1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:58:16.42 ID:nKks0jUC0

千早「夕飯、ごちそうさまです」

P「千早はすっかりトップアイドルなのに、ファミレスでごめんな」

千早「構いません。じゅうぶん栄養満点です」

P「普段の食生活悪そうだな…。」



千早「カラオケ、ですか?」

P「ああ、行こう。千早歌うの好きだろ」

千早「プロデューサー、時間が空いてるならばレッスンをしたいのですが」

P「息抜きも大事だ、何事も経験だろ」

千早「はあ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 20:59:07.59 ID:nKks0jUC0

――カラオケボックス

オキャクサマ 72ゴウシツニナリマース

P「ウーロン茶二つ」

千早「…貧弱な音響ですね」



P「キラメキラリ!ずっとチュッと♪」チュチュッ

千早「その選曲はどうなんですか」

千早「ふふっ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:00:02.58 ID:nKks0jUC0

アリガトゴザイッシャーァ

千早「ええと、1200円」

P「俺が払うよ」

千早「しかし…」

P「いいからいいから」

千早(ここは年上を立てておこうかしら)

千早「それでは、ありがとうございます」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:00:41.57 ID:nKks0jUC0

P「さて」

千早「それでは、また明日事務所で――」

P「千早の家に行きたいな」

千早「もうすっかり夜ですよ」

P「そうだな」

千早「…」テクテク

千早「ついてこないでください」

P「ついていく」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:01:32.08 ID:nKks0jUC0

――千早宅

P「おじゃまします、っと」

千早「邪魔です。無理やり押し入って何を言ってるんですか」

P「ずいぶん殺風景な部屋だな」

千早「文句言わないでください。というよりさっさと帰ってください」

千早(何しに来たのかしら)

P「テレビつけるぞ」ピッ

千早「言うと同時に点けるんですね」

ため息をつきながらベッドに腰掛けた。すぐ隣にプロデューサーも。



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:02:08.33 ID:nKks0jUC0

千早「?」

P「千早…」

P「服を脱いで」

千早「どうしたんですか。なんだか、息が荒いんですけど」

P「いいから。服を脱いで」

千早「プロデューサー?」

いつも穏和なプロデューサーが、見たことのない顔をして私の両肩を掴んでいる。こんなに力が強いなんて、知らない。

怖い。

逆らったら、殺されてしまう。

P「千早…」

P「千早、かわいいよ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:02:42.12 ID:nKks0jUC0

千早(プロデューサーなんて、嫌いです)

でも、私が黙ってさえいれば――いつも通りでいられる。

生きる場所――歌う場所をくれたのは、プロデューサーだもの。



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:04:04.23 ID:nKks0jUC0

――翌週夜、カラオケボックス

P「恋をっはじめようよ~♪」

ピローン

千早(春香からメールだわ)

『今日のボーカルレッスン千早ちゃんのおかげでうまくできたよ
 今電話だいじょうぶかな? 春香』

千早(人前で携帯にかかりっきりなのは失礼な気がするわね)

『もう寝るところなの。おやすみなさい。千早』

P「……」

千早「……」

P「歌うか?千早」

千早「はい」

P「また家行っていいよな?」

千早「…はい」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:04:35.37 ID:nKks0jUC0

――ある夏の日

春香「お待たせー!」タタタタ

春香「浴衣似合ってるよ、千早ちゃん」

千早「なんだか恥ずかしいわ」

春香「あっそろそろ始まるよ!」

ヒュルルル ドン ドンドン

春香「花火だよ、花火!」

千早「綺麗…」

春香「いっしょに見られてよかったね」

千早「ええ、本当に」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:05:11.17 ID:nKks0jUC0

――カラオケボックス

P「これが花火大会の写真か」

千早「はい。春香が携帯のカメラの使い方を教えてくれたんです」

P「浴衣よく似合ってるよ」

千早「春香は可愛いですから」

P「千早も可愛いよ」

千早「馬子にも衣装というやつです」

P「ははっ、つれないなぁ」

P「ところでこのあと家行っていい?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:05:48.28 ID:nKks0jUC0

開けっぱなしのカーテンから、月明かりがまぶしい。

P「ちーちゃんって呼んでいいかな」

千早「…呼ぶだけならただですよ」

P「ちーちゃん、俺のことPちゃんって呼んでくれない?」

千早「嫌です」

P「えー」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:06:25.25 ID:nKks0jUC0

――翌週、千早宅

P「シャワー借りるぞ」

千早「あ…その…勝手にしてください。タオルは洗濯機の上です」

P「? どうかしたのか」

千早「今日は…できませんからね、女の子の日なので」

P「……そうか」

P「なんだ、そっか」

千早「…」

P「煙草吸っていいか」

千早「…」コクリ



夜が明ける前、私が目覚めるとプロデューサーはもう帰っていた。



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:07:03.34 ID:nKks0jUC0

――千早宅

千早「春香が泊まりにに来るの、久しぶりね」

春香「ごめーん、終電なくなっちゃって」

千早「構わないわよ」

カッカー カッカー ヴァイ!

春香「あ、メール、プロデューサーさんからだ」

そのとき春香の表情が、さっと凍りついた。

春香「なにこれ」

春香「千早ちゃん?」

春香「プロデューサーさんと何してたの?」

携帯電話が春香の手から滑り落ちて、かしゃんと床に落ちた。
画面には、写真?

私の、寝顔

千早「…帰って」

春香「帰らない」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:07:50.76 ID:nKks0jUC0

春香「千早ちゃんが全部話してくれて、ちゃんと解決するまで、帰らない」

千早(そんな……)

千早(話す、なんて)

千早(春香にだけは、知られたくない。悲しませたくない)

千早(苦しい)

千早「何の…ことかしら」

春香「あの人と、寝たの?」

千早「…嫌っ、言いたくない…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:08:23.65 ID:nKks0jUC0

春香「ねえ、千早ちゃん」

春香「話して」

千早「プロデューサーに――…くっ」

春香「私がメールしたときも、プロデューサーさんといっしょだったんだね」

春香「どうして、もう眠るなんて嘘ついたの」

千早「そんなつもりじゃ…!」

春香「私に、嘘ついたんだ」

春香「もう千早ちゃんのこと信じられない」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:09:05.42 ID:nKks0jUC0

春香「プロデューサーさんに浴衣姿の写真も送ったんだよね」

春香「信じられないよ。酷いことする男の人相手に」

千早「違う!」

千早「写真を送ったりなんてしてない!」

千早「カラオケで私の携帯に入ってるのを見せただけ!」

千早「そんなこと、それだけは、春香を汚すような真似なんてしてないッ!」

春香「ち、千早ちゃん…」

春香「ごめんね」

千早「それだけは、してないわ、本当に」

春香「ごめんね千早ちゃん」

千早「帰って…」

春香「帰らない」

春香「千早ちゃんが全部話してくれて、ちゃんと解決するまで、帰らない」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:10:00.08 ID:nKks0jUC0

――事務所

P「おはようございます」

雪歩「ひぃ!」ビクッ

真「! こっちおいで」

バタン! タタタタタ…
ダイジョウブダヨユキホ ウワーンマコトチャーン

P「おい…」

P「女の子って、噂が早いんだな」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:10:38.79 ID:nKks0jUC0

――千早宅

あずさ「春香ちゃんを駅まで送ってきたわよ」

あずさ「しばらくひとりがいいのよね」

あずさ「あ、あのね私、音無さんに言われて来て、何が起きているかよく知らないのだけど~」

あずさ「元気出るといいわね、千早ちゃん」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:11:20.87 ID:nKks0jUC0

――事務所

美希「ねえ、そこの人」

P「…なんだい、美希」

P(そこの人、か)

P(いよいよ美希にも嫌われたな、当然か)

美希「プロデューサーは、恥を知るべきだと思うな」

美希「ミキ、知ってるよ」

美希「男の人はみんな、どんなに紳士ぶってても、ホントは女の子をケイベツしてるの」

P「軽蔑だなんて――」

美希「ケイベツしてなきゃ千早さんにあんなヒドイこと、できない」

美希「えっちしなかったら、要らないんだね」

P「……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:12:15.27 ID:nKks0jUC0

――千早宅

床ってこんなに冷たかったのね。
寝具を処分した。

きたないから。

フローリングに横たわっていると寒くてたまらない。
けれども身動きする気にもならない。

冷気が骨の髄まで染みわたって、息をするたびに体がきしむ。

千早「……」

千早「…優」

千早「私のこと、待っててくれる…?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:13:15.87 ID:nKks0jUC0

――路地裏

貴音「奇遇ですね」

千早「四条さん…?」

貴音「なにゆえ裸足なのですか、如月千早」キョトン

千早「え…その…」

千早(はやく、優のところに)

貴音「あちらに馴染みのらぁめん屋があります。ご馳走しましょう」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:14:05.39 ID:nKks0jUC0

貴音「らぁめんふたつ」キリッ

??「ウィ。」

貴音「歌い手として、ステージに立つ如月千早は輝いていました」ズズー

貴音「ひとりの殿方の手にかかって曇るほどに、千早の輝きは鈍くなってしまったのですか」モグモグ

貴音「アイドルたる千早が輝かずしてどうするのですか」ズルズル

貴音「月は欠けても、また満ちるのですよ」ムッシャムッシャ

千早「そうかもしれないわね」

貴音「早く食べないと麺が伸びてしまいますよ」ズゾゾゾゾ

千早「ええ…」パク

千早「おいしいわ…」

貴音「真美味です」ズズズー



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:14:37.48 ID:nKks0jUC0

――二週間後

やよい「プロデューサーは、急に決まった研修でアメリカに行ったんだそうです」

やよい「連絡先を聞こうとしたらなぜか伊織ちゃんに止められましたー」


響「あれ?自分はプロデューサーは田舎に戻ったって聞いたよ」

響「お別れもなかったもん。どうしたんだろ?」


伊織「あんなやつ、やよいには1ミリも近づかせたくないし知らせたくないわ」

伊織「刑務所にでも押し込んどけばいいのよ」


亜美「兄ちゃんの代わりに新しい兄ちゃんが来たよ」

真美「オシャレなんだけど、虹色の靴下はセンスがイマイチじゃないかな→?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/26(土) 21:16:24.09 ID:nKks0jUC0

春香「悔やんでも過去は変えられないよ」

千早「だから、一緒に未来で輝きましょう」

春香「千早ちゃん、ちょっと大人っぽくなった?」

千早「そんなことないわ。まだまだ子どもよ」


そんな夢を見たの

きっと夢だわ


おわり


元スレ
P「ちーちゃん夜を往く」