1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 18:36:57.73 ID:fDjae5Hz0

佐天「とりあえず初春で試していい?」

初春「絶対嫌です」





的な?



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 18:46:59.01 ID:fDjae5Hz0

佐天「もう遅いよ初春、聞く前に試してるし」

初春「なっ!?佐天ひどいですよ!!すぐにやめて下さい!!」

佐天「えー」

初春「聞いてますちょっと!?」


上条(半裸)「…転けた拍子に上着が破けた…不幸だ」トボトボ

初春「ひゃっ…!?」ビクッ

佐天「ほほう」

上条「……あんまり見ないで下さい恥ずかしい…」トボトボ

佐天「なるほど」

初春「男の人が裸で歩いてるなんて…うぅ」カァァ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 18:56:25.73 ID:fDjae5Hz0

佐天「面白い能力だね初春!!」

初春「…とりあえず対象から外して下さいお願いですから」

佐天「えーでも男の人の裸見放題だよ?」

初春「それが嫌なんです!!」

佐天「てっきり両手を上げて喜ぶとばっかり…」

初春「佐天さんが私の事そんな風に思ってたなんて知りませんでした」

佐天「でも興味はあるでしょ?」

初春「……もうしらないです佐天さんのばか!!」

黒子「何をケンカなさってるんですの二人共」

美琴「ていうか初春さんが一方的に怒ってるわね、どうしたの?」

佐天「あ、御坂さんに白井さん」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:05:51.03 ID:fDjae5Hz0

佐天「実はカクカクシカジカ…」

美琴「…へ、へぇー?佐天さん能力使えるようになったんだ?おめでとう…で良いのよね?うん」

黒子「…お姉様お顔で微妙な能力って言っていますの」

佐天「まあ間違ってはないから仕方ないかな?でも面白いですよこれ」

初春「面白くないです」

黒子「……ラッキースケベ、ですの…ふむ…」





黒子「…佐天さん、わたくしにもかけてみて下さいまし、ちょっとおもしろそうですの」

佐天「良いんですか?」

黒子「物は試しですの(もしかしたらわたくしの対象はお姉様になる可能性が!!これは試してみないと!!)」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:11:47.20 ID:fDjae5Hz0

佐天「それじゃ…えい!」

黒子「……何の変化もありませんわね」

初春「私は対象から外れたんですか佐天さん?」

佐天「効果はしばらく待たないと出ないみたいですからちょっと待って下さいね?あと初春は対象から外れてないよ?ていうか外しかたわかんないし」

初春「」

黒子「ちょ…それを早く言って下さいまし!!」

美琴(…よかったかけてって言わなくて)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:22:24.41 ID:fDjae5Hz0

黒子「うぅ…ちょっと不安になってきましたの…」

佐天「まあ多分男の人の裸を見る機会が増えるだけだからたいして問題にならないですよ、多分」

黒子「殿方の裸体なんておぞましいだけですの…」プツン…ハラリ


上条「…部屋の鍵落とした…半裸で転けた場所まで戻るとか拷問だろこれ…」グスン

佐天「あ」

初春「白井さん!?ぱ、パンツが!!」

黒子「ふぇ?」

上条「ん?」

ビュウッ!!

美琴「きゃっ!?突風が!!」

黒子「え」ばさばさっ

上条「……わーお」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:30:02.29 ID:fDjae5Hz0

黒子「」

初春「」

美琴「」

上条「…………上条さんは何も見てませんええつるつるだったなんてこれっぽっちも思ってませんからそれじゃさようならすいませんでしたー!!」スタコラサー

佐天「ふむふむなるほどかけた対象によってラッキースケベを提供する側かされる側かに別れるのかぁ」

黒子「………ふぇ」ジワ

初春「………なんて」

美琴「おっかない能力…!!」

黒子「……ふぇぇ…ぅ…よりによって…ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」ポロポロ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:40:17.43 ID:fDjae5Hz0

黒子「…うぅ」グシグシ

初春「白井さん…よく考えずに頼んだりするから…」
美琴「とりあえずあいつは今から取っ捕まえて記憶消えるまで殴る、ちょっと行って来るわね」

佐天「御坂さんなんかいらいらしてる」

黒子「佐天さん!!はやく能力解除して下さいまし!!」ポロポロ

佐天「だから解除の仕方が解んないんですってば」

美琴「…あいつならどうにか出来るかも、よし…なおさら取っ捕まえなきゃ!!」タタタッ


佐天「御坂さん!!……あー行っちゃった」



佐天(おもしろそうだから能力かけたのバレてないよね?うん)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:40:12.72 ID:2rSmvA050

ごめんちょっとよくわなかんない

だれか詳しく教えてください



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 19:43:55.51 ID:fDjae5Hz0

>>20
黒子のパンツのヒモが切れて落ちて風が吹いて上条さんにまんこまる見え


ちょっとごはん炊いてくる



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:06:16.50 ID:fDjae5Hz0

上条「……なにやら嫌予感がする」ブルッ

美琴「見つけた!!ちょっとアンタ!!」

上条「ひぃ!?」ズササッ

美琴「とりあえず一緒に来なさい、まぁ黒子のあれを見た事は態度次第では多少手加減してあげるから」

上条「あれは事故だろ上条さんは悪くありませんのことよ!?」

美琴「…見たんなら同罪よ、ていうかそれは後回しよ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:15:54.83 ID:fDjae5Hz0

上条「と、とりあえず白井にはお前から俺が謝ってたって伝えてくれ…な?今のこのこついてったら命懸けになりそうですので…」ソソクサ…

美琴「待てって言ってんでしょ」ガシッ

上条「ちょ!?ベルト掴むな!!」ズルッ

美琴「他に掴むとこないんだから仕方ないじゃない、てか何故半裸?」

上条「上条さんのいつもの不幸の結果だっつのほっとけ!!良いから放せってば!?」グイグイ

美琴「放したらアンタ逃げるでしょ?」ガッシリ

上条「はーなーせぇぇぇぇ!!」グィィィ!!

美琴「嫌だって…ばっ!!」ブチン

上条「ぬぉっ!?」ビターン!



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:22:38.05 ID:fDjae5Hz0

上条「…いってぇなちくしょう!?」ムクッ

美琴「…ご、ごめ………ひっ」

上条「…ん、なんだよその顔は」

美琴( ゜д ゜)

上条(全裸)「………………………………………え?」ボロン

キャァァァァァァァァァァァァ!!

フコウダァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:33:43.05 ID:fDjae5Hz0

佐天「…御坂さん遅いなぁ、何してんだろ」

黒子「…とりあえず支部に逃げ込みましたけれどここでも安心は出来ませんわね」

佐天「白井さんちゃんとパンツはきました?」

黒子「余計なお世話ですの!!お姉様に習って短パンまで履きましたから心配為さらずに!!」プンスカ

佐天「怒ったって白井さんがかけてって言うからかけただけですし」

初春「…まあ正論ですね、私は怒っても良いですけど」

黒子「むぅ…」Piriri…

佐天「白井さんメールみたいですよ?」

黒子「ん…お姉様からですの」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:42:15.46 ID:fDjae5Hz0

お姉さま

本文

ごめんかえる









黒子「…………」

初春「…かえる…ですか?」

佐天「どうしたんだろね」

黒子「…ちょっと寮に戻って様子を見てきますの」シュン…ハラリ

初春「あ、白井さん!!…行っちゃった」

佐天「うん、履き直したパンツと短パンだけ演算忘れてね」

初春「……今ごろ街をノーパンで」

佐天「一瞬だろうけど見ちゃう人居るだろね…」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:52:42.61 ID:fDjae5Hz0


ー常磐台女子寮ー

美琴「……うぅ、思わず逃げて来ちゃった…」トボトボ
美琴「はぁ…」ガチャ

海原「ハァハァ…御坂さんのベッド…下着…ハァ…ハァ…ああ堪らない…!!」シコシコ

美琴「え?」

海原「あ」ドピュ





ギィヤァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!
シマッタァァァァァァァァァァァァァァァァ!!



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 20:57:32.61 ID:fDjae5Hz0

佐天「そういえばさ」

初春「はい?」

佐天「なんで初春の場合はあの男の人だったのかな?」

初春「え…知らないですよそんなの」

佐天「…うーん、もしかしてラッキーとかでなくても異性の裸体もしくは恥体なら無差別なのかな…」




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 21:41:09.80 ID:fDjae5Hz0

上条「…もうお婿に行けない…ああ不幸だ」トボトボ

上条「ベルトがちぎれたついでにズボンまでおしゃかですよ…辛うじてパンツだけは無事だったけど」

上条「…もうやだこのままじゃ補導される…鍵もみつかんねーし」

上条「…疲れた、とりあえずそこの物陰に隠れて夜を待とう、暗くなれば人も居ねーし」コソコソ

黒子「ひっ」ビクッ

上条「おうふ!?」ビクッ!

黒子「あ…貴方は類人猿!?どうしてここに!?」ビクビク
上条「いや…影に隠れて夜を待とうと思って…つかお前も何してんの」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 21:49:30.70 ID:fDjae5Hz0

黒子「…………うぅ」ポロポロ

上条「ちょ!?なんで泣くんだよ!?」アタフタ

黒子「て…テレポートの…ヒック…度に…っ…な、何故か服が脱げていって…エグ…気がついたら…うぇぇ…」グシグシ

上条「…………な」ゴクリ

黒子「……こんな姿じゃ動けないから…うぅ…仕方なく……」グスン

上条(…可能な限り隠そうとしてるけどこれすっぽんぽんじゃねーか!!)

黒子「…見るんじゃないですの変態!!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 21:59:29.93 ID:fDjae5Hz0

上条「…そうか」

黒子「ともかくここはわたくしが使っていますので他を当たって下さいまし…」

上条「…わかった、でもお前はちゃんと帰らないと、女の子がそんな格好で居たらダメだし、な」

黒子「…だから帰れないんですの」

上条「いいや帰るんだ、俺が何とかしてやる」ズルッヌギヌギ…

黒子「ひっ」

上条「…これ、履いてけ」つトランクス

黒子「…えぇー?」

上条(葉っぱ)「俺の事は気にすんな、これでなんとかなる…男だしな」

黒子「いや…」

上条「…じゃ、はやく帰れよ白井」スタスタ…

黒子「………………」




黒子「…いや、トランクス一枚渡されてもどうにもならないんですの」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:12:31.62 ID:fDjae5Hz0

美琴「…うぅ」

美琴「………もうあの部屋帰れない、血生臭いし焦げ臭いしなんかイカ臭かったし…どうしよ」トボトボ
打ち止め「あ!!お姉様だ!!ってミサカはミサカはいきなり抱きついてみる!!」ダキッ

美琴「ひゃ!?ら、打ち止め!?」

一方「…まァためんどくせェのに遭遇したなちくしょう」

美琴「…げ、一方通行も居るし」

一方「打ち止め、さっさと帰るぞ…」

番外個体「えー?お姉様の事弄り倒して遊んでからにしようよー」

一方「…………」カツンカツン

打ち止め「無視されたね、ってミサカはミサカはやれやれって感じのジェスチャーを交えて苦笑いしてみる」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:24:54.96 ID:fDjae5Hz0

打ち止め「無視はよくないよ!!ってミサカはミサカはアナタに体当たりして抗議してみる!!」ドカッ!!

一方「ぬお!?」ビターン!

番外個体「うわ、ちびガキにタックルされただけで転けてるよ…どんだけモヤシなのアナタ」

一方「ッ!!て、テメェはこの!!」ビリッビリビリィィ

番外個体「あーあ、あわてて起き上がるから服が…」
打ち止め「あれ?こんなところに針金みたいなのが出てる、ここに引っかけたんだね、ってミサカはミサカは裸のアナタをまじまじと観察してみたり」

番外個体「テラモヤシwwwwww」ブヒャヒャヒャヒーヒーww

美琴(…半裸?…まさか)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:36:29.48 ID:fDjae5Hz0

美琴「…ねぇ一方通行、私に何か能力による力場みたいなものまとわりついてないかわかる?」

一方「あァ?テメェの出す電磁波以外のもンか?それはテメェに触れねェと解析出来ねェな」

美琴「…む、仕方ないわね…ちょっと調べて」

一方「…ハン、まあいいだろ」ムクリ…ビリビリィィ!!

打ち止め「あ…ズボンも破けて脱げちゃった、ってミサカはミサカは状況を説明してみる」

一方「…………………………なンだと」

美琴「…それ、もしかしたら私がかけられた能力の影響なのかもしれないのよね」

番外個体「くwwろwwブwwリーwwフwwwwww」ビッタンビッタンビッタンビッタン



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:46:41.90 ID:fDjae5Hz0

一方「……………ン、確かに良く解らねェ力場が作用してンな」

美琴「…やっぱり、佐天さんこっそり私にもかけてたのね…」

一方「つまりオレはその訳のわかンねェ能力のせいでこんなになってンだな?」

美琴「うん、ちょっとお仕置きが必要みたいだからアンタも来なさいよ一方通行」

一方「…まあ良いかァ、行ってやるよオリジナル」

打ち止め「それにしてもそのブラウス黄泉川のなのにブカブカだねってミサカはミサカは衣類を恵んであげたアナタに言ってみる」

一方「…………」

番外個体「ないわー裸ブラウスの野郎とかないわー」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 22:56:36.69 ID:fDjae5Hz0

上条(葉っぱ)「なるほど…そういう事だったのか…」ガサッ

美琴「」

打ち止め「ひっ!?」ビクッ

番外個体「うわ…」

一方「お前なにしてンの?」

上条「仕方ないだろ…出るに出れねーよこの格好じゃ」

美琴「」

一方「…お前も被害に会ったクチか、ヒデェ格好だな」

上条「…逆にアリな気がしてきたけど気のせいかな?」

一方「うン」

打ち止め「それは…」

美琴「ないわ」

番外個体「警備員呼んで良い?ねぇ?」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:05:07.64 ID:fDjae5Hz0

一方「…とにかく元凶の所が先だな、通報はもうちょい待ってろ」

美琴「そうね…案内するわ」スタスタ

上条「…通報されんのは確定なのか…」スタスタ

打ち止め「…うわぁ、後ろ姿は完全に全裸かも…ってミサカはミサカはできればアナタは一番後ろから歩いてきて欲しいって思ってみたり」

上条「え?」

番外個体「尻丸出しで前歩かないでよ露出狂」

上条「………」グスン



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:14:29.72 ID:fDjae5Hz0

佐天「……なんか嫌な予感」

初春「どうかしたんですか?」

美琴「…佐天さん」

佐天「ひっ!?」ビクッ

一方「テメェが元凶か…」

佐天「え?裸ブラウスの病弱美少女!?」

初春「…あ」

上条「ちょっとかわいそうだけど覚悟してくれ」

佐天「葉っぱ隊!?」

打ち止め「なにそれ?ってミサカはミサカはなんのネタかわからないよ」

番外個体「さあ?」

美琴「佐天さん意外に余裕ね…」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:23:55.40 ID:fDjae5Hz0

佐天「…えーと、みんな怒ってる?」

美琴「当たり前でしょ!!もうトラウマもんよ!!」

一方「とりあえずシメる」

上条「服弁償して欲しい…」


佐天「…………えへ♪」ニコリ

初春「笑って誤魔化せるレベルじゃないですよ佐天さん…」

一方「………ベクトル操作、オリジナルの纏ってる力場をそのまンまコイツに移動っとぉ」

美琴「…ん、とりあえず私はもう平気ね?」

上条「はやくそげぶしたいんですがここは我慢っと」
佐天「え?え?」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:29:00.03 ID:fDjae5Hz0

佐天「えーと、どうなるのかな?」

美琴「さあ?」


一方「………」

上条「………」

打ち止め「………」

番外個体「………」

初春「………」







佐天「………あれ?なにもおきない」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:39:03.47 ID:fDjae5Hz0

佐天「……ふふ、ふふふ…どうやらあたしには効果がない見たいだね!!良かったホントに良かった!!」

美琴「え、うそ」

上条「なんだと…」

佐天「何故かはわかんないけどあたしにラッキースケベは無いみたいね、ふふん♪」

一方「………ベクトル操作ァ」

佐天「え?」ビリッ…ビリビリィィ!!

上条「おお!!」ムクムク…ハラリ

初春「…さ、佐天さんの制服がまるで凌辱系の辱しめを受けた後のようにビリビリに!?」

佐天「へ?ぇ…あ…きゃあああああああああああああああああああああああああっ!!!?/////」モジモジ

美琴「うーん、際どいわね」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:47:03.16 ID:fDjae5Hz0

番外個体「えー…アナタやっぱりぬるいよ、どうせならこの位しなきゃ」ビリッ
佐天「ああ!?胸の所に残った最後の布が!!…あぅ////」カァ…

番外個体「最終信号、アナタ絆創膏持ってたよね、寄越せ」

打ち止め「…うわぁ、番外個体鬼畜だね、ってミサカはミサカはゲコ太の絆創膏を渡しながら呟いてみる」

番外個体「ん、褒め言葉褒め言葉」ペタペタ

一方「…………」

美琴「うわ…卑猥…」

上条「乳首絆創膏だと…」ビキビキ

佐天「………うぅ」グスン



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:57:24.98 ID:fDjae5Hz0

美琴「…そろそろいいかな、じゃあ後よろしく」

一方「おら、早くしろ上条ォ」

上条「え?お、おう」モジモジ

番外個体「何前かがみになってんの気持ち悪っ」

上条「………えーと、そのげんそうをぶちころす」ペシン

佐天「いたっ!!」バキン

美琴「…なにそのひょろっちいパンチ」

一方「やる気あンのか変態野郎ォ」

初春「…気持ちわるい」

佐天「……終わったなら離れて下さいなんかイカ臭い…」

美琴「…アンタ」ジト

上条「………しょうがないだろ…不幸だ……」グスン



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/25(金) 23:59:24.10 ID:fDjae5Hz0

黒子「………」


黒子「……へっくち!」



黒子「……さむいですの」グスン



おわれ!!


元スレ
佐天「対象をラッキースケベ体質にする能力かぁ」