1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:37:12.77 ID:ja4A7kCs0


P「よし、決めた。 今日はカンチョーに徹しよう」

あずさ「あら、おはようございますプロデューサーさん」

P「あ、おはようございます。 あずささん」

あずさ「うふふ……」ニコニコ

P「あずささん……」

あずさ「はぁい? 何でしょうか?」

P「何だか今日は一段と……綺麗ですね」

あずさ「えっ……//// そ、そんな……」カァァ…

P「あずささんのこと、好きになってしまいそうです……」

あずさ「そ、そんな、急に、その……」カァァァ

P「あずささん……」ジーッ

あずさ「や、やですよ……そんな見つめられたら……」クルッ

P(よし、後ろを向いた……! 今だ……!)

あずさ「プ、プロデューサーさん、私……その……ずっと貴方のゴガヒャアアアアア!!?!」

P「よし……」 シュゥゥゥ…



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:59:20.06 ID:ja4A7kCs0


───

春香「あ!プロデューサーさん! おはようございます!」

P「やあ、おはよう春香」

P「あれ? 春香、背中にゴミが付いてるぞ」

春香「えっ! ほ、ほんとですか?」

春香「んしょ、んしょ…… と、取れないよぉ~……」

P「俺が取ってあげるよ」

春香「あ、ありがとうございます!」

P「春香の背中……」ツツツ…

春香「んひゃぁぅ! く、くすぐったいですよぉ……!」

P「ごめんごめん、春香見てると、なんだかついちょっかい出したくなっちゃうんだよ」

春香「や、やめてくださいよぉ……////」

P(油断したな! 今だ!)

春香「わ、私だって、一応女の子なオボギョオオオオオオォォォアアァァ!!!?!?!?」

P「よし……」シュゥゥゥ…



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:18:53.11 ID:ja4A7kCs0


───

P「お、雪歩、おはよう」

雪歩「お、おはようございます……」ビクビク

P「相変わらず男性恐怖症か……」

雪歩「は、はい……すいません! 穴掘って埋まってますぅ!」ザクザク

P「待て待て待て、 そうだ、特別に男性恐怖症を治すおまじないをしてあげよう」

雪歩「お、おまじないですか?」

P「そうだ、 雪歩にだけ、特別だぞ?」ニコッ

雪歩「は、はい////」

P「まず 四つん這いになってくれ」

雪歩「ちょ、ちょっと恥ずかしいですけど……はい……」ペタ

P「そして目をつぶってくれ」

雪歩「はい……」

P「ちょっとシャベル借りるぞ」

雪歩「は、はい……え?オゴアギャアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」 ポタ…ポタ…



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:41:28.10 ID:ja4A7kCs0


───

P「お、伊織 おはよう」

伊織「フン、おはよう」

P「相変わらずツンツンしてるな」

伊織「何よ、文句ある?」

P「いや、そういうところも可愛いなぁと思って」

伊織「なっ……!? な、何バカなこと……」カァァァ

P「アイドルの仕事もがんばってるしな」ナデナデ

伊織「な、撫でるなぁっ!」////

P「ご褒美に高い高いしてあげよう」

伊織「いっ、いいわよっ、そんな子供みたいな……」

P「たかいたかーい♪」

伊織「ふあぁっ//// ちょっ、プロデューサー……」

P「と、高いところに放り投げて………」スッ

伊織「えっ………ンゴォォギイイイイイイイイイイイイイイイ!!!?!??!」 グショォォァァ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:51:02.35 ID:ja4A7kCs0

次のアイドル
>>30



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 22:52:15.24 ID:yKYoO4s20

ちーちゃん



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:01:56.58 ID:ja4A7kCs0


───

千早「あ、プロデューサー、おはようございます」

P「おはよう 千早、 あ、そうだ」

千早「?」

P「千早にグラビア撮影の話が来てるんだが……興味無いか?」

千早「えぇっ!? プ、プロデューサー……からかってるんですか? 私なんて……」クッ

P「千早……もっと自分に自信を持て。 俺は千早の体、好きだよ」

千早「なっ……あ……」カァァァ…

P「ほら、千早のキュッとしまったウエスト、品の良いヒップ……ん? ちょっと後ろ向いてみろ」

千早「えっ、な、何か……最近特に太ったりなどは……」クルッ

P「蒼いー鳥ー」

  ズ   ン  !!

千早「モ゙シシア゙ヷセエ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エ゙エエエエエ!!!?!!?!?!」

P「よし……」シュゥゥゥ…

千早「ピクピク」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:04:47.06 ID:ja4A7kCs0

次のアイドル>>45



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:05:43.20 ID:nUI9bTfZ0

おしりちんこと貴音 挿した後のトドメのグリグリ付きで



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:15:03.67 ID:ja4A7kCs0

───

貴音「貴方様、おはようございます」

P「おう、おはよう 貴音」

P「ジー……」

貴音「……? どうかしましたか、貴方様」

P「いや……何でもないよ」

貴音「?」

P(やっぱり貴音は鋭いな……なかなかスキを見せなそうだ)

貴音「何やら面妖な気配が……」

P「貴音」

貴音「はい」

P「ラーメン食いに行こう」

貴音「!」ピョコン!
───

P「旨いか?」

貴音「ハフハフ」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:26:09.33 ID:ja4A7kCs0


P「貴音は何から何まで謎だよな」

貴音「ハフハフ」

P「ミステリアスというか……妖艶というか……」

貴音「ハフハフ」

P「惚れちまいそうだ」

貴音「ハフ……」ピタ

P「………」

貴音「……そういう冗談はよしてくださいませ……らぁめんの味が……分からなくなってしまいます」

P「……俺は本気だよ」

貴音「………」

P「………」

貴音「……信じても、よろしいのですか?」

P「………この後、時間あるか?」

貴音「………」コクリ

───



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:28:19.18 ID:ja4A7kCs0


───

P「先にシャワー浴びて来いよ」

貴音「はい……」



貴音「その……貴方様……私……その、経験が……無いもので……」

P「貴音、きれいだよ……とっても……」

貴音「貴方様……////」

P「ほら、こことか、な」

貴音「ふあぁっ////」 ビクッ

 ギシギシ

────
──


 チュン…チュンチュン…

P「貴音……最高だったぞ」

貴音「////」ギュッ



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:30:57.90 ID:ja4A7kCs0


───

 リーンゴーン

牧師「病める時も健やかなる時も、共に生きて行くことを誓いますか?」

P「誓います」

貴音「誓います」

牧師「えー、それでは、誓いの口づけを……」

P「貴音……」

貴音「貴方様……」

 チュッ…


──

貴P「おとうさーん!見てみて!カブトムシ!」

P「おいおい、少しは休ませてくれよ」

貴音「うふふ……本当にあの子ったら」

P「ま、たまには親子水入らずで楽しむか」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:34:46.73 ID:ja4A7kCs0


───

貴P「だから!!俺は大学には行かない!!音楽で食っていくんだ!!」

P「馬鹿野郎!!そんなに世の中甘くないぞ!!」

貴音「お二人とも、どうか落ち着いて下さい」

───

P「おい、貴Pから年賀状が届いたぞ もうすぐ貴Pジュニアが小学校に上がるそうだ」

貴音「なんと、次に会うのが楽しみですね」

P「はは、いや、しかし色々あったなぁ……お前と一緒に生きてこれて……幸せだったよ」

貴音「あらあら、どうしたのですか、急に面妖な……」ウフフ

P「本当の気持ちだよ。 あ、後ろの新聞を取ってくれ」

貴音「はいはい。 ? 新聞はどこにも」

P「─── ッ!」

  ズ  ン  !!

貴音「オゴギァバアアアアアアアアア!!!?!?!?!!?」

P「よし……」シュゥゥゥ…



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:35:29.16 ID:ja4A7kCs0

次のアイドル>>75



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:37:34.60 ID:yKYoO4s20

クソワロタwwww
やよい



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:59:26.43 ID:ja4A7kCs0


───

やよい「うっうー♪ おはようございまーす♪」

P「おー、おはよう やよい、今日も元気だな」

やよい「うっうー♪ 元気ヒャクパーセントーなのですー♪」

P「やよいが元気だと俺も嬉しいよ」ナデナデ

やよい「えへへ////」

P「そんな可愛い可愛いやよいには」

P「お尻ペンペンしちゃうぞー♪」

やよい「えぇっ!? お、おしりペンペンですか?」

P「ほら、そこに立ってお尻を突き出しなさい」

やよい「え、で、でも……」

P「早く」

やよい「は、はぁい…?」スッ

P「行くぞー」




93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 23:59:58.86 ID:ja4A7kCs0

 ベチ───ン!!

やよい「いっ、キャアアアァァッ!?」 ビクーン!

やよい「い、痛いですぅ……」ポロポロ…

やよい「うっ、う~~~……プ、プロデューサぁさんひどいですぅ~……」ポロポロ…

P「ごめんな…… でも、お前のためなんだぞ?」

やよい「え……?」グス…

P「アイドルっていう仕事はな、楽しいだけじゃやっていけないんだ」

P「何千、何万というライバル達がしのぎを削りながら生き残ろうと必死な世界なんだ」

P「お前のライバルは、765プロの人間だけじゃない、他のプロダクションや、果てはフリーのタレントまでいる」

P「今いる既存の人気タレントやアイドルだけでなく、これからこの業界に新しく入ってくる人間達もライバルなんだ」

P「やよい、お前がこれからこの厳しい芸能業界で生き残っていく為には色んな痛みや苦労を経験することになるだろう」

P「そういった辛酸を舐め尽くしてそれでも笑顔を振りまける人間、それが本当のアイドルだと俺は思う。それに」

 ズ   ン !!

やよい「ホギョア゙ァ゙ァァイ゙イ゙イイイィィィ!!!?!!?!」

P「よし……!」 シュゥゥゥ…



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:14:47.53 ID:7b5KWm1S0


───

小鳥「あ、プロデューサーさん、おはようございます」

P「おはようございます。 あ、小鳥さん」

小鳥「? どうしました?」

P「小鳥さんって……今、お付き合いしてる方っていらっしゃいますか?」

小鳥「ムッ……いませんよっ。 もう、プロデューサーさんったら、デリカシーが……」

P「……小鳥さん」 スッ

小鳥「は、はい?」 (ち、近い……! 顔が……!)

P「あの、良かったら……僕と……」

小鳥「は、は、はい……!」ドキドキドキドキ

 ズ  ン  !!

小鳥「フゴア゙ア゙ァァ゙ア゙ア゙アアァイ゙イ!!??!!」

P「よし……!………!?」

P「い、いない!?」

小鳥「残像です」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:17:44.16 ID:7b5KWm1S0


P「ば、馬鹿な………」

小鳥「全く……プロデューサーさんたら、こんなことして……」

小鳥「少しお仕置きが必要ですね」

P「……!!」

小鳥「まさか、このグッズをプロデューサーさんに使う日が来るとは……」

 ウィン ウィン ウィン ウィン ウィン ウィン

P「!!!?!?!」

P「や、やめろ……! やめてくれ……!!」

 ズ…

P「あ゙あ゙あ゙あ゙あぁあああんっ あ゙あ゙ぁあ゙ん゙っ!!!!!」

小鳥「よし……!」 ピヨ…


    完チョー





110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:18:54.68 ID:ljwzI8fr0

浣腸したあとの描写をお願いします
泣いたりとか怒ったりとか困惑したりとか



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:27:05.71 ID:7b5KWm1S0

>>110

律子「ちょっ、プロデューサーさん!? 何してるんですか!?」

P「まあまあ、大声出さないでください 行きますよ」

  ズ ン ッ !!

 肛門の中へ俺の指が深々とめり込んだ。
 一瞬。
 一瞬で第二関節の当たりまで、左右の人差し指がケツ穴へ飲み込まれている。
 尻がヒクヒクと震えているが、大きな動きは無い。
 突然の感触と衝撃で頭が正常な判断を下せないのだ。
 ただプルプルと震えながら、少しずつ穴から指を抜こうと相手の体は逃げようとする。
 が、そうはさせない。
 俺は足を踏ん張って、体ごと、更に指をケツ穴にねじり込んだ。
 相手の口から言葉にならない叫び声が漏れる。
 悲鳴なのか、嬌声なのか、俺には分からない。興味が無い。
 ただ、俺の頭にあるのは、
 この指を、最後の最後まで肛門の中へ、直腸の中へ突き刺すこと……!

P「フンッ!!!」

 俺は最後の力を振り絞った。
 と、その瞬間、とうとう耐え切れずに社長は絶叫した。

律子「イヤアアアアアッ!!!」

 もはや見るに堪えなかった律子が悲鳴を上げながら社長室を飛び出す。 しかし、どうでも良かった。
 パーティはまだ始まったばかりだ。



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:29:18.82 ID:EStLZ7u50

乙!
最高だわ



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/22(金) 00:33:19.24 ID:rJE8VpL10

>>117
妙に精密な描写の上に開いて社長かよwwwwww


元スレ
P「アイドル達にいきなりカンチョーしたらどうなるか反応を見たい」