1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 18:44:21.98 ID:wLSeA84W0

旅掛「やめろ!やめてくれえええ!!!」

上条「そんなこといってここをなでられてビンビンにしてるのは誰ですか?」

旅掛「娘の前でなんてできるわけが!!!」ビンビン

上条「口ではそんなこと言ってますけどここはこんなに期待してるんですよ?」シュッシュッ

旅掛「あおっ!・・・くぅ・・・」

御坂「うそ・・・・こんなこと・・・」

上条「今から俺がこれを口で鎮めてやる、よく見ているんだな」

旅掛「娘の前でなんてやめてくれぇ・・・・」

上条「こんなになっちまってるのを見てやめられるわけないだろ?」

御坂「パパ・・・・」ドキドキ

旅掛「美琴・・・・見ないでくれぇ・・・・」ギンギン

上条「娘に見られて興奮してるんじゃないか?」

旅掛「くっ、頼む・・・やめてくれ・・・・」

上条「ならさっさと出すんだな」シュッシュッ

御坂「パパのが・・・こいつに擦られて・・・・」ドキドキ
反省はしていない



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:07:11.13 ID:wLSeA84W0

マジでやるんですか?


旅掛「やめてくれ当麻君、こんな・・・こんな・・・」

上条「いつもより感度がいいじゃねーか、どうしてこんなに感じてるんだ?」シュッシュッ

旅掛「感じてなど・・・感じてなど・・・・おふぅ・・・」

御坂「パパのが・・・・すごく大きくなってる・・・」ドキドキ

旅掛「美琴・・・ちがう・・・これは・・・・」ハァハァ

上条「はいはいわかりましたよ んむ」チュポッ

旅掛「おうっ!!ビクン

御坂「パパ・・・すごく気持ちよさそう・・・・」

上条「じゅぽじゅぽ」

旅掛「おっふうううう・・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:14:56.81 ID:wLSeA84W0

御坂「何でこんなことに・・・・・」

上条「じゅるっ じゅぽじゅぽ」

旅掛「いつもより・・・・はげしぃ・・・・」ハァハァ

御坂「いつ・・・も・・・?」

旅掛「うぅっ、ちがうんだ・・・・違うんだ美琴・・・」

上条「ふっ」ニヤリ

上条「じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ!!!」

旅掛「やめろおおお!!!はげしすぎるううう!!!」ガクガク

上条「やめていいんですか?」

旅掛「うっ・・・・」チラッ

御坂「パパ・・・・」ドキドキ



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:22:02.34 ID:wLSeA84W0

上条「どうします?やめてほしいならやめますけど?」

旅掛「あ・・・うぅ・・・」チラッ

御坂「・・・・・」

上条「娘の前でそんなにビンビンにさせてあんなにだらしない顔をしながら気持ちよさそうにしていたのに」

上条「今更やめられると思っているんですか?」

旅掛「くっ・・・・」

上条「それに、ここまで見せれば俺たちの関係はもうばれてますよ?今更どう取り繕えるっていうんですか?」

旅掛「み・・・こと・・・・」チラッ

御坂「・・・・・・」フルフル

上条「ほら、娘はもうアンタを受け入れられないみたいだぞ?」

旅掛「そんな・・・・・そんな・・・・」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:28:55.31 ID:wLSeA84W0

上条「ほら、ここも・・・」グチュグチュ

旅掛「やめろぉ・・・・おあぁ・・」

上条「見てみろよ御坂、旅掛さんのここ、指が2本すんなりと入っちまうんだぜ?」

御坂「・・・・・」フルフル

旅掛「やめてくれぇ・・・そんなに・・・・」ハァハァ

上条「まずは娘の目の前でたっぷりと出しな、それからでもいいだろ?」グチュグチュ

旅掛「見るなぁ・・・・見るな美琴ぉ・・・・・」ハァハァ

上条「ならここでやめてあげましょうか?今更ですけどね」グチュグチュ

旅掛「くっ・・・・み、美琴・・・・・」ハァハァ

御坂「あたしの名前呼ばないで・・・・」

旅掛「!!!」

上条「だってさ・・・どうする?」グチュグチュ

旅掛「うそだ・・・うそだぁ・・・・」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:42:28.61 ID:wLSeA84W0

上条「どうします?今ならやめてあげますけど」グチュグチュ

旅掛「ふっ・・・・んおぉ・・・・や、やめないでくれ・・・・」ハァハァ

上条「いいんですか?娘の目の前で男に射精させられるんですよ?」グチュグチュ

旅掛「うぅ・・・」チラッ

御坂「・・・・」プイッ

旅掛「・・・・・うっ・・・」ビクン

上条「今更戻るわけにもいかねーよな?」グチュグチュ

旅掛「・・・・せてくれ・・・」

上条「ん?」グチュグチュ

旅掛「イカせてくれ・・・」

上条「いいぜ」シュッシュッ

旅掛「おっ!!!」ビクン

御坂「・・・・・・・」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:50:47.42 ID:wLSeA84W0

上条「オラッ!!娘の見てる目の前で盛大に射精しちまいな!!!」シュッシュッ

旅掛「出る!!!一週間溜め込んだ精液が出るううううう!!!!」

ドピュドピュドピュ!!!!!

旅掛「はぁ・・・・はぁ・・・・」

御坂「・・・・・ぅ・・・」グスッ

旅掛「みこと・・・・」上条「おい」グイッ

旅掛「な・・んっ」上条「んっ」

ちゅっ

旅掛「はぁ・・・んっ」

上条「ちゅっ・・・もっと舌絡ませろ・・・やらねーぞ?」

旅掛「くっ・・・」チラッ

御坂「もうやぁ・・・・」ポロポロ

上条「おら、こっちに集中しろよ!」

旅掛「あ・・・」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 19:56:50.43 ID:wLSeA84W0

御坂(どうしてこんなことになってるのよ・・・・)

御坂(あいつに誘われてついてきたら・・・・)

御坂(まさかパパがいるなんて・・・)

御坂(パパの前で・・・・いろいろと考えてたらよりによって・・・・)

御坂(あいつがパパのズボンを脱がして・・・・)

御坂(てっきり・・・パパの前であたしに・・・・)

御坂(なんで・・・・なんでこんなことになるのよぉ・・・・・)ポロポロ

御坂(パパ・・・・なんで・・・・・なんでよぉ・・・)チラッ

上条「ふふっ、積極的じゃねーか」レロチュー

旅掛「んっ!!ちゅっ!! はぁ・・れろっ!!!レロチュー

御坂(ママにだってあんなにしたことないくせに!!!)





21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:05:15.82 ID:wLSeA84W0

上条「さあて、そろそろ本番といこうか」

旅掛「そんな・・・・それだけは・・・・」

上条「「こんなにしといて説得力無いぜ?」グチュグチュ

旅掛「うっ!」ビクン

上条「それにこのままじゃ納まりがつかねえからな」ギンギン

旅掛「なんて・・・・おおきいんだ・・・」

上条「この展開で興奮しているのは俺も同じだからな」

旅掛「ごくっ・・・・」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:13:58.47 ID:wLSeA84W0

上条「ほら、俺のも気持ちよくしてくれねえか?」ギンギン

旅掛「はぁはぁ・・・れろっ」

上条「ふうぅ・・・そうだ、いつもどおりたっぷりと俺のを濡らしてくれ」

旅掛「ああ、れろれろ ちゅっ」

上条「いいぞ、その調子だ・・・」チラッ

御坂「っ・・・ぐすっ・・・・」ポロポロ

上条「・・・・そのくらいでいいだろう・・・こっちにケツを向けるんだ」

旅掛「当麻君・・・」

上条「いい子だ・・・そらっ・・・」

ズプッ

旅掛「うっ・・・・当麻君のあたたかいのが・・・・おほぉぉ・・・・」ウットリ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:19:46.12 ID:wLSeA84W0

上条「すんなり入っちまったな?」

旅掛「おぉ・・・・うぉぉ・・・・」

上条「おい聞いてんのか?」パンパン

旅掛「おっほおおおお!!!!」

上条「しょうがねえな旅掛さんは、目の前で娘が泣きながらこっち見てるってのによ?」パンパン

旅掛「!?」

御坂「やだ・・・・やだぁ・・・・」カタカタ

上条「おいおい娘の存在忘れてたのか?笑っちまうじゃねーかあああ!!!」パンパン

旅掛「み、みごどおぉぉぉ・・・・」

御坂「名前・・・・呼ばないでよぉ・・・・・」ポロポロ

旅掛「ぅうっ!! ・・・そんな・・・」

上条「どうすんだ?もうあんたにゃ何も残されちゃいねーぜ?!」パンパン

旅掛「おふっ!!ふぉっ!!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:25:46.68 ID:wLSeA84W0

上条「オラッ!!娘に見せ付けるようにイッちまいな!!!」パンパン

旅掛「だめだぁ・・・・この子の前で・・・・そんなぁ・・・」

上条「今更何か取り繕えるとでも思ってんのか?あんたは娘に男同士の愛を無修正で見せ付けちまってるんだよ!!」パンパン

旅掛「くっ・・・うそだぁ・・・・うそ・・・だ・・・おふぅ・・・」

上条「さっき娘の前で俺の手で射精したの忘れたのか?」パンパン

旅掛「!!!ち、ちがう・・・・あれは・・・」

上条「何だっていうんだ?言いたいことがあるなら言ってみろよ!!」パンパン

旅掛「うおぉぉぅ・・・くっぅ」

上条「何もいえねーじゃねーか!!いいから黙って俺のを感じてりゃいいんだよ!!」パンパン



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:32:27.24 ID:wLSeA84W0

旅掛「おぉっ・・・・いぃ・・・」

上条「ん?何か言ったか?」パンパン

旅掛「・・・・きもち・・・いぃ・・・」

上条「そうだろ?あんたのここもまたビンビンになってるぜ!!」パンパン

旅掛「しごきながら・・・・だと・・・・うっ・・・」

上条「弱いんだろ?あんたの弱いところは全部知ってるぜ!!」パンパン

旅掛「あぁ・・・もぅ・・・何も・・・考えられない・・・」

上条「だろ?あんたの体を知り尽くしてるのは俺だけだあああ!!!」パンパン

旅掛「あぁぁぁぁ!!!イクうぅぅぅぅぅ!!!!!」

上条「ほらっ!!娘の見てる目の前で全力せイッってるところ見せ付けてやりなああああ!!!!」パンパン

旅掛「あおおおおおおおおおお!!!!」

ドピュドピュドピュドピュ!!!!!!!!



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:36:47.48 ID:wLSeA84W0

悪い夢をみていたみたい・・・

どんな夢かわからないけど・・・・

でも目覚める前に少し小さいころのことを思い出したの・・・・

あたしがいて・・・・ママがいて・・・・パパがいた・・・・

あたしと一緒にあそんでくれて・・・・・

あたしと一緒にいろんなところにいって・・・・

あたしすっごく楽しくて・・・・・

疲れてパパに負ぶってもらったの・・・・

それがすごく暖かくて・・・・安心して眠っちゃって・・・

それで・・・・目がさめると・・・・・


上条「ほら、カリの裏のところにまだ残ってるぞ?」

旅掛「ふぁい」レロレロ

御坂「っ・・・・・」カタカタ

上条「よう、気がついたか?」

旅掛「れろれろ・・・ちゅっ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:44:23.47 ID:wLSeA84W0

御坂「ゃ・・・・」カタカタ

上条「ん?どうした?」

旅掛「とおまくぅん」レロレロ

御坂「うえっ・・・・」

上条「ほら、顔にかけてやるから娘にたっぷりと見せてやるんだぞ?」

旅掛「はぁはぁ・・れろれろ・・」上条「うっ!!」ドピュ

御坂「っぇっ・・・」プルプル

旅掛「あったかい・・・・れろっ」

御坂「っ!!!!」

上条「ほら、しっかりとなめてきれいにしろ」

旅掛「ふぁぃ・・・」レロレロ

御坂「うげええええええええ!!!!」


おわり



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:48:28.46 ID:wLSeA84W0

展開が思い浮かばないので終わらせたけど美琴覚醒って何すればいいんですか?

美琴に生えてるとかっていうのはちょっとあれなんですけど何か案がある人教えてくだしあ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:55:16.48 ID:QbCMskPsP

上条さん(バイ)の業物でバックから美琴の処女膜を貫通。
美琴はお口で旅掛をイかせる。

その後2人の協力を得て、真の御坂ハーレム(全妹、美鈴、旅掛、美琴)の完成。



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 20:56:51.56 ID:wLSeA84W0

>>43

こいつぁヘヴィだぜ・・・・



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:02:55.55 ID:wLSeA84W0

じゃあ>>43をやってみるんだよ


上条「なあ御坂・・・いや、美琴」

美琴「うぇっ・・・ぐすっ・・・・なによぉ・・・」ボロボロ

上条「お前何か勘違いしてねーか?」

美琴「ごほっ・・・何を?・・・・うぇ・・・」

上条「俺と旅掛さんは愛し合っただけだぜ?」

美琴「あんなのの何が愛なのよ!!あたしはこんなのみとめないわ!!」

上条「馬鹿やろう!!!」

美琴「えっ?」

上条「お前は愛の形にどうこう言えるほど愛を感じたことがあるのか!!」

美琴「えっ?えっ?」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:08:15.84 ID:wLSeA84W0

上条「たしかに男同士の愛を無修正で見せ付けたのは刺激が強かったかもしれない・・・でもな・・・」

旅掛「ホモが嫌いな女子なんていないって本気で思ってしまったんだ・・・」

美琴「おいこら」

上条「ここまでやって思ったんだ、ただ見せ付けるだけでは愛を感じることはできないと・・・」

旅掛「そう、百聞は一見にしかず、そしてそれよりも・・・・」ギンギン

上条「ああ、習うより慣れろだ」ギンギン

美琴「ごくっ・・・祖、それを・・・どうするつもり・・・?」

上条「御坂・・・いや、美琴・・・・」

美琴「な、なによ・・・・」

旅掛「愛してるぞ」

美琴「えっ?」

上条「当然俺もだ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:11:14.00 ID:wLSeA84W0

上条「俺、さっきから美琴に見られてることでこんなになっちまってるんだ」ギンギン

美琴「うそ・・・」

旅掛「うそなものか、アナルで感じた限りはいつもの1.2倍はあったぞ?」

美琴「そんな・・・・うそよ・・・」

上条「嘘なもんか、こいつが美琴の中に入りたいって暴れてるんだ・・」ギンギン

美琴「やっ、そんなの入れられたら・・・・」

上条「ああ、妊娠しちまうだろうな・・・・」ギンギン

美琴「だめよ・・・そんなの・・・」

旅掛「だめじゃないぞ・・・・美琴・・・・」

美琴「パパ・・・・」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:15:38.14 ID:wLSeA84W0

上条「こいつは美琴に種付けしたいって言っている・・・」ギンギン

美琴「・・・ごくっ・・」

上条「美琴の処女を貫いて一発で妊娠させちまうかもしれない・・」ギンギン

美琴「あたし・・・アンタの子を・・・」

上条「でも、もう我慢できねえんだ・・・」ギンギン

美琴「・・・・・いいわ・・・」

上条「美琴・・・」ギンギン

美琴「あんたになら・・・・あたし・・・」

上条「美琴おおおおおお!!!!」ガバッ

美琴「きゃっ!!」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:22:40.73 ID:wLSeA84W0

上条「ハァハァ!!もう我慢できねええ!!!」ペロペロ

美琴「やだ!そんなところなめたら・・・・嫌ぁ・・・」

上条「おい、下着越しにも美琴の味がにじんでくるのがわかるぞ?」

美琴「言わないでぇ・・・・」

上条「れろれろれろれろ」

美琴「やぁ・・・・くすぐったいぃ・・・・」

旅掛「美琴・・・・」ギンギン

美琴「パパ・・・・」

旅掛「またパパって呼んでくれるのか・・・」ギンギン

美琴「・・・・・うん・・・」




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:28:10.83 ID:wLSeA84W0

旅掛「すまない美琴・・・・」ギンギン

美琴「いいのよ・・・あたし混乱してたから・・・・れろっ」

旅掛「うおっ・・・美琴・・・」

美琴「れろ・・・んっ・・・パパの・・・すごく硬い・・・」レロレロ

上条「ほう?美琴も旅掛さんの愛情がわかってきたみたいじゃねーか」

美琴「んっ、れろれろ・・・パパぁ・・・れろれろ」

旅掛「ふぉっ!みこ・・・とぉ・・・」

上条「美琴も乗ってきたみたいだな!それじゃあ一気にいかせてもらうぜ!!!」

美琴「うっ・・・」ゴクリ

旅掛「大丈夫だ、パパがついてるぞ?」

美琴「うん・・・」シコシコ

旅掛「おうぅっ・・・美琴ぉ・・・」

上条「そおら、ゆっくりと入れてやる・・・」

ずにゅ・・・にゅぅ・・・・

美琴「ん゛っ・・・」




62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:33:42.88 ID:wLSeA84W0

美琴「あ゛・あ゛が・・・」

旅掛「大丈夫か美琴」

上条「ふぅ・・・・さすが処女、すごい締まりだぜ・・・」

美琴「っ・・・・・」

上条「ゆっくりと息を吐くんだ美琴」

美琴「んっ、ふぅぅ・・・ふぅぅ・・・・」

上条「動いていいか?」

美琴「痛いけど・・・・ちょっとだけなら・・・・・」

上条「ああ、任せろ」ズニュッズニュッ

美琴「うぅぅぅぅぅ!!!」

旅掛「美琴、少し気を紛らわしたほうがいいぞ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:37:34.95 ID:wLSeA84W0

美琴「気を・・・」ハァハァ

上条「そうだな、旅掛さんのをしゃぶってやれ」

旅掛「ごくっ・・・美琴・・・」ギンギン

美琴「うん、パパの・・・なめさせて・・・」

旅掛「あぁ・・・美琴・・・」ギンギン

美琴「パパの・・・すごく熱い・・・」シコシコ

旅掛「おぉっ・・・美琴ぉ・・・・」

美琴「あむ」

旅掛「ぁぁぁあ・・・・美琴の暖かい口が・・・・」

美琴「ちゅむちゅむ・・・れろれろ・・・・」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:44:02.52 ID:wLSeA84W0

上条「よし、力が抜けてきたな、動かすぞ?」

美琴「んう゛!!」

旅掛「美琴、無理しなくていいからな!?」

美琴「ん!んぅ!」コクコク

旅掛「はぁ・・・まさか美琴がしゃぶってくれるなんて・・・・」ハァハァ

上条「実の父親のをしゃぶっているせいかどんどんあふれてくるぞ?」

美琴「んぅ!!んんん!!」チュパチュパ

旅掛「っぅぉ・・・・・美琴ぉ・・・・」シコシコ

上条「我慢できずに根元を自分でしごきはじめたか・・・よっぽど娘の口に出したいらしいな?」

旅掛「・・・・ああ!出したい!!!」

美琴「んぅ!?」チュパチュパ

旅掛「美琴の口にたっぷりと出してやりたい!!!1」

上条「・・・・俺もだ!!俺も美琴の中にたっぷりと出したい!!!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:51:22.53 ID:wLSeA84W0

旅掛「美琴!!!美琴おおおおお!!!」シコシコ

上条「美琴おおおおおおおお!!!!」パンパン

美琴「んぶぅ!!!んうぅぅぅぅぅ!!!」ジュルジュル

旅掛「うっ!!!」ドピュッ

上条「うおぉぉぉぉ!!!」ドピュッ

美琴「んぶぅっ!!えほっ・・・・うぇ・・・」

旅掛「美琴、無理しなくていいんだぞ?」

美琴「でも、これがパパの味なのね?」

上条「ああ、そうだ」

美琴「おなかの中にあんたのが・・・・そして口にパパのが・・・・んっ」ゴクン

旅掛「美琴・・・・」

美琴「パパ・・・・」

上条「感じたか?それが愛だ・・・」

美琴「うん//////」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 21:57:11.19 ID:wLSeA84W0

美鈴「何よこれ・・・・どうなってるのよ・・・・」

美琴「ぱぱあああああ!!!パパのおちんちんあたしのおしりをきもちよくしてるのおおおお!!!」

旅掛「どうした?パパのおちんちんはまだまだこんなもんじゃないぞ?」

美琴「ぱぱぁ・・・・ね?キスしてぇ?」トロン

旅掛「ふふっ、美琴はいつまでもあまえんぼさんだな?」

美琴「あまえんぼなのぉ、だからパパにきしゅぅ・・・」クネクネ

旅掛「おぉっ!こら、パパのおちんちんを締め付けるんじゃない」

美琴「えへへ //////」

旅掛「いっぱい気持ちよくしてやるからたっぷりパパに甘えるんだぞ?」

美琴「うん!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:03:00.35 ID:wLSeA84W0

美鈴「いや・・・夢よ・・・・帰ってきたら美琴ちゃんとあの人が・・・・抱き合いながら・・・キスまで・・・」

美琴「ぱぱぁ・・・んっ」チュッ

旅掛「ちゅっ・・・れろっ・・・美琴・・・」チュゥ

美鈴「ゆ、ゆめよ・・・これは悪い夢なのよ・・・・」カタカタ

上条「悪いが夢じゃねーぜ?」

美鈴「上条君!?」

上条「見ろよ、あんなに貪り合ってる二人を見て夢だと思うか?」

美鈴「あ・・・・ああ・・・・・」

美琴「パパのおちんちんすごおく気持ちいの、もっとズポズポして?」

旅掛「ああ、美琴が気持ちよくなるまでズポズポしてあげるからな?」

美琴「ぱぱぁ・・・・」トロン

旅掛「美琴っ!!美琴ぉ!!!」パンパン

美琴「いいよぉおおおお!!!ぱぱのおちんちんがすごくいいのおおおお!!!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:06:34.57 ID:wLSeA84W0

美鈴「なんで・・・なdんでぇ・・・・」

上条「美鈴さん、これはひとつの愛の形なんですよ」

美鈴「愛・・・?」

上条「ええ、そうです、あなたもああやって旅掛さんと愛し合って美琴が生まれたんでしょう?」

美鈴「嫌!!そんなの聞きたくないわ!!」

上条「ここをこんなにしてですか?」スッ

美鈴「やぁ!!」

上条「ん?」クチュクチュ

美鈴「んっ!!さわらない・・・でぇ・・・」ビクン

上条「ここはそうはいってませんよ?」

美鈴「だ・・め・・・」ビクン



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:11:40.67 ID:wLSeA84W0

上条「美鈴さん、素直になりましょうよ、見てくださいよあの二人を」クチュクチュ

美鈴「あっ!!!やっ!見たくない・・・」

上条「目を閉じても耳を負債でも事実はかわりませんよ?むしろ受け止めたらどうです?親子の愛を」クチュクチュ

美鈴「愛・・・・あれが・・・んっ!!」

旅掛「美琴おおおおお!!!」パンパン

美琴「ぱぱああああああ!!!」

旅掛「美琴!!どこに出してほしい!?」パンパン

美琴「かけてっ!!パパのであたしをコーティングしてええええ!!!」

旅掛「ああ!出してやるぞ!!パパので美琴をコーティングしてやる!!」パンパン

美琴「パパ!!ぱぱあああ!!!!」

旅掛「み、ことぉ・・・・うっ!!」

ドピュドピュ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:16:48.29 ID:wLSeA84W0

美琴「ぱぱぁ・・・・あったかい・・・・」ハァハァ

旅掛「美琴ががんばったからいっぱい出たぞ?」ヌリヌリ

美琴「あはっ、ぱぱのがあたしの肌に・・・」ハァハァ

旅掛「もっともっと出してやるからな?」

美琴「うん!もっと!!」

上条「ね?」クチュクチュ

美鈴「嘘よぉ・・・・こんなの・・・・んっ!!」

上条「ふふっ、すぐにわかるようになりますよ、ここはもう俺のを受け入れる準備ができているんですからね!!」

美鈴「いやっ!!だめよ上条君!!」

上条「いいことを教えてあげますよ、俺は旅掛さんのアナルも美琴の処女も奪っています、どういうことかわかりますね?」

美鈴「そんな・・・・・だめぇ・・・」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:20:57.00 ID:wLSeA84W0

ズプゥ

上条「嫌がってる割にはすんなりと入りましたよ?」

美鈴「やぁ・・・」グスッ

上条「旅掛さん、美琴!美鈴さんの中に入ったぞ!」パンパン

美琴「ママ・・・」

旅掛「美鈴・・・」

美鈴「いやっ!!見ないで!!二人とも見ないでえええ!!!」

上条「へえ?そんなこといってここは俺のを放そうとしないんですけど?」

美鈴「嘘!!嘘よ!!そんなことないわ!!」

上条「それじゃあなんでこんなに濡れてるんですか?」パンパン

美鈴「ち、がう・・・これは・・・んっ!!ちがうぅ・・・・」ハァハァ



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:27:37.40 ID:wLSeA84W0

上条「俺のを受け入れようとしてる以外に何があるんですか?」パンパン

美鈴「ちがうぅ・・・ちがうのぉ・・・」ハァハァ

上条「何が違うんですか?」パンパン

美鈴「あぁ・・・いやぁ・・・」パンパン

上条「教えてくださいよ美鈴さん、教えてくれないと俺わかんないです!!」パンパン

美鈴「やぁっ!!あっ!!んっ!!」ハァハァ

美琴「ママが当麻のおちんちん感じてる・・・・パパが種付けしてあたしがうまれてきたおまんこに当麻のおちんちん入れられて・・・」

美琴「当麻にこれから種付けされるのにママおちんちんを受け入れてる・・・」

美鈴「ちがうのぉっ!!これはちがうのよぉ!!!」

上条「何が違うんですか!?足絡めて俺のを離そうとしないのに!!何が違うんですか?」パンパン

美鈴「あっあああ!!!あぁああっ!!」ハァハァ



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:31:25.85 ID:wLSeA84W0

美琴「ねえパパ」

旅掛「ん?」

美琴「あたし我慢できなくなっちゃった、またおしりにちょうだい」フリフリ

旅掛「ああ、次はもっといっぱい出してやるぞ」

美琴「うん、パパ専用のおしりをたくさん使って気持ちよくなって!」

上条「律儀に守ってるんだな」パンパン

美琴「だって・・・おまんこは当麻専用だから・・・ ///////」

美鈴「あああっ、だめっ、堕ちちゃうっ!!こんなのだめなのにいいいい!!」

上条「何がだめなんですか美鈴さん」パンパン

美琴「ママ、ママも一緒に気持ちよくなろ?」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:36:48.11 ID:wLSeA84W0

美鈴「美琴・・・ちゃん・・・」ハァハァ

美琴「ママ・・・・」チュッ

美鈴「んっ」チュッ

上条「へえ、母と娘でキスしてるところを突けるなんてすっげえ興奮するじゃねえか!!」パンパン

旅掛「まったくだ、それに加えて娘がアナルでよがってくれるんだ、ますます興奮するってもんだ」

ズッ・・・ズズズ・・・

美琴「来たぁ・・・パパのおちんちんがあたしのおしりに・・・・・」ハァハァ

美鈴「美琴ちゃん・・・」ハァハァ

美琴「ままぁ・・」チュッ

上条「ほらっ、キスに気をとられてこっちがおろそかになってるぜ!!」パンパン

旅掛「美琴、パパのおちんちんはこれからが本番だぞ!!」パンパン



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:43:32.85 ID:wLSeA84W0

美鈴「んうぅぅぅぅ」チュゥゥゥゥ

美琴「ちゅううぅ・・・れろ・・・れろ・・・ぷはっ!!!」ハァハァ

上条「母娘でキスしながらイキな!!母娘そろって俺のおちんちんでたっぷりと種付けしてやるからな!!!」パンパン

旅掛「美琴!!パパのおちんちんからたっぷりとかけてやるからな!!!」パンパン

美鈴「んん!!!んぶんぅぅうううう!!!」ビクンビクン

美琴「ぷはっ!!ママッ!!ママ気持ちよくなってるっ!!あたしも!!ママの見ながら気持ちよくなっちゃってるううう!!!」ビクンビクン

上条「おらっ!!孕めっ!!美琴の妹産ませてやるっ!!!」ドプドプッ

旅掛「美琴っ!!!またパパのあったかいのかけてやるぞっ!!!おおおおお!!!!」ドピュドピュ



美鈴「はぁ・・・・はぁ・・・・」

上条「美鈴さん、ここにたっぷりと出してあげましたよ」ナデナデ

美琴「ぱぱ・・・ぱぱのぬるぬるあったかい・・・」ウットリ

旅掛「美琴が元気にしてくれたらもっとかけてあげるからな?」

美琴「うん」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:50:35.73 ID:wLSeA84W0

打ち止め「んっ、れろれろ」

上条「そうだ、たっぷりと濡らしておくんだぞ?」

打ち止め「んう! れろれろ」

上条「もっと唾液を絡めるんだ」

打ち止め「ん! れろお」ジュルッ

上条「ふぅ・・・・そうだ、その調子でなめ続けろ」

打ち止め「んむ」コクコク

上条「ほら、休むな」

打ち止め「ふぁい、れろぉ、じゅる」

上条「いいぞ、そのままそのまま」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:54:12.08 ID:wLSeA84W0

上条「よし、少し口にくわえてみろ」

打ち止め「れろっ こう?」パクッ

上条「おっ・・・、まだ口が小さいから全部は無理だろうけど、なるべく歯が当たらないようにするんだ」

打ち止め「んん?」アムアム

上条「そうだな、そのままはが当たらないように吸い付いてみろ」

打ち止め「ん!」チュルッ

上条「おぉ・・そして吸いながら口を離してみろ」

打ち止め「んぶっ」チュルル

上条「すげぇ・・・初めてにしちゃ上出来だ」

打ち止め「んへへ」レロレロ



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 22:56:39.54 ID:wLSeA84W0

上条「加えた時に舌でベロベロしてみろ」

打ち止め「ん!ちゅる」レロレロ

上条「舌を絡ませながら吸いついたり吸いながら離れたりを繰り返すんだ」

打ち止め「ん!ん!」コクコク

上条「がんばったらたっぷりとかわいがってやるからな?」

打ち止め「ん! ////////」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:03:29.38 ID:wLSeA84W0

上条「さて、打ち止めがせっかくがんばってくれてるんだから俺も打ち止めを気持ちよくしてやらないとな」

打ち止め「ん?」レロレロ

上条「ちょっと待ってな、仰向けになるから俺の顔にまたがってくれ」

打ち止め「ん!」コクコク

上条「一瞬たりとも離そうとしねーな、妹達とヤッた時の感覚を共有してるってのはやっぱり本当なんだな」

上条「あいつもたっぷりとかわいがってやったからなあ」

打ち止め「はやく仰向けになってくれないとミサカがまたがれないよ!ってミサカはお願いしてみる」シコシコ

上条「おお、悪い悪い」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:07:02.95 ID:wLSeA84W0

上条「おー、やっぱり肉体の年齢が年齢だけに初々しいな」プニプニ

打ち止め「んっ!!」ビクン

上条「ほー、すっげー感度いいな」プニプニ

打ち止め「ん・・・れろれろ」

上条「なあ打ち止め」プニプニ

打ち止め「なっ・・・なあに? れろ」

上条「お前オナニーしてるか?」

打ち止め「お、おなにーってなあに?ってミサカはとぼけてみたり・・・」シコシコ

上条「俺のおちんちんしゃぶっておきながらオナニーも知らないってギャグですら寒いと思うぞ?」

打ち止め「う、うう・・・・ ///////」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:12:45.06 ID:wLSeA84W0

上条「してるんだろ?」プニプニ

打ち止め「・・・・うん・・・ //////」

上条「妹達全員俺とあいつがヤッた感覚共有してんのか?」プニプニ

打ち止め「もちろん・・・ //////」

上条「へえ、それじゃあ番外個体も?」チラッ

番外個体「うぅ・・・・ミサカもしてほしいよぉ・・・・」モジモジ

上条「順番なんだからおとなしく待ってろ」

番外個体「でもぉ・・・・ミサカもぉ・・・」モジモジ

上条「だってさ」

打ち止め「もう!じゃんけんで負けるのが悪いんでしょ?」

番外個体「だからってそんなに焦らさなくてもいいじゃん」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:16:47.91 ID:wLSeA84W0

上条「しょうがねえな、番外個体、こっちに来い、もう充分濡れてるだろ?」

番外個体「入れてくれるの?」

上条「ああ」

打ち止め「えー!!そんなのずるいー!!」

上条「お前はまだ先っぽしか入らないだろうが」

打ち止め「でもこういうのはちゃんと順番を守るのがレディーへの礼儀でしょってミサカは力説してみる!」

上条「番外個体をイカせたらお前の相手をたっぷりしてやるからそれでいいだろ?」

打ち止め「おお!それなら問題ないね!それじゃあ早速やっちゃってほしいよ!」

番外個体「ねえ」

上条「ん?」

番外個体「やさしくしてくれる?」

上条「いいぞ」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:20:53.69 ID:wLSeA84W0

ジュプッ・・・

番外個体「あぁ・・・おちんちんきたぁ・・・」

上条「ほら、キスすの好きだろ?」

番外個体「うん」チュッ

上条「ん」チュッ

パンパンパンパン

番外個体「あっ!!あなたのおっきいおちんちんが!!」

上条「すっかり準備してやがったな、このエロ妹」パンパン

番外個体「やっ!!ミサカエロじゃないっ!」

上条「へー、どこが?」パンパン

番外個体「うぅ・・・・」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:24:23.61 ID:wLSeA84W0

上条「こんなにエロいおっぱいしてエロじゃないって言うのか?」パンパン

番外個体「おっぱいは・・・関係ないもん・・・」

上条「じゃあどこがエロいんだ?」パンパン

番外個体「エロくない・・・ったら・・・」ハァハァ

上条「エロくなかったらこんなにスムーズにおちんちんが入るわけないだろ?」パンパン

番外個体「うぅ・・・それは・・・あなたが・・・」ハァハァ

上条「俺が?」パンパン

番外個体「ミサカを・・・・エロく・・・・するっ・・・から・・・」パンパン

上条「じゃあエロいんじゃん」パンパン

番外個体「エロ・・・くっ・・・ないっ・・・・」ハァハァ



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:30:56.86 ID:wLSeA84W0

上条「そっか、残念だな、俺エロい子が好きなのになー」パンパン

番外個体「え?・・・・んっ・・・それっ・・・」ハァハァ

上条「番外個体はエロくないんだよな?」パンパン

番外個体「うぅ・・・・」ハァハァ

上条「ん・・・」チュッ

番外個体「んちゅ・・・ぷはっ」ハァハァ

上条「エロい子にはたっぷりと出してあげようかなって」パンパン 番外個体「エロい!」

上条「ん?」パンパン

番外個体「ミサカエロいからミサカにたくさん出して!!」

上条「ほんとに?」パンパン

番外個体「ほんとっ!!エロいからっ・・・ミサカにぃ・・・」ハァハァ

上条「はい、よく言えました!!出しまーす」パンパン

番外個体「来て!!ミサカにぃっ!!!」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:33:31.35 ID:wLSeA84W0

上条「ほら・・・よっ!!」ドプドプドプッ

番外個体「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・」ウットリ

上条「よくできました」チュッ

番外個体「うん ///////」

打ち止め「はいはーい!次はお待ちかねのミサカの番だよ!」シコシコ

上条「こらこら、そんなにがっつかなくてもまだ出せるから大丈夫だって」

打ち止め「えへへ //////」

上条「ほら、横になれ」

打ち止め「うん!」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:36:41.99 ID:wLSeA84W0

上条「ゆっくりやるからな・・」

打ち止め「うん・・・・」

上条「よっと・・・」

ニチャッ

打ち止め「んっ・・・」

上条「ふぅ・・・押し出そうとするこの感じと迎え入れようとするこの愛液がいいバランスだな」ニチャニチャ

打ち止め「はぁ・・・・んぅ・・・」

上条「気持ちいいのか?」

打ち止め「///////」コク

上条「そうか、少しずつ良くしていってやるからな」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:42:06.15 ID:wLSeA84W0

打ち止め「あなたの熱いのを感じられてミサカもすごく気持ちいいよ・・・」

上条「そういわれると入れたくなっちまうんだよな」ニチャニチャ

打ち止め「ごめんね、ミサカの体がちっちゃくて」

上条「いや、これはこれで楽しめるからいいんだよ、むしろ打ち止めとしかこういうことできないから何か貴重だな」ニチャニチャ

打ち止め「ミサカだけ?」

上条「そうだ」ニチャニチャ

打ち止め「特別扱いはうれしいよってミサカは素直に喜んでみたり」

上条「ふぅ、少し激しくこすり付けてやるぞ?」ニチュニチュ

打ち止め「ひゃっ!!」ビクン



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:46:39.41 ID:wLSeA84W0

上条「ほらほらどうだ俺のは!」ニチュニチュ

打ち止め「かたくってすっごく気持ちいいよ!!」ハァハァ

上条「打ち止めのこの固くなってるのと擦り合わせてやるぞ?」ニチュニチュ

打ち止め「だめっ!そこはよわいところだから・・」上条「ほう?」クリュッ

打ち止め「やっ!!」ビクン

上条「いい反応じゃねーか」ニチュニチュ

打ち止め「だめっったら!!しこはっんっ!!!」ビクン

上条「そらそらそらそら」ニチュニチュニチュニチュ

打ち止め「らめえええええええ!!!!!」ビクンビクン

上条「ふぅ・・・」シコシコ

打ち止め「だめっていったのにぃ・・・・」ハァハァ

上条「悪かったよ、ほら、今日も飲ませてやるから口あけろ」

打ち止め「やった、あーん」

上条「んっ」ドプドプドプッ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:50:08.29 ID:wLSeA84W0

打ち止め「んむ・・」

上条「中にまだ残ってるからよく吸い出すんだぞ?」

打ち止め「ん!ちゅううう・・・」

上条「少し先の方を刺激してみろ」

打ち止め「れろれろ」

上条「うぅっ・・」

打ち止め「ん! れろれろ」

上条「な?ちゃんと出ただろ?」

打ち止め「んふふふ」モゴモゴ

上条「そうだ、よく味わえ?」

打ち止め「ん、んむ ごくん」

上条「偉いぞ、よくできたな」ナデナデ

打ち止め「だってあなたのだもん!」ニコニコ



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:54:17.92 ID:wLSeA84W0

美琴「あ、お腹蹴ったわ」

美鈴「美琴ちゃんも?私も・・」

御坂妹「ミサカもです」

旅掛「やれやれ、三人同時に妊娠だと忙しくてしょうがないな」

上条「まあタイミングの問題だしな、それにその分暇を見てはたっぷりとしてあげてるじゃないか」

旅掛「当麻君 //////」

番外個体「あー、ミサカも早く妊娠したいなー」

打ち止め「番外個体はまだ早いよ、順番から行ったらミサカが先でしょ?」

番外個体「最終信号が妊娠するころにはミサカおばあちゃんになっちゃうじゃん」

打ち止め「むー!」

上条「こらこら、ちゃんと順番にかわいがってやってるだろ?喧嘩するとおあずけだぞ?」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:56:58.56 ID:wLSeA84W0

美琴「この子は絶対女の子よ!まちがいないわ」ナデナデ

美鈴「みんなそうかもしれないわよ?」ナデナデ

御坂妹「でもそれだとライバルが増えそうでちょっと困り者です」ナデナデ

上条「こらこら、ライバルとかじゃなくてだな」

旅掛「みんな仲良く」

番外個体「だね」

打ち止め「みんなあなたのことが大好きなんだもん!ちゃんと全員愛してね!!」

上条「もちろんだ!!」


はっぴーえんど



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 23:59:22.17 ID:OsbtwPViP

よくムチャぶりで完走できたな



元スレ
上条「おい御坂、お前もここに入ってたんだぞ?」御坂「ごくり」