1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 21:34:58.02 ID:vA8OnB430

穏乃「やっとついたぁ」ダイノジ

憧「着いた早々寝ころぶな。」チョップ

穏乃「ウキッ」

晴絵「荷物はこれで全部だな。よーし、いよいよ合宿開始だ。じゃ、早速。」

憧「特打ち?」

晴絵「風呂だー!」

灼「誰に言ってるの?」

灼(というか、この件どこかで見たような・・・)

玄「お風呂だよお姉ちゃん!」

宥「あったまりたぁい。」

穏乃「お風呂、お風呂、お・風・呂!!」

憧「はしゃぎすぎ。」ペシッ

穏乃「ウキャッ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 21:36:32.29 ID:vA8OnB430

晴絵「レッツゴートゥ風呂!そして、みんなの成長ぶりをチェック!」

灼「それ、セクハラだから。」ズバァ

憧「みんな、先に行ってて。」

穏乃「一緒に行こうよ。」

憧「ちょっと家に電話するから。」

穏乃「じゃあ、待ってるよ。」

憧「いいから先行ってて、すぐに追いつくから。」

穏乃「分かった。分かったから押さないで。」

晴絵「おっし、ほんじゃ行くぞ!」

玄「おー!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 21:42:58.79 ID:vA8OnB430

ガチャ

憧「お邪魔しまぁす。ってあたしゃコソドロか」

ユウスゴイナー ハワワワワ シズオヨグナ ゴクラクゴクラク

憧「・・・みんなはお風呂。確認OK」

憧「目の前には、」ゴクリ

憧「シズのジャージ!」

憧(ほんとにジャージ一丁なんだ。)

憧「では、いただきます。」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 21:48:47.74 ID:vA8OnB430

憧(シズの匂い、、、とちょっと汗の匂い。たまんない)クンカクンカ

憧(脱ぎたてを象徴する生暖かさに、汗を含んだしっとり感。)スリスリスリ

憧(あっ!シズの髪の毛。これはラッキーアイテムゲットですぞ!)ガッツポーズ

憧(もうちょっと嗅いでたいけど、今日の目的はこれじゃないし。)

憧「では、失礼して」ヌギヌギ

憧「よっと。」

憧(ちょっと袖短いか。)スルスル

憧(手が震えてファスナーがうまく、ん、上がらない。)プルプル チーー



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 21:53:00.07 ID:vA8OnB430

憧(よし、これで装着完了!って、下丸見えじゃん//)カァア

憧(あたしのほうが背高いから当たり前か。にしても、これは// エロい)ゴクリ

憧(動くと乳首がこすれて、ん、シズってばよくこんなの我慢できるな。やば、、)


ガチャ


憧「へっ?」サーー

憧(あれ?だって、みんなもう入って、、、1、2、3、4、5、って何で?5人分籠に入ってるじゃん??)




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:01:17.77 ID:vA8OnB430

灼「・・・憧、何やってんの?」

憧「あ、いや、この、、えっと、、、、、あ、あ、ゆ、ユニフォームの交換です!」

灼「・・・」

憧(やばい、やばい、やばい。どうしよぅぅぅっ!!!)

灼「あk(ry」

憧「あ、灼さんはどうして、、あの、みんなと入ったんじゃあ、、」

灼「バスタオルが足りなかったからフロントに行って貰ってきた。」

憧「そう、そうですか。あ、あたしも今からはいr(ry」アセアセ

灼「憧!」

憧「」ビクッ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:06:01.80 ID:vA8OnB430

灼「無理に嘘つかなくていい。」

憧「う、嘘だなんて」

灼「穏乃のこと好きなんでしょ。」

憧「」

灼「見てたらわかる。」

憧「・・・あ、あの、こ、このこと」

灼「わかってる。穏乃には喋らない。約束する。」

憧「ほんとに?」

灼「ほんとに。」

憧「・・・お願いしますぅ。」ヘナヘナ

灼「さ、入ろう。そろそろいかないとみんなが怪しんじゃう。」

憧「腰が抜けたです。」

灼「しっかりして。行くよ。」

憧「はい。」


ガラガラ オソカッタジャナイカ ホホゥアコハキヤセスルタイプカ アッタカーイ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:12:17.25 ID:vA8OnB430

穏乃「ふぃー。いいお湯だった。」

宥「玄ちゃん大丈夫?」

玄「おまかへあれ。」クタァ

憧「宥姉に付き合ってずっとつかりっぱなしだからだよ。」

穏乃「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

憧「そこ、扇風機で遊ばない。」

晴絵「戻ったら、玄以外は特打開始な。」

玄「私もやりまひゅ」フラフラ

晴絵「ダメ。ちゃんと休んでから。」

宥「そうだよ玄ちゃん。無理しちゃダメ。」

穏乃(あれ?ちゃんとたたんである。ん?これ、、、憧の匂い。)スンスン




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:22:26.36 ID:vA8OnB430

穏乃「憧、もしかして私のジャージ」

憧「」ビクゥッ

穏乃「たたんでくれたのって憧?」

憧「え、あ、その」アタフタ

灼「そうだよ。入る前に憧と一緒になったんだけど、ジャージが脱ぎ散らかってたのをちゃんとたたんでた。」

穏乃「そうなんだ。ありがとう、憧。」

憧「いやいやぁ。。。でもなんであたしってわかったの?」

憧(ジャージ着たのがバレたのかと思った。)ドキドキドキ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:29:54.46 ID:vA8OnB430

穏乃「え、その、ジャージから憧の匂いがしたから。」

憧「!!!」

穏乃「どした?真っ赤だけど。もしかして憧も玄さんみたいに。」

憧「違う違う。大丈夫だって。」

穏乃「ならいいけど。ほんとに?」

憧「ほんとだよ。さぁ、さっさと戻って特打ち始めるから。行くよ。」

穏乃「うん。あ、待って。フルーツ牛乳は?」

憧「ここは銭湯じゃないの。」ペシッ

穏乃「ウキッ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:43:25.75 ID:vA8OnB430

憧(シズは浴衣か。ジャージはバッグの中にしまっちゃったし、この合宿中はもう無理かな。。)

穏乃「ロン、タンピン三色ドラドラ、12000」

憧「えっ?」


憧(ていうか、ジャージ着たのほんとにばれてないのかな。。)

宥「ロン、中チャンタドラ1、6400」

憧「あっ。。」



憧(それにしてもシズ、浴衣の裾たくし上げて、また見えそうで見えないところが、、くぅぅ)

灼「ロン、リーチ一発ドラ1、5200」

憧「・・・」ズーン

晴絵「憧、どうした?集中できてないぞ。」

憧「・・・ごめん。」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 22:57:57.74 ID:vA8OnB430

宥「終局です。」

晴絵「憧が5回中4回ラスか。・・・うーん、・・・玄!」

玄「はい!?」

晴絵「もう起きれそう?」

玄「え?あ、はい。大丈夫です。」

晴絵「じゃ、憧の代わりに入って。」

玄「了解です。」

憧「・・・」

晴絵「あとシズも私と交代。」

穏乃「あ、はい。わかりました。」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:11:43.46 ID:vA8OnB430

憧(結局、あれから一局も打たせてもらえなかった。まぁ、今日のあたしの状態なら当然か。。。)

穏乃「憧。」

憧「ん?」

穏乃「何かあった?」

憧「ないないない。今日はちょっと調子でなかっただけ。」

穏乃(目を合わせないってことは、やっぱり何かあるんだ。)

穏乃(自分から言いたくないってことだろうけど。。。今は聞かない方がいいのかな。)

穏乃「それならいいけど。悩みがあるなら言って。私じゃ大して力になれないかもしれないけど。」

憧「・・・シズ。ありがと。心配かけてごめん。」

穏乃「それは、赤土さんやみんなに言ってあげて。」

憧「・・・うん。」

憧(あたし、カラ回ってるな。シズってそういうことはあんまり考えてなさそうだし。どうしたらいいんだろ。)




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:27:13.15 ID:vA8OnB430

穏乃「ふぁー、食った食ったぁ。」ポンポン

宥「玄ちゃん、もう1回お風呂に入らない?」

玄「いいよ、お姉ちゃん。」

晴絵「ここは露天もあるからそっち行ってみるか?」

宥「あったかくないのはちょっと。」

玄「大丈夫だよお姉ちゃん。そんなに寒くないし。」

灼(もう夏だから、むしろ暑いくらいなんだけど。)




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:29:57.76 ID:vA8OnB430

晴絵「灼たちはどうする?」

灼「行く。」

穏乃「おなか一杯なんでパス。」フリフリ

憧「あたしもやめ、あいっ。」

憧「何?」ヒソヒソ

灼「憧も行くの。」ヒソヒソ

憧「でもシズが、」ヒソヒソ

灼「いいから。」ヒソヒソ

晴絵「どうするんだ?」

灼「行くって。」

晴絵「いいのか?憧??」

憧「」コクッ

晴絵「おし、じゃあ行くか。玄、今度はのぼせるなよ。」

玄「おまかせあれ!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:40:52.34 ID:vA8OnB430

憧「ちょっと、お風呂行くって言って戻ってきてるじゃない。いいの?」

灼「大丈夫、ハルちゃんにも言ってあるから。」

憧「えっ?さっきのことハルエに言ったの?」

灼「さっきの?あぁ、ジャージのことは言ってない。」

憧「じゃあ何を?」

灼「ハルちゃん、憧のこと心配してた。いつもと違うから。」

灼「だから、部長としてちょっと話してみるから2人になれるようにしてってお願いした。」

灼「玄と宥さんがきっかけ作ってくれるとは思ってなかったけど。」

憧「・・・」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:44:22.32 ID:vA8OnB430

灼「とはいえ、特に話すことはないんだけど。」

憧「おいって、じゃあ何で2人きりなの?」

灼「見てもらいたいものがあるから。」

憧「何?」

灼「うまくいけば見られるはず。多分。いや間違いなく。」

憧「って、どこに行くの?」

灼「ついて来ればわかる。」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:46:54.65 ID:vA8OnB430

憧「ここって、部屋じゃない。」

灼「しっ!静かに。」

憧「?」

灼「やっぱり。ストライクだ。」

憧「シズ。制服。何やって?」

憧「!!!」

灼「前に部室で似たようなことやってたから。一人にしたら多分こうなるんじゃないかって思ってた。」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:54:58.51 ID:vA8OnB430


穏乃(もうみんなお風呂に入ったころだよな。)ムクッ

穏乃「」スタスタスタ

穏乃(この中に、この中に、)ガチャ

穏乃(制服!)

穏乃(このもっさりしたのが宥さん、ネクタイのは灼さん、残る2つだけど)クンクン

穏乃(こっちだ!)

穏乃(この襟のところの匂いがぁぁ。)クンカクンカ

穏乃(んんんんんんん)クンクンクンクン

穏乃(♪♪♪♪♪♪♪)ゴロゴロゴロ

穏乃(堪んないなぁ。この匂い。)

穏乃「憧ぉ」スリスリギューー

ガラッ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 23:59:10.80 ID:vA8OnB430

穏乃「!?」ガバッ

憧「・・・」

穏乃「えっ?あっ?憧?その、、、えっ?いや、、あの、、お風呂?えっ??」アタフタ

憧「いや、その、、これは灼さんが」フリカエリ

憧(いない!)

憧「あの、覗くつもりは。」

穏乃「」ナミダメ

憧「・・・それあたしの?」

穏乃「」ウルウル

憧「だよね。。。えっと、、、その、、、、、あ、おいしかった?」

憧(うわぁぁぁぁぁ!何言ってんだあたしぃぃぃぃぃ!!)

穏乃「あ゛ーーーー!ごべんな゛ざぁい゛い゛い゛!!」ボロボロ

憧「わぁ!泣くな!!謝るな!!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:04:26.50 ID:nAHnxFGE0

カラカラカラ カポーン

晴絵「おぅ、灼、遅かったな。憧は?」

灼「穏乃が心配だから戻るって。」

晴絵「あいつらほんと仲いいな。」

灼「うん。」

晴絵「それにしてもシズのやつ、ものすごい食べっぷりだったな。」

灼「うん。」

晴絵「・・・で、憧はどんな感じだった。」

灼「もう落ち着いてた。たぶん大丈夫。」

晴絵「そっか。ならよかった。」

灼(落ち着いてはないけど、何とかなるはず。)




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:08:54.62 ID:nAHnxFGE0

憧「落ち着いた?」ポンポン

穏乃「うん。」グジ

憧「」ナデナデ

穏乃「」スン

憧(何話したらいいんだろ。)

穏乃「・・・」

憧「・・・」

穏乃「憧。・・・ごめんな。・・制服、・・う゛う゛」フルフル

憧「大丈夫だから。ほら、泣かないの」

穏乃「うん。」

憧(シズがここまで大泣きしたのって初めてかも。ってか何この可愛い生き物。)

憧「ちょっとびっくりしたけどね。」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:11:29.43 ID:nAHnxFGE0

穏乃「私、絶対変・・・だよね。」

穏乃「みんながいないからって、制服抱きしめて、、その、、匂い嗅いだりして。」

穏乃「挙句にその制服の持ち主に見つかるなんて。もう、、何て言っていいか、、、もう。」ウルウル

憧「シズ。」

穏乃「ふぇ?」

憧「他の子のではこんなことしてないよね?」

穏乃「当たり前だろ!憧のだから。憧のじゃなきゃ。」

憧「なら、よし。」

穏乃「へ?」

憧「あたしのだけなんでしょ。それでよし。」

穏乃「だって、こんなこと、、その、、気持ち、、悪い、、、とか」

憧「ない。シズだもん。」

穏乃「あ゛こぉ」ナミダメ

憧「泣かない!」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:16:45.80 ID:nAHnxFGE0

憧(あたしもちゃんと言わないとダメかな。やっぱ、不公平だよね。)

穏乃「」グシグシ

憧「あのさ、シズ。」

穏乃「ん?」

憧「あたしも、、その、、シズので、、、したことあるよ。」

穏乃「?」

憧「えっと、、、ほら、、あんたのジャージ。」

穏乃「??」

憧「ここついてすぐお風呂行ったとき、、、たたんであったじゃない。あれって、」

穏乃「!」

穏乃「憧も私のジャージぎゅーって、、、その匂いとか」

憧「//」コクッ

憧「あと、、、」

憧(これ言っちゃったら、さすがに引かれるかな。。うーん。もういいや。)



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:22:06.69 ID:nAHnxFGE0

憧「シズのジャージ着ちゃった。」

穏乃「えっ?きたって?えっ??」

憧「だから、その、、えぇい、シズのジャージを着用しました!」

穏乃「・・・そのまま?素肌に??」

憧「うん。」

穏乃「だから、憧の匂いがしたのか。って、変態さん?」

憧「あんたが言うな。」

穏乃「あ、そっか。」

憧「あたしは、、、シズが好き。その、友達とかじゃなくて、、ひ、一人の女の子として。」

穏乃「・・・」

憧「だから、シズがあたしの制服で、、その、、してたことは、気持ち悪いとか、嫌じゃなくて、、いいっていうか。」

穏乃「・・・よかったぁ」ホッ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:28:24.30 ID:nAHnxFGE0

穏乃「嫌われたかと思ったのに、、憧が私のこと好き、、なんて」ウルウル

憧「ちょっとシズ。」

穏乃「ずっと近くにいたからさ、告って振られてまた離れ離れになるのがいやっていうか。」

憧「そんなことないって。あたしだって内心ビクビクしてたんだから。」

穏乃「あのさ、これって正式に交際ってことでいいんだよね。」

憧「いいけど、シズ、まだシズから大事なこと言ってもらってない。」

穏乃「え?」

憧「あたしは、シズのことが好き。・・・シズは?」

穏乃「私は、、私も憧のことが好き。誰よりも。」

穏乃「だから、憧、私と付き合ってください。」

憧「シズ。・・・・はい、喜んで。」

穏乃「やっぱ、何か照れくさいね。」フフフ

憧「でも、何かいいかも。」フフフフ



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:35:53.73 ID:nAHnxFGE0

穏乃「そういえば、憧っていつから私のこと好きだったの?」

憧「ここで聞くか?」

穏乃「ここまで来たらスッキリしときたいかなって。」

憧「まぁいいけど。あたしは小学校の時からシズ一筋だよ。シズは?」

穏乃「私は、、、小学校の時は気になってた。」

穏乃「憧が阿太中行くって言ったとき、なんかモヤモヤして、そのモヤモヤがずっと続いて」

憧「・・・」

穏乃「3年になって、また憧と阿知賀で一緒になれるってわかって、、その時確信した。」

穏乃「私は憧が好きだったんだって。」

憧「過去形?」

穏乃「いやいや、今も進行中です。」

憧「なら、よし。」

穏乃「」クスクス

憧「」クスクス

穏乃・憧「あははははははは」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:39:50.44 ID:nAHnxFGE0

穏乃「私たち何やってたんだろ。」

憧「ほんとに。」

憧「ところでさ、あのジャージちょっと短すぎない?」

穏乃「そんなことないよ。」

憧「あれじゃ、下が丸見えじゃない。」

穏乃「そ、それは、憧がおっきくなったからだよ。私にはちょうどいいの。」

穏乃「てか、憧って成長したよね。いろんなとこ」ワキワキ

憧「何そのやらしい手つき。玄みたいになってる。」

穏乃「いいじゃん、減るもんじゃないし。」

憧「今はダメ。・・・ちゃんと二人きりで時間取れるときにね。//」

憧(また、灼が覗いてるかもしれないし。)

穏乃「// はい、その時はよろしくであります。」

憧「ぷっ」

穏乃・憧「あははははははは」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:45:08.78 ID:nAHnxFGE0

晴絵「灼。」テクテク

灼「何?」テクテク

晴絵「ありがとな。いろいろみんなのこと見てもらって。」

晴絵「ほんとなら、監督である私が部員を管理しなきゃいけないのに。」

灼「ううん。ハルちゃんには私たちを鍛えることに集中してほしいから。」

灼「それに、部員の管理は部長の仕事でもあるから。任せてもらったほうが、その、ありがたいって言うか、うれしい」

晴絵「そうか。助かる」




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:45:51.26 ID:nAHnxFGE0

晴絵「」テクテク

灼「」テクテク

晴絵「あのさ、この間言ってた、東京の宿舎のことなんだけど。」

晴絵「後援会からもお金出してもらえるから、ちょっと贅沢しようかなって思ってる。」

灼「?」

晴絵「5人、6人部屋ってのはさすがになくて、思い切って2人一部屋にしようと思うんだけど、部屋割りどうしよっか?」

灼「2人部屋なら、玄と宥さんは姉妹だし。穏乃と憧は幼馴染だから。もう1組はハルちゃんと私でいいと思う。」

晴絵「まぁ、部長と監督だし、それでいいか。」

灼「それがいい。それが。//」

晴絵「じゃ、決まり。裏で決めたなんてわかったらまた何言われるかわかんないから、東京着いてからみんなに発表な?」

灼「?」

晴絵「向こうについたら、私が部屋割りどうするか聞くから、灼が今の組み合わせ提案してくれたらいい。」

灼「そういうこと。わかった。」

晴絵(おっしゃぁぁぁぁ。これで東京では灼と同室。たっぷり灼分を補給するぞ!)

灼(ハルちゃんと同じ部屋。これはチャンス。やることリスト作っとかないと。)



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:52:20.64 ID:nAHnxFGE0

シズッタラァ アコヤメロヨ アハハハハハハ

ガラッ

晴絵「シズ、アコ。って、お前たちくっちゃくちゃじゃないか。お風呂に入ってきなよ。」

憧「そうする?」

穏乃「行こっ!」ダッ

憧「あ、ちょっと待って」

穏乃「待たないですよ。」ベェ

憧「ちょ、シズ。」バタバタ

晴絵「なんだかな。でも憧が元気になったみたいだし。」

灼「うん、よかった。」

晴絵「この調子でいきますか。」









83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:56:07.80 ID:WNc2WHqm0

乙 すばらでしたよ



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/28(金) 00:57:02.80 ID:D8asLkRr0

乙せずにはいられないな



元スレ
憧「シズのジャージ!」