2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:39:51.05 ID:rrnLsrft0

黒子「あぁ?」

御坂「ちょっとあんた何調子のってんのよ」

バキボコドコドコ アベシ フルボッコチュドーン

上条「ごふっ・・・・」

黒子「あんまり調子に乗ってるんじゃねぇぞ?」ペッ

御坂「おうこら立場わきまえてから口開けやこら」ペッ

上条「す・・・・すみませんでした・・・・」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:44:05.10 ID:rrnLsrft0

絹旗「あーあ、今日の映画は全部はずれでしたね、超がっかりです」プンスカ

絹旗「騎士のくせに超刀持ってるってなんなんですか」

絹旗「超イライラしたのでお掃除ロボットをこう」

ブン  ドガアアアアアアアアン

絹旗「あーちょっとだけすっきりしました」

ボロッ

上条「  」グテッ

絹旗「ひいいいいいいい!!!一般人巻き込んじゃいましたああああ!!!」

絹旗はおよびじゃないのかね?



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:49:43.95 ID:rrnLsrft0

上条「う、うぅ・・・・」

絹旗「まだ生きてる・・・・・」

絹旗「一般人をやっちゃったとなると麦野が超ブチ切れるじゃすみません・・・・」

絹旗「急いで病院に運ぶ・・・・いや病院は超まずいです・・・」

絹旗「こうなったらアジトに運んで超闇医者にまかせるしかありません」

ビー!! ビー!!

絹旗「警報!?超急がなきゃ!!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 13:54:36.32 ID:rrnLsrft0

アジト

ドゴオオオオオオン

フレンダ「敵襲!?」

絹旗「私です!!」

滝壺「きぬはた!!」

絹旗「フレンダ、超医者の手配をお願いします」

フレンダ「え?」

滝壺「きぬはた、後ろの人・・・」

絹旗「超事故に巻き込まれたんです!!早くしてください!!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:01:15.77 ID:rrnLsrft0

滝壺「きぬはた、何があったの?」

フレンダ「今は医者に診せてるけどケンカとかじゃああはならないってわけよ」

絹旗「能力者同士でちょっといざこざがありまして・・・」

絹旗「その時飛んできた瓦礫を窒素パンチで弾き飛ばしたらその先に運悪くあの人がいたんですよ」

フレンダ「そういうことか、一般人をうっかり殺して風紀委員や警備員が出張るのも面倒ってわけよね」

滝壺「ナイスな判断だねきぬはた」

絹旗「ええ、まだ息はありましたからなんとか間に合えばいいんですけど」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:08:11.07 ID:rrnLsrft0

ガチャ

フレンダ「お、患者の様態は?」

医者「出血と火傷が目立ちますが命に別状はありませんよ。打撲がひどいので一週間はベッドで安静にしていたほうがいいでしょう」

滝壺「よかったね、きぬはた」

絹旗「ええ、超ほっとしました」

医者「私はこれで失礼させていただきますが何かあったらまた連絡してくださいね」

絹旗「ええ、超ありがとうございました」ペコリ

滝壺「むぎのが出張してるのが幸いしたね」

フレンダ「麦野の機嫌しだいじゃここに運び込んだ段階で二人とも消し炭だったかもしれないってわけよ・・・」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:14:51.24 ID:rrnLsrft0

上条「う・・・・・・・・」

滝壺「目がさめたみたいだよ」

絹旗「わかってはいましたけどこうして自分の目でみないと超安心できませんね」

フレンダ「絹旗おろおろしすぎってわけよ」

絹旗「そりゃ巻き込んじゃいましたから心配にもなりますよ」ムッ

滝壺「ほら、そういうこと言ってないでまずはこの人を」

上条「こ・・・・こ・・・・・・は?」

絹旗「あなたは能力者同士のいざこざに超巻き込まれたんですよ、私がたまたま見つけてここに運んだんです」

滝壺(自分が加害者だということは隠すんだねきぬはた)

フレンダ(まあ気持ちはわかるし私たちの立場だとしょうがないけどそれはちょっと・・・)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:18:31.13 ID:rrnLsrft0

上条「いてて・・・・俺はたしか・・・・・」

絹旗「今は何も考えなくていいんですよ?超安静にしていてください!!」

フレンダ(必死になる気持ちはわかるけどそれはあんまりってわけよ)

滝壺「おちつこうきぬはた、まずは彼のことを考えよう」

絹旗「あ、はい」

上条「えっと、ビリビリと白井にボコボコにされてツバかけられて・・・あれ?」

絹旗「えっ」

滝壺「えっ」

フレンダ「えっ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:24:23.83 ID:rrnLsrft0

絹旗(超いじめられっこでしょうか・・・)

滝壺(ツバはかれるなんてそんなの漫画でしか見たことない・・・・)

フレンダ(なんだろう、すごく助けてあげたくなるってわけよ・・・・)

上条「うーん・・・・なんでボコられたんだっけ・・・・・いてて」

滝壺「無理しちゃだめだよ」

絹旗「そうですよ、超安静にしててください」

上条「あ、ありがとうございます・・・・」

フレンダ「あんたがどこの誰かはわからないけど私たちに任せてほしいってわけよ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:30:52.72 ID:rrnLsrft0

上条「ありがとうございます・・・ぐすっ 幸せだ・・・・」

絹旗「この状況が幸せだなんて・・・」

滝壺「ちょっと信じられない・・・」

フレンダ「いや、怪我でちょっと混乱してるだけかも」

上条「俺上条っていいます。助けてもらってどうもありがとうございます」

絹旗「絹旗です」

滝壺「たきつぼだよ」

フレンダ「フレンダってわけよ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:47:23.83 ID:cdm2b/q70

滝壺「かみじょう、かみじょうは何があったか覚えてる?」

上条「えっと、俺・・・なんか罰ゲームで白井に俺だけのメイドになってほしいって言っただけなんだけど・・・」

フレンダ「女の子にそんなこと言ったらドン引きじゃすまないってわけよ・・・」

上条「もちろん冗談だったんだ・・・なのに・・・・一緒にいたビリビリも激怒するなんて・・・・」

絹旗「それでボコボコにされちゃったんですか?」

上条「あぁ・・・・まさか頭上にベンチをテレポートされた上に身動きのとれないところに電撃をながされるなんて・・・」

フレンダ「OH・・・・」

上条「そのうえツバかけられて、なんとか起き上がって帰ろうと歩いたところまでは覚えてるんだけど・・・」

絹旗(そこに私が投げた掃除ロボットが直撃したってことですか・・・)




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:54:09.62 ID:cdm2b/q70

滝壺「そうだったんだ、大変だったねかみじょう」

上条「えっと・・・ここは病院ではないようですが?」

絹旗「偶然通りがかった私が能力者同士がなんかやってるそばで倒れてる上条をみつけてここに運んだんですよ」

フレンダ「そして知り合いの医者を読んだってわけよ」

上条「能力者同士のいざこざって何が・・・?」

絹旗「まあいろいろとあったんですよ。上条の怪我がひどかったんでここに運んだんですよ」

滝壺「かみじょう、痛いだろうけどどこか感覚のないところはある?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 14:58:08.52 ID:cdm2b/q70

上条「えっ?」

滝壺「お医者さんは打撲がひどいだけって言ってたけど・・・」

フレンダ「指が動かせないとかどこかの感覚がないとかっていうのがあったら大変ってわけよ」

絹旗「それこそ超後遺症が残る可能性がありますからね」

上条「んーっと・・・・うっ・・・・・・ぐっ・・・・」

滝壺「かみじょう、ゆっくりでいいよ」

上条「いでで・・・・・・・っと・・・・・」

フレンダ「あまり力を入れすぎないほうがいいってわけよ」

上条「くっ・・・・・」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:05:43.54 ID:cdm2b/q70

絹旗「どこか感覚のないところはありますか?」

上条「いや、すごく痛いけど動かないところはどこもないみたいだ」

滝壺「ひとまずは安心だね」

フレンダ「一週間は安静にしていたほうがいいみたいだからここでゆっくりしていったほうがいいってわけよ」

上条「え?一週間?」

絹旗「そうです、それだけの怪我をしちゃったんですよ」

上条「ちくしょう・・・・不幸だ・・・・」

上条(せっかく居候がイギリスへ里帰りしてるっていうのに・・・・)



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:15:43.33 ID:cdm2b/q70

滝壺「かみじょう、しばらくここで養生することになるんだけど嫌いな食べたのある?」

上条「えっ!!ここで!?」

絹旗「そうですよ、超安静にしないといけないんですから」

上条「いや、ここってみなさんここに住んでらっしゃるので?」

フレンダ「そういうこと、だから上条は身の回りの世話はある程度してあげるから怪我を治すことだけ考えてればいいの」

上条(こんなかわいい女の子に囲まれて生活するなんて・・・・)チラッ

滝壺「かみじょう?」ボイン

絹旗「どうかしました?」ヒカエメ

フレンダ「どこかいたい?」コレカラ

上条(幸せだ・・・・)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:23:51.65 ID:cdm2b/q70

上条「えーっと、嫌いな食べ物は特にありませんよ」

滝壺「よかった。とりあえず怪我をして体力がおちているわけだし消化にいいものを用意するね」

絹旗「さすが滝壺さんですね、私だけではそうはいきません」

フレンダ「私としてはサバがあればいいんだけど」

上条「サバ?」

滝壺「サバはおいといてかみじょうは何か食べたいものはある?」

上条「いえ、今のところ特に何が食べたいっていうのはありませんが・・・」

フレンダ「サバは栄養も豊富なのに・・・・」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:28:45.40 ID:cdm2b/q70

絹旗「サバばかり食べているフレンダは超だまっててください」

フレンダ「うぅ・・たまにはオイルサーディンも食べてるってわけよ・・・」

滝壺「大丈夫、わたしはTPOわきまえず缶詰ばかり食べているフレンダを応援している」

フレンダ「ぐすっ」

上条「えっと?」

滝壺「あ、気にしなくていいよかみじょう、かみじょうの晩御飯はきちんと作るから」

上条「あ、はい・・・」

フレンダ「サバおいしいのに・・・」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:34:29.38 ID:cdm2b/q70

滝壺「それじゃあ私は買い物に行ってくるね」

フレンダ「いってらっしゃいってわけよ」

絹旗「あ、フレンダ、私がぶち破ったドアを修理しといてください」

フレンダ「えっ」

滝壺「大丈夫、一生懸命なれない手つきでドアを修理するフレンダを私は応援している」

フレンダ「えっ」

絹旗「まあ超冗談なんですけどね」

滝壺「ふれんだ、業者を手配しといてね」

フレンダ「よかった、麦野ならマジでやれって言ってたってわけよ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:40:46.14 ID:cdm2b/q70

絹旗「上条、じっとしてるのも超暇じゃないですか?」

上条「あ、あぁ・・・痛みがズキズキと自己主張してるから何か気を紛らわせることができればありがたいな」

絹旗「それじゃあ私と一緒に超映画を見ましょう!!」

上条「って何ですかそのDVDタワーは」

絹旗「ふふふ、さいあいちゃんの超秘蔵コレクションです!!」

上条「これ全部映画なのか?」

絹旗「そうです、上条に映画のすばらしさを超叩き込んであげます」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:47:31.91 ID:cdm2b/q70

上条(何だこの映画は・・・・・・)

上条(寿司職人は世を忍ぶ仮の姿でその招待は素手で熊を葬る格闘家だと・・・)

上条(それで服を脱げばガチムチってどういうことよ・・・)

上条(明らかに寿司職人の時より体が三倍以上膨らんでるじゃねーか・・・)

チラッ

絹旗「  」キラキラ

上条(だめだ・・・この映画に一言でもつっこみをいれてはいけない・・・そんな気がする・・・)




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 15:55:54.21 ID:cdm2b/q70

滝壺「よいしょっと・・・ふう、結構重い・・・」

フレンダ「おかり滝壺、結構買い込んだんだね?」

滝壺「うん、一週間看病しないといけないからいろいろとね、これでも少なくしたんだよ?」

フレンダ「ま、そりゃそうなるよね、こっちは単純にドアが少しゆがんでただけだからすぐに直ったってわけよ」

滝壺「よかった、隙間風があるといろいろ気になるからね」

フレンダ「今日は何を作るの?」

滝壺「上条には野菜を細かく刻んだ中華スープとおかゆ、私たちはごはんと鶏のささみをゆでたものに特性ソースをかけようかなって」

フレンダ「結局、サバは用意してもらえないってわけね」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:02:17.35 ID:cdm2b/q70

絹旗「超すばらしいですよね!この作品はですね」

上条「そ、そうなのか、へえー」

絹旗「そこでこの役者のこのシーンのこの演技が光るわけなんですよ!」

上条「な、なるほどなぁー」

上条(ちくしょうすごく辛い・・・)

上条(熱心に説明してる絹旗を前につまんねえって言えるわけもないし・・・)

絹旗「このっ!!!この衣装がまたすばらしいんですよ!!」

上条(どうしたらいいんだおれは・・・・)



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:06:36.97 ID:cdm2b/q70

滝壺「フレンダ、この野菜を細かく刻んで」

フレンダ「はいよっと」トントン

滝壺「ささみに和えるソースはこうやってと」

フレンダ「中華スープより和風のほうがよくない?」

滝壺「少し刺激があるくらいのほうが胃を活発にさせるんだよ」

フレンダ「そういうもんなのかな」

滝壺「内臓疾患じゃないからそのへんはだいじょうぶ」




84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:36:29.37 ID:cdm2b/q70

絹旗「  」キラキラ

上条(ぶっ通しで三本目だと・・・・)

上条(男だけの惑星と女だけの惑星で互いに争っているだと・・・)

上条(10年ちょっと前のアニメでこんなのあったぞ・・・がっ!!)

上条(なんだこれは!!改悪ってレヴェルじゃねーぞおい!!)



滝壺「そしてここでささみをゆでる」

フレンダ「沸騰するかしないかくらいがいいってわけね」

滝壺「そう、たんぱく質は熱を加えすぎると変質しておいしくない」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:41:39.95 ID:cdm2b/q70

ガチャ

フレンダ「ご飯できたかってわけよ」

絹旗「あ、もうそんな時間ですか」

上条(助かった・・・・・)

フレンダ(上条・・・・ご愁傷様ってわけよ・・・・)

絹旗「それじゃあ上条の分をここに運べばいいんですか?」

フレンダ「それなんだけど、絹旗ちょっとこっちきて」

絹旗「ん??」




88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:45:11.28 ID:cdm2b/q70

滝壺「きぬはた」

絹旗「はい」

滝壺「これを着てかみじょうのところにご飯をもっていってほしい」

【メイド服】

フレンダ「それこの間麦野が悪乗りして買ってきたやつ!!」

絹旗「超嫌です!!何で私がこれを着なきゃいけないんですか!!」

フレンダ「えっ」

滝壺「えっ」

絹旗「えっ」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:49:57.82 ID:cdm2b/q70

滝壺「きぬはた・・・・」

フレンダ「怪我させたのは・・・・」

絹旗「ぐっ!!え、ええそうですよ!!私が超怪我させましたよ!?」

滝壺「それなら少しくらいお詫びの意味をこめて、ね?」

フレンダ「うんうん、何もメイドになりきれってわけじゃないんだから」

絹旗「ぐぬぬ・・・」

滝壺「大丈夫、私は恥ずかしがりながらもメイド服に袖をとおすきぬはたを応援している」

フレンダ「私も応援してるってわけよ」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 16:58:23.55 ID:cdm2b/q70

絹旗「うぅ・・・すごく恥ずかしいです・・・・」カァァ

滝壺「きぬはたかわいいよ」

フレンダ「うん、カチューシャがいい味出してるってわけよ」

絹旗「超辱めを受けている気がします」

滝壺「大丈夫、その絹旗のすべてがかみじょうにとってごほうびになる」

滝壺(はず・・・・)

フレンダ「そうそう、絹旗の恥らう姿が上条をキュンとさせるわけよ」

フレンダ(たぶん・・・・)



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:03:20.91 ID:cdm2b/q70

絹旗「ちくしょうなるようになれってんですううう!!!」

滝壺「その意気だよきぬはた」

フレンダ「上条をときめかせろってわけよ」

絹旗「これを運べばいいんですね!」ガシッ

滝壺「あ、ちがうよきぬはた」

フレンダ「そんな持ち方じゃメイドっぽくないってわけよ」

絹旗「と、いいますと?」

滝壺「手はこう」

フレンダ「そして背筋を伸ばしてエレガントに」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:06:29.03 ID:cdm2b/q70

滝壺「うん、これでメイドさんっぽいね」

フレンダ「どこからどう見てもメイドさんにしか見えないってわけよ」

絹旗「そ、そうですか?それじゃあ超突撃隣の晩御飯です!!」

滝壺「言葉の意味はわからないけど」

フレンダ「すごい自信ね」



上条「あー、こういう映画もなんか数こなすとおもしろさがわかってきたようなそうでもないような・・・」

上条「こりゃさっき見たやつももう一回見てみたほうがいいのかな・・・」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:10:29.40 ID:cdm2b/q70

ガチャ

絹旗「超お待たせいたしましたご主人様ー」

上条「  」ポカーン

絹旗「今日のメニューはおかゆとスープでございますですー」

スッ

絹旗(よし!音を立てずにトレイを置くことに成功!!)

絹旗「これからご主人様の夕餉をお手伝いしちゃいますっ!!」キャピッ

上条「  」ポカーン



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:14:51.50 ID:cdm2b/q70

絹旗「それじゃあご主人様におかゆをたべさせちゃいますー!!」

カチャカチャ

絹旗「ふー ふー はい、どうぞ」

上条「  」ポカーン

絹旗「って超ドン引きしてるじゃないですかああああああ!!!!」

絹旗「うわああああああああああああああん!!!!」

ドタドタ ガチャッ ドタドタドタドタ

上条「えーっと・・・・」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:19:22.11 ID:cdm2b/q70

絹旗「うわああああああん!!たきつぼさあああああああん!!!」

滝壺「きぬはた・・・・」

滝壺(やっぱり失敗したんだね・・・・)

フレンダ「OH・・・・・・・」

フレンダ(そりゃメイドの格好した女の子が現れたら不通のの男は身構えるってわけよ・・・)


上条「えーっと・・・」

上条「あ、おかゆ食べなきゃな・・・・」モグモグ

上条「お、カツオの出汁がうっすら効いててうまいなこれ」モグモグ



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:27:01.69 ID:cdm2b/q70

絹旗「ぐすっ」

滝壺「よしよし、きぬはたはがんばったよ」ナデナデ

フレンダ「うん、絹旗は何も悪くないってわけよ」

絹旗「もうこんなの二度と着ません」プンスカ

滝壺「待ってきぬはた」

フレンダ「いきなり絹旗だけにさせたのが間違いだったってわけよ」

絹旗「と、いいますと?」

滝壺「みんなでメイド服を着てみよう」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:30:49.89 ID:cdm2b/q70

絹旗「えっ?」

滝壺「みんなでメイド服を着てみよう」

絹旗「私ドン引きされたんですけど ぐすっ」

フレンダ「唐突過ぎて脳の処理がおいつかなくなっただけかもしれないってわけよ」

絹旗「でもなんでみんなで着る必要があるんですか?」

滝壺「もてなしの心だよ、きぬはた」

絹旗「えっ?」

フレンダ「日本独特のもてなしの心ってわけよ」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:34:15.97 ID:cdm2b/q70

絹旗「もてなしの心ならメイド服よりも超和服なんじゃないですか?」

滝壺「それは固定観念だよきぬはた」

絹旗「と、いいますと?」

フレンダ「相手に喜んでもらえるにはなにをすればいいのか、それを考えて行動するのがもてなしの心ってわけよ」

滝壺「そういうこと」

絹旗「あー、海原YOU斬みたいなかんじですね」

フレンダ「そ、だから私たちもメイド服で上条に迫ってみるってわけよ」ニシシ



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:40:02.99 ID:cdm2b/q70

上条「ずず・・・・」

上条「おぉ、スープもうまい」

上条「トロトロの野菜がまた格別だな」モグモグ

上条(さっきのはいったいなんだったんだ・・・)

上条(いや、考えるな、考えたらだめだ、今はこのおかゆとスープに集中するんだ)

上条「俺にもこんなふうにご飯作ってくれるひとがいてくれたらなぁ」ハァ

ガチャ



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:45:21.21 ID:cdm2b/q70

滝壺「か」

フレンダ「み」

絹旗「じょう」

上条「  」

滝壺「ご飯はどう?」

フレンダ「味付けがきついとかない?」

絹旗「何かほしいものがあれば超容易します」

上条「  」パクパク



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:50:01.92 ID:cdm2b/q70

絹旗「やっぱりドン引きしてるじゃないですかああああ!!!」

滝壺「落ち着いてきぬはた」

フレンダ「いや、これはある意味見とれてるってわけよ」

上条「・・・・」ゴクリ

滝壺「かみじょう、かみじょうがメイド服に興味があるみたいだからみんなで着てみたんだけど」

フレンダ「どう?」

上条「・・・・・・い」

絹旗「え?」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 17:58:38.92 ID:cdm2b/q70

上条「すごく・・・いいです・・・」ゴクリ

滝壺「変じゃない?」

上条「いえ、すばらしいです」キリッ

絹旗「なんか私の時と反応が超ちがいます・・・どうせ私のメイド服なんていらなかったんです・・・」

上条「ふざけんな!!」クワッ

フレンダ「えっ」

上条「ただでさえすばらしいメイド美少女を見てときめいていたんだ、だってのにそのときめきがいらなかっただと!!」

絹旗「なんか超変な方向に熱くなり始めましたよ?」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:06:06.33 ID:cdm2b/q70

上条「世の中にどれだけがっかりさせられるメイドがいると思ってるんだ!!」

上条「メイド喫茶と銘打って横綱が出てきたときの絶望感を味わったことがあるのか!!」

上条「メイド服の似合う美少女っていうのはそれだけで国宝にしてもいいくらいなんだ!!」

上条「むしろ世界規模で守っていかなければならないとは思わないのか!?」

上条「いいぜ、その素敵なメイド美少女を愛でるというささやかな幸せを否定しようっていうんなら」

上条「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!!!」

滝壺「・・・・」

絹旗「・・・・」

フレンダ「・・・・」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:13:19.17 ID:cdm2b/q70

絹旗「窒素パンチ!!」バキッ

上条「そげぶっ!!」グテッ

滝壺「どうしよう、着替えようか?」

フレンダ「きっと怪我のせいってわけよ。落ち着いたらこんなことにはならないはず」

絹旗「ええ、ついうっかり窒素パンチで気絶させちゃいましたが普通あれだけの傷を負えば」

toaru-000777-118
 

絹旗「ベッドの上であんな動きは超できませんから」




120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:17:54.06 ID:cdm2b/q70

滝壺「そうだね、今日のところはかみじょうをゆっくりと休ませてあげようか」

フレンダ「私たちもつかれてるのかもしれないしね」

絹旗「今日のところは超ゆっくり休みましょう。それがいいです」



上条「・・・・い・・・て・・・て・・・」

上条「あれ?俺おかゆ食べてスープ飲んで・・・・」

上条「それから・・・・どうなったんだっけ・・・・?」

上条「まあいいや、もうすっかり暗くなっちまってるし寝るか・・・」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:23:16.42 ID:cdm2b/q70

翌日

フレンダ「か~みじょ~?」

上条「ん・・・・あ、フレンダ・・・」

フレンダ「具合はどう?」

上条「ああ、まだ痛いけど気分が悪いとかはないかな・・・ってフレンダそれ・・・」

フレンダ「どう?」ヒラヒラ

上条「すっごくかわいいぞ・・・なんかドキドキする・・・」

フレンダ’(昨日ほどではないとはいえやっぱりメイド大好きってわけね)

フレンダ「上条をもてなすためってわけよ。はやく元気になってよね」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:32:46.65 ID:cdm2b/q70

滝壺「なるほど、もしかしたら三人でおしかけたのがまずかったのかもしれない」

絹旗「ってことは」

フレンダ「一人ずつなら暴走することはないってわけね」

滝壺「そういうことだね」

絹旗「まあ怪我させたのは私ですから私だけが超我慢してメイド服を着ればいいだけなんですけど」

フレンダ「そうなんだけど上条をドキドキさせるのもまた楽しいってわけよ」ニシシ

滝壺「うん、かみじょうが暴走しない程度に上条をどきどきさせてあげよう」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:37:47.74 ID:cdm2b/q70

フレンダ「おそうじさせていただきま~す」

上条「お、おう・・・・」

フレンダ「そういえば上条さ、昨日もお風呂入ってないけどお風呂どうする?」

上条「いや!!そこまでさせるなんてことはできないのでございましてことよ!?」

フレンダ「あっれー?バスルームまで肩貸すだけのつもりだったんだけどなー」ニシシ

上条「うぐっ!!」

フレンダ「上条は何を想像したのー?」ニヤニヤ

上条「///////」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:42:58.57 ID:cdm2b/q70

フレンダ「背中流してほしい?」

上条「ぶっ!?」

フレンダ「冗談よ冗談。私たちはそんなに軽い女じゃないってわけよ」ニシシ

上条「へ、変な冗談はやめてくれよ!!」

フレンダ「いやー、からかいがいがあるってわけよ」クスクス

上条「そ、その・・・・」

フレンダ「ん?」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:50:18.36 ID:cdm2b/q70

上条「勝手に期待したのは俺が悪いけど、でもフレンダってちっちゃくて細いし・・・その・・・」

フレンダ「な、なによ・・・」

上条「ちょっとしたことでも期待しちまうからそういうのはやめてほしいっていううか・・・」

フレンダ「なっ/////////」

上条「わ、悪い!!変なこといっちまって!!」

フレンダ「か、上条のくせに私にときめくなんて十年はやいってわけよ!!」バンバン

上条「うわ、痛い痛い!」

フレンダ「もっといい男になってから出直してこい!! ・・・・・・・・馬鹿」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 18:54:55.16 ID:cdm2b/q70

上条「いててて、たしかにドキドキしたけどさ、傷口に塩塗りこむようなことはしなくてもいいだろ・・・」

上条「にしてもフレンダのメイド服似合ってたよな」

上条「金髪で碧眼だしこう人形みたいでかわいいし・・・」

上条「こう守りたくなるっていうのか?」

上条「あ~だめだ、あれこれかんがえたらまたたたかれちまう」

コンコン

上条「? はーい」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:00:41.91 ID:cdm2b/q70

絹旗「上条、映画のDVD持ってきてあげましたよ」

上条「絹旗・・・・」ゴクリ

絹旗「な、なんですか!?」アセアセ

上条(おっとうっかり口をすべらせるとまたフレンダみたいになっちまうからな)

上条「いや、なんか俺につきあってもらってるみたいで悪いと思ってな」

絹旗「けが人がそんな気遣いをする必要は超ありません。おとなしく私と映画を見てればいいんですよ」

上条「で、今日はどんなのを見せてくれるんだ?」

絹旗「映画黎明期のアクション映画です!!」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:06:25.40 ID:cdm2b/q70

上条「えっと、白黒?」

絹旗「はい、この時代にはカラーなんて技術はありませんでしたからね」

上条「ちょっと見辛いけどこれはこれで・・・」

絹旗「超おもしろいですよね!!」キラキラ

上条「うん・・・」

上条(俺映画ってあんまりじっくり見てこなかったけど・・・・)

上条(こうやって映画が好きな女の子と一緒に見るとなんか楽しいな・・・・)



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:13:00.95 ID:cdm2b/q70

絹旗「おおっ!!そこですっ!!」

上条「け、けが人の前でこぶしをふりまわさないで」

絹旗「きゃー!!!そうですそうですそのパンチです!!」

ビュオッ

上条「あぶねええええ掠ってる、前髪掠ってる!!」

絹旗「このクソ悪党がああああああ!!!」

上条「人格かわってるううううう!!!」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:15:13.25 ID:cdm2b/q70

絹旗「うおおおそこですうううう!!!!」

ブン!!

バキィ!!

上条「ぐえっ・・・・・」

絹旗「あれ?」

上条「  」ピクピク

絹旗「かみじょおおおおおおお!!!!!」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:25:55.98 ID:cdm2b/q70

 う  じょう  かみじょう

上条(うーん、この暖かくてやわらかいこの感触は・・・・・)

上条「う・・・・・」

絹旗「上条!!」ナデナデ

上条「あれ?絹旗?」

絹旗「なんでそんなに超簡単に気絶しちゃうんですか!!」プンスカ

上条「って言われましてもですね元々けが人なんですけど」

絹旗「なんでそんなに簡単に怪我しちゃうんですか!!学園都市の学生なら気合で怪我を防ぐとかですね!!」プンスカ

上条(あれ・・・俺のこの体制って・・・・目の前に絹旗の・・・・胸?ごしに顔が・・・・)



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:30:25.97 ID:cdm2b/q70

上条(あれ?これひょっとして)

上条「膝枕?」

絹旗「///////////」

バシバシバシバシバシバシ

上条「痛い痛い痛い痛い痛い!!!!!!」

絹旗「は、恥ずかしいんですから!!メイド服で膝枕なんて超恥ずかしいんですからあああ!!!」バシバシ

上条「やめてくれ絹旗、まじでいたいから本当にいたいから!!!」

絹旗「手加減してるんだから超我慢してください!!」バシバシ




148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:39:24.83 ID:cdm2b/q70

絹旗「はぁ・・・・はぁ・・・・」

上条「で、なんだって俺は絹旗に膝枕されているんでせう?」

上条(いやメイド服のかわいい女の子に膝枕とかそれだけで幸せなんですけどね)

絹旗「タッチヒーリングってやつです!」

上条「タッチヒーリング?」

絹旗「こうやって撫でてあげることでもいくらか癒しの効果っていうのがあるんですよ?」

上条「きいたことないな」

絹旗「レベル0の勇者が魔狼の右手を持つ魔王の側近にやってあげてたから間違いありません」

上条「なんだそれ?」

絹旗「漫画です」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:46:55.17 ID:cdm2b/q70

絹旗「と、とにかく!!」

絹旗「超おとなしくしててください」ナデナデ

上条「う・・・・」

上条(絹旗のちっちゃくてやわらかい手が俺の顔をやさしく撫でてくれてる・・・・)

上条(ちょっと頭をあげたら絹旗の胸が・・・・)ゴクリ

上条(いかんいかんそんなことやったら骨折だけじゃすまねえ・・・・)

上条「き、きぬはた足しびれないのか?あんまり無理しなくていいぞ?」

絹旗「このくらいはなんともありません、とにかく、さっさと怪我を感知させないと超しょうちしませんからね!!」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:52:35.49 ID:cdm2b/q70

上条「やっと絹旗から解放された・・・・」

上条「いや、うれしいことはうれしいんだけどこう・・・・」

上条「メイドさんの膝枕で胸が目の前にとかどんだけ生殺しですかっていう・・・」

上条「いやいや俺の怪我を心配してくれてるんだからそんな邪な考えはいかんいかん」

上条「やわらかい指だったな、こうちっちゃくて・・・・」

上条「って何考えてるんだ俺は落ち着け!!!」

コンコン

上条「は、はーい、どうぞー」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 19:59:40.73 ID:cdm2b/q70

ガチャ

滝壺「かみじょう、お昼ごはんもってきたよ」

上条「あ、ありがとう滝壺」

滝壺「ん?なんかところどころ赤くなってない?」

上条「いや、絹旗とフレンダにちょっとな・・・はは・・・」

滝壺「ふたりになにかしたの?」ズイッ

上条「いや、そんなことはもちろんありませんのことよ!!」

上条(うわ、顔が近い・・・髪の毛のにおいが・・・・ふわっと・・・)



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:06:21.65 ID:cdm2b/q70

滝壺「本当に?」ジッ

上条「ほんとうだってば!!この怪我で何かできるわけないじゃないか!!」

滝壺「ふーん」ジー

上条「う・・・・」

上条(メイド服で・・・カチューシャ・・・この髪のにおいかいでると・・・・・)

滝壺「うん、大丈夫、わたしはかみじょうを信じてる」サッ

上条「っ・・・・・・・」

上条(ふぅ・・・・・落ち着け・・・・・)



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:15:13.61 ID:cdm2b/q70

滝壺「ねぇかみっじょう」

上条「ん?」

滝壺「昨日私が作ったご飯おいしかった?」

上条「ああ、すごく食べやすかったしおかゆも出汁の味がきいてたのがすごく食欲がこう」

滝壺「うん、かみじょうがよろこんでくれてすごくうれしい」

上条「いや、滝壺のあの料理を食べて喜ばない男なんていないって」

滝壺「そう?」

上条「うん」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:18:41.34 ID:cdm2b/q70

滝壺「なんかいいね、こうやって誰かに喜んでもらえるのって・・・」

上条「え?」

滝壺「ううん、なんでもないの・・・・なんでも・・・・」

上条「なあ滝壺・・・・」

滝壺「ん?」スッ

上条「うっ!」

上条(また顔が・・・・ちかい・・・・)

滝壺「上条、何?」

上条「たき・・・・つぼ・・・・」



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:26:57.36 ID:cdm2b/q70

滝壺「うん?」

上条「その・・・滝壺って・・・誰かに自分の料理を食べてもらったことってないのか!!」

上条(だめだ滝壺の顔まっすぐに見れねえ!!)

滝壺「んー、あるにはあるけど、かみじょうみたいな反応ははじめてかな」

上条「そ、そうか!!そうなんだ!!いや、男だったら誰でもこんなんだとおもうぞ!!」

滝壺「そうなんだ、じゃあこれからは男の人に料理つくればいいのかな」

上条「いや、誰でもいいわけないからな!?」

滝壺「じゃあ、誰に?」



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:34:14.08 ID:cdm2b/q70

上条「その・・・滝壺が料理を作りたいって思う相手にだよ!!??」

滝壺「うーん、それだとかみじょうしかいないよ?」

上条「いや、いますぐじゃなくてだな!!これから!!そうこれからだよ!!」

滝壺「そうなの?」

上条「そう、そうだよ!!そんなに簡単にそのなんだあの・・・」

滝壺「ふふっ、変なかみじょう」クスクス

上条「あ、ああ ///////」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:42:04.67 ID:cdm2b/q70

滝壺「そうだかみじょう、おかゆ食べなきゃ」

上条「そ、そうだな折角滝壺が用意してくれたんだからちゃんと食べなきゃな!!」

滝壺「うん」

カチャカチャ

滝壺「はい、かみじょう」

上条「えっと?」

滝壺「口あけなきゃ食べられないよ?」

上条(こんな幸せな形でメイド姿の滝壺が食べさせてくれるだと・・・・)



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:52:25.11 ID:Rvi07F5v0

滝壺「かみじょう、食べないの?」

上条「たべる・・・もちろん・・・」

滝壺「じゃあ口あけて?」

上条「あ、あーん」

滝壺「そーっと、はい」

上条「んぐ」モグモグ

滝壺「おいしい?」ニコッ

上条「も、もちろん ///////」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 20:59:44.43 ID:Rvi07F5v0

滝壺「よかった、かみじょうが食欲なかったらどうしようかとおもった」

上条「いや、滝壺の料理のおかげだよ」

滝壺「そう?ありきたりなものだったんだけど」

上条「いや、十分すぎるくらいだよ」

滝壺「えへへ、かみじょうに喜んでもらえるとなんかうれしいな」

上条「俺だって滝壺に看病してもらえるなんて」

滝壺「きぬはたとふれんだは?」

上条「もちろん二人が看病してくれたのもうれしかったよ」

上条(バシバシたたかれたけどな・・・)



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:08:34.88 ID:Rvi07F5v0

滝壺「よかった、みんなでかみじょうをおもてなしできて」

上条「おもてなし?」

滝壺「うん、みんなでかみじょうが喜ぶことをしてあげようって、それでメイド服着てみたんだけど」

上条「俺のために?」

滝壺「嫌だった?」

上条「そ、そんなことないって!!その・・・すごくドキドキしてちょっと目のやり場にこまったっていうか・・・」

滝壺「どんなところが?」スッ

上条(だから顔が近いんですよ滝つぼさあああああああん!!!)



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:18:04.26 ID:Rvi07F5v0

上条「それはそれ、まあ普段女の子が目の前でメイド服姿でいてくれるなんてないからな!!」

上条「メイド服はうれしいけどでもほどほどにしてほしいというかなんていうか!!」

滝壺「そうだね、うん、じゃあほどほどにするね」

上条(あれ?以外とすんなり?)

上条「ええ、そうしていただけると助かります」

滝壺(いきなり叫び出したらまたきぬはたに窒素パンチしてもらわなきゃいけない)

滝壺(昨日のあれでかみじょうの怪我ひどくなってないのかな?)



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:23:47.09 ID:Rvi07F5v0

滝壺「それじゃあかみじょう、またゆっくりしててね」

上条「ああ、のんびりとさせてもらうよ」



フレンダ「まったく、上条にも困ったものよね」

絹旗「ですね、超私たちの好意に感謝するべきです」

滝壺「かみじょうのご飯おわったよ」

フレンダ「ちゃんと全部食べた?」

滝壺「うん、残さずきれいに食べてくれたよ」

絹旗「さすが滝壺さんですね」



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:26:54.29 ID:Rvi07F5v0

ガチャ

麦野「たーだーいーまー」

滝壺「 」

フレンダ「 」

絹旗「 」

麦野どうしたの?



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:31:04.12 ID:Rvi07F5v0

麦野「どうしたのかにゃーん?せっかく一人で仕事してきたっていうのにおかえりの一言もないの?」

滝壺「お、おかえりむぎの」

フレンダ「そう、そうそう思ったより早かったってわけよ!!」

絹旗「超びっくりってわけですよ!!もう少しかかるってきいてましたから!!」

麦野「それがさー、思ったよりしょぼかったのよ。今回のターゲット」

滝壺「さ、さすがむぎのだね、わたしが応援しつづけた甲斐があったね」

フレンダ「おっと、こうしちゃいられない、麦野のためにシャケ弁を買ってくるってわけよ!!」ダダッ

滝壺 絹旗((逃げやがった!!!))



189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:34:37.30 ID:Rvi07F5v0

麦野「あー・・・、私別におなかへってないんだけどな、まあいいわ」

麦野「ところでさ」

滝壺「な、なにむぎの」

絹旗「超ご用件をおうかがいします」

麦野「何それ?まあいいわ、フレンダもそうだけどあんたらなんで私が買ったメイド服をしっかりと着てるの?」

滝壺「興味本位だよむぎの」

絹旗「そうです!!それ以外に超何があるのかと!!」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:37:42.63 ID:Rvi07F5v0

麦野「・・・なーんか怪しいわねー?」

滝壺「むぎの、わたしたちはただメイド服を着ていただけだよ?」

絹旗「そうです、超メイド服に目覚めたんですよ!!」

麦野「そうなんだー」

滝壺「そうそう」

絹旗「そうですよ」

麦野「じゃあ玄関にあった男物のスニーカーは誰のかにゃーん?」

滝壺 絹旗「「ぶふううううう!!!!!」」



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:40:03.62 ID:Rvi07F5v0

麦野「ん?」ギロッ

滝壺「・・・・」ダラダラ

絹旗「・・・・」ダラダラ

フコウダー

麦野「おっやあー?あっちのほうから男の声が聞こえるわねー?」ニヤニヤ

滝壺「・・・・・」プイッ

絹旗「・・・・・」プイッ

麦野「なんで目をそらすのかしらねー?」



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:44:20.84 ID:Rvi07F5v0

麦野「誰の彼氏かわかんないけどウチら暗部のアジトに男つれこむなんてどういうことになるかわかってるんだろうなあ?」

滝壺「まってむぎの、これはちがうの」

麦野「滝壺の男?」

絹旗「超違います、上条はわたしが!!」

麦野「へー、上条っていうんだどんな男か楽しみね」ニヤニヤ

滝壺「かみじょうは私たちのことは何もしらないんだよ!」

絹旗「そうです、私が怪我をさせてしまったからここで療養させているだけの一般人です!!」

麦野「そんなこと言ってどっかのスパイだったらどうするんだよ!!」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:52:32.10 ID:Rvi07F5v0

滝壺「そんなことない!かみじょうはそんな人間じゃない!」

絹旗「そうです!!超無害で頼りなくてメイドに尋常ではない情熱を見せるだけの一般人です!!」

麦野「そいつを私が確かめてやるよ!!」

ガチャッ




208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:58:09.87 ID:Rvi07F5v0

toaru-000777-208
 




212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:59:47.34 ID:Rvi07F5v0

バタン

麦野「・・・・」

滝壺「・・・・」

絹旗「・・・・」




216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:02:07.25 ID:Rvi07F5v0

麦野「・・・」チラッ

滝壺「・・・」フルフル

絹旗「・・・」フルフル

麦野「・・・・」

ガチャ

上条「あ、滝壺、絹旗と・・・そちらの方は?」

麦野「麦野よ、この二人の仲間ってとこね」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:06:41.59 ID:Rvi07F5v0

上条「えっと・・・上条です、ここで療養させてもらってます・・・」

麦野「そう、あなたはどうしてここへ?」

上条「えっと―――」

滝壺(さっきのは何だったんだろう・・・・)

絹旗(きっと何もなかったんですよ。いやほんと超マジで)



麦野「そういうことだったのね、わかったわ上条君、もしかしたら誰かにちょっかい出しにきたのかとかんぐっちゃったわ」

上条「いやレベル0の上条さんはメイド服着てもらえるだけで天国なのですよ?」

麦野「あー、レベル0じゃちょっときついかもね、返り討ちにされちゃうわね」




222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:11:12.12 ID:Rvi07F5v0

上条「それに体起こすのもきついくらいなんで俺にどうこうってできませんよ」

麦野「そうだったの、それは災難だったわね」

滝壺「かみじょうにとどめさしたのきぬはただよ」ボソッ

麦野「あ、そういうことね」

麦野「絹旗ちゃんはあとで二人きりでおはなししようかしらねー?」ジロリ

絹旗「そ、そうですねぇ・・・」プルプル

絹旗(ひいいいいいいいいいい)



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:16:01.33 ID:Rvi07F5v0

麦野「まあ話聞く限りだと上条君にも非はあるんだけど・・・」

上条「ええ、反省しています」

麦野「まあこれも何かの縁ってやつね、ここでゆっくりしていくといいわ」

上条「お言葉に甘えさせてもらってます」

滝壺「かみじょう、晩御飯は何が食べたい?」

上条「うーん、滝壺が作ってくれたものならなんでもいいかな」

絹旗「むっ」カチン

麦野「へぇ」ニヤニヤ



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:19:43.35 ID:Rvi07F5v0

絹旗「今日は私が作ります!!」

麦野「そう、楽しみだわ」ニヤニヤ

滝壺「あれ?きぬはた料理」絹旗「できます!!」

絹旗「超舌がとろけるくらいのディナーをみんなにごちそうしてあげます!!」

上条「えっと、簡単なやつでいいぞ?脂っこいのとかだとなんかきつそうだし」

絹旗「超健康食を披露してみせますから超楽しみにしててください!!」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:24:00.39 ID:Rvi07F5v0

絹旗「そうと決まれば早速買い物です!!」ダダッ

滝壺「まってきぬはた、勢いだけじゃなにも」ダダッ

麦野「言っちゃったわね・・・」

上条「はぁ・・・・」

麦野「まあ女の子があんたのためにがんばってくれるんだからありがたいと思うのね」

上条「ええもちろん。今この状況でもうおなかいっぱいですよ」

麦野「ふうん、それじゃあもっと幸せなことが今からあるとしたら?」

上条「え?」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:27:04.80 ID:Rvi07F5v0

麦野「た・と・え・ばぁ~」シュルッ

上条「な、なぜおもむろにシャツを脱いでタンクトップに」ドキドキ

麦野「ちょ~っとね~」ジー

上条「ぐ・・・・」ゴクリ

麦野「ねぇ、かみじょうく~ん」

上条「は、はい・・・・」ドキドキ

麦野「あははっ おもしろ~い」ケラケラ

上条「そ、そういう冗談はですね ////////」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:33:49.26 ID:Rvi07F5v0

麦野「ごめんごめん、あまりにも期待通りの反応をしてくれるもんだから」ケラケラ

上条「し、心臓にわるいですよほんと」ゼェゼェ

麦野「さて、今から言っとくけど夕飯はシャケ弁でいいかしら?」

上条「え?でも絹旗が作ってくれるんじゃ」

麦野「正直食べられるものができるとは思わないわ」

上条「あー・・・」

麦野「でも止めても作るって言って聞かないから作らせてあげるわ。味見して後悔するだろうけどね」

上条「まあ失敗したんならそれをどこかでいかしてもらえたらいいと思いますよ」

麦野「やさしいのね」

ピッ

麦野「あ、フレンダ?シャケ弁五人分買ってきてくれる?そう、上条君の分もよ。そう、お願いね」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:39:48.46 ID:Rvi07F5v0

絹旗「おっしゃー!!B級映画で蓄えた知識で超おいしいディナーをこしらえてみせます!!」

滝壺「きぬはた、その包丁じゃ豚の頭は切れないよ・・・」オロオロ

フレンダ「麦野が弁当5人分って言ったのが理解できたってわけよ・・・」ハァ

麦野「とりあえずテレビでも見てのんびり絹旗を見守りましょうか」



上条「なんだろう、なんでキッチンのあるほうから爆発音が聞こえてくるんだろう」

キヌハター   シッカリスルッテワケヨー

上条「絹旗何やらかしたんだ?」




239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:44:27.70 ID:Rvi07F5v0

ブスブス

絹旗「ぐすっ」

滝壺「きぬはた・・・・またがんばろ?」

フレンダ「何をどうやれば食材がこんなふうになちゃうの・・・?」

麦野「絹旗ちゃーん、気は済んだかにゃーん?」

絹旗「うぅ・・・」



上条「なんか化学工場の近くを通ったかのようなにおいが一瞬感じられたような気がしたけど・・・」

上条「きっと気のせいだよな・・・」

上条「シャケ弁か、弁当っていうのもなんか久しぶりだな」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:47:13.31 ID:Rvi07F5v0

麦野「それじゃあ私上条君とご飯食べてくるわ」

滝壺「えっ」

絹旗「えっ」

フレンダ「えっ」

麦野「メイド服が好きなんでしょ?そうなれば着るしかないわね」ニヤニヤ

滝壺(このむぎのの目は)

絹旗(遊ぶだけあそんでポイする目)

フレンダ(上条の心がへし折られてしまうってわけよ)



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:49:41.32 ID:Rvi07F5v0

滝壺「むぎの、かみじょうは普通の高校生なんだから」

麦野「わかってるわよ」

絹旗「かみじょうをもてなす心が超大事なわけでして」

麦野「それであんなの作っちゃうの?」チラッ

プスプス

絹旗「ぐぅ・・・・」

フレンダ(すでに私たちを含めて麦野がからかってるってわけよ・・・・)



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:54:08.27 ID:5cgzH9560

麦野「まさか勢いで買ったメイド服を自分で着ることになるとはね」

麦野「さーて、どんな反応してくれるかしらねー」クスクス

ガチャ

toaru-000777-242
  




245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:57:04.72 ID:5cgzH9560

バタン

麦野「ちょっと舞い上がっていたみたいね、心を落ち着けなきゃ」

麦野「うん、そうよ。上条君は絹旗が怪我させただけの一般人なのよ。あまり意地悪しちゃかわいそうだわ」

麦野「でも、少しくらい私が楽しんでもバチはあたらないわよね」

ガチャ

上条「あ、麦野さんってその格好は!!」

麦野「どう?似合うかにゃーん?」

上条(む、麦野さんみたいなセクシーな人が着るとまたこれは・・・)ゴクリ



246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:00:08.71 ID:5cgzH9560

麦野「そんなにジロジロ見られると恥ずかしいんだけど?」

上条「いや、その・・・ついですね・・・」

麦野「うん、ほめ言葉として受け取っておくわ」

上条「あ、あはは ////////」

麦野「お待ちかねのシャケ弁よ」

上条「ってことは絹旗の料理は・・・」

麦野「ええ、天に召されたわ」




247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:03:32.33 ID:5cgzH9560

上条「食材を育ててくださった皆さん、ごめんなさい」

麦野「ま、気にすることないわいつか絹旗も食べられるもの作ってくれるはずだから」

上条「そうですね、なんなら俺が教えますよ」

麦野「それは無理ね」

上条「どうしてですか?」

麦野「滝壺の言うことを聞かないからこういう結果になってるのよ?」

上条「・・・・・」

麦野「まあ本人の自覚次第ね」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:08:15.61 ID:5cgzH9560

上条「いつか・・・・いつかきっとできるはずです・・・」

麦野「それって諦め入ってない?」

上条「くっ・・・・」

麦野「否定しないのね」

上条「いえ、俺が、俺が絹旗の幻想を!!」

麦野「まあ期待しないで待ってるわ」クスクス

上条「二人で麦野さんを納得させる料理を作ってみせますよ」

麦野「楽しみね、ま、それはおいといて早く食べましょ?折角暖めたのにまたさめちゃうわ」

上条「そうですね、それじゃあいただきます」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:11:57.42 ID:5cgzH9560

ガチャ

麦野「ごみ袋どこー?」

滝壺「これだよ」

絹旗「麦野、上条の件ですが・・・」

麦野「ああ、いいわよ。このまましばらくここに置いときましょ」

フレンダ「いいの?」

麦野「だってそのほうがおもしろいじゃない」

滝壺「ほっ」

麦野「絹旗が私に食べられるものを料理できるようにがんばるんだってさ」ケラケラ

絹旗「むっ、超のぞむところです、私の本気を見せてやります!!」

フレンダ「えーっと」チラッ

絹旗「そっちは見なくていいんです!!」



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:16:59.89 ID:5cgzH9560

滝壺「だいじょうぶ、わたしは上条と一緒にがんばるきぬはたを応援している」

麦野「上条といっしょならってことね」

絹旗「ぐぬぬ・・・・その態度を改めさせてみせます・・・」

フレンダ「でも私は一番最初の味見は遠慮したいってわけよ」

麦野「私も遠慮したいわね」

滝壺「・・・・わたしもかみじょうの横できぬはたをみまもるね」

絹旗「うわああああんみんなだいっきらいですううう!!!」


上条「なんやかんやで賑やかだけどいままでで一番幸せな時間をすごしているような気がする」

上条「早く怪我を治してみんなに恩返しのひとつでもしないとな!」




おわり



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:22:33.94 ID:5cgzH9560

うん、「限界」なんだ。済まない。

寝る子は育つって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

それにこれ以上どう展開していけばいいのかぱっとおもいつかないからね、

それじゃあ続きを書きたい人はかいてしまおうか



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:23:26.13 ID:wPRlgP330

おつおつ
のっとりでここまでやるなんてすげぇよ



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:24:20.85 ID:3KOj4BPn0

toaru-000777-261
toaru-000777-261
 


元スレ
上条「はぁ……、俺だけの専属メイドが欲しい」