1: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:24:34.67 ID:HMlIvuaIo


前スレ

提督「今日も平和だ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384122085/


【艦これ】提督「今日も平和だ」その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387953262/



注意事項
・艦これ4コマ漫画風SS
・キャラ崩壊
・オリジナルキャラ有り
・雑談可

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390605874




2: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:26:00.37 ID:HMlIvuaIo


登場人物

【横須賀鎮守府】

提督
深海棲艦との戦争を終戦にまで持ち込んだ実力者。
しかし、現在はとにかく仕事をしない、だめ提督。
エロ本、エロゲの数の方が仕事をこなす量よりも多い。
外面だけはいっちょ前なので外部や上層部からは全く怪しまれない。
しかし、本来の実力は……。


加賀
秘書艦、みんなの中でも安定した提督の嫁。
過去の経験から提督の傍にいることを誓う。
誇り高き一航戦を自称しクールに振舞っているが提督にだけデレまくる。
無論そのことは殆どの連中にバレている。
料理だけ壊滅的に不得意だが基本的に何でもできて提督の無茶ぶりにも一応応える。
一航戦だけあって戦闘力は高い。



みんなに愛されているゲームボーイも知らないゆとり駆逐艦。
非常に早とちりしやすく、勘違いもしやすい。
しかし、意外と計算高いところがありプラズマ化しつつある。
芸術的センスは皆無。
最近の趣味はルンバを追いかけること。
好きなお菓子はわたパチ、好きな飲物はバン●ーテンココア。



3: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:26:35.54 ID:HMlIvuaIo


【横須賀鎮守府その2】

愛宕
何故か提督のエロ本エロゲの隠し場所を全て知っている重巡。
本当は提督のことが好きだけどその真意は心の奥底に隠している。
雷など大きな音が苦手。
最近は電とお菓子を作るなど女子力の高さを誇るが
かなりの下ネタ好きなので勘違いされやすい。
摩耶の姉だが、本人は次女なので妹属性を押す。


天龍
意外と面倒見がよく、艦娘たちや提督の相談相手になることがある。
眼帯の下は何もないとの噂。
優しい性格だが、眼帯のために近所の子供のアダ名が極道でありすごく気にしている。
扶桑に気に入られたことがきっかけで山城に命を狙われる日々が続いている。
夜間哨戒の任務を請け負っている。耳(?)が感じやすい。




摩耶
愛宕の妹の可愛い物大好きな重巡。
怒らせるととにかく怖い。
よく提督と鈴谷におちょくられてはキレて二人を逆さ吊りにする。
自室はぬいぐるみだらけなので部屋にはあまりいれたがらない。
可愛いもの好きはバレてないと思っている。
ぬいぐるみには名前もついてるがネーミングセンスはない。
現在名前だけ出ているのがシェリー、ココア、ガンジー、どぶろく、モジャ美
フジヤマ(故)、ゴールドオシャンティー(故)、ロッゴー


鈴谷
お調子者でカレー好き。
イタズラもすごいするのでよく提督と一緒に摩耶を怒らせる。
たまに摩耶以外にイタズラして怒られることも。
夢はカレーの出る蛇口を手に入れること。
ゲームや漫画は好きなので提督のをたまに借りている。



4: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:27:08.61 ID:HMlIvuaIo


【呉鎮守府】



かなりキツい性格をした提督が嫌いな女将校。
士官学校では提督と同期でライバル関係であり、首席で卒業。
その時の恨みを今でも抱えている。
本人も無茶苦茶に強くその気になれば砲塔も素手で折ることができる。
学生時代のアダ名は呉リラ、歩く災害、ミリオン地雷原。
歓迎の訓練メニューが死ぬほどキツく金剛が4,5回吐くほど。
トレーニングでは那珂も同様に吐いている。



金剛
提督が好きな戦艦。加賀と同じで料理が壊滅的。
ストーカー気質な所があり、提督からは鬱陶しく思われている所がある。
呉の秘書艦だけあってリーダーであることはしっかり頭に入っているのが、
たまにそれっぽいことをするとみんなから別人なんじゃないかと疑われることがある。
実は本人の戦闘力は加賀とほぼ互角ぐらいはある。
改二になることができる。



扶桑
体力が全くといっていいほどない不幸戦艦の姉。
「結婚したい」が口癖になりつつある何かが残念でモテない残念女子。
助けられたことがきっかけで天龍のことを気にいる。
向こうが女子だとしても別に構わないらしい。
山城が天龍のことを好きで盗られると勘違いしている。
移動手段は山城が押すベビーカー。
綺麗な黒髪は椿のかほり(by山城)



5: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:27:49.27 ID:HMlIvuaIo


【呉鎮守府その2】

山城
扶桑にベッタリな重度のヤンデレ妹。
扶桑に近づこうとする奴を片っ端から排除していこうとする。
趣味が半田付け。
扶桑のお気に入りの天龍を狙うがいつも倒せない。
一度間違えて加賀に向かっていってボロクソにされた経験があり実は加賀のことが怖い。
同様に呉にもボロクソにされたことがある。
だいたい黒い瘴気を纏っている。


龍驤
不憫な扱いが目立つが意外としっかりもの。
横須賀の連中にはどうあがいてもピザ屋といじられまくる軽空母。
飛行甲板がどう見ても遊戯王のデュエルデュスク(使いやすいらしい)。
持ってる漫画は渋い。
ツッコミ体質なこともあって割りと苦労している。
どこがとは言わないが生えてない。



那珂
艦隊のアイドル(自称)
提督の下で建造されたが追い出され呉の所に厄介になってる。
かなりのお調子者でとにかくやかましい奴なので色んな奴から疎まれるが
別に悪い奴ではないのでみんなどこか憎めないでいる。
とうとう改二に変身することができるようになったが、
変身の仕方が分からないために未だになれずにいる。
怖いもの知らずのせいかよく呉に口答えしては怒られている。
CDデビューも決まり、地方のマニアックな人が知ってる地下アイドルレベル。




6: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:28:18.64 ID:HMlIvuaIo


【舞鶴鎮守府】

舞鶴
提督と呉の先輩。規格外の能力を持つ。
しかし野心はないために提督達よりは階級は低い。
のんびりした性格だが、この人も無茶苦茶強い。
自由奔放なところがあり周りを振り回すこともある。


初雪
比叡から舞鶴の元に引き取られた駆逐艦。
引きこもりがちの引っ込み思案だが、真面目な性格。
舞鶴のことは姉や母のように慕う。
隼鷹に関しては困った仲間だという印象。


隼鷹
元ホームレスで舞鶴が拾ってきた。
酒飲みでだいたい酒を手にしている。
やる時はやるが口癖なのだが、
実際にやっていることは確認することはできない。
ホームレスの前はお嬢様だったらしい。
言葉の重みが違う。



7: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 08:28:49.74 ID:HMlIvuaIo


【その他】


赤城
かつて加賀と提督と部隊を組んでいたパートナー。
食いしん坊だが、加賀と同じくらいの戦闘能力を持っていた。
多くの兵士のために犠牲になったために今はその姿は見られない。


戦艦棲姫
深海棲艦のトップ。
小さな子供の頃、海で提督と遊んだことがある。
姫のおかげで終戦になり平和が訪れた。
現在は不可侵の条約の元、海の向こうで暮らしている。


比叡
上層部のエリート戦艦。
忠犬のような性格だが、姉思いが行き過ぎたただのシスコン。
何かある度に「ヒェェー!」とひっくり返る。
そのオーバーリアクションが非常にうるさい。
下世話なことも平気で聞いてくるド変態。
改二になると闇遊戯みたいな喋り方になるらしい。



13: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:31:10.67 ID:YW8bic1Lo


番外編
☆加賀とラーメン☆


またしても私と提督の話……というわけではない。
むしろ私と提督の話に見せかけた別の人達のがメインの話。


そして、いつものように提督が適当な人間であることが分かる話。
提督曰くこの話は私の意外な一面が分かる話だそうで。


愛宕「そういえば二人は私が来る前は二人で何してたの?」

加賀「私と提督ですか?」





14: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:32:02.18 ID:YW8bic1Lo


天龍「あー、それ俺も気になってた。
   まさか永遠と二人でイチャイチャしてたとか」


加賀「それならばどんなに幸せだったことか」

加賀「あのお人好しのすることに振り回されてばかりでしたよ」



……こんな会話から思い出したのでこの話をしようと思う。




15: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:32:56.84 ID:YW8bic1Lo


私と提督が横須賀鎮守府に勤務が決まり、
まだ愛宕も天龍も鈴谷も摩耶も電もいなかった頃。


仕事をしようとしない提督の横で仕事をしている私。
まあこれは今も変わらないのだけど。


そこに一人の来訪者が来ました。
その人はこの鎮守府の近辺に住む人で、
鎮守府の正門を掃き掃除している時によく挨拶をしてくれるおじさんでした。




16: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:34:44.06 ID:YW8bic1Lo


提督「それで話とは……」


おじさんから聞いた話では、
何やらここ最近、近辺に勝手に商売をしている厄介な屋台があるとかで
それを辞めさせるのを手伝って欲しいとのことだった。


例によって外面だけは完璧な提督なので、
その近隣住宅からも信頼されている提督が言えば退くだろう、と
仕事を引き受けてしまうのだけど。



17: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:35:24.82 ID:YW8bic1Lo


提督「参ったなぁ~。うちは何でも屋じゃないんだけどなぁ」

加賀「引き受けてから言わないでください」

提督「ふぇぇ……。面倒くさい」

加賀「仕方がありませんね。とにかく一度行ってみませんか?」

提督「んだな。行ってみるか」


ということで私と提督はその厄介な屋台とやらに行くことに。




18: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:41:41.08 ID:YW8bic1Lo


夜。

鎮守府からは10分くらいの距離にある
商店街の中にそのお店はありました。


堂々と商店街の中に居を構えていたあたり
文句を言われても仕方ないだろうと納得する。


提督「……”北上ラーメン”」

加賀「ラーメン屋さんでしたか」

提督「ちわーっす」


物怖じしない提督はすぐにのれんをくぐる。
割烹着を着た女性が二人で経営しているらしかった。



19: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:44:32.08 ID:YW8bic1Lo


大井「いらっしゃいませ。ご注文がお決まりでしたらどうぞ?」

提督「えっ? えっと、じゃあこの北上ラーメンで」

加賀「私も同じのを」


大井「北上さん、北上さん2つ」

北上「あいよー」



20: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:45:14.81 ID:YW8bic1Lo


提督「……狭いな」

加賀「提督、謹んでください。屋台なんだから当然です」

提督「まあとりあえず食べてみないと分かんないよね」

加賀「そうですね」


しばらくして。

北上「あいよー。北上ラーメン二つー」




21: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:45:42.48 ID:YW8bic1Lo


ゴトン、と陶器の器に並々入ったラーメンが出てくる。
見た感じ、特別な具はない。

細麺にメンマ、海苔、なると。


提督・加賀「いただきます」


割り箸を割って食べだす二人。
黙々と食べ進め、完食。



22: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:46:09.36 ID:YW8bic1Lo


提督「ふぅー、食った~」

加賀「どうでした?」

提督「……うん、普通。にてしてはこれで800円は高い」


屋台の中には私と提督の二人だけ。
ここからが本題。さっそく提督は店主である北上に話をすることに。


提督「あの、この店っていつからやってます?」

北上「んー? 半年くらい?」

提督「二人で?」

北上「そう。大井っちと二人でね」



23: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:47:32.46 ID:YW8bic1Lo


提督「そうか、私は横須賀鎮守府に勤務する第一艦隊の提督なんだが」

大井「軍人が何の用事なの」

提督「え? ああいや、君達にっていうよりかは君達の店に」

大井「帰ってよ」

加賀「あの話だけでも聞かせて」

大井「帰ってよ!!!!」

大井「そうやって私からまた北上さんを奪っていこうとするのね!?」

大井「これだから軍人はこれだから軍人は……!」




24: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:49:16.93 ID:YW8bic1Lo


しかし全く動じない提督。
それもそのはず、彼は学生時代、
もっとヒステリックな女性に付き纏われていたのですから。


提督「……この場所で勝手に商売をやられては困るって」

大井「うるさい!! 帰りなさいよ!!」

提督「近隣の人からも迷惑がられているんだって」

大井「あああああああああああ!!」

提督「熱ッッ! スープ!? こらお前食べ物を粗末にするんじゃ熱いっ!」

加賀「提督、ここは引きましょう」


提督と屋台から走って逃げ出す。



25: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:50:59.81 ID:YW8bic1Lo


提督「全く、とんでもねえ店だな。二度と来るかよ」

提督「……とかってみんな思うから来ないのかね?」

加賀「さあ。お客さんみんなにあんな風にはならないと思いますけど、
    少なくとも第一印象は普通でしたし」


日を改めて……。



26: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:51:35.72 ID:YW8bic1Lo


提督「ちわーっす」

北上「らっしゃー、ああ、提督か」

加賀「こんにちは」

北上「この前はごめんねー」

加賀「ストレス解消になるのでしたらいくらでも殴ってどうぞ」

提督「そうだね、頑丈な方だし、興奮しちゃうしってコラ!」

北上「あはは、二人は仲良しさんだねー。
   で、今日も立退きの件でお話?」



27: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:52:08.45 ID:YW8bic1Lo


提督「まあな。商店街からお手上げが出てるんでさ」

北上「そっかー、でももうちょっとだけ待って欲しいんだ」

提督「なぜ?」

北上「追い出されるとかじゃなくて、
   きちんと自分達でお世話になった人達にお礼がしたいんだよ」

北上「うちらのラーメンって正直そんなに美味しくないでしょ?」

提督「まあね」



28: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:52:43.55 ID:YW8bic1Lo


北上「うわー、傷つくな~。だから今一生懸命美味しく作れるように頑張ってるの」

提督「それで最後に色んな人に出してやろうってか」

北上「そうそう。迷惑かけちゃったのは本当だし」

北上「それに……私と大井っちの居場所を取らないで欲しいんだ」

提督「……」


大井「なんであんた達がまたここに来てんのよ」

提督「げっ!」

大井「……出禁よ出禁!! 帰れ帰れ帰れ!!!」


こうして話は途中にしてまたしても撤退。




29: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:55:22.73 ID:YW8bic1Lo


またしても後日。
今度は大井だけがいる日にやってきた私と提督。


提督「……どうする。強行作戦で行こう」

加賀「了解」

提督「オラァー! 動くなぁ!手あげろ!」

加賀「それでは強盗みたいですよ。ここは素早く無効化するんです」


あっという間に大井を押さえつける私。
大井は抵抗もできずに提督を睨みつけるだけだった。




30: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:57:21.16 ID:YW8bic1Lo


提督「まあ落ち着いて話を聞いてくれ」

大井「これで落ち着いていろって?」

提督「君達はなんでここで屋台をやってるんだい?」


大井が話した内容はこうだった。


元軍人同士の二人はバディだったために非常にコンビネーションもよく
最高のコンビとしてもそれなりに有名ではあった。




31: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 20:58:27.36 ID:YW8bic1Lo


しかし、平和が訪れてしまったためにその活躍は
結局戦場の実戦であまり披露することもできず。

すごいすごいと口だけで言われても成果が出ていないので解散することに。

私のような戦場に出ることが出来た艦娘は軍属で残れることもあるが、
成果をあげてない場合首を切られることもあるようで。
数多の艦娘達の中でも最も不幸なコンビだと思われる。


(不幸戦艦姉妹がどうやって生き残ったのかは不明。
 おそらくだが呉さんが個人で拾ってきた可能性がある)


ちなみに、横須賀鎮守府にいる者は
上層部が首を切ったあとに入ってきているので
比較的新しい人達が多い。




33: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:02:53.31 ID:YW8bic1Lo


そんな訳で自らの職を失った二人は路頭に迷い、
軍属中に北上がこぼしたという、


北上「あたしラーメンって好きなんだよねえ~」


という他愛無い雑談を記憶していた大井が屋台を購入し、
二人で切り盛りしていこうと持ちかけ……今に至る。

しかしながらこの横須賀の近辺ではこのような無断の路上販売は
許可していないために住民から非難の声が出ている。




34: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:03:22.68 ID:YW8bic1Lo


提督「なるほど。で、北上は北上で迷惑をかけたから最後に美味いのを
   みんなに食わせてやりたいと……そういうことか」

大井「そうよ……悪い!?」

提督「誰もそんなこと言ってないよ」

提督「仕方がない。俺たちでその美味いラーメン作るの
   手伝ってさっさと立ち退いてもらうしかないようだな」

加賀「あの、提督。お言葉ですが、我々には我々の執務がありまして」

提督「もちろんそいつをやったあとでだ」



35: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:04:11.00 ID:YW8bic1Lo


……。提督が仕事をするのであればいいのだけど。
そうして私達は毎日の執務のあと、北上と大井の屋台に合流して
試作を開始するのだった。


大井「まずは私の作ってみた奴なんだけど」

提督「豚骨?」

大井「ううん、ホワイトクリームソース」

提督「なんで!?」

加賀「ごちそうさまでした」

提督「食べきったの!?」




36: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:05:11.74 ID:YW8bic1Lo


加賀「出されたものくらい残さずに食べるのが流儀です」

提督「そ、そう。じゃあ次は加賀のね……。なんで黒いんだよ」

北上「醤油ラーメン……?」

大井「いただきます……ズルル、ブバビュゥ゛ーーッ!! ゲホッゲホッ!!」

提督「きったねえな。ちゃんと食えよ。出されたものは残さず食べるのが流儀だろ」




37: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:07:56.90 ID:YW8bic1Lo


提督「ったく……ズルル、ブバホッ!! ゲホッゲホッ!!」

提督「ぶぇええ!! ぶぇぇええーー!」


この時、提督は(本人曰く)イャンクックのモノマネを突然するのでしたが、
あまりおもしろくありませんでした。
あとでこの時の感想を聞いたら


「お前にもこんなことがあるんだな。初めて知ったよ。
 ところであれ、何いれたんだよ」

と喜んでくれていました。



42: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:13:35.63 ID:YW8bic1Lo


提督「えっと、加賀は試食係でいいよ。いっぱい食べたいでしょ?」

加賀「そんなにはしたない女ではありません。
   ですが、ご厚意に甘えさせていただきます」

結局、北上の作ったラーメンが一番ましだったので、
これを改良していくことに。



43: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:15:00.37 ID:YW8bic1Lo


しかし、来る翌日。
提督は何やら町民に呼び出しを受けていたので私一人で屋台に合流することに。
本当は私も提督に付き添う予定でしたが提督が先に行ってくれと言うので仕方なく。

たぶん提督は仕事の以来がいつまでも遂行されないことに苛立つ町民に
呼び出されてお叱りを受けているに違いないのですが。


しかし事件はすでに起きていたのだった。
普段屋台のある場所に屋台はなかった。


正しく言えば屋台の形をしていたであろうバラバラになった木材があった。





44: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:19:27.07 ID:YW8bic1Lo


その目の前で跪き泣きわめく大井と
それを抱きしめる北上がいた。

そしてそれを取り囲むように町民達がいて、
バラバラになった木材に火を放っていたところだった。



加賀「止めなさい」

加賀「これ以上の騒動は横須賀鎮守府第一艦隊隊長、一航戦の加賀が許しません」


堪らず止めに出た私だったが、
もちろん知らない人も中にはいる訳で
私にすら突っかかってくるのだった。



45: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:21:18.59 ID:YW8bic1Lo



「誰だお前!」
「おいやめろ……こ、こいつ終戦にまで持ち込んだって噂の」
「チッ、この辺にしてやるか。行こうぜ」


大井と町民の間に割って入った私を見て町民達はようやく解散しバラけていく。
私は北上から事の経緯を聞くのだった。


私が到着する以前。
いつもの場所で用意をしていた大井と北上の所へ
町民がやってきて文句を言ってきた。



46: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:22:08.67 ID:YW8bic1Lo


大井「うるさいわね!! さっさとあっち行きなさいよ!
   これから忙しくなるんだから!!」

北上「大井っちだめだよ。そんな乱暴に言ったら」


「いつもいつもお前らには迷惑してるんだよ!」
「そんな凶暴な奴がこんなところに要られたら困るんだよ!」
「お前らが出て行かないって言うんだったらこっちにだって考えがあるんだ!」


何十人もの人間に暴言を吐き捨てた大井は
その数も分からず、とにかく疎まれていることに違いはなかった。



47: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:24:20.98 ID:YW8bic1Lo


とうとう口だけの喧嘩だったが、大井が先に手を出すのだった。
温厚な中年男性が話し合いに近寄ってきたのを突き飛ばしたのだった。


尻もちをつく男性に対しそれでも罵声を浴びせる大井に対し
他の町民がとうとう大井の胸ぐらを掴もうとした。

その時、大井はあっという間にその人をひっくり返し地面に叩きつけた。

そこから乱闘にまで発展し、過激な集団により
屋台は破壊されてしまった。



48: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:25:37.45 ID:YW8bic1Lo


加賀「……なるほど」

大井「あんた……終戦にまで持ち込んだって?」

加賀「……職を、居場所を失ったことで私達を恨みますか」

大井「……」

大井「……まさか。戦争なんてするもんじゃないよ。終わってよかった」

大井「それにあのまま戦い続けてたら
   北上さんも私も無事じゃなかったかもしれない」

加賀「もしよろしければ」

加賀「……もしよろしければ、私の所へ来ませんか?」



49: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:26:25.49 ID:YW8bic1Lo


試作の時から奇妙な友情を感じている私達だったが、
何の考えもなしに誘ってしまった。


北上「ありがとう。でもごめんね」

北上「もし戦争がまた起きたとしても……。
   もう大井っちはあの場所には連れて行きたくないな」

大井「……北上さん」

加賀「そうですか。残念です」


それから沈黙が流れる。
しかしここにようやくあの男が現れるのだった。



50: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:28:25.23 ID:YW8bic1Lo


提督「いやー、遅れてごめ……えぇぇええ!?」

加賀「遅いです。何してたんですか」

提督「あー、こういうことだったのか」

加賀「……?」


提督がこの時、何をしていたのか。



51: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:29:37.66 ID:YW8bic1Lo


実はこの男、町民に呼び出されて何をしていたのかと言うと、
ラーメンとは全く関係のない町おこしの話を持ちかけられていたのだった。

しかし、その実態は私達をこの場所に
合流させないようにするための罠だった。


提督の勘ではあるけれど、この屋台の破壊は町の過激派達の計画的犯行。
しかし元をたどればルールを先に破っているのは大井と北上の方。
あまり強く反論できない。




52: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:31:22.76 ID:YW8bic1Lo


提督「いや町おこしに新しく作ろうってなったお菓子の”横須賀ばなな”の
   試作品が美味いのなんのって」

加賀「……それで足止めされてたんですか」

提督「あ、一個もらってきたんだけど食べる?」


私が提督の顔面をグーで殴った二回目のことでした。
横須賀ばななは美味しかったです。


しかし、実際のところ、これだけで遅れきたわけではなかった。




54: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:35:08.37 ID:YW8bic1Lo


提督「実はいい物件があってね」

提督「前は小さな食堂というか大手会社が経営していたチェーンだったんだけど、
   大手会社が丸々潰れて、店そのまんまの形で売り出されててさ」

提督「お前らそこで新しく店やればってー思ったんだけど」


壊されてパチパチと音を立てながら燃える屋台を一瞥する提督。


提督「どうやらすごいタイミングが良かったみたいだね」


なんとも偶然が偶然を呼ぶのであった。
大手会社は丸々潰れて社長一家は離散したとか噂を聞いた。



56: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:38:19.13 ID:YW8bic1Lo


結局、実のところ大井と北上は町の一角でお店を開いているそう。
ただ……売れ行きはあまりよろしくなく、かなり苦しい生活をしているそう。


私と提督はたまに行くのだけど、
その度に提督は毎回出禁だと怒られるほどケチをつけるのだった。


今回の後日談。
龍驤が企画してくれた空母同士の対談というか懇親会のようなものの席で。




57: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:39:08.97 ID:YW8bic1Lo


龍驤「なんや自分、舞鶴さんとこ拾われるまで大変だったらしいな?」

加賀「龍驤……あまりそういうことは」

隼鷹「ああ、いいよいいよー別に」

隼鷹「あたしもさー、昔は社長令嬢のお嬢様~なんて言われてちやほやされてさ」

隼鷹「執事までいたんだよ? お付の人っていうの?」

龍驤「ほんまかそれ~?」



59: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:43:49.50 ID:YW8bic1Lo


隼鷹「でもそれが全部無くなっちゃった時は大変だったなぁー」

隼鷹「家に帰ってきたら家がないんだもんねー」

加賀「……ちなみに、どういった会社を経営していたんですか?」

隼鷹「あれ? 知らない? 数年前に潰れた大手チェーン店だけど」


まあそんな偶然もある訳だったのでした。




61: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/25(土) 21:48:19.60 ID:YW8bic1Lo


というわけで番外編はおしまいです。
ありがとうございました。
明日からは通常通りの更新にしていきます。




67: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/26(日) 09:03:56.85 ID:7WUkhf0no


☆レッツ喫煙☆


摩耶「っっかー! ったく、やってらんねえよ……。っふぅー」

天龍「コラァァーー!」

摩耶「うおっ!? な、なんだよ……」

天龍「お前いつからタバコなんざ吸うようになったんだ!!」

摩耶「ああ? 別にいいだろ。そんなもん」

天龍「だめだ! お、お前、提督がどれだけタバコ嫌いか知らないのか……」

摩耶「はあ?」



68: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/26(日) 09:13:09.99 ID:7WUkhf0no


☆必殺仕置人☆


天龍「俺も昔、何の気なしに吸ったことがあるんだ」

天龍「それを提督に見つかった時、4時間近く説教された挙句……」

天龍「ケツをしばかれた」

摩耶「いやいや、提督ぐらいだったら逃げられるだろ」

天龍「あ? 何言ってんだ。しばかれたのは俺じゃなくて提督だぞ」

摩耶「なんでだよ」



69: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/26(日) 09:20:55.17 ID:7WUkhf0no


☆スパンキング☆


※その時の様子。

提督「――分かったか!」

天龍「……うん、ごめん」

提督「ふふん、さて。ではお仕置きタイムだな。尻を出すんだ。さあ!」

ガチャ

加賀「……」

提督「あ」

提督「違う!俺じゃない!俺のを叩いてもあぁッ!あひぃッ!」



74: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/26(日) 16:09:40.65 ID:0ZfyKDbTo


☆身体が痛い☆


提督「尻が痛い。頭痛い。腰が痛い。目が痛い」

加賀「昨日から何してたんですか」

提督「……同じ映画三回も見るとか今考えると馬鹿だよな」

提督「最速上映、舞台挨拶、舞台挨拶……」

加賀「何考えたらそうなるんですか」

提督「あとチケットがこんなにもたくさん」

加賀「呆れて何も言えません」



75: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/26(日) 16:13:07.96 ID:0ZfyKDbTo


☆モノノケ☆


山城「はあ……」

那珂「どうしたの!? 落ち込んでるね!?」

那珂「そうだ! 那珂ちゃんが元気の出る歌を歌ってあげる!」

龍驤「ほっといてやれや」

那珂「はりつめた~~~ゆみの~~~」

龍驤「毎回選曲おかしいやろ」



87: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 00:57:30.87 ID:D+Yqlypko


☆天井☆


提督「……なんだこの天井に突き刺さった甲板ニーソ」

加賀「どうみても鈴谷が突き刺さってますが」


<あ、提督ー! ちょっと引っ張って助けてよー!

提督「しょうがねえな……。っっおらよ!」

鈴谷「痛たたた……。いやー助かったよー!」

加賀「また斬新な遊びをしてるんですね。ですが、天井の修理費はどうするんですか」



88: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 01:00:56.60 ID:D+Yqlypko


☆丸見えでした☆



鈴谷「そんなの摩耶に言ってよ! 
    摩耶にイタズラしたらふっ飛ばされてあそこに刺さったんだから」

提督「うん、お前が悪いな」

鈴谷「なんでよ! んもうっ。っていうかさっき提督、あたしのパンツ見たでしょ」

提督「そりゃあんな風に天井に突き刺さってたらなぁ」

鈴谷「このスケベ」

提督「いや、お前が悪い」



91: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 01:28:06.27 ID:D+Yqlypko


☆呪われた艤装☆


山城「姉様のために遠征で拾ってきた新装備があるんです!使ってみてください!」

扶桑(呪)「ありがとう山城。さっそく装備してみるわ。ん……何か心苦しい」

龍驤「うわっ!えっ!? 扶桑あんた、ステータス異常起こしてるってか
    最早ひと目で分かるくらい呪われとるで!!」

扶桑(呪)「やだ本当だわ。まさかこの装備……取れない……。不幸だわ……」

山城「ごめんなさい!姉様ぁぁ! えーと、えーと、こ、こういう時は、デスペル!?」

龍驤「何となく惜しいけど、それちゃうで!! ってうあー! うちも出てけえへん!」



95: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 07:14:39.20 ID:WlSIi/Hno


☆変態だ☆


天龍「提督ーー!大変だーー!」

提督「なんだよ朝から騒々しい奴だなぁ」

天龍「いや大変なんだって!聞いてくれよ!」

提督「おう、どうしたよ。ついに初潮か?今日は赤飯だなぁ」

天龍「変態だーー! ってか違えよ!! んなもんとっくに、いやそうじゃなくって!」



98: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 07:21:20.86 ID:WlSIi/Hno


☆泥棒☆


天龍「みんな聞いてくれ。資材が泥棒の被害にあってるんだ!」

加賀「!?」ガタッ

提督「まじで? ねずみにでも食われたか?」

愛宕「いや普通の食料と一緒に考えちゃだめよ」

加賀「……ボーキサイトは無事ですか?」

天龍「それが……かなり持って行かれたみたいだ」

加賀「……全機、発艦! 見つけ次第、殲滅せよ」

提督「やべえ、目がマジだ」




101: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 07:28:50.22 ID:WlSIi/Hno


☆名案☆


加賀「……馬鹿な。……見つからない」

加賀「私の艦載機の索敵能力をもってしても……いえ、慢心はいけない」

加賀「……ここは作戦を立て直すべき」

提督「よし、こうなったら罠を仕掛けようぜ」

加賀「どのような。まさかまたバナナで釣る作戦ですか?」

提督「違う。”呉鎮守府の方がたくさんありますよ”という
    住所も地図も懇切丁寧に書いた張り紙を倉庫の前に貼っておくのさ」

加賀「名案ですね。さすが提督」

天龍「落ち着け。どう考えても迷案だろ」



103: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 07:43:22.24 ID:WlSIi/Hno


☆檻があったら入りたい☆


提督「馬鹿な。俺の渾身の力作、ボーキサイトに触れると檻の扉が閉まる
    古風なトラップがいとも簡単に破られた……だと」

加賀「何度索敵しても見つからない……」


愛宕「だからと言って地雷まいたり、赤外線センサーの爆弾つけたりはちょっと……」

金剛「テートクが困ってるようなので駆けつけたデース!」

摩耶「なんかまたややこしいのが来たな」

金剛「この檻なんデス? What!? 扉が! テートクーー! 助けてくださいネ!」

提督「何しに来たんだよお前。もういいよ。そのまま強制送還な」



106: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 15:16:04.53 ID:WlSIi/Hno


☆アホの宅急便☆


<お届けものでーす。

呉「……? 何かたのんだっけ?」

金剛「ただいまデース」

呉「……」

呉「あら、檻に入った新鮮な鋼材が手に入ったわ」

金剛「NO!!解体しちゃいやデース!!」



109: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 21:11:42.21 ID:WlSIi/Hno


☆最後の砦☆


提督「あれ? 加賀は?」

電「倉庫の中で待ち伏せしてるのです」

…………
……



加賀「私が最後の砦……。ここは絶対に守り切ってみせる」

「そんなに気をはらなくてもいいんじゃない?もぐもぐもぐもぐ」

加賀「あの包囲網を……どうやって!?」



111: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 21:15:54.38 ID:WlSIi/Hno


☆正体☆


加賀「……。赤城さん?」

赤城「加賀さん久しぶり~、やっと見つけましたよ」

加賀「天……誅ッッッ!!!」

赤城「きゃーー!」スカッ

加賀「当たらない? 一体何者なの」

赤城「さっき自分で答え出したのに……まだ自分の目を疑ってるの?」



112: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 21:20:20.32 ID:WlSIi/Hno


☆天誅☆


赤城「というかかつての親友に思いっきり軍刀振りぬくってどうなの?」

加賀「私のかつての親友は殉死しました……。
    そこにいるのは私の親友の形をした質の悪い資材泥棒……!!」

赤城「あんなに私のために泣いてたのに」

加賀「……まさか、亡霊か何かですか?」

赤城「正解!!」

加賀「天……誅ッッッ!」

赤城「なんで!?」



113: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 21:23:54.67 ID:WlSIi/Hno


☆亡霊☆


加賀「例え赤城さんの亡霊だとしても私のボーキサイトを盗み食いしたのは事実」

赤城「というか私死んだのにボーキサイトは食べれるんですよねー。もぐもぐもぐもぐ」

加賀「食べるのをやめてください。それは私のです」

赤城(故)「こうした方が分かりやすいですか?」

加賀「そういうことじゃなくてですね」



118: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 21:47:27.60 ID:WlSIi/Hno


☆新装備☆


加賀「なるほど……。亡霊ならば私の仕掛けたトラップが効かないのも納得がいきます」

赤城「でしょ?」

加賀「じゃあなんでボーキサイトは食べれるんですか」

赤城「生前の無念が影響してるのかも?」

加賀「どれだけ食べれば成仏するんですか」

赤城「久しぶりに会ったのに成仏を願うの?
    大丈夫、私幽霊だし、空も飛べるから加賀さんの新しい艦載機として」

加賀「そんなボーキサイト消費する子いりません」



120: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 22:31:45.76 ID:WlSIi/Hno


☆顔じゃなくて☆


加賀「失礼します。提督、ちょっとお話が」

提督「ん? どうし……んん!?」

加賀「私の顔に何かついていて?」

提督「いや何かついてって言うか……憑いてるよ」



122: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 22:57:58.08 ID:WlSIi/Hno


☆お塩先輩☆


提督「ぎゃああああ!」

愛宕「どうしたの!?」

加賀「愛宕……。これ見てください」

赤城「こんばんは~」

愛宕「きゃあああああ!」

提督「し、塩だ! 塩! 喰らえオラァ!」

赤城「塩食べていいんですか!? えへへ、しょっぱぎゃああああああ!!」



123: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/27(月) 23:04:56.67 ID:WlSIi/Hno


☆ゴースト☆


赤城「危ない危ない。吸われる所だった~」

加賀「塩は効くんですね」

赤城「うん、なんかこうあの世に私という存在が吸われていく感じだった」

提督「いや意味分からんし。ってかそういう訳でうっかり亡霊として出てきちゃったわけか」

赤城「はい、すいませんね。前スレの番外編で感動秘話として披露したのに」

提督「おい誰かこいつの口塞げよ」

赤城「私この世には存在してはならない者なのでそういう発言はしてもいいんですよ」

提督・加賀「いいわけないだろ」



137: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 07:05:07.64 ID:xhUf2r00o


☆インフィニット☆


提督「艦載機として敵に飛ばすって……ポゼッションみたいだな」

赤城「なるほど。それで敵に憑依して操ればいいんですね」

加賀「誰もバイオショックの話なんて分かりませんよ」

赤城「どちらかと言うとデビルバットゴーストみたいな」

加賀「いやあなたリアルゴーストですし」



139: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 07:23:27.43 ID:xhUf2r00o


☆赤城のせい☆


電「司令官さーーん!!」

提督「お? どうした?」

電「りゅ、ルンバを捕まえたのです!!」

提督「何ィ!?」

赤城「あ、私の家」

提督「何ィ!?」



143: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 12:28:21.93 ID:xhUf2r00o


☆からくり☆


初雪「……元気ないね。どうしたの?」

電「……ちょっと。はい、色々ありまして」

愛宕「あー、電ね、ルンバのからくりが分かってしまってすごいショック受けてるのよ」

初雪「え? あのルンバの? ……見たことはないけど」

愛宕「なんというかツチノコが蛇だったとか知った時の衝撃?」

初雪「……それですごい落ち込んでるんだ」



144: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 17:02:38.55 ID:eTuDmsdTo


☆時報待機☆


提督「あ」

提督「くっそー!」

加賀「……。どうしたんですか?」

提督「いや、時報を聞けるようにしておいたはずなんだけど
    うっかり別の画面にしていたみたいで流れなかった」

天龍「ど、どんまい」

提督「待機してた時間が長いほどこれやるとショックなんだよなぁ」



147: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 21:39:16.71 ID:Zx0hSEXMo


☆冗談に聞こえない☆


舞鶴「なーんか、よくない気配がすると思ったらそういうことだったんだね」

隼鷹「でも幽霊になってもそうやっていれるのは羨ましいな」

隼鷹「光熱費とか生活にかかる費用が全部浮いちゃうもんね」

隼鷹「なーんて、浮いてるのは身体だっつーのってか?」

舞鶴「欲しい服があるの? あるなら言ってごらん」

隼鷹「い、いや冗談だってば……いやだなーもう」




148: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 21:41:58.60 ID:Zx0hSEXMo


☆優しさ☆


隼鷹「っていうか誰もそんなこと言ってないよ」

舞鶴「お姉さんには分かるんだよ。お見通しだよ」

隼鷹「ま、まあ確かに町で見かけた服は可愛いとは思うけど……」

隼鷹「今着てるので十分だし勿体無いからいいよ」

初雪「……あの、なんていうかこれ私のお菓子だけど食べていいよ」

隼鷹「あ、あっれぇー? なんかみんなが優しいなぁー」



151: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 22:56:44.69 ID:Zx0hSEXMo


☆OhSEX☆


加賀「少し、でかけてきますね」

摩耶「おう、ついでにアイス買ってきてー」

鈴谷「あたしもー」

愛宕「二人してこんな時間にどこ行くのかしらー?」

金剛「oh、sex?」

提督「違うわ。コンビニ行くだけだっつうの。帰れっつうの」



154: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 23:49:01.67 ID:Zx0hSEXMo


☆今朝の実話☆


提督「そういえば今日さー」

天龍「あ?」

提督「夢精する寸前で起きたわ。まじ危なかったー」

天龍「はあ!?」

提督「加賀とだいしゅきホールドして超腰振ってましたわ」

天龍「はあ……そりゃ良かったな」

提督「でもさすがに途中からなんか分かったんだよね。違うって。
    振り切るかどうか迷ったけどぐっと堪えて起きたもんね」

天龍「はあ……そりゃ良かったな」



155: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/28(火) 23:59:17.74 ID:Zx0hSEXMo


☆ベビー扶桑☆


扶桑「……」

那珂「きゃー! おしゃぶり加えた扶桑さん可愛い~~!」

那珂「ほら、ねえ、このガラガラ振ってよ!」

扶桑「……疲れるから無理よ」

龍驤「お前ええ加減にしときや。なあ?山城もなんか言うてやって……」

山城「姉様のおしゃぶり……ゴクリ」

龍驤「あかーん!」



160: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/29(水) 06:55:22.34 ID:w2kIYVJqo


☆寝起きのテンション☆


龍驤「ほら、起きろや」

那珂「ん~? えっ!? 何々!?寝起きドッキリ!?」

那珂「もうちょっとやーだー! 那珂ちゃんすっぴんなのにー! きゃー!」

龍驤「……いやお前元からあんまり化粧ほとんどしてへんやろ」

那珂「ん? あぁ、なんだRJか」

龍驤「なんだとはなんやコラ」




162: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/29(水) 07:15:36.96 ID:w2kIYVJqo



☆変身☆


提督「なんかこう……ToLOVEるとかだったらさー」

加賀「はい」

提督「そろそろ俺がうっかり美少女になる頃だよな」

加賀「仰る意味が全く分かりません。急に何言い出すんですか」

提督「そんでオチは摩耶あたりに殴られぶっ飛ばされるんだろうな」

摩耶「……殴られたいってお前。分かってはいたが気持ち悪い奴だなぁ」

提督「うおっ!? いたのかよ!」



165: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/29(水) 14:56:44.91 ID:PDDefQqgo


☆お医者さんに相談☆


提督「二人はもしお互いになってしまったらまず何をするんだ?」

鈴谷「あたしが摩耶になったらまずは色んな所で目一杯可愛くカーニバルしちゃうな」

摩耶「アタシがお前になったらまずは精神科に行ってお医者さんに診てもらうな」

鈴谷「酷い!」

摩耶「お前も人のこと言えないだろうが」



166: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/29(水) 15:02:04.92 ID:PDDefQqgo


☆やることはただ1つ☆


提督「ちなみに俺はもし女体化したら」

鈴谷・摩耶「言わなくていいよ」

提督「なんでだよ! 聞けよ!」

鈴谷「うわっ! セクハラ!」

摩耶「加賀姉ー! 早く来てくれー!」



182: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 00:12:20.66 ID:TNMAhEKdo


☆必殺技☆


加賀「真面目に書類とにらめっこして何してるんですか」

提督「うーん、仕事の1つとして調べ物をね」

加賀「何を調べてるんですか?」

提督「いや、これを見て欲しいんだ」

加賀「……比叡のことが書かれてるものですね。それがどうかしたんですか?」

提督「この意味不明な項目を見ろよ。必殺技の項目なんてあったのかよ」

加賀「……しかもハリケーンミキサーって」



183: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 00:22:39.34 ID:TNMAhEKdo


☆人気投票☆


提督「えー、貴君、電は某所の軍人人気ランキングで第一位という
    成績を讃えて、ここに賞しますってな適当な賞状が上から送られてきたぞ」

電「はわわ……ありがとうございます」

那珂「ぐぬぬぬ……」

電「はわっ!? あ、あのごめんなさい。那珂ちゃんさんトップアイドルなのに」

那珂「ぐはっ!! この子、怖ろしい子!!」





185: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 01:26:47.38 ID:TNMAhEKdo


☆褒めて欲しいの☆


加賀「私も5位と健闘したと思います」

提督「そうだね」

加賀「私には何もないのですか」

提督「アイス買ったげる」

加賀「……」

加賀「そうじゃなくてですね」←危うく納得しかける



187: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 07:25:50.39 ID:TNMAhEKdo


☆圧倒的マッスル☆


金剛「うぇぇーーん! 呉のイヂワルー!」

呉「何言ってんの。当たり前じゃない。こんな途中からテートクテートク書いてある
   報告書受け取れる訳ないでしょうが。早く書きなおしてきなさい」

比叡「姉様を! いじめているのは! 誰ですか!?
    例え呉さんと言えども許しませんよ! ハリケーンミキサー!!」

呉「あんたが意味深に泣いてるから面倒なの来ちゃったじゃないの」ガッ


比叡「片手で止められた……だと!?」





189: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 07:35:45.17 ID:TNMAhEKdo


☆恥ずかしい☆


舞鶴「初雪ー、今度近所の学校で治安維持がどうたらって
    ありがたいお話を軍からしてくれって市からの依頼が来てるんで頼むよ」

初雪「え……私が? ……恥ずかしい」

舞鶴「そうそう。大丈夫、原稿なら書いてあげるからそれ読むだけでいいよ」

初雪「それなら私よりも舞鶴がやった方が……」

舞鶴「私よりも歳や見た目も近いあんたのがいいこともあるのよ」

初雪「……恥ずかしいからこの目出し帽被ったままやってもいい?」

舞鶴「それはちょっと承認できないなぁ~。どう見ても治安悪くする側に見えるし
    説得力皆無になっちゃうもんね」



191: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 08:07:40.16 ID:TNMAhEKdo


☆ご挨拶☆


赤城「あ、そうだ。私あの人に挨拶に行かなくちゃ」

提督「あの人?」

赤城「えっと、深海棲艦相手に無双してた女の人で」

加賀「ああ、呉さんですか」

提督「いや挨拶も何も死んでるんだし別にそのまんまでいいんじゃないか?」

赤城「え? そうですか?」

提督「わざわざ、『いやー、死んじゃいました』とか来られても
    『そ、そうですか。じゃあ成仏してください』としか言えないよ」



192: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 08:23:42.61 ID:TNMAhEKdo


☆ご挨拶☆


赤城「こんにちはー」

呉「……」パァンッ

赤城「何の躊躇いもなく拳銃で撃ってきた!?」

龍驤「い、今の銃声なんや呉!」

那珂「そんな急ぐこともないよ。どうせ呉のことだから新しい拳銃買って
    浮かれてその威力を自分の身体で試したりしてるんじゃない?」

呉「……」パァンッ

那珂「危なーーい!何の躊躇いもなく拳銃で撃ってきたんですけど!?」



193: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 08:28:20.82 ID:TNMAhEKdo


☆何しに来た☆


呉「そりゃあ突然変な身体浮いてる奴が扉すり抜けて部屋入ってきたら
   誰だってびっくりして迎撃しちゃうでしょうが」

龍驤「なかなか冷静にそこまで出来るやつもおらんと思うけど」

呉「で、あんた何の用事なのよ」

赤城「えへへ、この度自由に動けるようになったからとりあえずご挨拶に来ました」

那珂「あ、あーるじぇい……こ、この人ちょっと浮いてる!!」

龍驤・那珂「きゃあああああああ!!」

赤城「そうそう、こういう反応が欲しかったんですよー」



196: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 15:06:19.72 ID:TNMAhEKdo


☆和解☆


山城「先日までは大変お騒がせして真に申し訳ありませんでした」

天龍「い、いいっていいって」

山城「姉様もこのように私事に付き合えってくださるほど
    機動性の高い装備を実装しご満悦のようですし」

扶桑「ええ、本当。天龍様のおかげで私こんなにもあちこちに行けるようになったの」

天龍「お、おう……。まあ別にいいんだよ。喜んでるならよ」

天龍(っていうかそれって山城あっての話だろ……。つーか)



天龍(俺リアカーとかって言ったよな? なんでベビーカーになってるんだ?)



198: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 17:20:38.16 ID:TNMAhEKdo


☆自覚☆


天龍「まあ俺も最初は驚いたけどよ」

天龍「まさか自分が幽霊と普通に対話する日が来るなんてな」

赤城「えっ!? この鎮守府、幽霊とか出るんですか!?」

天龍「お前だよお前。なんで無自覚なんだよ」





199: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/30(木) 17:23:35.08 ID:TNMAhEKdo


☆小腹がすいた☆


赤城「はぁ、お腹すいたなぁ。実際そんなに空いてないけど、
    なんか空いたと思えば空いたように感じるんですよねぇ」

提督「どっちだよ」

赤城「倉庫のボーキサイトちょっともらおうっと♪」

提督「お前あんまり食い過ぎるなよマジで。ただでさえ貧乏なのに」



赤城「あったあった……。いただきまーぎゃあああああ!!」

加賀「倉庫の資材には全て塩を巻いて起きましたので」

赤城「人殺し!!」

加賀「死んでるじゃないですか」



208: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 00:02:18.68 ID:lGqOtRVTo


☆ティーチャー金剛の英会話教室☆


金剛「それじゃあ行くネ! レッスン1、リピートアフターミー! ベッド」

那珂・龍驤「べっどー」

金剛「ナイト」

那珂・龍驤「ないとー」

金剛「スポーツ」

那珂「すぽーつー」

龍驤「……うちの考えすぎやな。そんな訳ないそんな訳ない」




209: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 00:27:33.55 ID:lGqOtRVTo


☆続・英会話教室☆


金剛「まだまだ行くネ! リピートアフターミー! ボディ」

那珂・龍驤「ぼでぃー」

金剛「タッチ」

那珂・龍驤「たっちー」

金剛「エクスタシー」

那珂「えくすたしー」

龍驤「うちの考えすぎやな。そんな訳ないそんな訳……あるわボケ!なんやねんこれ」



217: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 15:06:23.58 ID:lj/GkeJqo


☆ティーチャー鈴谷のカレー教室☆


鈴谷「それじゃあ行くよ!リピートアフターミー!じゃがいも!」

提督・愛宕・摩耶「じゃがいもー」

鈴谷「にんじん」

提督・愛宕・摩耶「にんじんー」

鈴谷「たまねぎ」

提督・愛宕・摩耶「たまねぎー」

加賀「遊んでないで仕事してください」



218: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 15:29:54.31 ID:lj/GkeJqo


☆労い☆


加賀「そういえば今日は愛妻の日だそうで」

提督「そうだね」

加賀「……」

提督「いつもありがとうね」

加賀「 !! 」

提督「……どうしたそんな鳩がドラゴンスクリュー食らったみたいな顔して」

加賀「いえまさかそんな労いの言葉を頂けるなんて思ってもなくて……」

加賀「っていうか鳩それ死んじゃいますから」



221: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 16:08:00.28 ID:lj/GkeJqo


☆でかい☆


愛宕「あっ……服引っ掛けて破けちゃった」

提督「どれ見てあげよう」

愛宕「いや胸ばっかり見てないで破けた箇所を見てよ」

提督「うーむ、でかい」

愛宕「感想とか聞いてないんだけど」



222: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 16:43:53.95 ID:lj/GkeJqo


☆仕返し☆


摩耶「お? 何やってんだ鈴谷のやつ……掲示物貼ってんのか」

摩耶「……背中が隙だらけだな。よーし、いつもの仕返ししてやるか」

摩耶「よぉ! 何やってんだ!?」ピラッ

鈴谷「ほひょっ!?」

摩耶「へへ、なんだよ、怒ったか? いつもの仕返……」

摩耶「お前そのパンツ、アタシのじゃねえか!! 何しれっと履いてんだコラ!!」

鈴谷「きゃー!脱がされるぅー! いやーん!」  



223: ◆BAS9sRqc3g 2014/01/31(金) 16:48:44.75 ID:lj/GkeJqo


☆履いてない☆


鈴谷「摩耶ー! スースーするよぉー!」

摩耶「知るか! お前が悪いんだろうが!」

鈴谷「じゃあ摩耶の今履いてるの貸してよ!」

摩耶「なんで試合後のユニフォーム交換みたいなことしなくちゃいけないんだよ」



233: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 00:29:43.98 ID:YDDH9Kyto


☆ロリ☆


那珂「舞鶴さんって何者なの?」

呉「ああ見えて私や横須賀の馬鹿の先輩なのよ」

那珂「へえーそうなんだ。てっきり呉のが年上なのかと思ってた」

那珂「だって身長初雪と一緒くらいだし、じゃああの人ただのロリバbむぐぅ」

呉「それ以上は絶対に口に出したらいけないからね」

那珂「い、Yes、Boss」



236: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 01:54:23.08 ID:YDDH9Kyto


☆失敗☆


初雪「……」

舞鶴「うわっ、何で紙袋頭に被ってるの!?」

初雪「……今日遠征失敗しちゃったし」

舞鶴「あぁ、いいっていいいって」

隼鷹「そうだよ。命ある限り人は失敗するし、そこで成長するんだから」



237: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 02:29:41.83 ID:YDDH9Kyto


☆仕事中☆


赤城「うらめしや~~」

加賀「……」

赤城「ねえー構ってよー。真面目にお仕事中の所悪いんだけど構ってよー」

加賀「だったら黙っていてください。お経唱えてるCD垂れ流しますよ」

赤城「酷いなぁ~もう」



239: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 12:03:41.39 ID:CCnz+NCIo


☆家具☆


那珂「扶桑さんってお部屋に何もないよね」

扶桑「そうねえ……置いてあってもお掃除する時に
    どかしたり動かしたりしなくちゃいけないのを考えると……」

那珂「あぁ……それで最低限のものしか置いてないんだ」

扶桑「だいたいは山城が持ってるから」

那珂「……那珂ちゃんはそれもどうかと思うけどね」



241: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 17:03:17.50 ID:CCnz+NCIo


☆新装開店北上ラーメン☆


提督「ういーっす」

大井「いらっしゃいませー♪……チッ」

提督「おい!」

北上「あ、いらっしゃいー。提督と加賀っち」

大井「……で、何の用なの?」

提督「飯食いに来てんだろうが!見たら分かんだろうが!」





242: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 17:08:16.93 ID:CCnz+NCIo


☆改二になったあのラーメン☆


大井「見たら? ああ、あんたが甲斐性なしの豚野郎だってことくらいわ分かったわ」

加賀「確かに。それは見たら分かりますね。私は提督と同じので」

提督「おい! なんだよこの店。なんだよこの店まじで。じゃあ北上ラーメン改二を2つだな」

北上「あいよー。二人共チャーシューおまけしちゃうねー」

大井「そっちの馬鹿のはチャーシューの代わりにソーセージだけどね」

提督「なんで!?」

北上「え?提督のはウィンナーサイズって聞いたけど」

提督「おいコラ飲食店」





245: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 20:39:50.70 ID:CCnz+NCIo


☆大井チャーハン試作品№1☆


加賀「……これは?」

大井「試作品よ。ちょうどいいから味見していってよね」

提督「なんだこのきったねえ残飯」

大井「はあ!? 私が作ったチャーハンなんですけど!
    汚いのはあんたの顔面でしょう!?」

提督「客を客とも思わぬこの店員。マニアックな店として流行りそうだな」

大井「死ね」 バッシャァ

提督「熱ッッ! だからラーメンのスープをかけるんじゃないよ!」



247: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/01(土) 22:03:28.26 ID:CCnz+NCIo


☆チャーハン☆


提督「……味薄ッッッ!!」

加賀「ごちそうさまでした」

提督「味薄いっていうかほぼ無かったわ。ただのパッサパサの飯だったわ」

大井「そっかー、まあ次に期待してなさいよね。
    そんじゃチャーハン800円だから」

提督「払うのかよ」



249: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 00:30:35.37 ID:HmQDWcQPo


☆雑用☆


那珂「なんで那珂ちゃんばっかり怒るのーー!」

呉「あんたが報告書出さないからでしょうが」

那珂「じゃあ報告書書かない任務がしたい!
    もう遠征ばっかり嫌ーー! 那珂ちゃんの歌を聞けぇー!」

呉「報告書書かない任務ねえ……あることはあるけど」

那珂「はい! 那珂ちゃんそれやります!!」

呉「じゃあ今から鎮守府の雑草取りとトイレ掃除、ゴミ処理、
  掃除、洗濯、食事当番、扶桑のお世話にそれから」

那珂「待ってごめん遠征行かせて」



251: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 01:00:08.46 ID:HmQDWcQPo


☆揉め☆


電「……じぃ」

鈴谷「お? どったのでんでん」

電「でんでん? 鈴谷お姉ちゃんもとってもおっきいのです」

鈴谷「揉んどく? おっきくなるかもよ?」

提督「しょうがねえな……」

鈴谷「どっから湧いたし!」



254: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 02:07:55.15 ID:HmQDWcQPo


☆呼ばれた☆


加賀「へえ、じゃあコンクリにでも手突っ込んで揉んでいればいいんじゃないですか?」

提督「あー、それでだんだん固くなってきた~ってか?」

提督「アホか! どうするんだよ。両手固めたら今後の人生支障出まくりだよ……」

加賀「その時は私が何もかも、上から下までお世話をするので心配いりません」

提督「心配だよ、何もかも」



261: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 09:45:20.26 ID:zhGwoeSHo


☆文字☆


隼鷹「できたよー」

舞鶴「はいお疲れー」

隼鷹「いやー報告書なんて初めて書いたよ」

舞鶴「そう? よく出来てるけど」

隼鷹「字が上手いからじゃない?」

舞鶴「……確かに無駄に達筆よね」



262: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 09:53:26.40 ID:zhGwoeSHo


☆鬼の面☆


提督「何描いてるんだそれ。目薬?」

電「違うのです! これは明日の豆まきの時の鬼のお面なのです」

提督「あー、うん。だと思ってたよ。はっはっは、海軍ジョークだよ」

電「司令官さんは鬼役なのです」

加賀「全力で豆をぶつけて退治しないといけませんね」

提督「鬼が泣かない程度にしてね」



265: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 10:17:27.21 ID:zhGwoeSHo


☆恵方巻き☆


愛宕「恵方巻きも食べなくちゃいけないわね」

天龍「別にそんな義務はないけどな」

愛宕「是非、天龍が食べてる所を写真に収めたいの!!」

天龍「なんでだよ」

愛宕「だって……ね」

提督「天龍だけでなくみんなの恵方巻きを食べる瞬間を写真に収めようじゃないか!」



267: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 12:10:37.44 ID:zhGwoeSHo


☆ツインテールの日☆


龍驤「今日はツインテールの日らしいで」

那珂「那珂ちゃんはツインテール?」

龍驤「……それはお団子」

那珂「じゃあ加賀さんは?」

龍驤「あれはツインないやん」

那珂「……という訳で!」

龍驤「呉もレッツツインテ!」

呉「どういう訳だ」



273: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 13:07:27.87 ID:zhGwoeSHo


☆大豆☆


提督「僕の恵方巻きもビンビンになるんだろうな」

愛宕「……細巻き」

提督「ああ!? 今なんつった!!」

愛宕「大豆」

提督「お豆さんがついてるのは君達でしょうが」

愛宕「きゃー! 加賀さーん、提督セクハラしてくるー!」



275: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 13:10:17.23 ID:zhGwoeSHo


☆危険ですので絶対にまめしないでください☆


加賀「そういえば昔、赤城さんと豆まきをしようとした時」

赤城「きゃー!言わないで!!」

加賀「見てみてとか言いながら鼻に豆入れて遊んでて
    取れなくなって病院に行ったのを思い出しました」

赤城「恥ずかしすぎて思わず成仏したくなる」

提督「早くしろよ」



281: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 16:58:02.33 ID:zhGwoeSHo


☆扶桑さんも☆


扶桑「山城、これどうかしら?」

山城「ね、姉様ァァ!? な、何故ツインテールなんですか!」

那珂「那珂ちゃんがやってあげたんだよー!」

那珂「呉がどうしても嫌だっていうから扶桑さんにしてもらったの」

龍驤「うちとお揃いやで!」

山城「……」

龍驤「何やその残念そうな顔ぉ!!」



282: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 17:07:52.51 ID:zhGwoeSHo


☆先輩を連れてきて無理やり☆


舞鶴「じゃあ私がしたらするでしょう?」

呉「しません」

舞鶴「はい、したよ。ほらほらー」

那珂「ほらほらー」

龍驤「ほらほら、はよう」

呉「ぐぬぬ、先輩の頼みだから仕方なくよ。仕方なく」

那珂「うひょー!」

龍驤「ほんまはみんなと混ざりたかったんちゃうんー?」

呉「それは無い」



295: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/02(日) 23:57:41.05 ID:fyzsTYgVo


☆うたた寝☆


加賀「提督、起きてください」

提督「ほ? は? ね、寝てな……」

加賀(眠気が限界なのに起きようとしてるせいで
    かなりギリギリの顔してる……)

愛宕「ぷふっ、変な顔ぉ~」

加賀「起こしちゃだめですよ」

愛宕「もう少し見てるもーん。ぷぷっ、やばいこの顔っ。むふふ」



296: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 00:07:30.60 ID:oHnUPGeeo


☆カラシトラップ☆


提督「……」

愛宕「ずーっとこっくりこっくりうたた寝してるけど」

鈴谷「このお皿一杯に広げたカラシを提督の目の前に置いておこう」

愛宕「大丈夫これ? やり過ぎなんじゃ……」

カクン  ベチャッ

提督「……」

提督「ほでゅえああああ! ほぇえああ!?」

鈴谷「あはははは! やばい!まじウケる!」



301: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 00:58:08.49 ID:oHnUPGeeo


☆お戯れ☆


提督「い、痛い辛い痛い……か、加賀はどこだ。加賀~~」ヨロヨロ

加賀「私はここですよ」

提督「え? どこ? ちょっ、目見えないのに……目開いたらぁぁあ痛たたたた」

愛宕「ここですよ」←声真似

鈴谷「ここにもいますよ」←声真似

提督「は!? え!? 加賀が三人いる!?」

加賀「鬼さんこちら」

愛宕「手の鳴るほうへ」



303: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 01:03:45.12 ID:oHnUPGeeo


☆変態の所業☆


提督「どこだ~どこにおるのじゃ~」ヨロヨロ

摩耶「何遊んでんだアホ」 ゲシッ

提督「痛っ! 誰だ今蹴ったの」

摩耶「鈴谷」

鈴谷「ええ!?」

提督「てめえ鈴谷! 今度お前が寝てる時
    部屋に侵入して全裸になって何もしないで服着て出て行ってやる」

鈴谷「うわっ、行動が意味不明だけど超怖い!」





304: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 01:09:37.01 ID:oHnUPGeeo


☆まぶたに塗ればワンダフル☆


愛宕「ほら、とりあえずこのウイダー飲んで落ち着いて」

提督「このタイミングでウイダー? 普通に水くれよ」

加賀「さあ、いきよいよく吸い込んで10秒チャージしてください」

提督「ってお前この手の感覚、どう考えてもカラシじゃねえか!
    これじゃあ重病チャージしちまうわ!」



加賀「面白くないのでまだ顔についてるカラシ目に塗り込みますね、鈴谷が」 ヌリヌリ

鈴谷「ええ!? やってるの加賀姉だよ!? そんなこと言うならあたしにもやらせてよ」




313: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 07:20:50.62 ID:zzpsqTclo


☆鬼が内に☆


那珂「いえーい! 呉~、豆まきしようよーっ」

呉「それもいいけど遠征の報告書書き直し部分たくさんあるからそれからにしなさい」

那珂「えー! 那珂ちゃん今豆まきやりたい~~!」

呉「あとでやっていいから、今は自分の仕事が先でしょ」

那珂「仕事の鬼め」ボソッ



那珂「痛い痛い痛い!! 折れちゃう! 腕折れちゃう~~~!!」



316: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 10:54:25.25 ID:zzpsqTclo


☆ふとくておっきい☆


電「はわわ、恵方巻き、おっきいのです」

提督「え? なんだって?」

電「おっきくて」

提督「おっきくてお口に?」

電「お口に? お口に……入らないのです?」

提督「たはー! キタコレ!」

天龍「それがお前の正しい姿だと一瞬見過ごす所だったが
    電になんてこと誘導して言わせてんだ!」



317: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 17:33:00.64 ID:zzpsqTclo


☆本気でぶつける☆


電「おにはーそとー!」

天龍「ぐわー! やられたー!」


提督「いたぞ!鬼だぁあぁ!」

摩耶「追撃開始!」

鈴谷「くたばれ鬼公!」

提督「はらわたをぶちまけろ!」

天龍「痛えだろボケ!!」



318: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 17:37:08.59 ID:zzpsqTclo


☆エロ鬼☆


※鬼役を愛宕に交代

電「ふくはーうちー!」

愛宕「やんっ、胸のとこ入っちゃった……」

電「はわわっごめんなさいなのです」

愛宕「電取って~」

電「はわっ! とっても甘い匂いがします……」


鈴谷「何そのエロい鬼」



319: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 21:50:23.13 ID:m2HIaEq9o


☆大人のマジ豆まき☆


※鬼役を提督にした場合。


摩耶「そっち行ったぞ! 殺せーー!」

天龍「死ねクソ野郎!!」

電「ぜ、全部避けられるのです!?」

加賀「まさかこんな豆まきに本気出してくるとは……私も全力でやれますね」

提督「ふはは! 俺が本気になればこの程度の豆を避けることは容易いのだ!」

鈴谷「っていうかその虎柄ブリーフ一丁って変態みたいな格好何とかならないの!?」

愛宕「みんなあの変態の鬼を絶対に仕留めるわよ!」



320: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 21:55:20.15 ID:m2HIaEq9o


☆まけばよかろうなのだ☆


鈴谷「もらったぁー!」

提督「ふっ、甘いぞ鈴谷。お前がその角から出てくるのは予測済み。
    故にオイルトラップを仕掛けさせてもらったぞ!」

鈴谷「うぎゃあ!」ツルンッ

鈴谷「うわぁっ!キモッ! ぬめぬめする~!」

提督「ふふふ、オイルでぬるぬるのお前の甲板ニーソにウィンウィンウィン~~」

天龍「あっいたぞ! ってお前鈴谷に何してんだ!」

提督「鈴谷の脚でエアギター」



321: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/03(月) 22:05:10.01 ID:m2HIaEq9o


☆辺り一面豆だらけ☆


提督「……」

加賀「……」

提督「はしゃぎ過ぎたな」

加賀「提督が豆まきの大豆を業務用のダンボールで買ってきたからでしょう」

鈴谷「うわーっ、鎮守府が大豆臭い」

提督「よし、お前ら掃除すんぞー」



328: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 01:07:08.63 ID:VekTuy5Wo


☆食べるぜ一航戦☆


赤城「ああ! 幸せ!」

赤城「拾っても拾ってもまだまだ大豆が落ちてる!」

赤城「あ、見つけた。うん、美味しい美味しい」ヒョイッ パクッ

加賀「……まあ掃除にもなるでしょうしお腹は痛くならないでしょうし」

鈴谷「見て赤城姉! こんなに拾って持ってきたよ! 一航戦の一気食い芸見せてよ!」

赤城「ふふん、いいでしょう。スゥゥゥ」

鈴谷「ふおおお! だ、大豆達が吸い込まれていくぅぅう!」



330: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 01:11:45.91 ID:VekTuy5Wo


☆怪しい☆


電「……赤城お姉ちゃんが食べてる」

愛宕「電~。拾って食べたりしたら絶対ダメだからねー」

摩耶「ギクッ」

電「はわっ! い、電はそんなことしないのですよ!」

愛宕「ちゃんと食用も取っておいてあるからあとで食べましょう?」

愛宕「摩耶~? 摩耶も食べてないでしょうねえ?」

摩耶「え? あ、ああ……落ちたもん拾って食うのは、うん。
    ちょっとなぁー。ああ、全っっ然、食ってないから大丈夫だから」



331: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 01:14:44.82 ID:VekTuy5Wo


☆思い出ぽろぽろ☆


隼鷹「こ、こんなに食べていいんだね? 本当にいいんだね?」

舞鶴「いいんだよ。歳の数だからね」

隼鷹「ポリポリ……美味しいなぁー。豆美味しいなぁー」

隼鷹「こういう質素な食べ物食べてると思い出すなぁーうぅ……うっ、うぅ」


初雪(過去を思い出してマジ泣きし出した!)ガーン



333: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 01:19:53.72 ID:VekTuy5Wo


☆遠征の帰り道☆


金剛「それにしても豆をまいて幸運を呼びこむ祭り……日本は変な行事多いネ」

山城「変? 確か去年もこの行事を本気でやっていたわ」

扶桑「ええ、山城。鎮守府に帰ったら私は本気を出すわ」

那珂「大丈夫だよー! だってうちには那珂ちゃんがいるし!」

龍驤「ああ、はいはい。……でも、ウチに着く頃は次の日になっとるで?」

山城・扶桑「……」

山城・扶桑「……そ、それでもなんとか」



335: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 01:25:50.32 ID:VekTuy5Wo


☆トイレの前で☆


摩耶「……」

鈴谷「ねえ摩耶ー。大丈夫ー? お腹痛いの? うんこ?」

摩耶「……っるせえ、ぶっ殺すぞ。話かけんな。あっち行ってろ」

鈴谷「ねえうんこ? うんこ?」

摩耶「お前あとで本気でぶっ殺すからな……!」

鈴谷「え? 今なんてうんこ? うんこ? ねえそれうんこ?」



※勿論、鈴谷は数時間後吊るされてました。



338: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 06:33:40.05 ID:sZSFyHaso


☆不眠☆


提督「……眠れなかった」

加賀「知りません。朝ですので起きてください」

提督「起きていると仮定した上で早朝訓練始めてくれ」

加賀「仮定してって何ですか。起きてください」

提督「じゃあお昼からでいいよ今日の早朝訓練」

加賀「じゃあじゃないですし、お昼ですし」



340: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 17:17:28.96 ID:sZSFyHaso


☆見守る☆


加賀「あの……」

赤城「どうしたの?」

加賀「机から首だけ出すのやめてもらえますか」

赤城「加賀さんのお仕事の様子を見守ってるのよ」

加賀「生首の置物を置いてるみたいで気分が悪くなります」

赤城「まあ! 失礼しちゃう。じゃあこっちに普通に立ってるね」

加賀「いや、部屋の隅っこに立たれても本当にそれっぽいのでやめてもらえますか」



343: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 17:43:38.82 ID:sZSFyHaso


☆よく金曜ロードショーでやってた☆


鈴谷「あれでさあ、中身ってどうなってるんだろうね」

摩耶「ああ?何がだよ」

鈴谷「赤城さんのパンツ。ふんどし?」

摩耶「いやイメージはそんなんだけども違うだろ」

鈴谷「だってこの前、ご飯あげたら咀嚼だけはされたものが
    身体通り抜けて床にボロボロこぼれ落ちて、それで食べた気になってたよ」

摩耶「キャスパーかよ」
    



344: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 17:56:10.54 ID:sZSFyHaso


☆那珂ちゃんの☆


提督「おもらし系アイドルっていいと思うんだよ」

那珂「AVの見過ぎじゃない?」

提督「そんなことない! ファンサービスだろ?」

那珂「那珂汁ぶしゃー!って?」

提督「いいね!」

那珂「何もよくないんだけど」



346: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 18:09:16.90 ID:sZSFyHaso


☆扶桑用のものがたくさん☆


呉「山城。ちょっといい?」

呉「まあその……向上心があったり人のためになるものを作ったり
  次々と改良していくのはいいんだけども」

呉「そのリアカーだったりベビーカーだったり
   人力車だったり籠だったり色々起きすぎじゃない?」

山城「姉様の気分に合わせた配慮というものがあって」

呉「いや実際扶桑はなんでもいいと思ってるみたいだけど?」

山城「でもやっぱりバリエーションがあった方が楽しいんじゃ」



351: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 20:41:59.63 ID:sZSFyHaso


☆旅立ち☆


提督「えー、突然ですが、明日から旅立ちます」

愛宕「やだ新婚旅行?」

鈴谷「きゃー!」

加賀「違います。みんなで行くんです」

電「みんなで行くのですか?」

摩耶「留守はどうするんだよ」

提督「赤城に」

天龍「……大丈夫なのかそれ」



352: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 20:45:59.22 ID:sZSFyHaso


☆視察☆


提督「大丈夫大丈夫。時間になればボーキサイトが出てくる
    ドッグフードとかに使う奴をセットしておくから」

天龍「いいのかそれで」

摩耶「ってか明日ってどこまで行くんだよ!」

提督「まあそうは言うが仕事の一貫の米軍基地視察とかなので、
    みんなそれなりに用意しておくように」

鈴谷「だったらもうちょっと早く言ってよ!」



353: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 20:50:47.27 ID:sZSFyHaso


☆毎週金曜の振替☆


鈴谷「レトルトのカレーって持っていけるの?」

摩耶「さあ? でもインド人なんかはカレーしか食わないからって
    機内で自分たちで持ち込んだカレーを勝手に食い始めるらしいぞ」

摩耶「機内はカレー臭で結構迷惑するんだと」

鈴谷「まあ提督の加齢臭よりはましなんじゃない?」

提督「嘘!? してるの!? 俺そんな臭うの?」

愛宕「イカの」

提督「それは違う」



357: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 22:21:43.17 ID:sZSFyHaso


☆あだ名☆


摩耶「……やっぱりガンジーにするべきか。
    いや、モッチーにするか」

愛宕「モッチー? 珍しく可愛い名前ね。持ってくの?」

摩耶「うん。あ、モッチーはあだ名だからね?」

愛宕「……聞きたくないけど、一応聞いてあげる。本名は?」

摩耶「元就」

愛宕「毛利?」



360: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 22:41:18.45 ID:sZSFyHaso


☆飛行機☆


赤城「それにしても航空機操る奴が飛行機乗るのってなんか変ね」

加賀「死んだからってそういう発言が許されると思わないでくださいね」

赤城「えっ!? 私そこ結構楽しむつもりだったのに!」

加賀「どういうつもりで死んだんですか」

赤城「何? 感謝してないの?」

加賀「恩着せがましいにも程が有ります。
    たった今感謝の気持ちが薄れていきましたよ」



361: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 23:47:44.38 ID:sZSFyHaso


☆お子様パンツ☆


電「んん~……」

提督「パンツならこれでいいじゃん」

電「はわわわ……どうして司令官さんが見てるのですかぁぁ~!」

提督「ははは、電のぽかぽかパンチは可愛いなぁ。全然効かないもん」

加賀「そうですか。では私のぽかぽかパンチも受けて下さいね」

提督「もしかしてオラオラですかーッ!?」



362: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/04(火) 23:52:00.53 ID:sZSFyHaso


☆オラオラオラオラオラオラオラオラ☆


加賀「……あの」

赤城「なんですか?」

加賀「提督へのお仕置き中なので私の後ろで
    ジョジョ立ちするのやめてもらってもいいですか?」

赤城「えぇー!せっかく加賀さんがオラオラしてるから
    私もなんか参加したくて加賀さんの幽波紋っぽくしてたのに……」

赤城「ほら見て、エアロスミス!」

加賀「赤城さんが幽波紋じゃなかったんですか」



363: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/05(水) 00:30:21.07 ID:wKEuRNYTo


☆超遠征☆


提督「よっしゃー! 準備できたかぁ!?」

電「なのです!」

天龍「刀は置いてかなきゃだめ?」

愛宕「検問どころか空港で取り押さえられるわよ?」

摩耶「決めた! やっぱりいつものガンジーだ!」

鈴谷「もし没収されたとしてもカレーは持っていくからね!!」

加賀「皆できたようです」

提督「じゃあ行くかー!」



435: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:15:20.39 ID:+iSxSm06o


☆作戦完了☆


提督「提督が鎮守府に着任しました。これより艦隊の指揮を取ります」

天龍「あれお前が言ってたのかよ」

提督「んじゃこの荷物運んどいて」

電「久しぶりのお家なのです~」

鈴谷「疲れたーーー!」

摩耶「時差ボケしてるなぁ……眠い」

愛宕「日本は寒いわね~」

提督「おーい。ちょっとー」

加賀「全然指揮できてないですね」



436: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:26:49.80 ID:+iSxSm06o


☆お土産☆


赤城「あーん! 寂しかったーー!」

提督「よお、まだ成仏してなかったのか」

赤城「当たり前です! お土産食べないと成仏できません!」

加賀「それは良いことを聞きました。はい、お土産です」

赤城「ごちそうさまでした」

提督「早ッッ」



437: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:28:58.51 ID:+iSxSm06o


☆早く成仏しろ☆


加賀「成仏はどうしたんですか」

赤城「えへへ、食べ足りないから成仏しません」

提督・加賀「「おい」」

赤城「それよりお土産の食べ物もいいですけど、
    お土産話を聞かせて下さいよ」

提督・加賀「「しろよ。成仏」」



438: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:33:11.42 ID:+iSxSm06o


☆出発☆


……時は遡り。


提督「いいか。お前ら。知らない人には着いて行っちゃいけませんからね」

加賀「それではみんな提督に着いて行かなくなります」

提督「なんで知らない人扱いなの」

愛宕「やだあの人提督っぽい格好してるけど……誰?」

提督「提督だよ。君らの指揮官だよ」



439: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:35:00.89 ID:+iSxSm06o


☆お荷物☆


提督「荷物車に積み込めー」

摩耶「おう」

提督「待て摩耶。お前その両脇に抱えたぬいぐるみは置いてけよ」

摩耶「チッ……仕方ねえ」

天龍「ったくアホだなぁ」

提督「お前もその刀置いてけよ」



440: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:38:02.81 ID:+iSxSm06o


☆運転☆


加賀「では出発します」

提督「あれ? 俺運転するよ」

加賀「いえ、まだ先は長いですしここは私が」

提督「よーし、お前らシートベルトはしっかりして、
    それからどこかに捕まることは忘れないように」

加賀「では、飛ばしていきますよ」

天龍「くれぐれも安全運転で……」



441: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:41:27.02 ID:+iSxSm06o


☆過激☆


※高速道路


鈴谷「イェーイ! 飛ばせ飛ばせーー!」

提督「ちょ、おい! 120出てない!?」

加賀「気のせいです」

愛宕「100維持くらいでいいんじゃないかしら」

加賀「これぐらいの方が逆に安全です」

天龍「どの逆をいったらそうなるんだよ」



442: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:45:19.69 ID:+iSxSm06o


☆危険ですので真似出来るようにならないで下さい☆


摩耶「くっついてくんなてめえ!」

鈴谷「きゃー!今摩耶がおっぱい触ってきた!」

摩耶「当たっただけだろうが!」

加賀「あの、あまり騒がれると気が散って……ッッ!?」ビクゥッ

提督「ど、どうした?」

加賀「……赤城さん。ミラー越しにだけ映るのやめてください」

赤城「深夜の山奥とか走ってるタクシーの運ちゃんがしてきそうな怪談っぽくしてみたの」

提督「てめえ留守番って言っただろうが!!早く帰れ!!」



446: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:55:17.02 ID:+iSxSm06o


☆金属探知機☆


天龍「なんか悪いことしてないのにセキリティチェックの
    金属探知機の中を通るのはなんかドキドキするよな」

鈴谷「たはー、あたしもドキドキしちゃったよ。
    摩耶は大丈夫だった?」

摩耶「えっ? ああ、まあアタシも緊張はちょっとしたよ。ちょっとな」

鈴谷「だよねー。だって摩耶ブラの金具が引っかからないか心配で
    今日何故かスポブラだもんねー」

摩耶「っるせえな! 初めてだったから仕方ないだろうが!」



447: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 20:57:44.45 ID:+iSxSm06o


☆ボディチェック☆


愛宕「あれ?提督、チェック引っかかってない?」

加賀「入念にボディチェックまで受けて……何やってるんですか」

提督「いやー、なんか知らんが引っかかったんだけど、
    ボディチェックしてくるお姉さんが可愛くって」

提督「そんなお姉さんが俺の身体をまさぐってきて、うへへへ」

加賀「警備員さん、こいつです」



448: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 21:04:28.82 ID:+iSxSm06o


☆言葉の壁☆


加賀「ところで、今回の要件を結局詳しく聞いてないまま来てしまったのですが」

愛宕「今回は海外の基地への視察?」

鈴谷「それでハワイなの?」

提督「……えーと、う、うん。そうだよ。一日だけだけど」

電「で、でも電は英語とか分からなくて……」

提督「大丈夫だ。現地ガイドがついてくる」

金剛「よばれてとびでて金剛デース!」

加賀「こっちの空港から着いてくるんですか」



449: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 21:22:27.12 ID:+iSxSm06o


☆それでいいのか☆


……。


提督「とまあ色々あった訳だ」

赤城「終わり!?回想シーンそれでいいの!?」

提督「なんかもう別にいいんじゃね?」

赤城「まあうちそんなシリアスにやっても……ねえ?」

加賀「お二人共本当にそれでいいんですか」

提督「ぷ、プライベートだし」

加賀「……」



455: すみませんありがとうございます。 2014/02/11(火) 22:27:17.32 ID:+iSxSm06o


☆何してたんだ☆


提督「旅行の醍醐味というのはどこへではなく
    誰と、という点が重要視されるのである!」

加賀「まあ確かにそうですけど」

提督「結局一日だけ視察であとは遊んでたしなー」

愛宕「終日自由行動だったもんねー」






456: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 22:28:44.12 ID:+iSxSm06o


☆ナンパ☆


愛宕「ビーチで電と遊んでたら声かけられちゃって」

摩耶「あーいたなぁーそういうの」

鈴谷「ええ!? なんでみんな声かけられてるの!?」

愛宕「だってずーっとビーチでカレー食べてるんだもん」

摩耶「普通そんな奴いねえよ」



458: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 22:32:26.17 ID:+iSxSm06o


☆異常なし☆


提督「で、赤城、鎮守府は無事だったか?」

赤城「ええ、とくに何もありませんでしたよ」

赤城「鎮守府的にもスレ的にも。案外平和でした」

提督「何言ってるんだ全く」

赤城「暇すぎてルンバに入ったり、摩耶ちゃんのぬいぐるみに憑依して
    一人トイストーリーごっこしたりしてました」

提督「何やってるんだ全く」



460: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 22:38:27.01 ID:+iSxSm06o


☆天龍も声かけられた☆


鈴谷「天龍姉何してたの?」

天龍「俺か? ふふん、俺はだなぁ。新しい武器ってのもいいよなぁーと思って」

愛宕「まさかあの射的行ってきたの?」

摩耶「声かけられるってそういうキャッチみたいなののことか?」

天龍「いやーなんていうかこう、いいよなーって。
    まあでも俺はやっぱり刀で十分かなぁーってよ」

愛宕「……」

天龍「なんだよそのかわいそうなものを見る目は」



461: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 22:41:18.98 ID:+iSxSm06o


☆あれ好きなんです☆


提督「ところで、飛行機の座席にある雑誌って
    何であんな中途半端に見てて楽しんだろうな」

愛宕「確かにちょっとわかる気がする」

提督「電子機器を封じられてる時間ってついついあれを手に取っちゃうよなー」

電「電はずっと映画みてたのです!」

提督「あれも1つ2つすごいみたいと思うのをちょうどやってるよなー」

愛宕「なんでかしらね?」



462: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 22:43:39.85 ID:+iSxSm06o


☆行きの道や宿舎だったり☆


愛宕「提督って道中のわいわいがやがやが楽しいタイプよね」

提督「そうだねー。修学旅行とか行った先のことより
    宿舎の馬鹿騒ぎのが楽しいタイプだね」

天龍「……」

鈴谷「……」

加賀「他にもいるみたいですが」

愛宕「まあ分かってはいたけどねー」



468: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/11(火) 23:31:53.39 ID:+iSxSm06o


☆また明日から☆


提督「もう疲れたから寝るよ!!久しぶりの自分の布団にダーイブ!」

加賀「……提督、明日から仕事ですので」

提督「何で今のタイミング言ったんだよ! こっちはもう鬱だよ!」

提督「あーあーあー加賀のせいで仕事する気なくなっちゃったもんねー」

提督「もう一生お布団から出ないもんねー」

加賀「そうですか。分かりました」モゾモゾ

提督「何が分かって布団に潜り込んでくるんだよ」



482: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/12(水) 07:34:47.52 ID:2o+oRv+qo


☆積もったまんま☆


電「雪がすごいのです!」

加賀「留守中に降ったみたいなので一面真っ白ですね」

電「加賀お姉ちゃん!」

加賀「ええ、遊んで構いませんよ。ただしあとで雪かきするのでそのつもりで」

電「はーい!」



483: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/12(水) 07:46:37.83 ID:2o+oRv+qo


☆ライター☆


提督「何? ワープロの使い方を教えろ?」

赤城「はい」

提督「何に使うんだよ。……ってかさわれんのか?」

赤城「そこは大丈夫ですよ。ほら、最近何かと噂のゴーストライターの」

提督「いやあれそういうんじゃないから」



488: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/12(水) 21:17:14.28 ID:CTD+09/Jo


☆雪かき☆


提督「雪かきが終わらねえぞ」

提督「何でこんなうちのグラウンド広いんだよ」

加賀「これでも狭い方です。
    提督も米軍基地の広大さを目の当たりにしたはず」

提督「グラウンド爆撃して燃やすってのはどうだ」

加賀「そんなことしたら火力強すぎて今度はドロドロの後片付けに」

提督「……」



489: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/12(水) 21:25:18.44 ID:CTD+09/Jo


☆現地通訳で着いてたあいつ☆


那珂「あっっれー? 金剛さんはー?」

山城「……口に出すのも怖ろしい。伝説とも暗黒とも呼べる」ガタガタガタ

龍驤「……まさか……懲罰房」ガタガタガタ

扶桑「まあ、無断で何日もいなくなればね」

那珂「そ、それで金剛さんいない間の呉、変に優しかったんだ」



496: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 07:25:40.44 ID:+lHiTrQ0o


☆もらいにきた☆


舞鶴「お土産」

提督「……え、ないですよ。遊びで行ったんじゃないんですから」

舞鶴「2秒でバレる嘘をよく平気で言うなー。どうせ半分以上遊んでたんでしょう?」

加賀「はいその通りです」

提督「……。まああることはあるんですけどね」

初雪「……やったー」



497: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 07:28:59.42 ID:+lHiTrQ0o


☆飲兵衛☆


電「電からもあるのです。砂浜の綺麗な砂だけ集めて見たのです」

舞鶴「へえー小瓶も可愛いじゃん」

初雪「……いいの?」

電「なのです!」

初雪「……ありがとう。嬉しい」

隼鷹「あたしには!?」

提督「空港で買った酒」

隼鷹「キタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」



505: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 21:02:05.91 ID:+lHiTrQ0o


☆作る☆


電「作るのです」

愛宕「よし! じゃあ頑張りましょうか!」

加賀「はい」

電「……」

愛宕「え、えーと、市販とかでもいいんじゃないかしら?
    提督のことだしー……」

加賀「頑張りましょう」



506: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 21:15:47.78 ID:+lHiTrQ0o


☆完成?☆


加賀「出来ました」

摩耶「……真っ黒だけど、これなんだ?」

加賀「何ってマフィンです」

鈴谷「チョコ味?」

加賀「プレーンです。良ければ味見の分が

鈴谷・摩耶「結構です!!」



508: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 21:43:44.95 ID:+lHiTrQ0o


☆那珂ちゃんファンの腕の見せ所☆


那珂「はー、鬱だなぁ」

龍驤「なんや急に」

那珂「だってバレンタインって言ったらファンが那珂ちゃんにプレゼントあげる日でしょー?」

龍驤「……ご都合解釈やな」



509: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 21:59:04.88 ID:+lHiTrQ0o


☆隠し味☆


那珂「ダンボールで来たら鎮守府が埋まっちゃって呉に怒られちゃうなー」

龍驤「あーせやなー(棒」

山城「うーん……」

那珂「あれ? あ、そのチョコもしかして那珂ちゃん用?」

山城「足りない……。どうしよう」

龍驤「なんや材料足らんのか?」

山城「ええ、血が足りなくなってきたの」フラフラ

那珂「何混ぜてるの!?」



512: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 22:20:06.06 ID:+lHiTrQ0o


☆欲しい☆


山城「姉様! 姉様の分、頑張って作ってます!」

扶桑「そんなレバーがっつかれながら言われても……そうねぇ」

龍驤「何を作ってんねん」

扶桑「天龍様からもらえるかしら……」

山城「……ぐぬぬぬ」

龍驤「……」


図々しいなぁとは思ったけど決して口には出さなかった龍驤。



513: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 22:41:46.89 ID:+lHiTrQ0o


☆脱獄☆


天龍「まあお前は確実にもらえるからいいよなぁ」

提督「はあ? お前それが毒だとしても喜べるのか?
    今、脱走ルートの計算中なんだ。邪魔すんな」

提督「キッチンの通路が灯台下暗しになるか……いやだめだ。
    もっと安全に書庫の隠し通路から、いや屋上に逃げて……」

山城「ちょっと!」

天龍「どわぁあ!? なんじゃああ!?」

提督「お前なんで俺の脱走ルート知ってんだよ!あー!もうだめだ!」



514: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 22:49:54.27 ID:+lHiTrQ0o


☆姉様へのチョコ☆


提督「最悪だ。山城に1つルートを潰された……」

山城「……あんた、姉様にチョコあげるの?」

天龍「はあ? あげねえよ。なんでだよ」

山城「あげなさいよ!!姉様が悲しむでしょうが!」

天龍「はあ? んじゃあ明日なんか買って送るよ」

山城「何!? もしかして高級チョコとか買って姉様の気を引こうっての!?
    そんなの許さないんだから!」

天龍「お前ほんと何なんだよ!!」



516: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 22:53:45.90 ID:+lHiTrQ0o


☆手作り☆


天龍「じゃあ何ならいいんだよ? 今から手作りすんのか?
    俺そんなのできねえよ……。愛宕に手伝ってもらうか~」

山城「手作りとか冗談じゃないわよ!! そんなことしたら最終的に
    子作りする羽目になるじゃないの!」

天龍「なんねーよ! お前馬鹿だろ!」



518: ◆BAS9sRqc3g 2014/02/13(木) 23:12:13.96 ID:+lHiTrQ0o


☆わざわざ聞きに来た☆


天龍「じゃあその辺の板チョコでも買って……」

山城「はあ……やっすい奴ねえ……信じられない。
    そんなものを姉様にあげるつもりでいるの?」

天龍「お前なぁ、そろそろ俺でも怒るぞ」

山城「私のは私の愛の結晶である血液入りよ!」

提督「何ドヤ顔で言ってんだよ。気持ち悪いよ」





【艦これ】提督「今日も平和だ」その3【後編】に続く



元スレ
SS速報VIP:【艦これ】提督「今日も平和だ」その3