1: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:27:59 ID:l00



丹生谷「ゆうた。今日は絵本読まないの?」

中二病でも恋がしたい!SS

ゆうにぶSS




2: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:28:42 ID:l00



深夜 丹生谷の部屋

勇太「~だったんだよ!笑えるだろ!」

丹生谷「あはは/// ははは///」

勇太「あ、もう11時になる」

丹生谷「もっと話しましょうよ~」

勇太「ダーメーだ」




3: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:29:37 ID:l00



丹生谷「……。今日はしないの?」

勇太「例の?」

丹生谷「うん、して……///」

勇太「絵本また読むのか///」

丹生谷「うん……///」

勇太「え~!」

丹生谷「いいじゃない!やって~!! ゆうたー/// ゆうたがいないと寝られないの///」

勇太「お前何歳だよ///」

丹生谷「うっさい/// とにかく絵本読まなきゃいやなの!きいいいいいい!」

勇太「あのなあ!……じゃあ、枕元で話すからな」

丹生谷「やった!ぶー!ぶー!」




4: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:30:12 ID:l00



勇太「これ読んだら眠れるかな?丹生谷プリンセス、できる?」

丹生谷「当たり前でしょ!私を誰だと思っているのよ!」

勇太「ははっ。じゃあ寝る準備しろ」なでなで

丹生谷「もうとっくにできてる///」

勇太「むかしむかしあるところに~」なでなで なでなで

丹生谷「うへへ/// うう///」

勇太「ここに出てくるプリンセスは丹生谷のことかな?世界で絶世の美女の愛おしい人」

丹生谷「うへへ/// うん/// うん///」




5: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:30:49 ID:l00



勇太「…… …… こうして仲良く結ばれたとさめでたしめでたし」

丹生谷「」Zzz

勇太「はあ。やっと寝たか。いい年して絵本かあ」

丹生谷「」Zzz

勇太「……(寝顔かわいい///)」

丹生谷「」

勇太「(愛してるよ///)」ぼそっ

丹生谷「……」

勇太「……」

丹生谷「……」

勇太「いくか」




丹生谷「寂しい……」



勇太「」

丹生谷「」

勇太「にぶたにー!!!」ベッドもぞもぞもぞ ギュ―

丹生谷「キャッ///」ギュ―――!




6: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:31:17 ID:l00



勇太「この柔らかくて温かい女性の匂い好き?」

丹生谷「うへ? うへへ? ゆうた///」

勇太「にぶたにー? にぶたにー?」ギュ―

丹生谷「もうゆうたー/// ……寂しかった」

勇太「あっ」

丹生谷「もうどこにも行ってほしくない……」ぐすっ……ひっぐ……ぐす……

勇太「ごめんな……」頭ギュ なでなでなで

丹生谷「怖かった……」




7: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:31:47 ID:l00



勇太「気づいてやれなくて。丹生谷プリンセス、怒ってる?」

丹生谷「」ガブッ

勇太「いたっ!」

丹生谷「むっ!」

勇太「なんだよ……」

丹生谷「……」

勇太「……」

丹生谷「」  チュ?

勇太「   」

丹生谷「……」

勇太「にぶたにー!やっぱり好きだー!」ギュ―

丹生谷「きゃはは/// あはは/// くすぐったいわよ///」ギュ―

勇太「……。もっと読んだ方がよかったか?」

丹生谷「もっとゆうたといたい///」

勇太「……そんな顔で言うなよ///」ギュ―――!

丹生谷「あはー/// いやん///」ギュ―




8: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:32:11 ID:l00



勇太「ずっと一緒にいような」小指ギュ

丹生谷「うん/// 私ね、ゆうたって言える今贅沢だと思ってる」

勇太「恥ずかしいな///」

丹生谷「違うわよ!全然恥ずかしくないよ/// ……永遠のハートよたぶん///」小指ギュ

勇太「はははっ中二病か/// だな/// 永遠に一緒///」

丹生谷「うん///」

勇太「……」

丹生谷「……」

勇太「」チュッ?

丹生谷「キャッ///」

勇太「ははっ///」

丹生谷「う、う、うう……/// 目、瞑って///」

勇太「……///」

丹生谷「…… ……」チュッ?

勇太「あはは、あはは///」ほっぺすりすり

丹生谷「あはははは///」ほっぺすりすり

勇太「んー/// ぷはぁ///」チュッ?

丹生谷「んー/// ぷはぁ///」チュッ?




9: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:32:38 ID:l00



勇太「んー/// ぷはぁ///」チュッ?

丹生谷「んー/// ぷはぁ///」チュッ?

勇太「舌入れるな///」

丹生谷「かわいかったんだもん/// 宿命///」

勇太「……。愛してる。……。大好き」

丹生谷「やだ/// ありがと……/// ゆうた  好き」

勇太「好き!好き!好き!」ダキー!さわさわさわ

丹生谷「あはは/// いやん/// エッチ? ああん///」

勇太「はぁ? はぁ? はぁ?……」




10: ◆q9oXfnsxK. 2018/09/23(日)01:33:12 ID:l00



パンパンパンパン

丹生谷「あん/// あん/// あん/// あん///」

勇太「あっ/// あっ/// あっ/// あっ///」

丹生谷「あん/// あん/// あん/// あん///」

勇太「あっ/// あっ/// いく/// いく/// いくっ///」

丹生谷「出るの/// 出ちゃうの/// ゆうた/// ゆうたっ/// ゆうたーーーーーーーー///」

勇太「にぶたにー/// あ/// あ/// あ/// すき!すき!すきだ!」プシャーーー!

丹生谷「ああああああ???? ああ? ああああ……? あ? はぁ……? はぁ……? はぁ……?」たらたらっ

勇太「はぁ……? はぁ……? はぁ……?」

丹生谷「はぁ……? はぁ……? 気持ちいい??? 出てる? いっぱい出てる? お腹に入った?」

勇太「よかった……?」

丹生谷「もう一回やろう、ゆうた?」

勇太「エロいぞ? 前までは清楚だったのに」

丹生谷「ゆうたなら……いいの? もっと植え付けてよ??? はやく~????」尻フリフリ

勇太「ええっ……」

丹生谷「ゆうた」

勇太「?」

丹生谷「ゆうた 好き? 嬉しい? ひひっ///」

勇太「にぶたに……」チュッ?



END



元スレ
丹生谷「ゆうた。今日は絵本読まないの?」