93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 10:44:34 ID:CLyUfERQ

武内P「私と……安部さんが?」

みく「……」

武内P「そんな事は……無いと思いますが」

みく「……」

武内P「何故、そう思ったのでしょうか?」


みく「何故か、年齢差を感じないからにゃ」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 10:47:46 ID:CLyUfERQ

武内P「年齢差を感じないからは、理由になるのでしょうか?」

みく「……」

武内P「そもそも、安部さんはじゅ、17歳です」

みく「……」

武内P「お似合いということは、無いと思います」


みく「たまに、みくのわからない話題で盛り上がってるにゃ」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 10:51:54 ID:CLyUfERQ

武内P「それは……安部さんが博識、というだけです」

みく「……」

武内P「それに、私は彼女に相応しい人間ではありません」

みく「……」

武内P「安部さんは、とても素晴らしい……魅力的な、アイドルですから」


みく「ほら! すぐそうやってナナチャンを褒める!」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 10:59:11 ID:CLyUfERQ

武内P「か、彼女が素晴らしいアイドルなのは……事実なので」

みく「……」

武内P「でっ、ですが! 前川さんも、素晴らしいアイドルです!」

みく「!」


武内P「ルックス、スタイル、歌唱力、そしてキャラクター性」

武内P「まだ成長途中ではありますが、とても強い輝きを放っています」


みく「もういい!」


武内P「っ!?」


みく「もっ、も~……Pチャンも口が上手くなったよね!///」


武内P「……」

武内P「は……はあ……」



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:03:14 ID:CLyUfERQ

  ・  ・  ・

武内P「私と……新田さんが?」

アーニャ「……」

武内P「そんな事は……無いと思いますが」

アーニャ「……」

武内P「何故、そう思ったのでしょうか?」


アーニャ「プロデューサーと美波は、二人で居る事が多いですね?」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:07:07 ID:CLyUfERQ

武内P「二人で居る事が多いのは、理由になるのでしょうか?」

アーニャ「……」

武内P「そもそも、彼女はシンデレラプロジェクトのリーダーです」

アーニャ「……」

武内P「連絡事項等で、二人になる機会が多いだけです」


アーニャ「その時の美波は、アー、新妻っぽいですね?」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:11:58 ID:CLyUfERQ

武内P「確かに、新田さんにそういった面もあるのは事実です」

アーニャ「……」

武内P「ですが、それは彼女自身の魅力の一つに過ぎません」

アーニャ「……」

武内P「とても魅力的ではありますが、お似合いとはまた別の話です」


アーニャ「プロデューサーは、美波が好き、ですか!?」


武内P「……」

武内P「……ん……んんん……!」



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:18:21 ID:CLyUfERQ

武内P「そ、尊敬出来る部分もありますが、すっ、好きとは違うかと」

アーニャ「……」

武内P「そういった意味では、アナスタシアさんへの思いも同じです!」

アーニャ「!」


武内P「何事にも挑戦し続ける、前向きな姿勢」

武内P「私は、担当アイドルの貴女を大切に思い、尊敬もしています」


アーニャ「ウラー!」


武内P「っ!?」


アーニャ「もう大丈夫、です……アーニャ、一生懸命頑張ります!///」


武内P「……」

武内P「は……はあ……」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:23:30 ID:CLyUfERQ

  ・  ・  ・

武内P「私と……高峯さんが?」

みく・アーニャ「……」

武内P「そんな事は……無いと思いますが」

みく・アーニャ「……」

武内P「何故、そう思ったのでしょうか?」


アーニャ「プロデューサーが、ノアと話してる所を見ました!」

みく「なんか、見たこと無い位イキイキして喋ってたにゃ!」


武内P「……」

武内P「えっ!?」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:27:53 ID:CLyUfERQ

武内P「す、すみません……それは、気づきませんでした」

みく・アーニャ「……」

武内P「普段、あまり接点が無いものですから……はい」

みく・アーニャ「……」

武内P「高峯さんは、そんなに楽しそうにしていましたか?」


アーニャ「ダー! プロデューサーも、楽しそうでした!」

みく「二人でず~っとポエッポエしてたでしょー!?」


武内P「……」

武内P「えっ!?」



106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:35:01 ID:CLyUfERQ

武内P「ずっと、という事は無かったと思いますが……」

みく・アーニャ「……」

武内P「あの……お二人は、ずっと見ていらしたんですか?」

みく・アーニャ「……」

武内P「声をかけて頂ければ、すぐに――」


アーニャ「ニェ――ット! 声をかけるのは、無理、でした!」

みく「Pチャンとのあにゃん、身振り手振りもしてたんだよ!?」


武内P「……」

武内P「えっ!?」



107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:40:26 ID:CLyUfERQ

武内P「み、身振り手振りを……!?」

みく・アーニャ「……」

武内P「待ってください! それは、さすがに有り得ません!」

みく・アーニャ「……」

武内P「あの……冗談、ですよね!?」


アーニャ「冗談、違います! 皆も、見ています!」

みく「Pチャン、ギャラリーにも気付いてなかったの!?」


武内P「……」

武内P「えっ!?」



108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:46:24 ID:CLyUfERQ

武内P「そんな……まさか……!?」


アーニャ「二人共、とっても楽しそう! 誰も、止められない!」

みく「蘭子チャン、アスカチャンも割り込んで止めようとしてたにゃ!」


武内P「……」


アーニャ「ニェニェニェニェ――ット! 気付いて、いませんでしたか!?」

みく「二人共、大縄跳びに入れない子みたいになってたんだよ!?」


武内P「……」

武内P「大縄跳び……懐かしい、響きですね」


みく・アーニャ「……!」


武内P「す……すみません」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 11:54:57 ID:CLyUfERQ

アーニャ「二人共、とってもポエミー!」

アーニャ「何を話しているか、わからない! 皆、サッパリポン、です!」

みく「どうしようも無いから、専務を呼んできたにゃ!」

みく「もしかしてとは思うけど、その時の事も覚えてないの!?」


武内P「……」


アーニャ「シッシッ、と! 手で、シッシッと、追い払っていました!」

みく「それも、二人共もんのすご~く嫌そうな顔をしながらだよ!?」


武内P「……笑顔です」


アーニャ「ニェート! 半泣き、でした!」

みく「ざまあとも思えないションボリ具合だったにゃ!」


武内P「……」



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:03:13 ID:CLyUfERQ

武内P「確かに……高峯さんと話していて、楽しいとは思いました」

武内P「ですがそれは、あくまでも会話自体が楽しいという事」

武内P「……決して、お似合い等という事は、ありません」


アーニャ「ポエミーな会話なら、専務とでも良いはず、です!」


武内P「いえ、それは有り得ません」


みく「なんで!? ポエミーな会話が出来れば楽しいんでしょー!?」


武内P「専務は、どことなく喧嘩腰だからです」

武内P「なので、可能な限り二人っきりで話したくない、と」

武内P「……そう、思います」


みく・アーニャ「……あ、はい」



111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:10:10 ID:CLyUfERQ

武内P「それと、会話の内容に関してですが……」

みく・アーニャ「……」


武内P「前川さん、アナスタシアさん」

武内P「貴女達お二人の……私の見ていない所で、頑張っている姿」

武内P「……その様子を高峯さんに聞いていたのです」


みく・アーニャ「!」

みく「ほ……ほんまに?」

アーニャ「私達の話……ですか?」


武内P「はい」

武内P「なので……盛り上がりすぎてしまったのでは、と」

武内P「……そう、思います」


みく・アーニャ「……///」



112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:14:56 ID:CLyUfERQ

みく「もっ……もー!/// みく達の話題だったんだね!///」

アーニャ「それで、あんなに……ふふっ、恥ずかしい、です!///」

武内P「申し訳、ありません」

武内P「誤解を招くような事をしてしまって……」

みく「気にしないで、Pチャン!」

アーニャ「ダー! 謝らないで、ください!」


みく・アーニャ「ねっ♪」ニコッ!


武内P「……良い、笑顔です」



113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:20:38 ID:CLyUfERQ

みく「しょうがないから、皆の誤解はみくがといておくにゃ!」

アーニャ「ミク、私も頑張ります! 一緒に、説明しましょう」

みく・アーニャ「……えいえい、おーっ!」ニコニコ!

武内P「……」

みく「でも……一つの話題で、あんなに盛り上がれるものなんだね!」

アーニャ「ダー! 恥ずかしいけど、とっても、嬉しい!」


武内P「えっ?」

武内P「一つの話題……ですか?」


みく・アーニャ「……」

みく・アーニャ「ん?」



114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:26:07 ID:CLyUfERQ

みく「……ちょっと待ってPチャン?」

アーニャ「……他の話も、していたのですか?」

武内P「はい」


武内P「美味しいハンバーグの店の話」

武内P「マヨネーズには、カラシかゆず胡椒か」

武内P「カレーは辛口か甘口か等……他にも色々、ですね」


みく・アーニャ「食べ物の話!?」


武内P「えっ!?……ええ」

武内P「食には関心があります」


みく・アーニャ「……!?」



115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:34:14 ID:CLyUfERQ

武内P「特に……カレーの話題は、白熱しました」

みく・アーニャ「……」

武内P「ですが……私達は、一つの結論を出しました」

みく・アーニャ「……」


武内P「『星の王子様カレー・ニューヨークへ行く』」

武内P「辛口、甘口に関わりなく――」

武内P「――レトルトは、これがベストだ、と」


みく・アーニャ「っ……!」プルプル!


武内P「……前川さん? アナスタシアさん?」

武内P「どうか、されましたか?」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/08(土) 12:50:58 ID:CLyUfERQ

  ・  ・  ・

ちひろ「……それで、二人の機嫌が悪かったんですね」

武内P「……」

ちひろ「? プロデューサーさん?」

武内P「……千川さん、質問しても良いでしょうか?」


武内P「前川さんも、アナスタシアさんも……」

武内P「カレーの話題は、嫌だったのでしょうか?」

武内P「それで怒らせてしまったとしたら、どうすれば……」


ちひろ「……プロデューサーさんって、そういう人ですもんね」


武内P「えっ?」



ちひろ「お似合いの結末ですよ」



おわり


元スレ
SS深夜VIP:武内P「担当Pの浮気に困っている?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1536074352/