1: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:03:07.73 ID:TmtjEmU+o

2: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:04:22.94 ID:TmtjEmU+o



登場人物

【横須賀鎮守府】

提督
深海棲艦との戦争を終戦にまで持ち込んだ実力者。
しかし、現在はとにかく仕事をしない、だめ提督。
エロ本、エロゲの数の方が仕事をこなす量よりも多い。
外面だけはいっちょ前なので外部や上層部からは全く怪しまれない。
しかし、本来の実力は……。


加賀
秘書艦、みんなの中でも安定した提督の嫁。
過去の経験から提督の傍にいることを誓う。
誇り高き一航戦を自称しクールに振舞っているが提督にだけデレまくる。
無論そのことは殆どの連中にバレている。
料理だけ壊滅的に不得意で食べた者は精神と人格を破壊する。
一航戦だけあって戦闘力は高い。



みんなに愛されているゆとり駆逐艦。
非常に早とちりしやすく、勘違いもしやすい。
しかし、意外と計算高いところがありプラズマ化しつつある。
芸術的センスは皆無。
最近の趣味はルンバを追いかけること。
好きなお菓子はわたパチ、好きな飲物はバン●ーテンココア。


愛宕
何故か提督のエロ本エロゲの隠し場所を全て知っている元令嬢重巡。
本当は提督のことが好きだけどその真意は心の奥底に隠している。
雷など大きな音が苦手。
最近は電とお菓子を作るなど女子力の高さを誇るが
かなりの下ネタ好きなので勘違いされやすい。
摩耶の姉だが、本人は次女なので妹属性を押す。




3: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:05:04.97 ID:TmtjEmU+o


【横須賀鎮守府その2】


摩耶
愛宕の妹の可愛い物大好きな重巡。
怒らせるととにかく怖い。
よく提督と鈴谷におちょくられてはキレて二人を逆さ吊りにする。
自室はぬいぐるみだらけなので部屋にはあまりいれたがらない。
可愛いもの好きはバレてないと思っている。
ぬいぐるみには名前もついてるがネーミングセンスはない。
天龍無き横須賀でツッコミ役を一生懸命引き継ごうとしている。
現在名前だけ出ているのがシェリー、ココア、ガンジー、どぶろく、モジャ美
フジヤマ(故)、ゴールドオシャンティー(故)、ロッゴー、ジューシーライダー、
元就(モッチー)


鈴谷
お調子者でカレー好き。
イタズラもすごいするのでよく提督と一緒に摩耶を怒らせる。
たまに摩耶以外にイタズラして怒られることも。
夢はカレーの出る蛇口を手に入れること。
ゲームや漫画は好きなので提督のをたまに借りている。
熊野とは幼馴染。顔面第一主義なので佐世保がすごい気になるが
ホモはノーサンキューなので複雑な思いをしている。


卯月
一人称うーちゃんのうさぎ系駆逐艦。
若干鬱陶しい所はあるが電と仲良しで
いつも一緒にいる憎めない奴。
虫が平気でよく捕まえて持って帰ってくるが
だいたい愛宕に怒られて逃がしにいく。
まだまだ奥がありそうな人物。
超可愛い。鎮守府の癒やし。




4: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:05:47.75 ID:TmtjEmU+o


【呉鎮守府】



かなりキツい性格をした提督のことが嫌いな女将校。
士官学校では提督と同期でライバル関係であり、首席で卒業。
本人も無茶苦茶に強くその気になれば砲塔も素手で折ることができる。
学生時代のアダ名は呉リラ、歩く災害、ミリオン地雷原。
酔っ払うと幼児退行するがガードが固いので中々飲まない。
両親を深海棲艦に殺されて恨んでいる過激派。
厳しくしているが家族のように愛しているために
みんなからも慕われている。


金剛
提督のことが好きな戦艦。加賀と同じで料理が壊滅的。
ストーカー気質な所があり、提督からは鬱陶しく思われている所がある。
呉の秘書艦だけあってリーダーであることはしっかり頭に入っているのが、
たまにそれっぽいことをするとみんなから別人なんじゃないかと疑われることがある。
実は本人の戦闘力は加賀とほぼ互角ぐらいはある。
改二になることができる。
あまりに怒られすぎて人格が崩壊し「控えよ」が口癖になったことがある。
呉と同様で実は過激派。


扶桑
体力が全くといっていいほどない不幸戦艦の姉。
「結婚したい」が口癖になりつつある何かが残念でモテない残念女子。
助けられたことがきっかけで天龍のことを気にいる。
向こうが女子だとしても別に構わないらしい。
山城が天龍のことを好きで盗られると勘違いしている。
移動手段は山城が押すベビーカー。
綺麗な黒髪は椿のかほり(by山城)
熊野のせいで腐りかけている。
実行力はないが呉、金剛と同様の過激派。




5: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:06:15.52 ID:TmtjEmU+o


【呉鎮守府その2】


山城
姉にベッタリな重度のヤンデレ妹。
扶桑に近づこうとする奴を片っ端から排除していこうとする。
趣味が半田付け。
扶桑のお気に入りの天龍を狙うがいつも倒せない。
一度間違えて加賀に向かいボロクソにされたせいで加賀のことが怖い。
だいたい黒い瘴気を纏っている。


龍驤
不憫な扱いが目立つが意外としっかりもの。
横須賀の連中にはどうあがいてもピザ屋といじられまくる軽空母。
飛行甲板がどう見ても遊戯王のデュエルディスク(使いやすいらしい)。
持ってる漫画は渋い。
ツッコミ体質なこともあって割りと苦労している。
どこがとは言わないが生えてない。



那珂
艦隊のアイドル。
提督の下で建造されたが追い出され呉の所に厄介になってる。
かなりのお調子者でとにかくやかましい奴なので色んな奴から疎まれるが
別に悪い奴ではないのでみんなどこか憎めないでいる。
とうとう改二に変身することができるようになったが、
変身の仕方が分からないために未だになれずにいる。
怖いもの知らずのせいかよく呉に口答えしては怒られている。
CDオリコンチャート初登場5位獲得の注目アイドル。



6: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:06:51.02 ID:TmtjEmU+o


【佐世保鎮守府】


佐世保
提督の一つ下にあたる後輩。
とても丁寧な物腰、だがホモ。
イケメンで何でも出来る、だがホモ。
仕事も完璧にこなす、だがホモ。
皆の信頼も厚く学年では首席だった、だがホモ。
ファンクラブまであるほどのイケメン、だがホモ。
本人はただ尊敬しているだけだと、だがホモ。
記憶が提督に助けられてからのみある、ゆえにホモ。



電の姉にあたる駆逐艦。
しっかりものだが見事なダメ男製造機。
佐世保LOVEだが、等の佐世保がアレなので本人は意外と苦労している。
隠れマッチョな佐世保にキュンキュンする。


熊野
神戸生まれのお洒落な貴婦人。
鈴谷の幼馴染で気品あふれるお嬢様系腐女子。
怖ろしいまでの感染能力を持つために被害者が出現。要注意。
佐世保よりも早く鎮守府に居たが後から来た佐世保のせいで覚醒。
しっかり者なので普段はきちんとしている。


天龍
意外と面倒見がよく、艦娘たちや提督の相談相手になることがある。
眼帯の下は龍田につけられた傷があるが、本人はそれを愛の証として受け取っている。
優しい性格だが、眼帯のために近所の子供のアダ名が極道でありすごく気にしている。
扶桑に気に入られたことがきっかけで山城に命を狙われる日々が続く。
駆逐艦から謎の人気がある。服役中の妹龍田の元に毎週必ず通っている。
横須賀から佐世保へ引きぬかれ佐世保の記憶を取り戻すために頑張ってる。



7: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:07:38.28 ID:TmtjEmU+o


【舞鶴鎮守府】

舞鶴
提督と呉の先輩。
野心がないので提督達よりも階級は低い。
のんびりした性格だが、この人も無茶苦茶強く霊体も斬ることが出来る。
自由奔放で周りを振り回すこともある。
提督よりも年上だが見た目が非常に幼い。通称ロリババア。
島風の一件で提督達の手助けをしていることから
ただのお人好しの何でもできるすごい先輩だと判明している。
最近、初雪達に身長を抜かされ始めているのを気にしてる。


初雪
比叡から舞鶴の元に引き取られた駆逐艦。
引きこもりがちの引っ込み思案だが、真面目な性格。
舞鶴のことは姉や母のように慕う。
隼鷹に関しては困った仲間だという印象。
響とは仲の良い双子みたいな関係になった。


隼鷹
元ホームレスで舞鶴が拾ってきた。
酒飲みでだいたい酒を手にしている。
やる時はやるが口癖なのだが、
実際にやっていることは確認することはできない。
ホームレスの前はお嬢様だったらしい。
言葉の重みが違う。


Верный(響)
元響というあだ名があるロシア帰りの駆逐艦。
妹に雷、電を持つ姉である。
クールな正確だがまだまだ子供っぽく中二病患者である。
天龍のことを尊敬している。
お化けが怖くて夜に一人でトイレに行けない。



8: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:08:37.24 ID:TmtjEmU+o


【深海棲艦】

戦艦棲姫
深海棲艦のトップ。
小さな子供の頃、海で提督と遊んだことがある。
姫のおかげで終戦になり平和が訪れた。
現在は不可侵の条約の元、海の向こうで暮らしている。


空母ヲ級
提督のバナナトラップに唯一引っかかったことがある。
実は気さくな奴だが芸人魂が行き過ぎてボケっぱなし。


【その他】

赤城
かつて加賀と提督と部隊を組んでいたパートナー。
食いしん坊だが、加賀と同じくらいの戦闘能力を持っていた。
多くの兵士のために犠牲となり最期を迎えたはずだが、
なぜか亡霊として横須賀鎮守府に住み着くことになった。
亡霊のくせに資材含む食べ物は食べることができる。


比叡
上層部のエリート戦艦。
忠犬のような性格だが、姉思いが行き過ぎたただのシスコン。
何かある度に「ヒェェー!」とひっくり返る。
そのオーバーリアクションが非常にうるさい。
下世話なことも平気で聞いてくるド変態。
改二になると闇遊戯みたいな喋り方になるらしい。
必殺技はハリケーンミキサー。


北上
大井と共に横須賀で北上ラーメンを経営する一人。
大井とは軍人時代からの仲良しで”親友として”大好きではある。
提督や知人には何かとおまけもしちゃう気前の良さ。
北上ラーメンは巷で人気の美味さで隠れた名店として有名。



9: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 21:09:20.09 ID:TmtjEmU+o


【その他その2】


大井
北上のために何かと奮闘するが空回り気味の北上ラーメン創設者。
店を勝手に作るなど外堀を埋めて北上を逃げられないようにした。
提督に対して何かと口悪く罵るが見ての通り嫌いではない。
日々、定番メニュー北上ラーメンに並ぶメニュー作りに励む。
怒るとすぐにラーメンに使うスープをぶちまけてくるために
マニアな常連客には大井の方が人気がある。


島風
かつて提督と加賀と数日間だけ横須賀で過ごした駆逐艦。
舞鶴と提督のおかげで生き延びることができ、
現在はレン、ソー、ホウの三匹(?)と共に
悪戯をする困った集団のボスをやってる、らしいが実態や実績は不明。
元々核を搭載していたこと兵器のために今でも追われることがあるとか……。
楽しいことが大好きなので楽しそうな匂いを嗅ぎ分け唐突に現れることがある。
その時の合言葉は”ちくわ大明神”


龍田
天龍の妹。現在は過去に行った罰を受けている元人斬り。
人斬り時代はキレると手に負えない性格だったが現在の詳細は天龍のみが知る。


青葉
軍に関連することからファッション雑誌まで幅広く取り扱うフリーライター。
怖いもの知らずで各鎮守府を引っ掻き回すマスゴミ。
良い記事の臭いのする場所には必ず現れるせいで
最近では青葉は4人以上いる噂が広がっている。



12: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:17:38.77 ID:TmtjEmU+o


番外編

☆風の吹く先へ☆



「遅い……」


とある港の防波堤に座り込んだ島風は一人呟く。
雲ひとつ無い空に太陽の日差しが痛い。


潮の香りのする中でぼーっと海の向こうを見つめている。


「姉さーーーん!」




13: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:18:43.40 ID:TmtjEmU+o


遠くの方から聞こえる声。これは元気一杯のレンの声。
ぴょこぴょこと短い手足で一生懸命こっちに走ってくる。

その少し後ろを最後の一人を気にかけながらも走っているのはソー。


一番最後を今にも倒れそうなくらいにへろへろになって走ってるのがホウ。


「姉さん! ジュース買ってきたっす!」

「遅い!! 遅いからやり直し」


ハァハァ言いながら島風に缶ジュースを渡してきたレン。
受け取った島風は缶ジュースに書かれた炭酸の文字を見てから
3人をジト目で見る。



14: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:19:16.05 ID:TmtjEmU+o


島風は目があった時に一際おどおどしたソーに話しかける。


「ソー? これ、炭酸だよね?」

「は、はい……」

「ちーがーう! いつも言ってるじゃん!
 こういう時はー! ”そーなんです”って答えるの!」

「ご、ごめんなさぃぃ……」


ソーは島風の声にびっくりしてより一掃縮こまってしまった。
三匹の中で一番優しいけど気の小さいソーに少し言い過ぎたと思った島風。




15: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:19:42.50 ID:TmtjEmU+o


「ハァハァ……姉さん。とりあえず買ってきたんですから飲んでくださいよ」


ホウが言ってくるので仕方なく缶ジュースの口を開ける島風。
しかし、その瞬間炭酸が口から勢い良く吹き出てくるのだった。


「きゃあああ!」

「いええええええええい! 姉さん引っかかったなー!?」


溢れ出る炭酸を頭から浴びて身悶えする島風を見て
レンが嬉しそうに言い、ホウはニヤリと笑う。
ソーはその2人の後ろに申し訳なさそうに隠れる。




16: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:20:19.26 ID:TmtjEmU+o


「あーーー!? だ、騙したなぁー!?」

「逃げろーい!」

「当たり前だ」

「ま、待ってよぉぉ……」


一斉に逃げ出す三匹の後ろ姿を見て島風は不敵な笑みを浮かべる。


「ふっふっふ、この島風に駆けっこで勝とうっての……?
 甘いんだからぁぁーーー!」


結局ものの数分で三匹捕まえた島風は
日差しで最高に熱してるアスファルトの上に三匹を正座させる。



17: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:21:05.30 ID:TmtjEmU+o


「私は冷えたジュースを買ってきてって言ったよね? 
 そうでしょ? レン?」

「押忍。でもそれもジュースっすよ」

「で、この炭酸シュワシュワ計画をたてたのは誰? ソー?」

「ほ、ホウです……」

「こら言うなって約束しただろ!?
 姉さんでもレンもイイネ!って言ってた!」

「そうなのレン?」

「押忍! ちょっと言ったっす!」

「じゃあ2人でやり直してきて」


島風は遠くの自販機を指さす。
それを見てレンとホウは露骨に嫌そうな顔をする。




18: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:21:39.38 ID:TmtjEmU+o


「姉さん、お手本見せてくださいっす!」

「姉さんの速さを見習いたいですが、それがどれくらいか見ておきたいです」

「私の速さ……? そ、そんなに見たいの?」


速さ、という単語にぴくりと反応する島風。
それにレンとホウは調子を合わせて見たい見たいと連呼する。


島風はまんざらでもなさそうに肩をぐるぐると回し
しょうがないなぁ~と嬉しそうに言う。



19: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:22:24.49 ID:TmtjEmU+o


「見ててよ~?」


爆風を巻き起こしあっという間に遠くの自販機まで辿り着いた島風。
レン、ソー、ホウは遠くまであっという間に行ってしまった島風を目で見送り、
缶ジュースがゴトンと落ちる音が小さく聞こえる。


それから島風はすぐに戻ってきて嬉しそうにレンに渡す。

「どう? すごいでしょ?」

「おお~~~」

と三匹は拍手する。
そこでホウは手を挙げて言った。




20: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:23:16.34 ID:TmtjEmU+o


「もう一回見たいです」

「もう一回? ちゃんと見てなよ~?」


またしてもあっという間に自販機まで行き、缶ジュースを購入して
戻ってきた島風はホウに渡す。


「……って私が買いに行ってるじゃないのよーー!」

「も、もう一回……」

「やだよ! ソーも一緒に連れてくからね!?」


ソーがおどおどしながら言うのを見て島風は
ソーを抱き上げ無言で自販機まで走りだした。



21: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:23:57.77 ID:TmtjEmU+o


島風はこの時……思い出していた。
この奇妙な三匹に出会った時のことを。


河原の橋の下で雨宿りをしている時、
遠くで見かけたよく分からない小動物三匹。


それらは道行く人に話しかけては無視されていた。
どうやら三匹の中で一匹だけが元気なくもう一匹に支えられていた。
最後の一匹は話しかけては無視されてを繰り返していた。


話しかけらた人は困った表情を浮かべて
苦笑いで通り過ぎて行くのだった。



22: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:25:07.29 ID:TmtjEmU+o


まるで言葉が分からないかのように。


何をしているのか最初は分からなかった島風だが、
近づいてみると自分には言葉が分かるのだった。


普通あんな小動物が喋る訳ない。
そんな風に思っていたが言葉が通じる。


「た、助けてください! 仲間が死にそうなんです!」


話を聞けばその辺のキノコを気の弱いソーに食わせて毒味をさせたら
見事に当ってしまったらしく治療薬が欲しいとのこと。



23: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:25:42.14 ID:TmtjEmU+o


かなり衰弱した状態でどうしたらいいか分からなかった。


この時、島風はある男のことを思い出していた。


提督ならどうしただろう……。
放っておいただろうか。


島風は自分が指名手配でついこの前まで追われて逃げ回っていたことで
外の大々的に出歩くのを躊躇っていた。


自分の中に核が埋め込まれていたという過去があり、
そのせいでムキムキのアメリカ人がダンボールに身を包みこそこそ近づいてきて
殺そうとしてきたりと散々な目にあってきた。



24: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:27:35.30 ID:TmtjEmU+o


だけどもうそんなことはどうでもよかった。

とにかく助けたい。

この三匹の言っていることが自分にしか分からないのであれば、
自分が助けるしかない。そんな使命感からか島風は三匹に力を貸すことにした。


島風はレンに何を食べさせたのか聞き出し、
それと同じのを持って衰弱したソーを抱えて病院まで走った。


病院は全部で15件以上回った。
そのうち14件はお金が足りないという話をした所、相手にされなくなり
敷地を追い出されたのだった。


しかし、最後の一件は最後まで話を聞いてくれた。



25: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:29:20.90 ID:TmtjEmU+o


そこは病院ではなかった。
たまたま十字のマークが目に入り飛び込んだのだった。


「あれ~? 君……確か……。どうしたの?」

「こ、この子助けてください! こ、これ食べちゃって!」

「あららら? すぐこっち連れてきて」


その人の後ろ姿を島風はどこかで見たことがある気がした……。
この低い身長に幼くてあどけなくて、でもどこか頼れる信頼できる笑顔……。


島風はソーの一命を取り留めたのを見届けると
提督からもらったお金を全部ソーの枕元に置いて静かに出て行った。




26: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:30:01.58 ID:TmtjEmU+o


後日。
河原で寝っ転がって空を見上げてぼーっとしてる所に
三匹のちょこちょこ動く小動物が現れた。


島風の置いて行ったはずのお金を三匹は全て返してお礼を言った。


そして……。


「姉さん弟子にしてくださいっす」

「で、弟子にして欲しいですぅ……」

「弟子にしていただけませんか」


「……と、友達なら……いいよ」



こうして島風は3人の友達ができたのだった。




27: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:31:45.39 ID:TmtjEmU+o


「あ、姉さん……どうかしたんですか?」

「ううん、何でもない! ほら、ソー早く選んで! どれにするの?」

「じゃ、じゃあサイダーがいいですぅ……」

「あーー!? さ、さては炭酸選んだのはソーだな!?」

「そ、そーですぅぅ……」



28: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:33:13.22 ID:TmtjEmU+o


今回の後日談。


島風は友達として関わっているつもりだが、
三匹は全くそのつもりはなかった。

ぜかまし団として活動を続けているが、
それも全部三匹が勝手にやりだしたことだった。


事後報告を受けた島風は

「悪くないんじゃん……?」


結構気に入っていた。




29: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:36:11.18 ID:TmtjEmU+o


後日談その2。


それからレンに「合言葉を決めましょうよ!」と持ちかけられた時、
島風はまたしてもあの男のことを思い出すのだった。


「いいか、島風。今から最高の魔法の言葉を教えてやる」

「何々!? 教えて!」

「それは”ちくわ大明神”だ」

「全くもって意味不明です。一体なんの効果があるんですか」

「どういう意味なの? 何の神様なの?」

「こいつは楽しい場所でぼそっと言うことで発動する
 さらにその場が楽しくなる魔法の言葉だ!」

「提督……それは根拠あるんですか?」

「ない!!」


採用。





30: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:46:21.49 ID:TmtjEmU+o


後日談その3(最後)


島風は疑問に思っていた。


「なんで私にしか言葉が通じないの?」

「多分、姉さんが元兵器だったからじゃないっすか!?」

「だ、だってぼく達深海棲艦だし……」


「え!?」


島風がレン、ソー、ホウ、とかいうよく分からない小動物の言葉が分かるのは
彼女が元兵器であり、三匹が深海棲艦というケミストリーが織りなす奇跡だった。

……ということで島風は無理矢理納得するのだった。


番外編 終わり



33: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/10(日) 22:58:09.28 ID:TmtjEmU+o


お疲れ様です。


今回の酷すぎて頭が痛いです(笑)
というかこんな設定つけたけど、本編で出てくるのは島風だけだし、
島風もたまにしか出ませんね。ごめんよ島風。


本当は夏休みだし帰省ネタとかやろうと思ってたけど
半分くらい書きためたんだけどね諸事情によりやめました。


それから明日、9スレ目にして9ヶ月目になります。
もう半年以上経ってから実感があんまりないですが。

今後共お付き合い頂ける方はよろしくお願いします。



51: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/11(月) 18:49:09.55 ID:q7nzEecvo


☆荷物持ち☆


熊野「困りましたわ」

雷「どうしたの?」

熊野「旅行といいますか、そこでのショッピングでの荷物持ちを
    してくださる方がいらっしゃいませんの」

雷「じゃあ私が手伝ってあげる! 任せといて!」

熊野「だ、だめですわ! あなたをあんな危険な所へ連れていけませんわ!」

天龍「そもそも人員不足するから一人で行ってくれ」



52: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/11(月) 19:22:56.89 ID:q7nzEecvo


☆俺も熊野と旅行行きたい☆


天龍「提督ならそういうイベント好きだぞ」

熊野「……せっかくのお休みだというのにどうして
    あの人単体で会わないといけないんですの」

天龍「何とセットならいんだよ」

熊野「あの方は佐世保とセットでいることで
    本来の価値が0%から120%に増幅する人柱ですのに」

天龍「酷い奴だなぁ」



57: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/11(月) 22:14:53.32 ID:q7nzEecvo


☆開会☆


提督「西東京負けてんじゃん!」

提督「そっかー。まあどんまいだよなぁ~」

加賀「……」

提督「何」

加賀「その情報を得たのがチアガールの画像を
    大量にまとめたサイトというのはどういうことでしょうか」

提督「あー、着てみたいの?」


加賀「 結 構 で す 」



69: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/11(月) 23:52:46.72 ID:q7nzEecvo


☆チア☆


提督「着たくないの?」

加賀「着たくないです」

提督「じゃあ電に着てもらって応援してもらうわ。
    そしたら仕事頑張れそうな気がする」

加賀「ちょっと待って下さい」

提督「何?」

加賀「……私が着ます」



76: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 07:18:19.05 ID:jwTfSO/ko


☆頑張れ♪頑張れ♪☆


加賀「あの提督」

提督「何」

加賀「これ裾が短い気がするんですが」

提督「もともと電に着せる用だから加賀が着たら小さいだろうね」

加賀「どうにも落ち着きません」

提督「すぐに慣れるよ」



77: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 07:24:34.00 ID:jwTfSO/ko


☆程よい見栄え☆


赤城「じい~~~~」

加賀「床から首だけ出して見上げるのは辞めてください」

赤城「見せパンなんだからいいじゃない」

加賀「そういう問題じゃなくてですね」

赤城「おっぱい大きいからその分裾が短くなっておへそ丸見えですよ?」

加賀「言わないでもらえますか」

赤城「せっかく可愛いおへそしてるのに腹筋うっすら割れて見えるせいで
    可愛さ半減ですね。とても残念です」

加賀「何を期待したんですか」



90: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 20:16:22.58 ID:mOznBgaUo


☆一日着て慣れた☆


加賀「提督、そろそろ電と卯月が遠征から帰ってくる時間ですが
    雨も降っていますし、迎えに行ってあげてもらませんか」

提督「今、演習の許可証と任務の申請書作ってるんだけど」

加賀「それなら私がやっておきますので」

提督「っていうか加賀行って来てよ」

加賀「さすがにこの格好(チアガール)で行くのは……」

提督「あっ、そっか。じゃあ俺行ってくるわ」



98: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 23:12:44.21 ID:mOznBgaUo


☆くどい乳ネタ☆


提督「ピザ屋おっぱい成長しないからってそんなしょげるなよ」

龍驤「しょげてへんわ! むしろ君らが色々言ってくる方がよっぽど凹むわ」

提督「じゃあまな板しか案が無いが」

龍驤「誰の胸がまな板やコラ」

提督「えっ? 違うの?」

龍驤「当たり前やろ! ちょっとはあるわ! ちょっとは!」

提督「へえ~」

龍驤「いやいや何”そんなに言うならどれどれ確かめてみるか”みたいに手ぇ伸ばしてんねん」



100: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 23:17:35.90 ID:mOznBgaUo


☆泣いてる少女がいたら☆


龍驤「うわーん、提督がセクハラしてくる~~! 呉えも~~ん!」

佐世保「おや? どうしたんですか?」

龍驤「な、なんや君ぃどっから現れて……あ、呉に用事か?」

佐世保「ええ、呉さんに用事があったんですか……」

佐世保「それよりも、せっかくの美人さんが台無しですよ。
      さ、これで涙を拭いてください」

龍驤「うぅ~、ありがとう。ぐすん、自分それ天然でやってんやったら
    いつか後ろから刺されても知らんでホンマに」





102: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 23:22:08.73 ID:mOznBgaUo


☆”ただしイケメンに限る”は義務教育で教えるべき☆


龍驤「うちにこんな優しくしてくれるんは君が初めてや」

佐世保「そ、そうなんですか?」

龍驤「でも自分あかんでそんなホイホイ女の子に優しくしっとたら」

佐世保「は、はい」

龍驤「君、イケメンやからファンもおるやろうし、こんな所もし見つかったら
    あとでえらい目にあうかもしれへんで?」

佐世保「ふふ、でも元気になってくれたみたいで良かったです」ナデナデ

龍驤「だ、だからあんまりそうやって気軽に女の子に優しくしたらあかんねんって~!」



103: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/12(火) 23:28:51.12 ID:mOznBgaUo


☆くどいのは申し訳ない☆


提督「……ハッ!?」

加賀「どうしたんですか」

提督「俺のハーレム王国が崩れていく予感がした」

加賀「いいから仕事してください」

提督「ねえ”その9”ってチョロQみたいだよね」

加賀「手伝いますから一緒にお仕事しましょう提督」

提督「してるんだよ!? してるんだけど終わらないんだよ!」



106: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 06:41:31.47 ID:sF4edxHDo


☆結婚願望の強い姉様☆


扶桑「龍驤……」

龍驤「ん? どないしたん」

扶桑「男の人に優しくされたって本当?」

龍驤「え? いや、まあ……せやけど」

扶桑「そう。いいわね。龍驤は可愛いから相手にされるのね
    私みたいな年増の女はもう相手してくれる人いないから」


龍驤(え? 何なんやこれ)



107: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 06:44:21.28 ID:sF4edxHDo


☆キザな男☆


龍驤「ほら、あの人誰にでも優しいから扶桑も会ったらきっと
    優しくしてもらえると思うで~?」

扶桑「あの人?」

龍驤「ほら、あの佐世保鎮守府の何やようわからんキザ男や」

扶桑「え? ピザ男? ……本当にピザ好きなのね」

龍驤「うん、違う」



109: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 18:59:22.10 ID:sF4edxHDo


☆熱闘3日目☆


提督「プロの野球とは違う面白さがあるよな」

加賀「きっと負けたら後がない緊張感があるからじゃないですか」

提督「なるほど。俺はどちらかというと
    この熱い青春がかかってる高校の方が好きだな」

加賀「今日のはどれも熱い試合らしいですよ」

提督「今もめっちゃ熱いもんな~」



112: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 21:32:49.53 ID:sF4edxHDo


☆心霊番組☆


電「し、司令官さん、テレビのチャンネルを変えて欲しいのですっ」

卯月「うーちゃんも怖いよぉ」

加賀「二人共こっちに来なさい」

提督「テレ東の心霊番組4時間もやってるけど、そんな怖いか?
    まあフジよりはそれっぽいの見せてくれるけどさ」

赤城「本当、怖いですから変えてくださいよ」

提督「お前のせいでこういうネタ全部台無しなんだよ!」

赤城「そ、そんなぁ~~」



116: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 23:40:12.22 ID:sF4edxHDo


☆最強の地縛霊☆


加賀「……」

赤城「怖くて寝れないの?」

加賀「……」

赤城「寝る所に話しかけてごめんね? 怒った?」

加賀「……」

赤城「あ、でも安心してたまーに提督が連れてくる時があるんだけど
    そういうの全部私が食べて退治してるから」

加賀「……いるんですね?」



120: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/13(水) 23:50:35.06 ID:sF4edxHDo


☆ゴーストパニック☆


加賀「赤城さん以外にいるということは?」

赤城「え? いるわよ?」

加賀「」ガタッ

赤城「あ、でもそれはすごくいい守護霊みたいなもので――って加賀さん!?」



コンコンッ

加賀「電、電いますか?」

電「な、なのです?」



122: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/14(木) 00:09:04.34 ID:ltAb6iPTo


☆這いよる赤城さん(故)☆


電「加賀お姉ちゃん!」

加賀「わっ、ど、どうしたんですか?」

電「さっき見たテレビが怖くて一人じゃ寝れないのですっ」

加賀「そ、そうなの? じゃあ私が一緒に寝てあげても」

赤城「あ゛~~~~」

電「ほに゛ゃぁぁああ!?」

バタンッ

加賀「……」ギロッ

赤城「ひゃ~怖い!」





123: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/14(木) 00:26:08.25 ID:ltAb6iPTo


☆体質☆


加賀「赤城さんのせいで追い出されたじゃないですか」

赤城「んふふ。本当は自分が怖い癖に電ちゃんの理由に隠れようとするからですよ」

加賀「そういえば先ほど提督がたまに連れてくると言ってましたが……」

赤城「ほら、あの人、出世早いしたくさん活躍もして
    戦死した人とか色んな人に怨まれてるのよね」


赤城「だから大きな式典とか人が集まる所行くとだいたい連れて帰ってくるの。
    人が持ってるのも吸い取って持って帰ってくるみたいで」

赤城「……お人好しのあの人らしいですよね。ふふふ」

加賀「……」



129: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/14(木) 07:17:45.29 ID:IKvVtBI1o


☆案外平気な卯月☆


卯月「おっはぴょーん」

電「お、おはようなのです」

卯月「びょん!? 電ちゃんどうしたぴょん?」

電「う、うーちゃん昨日眠れたのです?」

卯月「ぴょん? 昨日? うん、ぐっすり寝れたぴょん。なんで?」

電「な、何でもないのです」



137: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/14(木) 19:36:17.24 ID:3Co4e5W7o


☆夏風邪☆


山城「ゼェーハァー……ね、姉様いけませんっ」

扶桑「ごめんなさい、聞こえないの。何て言ってるの?」

山城「わ、私は……ハァ、今、夏風邪で……ハァ」

山城「近づいたら移してしまいますから……ゼェハァー」

扶桑「そ、そんなに遠くに行ったら聞こえないけど……も、もうだめ。
    これ以上、近くに行けない。もう動けない。疲れちゃった」



金剛「ワーオ、これが日本のお笑い芸、コントデスネ!?」



141: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 07:14:12.01 ID:uhtg9FhNo


☆8月15日☆


提督「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び……ね」

加賀「本日は終戦記念日ですね」

提督「正直実感が湧かないもんだ。経験してない上に
    俺達は俺達で別の戦争をしてしまったからな」

加賀「きっとどちらも過酷であったに違いないですね」

提督「ああ、そうだな。もう二度としてはならない。
    もしもう一度そんなことが起こるとしたらもう一度止めよう」

加賀「はい。今度はみんなで、ですよ」

提督「分かってるって。心配すんな」



145: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 20:38:18.94 ID:uhtg9FhNo


☆勝利者熊野☆


熊野「ふぅーー……。満足満足♪」

prrrr…

熊野「はい。熊野です」

ホテルの人「お休みの所申し訳ございません。熊野様にお客様がお見えになられています」

熊野「……」

熊野「絶対に繋がないように。
    それとその者は追い返すようにしてくださいませんか」




146: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 21:24:25.75 ID:uhtg9FhNo


☆1日目行った人はお疲れ様でした☆


熊野「それにしてもわたくしのホテルの場所を
    嗅ぎつけてまでの用事ってなんだったのかしら」

提督「本当だよな」

熊野「ひゃあっ!?」

提督「まあまあ……茶でも飲めよ」

熊野「ど、どうやってこの部屋に……」

提督「窓から」

熊野「この部屋10階ですのよ?」



149: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 21:46:13.85 ID:uhtg9FhNo


☆熊野の部屋☆


熊野「というかレディの部屋に一人でくるなんて……!」

鈴谷「一人じゃないぜ! 寂しくないぜ!」

提督「いええええい!」

鈴谷「いええええい!」

熊野「鈴谷、何しに来たんですの」

鈴谷「提督が熊野に嫌らしいことしないかを監視しに来たの!」


熊野(こんなことなら素直に天龍を連れて来るべきでしたわ)



151: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 21:52:38.00 ID:uhtg9FhNo


☆日中の気温には気をつけてください☆


熊野「こほん。わたくし明日も早いですのでもう寝るんですけれど」

鈴谷「もう寝るの!?」

提督「当たり前だろ!このボケ!」

鈴谷「えっ!? 提督も!? ゲームしようよゲーム!」

熊野「おやすみなさい。もしわたくしに触れたら窓から叩き落としますから」

鈴谷「えー。つまんないー! じゃあ熊野~一緒に寝ようよ~」モゾモゾ

熊野「ちょっ、勝手にベッド入ってこないでちょうだい!
    提督みたいにその床で這いつくばってなさいな」



156: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/15(金) 23:58:28.26 ID:uhtg9FhNo


☆言われてみて、何故か先にうんこを連想した☆


鈴谷「あーーーーーーーー!!」

熊野「なんですの!?」

鈴谷「カレー食べてない!」

提督「バカヤロウがァ! 寝るって言ってんだろボケ!」

鈴谷「酷いよ! カレー食べなきゃ死んじゃうよ!? いいの!?」

提督「今寝とかねえと明日死ぬんだよ!
    今はそのために耐え難きを耐え忍び難きを忍ぶんだよ!」

鈴谷「無理! ギブミーカレー!!」

熊野「提督……せっかく朝真面目なネタやったのに台無しですわよ」



157: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 00:04:05.44 ID:70v2ajwFo


☆もう過ぎたけどカレーの文字が出せてよかった☆


提督「チッ、しょうがねえなぁ~。もしもし? 北上?」

北上「あれ? どうしたの? 出前?」

提督「ああ、ちょっと有明の方までなんだけどさあ。カレー3つ」

北上「遠っ! しかもカレー? 何してるの? え? どうしたの大井っち」

北上「え? 行くの? いいけど……大丈夫?」

北上「なんかねー大井っちが会いたいから行ってあげてもいガチャ!! ツーツー

鈴谷「結局くるの?」

提督「……分からん」



164: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 01:02:06.82 ID:70v2ajwFo


☆カレーの宅急便☆


鈴谷「……遅い」イライライライラ

鈴谷「提督達はもう寝ちゃったし。熊野のパンツでも漁ろうかな……」

ピンポーン

大井「提督? お待たせ。遅くなってごめんなさ……鈴谷さん?」

鈴谷「キタキタキター! もう~遅いよ~。 カレーどこ!?」

大井「ど、どうしてホテル……同じ部屋に鈴谷さんが? 提督は?」

鈴谷「はいこれお金! その中にカレーあるの? ねえ開けてもいい?」



165: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 01:09:03.99 ID:70v2ajwFo


☆修羅場って何☆


大井「え、待ってどういうこと? 提督がこのホテルにいるんじゃなかったの?」

鈴谷「提督なら(モグモグ)そこで寝てるよ(モグモグ)」

大井「えっ、なんで? 嘘……鈴谷さん……」

鈴谷「モグモグモグモグモグモグ。2人共来るの待ってる間に
    寝ちゃったんだけどさ。2人の分これ食べてもいいと思う?」

大井「2人!? まだ誰かいるの? え? 何なの?」

鈴谷「美味しいー♪ んふふふ~」





181: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 16:04:56.67 ID:pbh7xADRo


☆本日の収穫はまずまずでした☆


※次の日の朝


提督(うーん。ん? か、金縛り!? う、動けん)

提督「ん?」

大井「ん……。提督……」


提督(何故大井が俺を寝袋ごと抱きまくらにして寝ているんだ)



185: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 16:58:34.05 ID:pbh7xADRo


☆毎年夏のコミケ臭は酷い☆


熊野「ふぁあ……おはようございま゛ッ!?」

熊野(一人増えてる!?)

提督「く、熊野。こいつをどかしてくれ」

熊野「どういう状況なんですのこれ。鈴谷、起きてください」

提督「大井、お前も起きろ。どいてくれ」

鈴谷「んにゃ? 熊野じゃん。ういーっす」

提督「っていうかこの部屋……」


提督・熊野・鈴谷「「「……カレーくさいっ」」」



187: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 17:05:39.30 ID:pbh7xADRo


☆激おこしてた娘は本当に見た☆


※その日の夕方、ホテルに最集合した面々


鈴谷「何なのまじで! コスプレじゃねーって言ってんのに!
    しつこいナンパもいるし!ほんっっと最悪! 臭いしキモいし臭いし!」

提督「熊野に持たされてる荷物には怒らないんだな」

熊野「はぁ~~~。満足ですわ~~。明日も頑張りましょうね♪」

鈴谷「う、うん」

提督(ちょっと振り回される摩耶の気持ちが分かった、みたいな顔してる)



188: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 17:14:10.84 ID:pbh7xADRo


☆3日目も頑張ろうぜ☆


提督「ああ、明日は大本命、那珂ちゃんの個人出店もあるからな」

熊野「そ、それは恐ろしいですわね」

提督「噂によると、那珂ちゃんがひたすらピザを無言で食うだけの”音”が
    収録されたCDが売られるらしいぜ!」

鈴谷「感想とか言わないの?」

提督「咀嚼とか飲み込む音とかが聞こえる」

提督「再生しながらピザ食えば
    ピザデリバリー家デート気分を味わえる」



190: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/16(土) 17:18:29.61 ID:pbh7xADRo


☆その9まで全部まとめた本500で出しても売れる予感しないわ☆


赤城「いいなぁ~私みたいな宙に浮いてる人が行ったら
    会場大騒ぎになるだろうし行けないですよね」

加賀「私もある意味心配で着いて行けば良かったと後悔しています」

赤城「今度から私達もサークルで参加すればいいんじゃないですか?」

加賀「一人でやってください」

赤城「それじゃあ故人サークルになっちゃう~~! なんちゃって~~!」

加賀「あなた死んでからの方が人生エンジョイしてますよね」



199: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/17(日) 00:50:03.93 ID:7DJdtusao


☆収録内容☆


龍驤「ん? 那珂のコミケで売るサンプルや」

龍驤「トラック1:ピザ開封&実食。……は?」

龍驤「トラック2:2切れ目~4切れ目。なんやねんこれ」

龍驤「トラック3:5切れ目~8切れ目」

龍驤「ボーナストラック:デリバリー注文~到着会計」



龍驤「誰が買うねん!! ボケぇ!」

龍驤「1枚3千……。結構ぼったくるなぁ~あいつ」



211: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/17(日) 14:54:30.05 ID:ziFANxF1o


☆夏の最大イベントが終わる☆


那珂「あっ!!提督~~!来てくれたの!? ありがとうーっ♪」

提督「よう。始まるや否や3日目は幸子か那珂ちゃんかってくらいになってるぞ」

那珂「そうなの!? で、何十枚買ってくれるの?」

提督「1枚しか買わんわ! 後ろの人が買えなくなるだろうが!」

那珂「冗談だよー。まあ1人1枚までだしね」




214: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/17(日) 15:06:11.29 ID:ziFANxF1o


☆絶対に勝てないアイドル☆


提督「おい、なんだこの購入者限定、腕相撲に勝利したらサインって」

那珂「今並んだ人で挑戦したい人とやってるけど、
    みんな3秒と保たなくて那珂ちゃんちょっとがっかり~」

提督「まじかよ。俺の前に100人以上いたけど、全員に勝ってんのか」

那珂「女の子だからって手加減して力入れないでいる方が
    机に手の甲、叩きつけられて危険だよ?」

提督「上等だよ。手首ぶっ壊れて泣いても知らねえからな?」



217: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/17(日) 15:32:31.05 ID:ziFANxF1o


☆那珂ちゃんの本気☆


鈴谷「おつおっつ~」

提督「……おう」

鈴谷「どしたの? テンション低いじゃん?
    手首痛いの? ずっと抑えてるけど」

提督「あ、あぁちょっとな」


提督(途中まで均衡してたんだが……
    突然、力が爆発的に上がりやがった)

提督(金剛の改二化と同じ様な……。まさかマジで那珂ちゃんもなのか?)

提督(呉の奴、一体どんな鍛え方させてんだ?)



231: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/17(日) 18:12:21.46 ID:ziFANxF1o


☆お土産☆


加賀「おかえりなさい。お疲れ様です」

提督「ただいま~。何もなかった?」

加賀「以上ありません」

卯月「あー! 司令官、うーちゃんに黙って旅行行ったぴょん!?
    お土産たくさんあるぴょーん!」

提督「だめーー! これはだめ!」

卯月「ぷっぷくぷぅ! 司令官なんて嫌いだぴょん」

提督「そ、そんなァ! 嘘だろぉ!? まじかよ……。
    卯月に嫌われるとか……欝だ。死のう」



240: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/18(月) 00:48:56.08 ID:pvZHnIpfo


☆夢でもし逢えたら☆


大井「……」

大井「……」

北上「大井っちってば。聞いてる?」

大井「あ、ごめんなさい。えっと、何?」

北上「はいこれ、そっちのお客さんのね。
    帰ってきてからぼーっとしてるけど大丈夫?」

大井「うん。なんかね、夢を見てるような気分なの」

北上「とりあえずさー、眠いなら一回顔洗ってきたら?」



244: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/18(月) 06:56:50.44 ID:7sNfIX/jo


☆楽しい思い出☆


雷「おかえりなさい。旅行は楽しかった?」

熊野「ええ。とても充実していましたわ」

雷「何してたの?」

熊野「主にショッピングをしていましたわ」

雷「へぇ~! ホテルはどんな所泊まったの?」

熊野「えっと……。最終的にカレー臭いホテルでしたわね」

雷「それどんなホテル!?」



251: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/18(月) 20:48:58.01 ID:Sm/eB5f3o


☆お褒めの言葉☆


呉「うん。なるほどね。かなりの早さで完売したそうね」

那珂「どう? 頑張ったでしょ!?」

呉「そうね。あんたなりによくやったと思うわ」

那珂「えへへ~。頭なでなでしてもいいんだよ?」

呉「……いや、それは遠慮しとく」



257: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/18(月) 22:39:58.65 ID:Sm/eB5f3o


☆帰省☆


初雪「そういえばお姉ちゃんはお盆のお休みとかで
    帰省したりしないの?」

舞鶴「ん? 帰省したら君達2人は一緒に行くことになるよ?」

響「行きたい」

初雪「うん」

隼鷹「あっれ~? あたしカウントされてなくね?」

舞鶴「2人は連れてかないと生きていけないじゃん」

隼鷹「死ぬ気になれば生きていくことだって出来るんだよ!コンチキショー!」



262: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/19(火) 20:30:13.55 ID:QrH1NKuDo


☆泣き虫うーちゃんと怒りん坊まやちゃん☆


卯月「摩耶ぢゃん゛がぶっだ~~!!」

加賀「よしよし。そんなに泣いてどうしたんですか」

卯月「摩耶ぢゃんがぶっだ~~!」

加賀「摩耶が仏陀? あの子、仏教徒だったかしら?」

愛宕「違うから。違うから加賀さんも落ち着いて」



264: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/19(火) 20:41:08.54 ID:QrH1NKuDo


☆悲しみと哀れみ☆


愛宕「卯月が摩耶のぬいぐるみを盗ったって怒って叩いたのよ」

加賀「さすがの私も養護できません」

愛宕「身内の恥だからって私も注意したんだけど、
    また怒っちゃって部屋に逃げ込んだの」

加賀「はあ。あの子はぬいぐるみのことになると
    こうなるのは分かっていたけれど」

愛宕「――で、部屋に逃げ込んだらそこで鈴谷が
    摩耶の下着いたずらに使おうと物色してた所で……」

加賀「……頭が痛くなってきました」



265: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/19(火) 20:46:19.70 ID:QrH1NKuDo


☆お仕置きだべ☆


加賀「摩耶」

摩耶「んだよ! 邪魔しないでくれよな!」

鈴谷「たずげて加賀姉~~~!」

加賀「吊るす作業をしながらでもいいから聞きなさい」

鈴谷「止めないの!? もう、しょうがないなぁ~摩耶は。
    優しく吊・る・し・て・ね? うっふん♪」

摩耶「首吊って死ね」 



266: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/19(火) 20:57:02.37 ID:QrH1NKuDo


☆俳句の日☆


提督「閃いた! 今日は俳句の日にちなんで、
    季語の代わりに下ネタを使った俳句を考えてみた!」

提督「おパンティ
    下から見れば
    汚パンティ」

提督「どや!」

加賀「全く意味が分かりません」


加賀(この人に摩耶がもう少し大人になる方法を聞こうとした私が間違いでした)



268: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/19(火) 21:03:44.66 ID:QrH1NKuDo


☆季重ね☆


加賀「だいたい、季語の代わりに下ネタ要素を含む単語を扱うのであれば」

加賀「季重ねと言って、2つ季語(下ネタ)が入るのは俳句のルールとしては間違いです」

加賀「よって、今のは俳句としては認められません」

加賀「やり直して提出してください」


提督「真面目すぎ!」



273: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/20(水) 20:35:09.40 ID:aESm79R4o


☆世界を超えて☆


初雪「なんで包帯?」

響「あっちの世界で怪我をしたんだ。でも気にしなくていい。平気だから」

初雪「大丈夫なの?」

響「平気。明日にはこの痛みにも慣れる」



隼鷹(その痛さにはこっちは慣れないよ)



278: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/20(水) 21:20:52.06 ID:aESm79R4o


☆ケーキトラップ☆


提督「例えば、俺が股間にダイレクトにケーキを置いてるとするだろ?」

加賀「全く状況が掴めません」

提督「そこで電か卯月が通りかかるわけだ」

提督「しかしあいつらは俺が股間にケーキを置いていることよりも
    目の前にあるケーキで頭一杯になるわけだ」

加賀「どういうわけですか」

提督「でもフォークも持ってないから直接ぱくりんちょしてしまい、
    俺のストロベリーもぱくりんちょするんだ、これが」

加賀「一体なんのつもりでそのシュミレーションを私に発表したんですか」



281: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/20(水) 21:25:20.30 ID:aESm79R4o


☆フルーティ☆


愛宕「というか自称がストロベリーでよかったの?」

提督「バナナにすれば良かったわ……」

加賀「……? 何か違うんですか?」


提督・愛宕「「そりゃあ違うよ」わよ」


加賀「……? ……はあ、そうですか」



289: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/21(木) 07:01:51.05 ID:j7PVbKwSo


☆蜂蜜食べたい☆


金剛「今日はハニーの日デース!」

金剛「テートクの心の拠り所の私こそがテートクのハニーデス!」

金剛「私のことはマイハニーと呼んでくれてイイネ」

提督「私の蜂蜜」

金剛「それを英語で言うネ!」

提督「ワタシ ノ ハァチミトゥ~」

金剛「NO!テートクのいじわるゥ~!」





298: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/21(木) 21:58:27.71 ID:aQ25akA3o


☆はちみつくまさん☆


鈴谷「熊野ー! 遊びに来たよー!」

熊野「あら、どうしたんですの?」

鈴谷「熊野に蜂蜜あげたくてさ~」

熊野「あなたそれ、普通に失礼ですわよ」

鈴谷「熊野のためを思って選んで買ったんだよ!
    こういう高級感漂うパッケージとか好きでしょ?」

熊野「むぅ……ありがとうございます」


図星で怒るに怒れない熊野。



299: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/21(木) 22:12:49.57 ID:aQ25akA3o


☆ぽんぽこたぬきさん☆


赤城「はちみつをさ、手にべったりつけて食べる
    プーさんって衛生上の問題としてどうなの?」

赤城「爪の中に入った汚れとか手の雑菌とかを
    あのドロドロベタベタに全て吸い込んでそのままぺろりでしょう?」

赤城「しかも設定上はぬいぐるみとかの設定と考えると……
    布と中の綿は蜂蜜吸い込んでどエライことになると思うのよね」

赤城「そう考えるとやっぱり蜂蜜というのは
    そう簡単に手でダイレクトに食べるものじゃないわよね」



加賀「蜂蜜スプーンで食べながら何言ってるんですか。殴りますよ?」



309: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/22(金) 07:01:55.06 ID:vMBqFwBUo


☆佐世保の長い話☆


佐世保「――で、という感じです。でもこういう時、きっと先輩なら――」

天龍「あーーーー……うん。うん」

雷「うんうん。それで?」

佐世保「――が、――で、でも先輩は――」



熊野(あの真面目な話から急に提督の話が出てくる)

熊野(無自覚だから指摘しづらいとはいえ、
    二人共よく平気ですわよね……)



317: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/22(金) 21:08:02.05 ID:RlnPblTPo


☆知りたくなかった☆


熊野「あなたもよく提督の話なんて聞いて平気ですわね」

天龍「あ、あぁ……。あのパターンに入るとだいたい1時間は拘束されるからな」

天龍「雷が一緒にいるとあいつが乗せるからプラス1時間だな」

熊野「まあ、あの時の佐世保楽しそうですものね」

天龍「気が付くと提督のことに詳しくなってきてる自分が怖い」

熊野「最悪ですわね」



318: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/22(金) 21:18:11.47 ID:RlnPblTPo


☆序☆


鈴谷「作れ」

提督「あぁ? 誰に口聞いてんだおっぱいもぎ取るぞこら」

鈴谷「カレーを作れ。でなければ帰れ」

提督「じゃあ部屋戻るわ」

鈴谷「早くぅ~~! 作ってよぉ~~!」



327: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 10:23:55.66 ID:AK6I3+j0o


☆ALS☆


加賀「提督、これを」

提督「は? 何これ」

加賀「アイスバケツチャレンジだそうです。
    これをかぶって欲しいとの投書が寄せられました」

提督「ごめん、何のために?」

加賀「筋萎縮性側索硬化症の研究の支援をするための運動だそうです」

提督「正直その説明を聞いても意味がわからないな。
    まるで流行りに着いていけない中年になった気分だ」



328: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 10:31:37.42 ID:AK6I3+j0o


☆チャレンジ☆


加賀「では代わりまして私がかけますね」

提督「なんで!? お前さては俺に氷水かけたいだけだろ!」

加賀「何のことか分かりかません。それに提督ならいつも
    熱々ラーメンスープチャレンジしてるじゃないですか」

提督「いやいやいや、だからと言ってやらんよ?」

加賀「たまには冷たいのもいいかと思いまして……。では、行きますよ?」

提督「ちょ、ちょちょ、ちょっと待って!外行こう外!」

加賀「そうですね。外でみんなにバケツもって集合するように言っておきます」

提督「何で全員集めるの!?」





346: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 16:57:18.13 ID:qlfZlsEMo


☆氷水☆


鈴谷「赤城姉にかけたらどうなるの?」

加賀「元来、水には清めの効果があると言われています」

提督「効果あったらそれはそれで可哀想じゃん。冷たい水で成仏って」

鈴谷「そんなこと言ったって、ぬるいファンタで成仏されても嫌じゃん」

加賀「在るが儘の本来のいるべき場所にいないのが悪いんです」



347: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 17:02:57.51 ID:qlfZlsEMo


☆提督のご指名☆


大井「もしもし提督? どうしたの?」

大井「え? 何急に? うん、厨房は暑いからTシャツだけど……」

大井「色? 今日は黒っぽいのだけど、え?白? どうして白なの?」

大井「こ、この前着てたのが可愛、馬っっ鹿じゃないの!?」

大井「うん、……うん。今日来るの? ほんとう?分かった。待ってる」


北上「電話終わった? これ運んで欲しいんだけど」

大井「ごめんちょっと着替えてくる!!」



350: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 17:06:40.54 ID:qlfZlsEMo


☆提督の使命☆


加賀「バケツ持ってどこ行くんですか?」

提督「えっ? いや、その……公園の砂場でホグワーツ魔法魔術学校でも作ろうかと……」

加賀「随分と突然創作意欲が湧きましたね、仕事もせずに。
    そのために水を入れたりするバケツですか」

提督「そ、そうなんだよ! ははは」

加賀「何を企んでるのか今すぐに言えば半分は許します」

提督「半分!?」



375: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 21:18:22.35 ID:qlfZlsEMo


☆頑張れ加賀さん☆


加賀「あの……ですね」

提督「どうした」

加賀「その……」

提督「なんだ珍しく歯切れ悪いな。どうした?」

加賀「行かないでください」

提督「……一緒にマリカするか」

加賀「はい」



383: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/23(土) 22:24:25.57 ID:qlfZlsEMo


☆ダブルダッシュ1カート2人プレイ☆


提督「待て、違う!そのタイミングは!」

加賀「いえ、今こそ赤甲羅です」

提督「あー!貴重な赤甲羅が奈落の底に落ちてったぞ!」

加賀「提督こそ先ほどからコース取りとドリフトが甘いですよ」

提督「違う!お前が前の周回の時にバナナ撒いたからだろうが!」

加賀「あのタイミングで撒かなければ抜かれてました」

提督「あー! 甲羅喰らった! 加賀が3つ残してバリアにしとかないから!」

加賀「提督がちんたら走ってるせいです」



389: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 00:11:32.24 ID:R+8mPIhPo


☆マジおこ☆


提督「ふぅ……加賀も寝たし遅くなったが約束は約束だしな。北上ラーメンに行くとするか」

青葉「こんな時間にですか?
    まるで加賀さんに秘密にしてるみたいですね」

提督「お前は見てはいけないものを見てしまったな」

青葉「あれあれ?青葉にそんなこと言っていいんですか~?
    この写真加賀さんに見せたら不味いのは提と……く……で……あ、あの」

提督「本気で俺を怒らせたいらしいな」



392: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 00:27:41.29 ID:R+8mPIhPo


☆夜間の外出☆


提督「げっ」

摩耶「ん? なんだよ夜間哨戒なら1人で出来るってのに」

提督「お、おう。頑張れよ」

摩耶「あ? お前も一緒に来てくれんだろ? いやー助かったぜ」

提督「は? いや、違う!俺はこれから行く所が」

摩耶「いいんだって。まさかちゃんとやってるか疑ってるのか?
    アタシだって1人でもちゃんとやってんだぜ?」

提督「いや疑ってなんかないぞ!? 頑張れ!」

摩耶「頑張ろうだろ? じゃあ行くぞ!」

提督「おい待て!ちょっと!?ねえ!」



393: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 00:33:59.45 ID:R+8mPIhPo


☆ ※任務中 ☆


摩耶「だいたいキティちゃんってのはよー」

提督「どう考えたってけろけろけろっぴが最強だろうが!」

摩耶「今はマイメロのが人気あんだぜ?」

提督「おいおいあんなに仕事選ばずやってるキティさんが負けてるってのか?」

摩耶「結果はそうなんだからしょうがねーだろ」

提督(あっ!しまった。話し込んじゃった!)

提督「悪い、俺ちょっと用事思い出したわ! じゃあ続きも頑張れよ!」



403: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 09:42:46.91 ID:rf7fMWsno


☆災難は続く☆


提督「よ、ようやく摩耶から解放された……。よし、今度こそ」

金剛「ふっふっふ、待ってたデース」

提督「……」

金剛「無視しないで欲しいデース!」ガバッ

提督「なんだよ、離せよ!」

金剛「今日こそワタシに付き合ってもらうネ!」



405: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 09:47:29.96 ID:rf7fMWsno


☆お供金剛☆


提督「俺は行く所があるんだよ」

金剛「テートクある所、金剛ありデス! お供するネ」

提督(こいつ連れてったら絶対怒るじゃん……)

提督「もういいよ。お前の好きな所連れてけよ。どこでもいいから」

金剛「きゃー! やっとワタシのターンがやってきたネ!」

提督「暑いから腕を絡めるんじゃない!」



406: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 10:00:10.73 ID:rf7fMWsno


☆デート☆


提督「くそ、映画館なんて連れてきやがって2時間拘束された……」

提督「何度か途中でこっそり抜けだそうとしたが、
    いつの間にか脚と椅子が錠で繋がれてやがった」

金剛「幸せデス……まさかこんなデート出来る日が来るなんて」

提督「だいたいお前ちゃんと映画見てたのか?」

金剛「いつテートクがKISS迫ってきてもいいように
    ずっとテートクのこと見てたデス」

提督「見ろよ、映画を」



407: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 10:07:39.92 ID:rf7fMWsno


☆火照る☆


提督「はぁ~、疲れた……」

金剛「休憩出来る場所行くデス……? ハッ!」

金剛「だ、ダメネ! ……でもテートクがどうしてもって言うなら」

金剛「OK!ワタシも覚悟出来たネ!さあ、HOTELにレッツゴー!」

提督「おい!どこ行く気だ! 疲れたから帰りたいって言ってんだ俺は!」

金剛「問題ナッスィング! 恥ずかしいのはお互い様ネ!」

提督「恥ずかしいのはお前の頭の中だ!」



413: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 12:47:30.72 ID:rf7fMWsno


☆新たなる刺客☆


佐世保「先輩を離してあげて下さい。嫌がってるじゃないですか」

金剛「What's!? あなたには関係ないデース!」

佐世保「関係あります……。何故なら僕が先輩と先に約束をしていたんです!」

金剛「Oh……先客がいたデス?」

提督「(違うんだけど合わせとくか)そ、そうなんだよ。悪いな」

金剛「2人でどこ行くデス。ワタシも連れて行くネ」

佐世保「申し訳ありませんがご遠慮ください。
      僕は先輩と大事な話があるんです」

金剛「ワタシだって将来の大事な話があるネ!」



416: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 14:09:23.55 ID:rf7fMWsno


☆目的の地へ☆


大井「遅いじゃない!心配したんだから!」

提督「す、すまん……」

大井「どうしてそんなボロボロなの」

提督「金剛と佐世保が街中で喧嘩始めるから止めてたんだよ」

大井「でも良かった。ちゃんと来てくれて」

提督「何か言った?」

大井「なんでもない!」



417: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 14:12:50.62 ID:rf7fMWsno


☆本来の目的☆


大井「遅くなるならそう言ってよ……待ってたんだからね?」

提督「ごめんごめん」

大井「で、用事ってなんなの?」

提督「アイスバケツチャレンジを大井にやってもらおうと思って」

大井「何それ?」

提督「なんでもいいんだけど水被るんだよ」

大井「へ~。そうなん……え?」



418: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/24(日) 14:17:53.79 ID:rf7fMWsno


☆任務達成☆


大井(水を被る?)

大井(提督と一緒に?)

大井(同じ水を!?)

大井(一緒に水風呂に入るってこと!?)

大井「そんなん出来るわけないでしょうがーー!!」バッシャァ

提督「ぎゃああああああ!」

北上「大井っち何考えたよく分かんないけど……多分違うと思うよ?」




434: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/25(月) 07:05:52.32 ID:bDU9hyXqo


☆修行☆


響「修行って格好いいかも」

舞鶴「面倒くさいよー?」

初雪「大変そう、お姉ちゃんの修行」

響「修行したい」

隼鷹「じゃあまずは3日の断食から始めようか」

響「……」


予想以上に面倒なことになりそうだと思ったが
今更後に引けなくなってきた響。



441: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/25(月) 18:42:22.06 ID:bVQaXsuSo


☆ホームレス式精神強化訓練☆


舞鶴「だいたい私が稽古つけなくても
    ロシアで習った訓練方法もう一回やればいいじゃん」

響「あれは……さすがにちょっと」

隼鷹「そりゃこうなるよ。昔の嫌な時代に戻りたいかって
    あたしだって戻りたくないもんさ」

響「いやそれと一緒にするのもちょっと……」

隼鷹「どっひゃ~~! 言うね~~こいつぅ~!」



445: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/26(火) 00:03:56.75 ID:mFZVy0IOo


☆好きな所☆


加賀「相手の好きな所を言い合うしりとりがあるそうです」

提督「へえ~。じゃあ、しりとり……立派な艦載機」

加賀「嫌い」

提督「おい、いきなりルールを無視すんじゃない」

加賀「私のことじゃなくてステータスのことを言う提督なんて嫌いです」

提督「え?じゃあやり直せばいいの? き、き、気が利く」



460: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/26(火) 20:59:00.69 ID:mFZVy0IOo


☆くやしい☆


加賀「……く、ですか」

提督「うん」

加賀「く……。く……」

加賀「く……。私の負けです」

提督「早いよ!」



465: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/26(火) 23:14:09.48 ID:mFZVy0IOo


☆諦めが肝心☆


加賀「く、臭くない」

提督「……いいのかそれで?」

加賀「で、デリカシーが無……くはない」

提督「無理矢理すぎるだろ。っていうか何故続けたし」

加賀「難しいですね」

提督「諦めるの早すぎるだろ」



466: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/26(火) 23:23:14.27 ID:mFZVy0IOo


☆しりとり☆


金剛「Oh……一航戦のLOVEの力もその程度ネ」

加賀「むぅ」

金剛「ワタシとやって見るネ!」

提督「り……律儀」

金剛「行儀良い」

提督「勇ましい」

金剛「いい身体」

加賀「ダメな帰国子女」ボソッ



467: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/26(火) 23:29:52.32 ID:mFZVy0IOo


☆泥のかけあい☆


金剛「常識ない空母」

加賀「暴走似非日本語」

金剛「ゴミ虫」

加賀「死骸」

金剛「いらない女」

加賀「殴られないと分からないようね」

金剛「寝言は寝て言うネ」


提督「お前らやり合うなら外でやれよー」



475: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 07:33:41.29 ID:lRCDBqYRo


☆電ちゃんごめんね☆


電「司令官さん、加賀お姉ちゃん、お茶をいれたのです」

加賀「あら、ありがとう」

電「どういたしましてなのです」

提督「お茶の淹れ方なんて誰から教わったんだ?」

電「自分で調べてみたのです。えへへ」

提督「加賀も調べてみたらどうだ?」

加賀「お茶の淹れ方くらい知ってますが?」



484: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 20:30:05.61 ID:/Bo0TAyio


☆お茶を淹れよう☆


加賀「電」

電「はい、なのです」

加賀「あの……その」

電「どうしたのです?」

加賀「恥ずかしながら……お茶の摘み方を教えて欲しいのだけど」


電「摘む所からなのです!?」



490: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 22:19:05.62 ID:/Bo0TAyio


☆お茶を造る☆


電「ごめんなさい……」

加賀「いえ、気にしなくていいわ。
    私自身で調べてみるわね」

電「お茶を淹れる方法なら教えられる程ではないのですが」

加賀「お茶を……いれ……え?」

電「加賀お姉ちゃん! 一緒に頑張ろうなのです!
   えいえいおー!」

加賀「おー」



491: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 22:28:16.81 ID:/Bo0TAyio


☆お茶の正体を知る☆


電「まずこの缶から茶葉を急須に」

加賀「!?」

電「それからお湯を入れて一分程待つのです」

加賀「!?」

電「湯のみに淹れてあげるのです」

加賀「!?」



493: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 22:36:38.96 ID:/Bo0TAyio


☆さっそく創ってみた☆


電「加賀お姉ちゃんその入れ物は胡椒なのです」

加賀「でもこれとお茶をこれ(急須)に入れればお湯になるんじゃ」

電「色々と違うのです。急須にお茶をいれるなら、
  淹れないでそれ使えばいいのです」

加賀「それもそうね。まずはお茶をスーパーで買ってこなくては」

電「買ってきたら意味ないのですっ!」



497: ◆BAS9sRqc3g 2014/08/27(水) 22:49:54.80 ID:/Bo0TAyio


☆お茶って何だっけ☆


加賀「1.5リットルのお茶じゃ駄目ということ?」

電「量の問題じゃないのです。お茶は茶葉があるから大丈夫なのです」

加賀「この緑の粉が? こっちの赤い粉の方がいい気がするのだけど」

電「それ七味なのです」

加賀「そういえば汗をかいた時には塩分が不足すると言われているわ。
    今日も訓練で汗をかいたし、塩もいれましょう」

電「駄目なのですっっ!」








元スレ
SS速報VIP:【艦これ】提督「今日も平和だ」その9