SS速報VIP:高槻やよい「暖めてあげるからそばにいて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415956182/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/14(金) 18:09:52.45 ID:HDnCnpSi0


やよい『収録終わりましたー!』ウッウー!


P『よく頑張ったな、やよい』ナデナデ


やよい『えへへ、プロデューサーの手、あったかくてきもちいいです!』テレテレ


やよい『でもこうしたら、一緒に……』ギュゥ


やよい『心もぽかぽかーってしますね!』


P『おっと、やよいもあったかいなぁ』ハハ…


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415956182




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:10:50.26 ID:HDnCnpSi0


――――――――

―――――

――




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:11:51.76 ID:HDnCnpSi0



プロデューサー。


あれから、もう三年が経つんですね。





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:12:45.73 ID:HDnCnpSi0


プロデューサー。


私の、大好きな人。


でも、今度、結婚してしまいます。


お相手は、全国縦断ドームライブを最後に、引退を決めた、美希さん。




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:13:49.91 ID:HDnCnpSi0


ふたりは、ずっとお付き合いしていたのを隠してて、


私も、ついこの前、“あのふたりが”って知って、びっくりしました。


でもでも、長い間、美希さんが頂点で輝いていたのも、


ちょっと納得できたかなーって。




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:14:56.79 ID:HDnCnpSi0


「ねぇ、ハニー。今日のミキは、今まで、一番綺麗でしょ?」


「ああ、綺麗だよ、美希。すごく綺麗だ」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:16:01.16 ID:HDnCnpSi0


私が、もっと背が高かったら。


私が、もっと素直になれていたら。


私が、もっと近くにいたら。



私が、もっとすごいアイドルだったら。


プロデューサーの隣にいたのは、私だったのかな?




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:16:46.69 ID:HDnCnpSi0



結局、誰にも言えなかった。


私だけが知っている、私の想い。





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:17:22.60 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:18:11.33 ID:HDnCnpSi0


P『うおお、寒いぞ、この季節は……』ブルブル


やよい『プロデューサー、それじゃあ、手を出してください』


P『ん?ハイタッチか』


やよい『違いますよぅ。こうするんですっ』ギュッ


やよい『こうすれば、あったかいですよ!』


P『ああ、なるほど。あったかいな』




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:19:30.51 ID:HDnCnpSi0


事務所まで手を繋いで帰った時も。


きっともう、プロデューサーは美希さんと付き合っていたんですね。


私、ちょっと失礼なことしちゃったかも。




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:20:09.36 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:21:43.90 ID:HDnCnpSi0


結婚式の招待状を、プロデューサーに渡されました。


私は、ちゃんと笑顔で受け取れてたかな。




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:22:52.36 ID:HDnCnpSi0


プロデューサー……


これからも、そばにいてください。


私を支えてくれたその手を、


私の頭をなでてくれた、その手を、


私が、いつでも暖めてあげるから……




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:24:20.03 ID:HDnCnpSi0


分かってる。


そんなことは、言えない。


言えないから、こうなっちゃったのも。


分かってる。全部分かってる……




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:25:14.55 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:26:12.99 ID:HDnCnpSi0


P「おはよう、やよい」


私は朝早く事務所に行く。


始めは、お掃除をするためだったけど。


いつからか、プロデューサーに会えるのを楽しみにして。


P「いつもありがとな、やよい」


やよい「いえいえ!」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:27:03.93 ID:HDnCnpSi0


私以外のアイドルは、誰も知らない時間。


私だけの時間。


やよい「今日は寒いですねー」ギュッ


P「そうだな。風邪引かないようにしないとな」ヨシヨシ


私が唯一、プロデューサーに甘えられる時間。




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:27:59.63 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:28:39.73 ID:HDnCnpSi0


P『やよいは…長女だったっけ?』


やよい『はい!だからいつも、誰かに頼ったり、できなかったです』


P『そうか。まあ、俺には甘えてくれよな』


P『年齢的には兄貴みたいなものだし』


やよい『プロデューサーが、私の……?』




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:29:40.68 ID:HDnCnpSi0


やよい『じゃあ、一度だけ……お、お兄ちゃんって呼んでも?』


P『ああ、いいよ』


やよい『よ、よーし……』


やよい『ぉ、お兄ちゃん……』///


P『なんだ、やよい?』


やよい『え、わ……!私どうしよ~!』///




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:30:18.92 ID:HDnCnpSi0


P『今日はよくがんばったな。ごほうびに……』ナデナデ


やよい『あ、あぅ……』テレテレ


P『いいこいいこ』


やよい『え、えへへ、ありがと……お兄ちゃん』///




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:31:11.76 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:32:46.72 ID:HDnCnpSi0


やよい「美希さんの、全国縦断ドームライブ、大成功でしたね」


P「ああ。最後に華々しいエンディングを迎えられてよかったよ」



やよい「……美希さんはどうして、ここで引退することにしたんですか?」


P「美希が、もう満足だって。一生分輝いたから、後は俺のためだけにキラキラするって」


やよい「わー、惚気られちゃいました」///


P「そんなんじゃないって……」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:34:17.79 ID:HDnCnpSi0


P「まぁ、ずっと頂点に君臨し続けたんだ。俺も十分だと思ったよ」


P「それに、美希の輝きの源が俺である限り、美希に勝てるアイドルは永遠に現れないだろうしな」


やよい「………」




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:35:58.63 ID:HDnCnpSi0


P「わがままな妹のようだった美希も、今じゃすっかりトップアイドルになって」


P「日本中を虜にした。俺も例外じゃなかった」


やよい「…私だけのお兄ちゃんだと、思ってたのになぁ」ポツリ


P「んー?」


P「……やよいにお兄ちゃんなんて呼ばれたこともあったな」


やよい「えへへ、私、ずっとプロデューサーのこと、家族みたいだって思ってたんですよ?」


P「俺もだよ。本当に、765プロは大きな家族みたいだった」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:37:27.45 ID:HDnCnpSi0


家族なんて


もう、そんな関係になってしまったら、


恋愛なんて、不安定な所には戻れなくなってしまって。


これでいいんだって、


自分に言い聞かせて……


今まで抑えてきたのに。




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:38:15.15 ID:HDnCnpSi0


関係を変えることに、私は臆病で。


美希さんは、変わることを恐れなかった。




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:39:10.30 ID:HDnCnpSi0


ああ、馬鹿だなぁ私。


今になって、どうしてこんなに……




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:40:11.72 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:40:50.18 ID:HDnCnpSi0


教会の中はひんやりと涼しく、


外のざわめきとは別世界のように、静まりかえっていました。


どこか浮かない表情のイエス像、仰々しいステンドグラス、天井に描かれた聖人たち。


そこかしこから、「荘厳」とか「重厚」とか「神聖」といった重々しげな空気が漂っています。




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:41:27.00 ID:HDnCnpSi0


(三年かぁ……)


ポカンと口を開けたまま、放心したように十字架を見ていた私の背中をつつき、


「やよい、なにやってんのよ。移動しなさい」


伊織ちゃんが急かしました。




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:42:32.26 ID:HDnCnpSi0


カラァーン……カラァーン……♪


ザワザワ……ミキチャンオメデトウ!……ホシイクン、ジツニメデタイ!……ミキミキ~キレイダネ!……



律子「まったく、あんな幸せそうな花嫁見てたら、今日までのゴタゴタも吹っ飛ぶわね」


伊織「人気絶頂で電撃引退からの結婚なんて、ホント、最後まで美希らしかったわ」


律子「どうしてあえて前途を多難にするのかしら」ハァ




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:43:42.93 ID:HDnCnpSi0


やよい「きっと、自信のあらわれじゃないかなって」


やよい「……お二人は、きっとどんな道も進んでいけるって、信じてるんだと思います」


律子「そうかもね。あの二人は……私たちよりも、乗り越えてきたモノが多いから」


律子「だから、お互いに全幅の信頼を置いてるんでしょう」クスッ



伊織「美希の引退は、ちょっと寂しいんじゃないの?律子」


律子「その言葉、そっくりそのままアンタに返す」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:45:11.10 ID:HDnCnpSi0


「律子!デコちゃーん!見て見て、ミキ、綺麗でしょー!?」


「さんをつけなさい」「デコちゃんいうな」


「あはっ、ごめんなさいなのー!!」キラキラ…




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:46:01.83 ID:HDnCnpSi0


やよい「プロデューサー、ご結婚おめでとうございます!」


やよい「衣装、とーっても似合ってます」


P「ん、ありがとう、やよい」


P「タキシードなんて、柄じゃないんだけどね」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:46:44.33 ID:HDnCnpSi0


やよい「美希さんと、本当に、家族になっちゃうんですね」


P「あはは、そうだな」


P「美希と結婚するって、3年前の自分に言っても、きっと信じないだろうな」ハハ…




38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:48:06.55 ID:HDnCnpSi0


P「やよいも、もう17歳か」


やよい「えへへ、高校二年生ですよ」


やよい「……プロデューサー、覚えてますか?」


やよい「まだ、プロデューサーが私の先生だったころ……」




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:48:59.06 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:49:58.46 ID:HDnCnpSi0


やよい『プロデューサー……じゃなくて、先生!』


やよい『信じられますか?まだ先ですけど、私、高校一年生になるんですよ』


やよい『なんだか、すごく立派になれる気がします!』


やよい『きっと背もスラーって高くなって……』


P『そんなの、やだなぁ。背の高いやよいなんて、らしくないし』


やよい『ええっ、そうですか~?』


やよい『じゃあ背は今のままでいいかも。あんまり伸びなくても……』




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:50:48.58 ID:HDnCnpSi0



――――――――

―――――

――





42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:51:36.45 ID:HDnCnpSi0


やよい「結局、私、全然背が伸びてません」エヘヘ


やよい「亜美や真美と、どんどん差が開いて。美希さんとの差も、ちっとも縮まらなくて」


やよい「……私だけが変われなかった」ポツリ


P「……今のやよいは、十分立派になったけどな」


P「こんなに一生懸命で、前向きな女の子は俺は見たことないし、これからも恐らく」




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:52:33.21 ID:HDnCnpSi0


やよい「でも、私にはまだ、お兄ちゃんが、先生が……」


やよい「…プロデューサーが、必要なんですよ……?」


P「ありがとな。でも、やよいにはもう、兄貴も、家庭教師も要らないさ」


P「一人でどこまでも進んでいけるほど、強くなった」


P「高校でだって、まぁまぁ成績は悪くないんだろ?」


やよい「相変わらず、“なんとか方程式”は何に役立つのか分からないですけど……」エヘヘ


P「あはは、“勉強の先生”は本職に任せておくよ」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:53:26.24 ID:HDnCnpSi0


P「……やよい。俺はお前のプロデューサーだ。これからもずっと」


P「いつかアイドルを引退したって、ずっとだ」ナデナデ


やよい「………ずっと」///




46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:54:12.73 ID:HDnCnpSi0


やよい「えへへ、プロデューサーの手、あったかくてきもちいいです…」


やよい「でもこうしたら、一緒に……」ギュゥ


やよい「心もぽかぽかーってしますね!」


P「おっと、やよいもあったかいなぁ」ハハ…




47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:55:04.78 ID:HDnCnpSi0


<Pサーン!


やよい「あぅ……」ウツムキ


P「…そろそろ戻らないと。やよい、慌ただしくてすまないな」パッ


やよい「いえ、私こそ、急にすいませんでしたっ!」ガルーン




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:56:04.01 ID:HDnCnpSi0


やよい「プロデューサー!約束ですよっ!」


P「なんだ、やよい?」



やよい「ちゃんと幸せにならないと、めっ!…です!!」ニコッ




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:57:23.49 ID:HDnCnpSi0



だって、私の大好きな人だから――――





50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:58:04.42 ID:HDnCnpSi0


私は最後まで、プロデューサーの“特別な何か”にはなれなかった。


本当はずっと分かっていた。


気付かないふりをしていた。


高校生になったら、大人になったら、全部変わるような気がしていた。




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:58:47.05 ID:HDnCnpSi0


プロデューサーはとても優しくて


いつも私の話に合わせて


私の頭をなでてくれるけど


本当は私を見てなんかいない




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 18:59:30.64 ID:HDnCnpSi0


プロデューサーは、私のずっと……



ずっと向こうにいる美希さんを見ている。



この先もずっと、私を見てくれることはない。




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:00:07.89 ID:HDnCnpSi0



その日、私は、ただただ、14歳に戻ったように泣いた。





54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:01:29.87 ID:HDnCnpSi0


やよい「浩三、たまには一緒に寝よー」


浩三「Zzz……」スピー


やよい「ねぇ、明日は何時に起きようか」


やよい「うーん……」


やよい「朝のお掃除はもう、頑張らなくていいもんね……」


…それでも、早起きしちゃうんだろうなぁ




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:02:27.84 ID:HDnCnpSi0


やよい「そっか……もう、朝にぎゅっとしたりとか、ウチでもやしパーティとか、ダメなんだ」


やよい「お仕事とかで、ばったり二人きりになったりしたら」


やよい「変な顔したりしないで、ちゃんと普通にしなきゃね」


やよい「プロデューサーはきっと、何もなかったようにしてくれるから……」


やよい「プロデューサーは優しいから……」




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:03:13.62 ID:HDnCnpSi0


やよい「私も……」ウルッ


やよい「……グスッ…っ…」




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:04:25.96 ID:HDnCnpSi0


やよい「ぷろでゅぅざぁっ……っ…」



喉の奥が熱くなって、情けないけど泣けてきた。



やよい「私の、はじめての好きな人なんだ」



うるんだ視界のなかで、弟の寝顔がぼやけて消えた。



やよい「はじめてできた好きな人なんだ!」



惨めだと笑われても。



私には今、頭をなでてくれたプロデューサーが、この世で一番、尊い。




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:05:20.65 ID:HDnCnpSi0


やよい「ねぇ、浩三、終わっちゃったんだ」ポロポロ



やよい「終わっちゃった」



やよい「終わっちゃった……っ」グスッ



やよい「終わっちゃったよ……っ……」




59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:05:56.76 ID:HDnCnpSi0


それでも私は、



明日も明後日もその先も、



プロデューサーが好き。



やっぱりどうしようもなく、プロデューサーのことが好き。




60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:06:57.86 ID:HDnCnpSi0




プロデューサーのことがずっと



ずっと好きです






61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 19:07:46.55 ID:HDnCnpSi0


おしまいです。

読んで下さった方々、ありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:高槻やよい「暖めてあげるからそばにいて」