SS速報R:【ミリマスSS】杏奈「おち○ちんとの思い出」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1534951860/



1: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:31:00.38 ID:HbxSGWE9O

【765プロ事務所】


杏奈「……」ソワソワ


杏奈「……」モジモジ


杏奈「……うぅ。」


百合子「ねぇ、ロコちゃん。今日の杏奈ちゃん、何か変じゃない?」


ロコ「変とは?」


百合子「落ち着きがないというか、妙に顔が赤いと言うか…。」


ロコ「言われてみれば…ちょっと聞いてみますか。」



2: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:32:33.40 ID:HbxSGWE9O

百合子「杏奈ちゃん。もしかして、体調が悪いの?」


杏奈「え…ううん?そんなことない…よ?」


百合子「そんなことあるでしょ。そんなに顔を赤くしているのに。」


杏奈「杏奈、普通…いつも通り、だよ…。」


ロコ「アンナ。一応ロコもユリコもアンナよりエルダーです。」


ロコ「だから、困ったことがあるからロコ達にトークしてください。」


ロコ「ロコでは頼りないのかもしれませんが…。」


杏奈「ロコ……うん、わかった。」


杏奈「2人とも…ちょっとだけ、杏奈に付き合って…?」



3: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:33:45.44 ID:HbxSGWE9O

【765プロライブシアター・更衣室】


百合子「更衣室に何かあるの?」


杏奈「えっと…見せたいものがあって…。」


ロコ「ドアにロックまでして…そんなにシークレットなものなんですか?」


杏奈「うん…あのね、お願いがあるんだけど…。」


杏奈「何を見ても…びっくりしないで…。あと、絶対内緒にして…?」


百合子「わかった。誰にも言わないよ。」


ロコ「ロコもです!」


杏奈「じゃあ…見せる、ね。」



4: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:34:42.52 ID:HbxSGWE9O

杏奈「ん、しょ…。」


百合子「えっ、どうして服を脱ぐの?」


杏奈「よい…しょ。」


百合子「パンツまで…!……ん?」


杏奈「これ…何だけど…。」


百合子「え…そ、それってまさか…!?」


百合子「(杏奈ちゃんのお股に、女の子には無いはずのアレが!)」


百合子「(で、でも、本当にアレなの?本で見たものと形が違う気もするし…。)」


百合子「(だけど、多分アレって、男の人の…お、おち…)」


ロコ「ペニスですね。」


百合子「ロコちゃん!?」



5: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:35:43.54 ID:HbxSGWE9O

ロコ「これが本物のペニスですか。ヌードデッサンのピクチャーや彫刻などで見たことありますが…」


ロコ「それらに比べてキュートなペニスですね!」


杏奈「うう…恥ずかしい…。」


百合子「落ち着いて観察している場合じゃないよ!」


ロコ「いつからそうなったんですか?」


杏奈「んと…今朝、から…。」


杏奈「目が覚めたら、こんな風になってて…。」


ロコ「ふむ…何か原因に心当たりはないですか?」


杏奈「これ…昨日の夜に飲んだ…栄養ドリンク…。」


百合子「なになに?おちんちんハエール…これだよ!これ以外ないよ!」


杏奈「事務所に置いてあって…杏奈、間違えて飲んじゃった…。」


ロコ「なるほど。アンダスタンドです。」



6: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:36:40.68 ID:HbxSGWE9O

杏奈「それで…百合子さん。どうしたらいい…?」


百合子「えっ!?そこでどうして『答え知ってるでしょ?』って感じに私に聞くの!?」


杏奈「百合子さん…本好きで物知りだから…こういうのも詳しいかなって…。」


百合子「やめてよ!私にそういうイメージ持つのは!」


杏奈「わ、わかった…じゃあ、ロコは…良い案ない?」


ロコ「カットしましょう。」


百合子「ロコちゃん!?」


ロコ「もちろんロコ達にではなく、ドクターに頼んでカットしてもらいます。」


杏奈「手術ってこと…!?や、やだ…怖い…!」


ロコ「オールカットがダメなら、せめてパイプカットだけでも。」


百合子「何の解決にもなってない!」



7: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:37:44.50 ID:HbxSGWE9O

杏奈「無理無理…!痛いのやだ…!」


ロコ「うーん…万策尽きましたね。」


百合子「たった一策で!?」


杏奈「それだったら杏奈…このままでいい…!」


百合子「えっ、いいの?」


杏奈「うん…ちょっと変な感じするけど…それ以外は普通、だから…。」


杏奈「とにかく、切るのは嫌…!」


ロコ「アンナがそう言うならそれでいいですが…。」



8: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:39:16.72 ID:HbxSGWE9O

百合子「(こうして、杏奈ちゃんのふたなり生活が始まった。)」


百合子「(おちんちんのある生活は、とにかくトラブルの連続。)」


百合子「(例えば、水着のお仕事での出来事。)」


百合子「水着なんか着て大丈夫なの?膨らみでバレたりしない?」


杏奈「う、うん…杏奈のちっちゃいから…多分バレないと思う…。」


杏奈「あ、あれ…?意識したら…大きくなってきた…?」ムクムク


百合子「何故このタイミングで!?」


ロコ「よし!じゃあカットするしかないですね!」


杏奈「あっ、大丈夫みたい。行ってくる、ね…。」シュン


ロコ「……ちぇっ。」


百合子「そんなにカットしたいの!?」



9: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:40:14.90 ID:HbxSGWE9O

百合子「(ある時は握手会。)」


杏奈「最近は、おちんちんとの接し方…わかってきた、よ…。」


百合子「おちんちんとの接し方って何?」


杏奈「あのね、たまにね…おちんちんが気持ち悪い時があるの…。」


杏奈「そういう時は、ちょっとおちんちんの位置を変えてあげると……あ。」


杏奈「どうしよう…間違えてちょっと触っちゃった。」


百合子「早く洗ってきなよ!」


スタッフ「望月さん。スタンバイお願いします。」


杏奈「え……。」


百合子「……。」


杏奈「い、行ってきます…。」


百合子「行ってらっしゃい…。」


杏奈「(ファンのみんな、ごめんなさい!)」



10: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:41:02.28 ID:HbxSGWE9O

百合子「(そして数週間が過ぎた頃…。)」


百合子「あれから何か変化はあった?」


杏奈「ううん…相変わらず、生えたまま…。」


杏奈「でも、平気…だよ。両方の穴から、おしっこ出たりするけど…。」


百合子「その情報は要らなかったかな!」


ロコ「グッドモーニングです!今日は一緒にダンスレッスンですね!」


百合子「うん。ライブ近いし、頑張ろうね!」



11: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:42:25.05 ID:HbxSGWE9O

【レッスンルーム】


百合子「1、2、1、2…杏奈ちゃん。またちょっと遅れてるよ!」


杏奈「ご、ごめん…。」


百合子「いつもの杏奈ちゃんなら、これくらい踊れるはずなのに。」


ロコ「もしかして、バッドコンディションですか?」


杏奈「そ、そうじゃなくて、その…うう…。」


杏奈「お股が気になって…集中できない…。」


百合子「えっ?」


杏奈「ステップの度に…アレが揺れたり跳ねたりして…気持ち悪い…。」


百合子「なるほど…。その感覚は共感できないけれど、理解したよ。」



12: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:43:00.42 ID:HbxSGWE9O

ロコ「このままではまともにレッスンできませんし、やはりカットしか。」


杏奈「切るのはやだ…!」


ロコ「えー…。」


百合子「カットから離れて!」


ロコ「でも、それならどうします?」


百合子「…あれから色々調べてみたんだけれど、1個だけ、試したいことがあるの。」


杏奈「ほ、ほんと…?流石百合子さん!」


百合子「流石って言われたくない!」


ロコ「それで、そのメソッドとは?」


百合子「うん。ここはお約束に則っていこう。」



13: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:45:02.18 ID:HbxSGWE9O

【翌日、杏奈の部屋】


杏奈「いらっしゃい、2人とも…。今日は誰もいないから…ゆっくりしていって…。」


ロコ「おじゃまします!」


百合子「さてと…色々準備してきたから。」ゴソゴソ


杏奈「これ…大量のティッシュ…?」


百合子「うん。今から、杏奈ちゃんには、限界までヌいてもらうよ。」


杏奈「ああ…多分くるとは思っていたけど…。」



14: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:46:56.67 ID:HbxSGWE9O

百合子「おちんちんをしごいてしごいて射精して、金玉を空っぽにして…」


百合子「そうすれば、ふたなり化が解けるらしいの。」


百合子「精子が出そうになったらティッシュで受け止めてね。」


百合子「おちんちんをティッシュでしごくのもいいよ。」


百合子「より気持ちよくなれるように、ただのティッシュじゃなくてウェットティッシュにしたから。しかも結構高いやつ。」


百合子「これで思う存分ヌいてね。」


杏奈「…………。」


百合子「ん?どうしたの?」


杏奈「いや、百合子さんって…ほんっとに…詳しいよね。」


百合子「ッ!?」カァァ


百合子「ヌ・い・て・ね!!」



15: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:47:58.14 ID:HbxSGWE9O

【10分後】


杏奈「ん…くっ…はぁ、はぁ…。」シュ...シュ...


ロコ「なかなか出ませんね。」


百合子「初めてだからかな。ちょっと手つきが辿々しいよね。」


杏奈「(見られてると、やりにくいんだけど…。)」


ロコ「どうします?このままだとペアレンツが帰ってきますよ?」


百合子「うーん、仕方ない。アレを使おう。」ゴソゴソ



16: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:52:42.62 ID:HbxSGWE9O

杏奈「何…?その、ゴムの筒みたいなの…。」


百合子「非貫通式のオナホールだよ。」


ロコ「ユリコに頼まれてロコが作りました。名付けてユリコホールです。」


百合子「その名前やめて。」


杏奈「ユリコホール…。」


百合子「本当は杏奈ちゃんの趣味にあったオカズがあればいいんだけど、時間がないからね。」


百合子「これでおちんちんを刺激するよ。」


杏奈「これに、入れるの…?杏奈のおちんちんを…?」



17: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:53:44.89 ID:HbxSGWE9O

百合子「ま、このまま使うのはキツいと思う。」


ロコ「バキュームエフェクトでペニスが炎症を起こしますからね。」


百合子「なのでこれを混ぜる……ローション。かなりベタつくけれど滑らかさは無類だよ。」


ロコ「これもロコが作りました。名付けてロコローションです。」


百合子「…その名前でいいの?」


杏奈「ロコローション…。」


ロコ「ユリコホールにロコローション、そしてアンナペニス。これらが作り出すコンビネーション。」


百合子「奇跡が起こるよ。」


杏奈「…………。」ゴクリ



18: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:54:42.74 ID:HbxSGWE9O

杏奈「じゃあ、入れる…ね。」


スゥ...


杏奈「ッ!?こ、これ…すご…!!」ドプッ!!ドプッ!!


ロコ「いきなり出ましたね。」


百合子「童貞だからね。」


杏奈「これが、射精…全然、止まんない…!!」ドププッ!!


ロコ「あっ、見てください!アンナのペニスが!」


百合子「少し薄くなってる!この調子でいけばすぐに消えるよ!」



19: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:55:42.15 ID:HbxSGWE9O

杏奈「くぅ…ま、また出る…!」


???「ちゃん…杏奈、ちゃん…。」


杏奈「…?百合子さん…杏奈のこと、呼んだ…?」


百合子「ううん?何も言ってないよ。」


???「杏奈ちゃん…僕だよ…杏奈ちゃん…。」


杏奈「確かに声、聞こえるのに…あなたは誰?」


ちんこ「杏奈ちゃんのちんこだよ!」


杏奈「おちんちんが喋った!?」


ロコ「アンナ!?」


百合子「ちょっ、急に何言ってるの!?」



20: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:56:23.19 ID:HbxSGWE9O

ちんこ「他の2人には聞こえないよ。杏奈ちゃんの頭に直接話しかけているんだ。」


杏奈「(杏奈…おちんちんとお話ししてる…。)」


ちんこ「急に話しかけてごめんね。最後にお礼を言っておきたかったんだ。」


杏奈「(お礼…?)」


ち◯こ「僕に命をくれてありがとう。短い間だったけれど、とても楽しかったよ。」


ちんこ「最後には射精までさせてもらって、ちんこ冥利に尽きるってものだよ。」


杏奈「(そ、そう…。)」



21: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:57:22.28 ID:HbxSGWE9O

ちんこ「杏奈ちゃんはどう?僕のこと、うっとおしかった?」


杏奈「(杏奈は…ううん。杏奈も、楽しかった…。)」


杏奈「(最初は邪魔だって思ってた…でも、慣れると、気にならなくなって…。)」


杏奈「(いつの間にか、生えてるのが…当たり前になってた…。)」


杏奈「(失敗できないお仕事の前の日に…緊張して眠れない時も…あなたを握っていると…安心して眠れた…。)」


杏奈「(杏奈の方こそ、ありがとう…です。)」


ちんこ「良かった……うっ!」ビュルル!!


杏奈「(おちんちん!?)」



22: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 00:58:07.88 ID:HbxSGWE9O

ちんこ「はぁ…はぁ…そろそろ、お別れみたい…だね。」


杏奈「(待って!…と、止まらない!射精が止まらない…!)」


ちんこ「初めてだもんね。そういうものだよ。」ビュルルルル!!


杏奈「(くっ…止まれ…!!止まれ止まれ止まれぇ…!!)」


ちんこ「いいの。僕は元々、君には不要な物だから。」


ちんこ「君がトップアイドルを目指すための、障害でしかない。」


杏奈「(そんな…杏奈のおちんちん…!!)」



23: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:00:02.18 ID:HbxSGWE9O

ちんこ「君はいつか、ビッグなアイドルになれる。こんなにビッグにしてもらった、僕が保証する。」


ちんこ「僕はちょっとだけ遠くから、そんな君を見守っていくよ。」


杏奈「(待って…!杏奈はまだ…!)」


ちんこ「またね、杏奈ちゃん…。」ドプッ!!


杏奈「ちんぽーーー!!!」


ロコ「アンナが、アンナのペニスが泣いてきます!ユリコ!これはいったい!?」


百合子「これが噂に聞く、あの……精通……!!」


杏奈「(その日、杏奈は1つ上の女になった。)」



24: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:01:39.06 ID:HbxSGWE9O

【後日談】


百合子「綺麗に無くなって良かったね、杏奈ちゃん。」


杏奈「うん…でも…逆に、ちょっと落ち着かないけど…。」


百合子「ずっと付いていたもんね。」


ロコ「それにしても、元々の原因であるドリンクって、どうしてこのオフィスにあったんですかね?」


百合子「そういえば…何でだろう?」


小鳥「あっ、3人とも。ちょっといいかしら?」



25: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:03:59.29 ID:HbxSGWE9O

ロコ「どうしたんですか?コトリ。」


小鳥「実はね、こういう瓶を探しているの。見たことないかしら?」


杏奈「ッ!?そ、それは…!」


百合子「その瓶ってどうしたんですか!?」


小鳥「1ヶ月くらい前に、ある会社から栄養ドリンクを箱買いしたんだけど…」


小鳥「その会社から、1箱だけ新製品のサンプルが混じっていたって連絡が来たのよ。」


百合子「つまり、それがそのサンプルというわけですか…。」



26: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:06:44.34 ID:HbxSGWE9O

小鳥「それで、箱を確認してみたら、既に抜かれているみたいなの。」saga


ロコ「それならアンナが…むぐっ!?」


杏奈「そ、そうなんだ…見つけたら教える、ね…。」


小鳥「仮に見かけても、絶対に飲んじゃダメよ?飲んだら……うふふ。」


百合子「(何考えているんだろう?)」


小鳥「はっ!?ダメダメ!無くなった2本、早く見つけないと!」


杏奈「えっ、2本…?」



27: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:11:50.10 ID:HbxSGWE9O

社長「はぁ…おはよう、音無君…。」


小鳥「あっ、おはようございます、社長。」


百合子「どうしたんですか?何だか元気ないですけど。」


杏奈「顔、黒…じゃなくて、青ざめてる…。」


ロコ「何か怖い物でも見たんですか?」


社長「怖い物、か…まあ、ちょっとホラー映画のようなものをだね…。」


百合子「ホラー映画?」


社長「ダブルヘッド・ジョー◯という映画を知ってるかね?」


小鳥「(ダブルヘッド……えっ…まさか…?)」


【めでたしめでたし】



28: ◆2xoSemqxLg 2018/08/23(木) 01:13:44.82 ID:HbxSGWE9O

以上です。
ちょっとエッチなコメディを書いたつもりです。
楽しんでもらえれば幸いです。


元スレ
SS速報R:【ミリマスSS】杏奈「おち○ちんとの思い出」