1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:13:27.18 ID:jeki+/dT0

佐天「エロ同人みたいにっ!!」

初春「・・・へ?」

佐天「きゃー、やめて~」

初春「えっと、佐天さんは誰に乱暴されちゃうんですか?」

佐天「初春」

初春「えーーっ!?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:20:06.51 ID:jeki+/dT0

佐天「能力者の考える事なんてみんないっしょよ!無能力者の身体なんて好きに使っていいと思ってるんだろー?初春~?」

初春「口調が変わった!?ボケるならキャラを安定させてください佐天さん!」

佐天「初春みたいな能力者は無能力者を見下してるんだよ。力づくでどうこうしていいと思ってるんだ」

初春「思ってませんよ~。どうしたんですか佐天さん?」

佐天「佐天さん知ってるんだ。能力者は無能力者を能力使って夜な夜な乱暴してるんでしょ?」

初春「本当にキャラを安定させてください。ボケ返すべきかツッコむべきかわかんないです佐天さん」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:23:53.23 ID:jeki+/dT0

佐天「初春も本当は私を乱暴する気なんだ。佐天さん知ってるんだー」

初春「私がなんで佐天さんに乱暴するんですか」

佐天「助けて~エロ同人みたいに乱暴されちゃうー」

初春「ああっ!て言うかさっきから普通に流してましたけどエロ同人って///」かぁぁ

佐天「きゃー、能力者様がエロ同人って単語に食いついたわ~!乱暴されちゃうー!」くねくね

初春「ああもう。今日の佐天さんはイマイチ慣れないなぁ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:27:54.61 ID:jeki+/dT0

佐天「そんなわけで。今日は私が初春に乱暴されそうになった場合の対策を考えます!」

初春「そんなわけでの意味がわかりませんよ。そもそもその対策を私といっしょに考えるんですか?」

佐天「おいおい初春~初春の他に適任がいるのか~?」(やれやれ)

初春「そりゃあ私対策に私が協力すれば適任でしょうねっ!」

佐天「じゃあ決定で」

初春「もう、そもそも前提がおかしいんですよー!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:32:35.39 ID:jeki+/dT0

佐天「じゃあまず初春。夜道で後ろから私を襲って来てよ」

初春「いいでしょう!ツッコミ放棄してまずは乗っかりますよー!」フンスッ

佐天「おおっ、乗っかるとはさすが乱暴魔初春!能力者様は言うことが違うねぇ~」

初春「よし、私ツッコミ放棄。私ツッコミ放棄」ブツブツ

佐天「それじゃあ襲って来て!エロ同人みたいにだよ初春!」

初春「またエロ同人ですか!?///」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:36:40.75 ID:jeki+/dT0

佐天「なんだー初春~?さっきからエロ同人に食いつくなー」

初春「いや、そもそも私たち中学生ですし。て言うか佐天さんってそういうの読むんですか?///」

佐天「あ、結構グイグイくるこの初春」

初春「誰がムッツリスケベですかっ///」

佐天「言ってない言ってない!思ったけどっ!」

初春「むしろエロ同人誌ネタでグイグイくるのは佐天さんでしょう///」

佐天「まー。ネットでちょろっとねー?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:40:28.86 ID:jeki+/dT0

初春「ダメですよ佐天さん。私たちはまだ未成年なんですから///」

佐天「・・・あと初春のパソコンに入ってるのはちょっと見た」

初春「へっ!?///ど、どれ見たんですかっ!?///」ガタッ

佐天「初春。あんたカマかけにかかり過ぎ。やっぱり初春もエロ同人見てるんじゃん」

初春「へっ、ええっ!?///」かぁぁぁ

佐天「まぁムッツリ初春は一旦置いて」

初春「お、置かないでくだ・・・やっぱり置いといてくださいっ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:44:18.44 ID:jeki+/dT0

佐天「さあ!襲って来い初春っ!」バッ

初春「あ、そんな話でしたね」

佐天「さあさあ!初春の能力の限りを尽くして、私を犯しつくすのだー!」

初春「犯しつくすって///そもそも私の能力でどうやって佐天さんをどうこうするんですか?」

佐天「そういや初春の能力ってなんだっけ?」

初春「そんな事も知らないのに人を乱暴魔扱いですかっ!?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:50:19.64 ID:jeki+/dT0

佐天「ごめんごめん」

初春「よろしい!」フンス

佐天「それで、初春の能力って?」

初春「はい!物質の温度を一定に保つ能力です。すなわち『保温』ですね!」

佐天「保温・・・?」

初春「保温」

佐天「保温・・・」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:54:04.41 ID:jeki+/dT0

佐天「・・・え?保温でどうやって私を乱暴する気だったの?」

初春「しませんよっ!そもそも乱暴なんて!」

佐天「マジかー保温か~~」

初春「なんでちょっとがっかりしてるんですかっ!流石に傷つきますよ!」

佐天「だって保温でどうやってエッチなプレイするのさ?」

初春「ぶっちゃけなに一つ思いつかないですよね」

佐天「あー。ローション的なアレをあっためて?」

初春「ローションですか!?///」ぶほっ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 06:58:29.42 ID:jeki+/dT0

佐天「女子中学生ローションプレイ!これは売れる!」

初春「売る気だったんですか!?///」

佐天「表向きは中学生アイドルユニットのグラビアビデオとしてですね」

初春「一発で東京都の条例案が可決されちゃいますよ!」

佐天「やべえ。私たち非実在青少年だったかー」

初春「絶対嫌ですからねっ」

佐天「ま、売るのは冗談として」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:01:57.98 ID:jeki+/dT0

初春「・・・アレ?」

佐天「ん?どうした初春?」

初春「私たちってもうローションプレイ的なプレイならやってませんか?」

佐天「あー、あーー?あー!あの水着の撮影会の時の!」

初春「そうですそれです!ローションプレイ一歩手前くらいの!」

佐天「うわー。既に発売してるとか・・・」

初春「この国はほんっとうにやばいですねぇ!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:15:27.18 ID:jeki+/dT0

初春「えーっと、出ました」カタカタ

佐天「やっぱりやってた?」

初春「はい。何かのグッズのオマケで付属したOVAに、
13話’(ダッシュ)として水着回の更にサービスシーンみたいな感じでローションプレイしてます!」

佐天「なーんだ。やっぱり『ローション初春』だったんじゃんか」

初春「・・・映像を観る限り、佐天さんが私にローション塗ろうとしてるんですが」

佐天「へっ!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:24:46.12 ID:jeki+/dT0

初春「もー!佐天さんこそローション魔じゃないですかー!」

佐天「あっれー?おかしいなぁ?」

初春「まったく。ここまで鮮やかにボケられたら、ツッコミとしては逆にツッコめませんよ~」

佐天「ん?さっきから初春」

初春「はい?」

佐天「初春ってツッコミなの?」

初春「えっ?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:31:00.13 ID:jeki+/dT0

佐天「初春。もしかしてあんた、自分の事をツッコミポジションだと思ってる?」

初春「えっ、えっ!?だって、佐天さんはどう考えてもボケ役でしょう?」

佐天「うん。ボケだね」

初春「だったら私がツッコミじゃないんですか?」

佐天「初春、よく聞いて。・・・お前はツッコミじゃなーい!!」

初春「えー!?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:37:28.83 ID:jeki+/dT0

初春「じゃあ私ってなんなんですか!?」

佐天「初春、あんたもボケなんだよ!」

初春「私もボケ!?て言うか『自分の事を犯してくれ』とか言い出す人にボケ扱いされた!?」

佐天「さらっと毒を吐いたけど、初春はボケだよ。それも『天然ボケ』というボケのねっ!!」

初春「天然ボケ・・・!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:45:27.35 ID:jeki+/dT0

佐天「そう、私たちって両方ボケだったんだよっっ!!」

初春「し、知らなかった・・・通りで話が全然前に進まないわけだ・・・!」

佐天「ボケ×ボケで永遠にボケ続けてただけだったんだよ」

初春「しかも私ってば、自分の事をツッコミだと思っていた・・・?」

佐天「そう。それこそが初春が天然ボケである証拠でもあるのさっ!」

初春「うぁー、私ってボケだったんだ・・・」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 07:54:22.19 ID:jeki+/dT0

佐天「しかも初春ー。私たちだけじゃないんだよ!」

初春「な、何がですか?」

佐天「私たち4人の話!」

初春「4人って、御坂さんと白井さんですか?」

佐天「そうそう。私、初春、白井さん、御坂さんはそれぞれ
『ボケ』『天然ボケ』『大ボケ』『微天然』と、全員ボケ属性なんだよ!!」

初春「な、なんだってー!?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:04:35.04 ID:jeki+/dT0

佐天「私たち全員ボケ属性でツッコミ不在なんだよ!!」

初春「そんな・・・どおりでファミレスでの会話がエンドレスなわけだ・・・」ガクッ

佐天「でもさ、私たちって時々それぞれツッコミするじゃん?」

初春「はい。私もさっき佐天さんに少しツッコミ入れてた気がします」

佐天「でもさ。私たちボケだからツッコミは本職じゃないんだよ」

初春「えっと、どういう意味ですか?」

佐天「本職じゃないからさ、ツッコミの方向性ってのが限られるんだよ!」

初春「うん。ますます意味わかんないです」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:08:10.53 ID:jeki+/dT0

佐天「つまりさ。誰から誰にツッコミを入れると・・・スムーズにツッコめるか?もたいな?」

初春「何で言い出した佐天さんが曖昧なんですか」

佐天「えーっと、私から初春にツッコミ入れるのは自然じゃん?」

初春「はいはい。そうですね」

佐天「同じく初春も私にツッコむ。でも私が白井さんにツッコミ入れるのって何か違う感じじゃない?」

初春「ん?うーん・・・」

佐天「いや、ほら、白井さんがいつもの『お姉様ボケ』を繰り出すでしょ?」

初春「お姉様ボケって!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:14:05.75 ID:jeki+/dT0

佐天「そこに私がツッコミ入れると、『そこはお前が出てくるとこじゃない』みたいな空気になんない!?」

初春「気にしすぎでしょ!?」

佐天「いや、絶対あるって!ツッコミの方向性!白井さんにツッコめるのは御坂さんと初春だけなんだって!」

初春「そうかなぁ?」

佐天「じゃあ初春。御坂さんにツッコミできる!?」

初春「あ、出来ないかも」

佐天「でしょ!?やっぱりあるんだって!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:21:19.83 ID:jeki+/dT0

佐天「御坂さんにツッコミできるのは白井さんのみ、御坂さんからも私と初春にはツッコミは来ない
白井さんと私もツッコミ合わないけど、御坂さんと初春は白井さんにツッコむ!」

初春「あ、ちょっとある気がしてきました!ツッコミの方向性!」

佐天「私はね、初春。この方向性に更なる法則を発見したんだよ!」

初春「はいはい。何を発見したんですか?」

佐天「これってもしかしてさ、レベルが関係してるんじゃない?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:24:02.62 ID:jeki+/dT0

初春「レベル、ですか?」

佐天「そう!レベルが3以上離れてるとツッコミ出来ないの!」

初春「あー、あーあー。そうですね」

佐天「ツッコミ出来ない法律!」

初春「法律ではないでしょ」

佐天「ところで初春」

初春「はい?」

佐天「私たち最初は何の話してたっけ?」

初春「さぁ?なんでしたっけ」


終わる



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 08:45:06.68 ID:h9Wq0z6N0

乙なんだよ


元スレ
佐天「やめて!私に乱暴する気でしょう?エロ同人みたいにっ!」