1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:06:40.93 ID:OTPRQ4Gz0

佐天「なになに、残したらギルティを与えることができる・・・」

佐天「ふむふむ・・・そもそも二郎ってなんだろう」

初春「佐天さん、システムスキャンどうでした?」

佐天「あ、初春、これ見てよ」

初春「ふむふむ・・・これは・・・」

佐天「いやまあ能力なんだけどさ、これってどう使えばいいんだろうね?」

初春「うーん、難しいですよね」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:14:23.39 ID:OTPRQ4Gz0

佐天「そもそもどこから二郎がでてくるんだろうね?」

初春「私は西葛西出身だから二郎がどんなものかはだいたいわかりますけど・・・一之江にありますし」

佐天「初春ためしてみる?」

初春「いえ、ちょっと遠慮したいですね、たくさん食べる人にお願いしないときついかもしれないですね」

佐天「うーん、そうかあ」


上条「不幸だ・・・ATMのカードが飲み込まれるなんて・・・・」

上条「通帳はうっかりシュレッダーに放り込んじまうし・・・・」

禁書「と・・・う・・・・ま・・・・」パクパク

上条「うぅ・・・・インデックスが・・・インデックスが噛む力すらなくなるなんて・・・」


初春「佐天さん・・・」

佐天「うん、あたしも同じこと考えた」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:20:09.23 ID:OTPRQ4Gz0

佐天「あのー」

上条「な、なんでそう」

佐天「お腹すいてますよね?」

禁書「ご・・は・・・ん・・」

初春「健全で空腹な高校生なら二郎(小)はいけるはずですよ」

上条「え、えっと?」

佐天「まあくわしい話は置いといて、そうですね、そこの公園にテーブルつきのベンチがありますからそこに移動しましょう」


公園

初春「佐天さん、いよいよやるんですね?」

佐天「うん・・・・えいっ!!」

ポンッ

上条「どんぶりがでてきた・・・」

禁書「ご・・・は・・・ん・・・」パクパク



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:23:53.89 ID:OTPRQ4Gz0

初春「おお!!」

佐天「えっと・・・ラーメンの大きさおしえてもらえますかー?」

上条「らーめんのおおきさ?」

禁書「ラーメン!!たくさんだよ!!とにかくたくさんなんだよ!!」

佐天「大か小かでおねがいします」

上条「落ち着けインデックス!!あの、大二つで!!」

初春「あっ、大はやめておいたほうが・・・」

禁書「大なんだよ!!」

佐天「はーい、大ふたつー」

ポンッ

上条「おお、丼の中に麺とスープが・・・って多くないか?」

初春「あちゃー」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:27:56.24 ID:OTPRQ4Gz0

上条「え?」

初春「私からのアドバイスですが、野菜は増やしたほうがいいと思いますよ?」

上条「え?」

佐天「お客さん、ラーメンにニンニク入れますか?」

上条「にんにく?」

初春「ニンニクを入れるか入れないか聞かれます、入れたほうがおいしいのでニンニクが苦手じゃなければ入れたほうがおいしいですよ」

上条「そうなのか」

初春「そしてこのタイミングで野菜の量と背油の量、味を濃くする醤油の量を増やすことができます」

禁書「全部だよ!!全部たくさんいれてほしいんだよ!!」

佐天「はーい、シスターさん全部ましましね!!」

初春「あちゃー」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:32:34.97 ID:OTPRQ4Gz0

上条「え?」

初春「あ、とりあえず野菜は増やしておいたほうがいいですよ?」

上条「あ、そうか、じゃあ俺は野菜とにんにくをお願いします」

佐天「はい、お隣さんやさいにんにくー」

ポンッ

上条「うわ・・・・」

禁書「もやししかないんだよ・・・ラーメンがきえちゃったんだよ・・・」グスッ

初春「そのもやしの下に麺とスープはちゃんとありますよ?」

上条「ってことは麺とスープが消えたわけじゃなく・・・」

初春「ええ、その下にきちんとあります」

禁書「もやしの山にしか見えないんだよ・・・」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:37:59.40 ID:OTPRQ4Gz0

初春「とりあえず注意点としては、先に野菜を全部食べちゃだめですよ?」

禁書「さっさと食べて私は麺を食べるんだよ!!」ガツガツ

上条「ってインデックスさん、油の塊と醤油をかけたもやしだけをそんなに勢いよく食べるなんて・・・」

初春「あちゃー」

上条「えっ?」

初春「あ、とりあえず野菜が崩れて下に落ちないようにもやしの下の麺を引っ張り出してください」

上条「よっと・・・こうか?」

初春「はい、そうです。そして引っ張り出した麺を野菜の上にのっけてください」

上条「そーっと、ふう」

初春「それをあと三回繰り返してください」

上条「ゆっくりゆっくり・・・・・これでいいか?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:46:51.95 ID:OTPRQ4Gz0

初春「はい、それじゃあまず麺を食べてみてください」

上条「お、おう」チュルッ

もぐもぐ ごっくん

上条「おお、うまいな・・・・でもちょっと味が濃いかも」

初春「そうです、二郎は野菜(主にもやし)を増やすことができますがそもそも何のために野菜がたくさんあると思います?」

上条「うーん、ボリュームたっぷり感を出すためか?」

初春「違いますよ、とりあえず野菜を一口食べてみてください」

上条「おお、しゃきしゃきとしたもやしが」モグモグ

初春「そしてもう一度麺を食べてみてください」

上条「んっ」チュルッ

もぐもぐ ごっくん



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:56:40.21 ID:OTPRQ4Gz0

上条「おお!もやしで口の中がさっぱりしてまた麺をおいしく食べられるぞ!!」

初春「そういうことです」

上条「なるほど、味が濃い麺をおいしく食べるために口の中をさっぱりさせる野菜がたくさん必要ってことなんだな」

初春「ええ、それにこの豚を見てください」

上条「豚?」

初春「肉があるじゃないですか」

上条「えっ?これってチャーシューなのか?」

初春「まあほかの店でいうところのチャーシューですね、一口かじってみてください」

上条「うわっ・・・暑さ2cmくらいの肉・・・やわらかいけど・・・醤油の味が・・・」

初春「特製の醤油に漬け込んだ豚は普通のラーメンのチャーシューとは全くの別物ですからね」

上条「こりゃ食べ応えがあるな・・・」

初春「これも基本味が濃いものですからね、豚を増やすこともできますけどわざわざ増やすものではないと思いますね」



※池袋で大豚を頼んだ時、豚の暑さが1mmくらいのが出てきて依頼池袋には行かなくなったのはここだけの話

わざわざ100円多く払ったのにお前らは客を馬鹿にしてるのかと思いました



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:02:50.31 ID:OTPRQ4Gz0

上条「でもこれは・・・」モグモグ

初春「もちろん味覚は人それぞれですから苦手な人もいると思いますけど・・・どうですか?」

上条「うん、うまいよ」モグモグ

初春「よかったです」

初春(完食するまで席を立つことを許さない能力ですからね・・・・)

上条「ニンニクがまたいいよな」

初春「ええ、食べた後はニンニクのにおいが気になりますから要注意ですけどね」

上条「なるほどなあ」モグモグ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:04:34.69 ID:OTPRQ4Gz0

禁書「うぅ・・・・つらいんだよ・・・・」

上条「インデックス?」

初春「あちゃー、やっちゃいましたか・・・」

上条「どういうことだ?」

初春「彼女のドンブリを見てください」

上条「これは・・・野菜が無い!!」

初春「ええ、彼女は野菜を最初に全部食べてしまったようですね」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:12:52.89 ID:OTPRQ4Gz0

上条「そうか、この味の濃いラーメンをおいしく食べるためには野菜が必要不可欠!!」

初春「ええ、そのために彼女はこれから味の濃いしょっぱい麺だけを食べつづけなければなりません」

上条「!!! それだけじゃねえ!!!」

初春「ええ、彼女は豚を丸ごと残しています・・・・」

上条「なんてこった・・・・」

禁書「うぅ・・・・もう食べたくないんだよ・・・」グスッ

佐天「あ?」

上条「あれ?あの女の子あんな顔だったっけ?」

初春「ギルティ・・・とまではいきませんが注意が入るようですね」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:18:53.38 ID:OTPRQ4Gz0

佐天「おじょうちゃん、うちは遊びでやってるんじゃねーんだよ、ノリとかチャレンジで大盛り頼んだのかい?」

禁書「ち、ちがうんだよ・・・おなかがすいてたからたくさんたべたかったんだよ・・・」

佐天「じゃあちゃんと食べないといけないよな?」

禁書「たべるんだよ、たべるからそんな目でみないでほしいんだよ・・・」

上条「インデックス・・・・なんとかインデックスを救える方法はないのか!?」

初春「あるにはありますが・・・どのみちシスターさんは地獄を見ることになるでしょうね・・」

上条「はっ!!待てよ!!」

初春「何か方法があるんですか?」

上条「ああ!!」

※胃の容量だけを考えればうどん三玉(600g)食べられれば二郎の大はいけるかもしれませんが味が濃いのでなんともいえません

あくまで目安だと思ってください



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:26:06.03 ID:OTPRQ4Gz0

上条「この二郎が能力でできたものだっていうのなら、俺の幻想殺しで!!」

上条「どんぶりを触れば!!」タッチ

初春「?」

上条「あれ?あれれ?」

初春「えーっと?」

上条「あ、俺の右手は異能の力を打ち消すことができるんだけどさ・・・」

上条「何でだ?ラーメンもどんぶりもそのままだ・・・」

初春「ラーメン二郎は幻想なんかじゃありませんから・・・」

上条「え?」

初春「おそらくですが、行列を作るみなさんの情熱が佐天さんの出した二郎をゆるぎない現実のものにしているのではないでしょうか」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:30:18.95 ID:OTPRQ4Gz0

上条「ってことはつまり・・・」

初春「全部食べなきゃいけません、あ、スープは残してもかいませんけど」

上条「なんてこった・・・・」

初春(まあ化学調味料に背油たっぷりのスープと醤油、全部飲んだらとんでもないことになりますからね・・・)

初春「そもそもお二人は何も食べていなかったんですよね?」

上条「ああ、一昨日から水だけだ・・・・」

初春「これはますますまずいですね・・・」

上条「どういうことなんだ?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:34:54.98 ID:OTPRQ4Gz0

初春「たとえば昼に大食いに挑戦するとしたら、朝ごはん食べますか?」

上条「いや、食べないだろうな」

初春「それは一番やりやすい間違いなんですよ」

上条「どういうことだ?」

初春「胃というのは内臓の中で大きく伸び縮みするところなんですよ。食べ物を入れればそれだけ拡がりますし」

初春「逆に食べ物を入れないと縮んでしまうんです」

上条「ってことは」

初春「ええ、お二人の胃は縮んでいる状態でしたから、そこに食べ物を入れたところですぐに拡がるわけじゃありません」

上条「じゃ、じゃあ・・・」

初春「ええ、おそらくですがいつもの半分も食べられないでしょうね」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:39:42.21 ID:OTPRQ4Gz0

上条「そうか・・・」チラッ

禁書「しょっぱいんだよ・・・」チュルチュル

初春「あのシスターさんが普段どれだけ食べるのかわかりませんが縮んでる胃に加えて味の濃い二郎・・・」

上条「・・・・・」

初春「これを教訓と思ってもらうしかありませんか・・・・」

上条「俺はインデックスを見捨てなきゃならないのか・・・?」

初春「いいえ、これから救うんですよ、ですが彼女にはどのみち地獄を見てもらうことになります」

上条「ごくっ・・・・」

初春「すみません!麺半分お願いします!」

佐天「はいよ!」

ポンッ!



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:45:16.17 ID:OTPRQ4Gz0

佐天「ラーメンにニンニク入れますか?」

初春「野菜マシマシで!!」

佐天「あいよっ!」

ポンッ

上条「すげえ、野菜が・・・」

初春「すみません!黒烏龍茶みっつください」

佐天「はーい、烏龍茶!」

ポンッ

上条「これは?」

初春「一口飲んでみてください」

上条「ん」ゴクッ

上条「口の中がさっぱりするぞ!!」

初春「ええ、それをシスターさんにも教えてあげてください」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:50:25.81 ID:OTPRQ4Gz0

上条「インデックス、これを一口飲むんだ!」

禁書「ぐすっ・・・・うん・・・」ゴキュ

禁書「!!さっぱりするんだよ!!」ゴキュゴキュ

上条「あっ、全部飲むなよ!!」

禁書「え?あっ・・・」

初春「まあここは予想通りです」

初春「一秒だけ佐天さんの気をそらしてください・・・」ボソボソ

上条「えっ?」

初春「おねがいします・・・・これしかシスターさんを救う手段がないんです・・・」ボソボソ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:56:11.85 ID:OTPRQ4Gz0

上条「お、おう・・・・」

上条(考えろ・・・考えるんだ・・・)

上条(怒らせないように・・・そうだ!!)

上条「あの、麺をもっと増やすことってできますか!?もっと食べたくなっちゃって」

佐天「え?いやそれはちょっとねー、そう言ってもらえるのはうれしいんだけどねー」ハハハ

初春(いまだ!!!)

初春(なんとかにぶんのいちを読んで覚えた奥義!!)

 グルメ・デ・フォアグラ・改!!

禁書「私のどんぶりにやさいが・・・・・・」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:01:25.91 ID:QW7QzhNZ0

上条「えっ?」

初春「一瞬で私のどんぶりから余分に頼んだ野菜をシスターさんのどんぶりにうつしました。それに加えて私の黒烏龍茶もシスターさんに・・・」

上条「そ、それじゃあ君が・・・」

初春「私は一之江の二郎に何度か行ったことがあります、麺半分ならなんとかなりますからあなたはシスターさんにポイントを説明しつつ自分の二郎を平らげることを考えてください」

上条「あ、ああ・・・」

初春「さて、久しぶりの二郎です、心してかかりませんと・・・」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:05:47.50 ID:QW7QzhNZ0

上条「インデックス、ごにょごにょ」

禁書「そ、そういうことだったんだね、私もこのラーメンをおいしく食べるんだよ」

上条「ああ、それじゃあ行くぞ!」

禁書「うん!!」

上条「麺を食べたら!」モグ

禁書「野菜!」モグ

上条「豚を一口!」ガプッ

禁書「麺と野菜!」ガプッ

上条「きつくなったら!」モグモグ

禁書「黒烏龍茶!」モグモグ

上条「もちろん一口! んっ」ゴク

禁書「んっ」ゴク

上条「そしてひたすら!」

禁書「繰り返すんだよ!!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:10:53.85 ID:QW7QzhNZ0

上条「げぷっ ごちそうさまでした・・・」

禁書「うぷっ おなかいっぱいなんだよ・・・」

佐天「へいまいどー、ありがとうございまーす!!」

初春「ごちそうさまでーす」トン

佐天「ありがとー」



佐天「はっ!」

初春「これは恐ろしい能力でしたね・・・ふう」

佐天「うん、なんかこの能力使うとあたしガンコなラーメン屋の店主になっちゃうみたい」

初春「まあガンコとひとくくりにするのもどうかってことなんですけどね」

佐天「どういうこと?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:15:10.92 ID:QW7QzhNZ0

初春「うーんと、たとえばどれだけ食べられるかためしてみるとするじゃないですか?」

佐天「うん」

初春「極端な例ですがフライドチキンを10個食べるのと日本料理のフルコースを食べるのとどっちがつらいと思います?」

佐天「それって量は同じなの?」

初春「そうですよ」

佐天「うーん、それだとフライドチキンかな」

初春「どうしてそう思いました?」

佐天「うーん、油がきつそうかなって・・・」

初春「そのとおりです、日本料理のフルコースなら前後の食事のバランスやお酒を飲むか飲まないかで塩の加減とかを調整するんですけど」

初春「どんなに食べられる人でも同じ料理をただ食べ続けるっていうのはひとつの苦行でしかなんですよ」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:19:40.95 ID:QW7QzhNZ0

佐天「あ、そういうことか」

初春「極端な例として挙げたフライドチキンですが、慣れてない人がやったら確実に吐きます」

佐天「たしかにねー、三個が限度かも・・・・」

初春「食べ物はおいしく食べるのが一番ですからね」

佐天「うん、たしかにそうだね」

初春「なのでこの能力は使うところを考えないといけませんね」

上条「げぷうぅ・・・」

禁書「うぷぅ・・・・・」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:24:04.35 ID:QW7QzhNZ0

初春「そして・・・はじめて二郎を食べたものに襲い掛かるもうひとつの地獄・・・・」

上条「うっ!」ゴロゴロ

禁書「うっ!」ゴロゴロ

上条「ト、トイレ!!」

禁書「私も!!」

佐天「えっ、何が起こったの!?」

初春「大量の油、ニンニク・・・慣れない人や胃の弱い人はお腹を下します・・・・」

佐天「なにそれこわい」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:35:57.62 ID:QW7QzhNZ0

上条「う~~トイレトイレ」

今トイレを求めて全力疾走している僕は予備校に通うごく一般的な男の子強いて違うところをあげるとすれば

二郎を完食したってとこかナー名前は上条当麻

ふと見るとベンチに一人の若い男が座っていた



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:49:41.47 ID:QW7QzhNZ0

数日後

御坂「えっと、このあたりよね、佐天さんがラーメン屋はじめたの」

黒子「ええ、初春は絶対に来ないでくださいって言ってましたけど・・・」

御坂「学園都市でも有名になるくらいの行列のできる店なら食べにいかなきゃ損よね」

黒子「もちろんですわ」

御坂「じゃあさっそく行ってみましょう!」



※ここから御坂と黒子が涙流して二郎に挑みます(たぶん)苦手な人はなんたらかんたら



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 00:58:43.99 ID:QW7QzhNZ0

ラーメン二郎学園都市店

休憩中

佐天「ふぅ・・・・」

初春「お疲れ様です佐天さん」

佐天「ありがとー、初春ー」

初春「能力の鍛錬ってことで学校が休みの時だけ特別に10:30~14:00と17:00~19:30までやらせてもらってますけど・・・」

佐天「うん、けっこう疲れるよね」

初春「本当なら週に一回でもいいんですよ?」

佐天「うん、でもさ、喜んでくれるお客さんの顔みると・・・もっとやりたいくらいなんだよね」

初春「そんなこと言ってると本当に倒れちゃいますよ?無理すればそれだけみんなが悲しい思いをすることになるんですから」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:10:16.42 ID:QW7QzhNZ0

佐天「そうだよねー、ラーメン出すだけなんだけど結構つかれるんだよね」

初春「まだ使えるようになって日も浅いんですからこれからですよ」

佐天「うん、地道にがんばるよ」

初春「そうですよ、佐天さん」

御坂「佐天さーん!」

黒子「今よろしいですか?」

佐天「御坂さんに白井さん!」

初春「え?どうしたんですか?」

御坂「黒子と話したんだけどさ、佐天さんのラーメン食べてみようってことになったのよ」

黒子「ですわ」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:17:05.18 ID:QW7QzhNZ0

佐天「いや、御坂さんと白井んさんならいつでも大歓迎なんですけど・・・」

御坂「何かまずいことでもあるの?」

初春「衛生とかの意味では問題ないんですけど、色々おすすめしにくいところがあるんですよ」

黒子「あら、そうでしたの?」

佐天「えーっと、とりあえず能力使うと変なスイッチが入っちゃうんで、初春の言うことちゃんと聞いてくださいね?」

御坂「うん、わかったわ」

黒子「そういわれるとちょっと構えてしまいそうですわね」

初春「きちんと構えた方が身のためですよ?」

御坂「えっ?」

黒子「えっ?」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:21:48.13 ID:QW7QzhNZ0

初春「とりあえず、お二人とも麺半分って注文してくださいね?」

御坂「それだと少なくないの?」

黒子「私もお姉さまもお昼はまだですのよ?」

初春「麺半分で普通のラーメンと同じくらいなんですよ」

御坂「あ、そうなんだ」

黒子「あ、確かに量が多いと評判でしたわね」

初春「それに加えて麺が太くて野菜が多め、味も濃いんですよ」

御坂「それってどういうことなの?」

黒子「ちんぷんかんぷんですわ」

初春「噛む回数が増えると顎がつかれて倦怠感が出てくるんですよ、それが食欲を減退させるんです」

御坂「あ、なるほど」

黒子「つまりそれほど入っていかないということですわね」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:27:52.29 ID:QW7QzhNZ0

初春「暖かいものを食べると・・・その・・・・」

御坂「あー、ティッシュが欠かせないわね」

黒子「みっともないのですが鼻をぬぐわないともっとひどいことになりますし・・・」

初春「そうなんですよ、今は休憩中でお二人には割りとゆっくりとラーメンを味わってもらえますけど・・・」

佐天「営業時間だとそうはいかないんですよね・・・」

御坂「並んで待ってる人がたくさんいると確かにのんびり食べてるわけにもいかないもんね」

黒子「周囲の視線にさらされながらプレッシャーを感じつつ食べるのはちょと・・・」

初春「なのでいろんな要素を含めて絶対に来ないでくださいってお話をしたんですよ」

御坂「そういうことだったのね」

黒子「納得しましたわ」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:35:16.69 ID:QW7QzhNZ0

佐天「えっと、本当にいいんですか?」

御坂「もちろんよ」

黒子「食べなければどういうものかわかりませんわ」

初春「それじゃあ、できる限りのサポートをさせていただきますね」

佐天「それじゃあ!えいっ」

ポンッ

御坂「どんぶりが・・・」

黒子「まあ・・・」

初春「そうです!麺半分油少な目で注文してください」

御坂「え?」

黒子「お姉さま、言われたとおりにしましょう」

佐天「ラーメンの大きさ教えてください」

御坂「麺半分油少な目で」

黒子「私もですわ」

佐天「あいよ」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:40:33.27 ID:QW7QzhNZ0

ポンッ

御坂「麺とスープが」

黒子「太い麺ですわね」

初春「ニンニクを入れるか聞かれますからニンニク抜きって言ってください」

御坂「うん、わかったわ」

黒子「ニンニクは刺激が強すぎますわ」

佐天「お客さん、ニンニク入れますか?」

御坂「ニンニク抜きで」

佐天「お隣は?」

黒子「私もニンニク抜きで」

佐天「あいよ!」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:45:17.55 ID:QW7QzhNZ0

※ ここから先は先ほどの上条さんとインデックスさんのやり取りどおりです

御坂「ふう、ふう」チュルチュル

黒子「もむもむ」

初春「黒烏龍茶も少しずつ飲んだほうがいいですよ?」

御坂「うん」コクッ

黒子「ごくん、んっ」コクッ

御坂「これは結構つらいわね」

黒子「ええ、味とペースに慣れないとスムーズに食べるのは難しいですわね」




117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:50:07.01 ID:QW7QzhNZ0

御坂「んっ」コクコク

黒子「んっ」コクコク

御坂「ぷはっ、ごちそうさまぁ・・・」

黒子「ふぅ・・・おなかいっぱいですわ」

初春「ほっ、完食できましたか」

佐天「どうもありがとうございまーす!!」


佐天「お疲れ様です、お二人ともどうでしたか?」

御坂「想像以上だったわね ふう」

黒子「ええ、もしも通常営業のお店の中で食べてたら食べられなかったと思いますわ」

初春「気分だけでも味わってみます?」

御坂「そんなことができるの?」

佐天「ええ、二郎の雰囲気をつくりだすことができるようになったんですよ」

初春「ひとつの催眠みたいなものですけどね」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:54:16.08 ID:QW7QzhNZ0

御坂「それじゃあ、お願いしちゃおうかしら」

黒子「ええ、どれだけ悲惨なことになっていたか知るのもまたひとつの勉強ですわ」

佐天「それじゃあいきますよ?」

初春「覚悟してくださいね?」

佐天「えいっ!」



佐天「ラーメンの大きさは?」

御坂「大で」

黒子「大で」

佐天「量多いですよ?食べられますか?」

御坂「もちろんよ!」

黒子「余裕ですわ!」

客「「・・・・・・」」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 01:56:52.53 ID:QW7QzhNZ0

佐天「ラーメンにニンニク入れますか?」

御坂「は?何それ?」

黒子「普通でお願いしますわ」

佐天「入れるか入れないかなんですよ」

御坂「は?」

黒子「ですから普通で」

佐天「・・・・普通は入ってないんですよねー」

御坂「あ、じゃあ入れて」

黒子「私も」

佐天「・・・・・はい」

ざわ・・・・・ざわ・・・・・

御坂「ん?何?」

黒子「何やら周囲の席と外で並んでる方々からの視線を感じますわ・・・」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:00:25.57 ID:QW7QzhNZ0

佐天「お待たせしました」

御坂「うげっ!何これ!!」

黒子「これはありませんわ・・・・」

チッ・・・・ イラッ!!

御坂「え?何この雰囲気・・・・」

黒子「何か殺伐としてますわね・・・・」

佐天「・・・・・」

御坂「とりあえず食べましょ」

黒子「ええ」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:03:39.33 ID:QW7QzhNZ0

御坂「もやしだけっておいしくないわね・・・」

黒子「ええ・・・これ何の苦行ですの・・・・」

佐天「・・・・・」

御坂「うわ、麺しょっぱぁ・・・・」

黒子「これを延々と食べ続けますの・・・うぇ・・・」

ピキビキ  おい、2ロット過ぎてもまだ食べてるぞ・・・

御坂「く、くろこ・・・・」ボソッ

黒子「ええ・・・・」

御坂「なんか突き刺すような視線がずっと・・・・・」ゾクゾク

黒子「どういうことなのでしょうか・・・私たちは何かしてしまったのでしょうか・・・」ゾクゾク



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:07:58.71 ID:QW7QzhNZ0

佐天「あの・・・待ってるお客さんもいるんで・・・」

御坂「あ、はい」

黒子「急ぎますわ」

ギルティ・・・・  ギルティ・・・・

御坂「うぅ・・・・」グスッ

黒子「お姉さま・・・しっかりなさってくださいまし・・・」グスッ

御坂「くろこぉ・・・・つらいよぉ・・・・」グスッ

黒子「黒子も・・・・限界ですわ・・・・」

佐天「・・・・・・」

御坂「黒子・・・あたしもう無理・・・・」ヒソヒソ

黒子「私もですわ・・・・」ヒソヒソ

御坂「どうしようこれ・・・・・」ウプッ

黒子「・・・・・そうですわ!」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:10:58.98 ID:QW7QzhNZ0

御坂「何かいい考えがあるの?」

黒子「ええ、私のテレポートで・・・どんぶりの中身を飛ばしますの・・・」

御坂「でも・・・・」

黒子「ですがこのままでは・・・」

御坂「うぅ・・・・」チラッ

佐天「・・・・・・・」

ギルティ・・・・   ギルティ・・・・・

御坂「仕方ないわね・・・」

黒子「ええ!では!!!」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:14:31.35 ID:QW7QzhNZ0

黒子「はっ!!」

ヒュン!!

御坂「やった!!」

黒子「見事にどんぶりの中はからっぽですわ」

御坂「それじゃあ早く行きましょ!」

黒子「はい!!」

がっ!!! だめっ!!!

御坂「!?椅子から離れられない!?」

黒子「ど、どうしてですの?」

佐天「ふぅ・・・・・お嬢さん方ねぇ・・・・」イライラ

御坂「え?」

佐天「食べられないなら最初から無茶な注文しないでくださいよ、こっちは一生懸命作ってるんですよ?」

黒子「あ、いえ、わたくしたちはちゃんと食べましたのよ?このとおり」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:18:57.22 ID:QW7QzhNZ0

佐天「どんぶりが空っぽだからって全部食べたとは限りませんよね?」

御坂「え?え?」

黒子「どういうことですの?」

佐天「簡単な話ですよ、食べ終わるかもし残すなら私が認めなきゃその席を立つことはできないんですよ」

御坂「そ、そんな・・・・」

佐天「私は私が作った二郎がどうなったかすべて把握することができます、あなたたちはあろうことか私の二郎を二人仲良くドブに捨てましたね?」

黒子「あ、あわわわ・・・・・」

ギルティ!!! ギルティ!!! ギルティ!!! ギルティ!!!

御坂「あ、あううぅ・・・・・」

黒子「うぅぅ・・・・・・」

佐天「受けてもらいますよ・・・・ギルティを・・・・・」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:20:26.19 ID:QW7QzhNZ0

御坂「あの、その・・・・うぷっ」

黒子「うぅ・・・・うぷっ」


toaru-000785-135
 





137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:25:07.93 ID:QW7QzhNZ0

※AAが勝手にやりました、御坂さんと黒子さんは何もしてません、本当です


佐天「てめええええ!!!人が下手にでてりゃああああ!!!1」

客「お前らなんてことしてくれんだよ!!!」

御坂「うぇっご、ごめんなさい!!」

黒子「も、もうしわけございません!!!うぇっ」

佐天「うぇっ じゃねえだろうがふざけんじゃねえよまったくよおおお!!!!」

御坂「うぇっ、う、うあああああああああん!!」ポロポロ

黒子「ごめんなさいですのおおおおおお!!!」ポロポロ

佐天「営業できねえだろうがああ!!待ってる人たちになんて説明すんだよおい!!!」

御坂「ひぐっぐすっ・・・・」ポロポロ

黒子「ごめ・・・・ひぐっ・・・・です・・・の」ポロポロ




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:29:39.83 ID:QW7QzhNZ0

佐天「・・・って感じですけど・・・」

御坂「・・・・・」

黒子「・・・・・」

初春「聞くまでもありませんでしたね・・・・」

御坂「うん、もし食べたくなったら個人的にお願いするわ・・・」

黒子「もちろん先ほどと同じ量でですわ・・・」

佐天「ええ、そうしてください」

初春「食事は楽しくおいしく、ですよ」

御坂「そうね」

黒子「チャレンジするものではありませんわね・・・」

佐天「えっと、じゃあ何か雰囲気悪くなっちゃいましたし、軽く甘いものでも食べませんか?」

御坂「いいわね、行きましょう」

黒子「ええ、気分を変えませんと」

初春「ですね! みなさんも気をつけてくださいね!!」

おわり



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:39:59.83 ID:QW7QzhNZ0

初春「ここで注意点です」

上条「ラーメン二郎は店ごとに味とかいろんなものが違います」

禁書「表現は悪いんだけどまずいところはとことんまずいんだよ!」

御坂「タイミングにもよるのかもしれないけどね・・・」

黒子「同じ店でも豚がパサパサで食べられたものじゃないと思って次の週にいけば豚がトロトロだったりとか」

佐天「味の濃い店野菜を増やすと水っぽくなる店、麺が縮れてる店、(二郎にしては)麺が細い店、ごわごわしてる店等」

初春「正直二郎と一口にいっても店によって全く異なる味なので」

上条「あなたの味覚に合った二郎に出会えるといいですね」

禁書「正直それしか言えないんだよ!」

御坂「ただカロリーははんぱないからきちんと考えて食べること」

黒子「食生活は健康の基本ですわ」

佐天「実際にお店でギルティとかなんとかってのは無いです、ただたくさん並んでる人がいるなら少しは配慮してあげてくださいね」

初春「もちろん食べられる量を注文しましょうね、誰だって自分が作ったものを残されると嫌じゃないですか」

上条「タイミングにもよるけど並んでる人がいなくて席がいくらか空いてればゆっくり食べてもいいからな」

佐天「あなたにぴったりの二郎に出会えるといいですね それじゃあ!!」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 02:44:49.76 ID:QW7QzhNZ0

それではここからはレベル56人によるロットバトルをお楽しみください


※脳内で



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 03:16:32.48 ID:GhZdNxxY0

七位は根性で食べきり 五位はリモコン忘れて死亡
四位は器を真っ二つに 三位は死ぬ
二位と一位は能力でどうにでもなる 
こんなもんだろ


元スレ
佐天「あたしの二郎を完食するまで席を立つことを許さない能力かあ」