前作



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:13:48 ID:c9468FTE

凛「何で?」

武内P「……申し訳ありません」

凛「……ふざけないでよ」


凛「なんで、私と二人じゃ外を歩きたくないの!?」


武内P「……」


武内P「確実に……職務質問を受けるからです」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:17:23 ID:c9468FTE

凛「そんなの、偶然でしょ!?」

武内P「いえ、そんな事は、決して」

凛「……何それ」


凛「ねえ、本当は違う理由なんでしょ?」


武内P「待ってください」


武内P「二人のタイミングで……」

武内P「既に、二桁……毎回、職務質問を受けています」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:21:39 ID:c9468FTE

凛「ねえ、そんなの数えてたの?」

武内P「毎回、千川さんに回数を言われていましたから」

凛「……ふーん」


凛「プロデューサーは……私と二人で歩けなくても良いんだ」


武内P「……わかってください、渋谷さん」


武内P「前回、千川さんが迎えに来られた時」

武内P「良い笑顔で……こめかみに、青筋が立っていたのです」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:26:12 ID:c9468FTE

凛「ねえ、それ……どういう意味?」

武内P「えっ?」

凛「……有り得ない……!」

凛「アンタ、私のプロデューサーでしょ!?」


凛「ちひろさんを怒らせたくないから、私と二人は嫌って事!?」


武内P「っ!?」ビクッ!

武内P「し、渋谷さん……笑顔です」


凛「は?」ギロッ!


武内P「……す、すみません……!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:32:25 ID:c9468FTE

武内P「ですが……もう、千川さんに迷惑をかけるわけには……!」

凛「それって……私より、ちひろさんが大事って意味?」

武内P「いっ、いえ! そういう訳では、決して!」

凛「……ふーん。じゃあさ――」


凛「私とちひろさん、どっちが大事なの?」


武内P「……」

武内P「えっ?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:36:16 ID:c9468FTE

武内P「し、渋谷さん……?」

凛「良いから、答えて」


武内P「ど……どちらも大事だ、と」

武内P「……そう、思っています」


凛「はあっ!? ふざけないでよ! どちらも!?」

凛「そんな答えで、納得すると思ってるの!?」


武内P「っ!?」ビクッ!

武内P「す、すみません! すみません、渋谷さん!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:42:41 ID:c9468FTE

凛「謝って欲しいんじゃない!」

凛「ねえ! アンタ、私の笑顔が見たいんじゃなかったの!?」

武内P「はっ、はい……!」

凛「だったら! 私の今の表情を見たら、わかるでしょ!?」


凛「今、プロデューサーが言うべき事って、何!?」


武内P「えっ!?」

武内P「あ、その……う……」


凛「……!」


武内P「お……怒った顔も、魅力的だ、と」

武内P「……そう、思います」


凛「……」

凛「ふーん!?///」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:48:41 ID:c9468FTE

凛「怒った顔も魅力的とか、何それ!?///」

凛「笑顔じゃなくても、良いって言うの!?///」

武内P「し、渋谷さんは……顔立ちが整っています、し……!」


凛「それで!?///」


武内P「それで!?」

武内P「その……どんな表情も、それぞれ魅力があり……!」


凛「からの!?///」


武内P「からの!?」

武内P「ず……ずっと、見続けていたい、と」

武内P「……そう、思います」


凛「ふうううぅぅぅん!///」ジタバタ!



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:52:53 ID:c9468FTE

武内P「い、今のような答えで……良かったのでしょうか?」

凛「ま……まあ、わるっ、くないっ、かなっ♪」

武内P「えっ?」

武内P「渋谷さん? あの……何故、リズミカルに?」

凛「……別に?」


凛「アイドルが、リズムに乗るのはおかしくないでしょ?」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 22:59:54 ID:c9468FTE

武内P「渋谷さん」

武内P「私は、貴女と一緒に行動をしたくないのでは……ありません」

武内P「もう、職務質問は受けたくない……」

武内P「千川さんの、怒った顔は見たくない……」

武内P「……本当に、それだけなのです」


凛「……なんだ、そっか」


武内P「わかって……いただけましたか?」


凛「うん、わかった」

凛「ちひろさんの怒った顔は、魅力的じゃないって事でしょ?」


武内P「わかっていただけていませんね!?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:11:03 ID:c9468FTE

凛「えっ? だって、そうでしょ?」

武内P「あの……何故、その結論に!?」

凛「だって……さ」


凛「プロデューサーは……ほら」

凛「私の、怒った顔も魅力的だ……って///」

凛「見続けていたい、って……いっ、言ったでしょ?///」


武内P「え……ええ、そう……ですが」


凛「なら、ほら……ちひろさんの怒った顔は見たくないって事は――」

凛「魅力的じゃない、って意味になるんじゃないの? 違う?」


武内P「……言われてみれば、確かに……そう、なりますね」

武内P「……」

武内P「待ってください! その結論は、あまりに強引すぎます!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:23:32 ID:c9468FTE

凛「……は? 何、それ?」

凛「待って。待って待って……ねえ、プロデューサー?」

武内P「は、はい……?」


凛「プロデューサーが、ふざけた答えをしてたのって、さ」

凛「私の――怒った顔が、見たかったから」

凛「……だと、思ってたんだけど」


武内P「……えっ?」


凛「まさか――……違うの?」ギロッ!


武内P「……」

武内P「いえ、その通りです」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:31:59 ID:c9468FTE

凛「……なんだ、驚かせないでよ」

凛「危うく、勘違いする所だったでしょ?」

武内P「えっ? す、すみません……?」

凛「もう、良いってば」


凛「考えてみれば、当たり前だしね」

凛「だって、アンタは私のプロデューサーだから」

凛「私とちひろさん、どっちが大事かなんて……ねえ?」

凛「わざと、どちらも、って言って……怒った顔を見ようとしたんでしょ」


武内P「……」

武内P「えっ?」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:40:19 ID:c9468FTE

凛「大丈夫、もう、わかったから」

武内P「は……はあ」


凛「プロデューサーは、本当は私と二人で外を歩きたい」

凛「でも、ちひろさんの怒った顔が、キツい」

凛「だから……私と二人で外に出られない」

凛「その分、わざと怒らせて、私の怒った顔を見たんだよね?」

凛「みっ……魅力的な、私の怒った顔を……さ」


武内P「それ、は――」


ちひろ「そうなんですか?」


武内P「っ!?」ビクゥッ!

武内P「せ……千川さん!?」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:44:21 ID:c9468FTE

ちひろ「プロデューサーさん、凛ちゃん、おはようございます♪」ニコッ!

凛「おはよう、ちひろさん」

武内P「せ、千川さん……おはよう、ございます……!」

ちひろ「ふふっ! どうしたんですか、プロデューサーさん?」ニコッ!


ちひろ「私、笑顔ですけど?」ニコニコ!


武内P「……え、笑顔です……!」

武内P「笑顔ですが……笑顔ですが……!」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/05(水) 23:56:38 ID:c9468FTE

ちひろ「うふふっ! あんな話を聞いたら、逆に笑えちゃって!」ニコニコ!

ちひろ「それに……私の怒った顔、キツいんですもんね?」ニコニコ!

武内P「いっ、いえ! そんな事は、決して!」

凛「……は? ねえ、どういう事?」ギロッ!

武内P「っ!?」ビクッ!


凛「プロデューサー?」ギロッ!


ちひろ「プロデューサーさん?」ニコッ!


武内P「待ってください!」


武内P「二人同時は、無理です!」



おわり


元スレ
SS深夜VIP:武内P「担当Pの浮気に困っている?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1536074352/