。





473: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 22:40:50.50 ID:na8HD2y9o


☆つつつつつつ☆


鈴谷「うりうり~~電は可愛いなぁー」

電「はわわっっ」

鈴谷「どんなパンツ履いてるのー?ねえねえー!」

電「や、やめてくださいぃぃ~~」

提督「おっさんかお前は。電がぼのぼのみたいに汗だして困ってるだろうが」

鈴谷「いやー、これが可愛くてやめられんのですよ」



480: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 12:47:03.60 ID:uwKtOiHbo


☆侵入者☆


摩耶「う~ん、えへへ、ガンジー~」ギュゥ~

鈴谷「あぅ、そ、そんな強く抱かれたら、いやーんっ」

摩耶「ハッ!? ……何してんだアタシのベッドで」

鈴谷「おはよう摩耶。摩耶が勝手に私のこと間違えて抱きしめてきたんだよ?」

摩耶「……気持ち悪っ」

鈴谷「ひっどーい! ねえねえもう一回ナデナデしてよ~」

摩耶「……アタシそんなことまでしたのか? オェェ」



481: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 13:39:01.27 ID:uwKtOiHbo


☆冤罪☆


金剛「きゃー! テートクが私のお尻触ってきたデース!」

提督「手が当たっただけだろ」

愛宕「痴漢はみんなそう言うのよねー」

提督「痴漢扱い!?」

金剛「仕方ないデス。続きはベッド行ってからネ」

提督「何が仕方ないことがあるんだよ……」



483: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 14:02:24.79 ID:uwKtOiHbo


☆ベッド☆


金剛「だいたい触りたいならそう言えばいいネ」

金剛「テートクなら服の上からだろうが下からだろうが平気ネ」

金剛「でも時間と場所をわきまえないとダメデス」

金剛「だからこれから一緒にベッドに行って……
   っっっって、ついてきてないデーース!!!」

金剛「まあいいネ。ベッドで待ってるデ……

加賀「……」

金剛「テートクのベッドで何してるデース」



488: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 17:39:50.96 ID:uwKtOiHbo


☆同じ考え☆


加賀「……ふっ。あなたのような不逞の輩が提督の領地を犯さぬように警備を」

金剛「そっちに言われたくないデス」

加賀「あなたこそ破廉恥極まりないことばかり考えているのでしょう」

金剛「それっていけないことデス? 愛する人を思う。これ普通だと思うネ」

加賀「そう。そうね、だったら私はここに居座り続けるわ」

金剛「やっぱり不逞の輩だったデス」



489: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 17:47:58.02 ID:uwKtOiHbo


☆和平の協定☆


金剛「いいんデース?そうやってそこにいたらテートクがお仕事しないかもデス!
    さあ、そこを退いて私に明け渡すデス!」

加賀「愚かな。提督が仕事をすればここには帰ってこない。
    その間、私は提督と二人きりで執務中です」

金剛「ぐぬぬ」

加賀「……」

加賀・金剛「「今日の所はこれくらいにしてあげる」デース」

提督「早く二人共出てけよ」



493: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 21:42:56.59 ID:uwKtOiHbo


☆無限☆


提督「ラーメン食べたい」

愛宕「やめてよこんな時間に」

提督「いや俺だけ食べるし」

愛宕「目の前で食べるとかどんな拷問よ」

提督「じゃあ愛宕の分も出前頼むけど?」

愛宕「ダイエット中なのにどうしてそんなこと聞くの!?」

提督「じゃあ俺だけ食べるし」

愛宕「目の前で(以下ループ



494: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 21:47:19.68 ID:uwKtOiHbo


☆四十肩☆


扶桑「……どうしましょう」

扶桑「……うーん」

呉「書庫で何してんのよ」

扶桑「あら呉。ちょうど良かった、あそこの本取ってもらえないかしら」

呉「はあ? あんたの身長ならそこ取れるでしょうが」

扶桑「だって……ほら、見て。肩が上がらないの」グググググ

呉「年寄りかあんたは。病院行け」



496: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 00:05:30.29 ID:LPcHVNRlo


☆夜デビュー☆


電「ふふん、夜間哨戒デビューなのです!!」

提督「……心配だ」

加賀「心配ですね」

愛宕「大丈夫?」

摩耶「頑張れよー」

鈴谷「途中で寝るなよー」


電「全然信用されてないのです!?」ガーン



498: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 00:12:03.03 ID:LPcHVNRlo


☆だっこちゃん☆


天龍「そうじゃねえよ。みんな信用してるからこそ……まじで心配なんだよなぁ」

電「もう!電だって立派な軍人さんなのですよ?」

摩耶「可愛いから大丈夫だろ」

提督「いや可愛いからこそ危ないんだよなぁ」

愛宕「提督みたいなのがいるからでしょう?」

提督「フヒヒッ、まあね。こーんな可愛い子が歩いてたら抱っこして降ろして
    抱っこして降ろしてを繰り返しちゃうもんね~っっっって、コラ!そんなことしないわ!」

加賀「……」

提督「何両腕広げて待ってんだ。抱っこしねえからな」



502: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 00:18:55.06 ID:LPcHVNRlo


☆遊んでないでちゃんと電を見送れ☆


加賀「じゃあ私が提督をお姫様抱っこします」ヒョイッ

提督「なんで!? きゃあー!降ろしてー!」

鈴谷「おっ! 提督の尻ががら空きですぞ!加賀姉そのまま動かさないでね! 
    にっしっし。 カンチョー用意!」

提督「ちょっ待。やめっ」バタバタ

鈴谷「ってーーー!」ズブシャァッ

提督「ほぉぉひぃぃーーーー!!」


電「……」



505: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 00:44:48.94 ID:LPcHVNRlo


☆腹いせにバラした☆


電「……書庫の棚をずらすと出てくる壁に埋め込まれた金庫」

提督「なっ、何故その場所をッッ! っていうか降ろして」

加賀「なんですかそれ。愛宕?」

愛宕「あー……あそこは確か。
    『テンガ泊地のお泊り会~ガテン系ヴィーナスの舞~』ってエロゲームが」

加賀「……。言い訳はゆっくり聞かせてもらいますよ。
    日が昇りきるまで語り明かせない場合はしまっちゃいます」

提督「しまっちゃう加賀さんだ! 嫌だぁぁあ! 
    あっ連れて行かないでえぇ! 誰かー!ねえちょっと!?」



提督が連れて行かれる中、
電はみんなに笑顔で送られていった。



507: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 01:14:51.83 ID:LPcHVNRlo

お疲れ様です。
まさか食虫であんなに盛り上がるとは……。

まだまだ先ですので近くなったらまた言いますが、
2月の始めのほうに海外旅行に行くので更新できなくなります。

そんなこんなでここまであっという間に2スレ目の折り返しに来てしまいましたが、
そろそろ新しく何か投入したいと思ってます。


今後ともお付き合いいただける方はよろしくお願いします。










元スレ
SS速報VIP:【艦これ】提督「今日も平和だ」その2