SS速報VIP:百合子「……点P?」【ミリマスSS】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415714166/



1: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 22:56:16.38 ID:w6oBU2/So

百合子(ふあぁ……数学の時間って、なんたか眠く……)

「点Pは1/2の確率で左右どちらかの点に動いて」

百合子(…………点Pが動くのがどう社会に役立つって…………P?)

百合子(P……P……プロデューサーさんが動くのかぁ)

百合子(例えば、こんな風に?)

-
---
-----

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415714166




2: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 22:58:07.77 ID:w6oBU2/So

P「マズいぞ百合子、分かれ道だ」

百合子「くっ……やっとここまで来れたのに……プロデューサーさん、何か分かりませんか?」

P「何も感じない……いや、この気配……CIAだ!……でも、どっちの道かは分からない」

百合子「何てこと……もし間違えた道を行ったら、風の精霊を狙うCIAの手中に落ちてしまうのね!」

P「どっちだ……どっちが正しい道なんだ……」

百合子「精霊の力もここじゃ使えない……万事休す、ですか」



3: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:00:39.04 ID:w6oBU2/So

P「…………なあ、百合子」

百合子「どうしました?」

P「…………俺の勘に、任せてみないか?」

百合子「プロデューサーさんに、ですか?」

P「あぁ、右に進むか左に進むか、どちらにしても正しい道の確率は1/2だ……それなら、うだうだ悩んでいても変わらないだろ?」

百合子「なるほど」

P「それに、ここで時間を食ってしまうと何にしたってタイムリミット、目的の『囚われの兎騎士の解放』……さらには『饂飩王国の奪還』までも不可能になる」

百合子「確かに……でも、CIAに出会ってしまったら、今の私たちには戦う手段が」

P「大丈夫だ、百合子」

百合子「えっ」

P「何があっても……何が起ころうと、必ず、俺はお前を……百合子を守りきって見せる」



4: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:01:48.76 ID:w6oBU2/So

百合子「プロデューサーさん……」

P「百合子……」

百合子「プロデューサーさん、私、プロデューサーさんのことが」

P「百合子……その台詞は、俺に先に言わせてくれ」

百合子「……分かりました」

P「百合子……俺はお前を、あi」

…………りこ、百合子!

-----
---
-



5: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:03:13.56 ID:w6oBU2/So

百合子「プロデューサーさん…………へ?」

昴「百合子、次の授業体育だぜ」

百合子「えっ……あっ、もうこんな時間!どうして誰も起こしてくれなかったんですか!」

昴「余りに幸せそうな寝顔してたから、先生も起こすの躊躇ってたぞ」

百合子「どうして、昴さんもこんな時間まで起こしてくれなかったんですか……」

昴「いや、オレは一番乗りでグラウンド行ったんだけどさ、そういえば百合子いないなーって思って」

百合子「……で、帰ってきたら私が一人寝ていた、と、そういうことですか」

昴「そーいうこと」



6: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:03:45.21 ID:w6oBU2/So

キーンコーンカーンコーン

昴「あ、やべっ、行くぞ百合子!授業始まる!」

百合子「えっ、ちょっ、昴さん、まだ私着替えて」

昴「いいから行くぞ!」ズルズル

百合子「あぁぁ……」



7: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:09:01.02 ID:w6oBU2/So

  ~~  

美奈子(炒飯、麻婆、ラーメン、今日は何を作ろっかな……プロデューサーさん、喜んでくれるといいなぁ)

「よって、ここを因数分解して割れば項が消えるから、関数P(n)の極限は120になって……」

美奈子(あっ、ノートとらなきゃ……えっと、Pが120に…………Pが120?)

美奈子(P……プロデューサーさんが、120?)

-
---
-----



9: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:09:37.45 ID:w6oBU2/So

P「やっぱり美奈子のご飯は美味しいなぁ」デップリ

美奈子「はいっ、まだまだありますから、いっぱい食べてくださいね♪」

P「おっ、ありがとうな、美奈子」

美奈子「いえいえ、足りなかったらまだたくさん作りますから!」

P「ははは、こんなにいいお嫁さんを持てて、俺は幸せだよ」

美奈子「えへへ、私もこんなに食べっぷりのいい人が夫になってくれて、とっても幸せです!」



10: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:12:27.85 ID:w6oBU2/So

P「そういえば美奈子、俺の体重、120kgを超えたみたいだ」

美奈子「わっほーい!本当ですか!今日はごちそうにしましょうね♪」

P「あっはっは、いつでも美奈子のご飯はごちそうだし、いつもと変わんないな」

美奈子「えへへっ、もう、照れるじゃないですか!」

P「本当だよ、美奈子」キリッ

美奈子「……プロデューサーさん?」



11: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:14:41.71 ID:w6oBU2/So

P「俺は、もうお前無しじゃ生きていけない体なんだ」

美奈子「……」

P「……愛してるよ、美奈子」

美奈子「…………」

P「……美奈子、泣いてるのか?」

美奈子「だって……だって、プロデューサーさんが、愛してるって」

P「ああ、俺は美奈子が大好きだ、愛してる」

美奈子「プロデューサーさん……」

P「子供は何人欲しい?」

美奈子「……プロデューサーさん!」



12: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:16:57.63 ID:w6oBU2/So

美奈子「プロデューサーさん!動いたらカロリーが逃げちゃいますから、動いちゃダメですよ!」

P「ああ……というより、俺はもう、自分じゃ動けないからな……美奈子、よろしくな」

-----
---
-



13: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:20:47.80 ID:w6oBU2/So

美奈子「わっほーいっ!」ガタッ

シーン……

美奈子「……あれ?」

「…………佐竹ー、次の家庭科の時間がそんなに楽しみか」

美奈子「えっ、あっ、あのっ」

「楽しみなのは分かるが、数学の時間は数学に集中しようなー」

美奈子「はい、すいません……」

「あ、それと、家庭科で作ったからって料理の差し入れは必要ないからなー」

美奈子「えっ」



15: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:31:28.40 ID:w6oBU2/So

 ~~ 

まつり(講義が暇すぎるのです)

まつり(どうせ教科書をただ読むだけの講義、存在意義が疑われるのです、単位のために出席はしてても、いっそのこと寝てやるのです)

「そこで、政府はPKO協力法によって……」

まつり(全世界のまつり王国民よ、ぐっない…………PKO…………P……KO……)

-
---
-----



16: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:36:42.55 ID:w6oBU2/So

P「プロレスやろうぜ」

まつり「ほ?のり子ちゃんとやればいいのです」

P「いやいや、俺はまつりとやりたいんだ」

まつり「……それじゃあ、負けた方が勝った方の言うことを何でも聞く、という約束をしてくれるなら、プロレスしてあげるのです」

P「望むところだ!」



17: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:39:32.68 ID:w6oBU2/So

P「負けまし……いだだだだ!」

まつり「予想以上の雑魚だったのです」

P「あっ、そこの関節はそっちには曲がらなっ……なんだか、段々気持ちよくなってきたかも……」

まつり「うわっ……」

P「冗談だからガチでひくのやめて」

まつり「冗談に聞こえないのです」



18: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:42:50.20 ID:w6oBU2/So

まつり「というわけで、プロデューサーさんを軽くKOしてやったのです」

P「俺は誰になら勝てるんだ……そうだ、星梨花とプロレス」

まつり「ほ?」

P「冗談でございますまつり様」

まつり「それならいいのです、ね?」

P「アッハイ」



19: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:44:44.86 ID:w6oBU2/So

まつり「というわけで、プロデューサーさんにはまつりのお願い事を聞いてもらうのです」

P「なんだ?肩ならいくらでも揉んでやるぞ」

まつり「いらないのです」

P「そっか」

まつり「そうなのです」



20: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:48:38.35 ID:w6oBU2/So

まつり「プロデューサーさんには、ずっとまつりのそばにいて欲しいのです」

P「……え?」

まつり「まつり王国の忠実なる国民の一人として、まつりをキラキラした所まで連れていくのです、ね?」

P「…………それくらい、言われなくてもやってやる予定だよ」

まつり「ほ?」



22: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:52:22.08 ID:w6oBU2/So

P「俺のプロデュースするアイドルとして、絶対にトップアイドルになるまで離れない……約束する」

まつり「……そうなのです?」

P「そうだ」

まつり「……それなら、お願いは変えるのです」

P「あ、変えるのか」

まつり「これから、姫とショッピングに付き合ってもらうのです♪」

P「えっ、でも俺まだ仕事が」

まつり「ほ?負けた人は何でも言うことを聞いてくれるのです、ね?」

P「あー、はいはい分かった行くよ」

まつり「もちろん、お金を出すのは男の人の義務なのです」

P「えっ、ちょっと今月はお金が……」

まつり「冗談なのです」



23: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/11(火) 23:53:46.27 ID:w6oBU2/So

まつり(トップアイドルになるより前に……プロデューサーさんの心をノックアウトしてやるのです!)

-----
---
-



24: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/12(水) 00:00:07.97 ID:w6oBU2/So

つり……まつり!

まつり「……うーん…………千鶴ちゃんなのです?」

千鶴「……講義、終わってますわよ?というより、あと10分で次の講義が始まりますわね」

まつり「ほ?」

千鶴「驚きましたわよ?教室に入ったら、見知った顔が真ん中で一人寝ているんですもの……一体いつから寝ていたんですの?」

まつり「寝ている人の顔が見えるのです?ちょーのーりょくなのです」

千鶴「ものの例えですわ!」



25: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/12(水) 00:04:59.47 ID:Gzj7anqjo

まつり「ふむ……千鶴ちゃんの受ける講義、一人くらい多くても分からないものなのです?」

千鶴「まあ、そこそこ人が入る講義ですし、一人くらい多くても誰も気づかないですわね」

まつり「それじゃあまつりはこのまま夢の世界にエスケープし直すのです」

千鶴「は?」

まつり「その講義が終わったら改めて起こして欲しいのです、それではぐっない♪」

千鶴「ちょっ、まつり!?いくらなんでもそれは……はぁ、仕方ないですわね」



28: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/12(水) 00:19:17.16 ID:Gzj7anqjo

  ~~  

琴葉「ここでPがこう動いて……」

P「お、琴葉、勉強中か?……しかし、どうして点は大体Pって置くんだろうなぁ」

琴葉「いえ、昨日のプロデューサーさんの足取りを追っています」

P「!?」

【おしまい】



29: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/12(水) 00:23:54.77 ID:Gzj7anqjo

【おまけ】

琴葉「ちなみに、動点をPとおくのは、『点』を英語にすると、その頭文字が『P』になるからですね」

P「ごめん、今それよりもっと気になることがある」

【おまけおしまい】



30: ◆O//Gvdq7EE 2014/11/12(水) 00:25:23.75 ID:Gzj7anqjo

終わりだよ~(o・∇・o)

授業中に寝る、ダメ、絶対……なぁ、杏奈?


元スレ
SS速報VIP:百合子「……点P?」【ミリマスSS】