1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 17:30:00.35 ID:oIGu8Z8f0

伊織「そ、それだけはやめて!」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 17:32:30.57 ID:oIGu8Z8f0

P「いいんだぜ、事務所に言って俺を首にしてもらっても」
じゃなくて
P「いいんだぜ、事務所に言ってお前を首にしてもらっても」

でしたすいません
恥ずかしいのでこの板は落としてもらって結構です



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 17:41:35.15 ID:4yt8ke6Q0

>>1で首かしげて
>>2で吹いた



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 17:59:07.43 ID:o9unpy5T0

伊織「キャンセルだって言ってるでしょ」

P「しかし今日の今日のキャンセルは…」

伊織「この伊織ちゃんがキャンセルって言ってるんだからいいのよ」

P「…わかった」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:00:32.70 ID:o9unpy5T0

P「(何故こんな事に…)」

 第6章 ~不機嫌な果実~



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:05:17.55 ID:o9unpy5T0

少し前

伊織「今日のスケジュールは?」

P「ああ、2時からスタジオでドラマの収録、8時からは歌番組の撮影で、その後はまた…スタジオに戻ってドラマの撮影だ」

伊織「じゃあ歌版組はキャンセルよ」

P「は?(威圧)」


事務所

P「はい…それではあの、キャンセルという形で、申し訳ございません。」

伊織「……………」

P「ではまた後日連絡ということで、はい、失礼します」

P「(くそっ、どうして俺がこんな目に)」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:08:41.59 ID:o9unpy5T0

P「キャンセル終わったぞ」

伊織「何の事?」

P「いや歌番組の撮影の件で」

伊織「誰がそんな事言ったかしら」

P「しかしさっき…」

伊織「うるさいわよ!」


P「…どうして俺をそんなに困らせるんだ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:15:23.93 ID:o9unpy5T0

P「(昔はこうじゃなかった…生意気ながらも心の底は熱い奴で)」

P「(どんな仕事だって真面目にやっていたのに)」

P「(しかし今は…)」

伊織「…あんたの自意識過剰よ」

P「だがこんな事は今回だけの事じゃないだろ」

P「(アイドルランクも最高まで上がり今やスターの伊織)」

P「(黙っていてもテレビの仕事も来るくらいだ)

P「(そこだろうか全ての歯車が狂って─)」

伊織「そうだったかしら?)」

P「っ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:20:58.80 ID:o9unpy5T0

伊織「いいんだから、アンタを事務所に言って首にしてもらっても」

P「なんて事を…」

伊織く「クビよクビよクビよ、っはあ」

P「ふざけんな!」

伊織「……………」

P「俺達今まで我慢して頑張ってきたじゃないか!どうしてそんな風に…」

伊織「それがどうしたのよ」

P「っく!!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:26:35.85 ID:o9unpy5T0

P「……………」

伊織「…そんなのどうでもいいのよ、そんな事より私は」

P「もういい…」

伊織「え?」

P「お前みたいな三流アイドルの世話はもうごめんだ」

P「二度とこの世界にいられないようになってやる」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:37:58.31 ID:o9unpy5T0

伊織「何言って─」

P「(もうあの頃の伊織は居ない)」

P「お前もさっき言ってたろ、言うとおりにしてやるよ」

伊織「ふん、ただの冗談じゃない、本気にしちゃって本当アンタは」

P「…………」
カツカツ

伊織「ちょ、ちょっと!この伊織ちゃんを黙って置いてく何て許さないわよ!」

P「…………」
カツカツ

伊織「ねえったら!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:44:13.98 ID:o9unpy5T0

P「…今から辞表を出しにいく」

伊織「何して…何言ってるのよ!?」

P「今まで楽しかったよ、ありがとう」

伊織「っ!」

P「…じゃあな」

P「(これでいい…もう俺は疲れた)」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:50:06.02 ID:o9unpy5T0

伊織「~ッ!」
ガシッ

P「何してるんだ」

伊織「行かないでよ!行かないでよ…」

P「止めてくれ、本当に…今更そんな事されたって…」

伊織「………………」

P「もう俺とお前は終わった──」
ボフッ

P「!?」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:53:02.70 ID:o9unpy5T0

伊織「…………」
ポフポフポフ

P「(何だこのハンカチ…意識が、遠く)」

P「伊織、ま、まずいって!」

伊織「行かないでって言ってるじゃない…っ!」

P「やめてくれ…」

伊織「暴れないでよ!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 18:55:37.25 ID:o9unpy5T0

P「う、うもう!」

伊織「…………」
ポフポフポフ

P「っけほ、こほっ…な、なんなんだよ!伊織!お前何がしたいんだ!」

伊織「…………だったのよ」

P「え?」



伊織「アンタの事が好きだったのよ!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:05:19.37 ID:o9unpy5T0

P「…お前」

伊織「そうでもしないとアンタと一緒にいられないじゃない!」

P「…………」

伊織「毎日毎日仕事ばっかりで時間も取れない」

P「すまないと思ってる…でも」

伊織「ええ解ってるわよ、伊織ちゃんは大人気アイドルなんだから」

伊織それにお仕事だって嫌じゃないわ…けど!」

伊織「プロデューサーと一緒に過ごす時間が無いのが…私…!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:13:23.93 ID:o9unpy5T0

P「何で言ってくれなかったんだ」

伊織「バカね、こんな事私から言える訳無いじゃない」

伊織「恥ずかしかったし…それに」

伊織「プロデューサーに気づいて欲しかった…からかしら?」

P「……………」

伊織「ふふっ、呆れるのも当たり前よね」

伊織「そのためにした事はあんなわがままばかりで」

伊織「アンタに迷惑かけて今日は愛想をつかされて」

伊織「その結果がコレだもの…笑い話にもならないわ」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:17:22.13 ID:o9unpy5T0

伊織「今まで本当にごめんなさい」

伊織「だから、辞める何て言わないで」

伊織「もうわがままも言わない、仕事だってちゃんとする」

伊織「何でもするから…!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:23:51.25 ID:o9unpy5T0

P「ん?今なんでもするって言ったな?」

伊織「うん、アンタの言う事なら私…」

P「わかった、目、閉じろ」

伊織「………っ」



P「はい」
ポス

伊織「………え?」

P「帽子」

伊織「あ、あの」

P「それ被ったら出発だ」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:27:26.36 ID:o9unpy5T0

伊織「え?え?」

P「まず今日断った所へ謝りに行く」

P「それからこの所不義理にしていた所全部だ」

P「覚悟してろよ?どれだけ絞られるか俺にも想像がつかない」

伊織「…怒ってないの」

P「何のことだ?」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:33:57.98 ID:o9unpy5T0

伊織「でも」

P「誰がそんな事言ったかなあ?」

伊織「…………」

P「伊織の自意識過剰なんじゃないか?」

伊織「…馬鹿」

P「いいんだぜ?俺にどんなわがまま言ったって」

P「俺は事務所に言わなくても、ずっとお前のプロデューサーなんだからな」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:38:40.69 ID:o9unpy5T0

伊織「プロデューサー…」

P「それとな」
グイッ

伊織「っん!?」

P「……………」

伊織「…っ……んん…ん…」




P「……………」

伊織「…はっ、あ…」

P「俺も、お前の事が好きだったんだよ」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:41:17.99 ID:o9unpy5T0

伊織「~~~っ!!!」
ギュッ

P「気づいてやれなくてすまなかった」

伊織「そんな、事、ないわ…よ」

P「今度休みの時は必ず一緒に過ごそう」

伊織「うん…うん!」

P「伊織」

伊織「……んっ」




~二人は幸せなキスをして終了~



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/29(土) 19:44:09.43 ID:o9unpy5T0

おしまい

読んでくれた人ありがとうございます


元スレ
P「いいんだぜ、事務所に言って俺を首にしてもらっても」