SS速報VIP:モバP「アイドルの前世を知る力を得た」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412865116/



1: </b> ◇Fd7GxqZupI<b> 2014/10/09(木) 23:32:06.38 ID:DBQh2tom0

ちひろ「いきなりどうしましたかプロデューサーさん」

P「文字通りですよ。アイドルの前世が分かるんです。前生とも言います」

ちひろ「占いですか? 話が合いそうな子紹介しましょうか?」

P「占いかどうか? そんなことは些細な問題です。事実は俺がアイドルの前世が分かるということだけですから」

ちひろ「……まあいいです。仕事もひと段落しましたし、少しだけ付き合ってあげますよ」

P「ならばとくと聞くがよい!」

ちひろ「(うざい)あっ、私が占ってほしい子を決めるんですか」

P「いかにも!」

ちひろ「(とてもうざい)……じゃあ、>>2ちゃんでお願いします」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412865116




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 23:32:48.58 ID:yjxZTt86o

小梅



4: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/09(木) 23:39:56.56 ID:DBQh2tom0

ちひろ「じゃあ、小梅ちゃんでお願いします」

P「おおう、小梅ですか。いきなりハードル高いですね」

ちひろ「基準がわかりません」

P「小梅は……うーむ」

ちひろ(今考えてるんじゃなかろうか)

P「なん……だと。そんな……」

ちひろ「なんですか意味ありげに」

P「ちひろさん驚かないで下さい。小梅の前世は非常に高名な人物ですよ」

ちひろ「そうなんですか。でも私そういうのあまり詳しくないですよ

P「いえ! ちひろさんでも知ってるレヴェルの超有名人です!」

ちひろ(ヴェうざい)

P「小梅の前世は……!」




6: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/09(木) 23:44:29.39 ID:DBQh2tom0

P「白坂昌棟です!」

ちひろ「誰だ!!」

P「え? 知らないんですか白坂昌棟。有名人ですよ」

ちひろ「あっ……すみません。もしかして歴史上の有名人物とかですか? 私そこまで詳しくなくて」

P「まあそんなところです」

ちひろ「そうなんですか。ならせっかくなので後学のためにどんな人だったのか教えてくれませんか?」

P「あ、知りたいですか? やー、教えて欲しいですかー。なら仕方ないですねえ。じゃあかいつまんで……」

ちひろ「お願いします」




7: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/09(木) 23:48:54.98 ID:DBQh2tom0

渋谷凛「ちょっと待ってプロデューサー」

ちひろ「あら凛ちゃん。今帰ってきたの? お疲れ様」

凛「あ、うん。ただ今戻りました。……それよりプロデューサー。今話聞いてたけど」

P「ん? なんだ凛」

凛「面白そうな話してたからさ。いまちょっとスマホでそろシラサカマサムネって人ググったんだけどさ」

P「ほう」

ちひろ「(凛ちゃんから聞いた方がめんどくさくなさそう)どんな人なんですか? その人」

凛「戦国武将だって。しかもものすっごくマイナーな」

ちひろ「戦国……はい?」

凛「かろうじてウィキペディアには記事あったけど、けどそれくらいしか検索でヒットしないレベル」

ちひろ「……プロデューサーさん?」

P「Oh……」




10: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/09(木) 23:54:58.61 ID:DBQh2tom0

ちひろ「超有名人物だったんじゃないですか?」

凛「グーグルだと2ページ目にはもう出なくなるレベルだよ」

P「待てちひろさん。いや、待って下さい。ちょっとした茶目っ気じゃあないですか。ちょーっとそういうフレーバーがあるといいかなって思っただけですって」

ちひろ「……私をバカにしたかっただけじゃないんですか?」

凛「いつもちひろさんには頭が上がらないからね。自分の得意分野に無理やり話を持ち込んで、っていう?」

P「りーん……素晴らしい精神分析じゃないか。現場とかで、空気が読めるって言われない?」

ちひろ「この話はこれで終わりにしましょう。最初から根拠も何もない話だったわけですし。あ、プロデューサーさん今日会議室の清掃お願いしますね?」

P「え、今週はちひろさん当番じゃ」

ちひろ「はい?」

P「いや、ちひろさん当番ですよ。ほらそこのホワイトボーあたたたた!! 耳! 凛耳!」

凛「往生際悪いよプロデューサー」




11: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/09(木) 23:59:44.36 ID:DBQh2tom0

凛「……で? なんでそんな意味の分からない回りくどい言い方してたの? プロデューサー」

P「ん? あっ、どの件についてでございましょうか」

凛「私はちひろさんじゃないんだから普通に喋って。……だから、前世とかいきなり言い出して」

P「ああ、いやね。小梅のアレはジョークなんだけど、前世がわかるのはマジなんだよ」

凛「何? 私にも吹っかけようって言うの?」

P「いやいやいや、違う違う違う。ほんと、違うんだすって!」

凛「怯えすぎだよプロデューサー」

P「いやな。前世はホントなんだよ。ただすぐわかるっていうんじゃないんだ。条件があるんだよ」

凛「条件? それって? 何か小道具がいるとか?」

P「いや。あくまでこれは俺の能力だから小道具とかはいらない。すごい単純な話なんだ。それはある一定の条件下で初めてわかる」

凛「……それって?」

P「夢だ」




12: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:04:47.80 ID:F+1icXrC0

凛「あー、夢ねえ」

P「お、ちょっと信じたか?」

凛「え? いや信じたってわけじゃないけど。ただ少しはありそうだなって」

P「だが実際にあるんだよ。検証もしたから間違いない」

凛「検証って……どうやってするの?」

P「簡単じゃないか。前世が分かってる人で試してみて、合ってれば本物だろ」

凛「前世が分かってる人なんていないでしょ。何言ってるの」

P「おいおいりーん。もしかして授業中は寝てるのか? まあ忙しいし仕方ないのか……」

凛「腹立つんだけど」

P「まあ待てって。一人いるだろう? 前世のエピソードからして有名な人がさ」

凛「また戦国武将とか言い出すんじゃないよね?」

P「正真正銘の有名人だよ」

凛「……で、誰のこと?」

P「少しは考えてくれたりしないのか。あ、いえ、いいです。その人はですね」

凛「……」

P「ブッダ」



13: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:11:30.65 ID:F+1icXrC0

凛「ブッダ? 再臨するやつ?」

P「待て凛。その方向で話を広げるのはよそう。間違っても悟りにチャレンジ!とか言うんじゃないぞオンエアで」

凛「要するに仏教のアレでしょ? 始めた人」

P「ちょっと本当に凛の学力が心配になってきたけど、まあその程度分かるならまだ普通か。……その通り。仏教の始祖と言われるブッダだ。シャカとも言う」

P「まあかいつまんでの説明にしておくが、ブッダは前世でも善行をたくさん積んだ人でな。その中に捨身飼虎っていう有名なエピソードがあってだな」

P「超簡単に言うと、お腹を空かした虎のために自分自身を差し出したっていう話なんだが」

凛「あー、どこかで聞いたかも。確かうちの事務所の誰かが言ってたような」

P「まあ有名な話だしな」

凛「……え、ってことはプロデューサー。まさか、虎に食べられる夢見たの?」

P「イエス」

凛「ブッダ視点で?」

P「イグザクトリー」

凛「うわあ」




15: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:17:46.79 ID:F+1icXrC0

P「枕の下に、夢を見たい人の顔が写った写真を置いておくんだ。ポイントは寝返りをうった時にどっか行かないように枕カバーで挟むことだな」

凛「聞いてないよ。……って、ちょっとプロデューサー。ブッダの写真って、そんなのないでしょ」

P「学生時代使ってた教科書のカットでいけたぞ。あのガリガリになったブッダの像のやつで」

凛「よりにもよって!?」

P「まあ待て。他にもうちの母さんの写真とかでも試したが、やっぱりそれっぽい夢は見た。つまりこの力は本物だ」

凛「うーん……」

P「信じてくれよ凛。さっきのアレも、ちひろさんには明日の出勤で発表しようと思ってたんだって。だからちょっとふざけてみたりしたんだよ」

凛「……ちなみに」

P「なんだ?」

凛「プロデューサーのお母さんの前世はどうだったの?」

P「北京原人だった」

凛「現生人類の直系の祖先じゃないじゃん!」

P「お、よく知ってるな凛。ちょっと安心したぞ」

凛(信用ポイントが下がったよばか)




16: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:21:36.71 ID:F+1icXrC0

P「まあまあ。確かに確かめようはないけどさ。話の種としては面白いだろ?」

凛「下らないよ……っていうか枕の下に写真ってなんか別の迷信なかったっけ」

P「確かに下らないが、けど眠ってる時間を活用するわけだから無駄に時間を食う訳じゃない。とりあえず明日を楽しみにしてくれ」

凛「あ、本当に試すんだ。小梅で?」

P「ああ。小梅の宣材写真を枕の下に入れて寝るよ」

凛「それだけ聞いたらロリコンか何かに聞こえるんだけど。……でもファンでいそうだなあそういう人」

P「せめて寮暮らしをしてる一人娘を溺愛する父親とかにしてくれよ」

凛「父親ってほど年離れてないからアウト」

P「じゃあ兄貴で」

凛「シスコンになるね」




17: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:26:39.49 ID:F+1icXrC0

P「……っと。よーし会議室の掃除終わりっと」

凛「今週はそんなに汚れてなかったね。みんな忙しかったからかな」

P「ああ。っていうか会議室はお前らの談話室じゃあないんだがな」

凛「ちひろさんがいいって言ってるんだからいいでしょ。っていうか楽だったのもちひろさんの優しさかもね」

P「優しさ!? どこが!?」

スマホ『録音ヲ停止シマス』

P「ホンット、勘弁して下さい」

凛「面白いくらいに予測できるよプロデューサー……」

P「それ、ちひろさんには聞かせるなよ? さもないと車乗せてってやらん」

凛「私、この時間一人で帰ったら補導されるかもよ? 事務所的にありなの?」

P「……いやほら」

凛「ちひろさん的にありなの?」

P「何やってるんだ凛! 事務所締めるぞ!」

凛「……やれやれ」




19: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:29:44.54 ID:F+1icXrC0

………

……



P「……よし。凛に残って掃除の手伝いをしてもらったお礼のメールも入れたし。今日はさっさと寝るか」

P「小梅の写真をセットして……と」

P「さて、どんな夢見になるか。……そういえばこれで白坂昌棟だったらちひろさんになんて言えばいいんだろ」

P「いや、ないな」

P「……幽霊は許容できるとして、ゾンビとかグロいのは勘弁してくれよー……」

P「…………」

P「……」




20: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:34:16.40 ID:F+1icXrC0


――翌日――


凛「……ってね。もちろん私も信じてるわけじゃないんだけど」

ちひろ「はあ。でもまあプロデューサーさんは割と本気って事ですか」

凛「だからさ、ちひろさん。……さすがに仕事忙しい時に言い出したりはしないと思うし、あんまり邪険にしないであげてほしいというか」

ちひろ「ふふ、凛ちゃん優しいですね」

凛「……まあ。ちょっと面白そうでもあるしさ」

ちひろ「ふふ、はいはーい。分かりました。聞いたら後で凛ちゃんにも教えてあげますね」

凛「うん。じゃあ行ってきます」

ちひろ「行ってらっしゃいー」




21: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:40:40.50 ID:F+1icXrC0


P「おはようございます」

ちひろ「あ、プロデューサーさんおはようございます。昨日はお疲れ様でした」

P「昨日? ああ、掃除の件ですか。あれは凛も手伝ってくれましたし……」

ちひろ「もう、ダメですよプロデューサーさん。高校生にあんな時間まで残業させちゃあ」

P「う、すみません。残るって聞かなかったもので」

ちひろ「まあいいです。あ、凛ちゃんなら荷物持ってさっき現場向かいましたよ」

P「了解です。他には誰か来てますか?」

ちひろ「茜ちゃんなら通勤途中にランニングしてるの見ましたねえ」

P「ジョギングじゃなくてですか……? ああいいです。とにかく事務所にはまだ誰も来てないと」

ちひろ「そうですね」

P「あれ。すると打ち合わせまですることない感じですか」

ちひろ「そうですね。出社早々ですけど、休憩にしましょうか」

P「ああはい。……なんか拍子抜けしちゃうなあ」

ちひろ「まあまあ。たまにはゆっくりするのもいいと思いますよ?」




24: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:45:30.35 ID:F+1icXrC0

P「ところでですよちひろさん」

ちひろ「(来ましたか)はい。なんですか?」

P「昨日、前世の話したじゃないですか」

ちひろ「ああ、そんな話もありましたね」

P「小梅ですよね。しっかり見てきましたよ。前世」

ちひろ「見てきたですか」

P「あ、そうか。えっとですね。実は夢が……」

ちひろ「凛ちゃんから聞いてますよプロデューサーさん。じゃあせっかくだから聞かせて下さい。でももう調子に乗らないように」

P「凛が……そうですか。なんかちょっとあっさりで拍子抜けしちゃいますね」

ちひろ「またですか」

P「あ、いえ。すみません。それでですね。小梅の前世ですが」

P「まずどこの人かと言いますとですね。>>25の人みたいでした」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 00:47:30.15 ID:zZn56/3ao

中世ヨーロッパ暗黒時代



26: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 00:53:11.03 ID:F+1icXrC0

P「中世ヨーロッパ暗黒時代の人みたいでした」

ちひろ「闇黒……ですか?」

P「はい。といっても暴力が支配する荒廃とした時代……というわけではなくて、あくまで観念的な話ですね」

P「ギリシアやローマ系の伝統的南ヨーロッパ文化圏の支配が終わって、北ヨーロッパ……ゲルマン系の歴史が始まった時代のことです」

ちひろ「はあ……要は中世のヨーロッパなんですね。1000年以上昔っていうのは分かりました」

P「はい。そこで小梅は……>>28をしてる人だったわけです」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 00:56:10.04 ID:C8iF09vdo

遊牧民



29: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:06:46.30 ID:F+1icXrC0

P「遊牧民をしてる人だったわけです」

ちひろ「ヨーロッパで遊牧民……ってなんか想像し辛いですね」

P「まあ確かに。でもこの時代の歴史には関係の深そうな感じなんですよ」

ちひろ「なるほど。……でも実際にいたかどうかはいいとして、小梅ちゃんが遊牧民ですか……なんかこっちはこっちで想像し辛いです」

P「いやいや、そんなことないんですよ。小梅はあれでなかなかの遊牧民族っぷりでしたよ」

ちひろ「私は遊牧民族のいろはは知らないんですけど。羊とか飼ってるんでしたっけ。あと馬に乗ったり」

P「ええ。そうです。そこで小梅は羊とお喋りするような感じでしたね、こう―――」


 メェー

 小梅「あ、お、おはよう。今日は血色がいい……?」

 小梅「あ、ちょっと。な、舐めないで。顔洗ったばっかり」

 小梅「ふふ、くすぐったい……」

 小梅「あんまりそうやってはしゃいでると、羊さんがびっくりしちゃうよ……?」

 小梅「まだ本体の方は、ね、寝てるんだから……」


ちひろ「はいストップ!」




30: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:12:12.09 ID:F+1icXrC0

P「……なんですか? まだ一日が始まったばかりだったのに」

ちひろ「憑りついてます! なんか羊に憑りついてますって!」

P「? ああ、そりゃあびっくりしますよね。今の小梅の周りで霊に憑りつかれたって事件はまだないですし。でもホラ。まだ剣と魔法が信じられてた時代ですから」

ちひろ「いやいやいや。いくら小梅ちゃんだからって、そんな所まで似なくても」

P「何言ってるんですか。小梅から霊とかそういうのを取ったら、ただの超かわいい内気な女の子になっちゃうじゃないですか」

ちひろ「褒めてるのか貶してるのか……いやでもですね?」

P「でも夜寝る前は死んで土葬された羊の墓で……」

ちひろ「いいです結構ですやめて下さい、ね?」

P「む、そういう事ならこの話は省略しますが……」




31: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:22:52.14 ID:F+1icXrC0

P「とにかく、小梅の朝は放牧してる羊(に憑りついてる霊)へのあいさつから始まるわけです」

ちひろ「アッハイ」

P「そして次は朝議の時間ですね」

ちひろ「アッハイ。……はい?」


 小梅「こ、この前。お友達の牛飼いの子に、り、立派な剣をもらった……」

 小梅「これはきっと、ゴーストソードとか、ゾンビブレイカーとかそういう……え、違う? そ、そう」

 小梅「あ、えっと。南の方の神様の剣なんだって」

 小梅「それで、この剣を持ってる人は、その、地上の支配者になるって、大臣が言ってた」

 小梅「……冥界の支配者の方がよかったけど」

 小梅「だから、これから南に進んで、ヨーロッパを侵ry」


ちひろ「大王! 大王じゃないですか小梅ちゃん!」




32: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:28:49.55 ID:F+1icXrC0

P「ちょっと今日はテンション高いですね、ちひろさん。昨日はあんなに刺々しかったのに」

ちひろ「いや、いやいやいや。昨日の白坂ナントカよりよっぽどインパクトありますよ。小梅ちゃん、遊牧民の王様なんですか!」

P「あ、知ってますか。そうみたいですね。意外ですよねえ」

ちひろ「超意外ですよ! 小梅ちゃん王様ってイメージ……いや、ないですからね!」

P「しかもただの王様じゃないですよ? ちひろさんも言ってましたけど」

ちひろ「有名な王様なんですか? 大臣とか言うから王様なんだって思いましたけど」

P「なんだそういうことでしたか。さっきのはいわゆるマルスの剣のエピソード……つまり」

P「小梅の前世は、ヨーロッパに暗黒時代をもたらした遊牧民族大帝国を束ねる希代の大王……」




33: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:30:21.99 ID:F+1icXrC0



P「アッティラ大王(406?-453)です」





34: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:37:01.58 ID:F+1icXrC0

ちひろ「……学生時代に聞いたことあるような」

P「まあ世界史上でも有名な人物ですからね」

ちひろ「なんか怖いですね。遊牧民って言うからてっきりのどかな生活を送っていたのかと」

P「何言ってるんですか。遊牧民族って戦闘民族と同義と言っても過言ではないですよ」

ちひろ「まあジンギスカンとかいますしね……」

P「小梅はどこか蔑ろにできないカリスマみたいなのがありますから。それが功を奏したんじゃないですかね。黙ってても遊牧民は軍隊が強いですから」

ちひろ(そりゃ幽霊と話したり、ゾンビ呼び出したりする人には逆らえないでしょう)

P「まあそんなこんなで小梅はヨーロッパを席巻するわけです。いいなあ小梅」

ちひろ「なんか頭痛くなってきましたよ……」




35: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:45:02.42 ID:F+1icXrC0


P「いやー、でも面白いですよねこれ。少しプロデュースの方面に生かせないですかねえ……」

ちひろ「へ、遊牧民系アイドルってことですか? さすがにそれは今までと方向性が違い過ぎるというか」

P「いやいや。前世がアッティラ大王って大々的に宣伝すればですよ。話題作りにもなりますし」

ちひろ「まあそれくらいなら……でもイメージが……」


ワイワイ

「…………」

「王様……」


  小梅「P。今日はモルグに行きたい」

  P「モルグですか。しかしヨーロッパ人の街におん自ら危険では」

  小梅「護衛にPがいれば、大丈夫……でしょ?」

  P「はっ! 命に代えても大王様のお命は私がお守りします!」

  小梅「大王様じゃなくて、二人の時は名前で呼んで、呼びなさい」

  P「はっ、小梅さま」


「…………」

「……いいかも」




37: ◆Fd7GxqZupI 2014/10/10(金) 01:48:14.87 ID:F+1icXrC0


なんかバランス悪くなったんですけど、とりあえずおしまいにします。最初迷走してすいません。キャラが勝手に動いた(棒)

続くかどうかはわかりません。それではお休みなさいませ。




38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 03:15:05.00 ID:qedKAWSRo

戦争狂じゃないですかー!やだー!


元スレ
SS速報VIP:モバP「アイドルの前世を知る力を得た」