1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:33:21.94 ID:Z5KSVa3G0

姉「おーい、寝てんの?」

ツンツン

弟「……おき……て……る……zzz」

姉「ま、いいや、そのまんま寝てろ」

プチ

TV「てってて、てててて、てって、てってて、てててて……」

姉「間に合ったぁ」フー

姉「……」

弟「……zzzz」

姉「……プフッ」

モゾモゾ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:35:40.60 ID:Z5KSVa3G0

姉「……やっぱ起きてんの?」

モゾモゾ

姉「はーい、今、コタツに痴漢がでていまーす」

モゾ

姉「うひひひ、こそばいって、ちゃんと暖まらせろ~」

弟「……zz……」

姉「……うむ、分かればよろしい」

ゴソゴソ

姉「…………ふくしゅう~……」ツン

弟「zzっ!!…………zzz」ビク

姉「ほれほれ、何を大きくしとるのかお姉ちゃんに言うてみー」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:37:09.29 ID:Z5KSVa3G0

弟「z……z……ぅぐ……zzz」

姉「答えられないならお姉ちゃんが答えます」

姉「それは…………」

弟「……」

姉「おてぃんてぃんさんです!!!」

姉「……ってか、起きなさい、退屈じゃん」

弟「……zzzz」

姉「ねー、一緒に笑点みよーよー」グリグリ

弟「……z」

姉「起きないとこれ折っちゃうよー、ほれー」グリグリ

姉「……なんか余計大きくなって固くなってんだけど……」ゴクリ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:39:49.49 ID:Z5KSVa3G0

姉「そ、そろそろやめといてやるか」

TV「じゃ、山田くん例のものを」

姉「……」

弟「……zz」

姉「面白いのになぁ……」

弟「…………zzzzz」

サワサワ

姉「きゃっ……もぅ、また~!」

姉「きゃ、ちょ……そこやめ~、へんたーい」

姉「あ、ちょ、だめだって……」ガシッ

姉「ふふふ、捕まえた」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:41:51.67 ID:Z5KSVa3G0

姉「スカートの内側だけじゃ我慢できずパンテイ触ってくるとか悪い足じゃ」フフフ

姉「どうしてくれるかな~」

弟「……」

姉「くすぐりの刑……かな」ニヤリ

コチョコチョ

弟「!!」ビクン

姉「ほれほれ~、エッチな子はお仕置きじゃーい」

弟「……、……z、z……z」

サワサワ

姉「なかなか強情なやつめ、はぁはぁ」

TV「次のお題へまいりましょう」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:45:12.89 ID:Z5KSVa3G0

弟「zzzzz」

姉「だー、かー、らー、触っちゃだーめーだって」

姉「きゃん、あ、や、ちょ、足器用すぎぃぃ、っておい」

シュポン

姉「こらぁぁ、パンツ返しなさい!!!」

弟「……!……zz……zz」

姉「そうあくまで寝続けるというわけね」

姉「だったら、こうよ!」

ムニュ

姉「ほれ、ほれ……もう大きくなって」シコシコ

姉「ほっといたらこのままパンツの中でどばーっよ」シュッシュ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:48:08.68 ID:Z5KSVa3G0

姉「んやっ、え……あ、ぅ……片足で……!?」

姉「ちょっと足なんかで触らな……んぁっ……いでよ」

TV「では次のお題、例のものを皆さんに」

姉「や、や、んんんんっ、さわ……んな……」

弟「zzzz……!」ガクン

パタ

姉「え、どーしたの?あ、倒れた振りでこたつの影に隠れたのか!」

ニュメ

姉「ぅそっ、舐めた!?」

姉「あ、いつのまにおちんちんも抜けだして!?」

姉「あ、や、やめやめなさいっ」ビクンッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:50:21.94 ID:Z5KSVa3G0

姉「あ、そこ、ダメだって、ちょっと今日はどした……のんっ」

姉「ほんと、ダメ、ダメだからやめて、きらい、きらい!」ガクン

姉「ぁう、んんっ、はぁはぁ、やめて、よ」ビク

姉「お姉ちゃんの負けだ、か、らぁ」

姉「なんでも言うこと、きくから、やめ、やめてぇ、ぅふぁぅ」ギュッ

ニュルリ

姉「やめてえぇ、何、なになにが入ってきたの、あんっ、こら」

チュパチュパ

姉「舐め、ちゃ、だ……めだ……ってばぁ」ガクガク

姉「おこるよっ、ほんとおこるから!ぁああっ」ビクンッ

ペロン

姉「ひんっ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:53:21.26 ID:Z5KSVa3G0

姉「あっ……」ビク

ドサッ

姉「も、だめ、だぁ……め……ね、ね、おねがい」

モジモジモジ

姉「ひーん……も……やめてよぅ……なにが……もくて……き」

姉「はぅ……もしか……して、からだ?……」

姉「だめっ、だめってば、だってだって、あっ、しらないっ」ピーンッ

姉「ぁ……ん……」トローン

姉「わかった……わかった、から、でも……こんなのやっ……ここは」

姉「いまは……だめぇっ、あとで……」

姉「はぁはぁ……今晩……部屋に……行くっか……ら」モゾ

ダッ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 15:58:54.15 ID:Z5KSVa3G0

……

姉「うー、今日はどうしちゃったんだ、あいつ」

姉「変な約束して出てきちゃったな」モジモジ

姉「部屋に行かなかったら怒るかな」

姉「あいつ、マジで襲ってきてたのかな」

姉「冗談かな、冗談だったら……うー」

姉「冗談じゃなかったら待ってるかな、寝てるかな」

姉「……お姉ちゃんでいいのかな」

姉「取り敢えずなのかな」ウロウロ

姉「本気かな……」ポー

姉「しねー……あほ……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:00:04.23 ID:Z5KSVa3G0

……

かちゃ

姉「おじゃましまーす……」

弟「zzzzz」

姉「だー!寝てんじゃねーか!ぅー!こいつめ」

姉「こっちがどんな覚悟で来たと思ってんだよ!!」

姉「……覚悟の無駄遣い」

弟「zzzzz……んが」

姉「まぁ、なんだ一先ずよかったよかった、じょーだんだったわけだ」

姉「さて、どんな仕返ししてくれようか」ブツブツ

姉「……ふひひ、よしよし、それではお前を苦しませてやろうじゃないか」

姉「では作戦『え、覚えてないなんて酷い』を決行する」

スル



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:02:35.10 ID:Z5KSVa3G0

……

姉「zzzzzzzz……むにゃむにゃ、んが」

弟「んー……ん……うるさーぃ」

弟「ん?は?」

姉「zzzzzz」

弟「何でここで寝てんのねーちゃん」

弟「……うん、俺の部屋……何で?」

姉「zz……ぷひ」

弟「起きてんだったら出て行けよー」

グニー

姉「んん……zzzz」

弟「ほぅ、つねっても起きないつもりか」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:03:59.64 ID:Z5KSVa3G0

姉「zzz」

弟「何かのイタズラ?つか、足絡ませんのやめろよ」

弟「おーい、寝たふり続けるなら布団の外に転がすぞ」

姉「zzz……へへ……zzz」

弟「無防備に笑って、マジで寝てるのか?」

姉「!……zzzz」

弟「んー、いやいや、寝る理由が無いだろ、何かあるって」

弟「俺ら、何か喧嘩とかしたっけ?」

姉「zzzzz」

弟「してねえよな?」

弟「つか、そんな密着すんなって」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:06:03.44 ID:Z5KSVa3G0

弟「生理現象が起きるぞ、10年を超える童貞歴を持つ熟練工舐めんな、と」

姉「zz…………zz」

弟「あーそー、起きないつもりね、じゃ、勃っても文句言うなよ」

弟「つか、そーだよ、もう勃ってるわ、それかそれが目的か?」

弟「襲うぞコラ」

姉「zzzzzzz」

弟「こんだけ言っても足はなさいつもりかよ」

弟「まず暑いって……羽毛だぞ?」

姉「zzzz」

弟「暖房つけっぱなしだっけ?」

弟「ってわけでもないのか、ねーちゃんが熱いだけなのな」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:07:33.80 ID:Z5KSVa3G0

姉「……っんが……ふぅ……zzz」

弟「よ~し分かった実力行使する」

モニュ

姉「ん……」

弟「ほら、おっぱい揉まれたくなければ離れろ」

姉「zzz」

弟「何意地はってんだよ」モニ

姉「ぁんっ……」

弟「や、やや、やめろよ、そんな声に騙されるかってんだ」

姉「……zzzz」

サワサワ

弟「ま、さか……ほんとに……寝て……ないよな?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:09:26.54 ID:Z5KSVa3G0

姉「ん」モゾ

弟「お、効いたか」

弟「って、おい、何で俺の首に手を回してきてんだよ」

弟「顔ちけーよ、目開けろよ」

弟「そうか、体寄せて手を入れにくくする作戦か」

姉「んんんっ……zzzzz」

弟「やめ、やめろって、みみに、ひぃ、息掛けるな」ブルルッ

弟「今度はケツ揉むぞ」

プニプニ

弟「やらけーな……って、べ、べつに褒めてねーから、ちょーしのんなよ」

姉「zzzzz……ふが」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:11:21.42 ID:Z5KSVa3G0

フニフニ

弟「おら、どうだ、起きねーと揉むのやめねーぞ」

姉「はぅんっ」

弟「はひっ、息かけんの反則だろ……ふーっ」

姉「ぅん……」ビクンッ

弟「起きろって、ほら、ケツもっと揉むぞ」グニグニ

姉「……ぅぅんっ……」クネ

弟「色っぽい声出してるつもりかそれで、ははっ」

弟「……ち、ちげーよ、興奮してなんかねえって」

姉「ふーっ……zzzzz」

弟「クソまだおきねーのかよ、まんこさわんぞ」モミ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:14:56.51 ID:Z5KSVa3G0

弟「おきねーつもりだな、俺は言ったらやる男だから」

ズリ

弟「ほら、寝間着脱げちゃうぞ」

ズリ

姉「んー……zzzzz」

弟「頑固だなぁ、ほー、パンツ、シルクか、いーの履いてんなー」

弟「このパンツの中に手を入れたらどうなるか……なぁ?」

スル

姉「んくっ……はぁ……zzzz」

弟「もしかしてお尻に触れただけで感じちゃってる?まるで女の子だなぁ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:17:34.92 ID:Z5KSVa3G0

姉「zzzzz」

弟「おいっ、起きてんだよな……」

弟「俺も流石に寝てるねーちゃんにここまでするの罪悪感あるんだけど」

姉「んー……んん……zzzz」ムニュ

弟「くっそー、おっぱいでかいからって押し付けて動揺誘う気か!」

姉「zzzzz」

弟「くそ、別におっぱいくらいでちんこ大きくしてんじゃねーって」

弟「目開けて、起、き、ろ」モニュモニュ

姉「んぁっ……ぁ……ん……」クネ

弟「よ、寄ってくんなよ反則だって……うふぃ」ムニュ

弟「息かけんなっ……はぁはぁ」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:20:57.92 ID:Z5KSVa3G0

姉「ん……ふぁ……」フッ

弟「やめろって……そんなのエロくねー……から」ムキ

弟「ちげーよ、べ、べつに擦れて刺激されたからだろ」

弟「足離せよ、ねーちゃんに当たって痛いんだよ」

姉「zzzzz……ふふふ」

弟「笑ったよ……」

弟「ケツでも感じてたよな、ねーちゃん……じゃあ、少し奥のここはどーかな」

クチュ

姉「ぁっ!……ふ……んぁ……」ギュ

弟「抱きついて来て、そんなに気持ちよかったのか、ん?」

弟「ねーちゃんも女……か、すげーぬちょぬちょじゃん」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:22:35.42 ID:Z5KSVa3G0

弟「しかも、熱かったし、これ感じてんだろ?」

弟「女の子のまんこなんて初めて触ったけど熱いんだ」ボソ

姉「はぁはぁ……」クネ

弟「なぁ、起きろって、起きとかねーとしらねーぞ」

弟「そーか、んじゃ挿れるぞー」

姉「!!」ビクッ

姉「……zzzz」

弟「ははぁ、できねーと思ってんだろ」

弟「童貞馬鹿にすんなよ」

弟「今の俺はフルボッキ、ねーちゃんだってやっちまえる男だぜ?」

弟「……」

弟「おーい、マジで、俺、勃っちゃってるから、襲えるぞ?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:25:19.19 ID:Z5KSVa3G0

姉「zzzzz」

弟「平和そうに寝てるマネしてる場合じゃないって」

弟「……寝てるの?」

姉「んー……」

弟「ほっ……違うよな」

弟「じゃあ、どこまで耐えられるか試してやるか」

姉「んー……むにゃ……」

グルン

弟「ん、寝返りうって逃げたか、それは挑戦か?」

ムニュ

姉「にゅ……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:27:55.77 ID:Z5KSVa3G0

弟「やらけー……って、揉みやすくなっただけだぜ」

スイッ

弟「おーい、起きろってまんこ触られんぞー」

姉「ふにゃ……んん……はむ……zzz」

クリュクリュ

姉「ぁ……んむっ……ぁ……」

ヌチャ

弟「ねーちゃん、ベ、ベトベトじゃねーか、ってこんなに熱かったのか」

弟「ふーっ」

姉「にゃむ……ぅん……」クネクネ

弟「まさか、俺にいじられて気持よくなってんの?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:30:44.91 ID:Z5KSVa3G0

弟「ははーん、それが恥ずかしくて起きれないわけね」

弟「おーし、わかった」

ズリ

弟「邪魔なパンツずらすぞ」

グニ

弟「ケツに当たってるこれなんかわかる?」

グニ

弟「勃起したちんこだよ」

弟「そろそろ降参して起きなって、でないとケツに挿しちゃうぞ」

姉「zzz……んーん」

グイ

弟「おーお、意地っ張り」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:34:29.93 ID:Z5KSVa3G0

ヌチュ

弟「ほれほれ、ちんこもう少しでささるぞー」

姉「ぁ……」

弟「ま、まさかとは思うけどそういう趣味じゃねーよな?」

弟「俺はそういう趣味ねーよ」

グニュ

姉「!……はぅ」

弟「……いや、別に趣味も何もしたことねーけど、しるかっ」

クリクリクリクリ

姉「へにゃっ……ん……に……ぅ」

弟「へへへ、ケツ行くと見せかけての乳首攻撃っ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:36:58.80 ID:Z5KSVa3G0

弟「こりっこりじゃん」

クリ

姉「んあっ」

弟「もう寝息聞こえないぞ、俺の愛撫でトロトロだな」

弟「ど、童貞とか関係ねーよ、イメージトレーニングバッチリだからな」

弟「って、イメージトレーニングってオナニーじゃねーよ」

弟「いや、オナニーとか、あーもー何言ってんだ俺」

姉「zzzz」

クチュ

姉「はぅんっ」

弟「ふふふ、もしかして俺、ねーちゃん完全掌握?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:39:49.61 ID:Z5KSVa3G0

クニュクニュ

弟「ほーれほれ、ケツあぶねーぞ」

姉「んー」

ニュプ

弟「おいおい、自分からケツ押し付けてくんなって」

ニュブ

弟「マジささってきてんだけど……熱いよ」

姉「んむ……」

ジュプ

弟「おい……マジで入ってっちゃってんだけど」

弟「そこまで本気になってどうしたんだよ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:41:37.86 ID:Z5KSVa3G0

弟「まさか、俺のことが好きとかそんな安いドラマみたいな事言うんじゃ」

プチュ

姉「ぁんっ」

弟「くっ、根本まで飲まれた」

弟「まさか、これで俺が気持ちよくなって射精したら俺の負けとか」

弟「そんな意地の張り合いじゃねーよな」

弟「くそっ、脱童貞がねーちゃんの、しかもケツだなんて」

ヌプ

弟「う、お、動くなっ、やべぇんだから」

弟「早漏じゃねーから」

ヌプ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:45:36.66 ID:Z5KSVa3G0

ムニュムニュ

姉「んー……ぁ……ふぇ……」

弟「おっぱいで感じてろ、今は動くなっ」

ニュル

弟「う、やるきかっ……3.141592……」

ニュル

弟「あ、もう、ダメす」

弟「円周率忘れた」

ニュプ
ドクンッ

姉「んんああぁっ……ふぁ……ぁん……」ギュッ

弟「うぉぃっ、もう、分かった俺の負け負け」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:47:15.87 ID:Z5KSVa3G0

キュゥ
ドクン

弟「そんな締めなくてももう、ぅ、出ちゃったんだって」

姉「んんっ……きぅ」ブルルッ

キュゥ
ドクドク

弟「おいっ、くっ、どういうつも……ぁ……まさか」

弟「勝手に締まってるとか!?」

弟「ねーちゃん……イッたのか?んん、そうなの?」

弟「引き分け……っん、か?」

姉「はぁ……はぁ……zzzz」

弟「寝てるからわたしの勝ちですよーってか」

弟「いや、今思えば、なんだその戦い」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:50:22.62 ID:Z5KSVa3G0

弟「はぁはぁ……ふぅ」

弟「ねーちゃんのってのを差し引けば……これは気持ち、いい」ボソ

弟「疲れた、はぁ、から、もうちょっとこのまま、な」

姉「zzzzzzzz」

弟「わーったよ、ねーちゃんの勝ちでいーよ」

弟「早漏認定でもしとけっ」

弟「でもねーちゃんだって相当早かったろ……」

弟「ふぅ」

弟「疲れた」

弟「……ちょっとは、反応……しろ……」

姉「z」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:54:10.81 ID:Z5KSVa3G0

弟「……ね……む……」

弟「あ……ぬか……な……き……」

弟「……ゃ……zzzzzzz」

弟「zzzz」

姉「zzzzzzz」

弟「zzzz……んがー」

姉「zz……ふにゃぁ……zzzz」

弟「zzzz……むにゃ」

姉「んっん……zz……んにぅ……zzzz」

ニュポン
ダラダラダラ



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 16:58:10.18 ID:Z5KSVa3G0

……
チュンチュン

姉「zzz」

弟「……んー、ん」

ゴロ
チュ

弟「ふぁれ、なんだ?ねーちゃん……え、今……キス……してた?」

弟「って、え、なんで、ねーちゃんが俺の布団に入って目の前に」

弟「……んー、ぁー、思い出した……」

弟「夢じゃ……ねーよな……俺パンツ履かずに寝てたわ」

弟「すげーことしちゃってたな昨日」

姉「zz……うひっ……zz」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:01:40.29 ID:Z5KSVa3G0

弟「何で向かい合って寝てんの……俺、ねーちゃん抱きまくらにしてるし」

ズリズリ

弟「よいしょ、腕抜けた」

弟「……やべ、ねーちゃんの寝間着履かせとかなきゃっ」

姉「ふふ……zzzz」

ズリリ

弟「はぁ、なにケツだしてのんきに安心してねてやがる……」

トントン

姉「んふぁ?」

弟「おい、起きろ」

姉「んー……なんだ、どーしたのー」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:03:26.30 ID:Z5KSVa3G0

弟「起きろって」

姉「なんでお姉ちゃんの布団で寝てんの?」キョトン

弟「おいおい、そっちが潜り込んできたんだろ」

姉「んー、そーだっけ?」ポケー

弟「昨日……どーしたんだよ?」

姉「何を?」

弟「ふーん、そっか、そーいうことね」

姉「ん?おー、朝立ちしてるー、やっぱり男じゃのー」

サスサス

弟「や、やめろ」

姉「このまま、さすってあげよーか?ふひひ」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:05:26.30 ID:Z5KSVa3G0

弟「布団から出てけっ」

バサッ

姉「にゃー、乱暴ものー」

フニ

姉「どさくさまぎれておっぱい触られたー」

姉「断固、謝罪とお小遣いを要請するぞー!」

弟「ねーちゃんが弟にたかるとか恥ずかしくねーのかよ」

姉「それが、全然ねーっす」

弟「着替えるから出てけっ」

姉「つーれないんだー」ツンッ

弟「いーから、ほれ、さっさと」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:08:23.50 ID:Z5KSVa3G0

……

姉「昨日、布団に入ったら安心してぐっすり寝ちゃったなぁ」

姉「『え、覚えてないなんて酷い』作戦忘れてたぁ」

姉「……」

姉「はずだよね……」

姉「何か、パンツがネバネバしてる……けど……何もなかったよね」

姉「なにこれ……何か生理じゃないのに血が混ざった白濁液がパンツに……」

姉「んーと、んーと、マジで覚えてねー」

姉「『え、覚えてないなんて酷い』作戦されてるのわたしか!?」

姉「寝てて気づかないうちにパンツに巧妙な細工されてるし……」

姉「あと何か股がミョーに痛いけど……関係ない、よな」

姉「ない……よね?」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:11:59.15 ID:Z5KSVa3G0

……

弟(最近、ちょっと怖いことがひとつあります)

弟(ねーちゃんが、ことあるごとに疑わしい眼差しを向けて来ます)

弟(あと、なんかちょっと肥満気味です)

弟(……特にお腹が)

弟(ある疑問がずっと頭のなかで繰り返されています)

弟(……アレは本当にケツだったのか……と)

弟(ねーちゃんが、ところてんを美味そうに食ってます)

弟(……絶対、ないと思いたいです)

弟(しかし、あの日、何故ねーちゃんは俺の布団に入ってきたのか)

弟(その事を考えると俺も意識してしまい顔が赤くなります)

弟(いや、弟相手にそれはないだろ、イタズラだろ、と……)

弟(でも、何か最近はねーちゃん見ると息苦しくなってしまいます)

弟(俺の心がピンチです)



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:12:31.20 ID:Z5KSVa3G0

……

姉(最近、ちょっと怖いことがひとつあります)

姉(弟に避けられてるんじゃないかなという思いです)

姉(すぐ目を逸らされてしまうのです)

姉(あの晩、実はわたしが何かやらかしちゃったんでしょうか)

姉(胸が苦しくてやけ食いをする毎日です)

姉(最近ハマっているのは酸辣湯麺です、アレは非常に旨い)

姉(太ってしまったかもしれません……デブは嫌いかな?……)

姉(べ、別に嫌われてもどうということはないけど……胸が苦しいです)

姉(う、胸もだけど胃腸も苦しい……ちょい吐き気です……トイレ行こ)

姉(ふー……あの朝、目覚めたときの安心感が少し恋しいです)

姉(あ、うん、これは、人肌恋しいってわけでしょう、多分)

姉(しかし、あの日何故、彼は寝てしまってたのでしょう)

姉(わたしが来るのは分かっていたはずなのに……)



80: ◆Sis.W.vuC6 2013/07/26(金) 17:13:03.72 ID:Z5KSVa3G0

……

弟(なんでだったんだろうなぁ)

姉(どうしてだったのかなぁ)

父(あー、また、こたつでお姉ちゃんペロペロししたいなぁ)

父(あのときお姉ちゃん、ワシを弟だと勘違いしてたみたいだから)

父(弟に罪をなすりつけて堪能させていただきました!)

父(また同じようなシチュ欲しいですっ)

父(しかし、あの日以来二人の間が微妙に怪しい)

父(恋人未満のような、甘酸っぱい匂いがしてきて)

父(父は何だか寂しいです)

弟「ふぅ」

姉「はぁ……」

母「ちょっと父、台所に面貸せや」

おしまい



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/26(金) 17:22:11.53 ID:Z5KSVa3G0

今日時間なかったの(´・ω・`)


元スレ
姉「ただいま~、さぶ~こたつこたつ」弟「zzzz」